海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:丸岡満

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 21:08:37.62 ID:CAP_USER*.net
    今シーズン、ドルトムントからセレッソ大阪に復帰した丸岡満が苦しんでいる。丸岡はセレッソのユースでプレーし、トップ昇格した2014年、その才能をユルゲン・クロップに評価され、ドルトムントに期限付き移籍を果たした。
     
     173cm、64kgと小柄で卓越したスピードはないが周囲をうまく使い、2列目から飛び出していく。セレッソユース仕込みの高い技術と判断力を生かしたプレーが丸岡の特徴だ。チームでは2列目の攻撃的な選手として起用され、香川真司の影響なども受けて着実に成長していた。
     
     そのセレッソは、昨シーズンJ1昇格に失敗した。今シーズンはJ1昇格が絶対的なノルマになる。そのために必要な戦力として復帰を要請され、丸岡も「恩返し」とばかり、セレッソに戻ってきた。
    .
    豪華なライバル、そしてサッカーの土台の違い。
     
     だが、チームに戻ると攻撃陣の豪華さに驚いた。柿谷曜一朗、杉本健勇が復帰、リカルド・サントス、ブルーノ・メネゲウ、清原翔平、澤上竜二らが新加入し、さらに玉田圭司、田代有三、関口訓充らがいるのだ。

     「すごい面子だなって思いましたね」

     丸岡は苦笑したが、確かにこの攻撃陣はJ1でも十分通用する顔ぶれだ。Jリーグでの経験がない丸岡が彼らを凌駕してレギュラーになるのは非常に難しいのはもちろんだが、今丸岡は、彼らと同じ土俵に立つところで苦しんでいる。
     
     「ドイツと日本のサッカーが全然違って、(悩みは)そこですね。チームのスタイルも全然違うので、今は試合に出るために自分探しをしている感じです」

     過去、海外から帰国してから中々日本のサッカーに順応できず、苦労した選手はセレッソのOB西澤明訓を含めて大勢いる。丸岡は18歳で海外に行き、ドルトムントのサッカーが体に浸透している。若いので順応性があるが、すぐに日本のサッカーに適応できるかというとそれほど簡単ではない。丸岡は、どういう部分に日本とドイツの違いを感じているのだろうか。

    「日本のサッカーは、カウンターもあるけど中盤でしっかり組み立てて、パスを繋いで攻めていく感じですけど、ドイツというかドルトムントのサッカーは、ボールを取られたらガッと奪いに行って、そこから前に当てて一気に攻めるカウンターサッカーなんです。質が世界最高なので回しているように見えるけど、要はカウンターなんですよ。そのサッカーに慣れていたんで、日本のように中盤の組み立てに入ってボールを回すサッカーと守備に比重を置くやり方に、まだ慣れていない。とくに守備の部分ですよね。そこが今、一番戸惑っている部分です」

     大熊清監督からは、とりわけ守備について厳しい注文が出されているという。だが、ユース時代はタイプ的には山口蛍のような守備が強い選手だった。

     「そうなんですよ。ユース時代の感覚を取り戻せれば、どこでもやれると思うんですけど、まだまだですね。やっぱりドイツと日本じゃ守備のやり方も違うんです。ドイツは前に取りにいく時は全員で行くし、自分がはがされても次が来るから『はがされてもいいから行け』って感じで思い切りいけるんです。

     でも日本では、自分のところではがされたらダメじゃないですか。止まらないといけないし、相手に付いていかないといけない。監督には、『1回だけじゃなく2、3回追い掛けろ。球際の強さを見せてこい』と言われるので、そこを意識してライン際のタックルとかスライディングとかしていますけど、もっと守備の意識を高めて、何回も相手に行けるようにならないといけない」
    2016-02-19_00h15_30
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455797317/

     
    続きを読む


    CZPmJ22WkAADBRe
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/23(土) 17:48:18.47 ID:CAP_USER*.net
     J2C大阪の大熊監督がMF丸岡(前ドルトムント)を大絶賛した。

     2部練習を行い、午後にはボールタッチ数を制限した7対7のパスゲームなどを実施。随所に高い技術を披露したドイツ帰りの20歳について、指揮官は「おもしろいね!セレッソの伝統というか香川のように動きながらボールを扱える。もっと自然な筋肉が付けば、もっと良くなる」と日本代表エースに例えながら太鼓判を押した。

    「得点から逆算して、誰がゴールに直結するようなプレーをするのか、相手に脅威を与えられるのか」。
    今後のタイ、宮崎キャンプでは戦術面やメンバーの組み合わせを試していく。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00000035-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453538898/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 12:45:53.38 ID:CAP_USER*.net
     ドイツで培った経験のすべてをセレッソ大阪のJ1復帰にぶつける。C大阪U-18からトップチーム昇格が内定した直後の14年1月、ドルトムントへの期限付き移籍が発表されたMF丸岡満。Jリーグを“経由”せず、いきなり海外に挑戦すると、14年9月20日のマインツ戦に途中出場し、ブンデスリーガデビューを果たした。トップチームでの公式戦出場はこの1試合だけだったが、主に下部組織であるU-23チームでプレーした2年間は貴重な経験になった。今夏のリオデジャネイロ五輪出場も視野に入れ、“日本復帰”を決断した20歳のアタッカーがゲキサカのインタビューに応じた。

    ―ドイツでの2年間はどんな経験になりましたか? 
    昨年10月にはそれまでU-23の監督を務めていたダービト・ワグナー氏が退任する監督交代もありました。「ワグナー監督はどちらかというと技術より当たりの部分や激しさ、熱さを大事にする監督でした。試合の中でもボール回しはほとんどなくて、ロングボールや空中戦の戦いが多かったですね。監督が代わってからはサッカーのスタイルもトップチームと同じようになって、11月には僕自身、リーグ戦で2点取ることができました。ポジションもそれまではボランチをやることが多かったんですが、トップチームと同じ4-3-3のウイングになって、やりやすかったですね。トップチームのトーマス・トゥヘル監督からセカンドの監督に『ミツはトップチームでこのポジションをやっているからセカンドでもこのポジションで使ってくれ』と言ってくれていたみたいで、そこで結果を出せたことは良かったと思っています」

    ―ドイツでの生活にも馴染んでいたようですが、ドイツ語は香川真司選手とどちらが上手でしたか?
    「間違いなく僕ですね(笑)。香川選手はチームの中でいつも英語を使っているんです。一番困るのは、僕がトップチームに行ったときに香川選手が僕に英語で話しかけてくることでしたね。僕がドイツ語で『ドイツ語でしゃべってください』と返すと、『あ、お前ドイツ語しゃべれるんだな。忘れてた』って(笑)。僕は1年半、家庭教師をつけてドイツ語を勉強しましたが、最後の半年間は英語でドイツ語を勉強していました」

    ―適応力には自信が付いたのではないですか?
    「どこに行ってもやっていける自信はありますね。大阪に3年間住んでいたので、たまにドイツ語でボケてチームメイトを笑わせたりしていました。トップチームの合宿でスイスに行ったときも『カンナムスタイル』を踊りましたからね。チームに韓国人選手がいるのに、なぜか僕に回ってきて(笑)。ロイスやオーバメヤンが動画で撮影していましたが、爆笑してましたよ」

    ―香川選手はどんな先輩でしたか?
    「お兄ちゃんみたいな感じですね。チームメイトだったのは1年半でしたが、1週間のうち5日間ぐらいは一緒にいたと思います。この1年半で香川真司を一番見てきたのはたぶん自分だと思います。いろんな部分で勉強になりました」

    ―勉強になったところというのは?
    「普段のストレッチやマッサージもそうですし、足りてない部分の体幹だったり、そういうところにしっかり時間を費やしていました。練習が終わって家に帰ると、普通はゆっくりしますけど、そういう時間をマッサージに使ったり、ジムに行って体幹トレーニングをやっていました。食事も野菜をたくさん取ったり、すごく気を遣っていて、そこは僕も見習っていかないといけないですね。オフの部分でもっともっと生活を変えていかないといけないというのは、香川選手と出会ってすごく感じたことです」

    ―日本代表の10番と長い時間、一緒にいたのは本当に貴重な経験ですね。
    「高校時代からずっとあこがれの選手でした。1年に一回、オフになると香川選手が(C大阪の)寮に来ることがあって、僕も一度だけ会ったことがありました。握手して、写真を撮ってもらって……。そのときの写真を香川選手に見せたら驚いてましたね(笑)」
    2016-01-14_13h28_47
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452743153/

     
    続きを読む

    CYkZ7Y4UwAE-vQp
    CYkZ7ZBUEAA4OUa
    続きを読む



    先日満のセレッソへの移籍が発表されました。

    満との出会いは昨年僕がドイツに移籍したときですね。

     

    最初、会ったばかりなのになれなれしいな。とか、どことなく雰囲気が槙野に似てるかな?とか僕とは違う何かを持っていると思いました。
     CXTJR1UUEAEFKAW

    気づいたら、家族よりも、誰よりも一緒にいる時間が長かったです。

    そんな満がセレッソに移籍する事になりました。

     

    さびしい部分も反面、彼はサッカー選手としてもっとやるべき事があると思います。

    簡単にポジションを確保できる程、どのチームも甘くないですし、日々の努力が必ず自分に帰ってくる。

    それがスポーツです。

    【続きは香川真司公式ブログで】

    続きを読む

    2015-12-26_14h05_03
    続きを読む

    tumblr_nzux2j3paW1r7jzw9o1_540
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 17:25:36.58 ID:CAP_USER*.net
     日本代表MF香川真司(26=ドルトムント)が24日、神戸ユニバー記念競技場でクリスマスイベントを開催した。今回はスポンサーを一切付けず、神戸生まれの香川と所属事務所の職員らで企画。

     台本も手作りで、会場使用料や設備代、警備費、弁当代などを合わせると、約500万円を香川1人が自腹で負担したという。幼稚園から小学生までの子供と、保護者を合わせ2000人が来場。同じドルトムントのMF丸岡満(19)も参加し、5時間もボールを追いかけた。

     香川と丸岡の2人がチームを組み、小学生31人と対戦。前後半を終え3-4で敗れると、負けず嫌いに火が付いて子供たちにお願いして異例の延長戦へ。最後は力ずくで逆転勝ちした。香川は「サッカーを通じて子供たちと触れあいたかった。僕も神戸で無邪気に走り回っていた時代があって、今がある。神戸からプロになって、世界に出てほしい」。さらに「僕も、来年は今年以上の結果を出します」と約束した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00000055-nksports-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451031936/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ