海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:久保建英

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 08:42:19.12 ID:CAP_USER9.net
    <ゼロックス・スーパー杯・ネクストジェネレーションマッチ:U-18Jリーグ選抜0-4日本高校サッカー選抜>◇18日◇日産ス

    FC東京ユースのFW久保建英(15)が18日、横浜市内の日産スタジアムで行われた、ゼロックススーパー杯の前座・ネクストジェネレーションマッチU-18(18歳以下)Jリーグ選抜対日本高校サッカー選抜戦にフル出場した。

    久保は随所で非凡な才能の片りんを見せた一方で、35分ハーフ、70分強の試合の中で打ったシュートは1本に終わった。両チーム通じて唯一の中学生として、全国高校サッカー選手権を戦い、プロや大学に進む選手と対峙(たいじ)する中で、体格差で押さえ込まれる場面もみられた。

    試合後、日本高校サッカー選抜の選手を取材した中で、久保の才能、プレースタイルと、試合で見せた課題が浮かび上がってきた。

    DF阿部海大(17=東福岡)センターバックとしてフルタイムにわたって久保と戦った。開始40秒で左サイドからドリブルを仕掛けてくると、ゴールライン付近まで競り合い力ずくで突破を食い止めた。

    <久保の長所>

    (1)体の使い方がうまい 体を入れても、すり抜けてくるので、しっかり、ずっと入れておかないと抜かれる。動きも速い。

    (2)フェイントを交えた目線 (間合いに)入る前にチラチラ見ているんで、こちらも突っ込みにくくて1発では行けなかった。ずっと見ているので、思い切り行きにくい。見ているのでこっち(のコースを)切らないと、と思うと、こっち(逆)に来たりする。

    (3)ポジションチェンジを含め、ピッチの各所を動き、DFをかく乱する FW中村駿太(17=柏レイソルユース)と交互に入れ替わることが多く、マークにつきにくい。それ(動き)は他のユースの選手とも違う。監督に「(マークに)行け」と言われても行けない時があった。

    <久保の短所>

    (1)フィジカル面 体はそんなに強くなくて、当たったら勝てる感じ。黒田剛監督から「ボールに先に触らせないようにガツガツ行って、ひるませるような感じでいけ」と言われたのでガンガンいきました。

    MF住永翔(18=青森山田)日本高校サッカー選抜の主将。ボランチで攻守にわたりチームをコントロールした。前日会見では久保への警戒を口にした。

    <久保の長所>

    (1)ボールの持ち方と体の使い方がうまい 誰もが中学3年と聞いたら、驚くようなレベル。学年を感じさせない。FC東京U-23の方もやっていて、いろいろな経験をしている中で、ボールの持ち方が人とは違う。上手だなぁと。

    (2)嫌なところに入ってくる 相手の逆を突くのがうまい。流れの中で中にいたり、サイドに張ったり、ボールが来る感覚は、各選手にあると思うけれど(こちらの)嫌なところに入ってくるイメージがあった。駆け引きが楽しかった。

    (3)視野が広い 後半9分に、右サイドから速いドリブルをしている中でも逆サイドにロングボールを出せる視野の広さがある。

    (4)姿勢がいい ヘッドダウン(頭が下がる)しないので頭があまりブレない。他の選手がどこにいるか感覚視野で見えている。

    両選手の話を総合すると、久保はボールの持ち方や体の使い方において、日本人離れした感覚を持っている。その上、ピッチ全体を俯瞰(ふかん)し、対戦相手にとって嫌なスペース=攻撃に有効なスペースを判断し、突く視野の広さ、判断力があることが分かる。

    一方、阿部が指摘するように体が出来ていない点は否めない。住永も「マンツーマンではなく、全体を見て守備をして要所要所でタイトにいけていた」と組織的に守備をすれば抑えられると断言した。ただ、全国の高校生の中でも優秀と評価され、卒業後、上を目指そうという選手を驚かせるプレーを、中学3年生の久保が見せたことは事実だ。

    つづく
    2017-02-19_10h42_09
    日刊スポーツ 2/18(土) 21:56配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-01780964-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/16(木) 18:04:46.76 ID:CAP_USER9.net
    ▽いよいよ今週土曜の18日に、鹿島対浦和のゼロックス・スーパーカップで2017シーズンが開幕する。その前座試合として10時30分から高校選抜対U-18Jリーグ選抜の試合があるが、おかしなメールがJリーグから届いた。

    ▽「また、1点ご連絡です。NEXTGENERATION MATCH U―18Jリーグ選抜のメンバーである久保建英選手(FC東京U-18)への取材に関しまして、Jリーグとクラブで協議した結果、チームに合流する試合前々日から試合当日(ミックスゾーン含む)まで一切の取材をお受けいたしかねますので、予めご了承頂きますようお願い申し上げます」

    ▽久保といえば、U-17日本代表の主軸であるだけでなく、昨年末はU-20日本代表のアルゼンチン遠征にも招集され、U-20日本代表の内山監督も今年5月から6月にかけて韓国で開催されるU-20W杯への参加を希望する日本サッカー界の期待の星だ。将来を嘱望される逸材だけに、大切に育てたいという気持ちは分かる。

    ▽しかし、それだからこそ久保はこれまで“飛び級”で、レベルの高いステージで戦ってきた。昨年11月5日には15歳5カ月でFC東京U-23の一員として、長野戦でJ3リーグのデビューを果たし、J3最年少出場記録を飾った。試合後は異例とも言える多くの報道陣に囲まれながらも、「緊張したけど身体はいつも通りに動きました。

    でも、何もできずに時間ばかり過ぎたけど、途中からは試合に入っていけました」と語り、デビュー戦と自身の出来については「順調と言えば順調ですけど、自分的には早かったかな。記録とかは意識していません。あまりゴールに絡めずミスも多かったので、10点か15点。今後は1人で局面を打開できるプレーヤーになりたい」と抱負を述べていた。

    ▽中学3年生にもかかわらず、多くの報道陣、彼にしてみれば見ず知らずのオジサンたちに囲まれながら、言いよどむことなくはっきりと受け答えするのを見て、正直驚かされた。自分が中学3年生だったとしても、これほど理路整然と答えることはできなかっただろう。バルセロナに留学していただけに、精神的な自立も早いのではと感心したものだ。

    ▽能力の高い選手は、より高いレベルでプレーさせた方がいいというのは常識だろう。久保に関して、「身体のできていない中学生を、高校年代や大学年代と試合をさせて、ケガをしたら取り返しのつかないことになる」とい危惧する声も聞こえた。しかし久保は、上の年代とのフィジカルコンタクトも苦にすることなく、巧みなドリブルとステップでかわしていった。危惧する声は、いまのところ杞憂に終わっている。

    ▽だからこそ、プレー同様に若いころからメディアとも接して、社会性を身につけさせるべきだと思う。ピッチでは成長を促しながら、ピッチ外では周囲の大人が過保護になっていると感じられてならない。久保の、選手としての成長を見守るなら、“普通”に接するのが一番だとも思う。

    もしも久保が韓国でのU-20W杯で活躍したら、「試合当日(ミックスゾーン含む)まで一切の取材をお受けいたしかねます」という言葉が通用するとは思えない。国際的なスタンダードを身につけさせるためにも、関係者には再考を求めたい。

    2017.02.16 15:05 Thu
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=268006

    写真
    image
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/11(土) 08:19:46.42 ID:CAP_USER9.net
    史上初の“協会管理下選手”が誕生する。U-17(17歳以下)日本代表FWの久保建英(たけふさ、15)=FC東京U-18=が、日本サッカー協会技術委員会の管理下におかれることになったのだ。

    西野委員長は「彼(久保)はすべてにおいてフルスロットルでやってしまう。この世代は必ずメンタルの疲労をきっかけに故障しやすい状況になってしまう」と語り、今後は技術委員会が久保のコンディション調整を管理するという。

    日本協会ではU-20W杯(5月・韓国)、U-17W杯(10月・インド)の2つのカテゴリーで日本代表に久保を招集したい構想がある。過去に同じ年に開催される2つのW杯に出場した選手はいない。しかも久保はまだ15歳だ。さらに所属クラブでの活動に加え、「日本がオフの期間中はバルセロナで練習をしていた。全くオフがない状況」(西野委員長)と危惧していた。

    過去にも中田英寿氏、MF中村俊輔(磐田)などユース世代から日本代表の主力だった選手はいた。
    しかし代表の強化機関である技術委員会が一選手のコンディションを管理するのは前代未聞、異例中の異例だ。

    西野委員長は「彼(久保)が、日本サッカーの宝であることはみんな認めるところ」と話しているが、果たして思惑通りの成果を上げることができるか。

    夕刊フジ 2017.02.10
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20170210/soc1702101700001-n1.htm

    写真

    続きを読む

    28f9cff969acae404045c2503cc1e578_content
    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 07:24:34.76 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は8日、東京都内で技術委員会を開き、U-17(17歳以下)とU-20日本代表を掛け持ちする15歳のFW久保建英(FC東京U-18)の招集方法について議論した。今年は両カテゴリーで世代別のW杯が開催され、久保は双方でフル稼働する方針。心身ともに成長段階で故障のリスクが高まる中、万全のサポート態勢を敷く。

    日本サッカー界の強化方針を決める技術委員会で、異例の会議が行われた。この日のメイン議題はハリルジャパンではなく、15歳の少年。西野朗技術委員長(61)が内容を明かした。

    「久保がオーバーワークにならないか意見を聞いた。日本の宝でもあるからね。デリケートに考えていきたい」

    昨年、Jリーグ最年少デビューを飾ったFC東京U-18の久保。5月に行われるU-20W杯(韓国)に“飛び級”での招集が濃厚だ。さらに、10月のU-17W杯(インド)では主力での活躍が期待される。ただ、所属先でJ3の活動もあるため、過密日程による故障発生が懸念される。

    かつてG大阪の監督として宇佐美貴史(アウクスブルク)ら早熟な選手を育てた西野委員長は、「アクセルを踏んだままでいると、気づいたらメンタルをやられ、体も故障がちになる」。

    久保は1月に古巣のバルセロナ(スペイン)下部組織の練習に参加し、オフの休養も不足気味だ。3月のU-20代表合宿前には久保にフィジカルテストを実施し、体調を厳重管理するという。2020年東京五輪のエース候補を“大人の事情”で潰してはならない。

    サンケイスポーツ 2/9(木) 7:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000026-sanspo-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/14(土) 21:27:49.10 ID:CAP_USER9.net
    FC東京U-18に所属するFW久保建英がオフを利用し、古巣であるバルセロナ下部組織の練習に参加したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

    同紙は「タケは戻りたがっている」と題し、久保のバルセロナ訪問をレポート。記事によると、久保は15~16歳の同世代にあたるカデーテAの練習に参加したという。久々に久保とトレーニングを行った元同僚は、彼が驚異的なレベルのプレーを示したと話し、バルセロナの指導者も久保がエリートになり得る全ての資質を備えていることを確認。また、今回の練習参加により、バルセロナは久保が将来的に復帰する意思があることを確かめることができたと報じている。

    久保は2011年にバルセロナの下部組織に入団。しかし、15年にクラブの18歳未満の外国人選手獲得違反による制裁で公式戦出場停止処分が続いたことで、同年3月に帰国し、FC東京U-15むさしに加入した。

    帰国後もその才能を発揮し、16年に中学3年ながら飛び級でFC東京U-18に昇格。さらに同年9月、トップチームに2種登録されると、11月5日に行われたJ3第28節の長野戦(1-2)で後半開始から投入され、Jリーグ史上最年少出場記録を15歳5か月1日に更新した。

    代表では、16年にU-16日本代表としてU-17W杯の出場権獲得に貢献しただけでなく、同年12月に実施されたU-19代表のアルゼンチン遠征にも飛び級で初選出。同国U-19代表との国際親善試合でデビューを果たしている。
    2017-01-14_22h06_22
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-01635882-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/02(月) 16:10:53.46 ID:CAP_USER9.net
    ◆“空気を読む”予定調和で支配された日本社会では…。
     
    ストライカー不在による決定力不足が、日本サッカーの大きな課題だと言われている。

    とくに近年の日本代表が、アジアカップやロシア・ワールドカップ最終予選で、圧倒的にゲームを支配してシュートを浴びせまくりながら勝ち切れない試合が続いたこともあり、そんな印象が強まった。
     
    しかし視点を変えれば、先のクラブワールドカップでは、アトレティコ・ナシオナルなどは再三のチャンスを決め切れずに敗れたし、逆に鹿島アントラーズはボール支配率では劣りながらも、レアル・マドリーを相手に堂々と渡り合った。むしろ鹿島は大会随一の決定力を示し、その中で金崎夢生らのFWが見劣りすることはなかった。
     
    また欧州でプレーする選手を見渡しても、現状でFWの岡崎慎司、大迫勇也、武藤嘉紀などの活躍ぶりが、2列目の香川真司、清武弘嗣、原口元気らに著しく劣るわけではない。
     
    確かに高くて強くて速くて上手いスーパーなストライカーは不在だが、それは世界中を見渡しても圧倒的な希少価値を持っている。もともと日本人の身体的特性から大型選手を発掘するのは難しいわけで、当然サイズに適したポジションから優れた選手が現われ易いが、決してストライカーだけが極端に手薄ということでもない。
     
    一方で、「なかなかシュートを打たずに、ボール回しに固執する」風潮から、ストライカーが生まれにくい土壌を指摘する声もある。実際にジュニアの現場を見ると、それを否定できない部分もある。ミニゲームをしていても、崩し切らずにシュートを打つ子が異端視されがちだ。

    パスで崩そうという共同作業の中で、唐突にシュートを狙うことが、まるで“破壊行為”のように白眼視されてしまうことが少なくない。“空気を読む”予定調和で支配された日本社会では、大胆な個性が嫌われてしまうこともある。
     
    ミドルシュートを狙わない、縦に入れずにサイドや後ろへと無難な選択をする。こうした傾向も、外国の指導者は理解に苦しむ。日本代表でアルベルト・ザッケローニやヴァイッド・ハリルホジッチらが縦パスを強調したのも、崩しに入るまでの無駄が多過ぎると感じたからだろう。
     
    ACミラン・サッカースクール千葉のイタリア人指導者、ルカ・モネーゼ氏からも同様の話を聞いた。「日本の子供たちは小学校に入ると途端にチャレンジをしなくなる。コーチに言われたようにプレーしないと怒られるのだろうが、その結果、Jリーグの試合でも展開に意外性がなく、退屈になる」

    >>2以降につづく
     
    文:加部 究(スポーツライター)
    2017-01-02_17h48_59
    SOCCER DIGEST Web 1/2(月) 13:15配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170102-00021616-sdigestw-socc&p=1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/29(木) 17:48:35.05 ID:CAP_USER9.net
    久保建英と中井卓大――二人は同じ時期に“天才少年”と騒がれ、すぐに一方はバルセロナ、一方はレアル・マドリーと、サッカー界に君臨するスペインのメガクラブへと渡った。

    彼らのその後の情報に関してはQolyで逐一お届けしてきたが、2歳違う年齢や久保が日本へ帰国(現FC東京所属)したこともあり、公の場での接点はなかった。

    しかし今回、サッカーでないが二人の対面が実現していたようだ。





    こちらはプロスポーツトレーナーの木場克己氏が主催する「KOBA式体幹★バランス?コバトレ」に参加した時のもの。

    二人は以前から同氏の指導を受けていたが、今回、中井がスペインから帰国したタイミングで“共演”が実現したようだ。

    写真には一緒に食事をとる様子や背中合わせに立つ姿も。久保は2001年生まれの15歳、中井は2003年生まれの13歳で、成長期の2年は大きく違うが、中井は167cmの久保にかなり迫っているようだ。木場氏も「PiPiは夏以来、3センチは確実に伸びていました」と、中井の成長を喜んでいる。

    おそらく日本のサッカーファンの誰もが待ち焦がれている二人のピッチでの“競演”。近い将来、ユース代表で実現するだろうか。

    http://qoly.jp/2016/12/29/takefusa-kubo-and-takuhiro-nakai-hys-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/26(月) 18:20:21.92 ID:CAP_USER9.net
    連日話題となっている15歳久保建英の活躍。彼はバルセロナのカンテラにいた頃から、NEXTメッシのひとりとして評価を受けていた。

    そんななか、バルサが興味深い映像を公開していた。リオネル・メッシのカンテラ時代のプレー集だ。



    メッシは16歳で初めてバルサのトップチームの試合に出場すると、17歳で正式なデビューを飾っている。

    メッシと久保には類似点もあるが、単純に比べるのはお門違いだろう。それでも、メッシのような飛躍を遂げるのか、今後も注目は高まりそうだ。
    d5255a27-6579-4a73-8eb1-79d2f7f5a360
    http://qoly.jp/2016/12/26/messi-skills-during-barca-cantera-iks-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/25(日) 13:58:45.06 ID:CAP_USER9.net
    敵陣中央から鮮やかなスルーパスを通す。

    Jリーグインターナショナルユースカップは12月25日、3位決定戦のサンフレッチェ広島ユース対FC東京U-18を行ない、FC東京の久保建英が4戦連発の大会6ゴール目を決めた

    試合は開始6分に、FC東京が小林幹のPKで先制するも、広島は22分にCKから明比友宏のヘディングシュートが決まり同点に追いつく。

    しかし、FC東京は30分、左サイドからのクロスボールはGKにクリアされたものの、こぼれ球に反応した小林幹がダイレクトシュートで押し込み、勝ち越しに成功。1点をリードした。

    すると、勝ち越し点の直後、久保が輝きを放つ。敵陣中央でボールを受けた久保はタイミングを計りながら、縦に走り込んだ小林真鷹に絶妙なスルーパスを通す。これを小林真がGKの股を通すシュートでゴールに流し込んだ。FC東京が3-1とリードして前半を折り返す。

    そして、後半に入り8分、今度は久保自らが得点をゲット。左サイドでボールを受けた小林真からのパスを受けた久保が、左サイドの角度のない位置から左足を振り抜くくと、強烈なシュートがサイドネットに突き刺さった。4-1でFC東京がリードを広げた。

    久保は大会を通じて全4試合で6ゴールをゲット。U-17年代の今大会で、まざまざとその実力を見せつけている。
    2016-12-25_14h34_46
    SOCCER DIGEST Web 12/25(日) 12:11配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161225-00021454-sdigestw-socc

    公式 結果 ライブ配信 動画
    http://www.jleague.jp/sp/international_youth/2016/
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/24(土) 15:13:23.91 ID:CAP_USER9.net
    開始9分に早くも先制点。今大会通算5点目をマーク。

    Jリーグインターナショナルユースカップは12月24日、グループリーグの第3戦が行なわれ、FC東京U-18はオーストラリアのパースグローリーに4対0で勝利した。久保建英が3戦連発で今大会通算5ゴールを挙げている。

    試合は、大柄な選手が居並ぶパースグローリーに対して、立ち上がりからFC東京が主導権を握った。そして開始9分に早くも久保の素晴らしいシュートがゴールネットを揺らし、FC東京が先制する。これで波に乗ったFC東京は13分に坂口祥尉、22分に今村涼一が追加点を挙げ、前半を3-0で折り返した。

    後半に入っても、FC東京が久保の活躍でペースを掴む。後半8分、細かいパス回しから右サイドの久保にボールが渡ると、エリア内での仕掛けから中央へ低く鋭いボールを折り返す。これを再び今村が押し込んだ。

    さらに同16分には小林幹が決めて5点目。久保はその直後に途中交代となった。

    その後も得点を重ねたFC東京は7-0で大勝。FC東京はグループBの2位となり、12月25日に3位決定戦でグループAの2位・サンフレッチェ広島ユースと対戦することになった。
    2016-12-24_16h45_15
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161224-00021437-sdigestw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ