海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:久保裕也

    1:Egg ★:2018/06/07(木) 10:41:30.81 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップに臨む日本代表に選出されなかった久保裕也が自身の心情を吐露している。

    5月31日、日本代表の西野朗監督は、ロシア・ワールドカップに臨む23人の登録メンバーを発表。これまで日本代表としてロシア・ワールドカップのアジア予選で活躍し、ベルギーのジュピラー・リーグでも結果を残していた久保裕也は選出されなかった。

    久保は6日、『ゲーテ』内で掲載されている自身のエッセイで23人の発表について「テレビを見ながら、ワールドカップロシア大会の日本代表メンバーの発表の瞬間を待っていた。正直、メンバーに選んでもらえるだろうと期待していた」と振り返っている。

    「リーグが終わり、日本に帰ってきてからも、いつでも代表チームに合流できるように厳しいトレーニングを重ねていた。できることはすべてやってきた。名前を呼んでもらえれば、ロシアで自分の持てるすべてを出し切る気持ちでいた」

    「ついにそのときがきた。自分の名前が呼ばれるとしたら最後になるだろう。だが、西野朗監督がひとりずつ読み上げる名前を聞きながら、いやな予感がこみあげてきた。自信があったはずなのに、なぜか急に不安な気持ちになった。そして、その悪い予感はあたった。僕の名前は最後まで呼ばれることはなかった」

    久保は「いまの気持ちのままなら、僕はワールドカップをテレビで観ることもしないだろう。日本代表を応援したい気持ちはある。だが、ともに予選を戦った仲間たちがロシアの地で躍動する姿を観たとき、自分がどんな感情になるのか、よくわからない」と悔しさを噛み殺しながらも「6月になにも予定がないのは久しぶりだ。思いがけずに空いてしまったこの時間を、自分の未来のために使いたい」と続け、今後の巻き返しに向けて気概を示している。

    また、ベルギーメディア『voetbalnieuws』も久保のこの言葉を伝え「ヘントのFWはワールドカップに臨むメンバーに選ばれなかった。森岡亮太(アンデルレヒト)とともに、ベルギーリーグのアタッカーは日本代表監督に無視され、ロシアに行くことは許されない」と報道。自国所属選手が結果を残しながらも、W杯メンバーに選出されなかったことをクローズアップしている。

    goal 6/7(木) 8:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00010000-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/22(火) 19:36:26.98 ID:CAP_USER9
    久保裕也、ベルギーから帰国 追加招集には「信じて待つしかない。準備は出来ている」
    2018年5月22日17時23分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20180522-OHT1T50123.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000123-sph-socc

    帰国したベルギー1部ゲントのFW久保裕也
    20180522-OHT1I50105-L

    ベルギー1部ゲントFW久保裕也(24)は22日、シーズンを終えて成田空港に帰国した。2季連続のシーズン11得点を記録。「まだ満足いく結果ではない。最低ラインは出来て良かった」と振り返った。

    20日の同国プレーオフ1のクラブ・ブルージュ戦で決勝ゴールを挙げ、チームを来季の欧州リーグプレーオフ出場へ導き、「シーズン最初はよくなかったが、最終的にはチームの目標を達成できて良かった」と話した。

    所属先での日程の問題を配慮して招集されなかった親善試合ガーナ戦(30日・日産ス)に臨む日本代表への合流も可能となり、西野朗(64)監督も「「乾、岡崎の状態、香川を含めて可能性を見極めをした上で考えていきたい。戦力として考えている」と話していただけに、追加招集に注目が集まる。

    久保は「今の状況ではどうなるか分からない。追加招集を信じて待つしかない。コンディションはいい」。また、約1か月後に迫ったロシアW杯については、「もちろんW杯は目標。必ず出たいと思ってやっているし、しっかり準備は出来ている」と熱い思いを語った。

    また、同便で同国1部アンデルレヒトMF森岡亮太(27)も帰国した。
    続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/22(火) 02:19:00.45 ID:CAP_USER9
    西野監督「終わった?」久保ヘントPO終了知らず?
    2018年5月21日20時11分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201805210000871.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00215906-nksports-socc

    日本代表の合宿で西野監督(左)は香川ら選手と一緒にランニングする(撮影・山崎安昭)
    201805210000871-w500_0


    日本代表西野監督(右から2人目)はストレッチする大迫(右)と浅野ら選手を見守る(撮影・山崎安昭)
    201805210000871-w500_1


    サッカー日本代表が21日、千葉県内で30日の国際親善試合ガーナ戦(日産ス)とワールドカップ・ロシア大会へ向けた国内合宿をスタートした。

    西野朗監督(63)は練習後、囲み取材に応じた。その中でガーナ戦のメンバーから漏れた久保裕也(24=ヘント)の追加招集の可能性があるかと聞かれると「まだ決まっていない。プレーオフがある」と、ヘントがベルギーリーグのプレーオフを戦っている最中であることを強調した。

    ただヘントは20日に行われた優勝プレーオフ最終節で、優勝を決めたクラブ・ブルージュと対戦。久保の決勝弾で1-0で勝ち、プレーオフ4位でシーズンを終えており、完全に勘違いしていた。取材陣から「プレーオフは終わっていますが?」と再度、久保の追加招集の可能性について聞かれた西野監督は「終わったのか?」と首をやや傾げた。

    その上で「乾の状態、岡崎の状態…香川を含めて可能性を見極めをした上で考えていきたい」と言及。合宿初日に別メニュー調整だった岡崎慎司(32=レスター)、フルでメニューをこなしたものの、ブンデスリーガで3カ月、プレーしていなかった香川真司(29=ドルトムント)、そしてクラブでの練習中に味方と接触し、右大腿(だいたい)四頭筋に腫れがある乾貴士(29=エイバル)の状態をチェックする考えをを示唆した。

    西野監督は18日に都内で行ったガーナ戦のメンバー発表の際、久保について「久保に関しては自クラブで27日までプレーオフというシビアな日程。最後に入る、入れないは今週決定する。クラブに対して、オフィシャルな非常に大切なゲームに対して、状況によっては追加招集もかなう段階。クラブに影響を与えるような形でリストを出したくない。もちろん戦力として考えておりますし、海外組には幾つかある…それが久保の状況」と説明していた。

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/21(月) 05:40:22.77 ID:CAP_USER9
    [5.20 ベルギーリーグPO1第10節 クラブ・ブルージュ0-1ゲント]

    ベルギーリーグは20日、「プレーオフ1」の第10節を行った。FW久保裕也の所属する4位ゲントは、すでに優勝を決めているクラブ・ブルージュと敵地で対戦し、1-0で勝利。
    4位をキープし、来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦からの出場を決めた。3試合連続スタメンの久保は前半28分に決勝点となる先制ゴールを奪取。チームトップの今季11得点目を挙げ、フル出場を果たした。

    序盤から積極的にゴールへ迫る久保は前半14分、右クロスに右足で合わせるも、相手GKがセーブ。
    同20分には左サイドで獲得したFKのキッカーを務め、右足でゴールに向かうシュート性のボールを蹴り込むが、わずかに枠の右へそれた。

    それでも前半28分に久保の積極性が実る。素早いリスタートから自陣右サイドのDFサミュエル・ジゴがロングフィードを送り、裏へ抜け出した久保が後ろから来る難しいボールを巧みにコントロール。
    PA内右に進入し、倒れながら右足でゴール左に流し込んだ。

    久保は2試合ぶりにネットを揺らし、チームトップとなる今季11得点目をマーク。1-0で折り返したゲントは後半にピンチが続いたが、辛くも逃げ切りに成功した。

    これで「プレーオフ1」は全日程が終了し、ゲントは4位をキープ。本来であればEL予選2回戦の出場権を懸けた「テストマッチ」進出となるが、
    2位のスタンダール・リエージュが国内杯を制してEL本戦への切符を確保しているため、ゲントは繰り上げで3位が得られるEL予選3回戦の出場権を獲得した。

    また、W杯のメンバー入りを目指す久保にとっても追い風となる。仮に「テストマッチ」へ回っていれば、27日に試合を行う必要があった。
    日本代表の西野朗監督はこういったクラブ事情も考慮し、30日のガーナ戦に向けたメンバーに久保を選出していなかったが、20日でシーズンを終えたことで、代表活動への支障はなくなったと言っていい。

    ゲキサカ 5/21(月) 3:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-01654050-gekisaka-socc

    写真
    20180521-01654050-gekisaka-000-view
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/11(金) 05:48:43.65 ID:CAP_USER9.net
    ヘントに所属する日本代表FW久保裕也が、10日に行われたジュピラー・プロ・リーグ・プレーオフ1第8節のヘンク戦で今シーズン10点目を決めた。

    久保は累積警告による出場停止で前節を欠場したが、今節はスタメンで2試合ぶりの出場。するとさっそく開始15分に見せ場が訪れた。ギオルギ・チャクヴェタゼが右サイド高い位置でボールを奪い、素早く折り返しを送ると、ペナルティエリア中央フリーの久保が右足を振り抜いて先制点を決めた。

    これで久保は今シーズン通算10点目。レギュラーシーズンで7ゴールを挙げ、上位6チームで優勝を争うプレーオフ1に入って3試合ぶり3ゴール目となった。ヤングボーイズ(スイス)時代に公式戦通算11点を決めた2015-16シーズン、シーズン途中にヘントに移籍して日本人欧州最多得点記録の公式戦通算23点を記録した16-17シーズンに続き、3シーズン連続で2ケタ得点を達成した。

    しかしチームは66分に失点を喫して同点とされると、84分にDFシグルド・ロステッド、後半アディショナルタイム3分にもMFブレヒト・デヤエヘレがそれぞれ2枚目のイエローカードを受けて退場となった。試合は1-1の引き分けで終わり、ヘントは連敗を3試合で止めたものの、6試合未勝利で4位以下が決まった。久保は79分に途中交代となった

    サッカーキング 5/11(金) 5:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00755855-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/23(月) 06:52:38.61 ID:CAP_USER9.net
    [4.22 ベルギーリーグPO1第5節 シャルルロワ2-1ゲント]

    ベルギーリーグは22日、優勝を争う「プレーオフ1」の第5節を行った。FW久保裕也の所属する3位ゲントは敵地で6位シャルルロワと対戦。1-2で敗れ、3戦未勝利(1分2敗)となった。6試合ぶりに先発復帰した久保は0-2の後半15分に得点をマーク。4試合ぶりのゴールで今季9得点目とし、同27分までプレーした。

    ゲントは前半23分、シャルルロワのカウンターからFWママドゥ・ファルに決められ、先制点を献上。後半9分にも敵陣でボールを引っ掛けられ、スルーパスで抜け出したFWダビ・ポレに追加点を奪われる。

    苦しい展開となったが、後半15分にゲントもカウンターを発動。MFブレヒト・デヤーゲレから久保への浮き球のスルーパスが相手DFに当たって右ポストを叩くと、諦めずに走り込んでいた久保が跳ね返りを左足で押し込んだ。

    久保は1日の第1節アンデルレヒト戦(2-0)以来、4試合ぶりの得点で今季9ゴール目。後半18分にはPA内でドリブルを仕掛けて倒される。しかし、シミュレーションの判定でイエローカードを受け、PK獲得とはならず。同27分に交代でベンチに退いた。試合はそのまま1-2で終了。チームは2戦ぶりの黒星を喫した。

    4/23(月) 6:25配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-01653007-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/02(月) 04:22:56.70 ID:CAP_USER9.net
    [4.1 ベルギーリーグPO1第1節 アンデルレヒト0-2ゲント]

    ベルギーリーグは1日、優勝を争う「プレーオフ1」の第1節を行った。MF森岡亮太の所属する2位アンデルレヒトはホームでFW久保裕也所属の4位ゲントと対戦し、0-2で敗戦。森岡は先発出場で90分間プレーし、後半34分に途中出場した久保は同41分に追加点を挙げる活躍を見せた。

    ベルギーリーグは3月にレギュラーシーズンを終え、上位6チームは勝ち点の半分を持って「プレーオフ1」に進出。優勝を争う舞台でいきなり日本人所属クラブの対決が実現したが、森岡がトップ下で先発した一方、久保はベンチから出番を待つことになった。

    序盤にゲントが立て続けに迎えたチャンスを逃すと、前半6分にはアンデルレヒトの森岡が“らしい”プレー。敵陣中央で味方からボールを引き出し、1本のスルーパスで絶好機を演出したかに思われたが、受けたFWウカシュ・テオドルチクの位置がオフサイドと判定された。

    さらに前半30分、森岡が起点となったカウンターからMFピーテル・ヘルケンスが裏へ抜け出し、後ろからMFトマス・フォケに倒される。アンデルレヒトの選手たちは決定機の阻止でカードをアピールするも、主審の判断はノーファウルだった。

    このプレーをきっかけにスタンドも含めてハイテンションな試合展開となるが、前半は0-0で終了。そして後半2分、先にスコアを動かしたのはゲントだった。右サイドで仕掛けたFWサムエル・カルが右足で鋭いクロスを供給。最後はゴール前のこぼれ球をMFブレヒト・デヤーゲレが右足で押し込み、敵地で先制点を奪った。

    1点を追いかけるアンデルレヒトは後半13分に決定機を迎える。MFスベン・クムスのパスをPA内中央でフリーの森岡が受けると、冷静にGKロブレ・カリニッチの逆を取り、右足で丁寧にシュート。
    しかし右ポストを直撃し、跳ね返りはテオドルチクが詰める前にゲントのDFディラン・ブロンにクリアされる。森岡はプレーが切れた後に思わず頭を抱えた。

    ピンチをしのいだゲントは後半34分、先制点をマークしたデヤーゲレを下げ、久保を投入。直後に森岡のヒールパスを久保がカットするなど、日本代表同士のマッチアップも実現した。

    後半40分にはPA内に攻め上がったゲントのMFビルヘル・ベルストラーテがDFウロシュ・スパイッチに倒され、PKを獲得する。重要なPKキッカーを任されたのは久保。右足でゴール左を狙ったシュートはGKマッツ・セルスに止められるが、こぼれ球を自ら右足で蹴り込んだ。

    久保のゴールは2月10日のリーグ戦第26節シントトロイデン戦(3-0)以来5試合ぶりで、今季公式戦通算では8得点目。そのまま2-0で完封勝利を飾ったゲントがアンデルレヒトと勝ち点で並び、得失点差で上回って暫定2位に浮上した。

    4/2(月) 2:59配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-01652200-gekisaka-socc

    写真



    途中出場の久保が今季8点目! ヘントが森岡フル出場のアンデルレヒトを撃破
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00736616-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/06(火) 18:13:23.30 ID:CAP_USER9.net
    昨季チームのエースとして大活躍したこともあってか、今季ヘントが結果を出せなかった時は日本代表FW久保裕也が批判の対象になることも少なくない。特に目立つのは、久保が自己中心的なプレイをしているとの批判だ。

    ヘントはリーグ戦で4位とまずまずの位置にはいるものの、今節はオーステンデに2-3で敗れてしまった。ベルギー『HLN』は「再びクボの悪いところが出た」とエースの働きに不満を示しており、久保もこの試合では70分に途中交代している。

    さらに『Voetbalnieuws』も「久保は再びサッカーがチームスポーツであることを忘れていた」と批判しており、ゴールを奪うことに貪欲な久保の姿勢が受け入れられないところもあるようだ。

    また興味深いのが同メディアのアンケートだ。「クボは利己的すぎるか?」との問いに対して86%もの人がYesと答えているのだ。日本人選手はあまり我が強い方ではないとされるだけに、久保に対しての印象は少々意外だ。

    久保もロシアワールドカップを戦う日本代表メンバーに入るために得点に絡んでアピールしたいとの思いは強いはず。それが利己的と取られている部分もあるようで、納得させるには結果を出すしかないだろう。

    2018年3月6日 17時10分 theWORLD
    http://news.livedoor.com/article/detail/14394556/

    写真
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/11(日) 05:05:08.09 ID:CAP_USER9.net
    2/11(日) 5:00配信
    GOAL

    ジュピラーリーグ第26節が現地時間2月10日に行われ、ヘントに所属する日本代表FWの久保裕也がシント・トロイデン戦でゴールを決めた。

    久保は11分、後方からのフィードを頭で一度浮かせる。それをヘントFWヤンヘロ・ジャンガが競ろうとして相手DFともつれ、ルーズボールに。そこへ飛び込んだ久保が豪快に蹴り込み、ファー側のゴールネットへと突き刺した。

    なお、久保にとって、今シーズン7点目のゴールとなった。
    2018-02-11_08h19_05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000034-goal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/10(日) 06:44:40.94 ID:CAP_USER9.net
    12/10(日) 6:21配信
    久保裕也が逆転導く今季6点目!!ゲントは怒涛の5連勝
    [12.9 ベルギーリーグ第18節 ゲント2-1コルトライク]

    ベルギーリーグ第18節が9日に行われ、FW久保裕也の所属するゲントはホームでコルトライクと対戦し、2-1で勝利した。12試合連続スタメンの久保は前半27分に逆転ゴールを奪取。2試合ぶりの得点で今季6ゴール目とし、フル出場で5連勝に貢献した。

    開始7分にコルトライクのFWテディ・シュバリエにクロスを押し込まれ、先制を許したゲント。しかし、前半10分にPA内右のDFサミュエル・ジゴが右足で速いボールを折り返すと、FWロマン・ヤレムチュクが右足で押し込み、すぐにスコアをタイに戻した。

    そして前半27分、相手DFを背負った久保がFWサムエル・カルの縦パスに反応。うまい体の使い方でボールを落とすと同時に裏へ抜け出し、フリーでヤレムチュクのリターンをもらう。ワンタッチでPA内やや右に進入すると、相手GKとの1対1から右足で冷静に決め、2-1と逆転に成功した。

    久保は11月24日の第16節ムスクロン戦(3-1)以来、2試合ぶりのゴールで今季6得点目。後半はスコアが動かず、久保の逆転弾がそのまま決勝点となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-01647399-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ