海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:久保建英

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/11(水) 06:12:06.47
    【ミャンマー 0-2 日本 カタールワールドカップ・アジア2次予選 第1節】

    2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選F組第2節のミャンマー対日本戦が10日に行われ、アウェイの日本代表が2-0で勝利を収めた。途中交代で出場したMF久保建英が試合を振り返った。

    ベンチスタートとなった久保は81分、日本代表の最後の3人目の交代選手として中島翔哉に代わって交代出場。短いプレー時間の中で積極的に仕掛けてチャンスを生み出そうとする場面もあったが、決定機には繋がらなかった。

    ワールドカップ予選では日本代表史上最年少となる18歳98日での出場となったが、「特に予選だからっていうのは何もなかったです」とコメント。「とりあえず出れて良かったかなという感じですね」と冷静に話している。

    試合を決定づける追加点を期待されての投入となったが、「特にあまりそんな展開でもなかったし、自分はできることをやったかなという感じです」「今日はそんなにプレーに関与していないですし、大して何かしたというわけでもないので、うーん、って感じですね」と消化不良な様子を見せた。

    今後に向けては「練習や試合などで良いプレーをして、監督に認めてもらえるような選手になれればいいと思います」と久保。「しっかり休んで、クラブでの活動が始まるので、ここでの活動を言い訳にせずにしっかりまた挑んでいければ」とスペインでの新たなスタートへ気持ちを切り替えようとしている。
    20190910_kubo_tnk
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00337919-footballc-socc
    9/11(水) 0:44配信

    続きを読む

    news_284705_1

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/10(火) 23:17:58.59
    久保がW杯予選に最年少出場。ミャンマー戦に18歳98日で交代出場し、日本代表では、風間八宏(筑波大)が1980年12月22日のシンガポール戦(香港)で記録した19歳67日を抜いた

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00050290-yom-socc
    9/10(火) 23:10配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/09(月) 00:08:21.87
    実兄のピチは、あのディエゴ・マラドーナと共にワールドユース東京大会(1979年)で世界一となった右ウイング。息子は、京都サンガ所属のエスクデロ競飛王。自身は、元アルゼンチンユース代表&ビーチサッカーアルゼンチン代表であるセルヒオ・エスクデロ。

    彼が日本メディアの「久保建英」フィーバーについて語った。

    久保建英は確かに日本人選手のなかでは上手いです。5日のパラグアイ戦も悪くはなかった。ドリブル突破も、ゴールへの意欲も見せました。確かに日本国内では、逸材でしょう。

    でも、あくまでも「悪くなかった」レベルです。日本代表の中心選手のようにメディアが扱うのは間違っていますね。抜群の存在感だった訳ではない。決定的な仕事はしていませんし、何度か倒されましたよね。今のA代表において、例えば「中島翔哉以上の働きが出来ているか?」と問われた場合、NOです。

    久保君はFC東京に在籍していた頃、何得点しましたか? 2019年で5点。その前のシーズンは2点。合計で7得点です。これは、プロの攻撃的な選手として圧倒的な数字ですか?

    僕らの国の“神様”であるディエゴ・マラドーナは、16歳の誕生日の10日前にプロデビューしました。アルヘンチノス・ジュニアーズという、当時小さめのクラブに属していましたが、17歳、18歳、19歳と3年連続でアルゼンチン1部リーグの得点王になりました。そういう選手なら「国の至宝」と呼んでもいい。マラドーナのその後の輝きは、ここで述べるまでもないでしょう。

    正直な話、アルゼンチンやブラジルなら、久保君クラスの選手はいくらでもいるんです。日本人は、煽って煽って、無理矢理にスターを作っているように感じます。ちょっと信じられないですね…。アルゼンチン人なら、今の日本の久保フィーバーに、違和感を覚えるのは当然です。

    マジョルカでも日本代表でも不動のレギュラーを獲得し、チームの柱として活躍するまでは、騒ぎ過ぎない方がいいと僕は思います。<期待の新人>が潰れていったケースを何人も見ていますから。
    2019-09-09_00h44_19
    https://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20190909-00141751/
    9/9(月) 0:01

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/09/08(日) 09:20:20.09
    ◇サッカーW杯アジア2次予選 日本―ミャンマー(2019年9月10日 ヤンゴン)

    ミャンマーでも日本代表MF久保に熱視線が注がれた。

    国内では母国リーグよりも欧州サッカーに対する人気が高く、Rマドリードに見初められた18歳も注目の一人で、日本代表の練習には地元メディアも駆けつけた。ヤンゴン市内で取材していたイレブンメディアグループのナン・ナン・トン記者(23)は「久保はアジアのヤングスター。ミャンマーの中で、今では本田や香川、長友よりも人気があるよ」と語った。

    9/8(日) 8:30配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000130-spnannex-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/09/07(土) 06:31:24.51
    名門レアル・マドリードに移籍したての久保建英(18)がいきなりマジョルカへレンタル移籍に出された。

    だが、内外の専門家の見解はおおむね肯定的だ。

    サッカーライターが語る。

    「今季はさすがにレアルのトップチームでプレーできないので、チームにとどまるなら3部リーグでプレーすることになります。でも、レンタルに出されれば1部リーグで研鑽を積むことができる。久保にとっては良い進路といえます」

    ところが、このレンタル移籍に顔を曇らせている人がいるのだとか。

    「東京五輪に出るU-23代表チームの首脳です」

    その理由を説明する前に、レンタル契約が満了する1年後、久保がどうなるのかを予測しよう。大きく三つの可能性があるという。

    まず今季、久保が活躍した場合。

    「翌年は原則として完全移籍となります。レンタルには“お試し”の意味合いがありますから。“活躍してアディオス”では、レンタル料が無駄ですし、ファンも怒る。選手にとっても、活躍の場が保証されない古巣に戻るよりベターです」

    レアルに戻る場合は、

    「レアルが1部で使いたいほど大活躍すれば、呼び戻す可能性はなくはないです。ただ現実的には、期待に応えられず“返品”というケースが一般的です」

    では五輪はどうなるか。

    「W杯と違い、五輪では選手を“強制徴用”できません。久保が活躍すればマジョルカだろうがレアルだろうが重要な戦力なので、五輪出場は認めないでしょう。逆に活躍しなければ、そんな久保をわざわざ呼ぶ必要があるのか、となる」

    五輪がダメでもW杯があるさ。とりあえず頑張れ。

    「週刊新潮」2019年9月5日号 掲載

    9/7(土) 5:56配信 ディリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190907-00580393-shincho-socc

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/06(金) 07:44:49.95
    後半からピッチに立つと、自慢のテクニックを武器に果敢にパラグアイゴールへアタック

    日本代表MF久保建英(マジョルカ)は5日、国際親善試合パラグアイ戦(2-0)で後半45分間プレー。最年少ゴールこそお預けとなったが、チーム最多タイのシュート5本を放つなど、果敢に相手ゴールに襲いかかった。

    スペインメディアは久保が見せた個人技にスポットライトを当て、「ファウルでしか止められなかった」と伝えている。

    久保は今年6月のコパ・アメリカ(南米選手権)の大会期間中にスペインの名門レアル・マドリードへ完全移籍。

    トップチームの遠征に帯同し、プレシーズンのテストマッチ計4試合に途中出場した。その後、トップチームの練習とカスティージャ(レアルB)の試合を兼務していたなか、8月22日にスペイン1部マジョルカへの1年間レンタルが決まった。

    海外組として初めて代表活動に参加した久保は、パラグアイ戦で2-0の後半頭から途中出場。
    MF堂安律(PSV)がプレーしていた右サイドハーフに入った。

    後半10分、右サイドのタッチライン際でパラグアイDFブラス・リベロスからボールを奪った久保が魅せる。

    追いすがる相手を振り切ろうとバックヒールのターンを繰り出し、一度は接触でバランスを崩してピッチに手を突くも、すぐさま起き上がってボールをキープ。

    DFブライアン・サムディオがカバーに来るなか、細かいタッチでリベロスをかわしてFW大迫勇也(ブレーメン)にパスを通した。パラグアイの選手計4人がケアするなかで、久保は自慢のテクニックで相手を翻弄した。

    久保はその後も果敢にゴールを狙い、チーム最多タイのシュート数(5本)とドリブル数(5回)をマーク。データ分析会社「オプタ」によれば、タッチ数(49回)も途中出場の選手で最多と日本の攻撃を牽引した。

    パラグアイのファウル覚悟の包囲網に海外紙言及「ファウルとキックでのみ止められた」

    スペイン紙「マルカ」は、そんな久保をフォーカス。「パラグアイによる久保の虐待:彼らはファウルプレーでしか止められなかった!」と刺激的な見出しを打ち、後半10分の個人技のほかに、同12分と15分にリベロスがファウルで久保を倒したシーンなどを切り取って説明を添えている。

    「マジョルカにレンタルされているレアル・マドリードのプレーヤーは、日本対パラグアイ戦で真のリサイタルを開いた。ドリブル、ヒール、危険なシュート…、ライバルはファウルプレーとキックでのみ、彼を止めることができた」

    久保自身、「打ったからには決めないといけなかった」と反省したように、決定機をモノにしきれなかったは課題として残ったが、18歳のレフティーが南米の難敵パラグアイを翻弄していたのは間違いない。
    2019-09-06_17h16_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190906-00215407-soccermzw-socc
    9/6(金) 7:25配信

    https://www.youtube.com/watch?v=VyqpoZJaajw


    久保建英、パラグアイから執拗なマークを受けるも、果敢に相手ゴールに向かった。パラグアイ代戦タッチ集

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/09/06(金) 09:34:39.86
    <キリンチャレンジ杯:日本2-0パラグアイ>◇5日◇カシマサッカースタジアム

    あと2、3点は取れた試合、堂安と久保は1点ずつ決めるべき試合だったんじゃないかな。

    周囲はもちろん久保本人も最年少ゴールは意識していたはずだ。シュートにも相手を抜くことにも積極的で、そこはよかった。ただ、後半から出た久保は最初からイケイケでちょっと飛ばし過ぎ。それが暑さによる自身の疲れ、周りの先発組はもっと疲れているから、途中からペースダウンしてしまったな。

    また、相手を抜くのがうまいといっても、やはり当たり負けして倒される場面が目立った。世界のトップと戦うには、もっとたくましくなってほしいね。

    本当は久保を先発で使いたいのだろうが、そうなると堂安をどう使うかが難しくなる。現時点ではクラブのステータスから見ても、PSVの堂安の方がマジョルカの久保より上と言わざるを得ない。

    次戦の相手ミャンマーからは大量得点が望めると思う。だからこそ久保にはこの試合でゴールを決めてほしかった。新記録をつくった相手がパラグアイならいいが、FIFAランク3ケタのミャンマー相手ではちょっとね…。

    チームとしては早い時間帯にいい形で2得点して、ペースをつかんだ。この日のパラグアイはパスミスが30本くらいあるほど、コンディションはよくなく、日本は楽にボールが回せた面がある。内容はよかったけど、あれだけチャンスがあったのだから「決定力不足」は反省しなくてはならない。

    ミャンマーをはじめ、ワールドカップ(W杯)2次予選の相手はもっと引いて守ってくる。この日とはまた別の戦いになる。同時に、実力的には日本がベスト布陣で臨まなきゃならない相手でもない。せっかくなら久保や板倉を先発で見たいところだ。(日刊スポーツ評論家)
    2019-09-06_10h06_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-09051166-nksports-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/06(金) 07:35:40.49
    ◆国際親善試合 日本2―0パラグアイ(5日・カシマスタジアム)

    FIFAランク33位の日本は、FW大迫勇也(29)=ブレーメン=の得点などで、同39位のパラグアイに2―0で勝利。

    後半開始から登場したMF久保建英(18)=マジョルカ=は直接FKなど両チーム最多タイのシュート5本を放ったが、FW金田喜稔(中大)=19歳119日=超えとなる史上最年少得点はならず。森保一監督(51)は「守備で強さが足りない」と辛口評価を下した。チームは6日、カタールW杯アジア2次予選・ミャンマー戦(10日・ヤンゴン)に向け、出発する。

    “お客さま”ではなく“戦力”だからこそ厳しい評価が下された。大歓声に包まれて後半開始と同時にピッチに入ったMF久保は「18だろうが35だろうが、年齢は関係ない」と果敢にボールを要求。

    数的不利でも仕掛け、同5分には自ら直接FKを獲得。惜しくも枠上に外れたが、その後も巧みなタッチで相手を翻弄した。

    同24分にはバー直撃のシュートを放つなど両チーム最多タイのシュート5本を放ったが、その一方で自身の裏を突かれ、ピンチを招くなど守備面の甘さが露呈した。

    A代表5試合目の18歳といえど、過酷なW杯アジア予選を戦うメンバーの一員。久保を投入する際、「このまま無失点で終わらせるように」と守備をより意識させた森保監督は「攻撃では起点になり、周りを使うことができていた。

    オプションが増えた」とオフェンスを評価した一方で、「攻守を考えた時、チームの戦いをより具現化できるようトライしてほしい。守備の部分では、まだまだ強さが足りない。

    その強さを上げてもらいたい」と珍しく厳しい言葉を並べた。DF長友も「見ていて面白い。すごい才能」と言いながらも、「あとは決めるかどうか。欧州で上に行くには、ゴールという結果が必要」と注文をつけた。

    初の海外組として臨んだ代表戦。77年6月15日の韓国戦のFW金田超えとなる史上最年少弾は奪えずに、課題も噴出した一戦となったが、厳しい言葉は他の選手と同じ土俵に立っていることの裏返しでもある。

    久保自身も「代表のために全力を尽くせる選手が必要。打ったからには全部決めないといけない」と反省した。

    次戦は、自身初のW杯予選となるミャンマー戦。出場すれば、82年スペインW杯アジア予選のMF風間八宏(筑波大)のW杯予選最年少出場記録(19歳67日)を更新する。

    「堂安選手の動きを見ながらいろいろなことを学べたし、トップ下で出ることがあれば南野選手のオフ・ザ・ボール(ボールを持っていない)の動きを学びたい。挑戦者として、もう一度挑戦できる日が来れば」。歴史を塗り替え続ける18歳が、新たな壁を乗り越える。(田中 雄己)
    2019-09-06_08h02_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000036-sph-socc
    9/6(金) 6:07配信

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/09/05(木) 23:31:24.83
    9月5日、カシマスタジアムで行なわれたキリンチャレンジカップ、日本代表対パラグアイ代表のフレンドリーマッチは、攻守両面で冴えを見せた前者が2-0の快勝を収めた。

    序盤からボール支配で上回った日本は、中島、南野らを起点に小気味良いチームアタックを披露。23分、長友のクロスがディフレクトした球を大迫が落ち着いて決めて先制すると、30分には中島→酒井と繋いでパラグアイDF陣を翻弄し、最後は南野がガラ空きのゴールに流し込んだ。

    そして後半スタートから登場したのが18歳の久保だ。堂安に代わって右サイドに配備され、密集地帯をかいくぐるドリブルを見せれば、直接FKでGKを強襲し、バーを激しく叩く一撃もお見舞いした。残念ながらこの試合で日本代表の史上最年少ゴール記録更新は果たせなかったが、45分間を通して大いに存在感を示したと言えるだろう。

    そんな久保のハイパフォーマンスをさっそく取り上げたのが、スペイン全国紙『MARCA』だ。右サイドのタッチライン際でパラグアイ選手3人を手玉に取ってボールをキープし、大迫へ丁寧なパスを送ったシーンを動画で紹介。「レアル・マドリーからマジョルカに期限付き移籍したMFはいま、日本代表に合流している。

    パラグアイを相手に一戦で途中からピッチに立ち、観衆の度肝を抜くプレーを披露。クボのこの圧巻のプレーでネットが大いに賑わっているのだ。見よ! パラグアイの誰も彼を止められないじゃないか!」と褒め称えている。
     
    久保は試合後、「何度かあったチャンスを決められなかった」と反省の弁を述べたが、コンディションは明らかに良好。次なるワールドカップ・アジア2次予選、ミャンマー戦で待望の瞬間が訪れるか、見モノだ。
    2019-09-06_00h30_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190905-00063759-sdigestw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ