海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:中村俊輔

    news_207767_1-e1484297711774
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/18(土) 19:47:34.49 ID:CAP_USER9.net
    「俊さん、今日の食事どうします? ガスります? それともロイホ?」

    2015年終了と同時に、年間使用料6億円で結んでいたマリノスタウンの定期借地契約が満了となったため、昨シーズンの1年間、横浜F・マリノス(以下FM)選手の間では、冒頭のような会話が飛び交っていた。

    かつて、マリノスタウンには4面のグラウンド、レストラン、ケアルームを完備するクラブハウスが隣接していたため、選手は練習後を心配する必要はなかった。

    それも昔の話。昨シーズン、選手たちは練習場を転々とした。そこは風呂なし、ケアルームなし。当然、食事する施設もなく、冒頭の会話のようにファミレスの名前が挙がるのだった。

    「練習用具を管理する場所もないから、ホペイロ(用具係)が毎回ワゴン車から出し入れし、選手も手伝っていたほど。J1とは到底思えない、まるで企業からサポートを受けられなかった1980年代の日本サッカーリーグに戻ったかのようだった。俊輔はなによりも体のケアを大事にする。こんな環境ではやっていけないと不満を募らせたことが、移籍へと繫がった」(担当記者)

    年始早々、サポーターを驚かせた中村俊輔(38)の磐田への移籍には、こうした事情が隠されていた。

    ■受け入れる磐田の思惑

    年間王者3回、Jのクラブとして初めてアジアクラブ選手権を制するなど、名門として名を馳せた磐田。だが、近年は世代交代に失敗し、J2降格も経験。それだけに俊輔の加入は大きいが、年齢、高年俸のリスクもともなう。

    「年俸は5000万ダウンの8000万円といわれているが、実際は1億円。たしかに高年俸だが、磐田は十分に元が取れると計算している。実際、早くも俊輔のユニホームには、予約が殺到している。昨年は実現しなかった清水との静岡ダービーも、今年は清水がJ1に昇格したことで開催できる。それを1万5000人しか入らない通常のヤマハスタジアムではなく、5万人収容のエコパスタジアムで主催すれば、俊輔人気で、入場料収入も大幅に増えると目論んでいる」(サッカーライター)

    スポーツ紙記者は、俊輔本人も現役が長くないと自覚し、万全の状態で臨むことを心がけていると語る。

    「今回の移籍は、マリノスの環境に不満を持った俊輔から持ちかけたもの。彼ほどマリノスタウンを有効に使っていた選手はいない。午前練習時もゆっくり風呂に入り、カロリー計算された食事をし、マッサージを受け、昼寝までしていた。施設から出るのは夕方過ぎ。じつは子供が4人いて、自宅では落ち着けないこともあったからだった」

    2013年、年間MVPに輝いたとき、俊輔はこう挨拶した。
    「この受賞は、ひとえに素晴らしい環境で日々練習できたからです」

    現役生活最終章の決断はカネやファンよりも、よりよい職場環境を選んでのことだった。俊輔の再戦が始まる――
    2017年2月18日 12時0分 Smart FLASH
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12691464/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/10(金) 18:00:35.77 ID:CAP_USER9.net
    「ユニホームを脱いだ人間がなにを言っているんだ、と思われるかもしれないけど…。どうでもいいんじゃないか、とは思わない」。

    注目の10番対決に――。古巣・横浜の10番を引き継ぐことが決まった齋藤学に、中村俊輔がエールを贈った。
     
    ニューイヤーカップ最終となる鹿児島戦前日の10日、磐田はキャンプ地の鴨池で時折激しい風雪が舞うなか、クロスへの対応や5対5などのメニューで調整。中村はフルメニューを終えたあとに居残り練習をして、FKやシュートの感触を確かめていた。
     
    練習後、記者団から齋藤学が横浜の10番を着けることが決まったことについて聞かれると、磐田のナンバー10は言葉を選びながら、「ユニホームを脱いだ人間がなにを言っているんだ、と思われるかもしれないけれど」と前置きした上で、「かといって、どうでもいいんじゃないか、とは思わない」と話を続けた。
     
    齋藤からは事前に、横浜の背番号10を着けたいという「断りの電話」があったという。中村はその内容などについて明かし、エールを贈った。
     
    「学とはずっと一緒にやってきたから。自分自身に対してプレッシャーを懸けたいのと、自分自身に対し責任感を強めたい想いがあると電話で言っていた。断りの電話だったけれど、それ(背番号)は俺が決めることではないから。ただ学のなかのマリノスに対する責任感の強さは感じた。背番号を変えることでモチベーションにしてほしいし、『頑張れ』とは声を掛けました」
     
    今後、師弟関係とも言える磐田対横浜の10番対決が実現することになった。今季リーグ戦は、6節の4月8日に日産スタジアム、31節の10月29日にエコパで対戦が組まれている。
     
    また11日のニューイヤーカップ・鹿児島戦に向けて、中村は「賞金が出る大会であり、選手にとっても良い大会。良い試合をしたいし、フェアプレーでできれば」と抱負を語っていた。
    2017-02-10_19h18_33
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00022432-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/07(火) 22:46:32.22 ID:CAP_USER9.net
    日本のレフティー2人が選ばれる

    現在フリーキックで最も大きな注目を集めている選手といえば、バルセロナFWリオネル・メッシだろう。

    数年前はメッシもフリーキックからゴールを量産しているわけではなかったが、今季は3試合連続で沈めるなど爆発。ロナルド・クーマンの持つクラブ最多記録も更新し、世界最高のフリーキッカーと呼ぶにふさわしいキックを連発している。

    そこで米『Bleacher Report』は、歴代の名手らと合わせてフリーキッカーのランキングを作成。その特別賞として日本人選手から中村俊輔、そしてミランに所属する現役の日本代表MF本田圭佑の2人が選ばれている。

    中村と言えば、セルティックでも日本代表でもフリーキックを連発した世界的な名手であり、今でも世界から高い評価を受けている。同メディアも「止められない」と称賛しており、お得意の曲げるボールに加えてパワーボールも蹴ることができると評価されている。

    一方、本田は2010南アフリカワールドカップで見せた無回転フリーキックが印象に残っている。以降は日本代表でもキッカーを務める機会が多く、長距離から狙えるキッカーと認知されている。

    ただし同メディアからは「継続性があれば」との意見が出ており、あの一発以降目立ったキックがないのは問題だ。

    今回の特別賞には2016年の「FIFAプスカシュ賞」に選ばれたマレーシアのペナンに所属するモード・ファイズ・スブリも選出されているが、本田も同選手と同じく一発のインパクトで選ばれているところがある。モード・ファイズ・スブリが決めたゴールも遠いところから異常な軌道で決まったものだった。

    中村には抜群の安定感があり、本田にはフィットすれば遠い距離からでも決められる威力がある。互いに全く違うタイプのレフティーだが、優秀なフリーキッカーとして認知されているようだ。

    2017年02月07日(火) 02時39分配信
    http://www.theworldmagazine.jp/20170207/01world/109512

    写真


    Bleacher Report 動画あり
    http://bleacherreport.com/articles/2686617-where-does-lionel-messi-rank-among-the-greatest-free-kick-takers-of-all-time

    Shunsuke Nakamura?whip, curve, distance. Unstoppable.

    Keisuke Honda?if only the rest of his game was as consistent as his set

    10. Alessandro Del Piero



    9. Miralem Pjanic



    8. Juan Arango



    7. Ronaldinho



    6. Michel Platini



    5. Ronald Koeman



    4. Lionel Messi



    3. Sinisa Mihajlovic



    2. Zico



    1. Juninho Pernambucano

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/04(土) 16:13:52.50 ID:CAP_USER9.net
    磐田の元日本代表MF中村俊がスペイン2部テネリフェに移籍したMF柴崎の挑戦を支持した。

    自身は09年にエスパニョールに加入。技術には自信があったが

    「ボール回しでは下の方だった。スペインはフィジカル、技術全てが含まれている」

    とレベルの高さを実感したという。

    「ここからは自分の力が必要。2部とかではなく、レギュラーになれるよう頑張ってほしい」と語った。

    スポニチアネックス 2/4(土) 7:02配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000042-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/02(木) 23:33:40.18 ID:CAP_USER9.net
    セルティックで数々の伝説を残した元日本代表MF中村俊輔には、今でも現地メディアから熱い視線が送られているようだ。英『HTIC』が「セルティックのレジェンドが日本の年長選手の1人となった」と題し、中村を特集している。

    今オフに横浜FMからジュビロ磐田に電撃移籍し、国内で大きな注目を浴びた中村。遠く離れたイギリスでも、38歳にして新たな挑戦を始める天才レフティーを大きく取り上げている。

    同メディアはイギリスのフットボール界において30代後半のGKは珍しくないが、フィールドプレーヤーではほとんどいないことについて言及。「元セルティックのMFで現在J1の磐田に所属する中村は、まだ衰えを知らない。このFKマスターは39歳に近づいているのにトップレベルのパフォーマンスを維持し、日本の1部クラブで10番を背負っている」と中村を称賛した。

    この特集では、今月26日に50歳の誕生日を迎える横浜FCの“キングカズ”ことFW三浦知良についても触れられているものの、イギリスでの注目度の高さでは中村が上回っているようだ。記事の最後には願望も含め、こう綴られている。

    「元セルティックの男は、いつの日かセルティック・パークに戻ってくるだろうか? 選手としては無理かもしれないが、中村ならセットプレーによって、今のセルティックの選手たちに何かを示すことができるはずだ」
    2017-02-03_08h34_05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-01636462-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/02(木) 07:53:55.29 ID:CAP_USER9.net
    J1のC大阪は1日、スペイン1部、セビリアから日本代表MF清武弘嗣(27)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は46。かつてのエースが約4年半ぶりに古巣に復帰し、超攻撃的布陣を完成させる。一方、J1磐田に加入し、鹿児島キャンプに参加中の元日本代表MF中村俊輔(38)は、親交のある清武の日本復帰に「もっとスペインでのプレーを見たかった」と複雑な心境を吐露した。

    かつて、世界を魅了した希代のレフティーが驚きの声を上げた。

    「エッ、そうなの?」

    新天地・磐田の鹿児島キャンプで汗を流す中村俊はこの日、地元の大学生との練習試合(30分×4本)で最後の30分だけに出場。居残り練習後に清武のC大阪への復帰が正式発表されたことを伝え聞くと絶句した。

    2012年夏に欧州に渡った清武と、02年夏に渡欧した中村俊。ハイレベルの環境に身を置き、ともに苦楽を経験した。中村俊は10年にスペインのエスパニョールから横浜Mに復帰。「自分の場合は(10年南アフリカでの)W杯への出場を考えて戻ってきた」。実は、2人はこのオフに食事をともにしたという。セビリアで出番が少ないことを悩む清武に「サブでも良いんじゃないか。セビリアだよ」と相談役を買って出た。

    清武も自身のブログに18年ロシアW杯に向けて、日本復帰が日本代表の活動につながるとの考えを記した。ただ、中村俊はその才能を高く評価し、「でもまた(欧州へ)行けばいい」と、後輩の背中を押すエールを送った。

    C大阪とは、25日のJ1開幕戦(ヤンマ)でいきなり激突する。「俺が磐田にいることの方が(清武より)違和感がある」と言いつつも、この日の実戦ではキラーパスで好機を演出。名波監督も「前線の動き出しがまだ半歩遅れているけれど、徐々に良くなってきている」と新司令塔との連係に満足顔を浮かべた。

    日本代表の新旧MFが新たな環境で迎える今季。Jリーグを盛り上げるべく、共闘する。
    2017-02-02_08h32_16
    サンケイスポーツ 2/2(木) 7:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000021-sanspo-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/31(火) 12:37:09.17 ID:CAP_USER9.net
    セリエAで活躍した中田英寿氏とMF中村俊輔について、イタリアメディア『Calcioweb.eu』が過去を振り返り特集を組んでいる。

    当時の日本サッカーはまだ発展途上であり、イタリアでは観光地に溢れかえる日本人観光客については知られていたものの、セリエAへの日本人サッカー選手の加入は驚きの目を持って迎えられた。

    現在では「イタリアでプレーしたアジア人最高の選手」との評価を受ける中田も、1998年にペルージャへ加入した当時は実力を懐疑する声が多かった。しかし、デビュー戦となったユヴェントス戦(4-3でユヴェントスが勝利)では、ドッピエッタ(1試合2得点)を決める活躍を見せた。このシーズンは32試合に出場し、10得点を決め、チームのセリエA残留へ貢献した。

    その後は2005年まで、ローマ、パルマ、ボローニャ、フィレンツェへと渡り歩き、「イタリアで成功した最初の日本人選手であり、繊細なボールの扱い、素晴らしいテクニック、戦術眼を持つ背番号10の選手だった」と称えられている。

    一方、中村俊輔については、「正確な左足のキックに素晴らしい戦術眼を持つ。繊細なボールタッチが特徴のファンタジスタ」として紹介されている。2002年、中村がレッジーナへ加入すると、本拠地であるレッジョ・カラブリアでは、「ナカムラ・マニア」と呼ばれる現象が起き、町中で歓迎された。

    長靴のつま先に位置する南イタリアの小さな町に突然、取材班や観光客など大勢の日本人が押し寄せたことで、中村が平凡な1選手ではなく、日本のスターであることが伝わった。中村はレッジーナに2002年から2005年まで在籍し、サポーターから愛される存在となった。
    日本サッカーの一時代を築いた中田と中村は現在も、カルチョの本場イタリアで「最高の感動を与えた日本人選手であろう」と伝えられている。
    2017-01-31_14h21_41
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000009-goal-socc
    続きを読む


    8f7da591
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/28(土) 00:06:27.30 ID:CAP_USER9.net
    “俊輔ロス”は心配無用?

    J1横浜Mは、10番を背負った元日本代表MF中村俊輔(38)のJ1磐田移籍をはじめ主力選手が大量離脱。首脳陣と一部選手の対立も表面化するなどオフはドタバタが続いている。

    日本代表MF斎藤学(26)も海外進出を希望しており、流出は確定的。今季はJ2降格を危ぶむ声も出ている一方、意外にもライバルとなるJクラブは横浜Mを異常警戒。その理由とは――。

    横浜Mは業務提携する英シティー・フットボール・グループの意向でエリク・モンバエルツ監督(61)の続投が決まり、クラブと一部選手の対立が深刻化。今オフに主力が続々と退団した。

    磐田に加入した俊輔を筆頭に、守護神のGK榎本哲也(33=浦和)やMF兵藤慎剛(31=札幌)など大黒柱の中心選手たちがチームを去った。今季は苦戦必至でJ2降格を危惧する声まで出ているが、J1のライバルたちはひそかに警戒モードを高めている。

    「外国人はかなり質の高い選手が揃うんじゃないか。FWウーゴ・ビエイラ(28)は普通だったらJリーグには来ないレベルの選手だし、いま(獲得に)動いている(外国人)選手たちもそう。機能すれば相当なポテンシャルのあるチームになるはず」と欧州事情に詳しいJクラブ関係者は話した。

    ポルトガル人のウーゴはセルビア1部リーグの名門レッドスターで昨季20ゴールをマークしてMVPに輝いたストライカー。中国クラブも獲得に乗り出していた中、横浜Mが獲得に成功した。

    さらに同じレッドスターに所属し、かつてスペイン1部リーグ、バルセロナの下部組織で「天才」と称されたマケドニア代表MFダビド・バブンスキー(22)も横浜Mと合意間近と現地メディアで報道。ドイツでプレーするオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(22=1860ミュンヘン)の入団も確実視されている。

    いずれの選手もビッグネームとは言えないものの、欧州やアジアの金満クラブが狙っていた有望株ばかり。主力流出で大幅な戦力ダウンが懸念されていた横浜Mだが、的確な補強を進めていると他のJクラブはにらんでいるのだ。「その辺はシティー(グループ)の力もあるだろうね」と同関係者は警戒した。

    主力選手が大量離脱するキッカケをつくった存在だが、世界中にネットワークを持つ実力を発揮。実力派の外国人選手をそろえて低い前評判を覆すかもしれない。

    東スポWeb 1/27(金) 16:31配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000031-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Pescatora ★@\(^o^)/:2017/01/15(日) 09:34:51.68 ID:CAP_USER9.net
    J1磐田が14日、静岡・磐田市内の練習グラウンドで始動。横浜Mから完全移籍した元日本代表MF中村俊輔(38)に注目が集まった。(サンケイスポーツ)

    新デザインとなった磐田のチームユニホームの販売受け付けが13日に始まり、集計されたオフィシャルショップ1店舗での売り上げ枚数が一日で1000枚を突破した。昨年は2店舗で受け付け開始からの2日間合計が800枚だっただけに、「驚くほどの伸びです」とクラブ関係者。また、ファンクラブの新規会員の中に、中村俊の古巣・横浜Mからの乗り換え組が多数いるという。
    2017-01-15_10h43_42
    http://www.sankei.com/sports/news/170115/spo1701150006-n1.html
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ