海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:中村敬斗

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/30(土) 05:33:39.14
    開幕戦からの鮮烈デビューも…

    昨夏にオランダ・エールディビジに鳴り物入りで参戦したトゥベンテの中村敬斗が、苦境に立たされている。

    現地時間5月29日、トゥベンテの地元紙『Tubantia』は、現在ガンバ大阪から2年間のレンタル移籍中の中村とクラブが契約解消に向けた話し合いを行なっていると報じた。

    2019年5月に開催されたU-20ワールドカップでインパクトを残した中村は、大会後の7月に2021年6月30日までの期限付きでトゥベンテに加入。PSVとのエールディビジ開幕戦から2戦連続ゴールを決めるなど、鮮烈なスタートを切った。

    だが、ウインターブレイク以降は出場機会が激減。エールディビジが打ち切りになるまでの全8試合でスタメン落ちをし、そのうち4試合は出場なしと大きく序列を下げていた。

    エールディビジでは17試合で4ゴールという結果に終わった若きサムライ戦士について、『Tubantia』は、「テクニカルディレクターのテッド・ヴァン・レーヴェンはナカムラを『素晴らしい才能をもたらした小さな奇跡だ』と評したが、ウインターブレイク明けからはほとんどプレーできていない」と綴り、こう続けた。

    「19歳の日本人はガンバ大阪から2年契約で雇われたが、エールディビジでの圧倒的なスタートの後に失速。一部のファンからは冷笑されるまでになってしまった。今は日本に帰国中だが、全ての当事者は契約解消の方法を模索している」

    この一報を伝えたオランダ・メディアの『Football Oranj』は、「ナカムラとトゥベンテは契約打ち切りの見込みとなっている」と速報。さらに『RTV』も「すでに帰国してしまったナカムラはおそらくオランダには戻らない」とした。

    契約解消となった場合には、保有権を有しているガンバ大阪にレンタルバックされる格好となるが、中村はどのような決断を下すのか。東京五輪出場も期待される俊英アタッカーの動向から目が離せない。
    2020-05-30_09h08_18
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c7f639c131df18c7fdef658341cbdcb472d04dc2
    5/29(金) 20:44配信

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/12/03(火) 21:32:32.07
    強豪アヤックス相手に右足で技あり豪快弾を決める 「私達は前進し続けます!」
    オランダ1部トゥウェンテに所属するFW中村敬斗が現地時間1日、リーグ第15節の本拠地アヤックス戦(2-5)で先制の“ゴラッソ”を決めた。先発出場を果たした前半15分、国内の強豪チームを相手に右足で今季4点目をマーク。現地メディアも絶賛する活躍を見せたが、ゴール後のパフォーマンスに2017年U-17ワールドカップ(W杯)でともに戦ったマジョルカの日本代表MF久保建英から“ツッコミ”が入っている。

    【動画】中村敬斗が強豪アヤックスから右足で決めた“ゴラッソ”
    https://youtu.be/17gXtXNOr1M?t=197


    中村は3トップの左サイドで先発。首位のアヤックスをホームに迎えて臨んだ前半15分だった。チームメートが相手のパスミスをカットし、カウンターから左サイドに展開。パスを受けた中村は、ドリブルで持ち込むと、右足に持ち替えてDFを抜き切る前にインフロントキックでシュートを放った。ボールは鋭く曲がりながらゴール右隅のサイドネットを揺らし、今季4点目をマーク。1得点1アシストの活躍を見せた9月15日の第6節フォルトゥナ・シッタート戦(3-2)以来、約2カ月半ぶりの得点となった。

    試合は最終的にアヤックスの猛反撃を許し、2-5で敗れたが、トゥウェンテが強豪をリードする展開にオランダメディア「Voetbal Primeur.nl」は「何が起きているんだ?」との見出しで速報するなど、現地でも注目を集めた。そんななか、中村は自身の公式インスタグラムを更新。ゴール後のパフォーマンス姿を公開した。人差し指を口元に当てたポーズの写真で「私達は前進し続けます!」と投稿し、ゴールの喜びと前向きに戦っていく様子を示した。

    中村の写真に仲が良い元同僚のガンバ大阪ブラジル人FWアデミウソンは「クラック」とコメント。すると、同世代の久保や、同じく第15節VVVフェンロ戦(1-0)で決勝ゴールを挙げたAZアルクマールのU-22日本代表DF菅原由勢からもコメントが届いた。久保は「ホームでシーは違くない?」と“ツッコミ”を披露し、菅原は「ゴールパフォーマンスのやり方分からんから教えて」と“お願い”。U-17W杯インド大会でともに戦った3人の仲の良さがうかがえるコメント欄となっている。

    東京五輪世代での活躍も期待される欧州組トリオ。年代別代表から高め合ってきた仲間の活躍は、互いに刺激となっているようだ。
    2019-12-03_22h25_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00232205-soccermzw-socc

    中村敬斗instagram
    https://www.instagram.com/p/B5iw7Awpw3j/

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/12/01(日) 22:14:13.00
    20歳ラングがハットトリック
    エールディビジは1日に第15節が行われ、トゥエンテとアヤックスが対戦した。

    直近リーグ戦8試合で2勝6敗と調子を落とすトゥエンテ。王者とのビッグゲームでは、中村敬斗が2試合連続の先発出場を果たした。対するアヤックスは、今季リーグ戦14試合で12勝2分と無敗を継続中。首位を快走する中でのアウェイゲームでは、ツィエクやファン・デ・ベーク、ダディッチら主力選手を起用した。

    試合は、序盤からアヤックスがボールを保持して主導権を握り、トゥエンテは自陣でブロックを組んでカウンターを狙う展開に。左サイドに入った中村はドリブルでカウンターの起点になろうとするも、アヤックスの素早い守備を前になかなかボールを持ち運べない。

    しかし、先制したのはトゥエンテだった。ゴールを奪ったのは中村。15分、カウンターの場面で左サイドでボールを持つと、ドリブルでカットイン。距離のある場所から鮮やかなミドルシュートを叩き込んだ。無敗を継続するアヤックス相手に貴重な先制点を奪っている。なお19歳FWにとって、これが今季4ゴール目となった。

    トゥエンテの勢いは止まらない。19分、高い位置でのボールカットからアイトールが追加点。早い時間に2点をリードする。

    落ち着けないアヤックスのテン・ハーグ監督は、べンチの選手をすぐさまウォームアップに行かせる。すると25分にアクシデント。プロメスが負傷でプレー続行不可能となり、ベテランストライカーのフンテラールと交代となった。

    その後もトゥエンテは、カウンターから好機を生み出す。中村やアイトールといったウイングの選手が起点となり、速攻でアヤックス守備陣を脅かす。

    しかしアヤックスも黙っていない。32分、浮き球を駆使して左サイドを突破すると、ツィエクのクロスにラングが合わせてネットを揺らした。20歳FWの初ゴールで、1点差に詰め寄る。前半は2-1で折り返す。

    後半もアヤックスがボールを握り、トゥエンテは速攻でチャンスを作る。49分、中村は自陣中盤で高いDFラインの裏に浮き球のパスを送り、アイトールのシュートをお膳立て。カウンターの場面で存在感放つ。

    だが51分、アヤックスが同点に追いつく。自陣で相手の攻撃を食い止めてカウンターを発動。ファン・デ・ベークのクロスをトゥエンテ守備陣も触るが、ファーサイドで待っていたラングが押し込んだ。試合は振出しに戻る。

    その後もアヤックスが猛攻を続けると、61分にはついに逆転。敵陣でボールを奪うと、クロスのこぼれ球をフンテラールが豪快に右足で叩き込んだ。2点をリードしていたトゥエンテだが、首位チームに試合をひっくり返される。

    アヤックスは止まらない。70分、トゥエンテDFがGKに中途半端なバックパスを送り、出てきたドロメルはヘッドでクリアを試みる。しかいこれがDFに当たり、ゴール目の前のラングの下へ。確実に押し込み、ハットトリックを達成した。

    苦しくなったトゥエンテは、71分に中村を下げてゼクニーニを投入。見事な先制点を挙げるなど存在感を放っていた19歳FWだが、後半半ばでピッチを退いた。

    アヤックスは後半アディショナルタイムにフンテラール5点目を奪う。試合はこのまま終了し、トゥエンテは2点差をひっくり返されて逆転負け。直近9試合で7敗目を喫した。一方勝利したアヤックスは、未だリーグ戦無敗を継続。首位を快走している。

    ■試合結果
    トゥエンテ 2-5 アヤックス

    ■得点者
    トゥエンテ:中村(15分)、アイトール(19分)
    アヤックス:ラング(32分、51分、70分)、フンテラール(61分、後半AT)
    2019-12-01_23h51_52

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00010038-goal-socc

    続きを読む

    1: ぜかきゆ ★ 2019/10/31(木) 05:51:34.34
    鮮やかなミドルシュートで先制点

    現地時間10月30日にオランダの国内カップ、KNVBカップ戦の1回戦が行なわれ、トゥベンテは同国3部のトレファーと対戦。2-0で下し、2回戦進出を決めている。

    この試合、3トップ左で先発出場した中村敬斗は、16分に左サイドから見事なミドルシュートで先制点をあげると、22分にはカンタラピエドラからのアシストで2点目を決めた。この仕事ぶりには、地元サポーターも「ナイス!」「よくやった」「オメデトウ」といった称賛の声が寄せられた。

    前半だけで2点のリードを得たトゥベンテ。後半も有利なペースが続くが、絶好機がポストに阻まれるなどなかなか追加点は生まれないまま時間が経過する。

    中村はその後もプレーを続け、フル出場でチームの勝利に貢献。これまでに、リーグ戦3得点をあげており、カップ戦での2ゴールを加え、公式戦の記録は計5ゴールにのぼる。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部 10/31(木) 5:38配信
    2019-10-31_11h42_11
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00066006-sdigestw-socc

    続きを読む

    113fe75696c702ef7d70727ebba2e5ac-560x373

    【シッタート 2-3 トゥエンテ オランダ・エールディビジ第6節】

    オランダ・エールディビジ第6節、フォルトゥナ・シッタート対トゥエンテが現地時間15日に行われた。試合はアウェイのトゥエンテが3-1で勝利を収めた。

    FW中村敬斗は左ウィングで6試合連続の先発となり、今季3ゴール目となる1ゴールと1アシストを記録したが、前半終了間際に一発レッドで退場処分となってしまった。

    前半いきなり中村が魅せる。18分、カンタラピエドラの浮き球のパスに反応した中村が裏を抜け出し、GKと1対1に。中村はボールをゴールに流し込み、トゥエンテが先制となった。

    さらに24分、中村のパスを左サイドで受けたエスピノサが右へのカットインから右足を振り抜くと、これがゴール右に綺麗に決まった。中村のアシストからゴールが生まれた。

    だが45分、中村はルーズボールに対し、深めのスライディングタックル。相手に対して、ボールに行っているように思われたが、相手は高く飛び上がり、そのまま倒れ込んだ。VARで確認後、主審はファールの判定を下し、中村にレッドカードが提示された。

    後半になると、数的優位となったシッタートが攻め込み、得点を狙いに行く。だが、数的不利のトゥエンテが3点目を決める。自陣で相手ボールを奪い、カウンターを発動。そのままボールを上手く繋ぎ、ゴール前まで運ぶと、カンタラピエドラが右足でシュート。このこぼれ球にアブルジャニアが反応し、押し込んだ。

    だが78分、ヴクキッチのオウンゴールでトゥエンテはシッタートに詰め寄られる。追いつきたいシッタートだったが、83分にピントが決定機阻止で一発レッドを提示され、これで10対10となった。

    終了間際にシッタートに1点差に詰め寄られるも、3-2でトゥエンテが勝利を収め、開幕から6試合で無敗を維持している。

    【得点者】
    18分 0-1 中村敬斗(トゥエンテ)
    24分 0-2 エスピノサ(トゥエンテ)
    66分 0-3 アブルジャニア(トゥエンテ)
    78分 1-3 ヴクキッチ【OG】(シッタート)
    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/11(日) 07:17:27.37
    [8.10 エールディビジ第2節 フローニンゲン1-3トゥエンテ]

    オランダ・エールディビジは10日、第2節を開催し、MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンとFW中村敬斗が所属するトゥエンテが対戦。後半10分に中村の得点で先制したトゥエンテが同25分に加点。フローニンゲンの反撃を後半39分の堂安の1点に抑えると、同アディショナルタイムにダメ押しゴールを奪い、トゥエンテが3-1の勝利を収めて初白星を獲得した。堂安と板倉はフル出場し、中村は後半31分までプレーしている。

    前半13分、PA内に走り込んだFWアイトール・カンタラピエドラをスライディングで止めようとした板倉がファウルを犯してPKを献上。しかし、カンタラピエドラ自らがキッカーを務めて放ったシュートはクロスバーを叩いてしまった。

    前半21分には堂安が左足シュートを枠内に飛ばしたものの、相手GKジョエル・ドロメルに弾き出されてしまう。すると同27分、PA内のMFガブリエル・グズムンドソンがDFパウル・フェルハーフのファウルを誘い、今度はフローニンゲンがPKを獲得。しかし、FWカイ・シーハイスのシュートはドロメルにストップされてしまい、先制の好機を逸してしまった。

    ここから試合は荒れる。前半40分にMFラモン・パスカル・ルンドクビストが一発退場になると、同アディショナルタイムにはDFマイク・テ・ビーリクも一発退場となって、前半だけでフローニンゲンは2人の退場者を出してしまう。さらに判定に納得のいかないサポーターがピッチに乱入するなど、アディショナルタイムが9分(表示は7分)取られる荒れた前半となった。

    0-0のまま後半を迎えると、2人多いトゥエンテが圧倒的にボールを支配し、同10分には左サイドから切れ込んだ中村が堂安のファウルを誘ってFKを獲得。キッカーを務めた中村が右足から蹴り出したボールはゴール左下を射抜いてネットを揺らし、トゥエンテがついに先制に成功。中村は開幕2試合連続ゴールとなった。

    後半25分にはトゥエンテがまたもやPKを獲得すると、前半にPKを外しているカンタラピエドラが今度はきっちり沈めてリードは2点差に。同31分に中村はFWラフィク・ゼクニーニと代わってピッチを後にした。

    2点のビハインドを背負ったフローニンゲンで意地を見せたのが堂安だった。同39分、後方から送られたボールの落としを拾うと、PA外から左足のシュートでゴールを陥れ、今季初ゴールを記録した。

    後半も荒れた試合のアディショナルタイムの表示はまたもや7分。すると90+6分にトゥエンテがダメ押しゴールを奪って3-1で勝利した。

    8/11(日) 3:36配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-43470356-gekisaka-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/08/07(水) 09:06:44.70
    「中村敬斗の獲得は”小さな奇跡”だ」

    no title

    中村(左)と菅原(右)はともに19歳。日をまたいでリーグデビュー戦で初ゴールという快挙を成し遂げた。

    現地時間8月2日に開幕したエールディビジ。今季、6人の若き日本人選手が参加しているオランダ1部リーグの開幕節で、実に5選手が先発出場を飾った。

    なかでも鮮烈なデビューを飾ったのが、この夏にガンバ大阪からトゥベンテに移籍した19歳、中村敬斗だ。

    4-3-3の3トップ左で先発した中村は、オランダにおけるビッグ3の一角、PSVアイントホーフェンを相手に、試合開始8分で豪快なミドルシュートを叩き込んだ。試合はその後追いつかれて1-1のドローに終わったが、デビュー戦で強豪相手に1得点を挙げた中村の快挙に、現地メディアは「これ以上ないスタートだ」「新星現わる!」と賛辞を惜しまなかった。

    そして翌3日に行なわれたAZアルクマール対フォルトゥナ・シッタルト戦でも、若きサムライが異彩を放った。名古屋グランパスからAZに加入した19歳の菅原由勢である。

    こちらは4-3-3の左SBで先発。常にウイングバックのように思い切ってポジションを上げ、果敢に攻撃参加する姿が目立っていたが、83分、その積極性が実を結ぶ。右サイドからのグラウンダークロスに素早く呼応し、ダイレクトで蹴り込んでネットを揺らしたのだ。なんとオランダで初だけでなく、プロキャリアにおいても初のゴールを挙げ、4-0の大勝に華を添えた。

    同紙は第1節のベスト11に菅原を選出。プレシーズン中からそのお茶目なキャラクターでサポーターの心を掴んでいたDFは、早くもクラブの人気者となっている。


    こうしたふたりの若き日本人選手の活躍に、オランダ紙『Algemeen Dagblad』は「シンジ・オノ(小野伸二)とケイスケ・ホンダ(本田圭佑)を彷彿とさせる素晴らしい時代の復活」と評した。

    「PSVに対して素晴らしいゴールを決めたケイト・ナカムラ。そして約24時間後にはAZのユキナリ“ユキ”スガワラがF・シッタルトに対して同じような鮮やかなゴールを叩き込んでみせた」

    さらに中村の活躍に対しては、こう論じている。

    「ナカムラがPSVに対して達成した“偉業”を、驚くひとはいなかった。トゥベンテが彼の獲得の際に出したプレスリリースや声明に目を通すといい。テッド・ファン・リーウェンTDはこのように”予言”している。

    『ケイトは日本でもっとも優れた才能を持つ選手のひとり。卓越したテクニックと、この年齢では信じられないほどのインテリジェンスを有している。我々のわずかな財源でこのクオリティーの選手を獲得できたことは、のちに“小さな奇跡”と呼ばれるかもしれない』と」

    8/7(水) 6:10 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190807-00010002-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/08/04(日) 04:13:39.66
    [8.3 エールディビジ第1節 トゥエンテ-PSV]

    オランダ・エールディビジは3日、第1節2日目を開催し、FW中村敬斗が所属する昇格組のトゥエンテが昨季2位のPSVをホームに迎えた。

    今夏、G大阪からトゥエンテに期限付き移籍した19歳の中村は開幕スタメンの座を勝ち取った。4-3-3の左ウイングの位置に入ると、序盤から積極的な仕掛けを見せて縦への推進力を生み出そうとする。すると後半8分、左サイドでボールを受けると、中央に切れ込んで右足を一閃。勢いよく飛び出したボールはGKの手前でワンバウンドするとネットを揺らし、トゥエンテが先制に成功した。

    なお、試合は前半14分時点でトゥエンテが1-0とリードしている。

    ゲキサカ 8/4(日) 4:03
    2019-08-04_08h41_43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-43470091-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/07/15(月) 11:07:20.25
    G大阪のU―20代表FW中村敬斗(18)がオランダ1部トゥエンテに期限付き移籍することが14日、分かった。すでにクラブ間合意しており、一両日中に正式発表の見込み。20日の名古屋戦(豊田ス)がラストマッチになる可能性が高い。

    今季途中から定位置をつかんだ中村には、日本代表MF堂安律(21)や同MF板倉滉(22)が所属する昨季8位のオランダ1部フローニンゲンも獲得オファーを出していた。だが今季2シーズンぶりの1部復帰を果たし、より厳しい戦いが予想されるトゥエンテを選択。

    G大阪は必要な戦力として慰留に努めてきたものの、18年の入団時から強い海外志向を持っていた中村の意向を最終的には尊重し、送り出すことを決めた。今夏はMF久保建英がレアル・マドリード(スペイン)、MF安部裕葵がバルセロナ(スペイン)、DF菅原由勢がAZ(オランダ)へ移籍。中村はU―20代表世代では4人目の海外組になる。

    トゥエンテは09~10年シーズンに1部リーグ優勝を果たし、14~15年シーズンには元日本代表FW宮市亮(26=ドイツ2部ザンクトパウリ)も在籍した名門。今シーズン開幕は8月3日で、中村は早ければ昨季2位の強豪PSVとの開幕戦で欧州デビューする。

    ▽FCトゥエンテ 1965年創設。オランダ東部オーファーアイセル州トゥエンテ地方の都市エンスヘーデを本拠地とするクラブ。リーグ優勝1回、オランダ杯優勝3回。ホームスタジアムのデ・フロルーシュ・フェステは3万205人収容。

    ◆中村 敬斗(なかむら・けいと)2000(平12)年7月28日生まれ、千葉県我孫子市出身の18歳。三菱養和ユースに所属した17年にU―17W杯出場。1次リーグ初戦ホンジュラス戦の3得点を含む4得点を挙げた。高校2年生ながらJ複数クラブからオファーが届き、18年シーズンからG大阪に入団。同年2月24日のリーグ開幕名古屋戦でプロデビュー。11月24日の長崎戦でJ1初得点。1メートル80、75キロ。右利き。

    スポニチ 7/15(月) 5:00
    2019-07-15_11h49_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000001-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/07/05(金) 05:36:19.82
    7/5(金) 5:00配信
    G大阪・中村敬、フローニンゲンからオファー 東京五輪へ堂安の道

    G大阪のU―20代表MF中村敬斗(18)に、オランダ1部フローニンゲンから獲得の申し入れが届いたことが4日、分かった。3日に行われた天皇杯2回戦のJ3讃岐戦をフローニンゲン関係者が視察。今後は詳細な条件面を提示し、交渉を進めていく。

    中村は今季公式戦16試合出場7得点5アシスト。U―20W杯では“ジョーカー”として全4試合に出場した。6月15日のリーグ磐田戦からスタメン定着。松本戦では1アシストをマークし、7―1で圧勝した讃岐戦ではプロ入り後初のハットトリックを達成した。力強いドリブル突破と正確なシュート技術は世代トップクラスの実力を誇り、欧州でも高い評価を受けている。

    フローニンゲンには日本代表MF堂安律(21)とMF板倉滉(22)が所属しており、堂安は2シーズンでリーグ59試合出場14得点7アシスト。ロコモティフ・モスクワ(ロシア)やサウサンプトン(イングランド)などが獲得に動いており、今夏のステップアップが濃厚となっている。中村には“ネクスト堂安”として期待されている。

    伸び盛りの18歳に対し、G大阪は必要戦力として慰留に努める方針。今夏、東京五輪世代ではMF久保建英(18=前FC東京)がレアル・マドリード、DF菅原由勢(19=前名古屋)がAZアルクマールへ移籍、、鹿島MF安部裕葵(20)はバルセロナから正式オファーを受けている。果たして中村も海を渡るのか。今後の交渉に注目が集まる。

    ▽FCフローニンゲン 1971年創設。クラブカラーは緑と白で1部リーグ優勝1回(1980年)、国内カップ戦は1回(14~15年)。18~19年シーズンは8位。元オランダ代表MFロッベン(前バイエルンM)やウルグアイ代表FWスアレス(現バルセロナ)も過去に在籍した。本拠地ユーロボルフスタジアムは2万2579人収容。

    ◆中村 敬斗(なかむら・けいと)2000年(平12)7月28日生まれ、千葉県我孫子市出身の18歳。三菱養和ユースに所属した17年にU―17W杯出場。1次リーグ初戦ホンジュラス戦の3得点を含む4得点を挙げた。高校2年生ながらJ複数クラブからオファーが届き、18年にG大阪に入団。同年2月24日のリーグ開幕名古屋戦でプロデビュー。11月24日の長崎戦でJ1リーグ初得点。1メートル80、75キロ。右利き。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000009-spnannex-socc
    no title
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ