海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:乾貴士

    1:Egg ★:2018/04/03(火) 19:31:19.34 ID:CAP_USER9.net
    日本開催の「U-15キリンレモンCUP」で優勝した“ピピくん”と交流を深める
     
    エイバルのMF乾貴士が自身のツイッターを更新。レアル・マドリード下部組織に在籍する“ピピ”こと14歳MF中井卓大くんと会ったことを報告するとともに、「こんな弟が欲しい!!」と2ショットを公開した。写真では身長169センチの乾よりも拳一つ分ほど背が高い中井くんの姿を捉えており、「ピピのほうが身長大きいし笑」などファンからコメントが寄せられている。

    乾は現地時間4月1日のリーグ第30節レアル・ソシエダ戦で2試合ぶりに先発出場。2列目左サイドから攻撃を仕掛けたものの、最後まで得点を奪えず、スコアレスドローに終わった。新天地候補として報じられるベティスとの一戦を7日に控えるなか、乾は3日に自身のツイッターを更新し、「ピピ君に会って来たよー 楽しかったー」と報告した。

    ピピくんとは、レアルの下部組織でプレーする中井くんのこと。二人は昨年末、乾が野洲高の同期メンバーでサッカーをした際に中井くんが飛び入り参加して共演を果たしているが、さらに交流を深めたようで「ほんまいい子やわぁ!! こんな弟が欲しい!! 時差ボケの中ありがとう 日本での大会優勝おめでとう」と綴っている。

    ファン驚き「ピピくん、めっちゃ大きくなっててびっくり!!!」

    中井くんは3月下旬に日本で行われた「U-15キリンレモンCUP」にレアル下部組織の一員として出場。28日の相模原戦ではゴールを挙げるなど、チームの優勝に大きく貢献した。投稿の写真では、身長169センチの乾に対し、中井くんはそれを上回っており(レアル公式サイトの公称は167センチ)、「ピピのほうが身長大きいし笑」「ピピくん、めっちゃ大きくなっててびっくり!!!」などファンからコメントが寄せられた。

    乾は3月の日本代表メンバーからは落選したが、ロシア・ワールドカップのメンバー入りに向けて、同じスペインで研鑽を積む“後輩”から大いに刺激を受けたようだ。

    4/3(火) 18:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180403-00010015-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/30(金) 21:05:34.82 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、日本代表FW宇佐美貴史とFW原口元気の活躍を受け、新たな日本人アタッカーに熱視線を送っているようだ。ドイツメディア「RPオンライン」は、エイバルのMF乾貴士に興味を持っていると報じている。

    デュッセルドルフは昨夏にアウクスブルクから宇佐美、今年1月の移籍市場ではヘルタ・ベルリンから原口を獲得した。前半戦は存在感の薄かった宇佐美も、原口加入後にまるで水を得た魚のように覚醒。直近5試合で4得点を決めて日本代表にも復帰した。記事でも「この二人の日本人は無敵だ」と、その活躍が称えられている。

    しかし、その一方で来季に向けては不安も残る。宇佐美、原口ともに期限付き移籍での加入で今季終了後にはそれぞれの所属クラブに戻ることになる。クラブとしては引き止めが最優先で選手も残留を希望しているというが、去就はまだ不透明な状況だ。

    デュッセルドルフは現在2部リーグ首位を走り、来季の1部昇格に近づいている。戦力の維持、あるいは上積みは不可欠なだけに、シーズン終了後の動きは注目される。

    そして新たに獲得候補として浮上しているのが、ブンデスリーガでプレー経験のある乾だという。

    スペインで躍動する乾にはベティス移籍の噂が浮上しているが、デュッセルドルフもかつてフランクフルトで75試合7得点16アシストを記録した実績を買って白羽の矢を立てたようだ。

    来季1部挑戦を目指すデュッセルドルフの命運は、宇佐美、原口、そして乾という3人の日本人選手の動向が鍵を握りそうだ。

    3/30(金) 20:35配信
    2018-03-30_21h26_58
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00010017-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/29(木) 20:37:55.21 ID:CAP_USER9.net
    ベティスは、やはりエイバルMF乾貴士獲得に迫っているようだ。スペイン複数メディアが伝えた。

    スペイン『アス』は、ベティスが来季に向けて乾とエスパニョールGKパウ・ロペスの獲得を決めたと報道。次のターゲットとして、レアル・ソシエダMFセルヒオ・カナレスを狙っていると報じた。スペイン『ABCセビージャ』も、『アス』同様すでにベティスが乾とパウ・ロペスを確保したと報じ、カナレス獲得に動いていると伝えている。

    乾は今季終了時にエイバルとの契約が満了する。エイバルは2年の契約延長オファーを準備していたようだが、乾はここまでのところ書類にサインしていない。そこにベティスが現れ、スペインの2クラブが乾争奪戦を繰り広げることになった。

    ベティスは3年契約に加え、フリーで獲得できる乾に高年俸を用意しているという。エイバルで定位置を確保している乾だが、直近のリーガエスパニョーラ第29節レバンテ戦では、移籍報道の影響か先発から外された。

    乾は2015年夏にフランクフルトからエイバルに加入した。今季リーガで28試合に出場して4得点を記録している。
    2018-03-30_00h17_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000036-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/22(木) 19:14:47.78 ID:CAP_USER9.net
    2018-03-23_11h08_49

    乾の招集外をどう読み解く?”0014 catorce”論客によるサッカー日本代表メンバー考察

    ■乾招集外の驚き

    中西哲生  それでは日本代表のメンバーを見ていきましょう。今回選ばれたメンバーをこちら(戦術ボード)に挙げていますが、まず怪我人が酒井宏樹、遠藤(航)が途中から合流しますがやれるかどうかわからない状況です。今回のメンバーを見て多少なりとも驚きというものはありましたよね?

    戸田和幸  ありましたね。外れた方でまず、驚きが自分にはありました。

    中西  まずは乾(貴士)だと思います。ラ・リーガではコンスタントに出場している状況の中で、今回外れたということはどうですかね。何か意図はありますか?

    戸田  直前にレアル・マドリーとも試合をしてかなり良い活躍をしていましたから、びっくりしました。

    中西  素直にびっくりしましたね。でも、もしかしたら今回調子の良い宇佐美(貴史)、新しく呼んだ中島翔哉を試したいがために、同じポジショニングの乾はもう力量がわかっているから外したという見方もなくはない?

    小澤一郎  一般的にはそう見られているんじゃないですか?でも、時間がない中で、大事な招集機会で、確定メンバーを外すのかなという疑問は逆にあります。

    戸田  そういう時期でもないですし。今までの代表の活動の中で乾が「このポジションでと」いう立場になっていたかというと、そこまででもない可能性もまだあります。リーガでの活躍とはまた別にして。そう考えると、それぞれの所属クラブで活躍をしている、「=点を取っている」とか。「(今回選んだ選手は)ゴールを決めている」というコメントも出ていたようなので。

    中西  そうすると結果は出ているけれども、ゴール、アシストといったところで評価されていない可能性もあると?

    戸田  ポジション的には中島、宇佐美が被ります。

    中西  宇佐美は4試合連続ゴールですし。中島も得点もアシストもかなりしていると。

    戸田  原口もそこに来ると思うので。

    ■ベティスとの仮契約によって干される可能性も!?

    中西  ただその乾で気になるのはこの後です。もしかするとチームで出場機会が減る可能性がある?

    小澤  今季でエイバルとの契約が満了になってエイバルは冬前から契約延長オファーを出していましたが、このタイミングで最終的にベティスと仮契約をしたのではないかという報道が出ています。特にセビージャ側のメディアを見てもそれは事実のようなのと、実際にその報道があった直後の先週末のレバンテ戦では先発を外れています。それによって干されるんじゃないかというのも現地メディアでは出ています。今の状況、風向きは厳しいんじゃないか、というのは思っていますね。

    戸田  メンディリバル監督もコメント出していませんでした?「チームのために働けない選手は……」といったことが。

    小澤  日本での記事は見ましたが、現地での記事は確認していません。

    中西  要するに(今回は)選ばれていませんけれど、代表から戻ったこの後出場機会を奪われる可能性がベティス移籍の可能性がある限りはあると?

    小澤  そうですね。もしクラブの強化部から監督にそういう指示が入っていて、今後先発落ちになってくるとコンディション面、特にハリルホジッチ監督もそういうところ、先発してプレーしているかどうかを見ていると思うのでもしかすると今後厳しいかもしれないですね。

    中西  あとは前回外れていた本田(圭佑)、岡崎(慎司)、香川(真司)、本田は戻りましたけれども香川は怪我をしていると。岡崎は怪我上がりということで招集がなかった可能性があります。本田に関してはここで良いパフォーマンスをしないと厳しい状況ですか?

    戸田  ちゃんと把握はできていないですけど、メキシコリーグの方は。ただ、試合にコンスタントに出ているようなので、その中で十分戦力になるということで戻したのではないかと思います。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/ichiroozawa/20180322-00083013/

    >>2以降に続きます

    続きを読む

    1:ラッコ ★ :2018/03/20(火) 21:59:02.00 ID:CAP_USER9.net
    “戦力外”から一転 本田圭佑の半年ぶり代表復帰の注目度

    ベルギーで行われるマリ戦(23日)、ウクライナ戦(27日)に向けたサッカー日本代表メンバー26人が15日に発表された。目を引くのは、昨年9月のW杯予選以降、「戦力外」だったパチューカFW本田圭佑(31)が、約半年ぶりに代表復帰を果たしたことだ。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

    「ハリルは就任以来、一貫して本田のことを高く評価してきた。たとえ代表から外れる時期があったとしても、『ケイスケの能力は分かっている』と高値安定の戦力として考えている。本田自身もメキシコリーグで健在ぶりをアピールしており、W杯イヤー初の海外遠征での代表復帰は順当と言っていい」

    今回、ケガで戦線離脱中のDF吉田麻也(29=サウサンプトン)、MF香川真司(28=ドルトムント)が外れたのは致し方ないとしても、スペインのエイバルで活躍しているMF乾貴士(29)(※今季公式戦4得点)や英プレミアのレスターで今季公式戦8得点のFW岡崎慎司(31)は<まさかの落選>との声も少なくない。

    本人たちも、たとえば「本田が所属するメキシコよりもはるかにハイレベルのリーグで結果を残しているのに……」とウラミ節のひとつも言いたくなるだろう。

    「本田はミランで出場機会がなくても代表に選ばれていましたが、だからと言って不平不満を口にする選手は皆無です。彼は10年南ア、14年ブラジルW杯と2大会連続で<初戦にゴールを決めた選手>です。これは<持っている選手>じゃないと達成できない。誰もが本田には一目を置き、彼の代表復帰に異論を唱える選手はいない」(六川氏)

    本田のW杯出場は「当確」。乾と岡崎は、さらなる奮起が必要なのである。

    日刊ゲンダイDIGITAL 2018年3月17日
    2018-03-20_22h41_21
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/225261
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/225261/2


    ※参考までに、「UEFAカントリー(リーグ)ランキング」で乾貴士所属のラ・リーガは現在1位、岡崎慎司所属の英プレミアリーグは2位。

    UEFAカントリー(リーグ)ランキング│UEFA.com
    http://www.uefa.com/memberassociations/uefarankings/country/index.html
    1位スペイン、2位イングランド、3位イタリア、4位ドイツ、5位フランス、
    6位ロシア、7位ポルトガル、8位ウクライナ、9位ベルギー、10位トルコ、
    11位オーストリア、12位スイス、13位チェコ、14位オランダ、15位ギリシャ、
    16位クロアチア、17位デンマーク、18位イスラエル、19位キプロス、20位ルーマニア
    21位ポーランド、22位スウェーデン、23位アゼルバイジャン、24位ブルガリア、25位セルビア


    >過去5シーズンの各国クラブの成績に基づいて算出されるUEFAカントリーランキング

    <関連記事>
    本田圭佑、アシストランク首位をキープ。FKから後期リーグ6つ目のアシスト | フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2018/03/18/post261238/

    本田圭佑、シーズン2桁得点達成! 終了間際PK弾でパチューカ劇的勝利 | フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2018/02/25/post257906/
    >本田はこれで今季リーグ戦7点目を記録。カップ戦では3ゴールを挙げており、2桁得点を達成している。

    パチューカで好調維持も 本田圭佑を冷遇するハリルの真意|日刊ゲンダイDIGITAL
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/224930
    続きを読む

    fed1a1c952d2abe89db40b670da99648

    1:風吹けば名無し:2018/03/20(火) 06:22:05.89 ID:kVAg1x6g0.net
    4大に挑戦し続けて日本人トップクラスの活躍してる選手がバカを見る
    武藤も本当にかわいそう
    2:風吹けば名無し:2018/03/20(火) 06:23:05.27 ID:zffkoCEN0.net
    言うほどみんな代表って出たいか?
    6:風吹けば名無し:2018/03/20(火) 06:24:44.77 ID:kVAg1x6g0.net
    >>2
    岡崎や香川は代表実績凄いから良いとして乾のツイートなんて見ててかわいそうだわ、選んでやって欲しい
    武藤も未来の代表の9番背負える実力ある
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/17(土) 22:55:02.75 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部リーグ・エイバルの日本代表MF乾貴士が、ベティスへの移籍騒動の影響で今節先発メンバーから外された可能性があると同国セルビアのスポーツ紙エスタディオ・デポルティボなどが17日までに報じた。

    同紙などによると、乾が契約延長しない旨を通告したことなどベティス移籍が事実上決定したとされる状況を、エイバルのメンディリバル監督が考慮した。乾は常時先発出場していたが、16日のレバンテ戦はベンチスタート。後半13分からの途中出場にとどまり、エイバルは1-2で敗戦した。

    エイバルは乾の移籍報道に不快感を見せており、ベティスへの移籍が浮上しているMFダニ・ガルシアにも同様の“制裁”が下される可能性があるとしている。

    3/17(土) 18:53配信
    2018-03-17_23h24_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000125-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/15(木) 18:58:49.02 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は15日、今月ベルギーに遠征してマリ代表(23日)、ウクライナ代表(27日)と国際親善試合を行う日本代表メンバー26人を発表した。

    チームを率いるバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は今季ポルトガルリーグで9得点7アシストと活躍しているFW中島翔哉(23=ポルティモネンセ)を初選出。FW本田圭佑(31=パチューカ)が昨年8、9月のワールドカップ(W杯)アジア最終予選以来半年ぶりとなる代表復帰を果たす一方で、MF乾貴士(29=エイバル)は招集されなかった。

    17試合連続スタメンを果たすなどコンスタントにスペイン1部リーグで試合に出場し続けている乾の招集外について指揮官は「原口、中島を彼の代わりに呼んだ」と説明。その後、乾は自身のツイッターを更新し、「代表は外れたけど、今日も楽しんで行きましょー(^^)」と笑顔の顔文字入りで前向きにつづった。

    3/15(木) 18:53配信 スポニチ 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000137-spnannex-soc

    写真 
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/15(木) 17:03:10.61 ID:CAP_USER9.net
    5日に日本代表の欧州遠征メンバー26名を発表したヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、FW乾貴士(エイバル)とFW岡崎慎司(レスター)を招集外とした理由を説明した。

    エイバルで定位置を掴んでいるにも関わらずメンバーから外れた乾については、「もちろん追跡している」と強調した上で、「得点力」を重視したことを明かした。

    「彼の代わりに(原口)元気、宇佐美(貴史)、中島(翔哉)を選びました。前線は得点を取ることが基準になる。この前の試合では宇佐美と大迫(勇也=ケルン)がゴールを決めた」

    また、「1年前に調子が良かった選手をずっと信頼し続けるのではなく、現在良い選手が入ることになる」と、現時点でのコンディションを見て判断したとコメント。一方で、「乾もまだ候補の中に入っている」と続けた。

    岡崎についても、「今回は小林(悠)、杉本(健勇)、大迫を選んだ。岡崎とは違うクオリティを持っている。より得点を奪うことができる選手だ」と、ゴールを意識した選考だと強調。「レスターでやっている岡崎の役割は日本代表とは違う。そういった意味で、このような選択をした。違う選手をトライしたということ」と、その理由を述べた。
    2018-03-15_17h13_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00729194-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ