海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:中島翔哉

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/19(火) 05:45:11.63 ID:CAP_USER9.net
    [9.18 ポルトガルリーグ第6節 ポルティモネンセ2-1フェイレンセ]

    ポルトガルリーグ第6節が18日に行われ、MF中島翔哉の所属するポルティモネンセはホームでフェイレンセと対戦し、2-1で勝利した。中島は2試合連続スタメンで90分間プレー。前半12分、同19分に立て続けにネットを揺らし、移籍後初ゴールを含む2得点で勝利の立役者となった。

    リーグ戦のホームデビューとなった中島は前半12分、PA内左でMFパウリーニョからのパスをフリーで受けると、迷わず左足を一閃。強烈なシュートを叩き込み、移籍後初ゴールを挙げた。

    中島の勢いは止まらない。前半19分には元鹿島FWファブリシオがPA手前右で相手DFと競り合いながらロングボールを収め、左横へスルーパス。PA内中央に走り込んだ中島が飛び出した相手GKより先に右足で触り、無人のゴールへと流し込んだ。

    その後、前半28分に1点を返されたポルティモネンセだったが、2-1で逃げ切り、連敗を4でストップ。今季2勝目を挙げ、順位は降格圏内の17位から暫定13位となった。

    9/19(火) 5:13配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-01644223-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/24(木) 20:36:52.90 ID:CAP_USER9.net
    39379ced-07e1-4574-b5a8-aad046e235a0

    23日(水)に発表された、中島翔哉のポルティモネンセ移籍。

    リオ五輪に向けた日本代表で10番を背負ったアタッカーは、海外に活躍の場を移すことになった。

    そんなポルティモネンセは今季からポルトガル1部に昇格している。

    日本のファンにとっては、かつて金崎夢生がプレーしたチームとして知られているが、実はJリーグのレジェンドがクラブの重役に就任していた!

    公式サイトを見てみると…

    4abef7e5-0cf4-4619-99a1-941d7fc91b2f


    "Diretor Geral"という役職に、ロブソン・ポンテの名が!

    ポンテは1976年生まれの40歳。浦和レッズの司令塔として6シーズン在籍し、2007シーズンにはチームのAFCチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献し、Jリーグの最優秀選手賞に輝いたレジェンドである。

    そんなポンテは昨年末からポルティモネンセのフロント入りしており、現在は"Diretor Geral"という役職に就任。チーム情報を紹介するページでは会長の下に名があることから、おそらくはゼネラルマネージャー(GM)的な役割だと思われる。

    ポンテは引退後も数年おきに来日しており、先月も鈴木啓太の引退試合に出場するため埼玉スタジアムを訪れていた。ポルティモネンセが中島翔哉を獲得した背景には、Jリーグにパイプを持つポンテの存在があったと見て間違いなさそうだ。

    http://qoly.jp/2017/08/23/portimonense-20170823-kwm-1
    続きを読む

    text-image-1


    1:たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/08/23(水) 10:02:29.68 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-01876304-nksports-socc
    日刊スポーツ

    FC東京は23日、MF中島翔哉(23)がポルトガル1部ポルティモネンセに期限付き移籍することが決まったと発表した。今月上旬に正式オファーが届いてから条件を精査してきたが、この日朝までに合意。期間は27日から来年6月30日まで。

    クラブは貴重な戦力として慰留に努めてきたが、本人の海外志向が強い上に契約解除条項をほぼ満たす金額提示を受けていたため、中島の意思を尊重することになった。

    この日が23歳の誕生日。節目で夢の海外移籍を発表した中島は「このたび、ポルトガルのポルティモネンセに移籍することが決まりました。FC東京では、うまくいくことばかりではありませんでしたが、素晴らしいチームメートとスタッフに囲まれ、とても貴重な経験をすることができました。そして、不器用な自分をどんな時も応援してくれたファン・サポーターの皆さまには本当に感謝しています。FC東京で得た経験をポルティモネンセでもしっかりと生かせるように頑張ります。そして、引き続きサッカーを楽しんでいきたいと思います! これからも、中島翔哉をよろしくお願いいたします」とコメントした。

    また、かねて交際していた一般女性と今月6日に婚姻届を提出したことも合わせて発表した。

    26日のアウェー横浜戦(日産ス)が最後の試合となる。その後、合流するポルティモネンセは今季からポルトガルリーグの1部に昇格。過去にFW金崎夢生(鹿島)らが所属していた。
    続きを読む

    no title

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/08/16(水) 06:11:16.20 ID:CAP_USER9.net
    FC東京のMF中島が、今週中にもポルトガル1部ポルティモネンセへの期限付き移籍が実現する可能性が出てきた。既に正式オファーが届いており、クラブ幹部が早ければ今週中に決断を下すことを明かした。

    海外志向の強い22歳のドリブラーにとって、個の打開力が求められるポルトガルは成長が見込める魅力的なリーグの一つ。7季ぶりに1部昇格を果たしたクラブからのラブコールに、中島も「行きたいです」と熱望した。リオ五輪では日本代表の背番号10をつけ、今季はリーグ19試合に出場。クラブ側は重要な戦力として慰留しており、成立には条件面での合意が必要となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000036-spnannex-socc
    8/16(水) 6:00配信
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/15(火) 06:47:58.93 ID:CAP_USER9.net
    8/15(火) 6:45配信
    スポニチアネックス

    FC東京MF中島 ポルトガル1部からオファー!条件次第で期限付き移籍へ

    FC東京のリオデジャネイロ五輪代表MF中島翔哉

    ポルトガル1部ポルティモネンセがFC東京のリオデジャネイロ五輪代表MF中島翔哉(22)に期限付き移籍での獲得を正式オファーしたことが14日、分かった。複数の関係者が明かした。中島も海外志向が強く、条件面での交渉が順調に進めば、新天地へ踏み出すことになりそうだ。

    FC東京が誇るドリブラー、中島が念願の欧州移籍に大きく近づいた。1部昇格を果たしたポルティモネンセは今夏の戦力補強に積極的で、22歳MFに対して期限付き移籍での獲得を正式にオファー。関係者によれば、「目玉的存在として最上位にリストアップしている」という。

    ポルティモネンセは1914年創立。ポルティモンを本拠地とし、昨季は25勝8分け9敗で2部優勝を飾った。かつて浦和で活躍したポンテ氏がテクニカルダイレクター(TD)を務め日本サッカーにも精通。早くから中島のプレーをチェックしていたという。2部時代の13~15年にはFW金崎夢生(現鹿島)も在籍するなど日本人の獲得に積極的だ。

    今季の中島はFC東京で19戦出場し、鋭いドリブルを武器に2得点をマーク。J2東京V時代の12年10月の栃木戦では史上最年少ハットトリックを記録している。昨年はリオ五輪代表で10番を背負い1次リーグ全3戦に出場、コロンビア戦ではループ弾を決めた。当然、日本代表、W杯出場は目標、さらなる成長を求め、海外志向は強くなった。

    ただし、現在は、FC東京でも攻撃をけん引する存在。期限付き移籍での成立には条件面で合意できるかが、焦点となる。

    ◆中島 翔哉(なかじま・しょうや)1994年(平6)8月23日、東京都八王子市生まれの22歳。04年から東京Vの下部組織に加入。12年からトップ登録され、14年はFC東京からJ2富山に期限付き移籍、同8月にFC東京に復帰した。各世代で日本代表に選出され、昨年はリオ五輪代表にも選出された。J1通算49戦6得点。利き足は右。1メートル64、64キロ。

    ▽ポルティモネンセ 1914年創設。本拠地はポルトガル南部ポルティマン。昨季ポルトガル2部で優勝し7季ぶりに1部昇格。日本人選手は元浦和のMF中村祐人(09~10年)、現鹿島のFW金崎夢生(13~15年)、東京Vユース出身のMF亀倉龍希(13年~)らが在籍。ホームスタジアムはムニシパル・デ・ポルティマン(9544人収容)。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000062-spnannex-socc

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/06(日) 14:14:03.33 ID:CAP_USER9.net
    スペイン2部のテネリフェは、今年1月の移籍市場で鹿島アントラーズからMF柴崎岳を獲得し、シーズン4位で1部昇格プレーオフに進出。柴崎の活躍もあって決勝に進出したものの、ヘタフェに敗れて昇格を逃した。日本人司令塔は今夏、そのヘタフェに移籍したものの、来季も2部を戦うクラブはJリーグから新たな選手を獲得することに関心を示しているという。

    現地紙「エル・ドルサル」やスペインラジオ局「カデナ・セール」で担当記者を務めるジャーナリストのマノイ・ダスワニ氏が、自身の公式ツイッターで「テネリフェがショウヤ・ナカジマに興味を示している。(テネリフェのSD)セラーノは6月から追跡を始めている」と明かした。

    柴崎の活躍で、日本人選手に好印象を抱いたのだろうか。柴崎とはタイプこそ違うが、リオデジャネイロ五輪世代の10番を背負った日本屈指のテクニシャンであるMF中島翔哉に目をつけているようだ。1部昇格を目指すテネリフェで、今季も日本人選手が躍動することになるのかもしれない。
    2017-08-06_15h47_24
    8/6(日) 12:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170806-00010007-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/27(金) 07:18:25.19 ID:CAP_USER9.net
    沖縄キャンプ中のFC東京は26日、かいぎんフィールド国頭で大宮と練習試合を行い、4―3で勝利を収めた。1、2本目に1トップの位置で出場した元日本代表FW大久保嘉人(34)は自ら得たPKを沈めて1得点をマークした。

    ストライカーとして結果を出しただけでなく、昨年のリオデジャネイロ五輪代表で背番号10をつけたMF中島翔哉(22)には球離れの悪さを指摘。連係を深めていくため、あえて公開説教を行い勝利へ妥協しない姿を示した。

    穏やかな快晴の沖縄に、大久保の怒声が響き渡った。2本目から左MFに入った中島がドリブルで中央に切れ込むと、1トップの大久保はペナルティーエリア内左へ流れながら最終ラインの裏を狙って猛ダッシュ。

    「翔哉、翔哉ー!」。走りながらパスを要求したが、1テンポ遅れた中島のスルーパスはゴールラインを割ってしまった。連係ミスに居ても立ってもいられない。「翔哉、早く出せって!」。新天地の若手にもお構いなくダメ出しだ。

    実力を認めているからこその荒療治だ。声を荒らげたシーンについて問われると、大久保は「翔哉はこうなっちゃうから」と両手を目線に当てながら視野の狭さを指摘した。

    技巧派アタッカーの中島は、昨年1月のU―23アジア選手権で大会MVPを獲得。リオ五輪でも1得点と結果を残したが、大久保とはコンビネーションを磨く必要がある。中島はこの日も2得点を挙げたとはいえ、球離れの悪さは気になった。

    「いいものを持っているのにもったいない。俺が伝えないと分からないので、あえて言った」。それでも、「まだ2試合目。これからすり合わせていきたい」と兄貴分としてフォローを忘れなかった。

    大久保は1本目に自ら得たPKを右隅に沈め、初の対外試合となった22日の海邦銀行戦と合わせて2戦4発。そんな大先輩の助言に中島も「新加入選手はうまい人ばかり。(自分に)合わせてもらえると思う」と自らの持ち味にこだわりを見せる一方で、

    「アドバイスは自分にとって大事なもの。常に学び続けていかないと」と歩みよる姿勢も見せた。2人の連係について篠田監督は「これから見ながらですね」と見守っていくつもりだ。沖縄での1次キャンプも10日を消化。34歳のストライカーは強烈な個性でFC東京を引っ張っている。

    スポニチアネックス 1/27(金) 7:01配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000031-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/11(日) 10:31:29.81 ID:CAP_USER9.net
    「翔哉のゴールで楽になった」(秋元)
     
    湘南をホームに迎えたFC東京は、前半途中までペースを掴めずに苦しんでいた。

    しかし、ひとりのアタッカーがその重苦しい雰囲気を吹き飛ばす。44分、梶山からの縦パスを受けると、そのままドリブルで持ち込んだ背番号39の中島が右足を一閃。絶妙なコースへと飛んだシュートはGKタンドウ・ベラピを嘲笑うかのように、ゴールネットを揺さぶった。
     
    結局、この先制弾で波に乗ったFC東京は後半に2点を加えて3‐0と勝利。ミックスゾーンでFC東京の選手たちが口にしたのは、中島への称賛だった。
     
    「(中島)翔哉のゴールで楽になった」(秋元)
     
    「前半はみんなあまり動けていなかったけど、翔哉が決めてくれた。先制できたのは大きかった」(田邉)
     
    「翔哉が良い時間に取ってくれた。楽にゲームを進められた。(あの先制弾は)翔哉の動き出しが良かった」(梶山)
     
    「翔哉が点を取ってくれて、落ち着いた」(河野)
     
    こうしたコメントが物語るように、中島の先制弾は流れを引き寄せた一撃だった。当の本人に言わせれば、あれは「チームのゴール」だった。
     
    「チームのゴールだと思います。周りで動いてくれた選手も見えていたので、こういうゴールをもっと奪えるようになれば、強くなれるはずです」
     
    前節の名古屋戦で起死回生の同点ゴールを決めた中島は、ハリルホジッチ監督が視察に訪れた今回の湘南戦でも自信に溢れたプレーを披露。鋭いドリブルで中央のエリアを突破すれば、キレキレのフェイントで揺さぶりをかけてクロスを上げ、さらにチーム最多のシュート4本とゴールへの意欲を誰よりも見せていた。
     
    「ゴールに向かうことが大事。もっとゴールを取れたと思うので、ドリブルのスピードも高めてもっと怖い選手になりたいです」
     
    リオ五輪のグループリーグ敗退を受け、より勝負へのこだわりが強くなった印象だ。

    2015年のアジアカップ前にトレーニングパートナーとしてA代表の練習に参加した中島は、当時から独特の存在感を示していた。これだけゴールにこだわり、自らドリブルで守備網を切り裂けるテクニシャンを今だからこそA代表で見てみたい。
     
    ハリルさん、目下絶好調の中島翔哉をワールドカップのアジア最終予選で試しませんか?
     
    取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
     
    SOCCER DIGEST Web 9月11日(日)7時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160911-00018792-sdigestw-socc

    写真


    ■ゴール動画
    http://soccer.skyperfectv.co.jp/movies/jleague/H_lqxpzH9II/
    続きを読む

    1:れいおφ ★@\(^o^)/:2016/08/09(火) 13:36:15.72 ID:CAP_USER9.net
    「絶対に諦めたくなかった」。背水の日本を救う背番号10のミドル弾に、日系人が詰めかけたアマゾニア・アリーナはホームのように沸いた。ブラジル人も、隣国コロンビアより攻勢の日本を応援。

    その中で得点して人さし指を突き上げた中島だが、笑顔はない。「前半のチャンスを決めれば勝てた」。0-2から引き分けに持ち込み、首の皮1枚つなげたのはアジア最終予選MVPの意地だった。勝ち切れなかったが、五輪でのゴールで母こずえさん(46)に恩を返した。

    6歳の時に離婚。借金を背負い、勤め先の倒産に遭いながらも働き、女手一つで最大5つものサッカースクールに通わせてくれた。このブラジルにも中学時代に3度、留学。「翔哉が『ブラジルでプロになる』と泣いて、日本に帰ってこようとしない時もあった」。そう笑う地での同点弾だった。

    中島は高校3年だった12年10月に東京Vとプロ契約を結ぶと「いつか大きな家を買ってあげるね」と約束した。約4年後、五輪メンバーに選ばれた7月1日の直前にも母を喜ばせた。内緒で都内に一戸建てを買ってプレゼント。五輪後の9月に都営団地から引っ越し予定で「夢みたいな親孝行」と喜ばせた。

    この日は伯父の幸人さん(49)と観客席で見届けた母にプライスレスの得点を贈り「まさかゴールまで見られると思っていなかったので、涙が出た」と、また親孝行した。手倉森ジャパン最多の19点目を挙げて上り調子の中島は「母にメダルを持ち帰る」と決めている。まだ遂げておらず、スウェーデン戦へ「可能性がある限り精いっぱい楽しみたい」。頼もしい息子は今、2大会連続の1次リーグ突破への鍵を握っている。

    http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/soccer/news/1691696.html

    育児への重圧で、1歳になったころから接触障害入退院繰り返しながら、体重28キロに

    6歳になったころ夫と別居、離婚。事務職で採用されてた勤め先が倒産。不安定になった心の隙をつかれ、多額の借金
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ