海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:中島翔哉

    1: Egg ★ 2019/03/20(水) 06:01:06.27
    ポルトガル1部のポルティモネンセSCから、カタール1部のアル・ドゥハイルSCへの完全移籍が電撃的に発表されたのが2月3日。日本円で約44億円に達した移籍金は、2001年夏に中田英寿がASローマからパルマに移籍した際の約32億円を超える、日本人歴代最高額となった。

    もっとも、約1年半所属したポルティモネンセで演じた大活躍への対価となる、桁違いの金額に関して中島は興味を示さない。練習後の取材エリアで口にしたのは、森保ジャパンが船出した昨年9月から何度も繰り返してきた「楽しむ」というキーワードだった。

    「お金のことは、僕はそこまで気にしていません。ただ、アル・ドゥハイルが僕のことをすごく欲しがってくれたことがすごく嬉しいですし、成長するために、そして楽しむために、自分にとって一番魅力的なクラブだったから移籍することを決めました」

    サッカーシーンはヨーロッパを中心に回っている。J2の東京ヴェルディからJ1のFC東京をへて、ヨーロッパの第2集団に位置するポルトガルへ移籍したのが2017年8月。ステップアップの図式に沿えば、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの5大リーグか、UEFAチャンピオンズリーグを戦える強豪チームが新天地の候補と期待されてきた。

    実際、昨年末にはポルティモネンセのロジニー・サンパイオ会長が、プレミアリーグのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズとの交渉が8割方決まったと地元のラジオ番組で明言している。フランスリーグの名門パリ・サンジェルマンや、同じポルトガルリーグで3強を形成するFCポルトが、中島に強い関心を抱いていると報じられたこともある。

    だからこそ、中島が下した決断は少なからず驚きを伴っていた。中島自身、24歳という年齢に「世界的に見れば、それほど若くはない」と語ったことがある。中堅の域に差しかかりつつあるキャリアで、プレーの舞台を中東へ変えて新たなステージへ挑んでいる意義はどこにあるのか。

    2022年の次回ワールドカップはカタールで開催される。サッカーを取り巻く環境が、国を挙げて変えられていく過程でプレーすることは、昨夏のロシア大会出場を逃した中島にとってもプラスになる。それでも、身長167cm、体重62kgの小柄なドリブラーは「そこは考えて選んだわけではないので」と、苦笑しながらこんな言葉を紡いだ。

    「本当にいろいろなクラブが話をくれましたけど、そのなかでもアル・ドゥハイルはすごく自分に合っていた。実際に移籍が決まるまで2回ほど行きましたけど、サッカーの面もサッカー以外の面も魅力的で、より楽しくサッカーをするために成長できると思ったので。町の人々や食事も含めてすごく住みやすいし、いまは奥さんと2人で幸せに暮らしています。サッカーにもつながってくる点で、そこが一番大事かもしれないですね」

    ここでもキーワードが飛び出した。漠然と聞こえる「楽しむ」に対して、中島が定めている定義を聞いたことがある。小学生時代は教室にボールをもち込んでは足元に置いていた、サッカーが大好きでたまらない小僧がそのまま大人になったような答えが返ってきた。

    「ボールを多く触りながら、自分のなかから湧き出てくるイメージを自然とプレーで出せるときですかね。難しく考えなくても、自然といいプレーを勝手に自分の体がしてくれるときだと思います」

    3/20(水) 5:28配信 THE PAGES 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00010000-wordleafs-socc&p=1

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/19(火) 19:11:35.94
    日本代表MF中島翔哉(24)=アルドゥハイル=が19日、横浜市内で行われた練習後に取材に応じ、注目されている背番号10の行方について「あんまり気にしていないというか…番号はただの番号なので」と関心を示さなかった。

    22日・コロンビア戦、26日・ボリビア戦に向け、昨年のロシアW杯まで約7年半に渡って10番を背負ったMF香川真司(30)=ベシクタシュ=が代表復帰。中島は森保ジャパンでは負傷で欠場した1月のアジア杯以外、すべての試合で10番を与えられてきたが、今回はどちらがエースナンバーを背負うか注目を集めている。

    しかし中島は「前から言ってますけど、そこまでずっと番号にこだわってないですし、試合でいいプレーをすることがサッカー選手としても日本代表としても大事なので」と番号にこだわる様子はまったくみせず、プレーに集中する考えを示していた。

    3/19(火) 19:05配信
    2019-03-19_20h12_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000170-sph-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/19(火) 19:15:49.90
    日本代表MF中島翔哉(24)=アルドハイル=が19日、横浜市内で行われた日本代表の練習後に取材に応じ、2月にポルトガル1部のポルティモネンセから移籍したカタールでの生活を「最高です」と表現した。環境面に満足している様子で「すごく住みやすいですし、家族も来てくれているので、奥さんとふたりで幸せに暮らしています。それがサッカーにもつながっていきますし。人、食事、雰囲気も素晴らしい。(22年)カタールW杯はすごくいいW杯になると思います」と話した。

    欧州クラブからも注目を集めた中で、レベルが落ちるカタールでのプレーを選択した理由を「一番は楽しそうだったので。いろんなクラブが話をくれましたけど、(アルドハイルが)すごく自分に合っていると思いましたし、決まるまで2回ぐらい行っているんですけど、自分にとって魅力的な楽しいサッカーができると思いました」と説明。年俸350万ユーロ(約4億4000万円)、移籍金3500万ユーロ(約44億円)での移籍となったが「お金のことは僕はそこまで気にしていない。ただすごく欲しがってくれたのはうれしいですし、自分にとって一番魅力的なクラブだった」とサッカー面や、家族と過ごすための環境を重視したと明かしていた。

    3/19(火) 18:58配信 スポーツ報知
    2019-03-19_20h12_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000165-sph-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/14(木) 16:06:05.93
    日本代表の森保一監督が14日、都内で記者会見を行い、22日のキリンチャレンジカップ・コロンビア戦(日産ス)、26日の同ボリビア戦(ノエスタ)に向けた日本代表メンバー23人を発表した。

    MF香川真司(ベシクタシュ)が昨年6月のロシアW杯以来の代表復帰を果たし、森保ジャパン初招集となった一方、今年1月のアジアカップをケガのため辞退したMF中島翔哉(アルドゥハイル)も名を連ねた。これによって気になるのが、だれが背番号10を付けるかという“10番問題”だ。

    11年1月のアジアカップ以降、ロシアW杯までの7年半にわたって日本の10番を背負ってきたのが香川だ。香川不在の試合や大会でMF家長昭博、MF藤本淳吾、MF乾貴士、MF森岡亮太、FW興梠慎三、MF大島僚太、中島が付けたこともあったが、あくまで香川がいないときに限られた。

    ロシアW杯以降、香川が代表を離れると、森保ジャパンでは中島が新10番に定着。昨年9月、10月、11月のキリンチャレンジカップではいずれも中島が背番号10をまとい、日本の攻撃を牽引した。今年1月のアジアカップでは中島が大会直前に負傷離脱したため、代替招集となった乾がそのまま10番を付けたが、中島が復帰した今回は乾が10番というのは考えづらい。

    ロシアW杯以降の森保ジャパンの流れを踏襲すれば、24歳の中島が引き続き10番を付けるのが順当とも言えるが、長年、日本の背番号10という重責を担ってきた29歳の香川が久々の代表復帰で10番以外を付けている姿を想像するのも難しい。キリンチャレンジカップの場合、これまでは試合の2日前に選手背番号が発表されるのが慣例となってきた。果たして今回のキリンチャレンジカップで10番を付けるのは中島か、香川か……。一つの注目ポイントになりそうだ。
    2019-03-14_17h43_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-38270371-gekisaka-socc
    3/14(木) 15:59配信

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/13(水) 02:47:49.87
    12日にAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグC組第2節が行われた。アル・ドゥハイル(カタール)の中島翔哉と、アル・アイン(UAE)の塩谷司が、それぞれ1得点を記録している。

    白星発進を飾っているアル・ドゥハイルは、敵地でアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦し、1-3で敗れた。

    序盤から押し込まれたアル・ドゥハイルは、なかなか中島にボールが入らず、チャンスをつくることに苦しむ。すると25分、イタリア代表のジョビンコが出したパスにカルロス・エドゥアルドが抜け出してゴールネットを揺らした。その後もホームチームはジョビンコを中心に好機をつくり、追加点のチャンスをうかがう。

    しかし、後半に入ると中島が徐々にボールに絡む機会が増えた。すると75分、中島が決めた。左からのクロスがDFに跳ね返されると、いち早く反応した中島がペナルティエリアから出ようとするボールをコントロール。そのまま左足でゴールネットを同点弾を決める。

    それでも、中島のゴールは勝ち点につながらなかった。77分、アル・ヒラルはセットプレーでアルブライヒが決めて勝ち越すと、さらに2分後にはゴミスにもゴールが生まれる。

    その後はアル・ヒラルに押し込まれる時間が続き、アル・ドゥハイルは1-3で敗れた。

    アル・アインは敵地でエステグラル(イラン)と対戦し、1-1で引き分けている。

    エステグラルに先制を許したアル・アインは、終盤の85分に塩谷がセットプレーのこぼれ球を左足で決め、1-1の引き分け。アウェーゲームで勝ち点1を持ち帰っている。

    C組はアル・ヒラルが2連勝で一歩リード。アル・ドゥハイルは勝ち点3で2位につけ、アル・アインとエステグラルが勝ち点1で並んでいる。

    https://www.footballchannel.jp/2019/03/13/post312993/
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/07(木) 18:37:07.28
    カタール1部リーグのアル・ドゥハイルSCに移籍したプロサッカー選手・中島翔哉が2日に自身のアメブロを更新。カタールに移籍してから1か月が経過した近況を報告した。

    中島は2月3日にポルトガル1部リーグのポルティモネンセSCからアル・ドゥハイルSCへの移籍を正式に発表。この日のブログでは「カタールに移籍してから1ヶ月が経ちますがこちらの生活もだいぶ慣れてきました」と報告。「クラブのスタッフやチームメイトたちもとても良くしてくれます」とチームメイトとの集合写真を公開した。

    同日は練習後に日本から訪れた知人とイタリアンレストランでランチをしたといい、カプレーゼやクリームパスタなどの写真も紹介。中島は現地での食事情について「食べ物も豊富で美味しいお店もたくさんある」と説明し、「スーパーに行っても日本の焼きおにぎりや雪見だいふくが売ってました!!」「想像とは真逆で特に困ることがない環境なので毎日楽しく過ごしています」と報告した。

    この投稿に「楽しく生活出来てるようで良かったです」「お写真から暖かいチームの雰囲気が感じられほっこりした気持ちになりました」「雪見だいふくにはビックリでした(笑)」「体に気を付けて頑張ってください」などのコメントが寄せられている。

    2019年03月05日 14時20分 アメーバニュース
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12105-3746/

    写真
    2019-03-07_18h47_10
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12105-3746/photo/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/06(水) 06:28:32.99
    ホームで3点奪い、失点ゼロの完勝!

    アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は3月5日、各地で開幕戦を開催。グループCでは、アル・ドゥハイル(カタール)対エステグラル(イラン)の一戦がカタールのアブドラ・ビン・カリファスタジアムで行なわれ、ホームのアル・ドゥハイルは3-0で勝利した。

    【MOVIE】中島、完璧なスルーパスで2点目をアシスト!ゴール動画はこちら


    アル・ドゥハイル所属の中島翔哉は3-4-3のトップ左で先発出場。司令塔として攻撃をけん引した。

    開始1分、左サイドから飛び出した中島はドリブルで持ち込み、エステグラルの出鼻をくじくシュートを放つ。このシュートはGKに弾かれたものの、CKを獲得した。

    10番の攻めの姿勢がチームを勢いづけ、前半はホームのアル・ドゥハイルが6割近い支持率を記録。23分、中島が倒されて獲得したFKを起点に、ユセフ・エル・アラビがシュート。これをGKが弾いたところにモロッコ代表DFのメディ・ベナティアが詰め、足で押し込みゴール。しかし、これはオフサイドで無効となり、先制は実らない。

    その後も攻め手を緩めずにゴールに迫るが、フィニッシュの精度を欠く。一方のエステグラルは押し込まれる時間が続き、後手に回るも粘り強い守備で得点を許さず、前半はスコアレスドローで折り返した。

    0-0で開始した後半、エステグラルは49分、細かいパス交換からファサド・バグヘリが切り込んでシュート。これはGKがしっかりキャッチした。その後も再三、カウンターから1点を奪うために襲い掛かるが、カタールのチームは冷静に受け流す。

    56分、ホームの17番、エジミウソン・ジュニオールのドリブルからCKを獲得。前半は足でゴールネットを揺らしたベナティアが、今度は頭で押し込み、とうとう先制点をあげた。

    追加点が欲しいホームチームは、72分、ゴール前で中島がフリーでシュートするチャンス。しかし枠を外れ、中島が思わず天を仰ぐ姿が見られた。

    だが直後の73分、中央でパスを受けた中島は、前線に守備陣の意表を突くスルーパスを送る。これにエル・アラビが反応。飛び出したGKとの接触でファンブルしたボールにエル・アラビが改めて追いつき、無人のゴールに蹴り込んで2点目を奪った。

    2点というリードを得たアル・ドゥハイルは、交代カードを切る。中島は86分までプレーし、ピッチを退いた。

    その後、後半アディショナルタイムに、エジミウソンのアシストで、中島と交代したカタール代表MFアリ・ハッサン・アフィフが3点目を叩き込み、試合を決めた。
     
    完勝を飾った試合後、ACLを主催するアジアサッカー連盟(AFC)アラビア語版の公式アカウントは「中島翔哉はこの試合のマン・オブザ・マッチに選出されました、おめでとう!」と速報。チームを勝利に導き、存在感を示した10番の活躍を祝福している。

    初戦を白星で飾ったアル・ドゥハイルは、現地3月12日、同グループのアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦。また、同グループにはアジアカップに参加した日本代表の塩谷司が所属するアル・アインも同居しているが、初戦はアル・ヒラルに1-0で敗れている。

    アル・アインとは4月9日にはアル・ドゥハイルのホームで、24日にはアウェーで対戦する。こちらの”日本人対決”も、注目を集めそうだ。

    3/6(水) 2:28配信 サッカーダイジェスト
    2019-03-06_08h54_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190306-00055025-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/01(金) 05:35:56.58
    [2.28 カタール・スターズリーグ第18節 アルドゥハイル6-0アルアハリ・ドーハ]

    日本代表MF中島翔哉が28日、ホームで行われたカタール・スターズリーグ第18節のアルアハリ・ドーハ戦で移籍後初ゴールを挙げた。

    今冬にポルティモネンセからアルドゥハイルに新天地を求めた中島。トップ下で3試合連続のスタメン出場を果たすと、2-0の後半7分だった。

    FWムハンマド・ムーンターリーとのパス交換でPA内右に進入し、角度のない位置から右足を一閃。豪快なシュートがゴール左隅に突き刺さり、これが加入後初得点となった。

    試合はその後、3点を追加したアルドゥハイルが6-0の大勝を飾っている

    3/1(金) 1:16配信 ゲキサカ
    2019-03-01_08h07_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-33429136-gekisaka-socc

    中島翔哉、ユーベから加入の“同期”とアベック初弾! アルドゥハイルは6-0大勝で首位を追走

    カタール・スターズリーグ第18節が28日に行われ、MF中島翔哉の所属する2位アルドゥハイルはホームで5位アルアハリ・ドーハと対戦し、6-0で勝利した。今冬に加入した中島はトップ下で3試合連続のスタメン出場。2点リードの後半7分に移籍後初ゴールを記録し、フル出場を果たしている。

    開始から相手を押し込んだアルドゥハイルは前半20分に先制。右サイドのFKからキッカーのDFムラード・ナージー・フセインが右足でクロスを送ると、うまくニアに入ったモロッコ代表DFメフディ・ベナティアが右足で合わせ、ゴール右に決めた。

    中島と同時期にユベントスから移籍したベナティアにとっては、これが加入後初得点。前半38分にはカウンターからFWエジミウソン・ジュニオールがスルーパスを出し、GKとの1対1を迎えたFWムハンマド・ムーンターリーが右足のループシュートを決めて2-0とした。

    後半7分には中島にも待望の初得点が生まれる。ムハンマド・ムーンターリーとのパス交換でPA内右に進入し、角度のない位置から右足を一閃。豪快なシュートをゴール左隅に叩き込み、リードを3点に広げた。

    さらに後半23分、ムラード・ナージー・フセインが味方のロングパスにPA内右で反応し、右足でダイレクトシュートを決める。同35分には右からの折り返しを途中出場のFWユセフ・エル・アラビが右足で押し込み、5点目を奪取。勢いは止まらず、同43分に後方からのスルーパスをユセフ・エル・アラビがワンタッチで流し込み、6-0と相手を突き放した。

    そのまま逃げ切ったアルドゥハイルは2戦ぶりに勝ち点3を獲得。この後に試合を行う首位アルサッドとのポイント差を暫定で1に縮めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-33437642-gekisaka-socc

    中島翔哉、カタール移籍後3試合目で待望の初ゴール!アル・ドゥハイルの完勝に大きく貢献
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00010000-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/24(日) 07:19:05.36
    森保ジャパンの新“背番号10”中島翔哉(24)が、ポルトガル1部ポルティモネンセからカタール1部アル・ドゥハイルへ移籍した。移籍金は日本人過去最高の約44億円。年俸も約4億4千万円に跳ね上がった。

    「しかもこれは手取り額。額面上はほぼ“10億円プレーヤー”と言っても過言ではありません」

    とスポーツ紙サッカー担当記者が明かす。

    ただ、手放しに喜べないのは、移籍先が英プレミアやスペインリーグなどビッグリーグでなかったこと。カタールでは、欧州ナンバーワンクラブを決める大会にも出場できない。どうにも都落ち感が否めないのだが、先の記者曰く、

    「これはこれで悪い選択ではありません。いうなれば、彼は東大を諦め、付属校に進学したようなものです」

    実は、アル・ドゥハイルのオーナーはカタール王族の大富豪で、フランス1部の強豪パリサンジェルマンのオーナーでもある。そのため、将来はパリサンジェルマン移籍もありうる。つまり“パリサンジェルマン大学付属カタール高校”に入学したと考えればいいのだ。フランスリーグといっても素人にはピンと来ないが、パリサンジェルマンといえばあのネイマールが在籍している、十分にビッグなチームである。

    「ただし東大、つまりマンチェスターUやバルサに行ける可能性はほぼなくなりました。移籍金とは事実上、現チームに支払うべき違約金の肩代わりです。つまり、同オーナーのチーム間なら違約金などどうにでもなるわけで、基本的に争奪戦は起こりません」

    もっとも、この付属校、必ず大学に進学できるとは限らないというから厄介だ。

    「本人が頑張っても、ポジションに空きが出ないと難しい。まあ、背伸びしてビッグリーグに行きベンチを温めるより、多少レベルが下でもチームの中心的な存在としてのびのびプレーした方がいいかも」

    “偏差値”だけで進路を選ぶべからず。

    2/24(日) 5:59配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190224-00557103-shincho-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/24(日) 01:04:18.22
    2/24(日) 0:47配信
    [2.23 カタール・スターズリーグ第17節 アルガラファ0-0アルドゥハイル]

    カタール・スターズリーグ第17節が23日に行われ、MF中島翔哉の所属する2位アルドゥハイルは敵地で8位アルガラファと対戦し、0-0で引き分けた。中島は2試合連続でスタメン出場。加入後初めて90分間プレーしたものの、得点に絡むことはできなかった。

    16日にホームで開催された第16節アルサイリヤ戦(1-0)で新天地デビューを果たし、決勝ゴールの起点になった中島。この日も積極的なドリブルやシュートでゴールを襲うが、スコアレスの時間が続く。

    後半25分にはカウンターから中島が左サイドにつなぐと、MFカリム・ブディアフの縦パスがDFに当たって裏へ流れ、抜け出したMFエジミウソン・ジュニオールが右足でネットを揺らす。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってオフサイドと判定され、得点は取り消しとなった。

    中島はその後も惜しいシュートを何本も放つなど、チャンスに絡み続けたが、0-0で終了のホイッスル。2位アルドゥハイルは勝ち点2差で首位に立つアルサッドとのポイント差を縮めることはできなかった。次節は28日に行われ、ホームでアルアハリと対決する。
    2019-02-24_01h40_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-31690659-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ