海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:中島翔哉

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/11(日) 10:31:29.81 ID:CAP_USER9.net
    「翔哉のゴールで楽になった」(秋元)
     
    湘南をホームに迎えたFC東京は、前半途中までペースを掴めずに苦しんでいた。

    しかし、ひとりのアタッカーがその重苦しい雰囲気を吹き飛ばす。44分、梶山からの縦パスを受けると、そのままドリブルで持ち込んだ背番号39の中島が右足を一閃。絶妙なコースへと飛んだシュートはGKタンドウ・ベラピを嘲笑うかのように、ゴールネットを揺さぶった。
     
    結局、この先制弾で波に乗ったFC東京は後半に2点を加えて3‐0と勝利。ミックスゾーンでFC東京の選手たちが口にしたのは、中島への称賛だった。
     
    「(中島)翔哉のゴールで楽になった」(秋元)
     
    「前半はみんなあまり動けていなかったけど、翔哉が決めてくれた。先制できたのは大きかった」(田邉)
     
    「翔哉が良い時間に取ってくれた。楽にゲームを進められた。(あの先制弾は)翔哉の動き出しが良かった」(梶山)
     
    「翔哉が点を取ってくれて、落ち着いた」(河野)
     
    こうしたコメントが物語るように、中島の先制弾は流れを引き寄せた一撃だった。当の本人に言わせれば、あれは「チームのゴール」だった。
     
    「チームのゴールだと思います。周りで動いてくれた選手も見えていたので、こういうゴールをもっと奪えるようになれば、強くなれるはずです」
     
    前節の名古屋戦で起死回生の同点ゴールを決めた中島は、ハリルホジッチ監督が視察に訪れた今回の湘南戦でも自信に溢れたプレーを披露。鋭いドリブルで中央のエリアを突破すれば、キレキレのフェイントで揺さぶりをかけてクロスを上げ、さらにチーム最多のシュート4本とゴールへの意欲を誰よりも見せていた。
     
    「ゴールに向かうことが大事。もっとゴールを取れたと思うので、ドリブルのスピードも高めてもっと怖い選手になりたいです」
     
    リオ五輪のグループリーグ敗退を受け、より勝負へのこだわりが強くなった印象だ。

    2015年のアジアカップ前にトレーニングパートナーとしてA代表の練習に参加した中島は、当時から独特の存在感を示していた。これだけゴールにこだわり、自らドリブルで守備網を切り裂けるテクニシャンを今だからこそA代表で見てみたい。
     
    ハリルさん、目下絶好調の中島翔哉をワールドカップのアジア最終予選で試しませんか?
     
    取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
     
    SOCCER DIGEST Web 9月11日(日)7時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160911-00018792-sdigestw-socc

    写真


    ■ゴール動画
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/movies/jleague/H_lqxpzH9II/
    続きを読む

    1:れいおφ ★@\(^o^)/:2016/08/09(火) 13:36:15.72 ID:CAP_USER9.net
    「絶対に諦めたくなかった」。背水の日本を救う背番号10のミドル弾に、日系人が詰めかけたアマゾニア・アリーナはホームのように沸いた。ブラジル人も、隣国コロンビアより攻勢の日本を応援。

    その中で得点して人さし指を突き上げた中島だが、笑顔はない。「前半のチャンスを決めれば勝てた」。0-2から引き分けに持ち込み、首の皮1枚つなげたのはアジア最終予選MVPの意地だった。勝ち切れなかったが、五輪でのゴールで母こずえさん(46)に恩を返した。

    6歳の時に離婚。借金を背負い、勤め先の倒産に遭いながらも働き、女手一つで最大5つものサッカースクールに通わせてくれた。このブラジルにも中学時代に3度、留学。「翔哉が『ブラジルでプロになる』と泣いて、日本に帰ってこようとしない時もあった」。そう笑う地での同点弾だった。

    中島は高校3年だった12年10月に東京Vとプロ契約を結ぶと「いつか大きな家を買ってあげるね」と約束した。約4年後、五輪メンバーに選ばれた7月1日の直前にも母を喜ばせた。内緒で都内に一戸建てを買ってプレゼント。五輪後の9月に都営団地から引っ越し予定で「夢みたいな親孝行」と喜ばせた。

    この日は伯父の幸人さん(49)と観客席で見届けた母にプライスレスの得点を贈り「まさかゴールまで見られると思っていなかったので、涙が出た」と、また親孝行した。手倉森ジャパン最多の19点目を挙げて上り調子の中島は「母にメダルを持ち帰る」と決めている。まだ遂げておらず、スウェーデン戦へ「可能性がある限り精いっぱい楽しみたい」。頼もしい息子は今、2大会連続の1次リーグ突破への鍵を握っている。

    http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/soccer/news/1691696.html

    育児への重圧で、1歳になったころから接触障害入退院繰り返しながら、体重28キロに

    6歳になったころ夫と別居、離婚。事務職で採用されてた勤め先が倒産。不安定になった心の隙をつかれ、多額の借金
    続きを読む

    1: アジフライ ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:23:00.11 ID:CAP_USER*.net
    U23中島が大会MVP、イラン戦で2得点

    <リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権:日本3-2韓国>◇決勝◇30日◇ドーハ

    U-23(23歳以下)日本代表が同韓国代表を3-2で下し、アジア王座に輝いた。

    0-2から後半、一気の3連続得点で逆転。歴史ある日韓戦を何とも劇的な展開で制し優勝を飾った。

    大会MVPには日本の10番、準々決勝のイラン戦で2得点したMF中島翔哉(21=東京)が選出された。
    2016-01-31_03h01_13
    ソース
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/u23/news/1598813.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454174580/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 12:08:39.62 ID:CAP_USER*.net
    ◇U―23アジア選手権準々決勝 日本3―0イラン(2016年1月22日 カタール・ドーハ)

    チーム立ち上げから背番号10を背負ってきた中島が、勝負を決定づける2得点をわずか71秒の間に挙げた。1―0の延長後半3分、得意のドリブルで相手DFをかわすと、左サイドから右足を振り抜き、豪快にネットを揺らした。

    同5分にも強烈なミドルシュートを決め、昨年3月のリオ五輪アジア1次予選・ベトナム戦以来のマルチ弾。「90分でなかなかシュートが打てなかったので、延長ではチームのために頑張ろうと思った。最後にチームの役に立ててよかった」と安どした。

    J2東京V時代の12年10月21日、Jリーグ歴代最年少記録となる18歳1カ月28日でハットトリックを達成するなど早くからセンスを見せつけてきた。「目標はバルセロナ移籍とW杯優勝、バロンドール獲得」と公言するなどビッグマウスでも注目されてきた10番が、日本の勢いをさらに加速させる。

    ◆中島 翔哉(なかじま・しょうや)1994年(平6)8月23日、東京都生まれの21歳。
    東京Vジュニア、東京Vジュニアユース、東京Vユースを経て、高3だった12年9月にJ2東京VでJデビュー。同10月にプロ契約を結んだ。14年1月にFC東京に完全移籍と同時にJ2富山に期限付き移籍。同年8月にFC東京に復帰した。各年代の日本代表に選ばれ、11年U―17W杯に出場。1メートル64、64キロ。利き足は右。

    スポニチアネックス 1月23日(土)6時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00000005-spnannex-socc

    写真
    no title
    プロフィール
    http://www.fctokyo.co.jp/?p=196935

    ■動画
    https://www.youtube.com/watch?v=Ehct--XoU48

    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453518519/

     
    続きを読む

    ae4c015f


    1: 大梃子φ ★ 2013/12/15 14:04:57
    フェンロ 東京Vの中島に食指!J史上最年少のハットトリック

     日本代表MF本田やDF吉田らが所属したオランダ2部のVVVフェンロが、
    J2東京V・MF中島翔哉(19)の獲得に乗り出していることが分かった。

     移籍金は推定3000万円。中島は1メートル64と小柄ながらスピードに乗ったドリブル突破が得意で、
    12年10月21日の栃木戦ではJリーグ史上最年少の18歳59日でハットトリックを達成した。
    1月にオマーンで開催されるU―22選手権のメンバーにも選出。リオ五輪世代の逸材の動向に注目が集まる。

    スポニチアネックス 12月15日(日)7時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131215-00000016-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ