海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:久保建英

    1:豆次郎 ★:2017/10/18(水) 06:14:46.80 ID:CAP_USER9.net
    10/18(水) 6:05配信
    日本サッカー協会が「第2の久保」発掘へ、飛び級を奨励していく方針であることが17日、分かった。関係者によると、将来性のある選手を積極的に上のカテゴリーでプレーさせて成長を早めることで、20年東京五輪代表の強化につなげる狙いがあるようだ。

    モデルケースとなるのが、5月に韓国で行われたU―20W杯に15歳(当時)で飛び級出場したFW久保建英だ。内山篤監督(58)が招集した当時は批判的な声もあったが、初戦の南アフリカ戦で決勝アシストをマークし、年上相手にやれると自信をつかんだ。決勝トーナメント1回戦のベネズエラ戦では相手の強さと速さの前に通用せず「こんな思いは二度としたくない」と、さらなる進化の必要性も痛感。成長速度を高めることができた。

    育成年代のカテゴリーはU―15からU―20までは1歳ごとに細分化されており、その上に五輪代表チームがある。今後は通用すると判断すれば、各年代の枠にとらわれず五輪チームなど上のカテゴリーに抜てきしていくことになりそうだ。

    ◆U―17W杯◆米国、ドイツが8強入り インド大会第10日は16日、ニューデリーで決勝トーナメント1回戦が行われ、米国がパラグアイに5―0で大勝して8強入りした。ドイツはコロンビアに4―0で快勝し、8強に進出した。
    2017-10-18_11h31_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000017-sph-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2017/10/13(金) 23:38:57.47 ID:CAP_USER9.net
    --久保もまた埋没してしまうのか

    「俺は宇佐美(デュッセルドルフ)、香川(ドルトムント)、柴崎(ヘタフェ)を今の久保と同じ16歳の時に見たが、この3人より間違いなく良いものをもっている」

     --ですよね

    「やはり体がまだ、できていないね。中2日というスケジュールもあると思うけど。いい動きはしているんだけど、周りの選手が彼の動きについていけていない“悲劇”もある。ボールを持って『さて、どうしよう?』では、体の小さい彼の場合は簡単に吹っ飛ばされてしまう。それが世界レベルだから」

    --アジアレベルに染まってしまったということか

    「う~ん…それを言っちゃあ、おしまいよ。まずは日本代表を引っ張っていくプレーをみせないと。現地でも彼のことを“和製メッシ”と呼んでいるが、メッシはボールを持ちながら次のプレーを考えないからね」
    2017-10-14_08h33_04
    http://www.zakzak.co.jp/spo/news/171013/spo1710130001-n2.html
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/09(月) 18:10:40.04 ID:CAP_USER9.net
    地元テレビ局の解説を務めたガルシア氏が、6得点で快勝した日本について言及




    インドでU-17ワールドカップ(W杯)が開幕したなか、U-17日本代表は現地時間8日に行われたグループリーグ初戦のホンジュラス戦に6-1で勝利した。大勝で好スタートを切った“森山ジャパン”を、元スペイン代表FWも「非常に優れたチーム。4、5人の選手に感銘を受けた」と選手名を挙げて絶賛している。

    日本は前半22分、FW久保建英(FC東京U-18)の突破で得た右CKにボールを走り込んだFW中村敬斗(三菱養和SCユース)が頭で合わせて先制。同30分にも久保と中村のコンビで追加点を奪うと、中村は前半だけでハットトリックを達成した。さらに前半アディショナルタイムには、久保が得意の左足でニア上を打ち破って今大会初得点をゲットした。

    前半を4-1で折り返した日本は、後半も攻勢を仕掛けた。6分に久保の浮き球パスに、ペナルティーエリア左に抜け出たMF福岡慎平(京都U-18)の正確なクロスをFW宮代大聖(川崎U-18)が頭で冷静に決めてチーム5点目。そして終盤の45分にMF鈴木冬一(C大阪U-18)がゴールラッシュを締めくくる一撃を決めて、6-1で大勝を飾った。

    開催地インドのスポーツテレビ局「SPN Sports India」は、U-17W杯を特集。ポールポゼッションは64%対36%、シュート数は17本対13本(うち枠内は9本対3本)といずれも日本が上回ったデータを紹介し、番組内で解説を務めた元スペイン代表FWのルイス・ガルシア氏が日本について言及した。

    「クボはピッチ上のあらゆるところにいた」

    「(日本は)ファンタスティックなパフォーマンスだった。正直に言って、日本は非常に優れたチームだ。4、5人の選手に感銘を受けた」

    バルセロナやリバプール、アトレティコ・マドリードといった名門でプレーしただけでなく、ギリシャ、メキシコ、インド、オーストラリアと世界のリーグを経験してきた同氏。そんな元スペイン代表FWの目に留まった選手は誰なのか。

    「ナカムラはその一人だ。ペナルティーエリア内で非常に冷静で、左右両足で蹴れるうえ、ヘディングも強い。2点目はファンタスティックな走り込みから決めた。試合前に話していたクボは、ピッチ上のあらゆるところにいた。そして、キャプテンのフクオカはチームのバランスを取っていた」

    ガルシア氏は大会史上アジア人二人目となるハットトリックを達成した中村、地元メディアから“ジャパニーズ・メッシ”と称される久保、そして主将の福岡を名指しで称賛。好スタートを切った日本については、「大会を勝ち残るチームの一つだと思う」と総括した。

    久保だけのチームではない――。世界を知るエキスパートも日本のタレントの豊富さを認めていた。

    10/9(月) 18:00配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171009-00010015-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:プーアル ★ :2017/10/09(月) 01:26:01.10 ID:CAP_USER9.net
    【日本 6-1 ホンジュラス U-17W杯グループステージ第1戦】

    U-17日本代表は8日、U-17W杯のグループステージ初戦でホンジュラスと対戦した。

    先発メンバーにはGK谷晃生(G大阪ユース)以下、ディフェンスに右から喜田陽(C大阪U-18)、菅原由勢(名古屋U-18)、小林友希(神戸U-18)、鈴木冬一(C大阪U-18)、ダブルボランチにキャプテンの福岡慎平(京都U-18)とチームの心臓・平川怜(FC東京U-18)、右サイドに中村敬斗(三菱養和SCユース)、左サイドに上月壮一郎(京都U-18)、そして久保建英(FC東京U-18)と宮代大聖(川崎F U-18)という11人が名を連ねた。

    【得点者】
    22分 1-0 中村敬斗(日本)
    30分 2-0 中村敬斗(日本)
    36分 2-1 パラシオス(ホンジュラス)
    43分 3-1 中村敬斗(日本)
    45分 4-1 久保建英(日本)
    51分 5-1 宮代大聖(日本)
    90分 6-1 鈴木冬一(日本)
    20171008_jaoan_getty-560x373

    https://www.footballchannel.jp/2017/10/09/post234916/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/26(火) 20:30:01.40 ID:CAP_USER9.net
    Goalでは、近い将来サッカー界を席巻するであろう、期待の“ワンダーキッド”17人を選出した。その中にはU-20日本代表FW久保建英の名前もある。

    久保は2011年、バルセロナの下部組織に移ったものの、2015年に再び日本のFC東京に復帰。以降は同クラブのU-23チームの一員として主にJ3でプレーしている。すでに今年4月には、16歳としてプロ初ゴールを記録。『Goal』では、類まれなドリブルセンスや驚異の左足、狭いスペースでも強烈なシュートを打てることなどを評価し、選出した。

    なお、ドイツを席巻しているドルトムントの下部組織出身12歳のFWユズファ・ムココも選出。ムココは昨夏、ザンクト・パウリからドルトムントへと加入。12歳ながら、U-17の試合でゴールをマークし、U-16ドイツ代表としてもデビューし、得点も記録している。

    また、すでにセリエAでゴールを積み重ねているジェノアの16歳FWピエトロ・ペッレグリも選ばれた。同選手は16歳112日でドッピエッタ(2得点)を達成し、セリエA史上最年少記録を樹立している。

    選出された17選手は以下の通り。

    久保建英(16歳/FC東京/日本)

    オマリ・ハッチンソン(13歳/アーセナル/イングランド)

    カラモコ・デンベレ(14歳/セルティック/イングランド・コートジボワール)

    ユズファ・ムココ(12歳/ドルトムント/ドイツ・カメルーン)

    クラウディオ・エチェベッリ(11歳/リーベル・プレート/アルゼンチン)

    シャビエル・シモンス(14歳/バルセロナ/オランダ・スペイン)

    ムスタファ・カピ(15歳/ガラタサライ/トルコ)

    ピエトロ・ペッレグリ(16歳/ジェノア/イタリア)

    ベン・エリオット(14歳/チェルシー/イングランド)

    ルチアニーニョ(12歳/フラメンゴ/ブラジル)

    ラヤネ・ブニダ(11歳/アンデルレヒト/ベルギー・モロッコ)

    カイス・ルイス(15歳/パリ・サンジェルマン/モロッコ・スペイン)

    マヌ(11歳/バルセロナ/ブラジル)

    デニム・エナメディ(11歳/チェルシー/イングランド・チリ)

    シェイン・クライファート(10歳/バルセロナ/オランダ)

    ダビド・ペチェリン(13歳/レアル・マドリー/スペイン)

    ピエトロ・トマセッリ(12歳/ローマ/ベルギー・イタリア)

    9/26(火) 18:44配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000021-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/22(金) 19:56:21.87 ID:CAP_USER9.net
    10月にインドで行われるサッカーのU-17(17歳以下)W杯のメンバーに選出された、FW久保建英(FC東京U-18)が22日、都内のクラブハウスで会見。報道陣から、プロ志望届提出を表明した早実・清宮幸太郎内野手に関連する質問をされ、苦笑いをする一幕があった。

    久保は、同じ高校生である清宮について問われると「野球とか自分はルールとかは詳しくないですけど」と前置きした上で、「素人の自分から見ても凄い選手だとは思います。若いうちから大人とかを相手に戦っている選手がいるのは本当に刺激にはなる」とコメントした。

    ただ、直後にはクラブ広報が「サッカーに関わる質問でお願いします」と発言すると、久保も思わず「フフ」と苦笑いを浮かべていた。

    9/22(金) 19:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000137-dal-socc

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/09/22(金) 14:50:00.99 ID:CAP_USER9.net
    9/22(金) 14:40配信

    久保建英がU17日本代表選出 W杯インド大会
    日本サッカー協会(JFA)は22日、都内で会見を開き、10月6日開幕のU-17W杯インド大会に出場するU-17日本代表メンバーを発表した。5月のU-20W杯韓国大会に飛び級で出場したFW久保建英(16=東京ユース)ら21人が選出された。

    日本はフランス、ホンジュラス、ニューカレドニアと同じE組。月末に強化合宿を行ってから現地入りし、8日にホンジュラスとの初戦を迎える。

    会見に出席した森山佳郎監督は選出メンバーについて「国際大会での経験はある。どこでやっても物怖じせず戦える」と意気込みを語った。

    メンバーは以下の通り。

    GK 梅田秀吾(清水ユース)、谷晃生(G大阪ユース)、鈴木彩艶(浦和ジュニアユース)

    DF 池高暢希(浦和ユース)、監物拓歩(清水ユース)、菅原由勢(名古屋U-18)、小林友希(神戸U-18)、山崎大地(広島ユース)、馬場晴也(東京Vユース)

    MF 奥野耕平(G大阪ユース)、平川怜(東京ユース)、鈴木冬一(C大阪U-18)、椿直起(横浜ユース)、福岡慎平(京都ユース)、喜田陽(C大阪U-18)、上月壮一郎(京都U-18)

    FW 山田寛人(C大阪U-18)、宮代大聖(川崎FU-18)、中村敬斗(三菱養和ユース)、久保建英(東京U-18)、斉藤光毅(横浜ユース)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00009596-nksports-socc

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/17(日) 05:50:04.89 ID:CAP_USER9.net
    10月6日にインドで開幕するU-17W杯での活躍が期待されるFW久保建英(FC東京U-18)が、「インドで輝く8つの真珠」の1人としてスペイン『マルカ』で紹介されている。

    同紙は記事の3番目で「日本のメッシ」と久保を取り上げ、2011年にバルセロナの下部組織に加入した経歴を紹介。「この事実は彼に国際的な名声をもたらした」としているが、「バルセロナがFIFAから制裁を受けたため、自分の国に戻らなければならなかった」と、クラブの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反の影響を受け、帰国を余儀なくされたエピソードについても触れている。

    2015年3月にFC東京の下部組織に加入した久保は日本でも成長を続け、今年5月に15歳でトップチームデビュー。記事では「それ以来、彼の進化は止められない状況となっている」とレポートし、「インドでは、U-20代表に招集されて以来、2度目の世界大会に臨む」とU-20W杯に続く活躍を期待した。

    U-17W杯でE組に入った日本は、10月7日にホンジュラス、11日にフランス、14日にニューカレドニアと対戦。日本サッカー協会(JFA)によると、U-17日本代表のメンバー発表は9月22日14時の予定となっている。

    9/16(土) 13:21配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-01644127-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    10512895

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/02(土) 18:55:30.83 ID:CAP_USER9.net
    2日放送のラジオ番組「ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)で、小柳ルミ子が、サッカー選手・久保建英(くぼ・たけふさ)の成長に持論を展開した。

    番組には、芸能界で大のサッカー好きとして知られる小柳がゲストとして出演した。W杯ロシア大会出場を決めた8月31日のオーストラリア戦を始めとするサッカートークをナイツらと繰り広げる。

    この中で、期待する次世代選手の話題となり、小柳はスペイン1部リーグ・バルセロナの下部組織出身である16歳の久保に言及する。小柳は才能があると認めつつ、「ただ、才能をサビさせるような気がしてならないんです」というのだ。

    久保は、バルセロナに18歳未満の外国人選手獲得・登録に違反があった影響で、クラブでの出場機会に恵まれなかった。活躍する場を求めて帰国し、現在はFC東京U-18に所属している。小柳はそんな久保について「早くバルサに帰ったほうがいい、申し訳ないですけど!」と断言する。

    さらには、「ぬるいところにいると、やっぱりぬるくなっちゃう」「しかも吸収できる年齢で」と持論を展開。小柳は、厳しい意見かもしれないとしつつ「(才能が)もったいないので」と、久保の活躍に期待を寄せていた。

    2017年9月2日 17時42分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13557331/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/27(日) 13:58:10.87 ID:CAP_USER9.net
    ■日本 4-2(前半2-2) チェコ

    ▽得点
    3分:失点
    6分:失点
    41分:菅原由勢
    43分:山田寛人
    59分:棚橋尭士
    89分:久保建英

    http://www.jfa.jp/news/00014882/

    ▽スターティングメンバー
    GK:鈴木彩艶
    DF:半田陸(59分→喜田陽)、菅原由勢、平川怜、鈴木冬一
    MF:棚橋尭士(72分→久保建英)、奥野耕平(80分→馬場晴也)、福岡慎平、椿直起
    FW:山田寛人、斉藤光毅(59分→中村敬斗)

    ▽サブメンバー
    GK:谷晃生
    DF:池高暢希
    MF:上月壮一郎
    FW:宮代大聖


    チェコ遠征中のU-17日本代表は26日、第24回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメント決勝で地元U-17チェコ代表と対戦し、4-2で勝利。同大会初優勝を果たした。

    日本は開始6分で2点を失ったが、怒涛の反撃で前半のうちに同点に追いつく。41分、PA左からMF椿直起が上げたクロスは相手にクリアされたが、PA手前でこれを回収したDF菅原由勢が右足一閃。相手に当たりながらもゴールネットを揺らし、反撃の狼煙を上げる。すると、その2分後に敵陣中央でパスを受けたFW山田寛人がドリブル開始。相手3人を次々と抜け去り、PA内から右足シュートを突き刺した。

    前半を2-2で折り返した日本は後半14分、カウンターから最後はFW棚橋尭士が右足シュートを沈め、3-2。逆転に成功すると、終了間際の44分には、PA左から椿が折り返したボールをFW久保建英が冷静に相手GKをかわして4点目を奪い、試合を決定づけた。

    試合は4-2で終了し、日本が4回目の出場で初優勝を果たした。大会MVPには、今大会3得点を挙げたFW中村敬斗が選出されている。

    連勝でチェコ遠征を終えた“00ジャパン”は、U-16インターナショナルドリーム杯、第21回国際ユースサッカー in 新潟大会、そして今大会と3大会連続で優勝を果たし、10月にインドで開催されるU-17W杯に弾みをつけた。

    日本サッカー協会によると、森山佳郎監督は「本大会で、U-17W杯に向けた様々なシュミレーションを行うことができました。選手の組み合わせが変わる中での連携、強い相手に対する対抗策、フィジカルが強い選手を揃えた相手に対する戦い、大雨で泥濘んだピッチの中での闘い、2点ビハインドを跳ね返す精神力、これらを学びながらしっかりと優勝という結果を勝ち得たことは選手達にとって大きな自信に繋がるとと感じています。1か月後、さらに成長した選手たちとU-17W杯でファイナリストになるという大きな目標を実現するための旅を再開できることを楽しみにしています」とコメントした。

    また、途中出場で4点目を決めた久保は「個人としてはチャンスをしっかり決めきり、チームの力になれればいいと思っています。チームとしては、連携も深まってきて、崩しの形もできているので、物怖じせず自分たちの力を出せれば負けないと信じて頑張りたいです。U-17W杯本番では、一つでも多く試合を経験し、チームの目標であるファイナリスト以上を目指します。優勝できるよう全力を尽くします」と意気込みを語った。
    2017-08-27_14h47_41
    8/27(日) 12:34配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-01643413-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ