海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:乾貴士

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 06:54:31.88 ID:CAP_USER9.net
    [9.19 リーガ・エスパニョーラ第5節 バルセロナ6-1エイバル]

    【スコア】
    バルセロナ 6-1 エイバル

    【得点者】
    1-0 21分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    2-0 38分 パウリーニョ(バルセロナ)
    3-0 53分 デニス・スアレス(バルセロナ)
    3-1 57分 セルジ・エンリク(エイバル)
    4-1 59分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    5-1 62分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    6-1 87分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11049742

    リーガ・エスパニョーラ第5節1日目が19日に開催され、MF乾貴士が所属するエイバルがバルセロナのホームに乗り込み、1-6で敗れた。昨季最終節の対戦で2得点を奪っていた乾は、フル出場を果たしたもののゴールは生まれなかった。

    前節ヘタフェ戦(○2-1)でFWウスマン・デンベレが負傷して約3か月半から4か月離脱することになったバルセロナ。エイバル戦ではFWルイス・スアレス、MFイバン・ラキティッチ、DFジョルディ・アルバらがベンチスタートとなり、MFパウリーニョが移籍後リーガ初先発を果たした他、FWジェラール・デウロフェウ、MFデニス・スアレスらがスターティングメンバーに名を連ねた。

    前半3分にいきなり決定機を創出したのはエイバルだった。乾から左サイドでボールを受けたMFダビド・フンカのスルーパスに反応したFWセルジ・エンリクが完全に抜け出したものの、右足から放ったシュートは好反応を見せたGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに阻まれてしまう。さらに同10分、右サイドから送られたクロスをファーサイドで受けた乾が右足で狙うが、これもテア・シュテーゲンにストップされた。

    すると前半20分、MFアンドレス・イニエスタとのワンツーでPA内に走り込んだDFネメソン・セメドがDFアレハンドロ・ガルベスのファウルを誘い、バルセロナがPKを獲得。これをFWリオネル・メッシがきっちり蹴り込んで、スコアを1-0とした。

    1点のビハインドを背負ったエイバルは前半28分、MFゴンサロ・エスカランテのスルーパスをPA内で受けた乾が鮮やかな反転からフィニッシュに持ち込むも、シュートはDFジェラール・ピケにブロックされてしまう。すると同38分、D・スアレスが蹴り出したCKに走り込んだパウリーニョが豪快なヘディングシュートを突き刺し、バルセロナがリードを2点差に広げた。

    2-0とバルセロナがリードしたまま後半を迎えると、同8分にバルセロナが追加点を奪取。左サイドからボールを運んだメッシのシュートはGKマルコ・ドミトロビッチにストップされたものの、こぼれ球を拾ったD・スアレスが冷静に蹴り込んでネットを揺らし、リードを3点差に広げる。だが同12分、乾のパスを受けたフンカが送った鋭いクロスに飛び込んだS・エンリクが巧みに押し込み、エイバルが1点を返した。

    しかし後半14分、MFセルジ・ブスケツのパスを受けたメッシがPA内に運ぶと、タイミングをずらした左足の優しいタッチでゴールに流し込み、バルセロナのリードは再び3点差に。同17分には乾が好機を迎えたが左足から放ったシュートはテア・シュテーゲンに阻まれると、その流れからバルセロナがカウンターを発動させ、パウリーニョとのパス交換からPA内に進入したメッシが左足でねじ込んでハットトリックを達成。
    リードは4点差に広がった。

    さらに後半42分にはDFアレイシ・ビダルとのワンツーからメッシがゴールを陥れて自身4点目、チーム6点目を記録。その後はバルセロナに追加点こそ生まれなかったものの、エイバルの反撃も許さず、6-1の快勝で開幕5連勝を飾った。

    9/20(水) 6:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-01644251-gekisaka-socc

    写真


    メッシ劇場、4ゴールと大爆発! バルサが6-1完勝、エイバル乾はゴールならず
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00010001-soccermzw-socc

    新戦力のパウリーニョ、デニスが2試合連続ゴール!さらにメッシ4ゴールを決めバルサがリーガ5連勝
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010002-sportes-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/19(火) 06:58:37.01 ID:CAP_USER9.net
    19日のリーガエスパニョーラ第5節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウにエイバルを迎える。スペイン『スポルト』はバルセロナに対し、エイバルMF乾貴士に注意するよう訴えた。

    前節ヘタフェ戦(2?1)では、MF柴崎岳のボレーシュートによって失点を許したバルセロナだが、リーガでの失点は昨季の最終節エイバル戦(4?2)以来のこととなった。

    もちろん、そのエイバル戦でバルセロナが失点を許したのは、乾だ。エイバルMFはカンプ・ノウで2得点を決め、バルセロナとの公式戦で得点を決めた史上初の日本人選手となっていた。

    ヘタフェ戦、日本人選手によって失点の感覚を思い出したバルセロナは、19日のカンプ・ノウの一戦で再び日本人選手と、今度は乾と対戦することになる。

    カタルーニャに本拠を置くスポーツ全国紙『スポルト』は、この状況を受けて次のように記している。

    「バルサは明日、エイバルの最後のカンプ・ノウ訪問で2得点を記録した日本人タカシ・イヌイと再会する。偶然はエイバルの選手が、先の土曜にゴラッソを決め、バルセロナを苦しめたガクの後に続くことを望んだ。イヌイとシバサキは、リーガでバルサのゴールを破ることができた唯一の日本人選手たちである」

    「バルセロナは日本人選手たちによる悪い流れが続かないようにするため、イヌイに対しては相当に気を配らなくてはならない。歴史的には少人数だが(リーガ史において同国籍の選手は合計で6ゴールしか決めていない)、しかしこの数カ月間は彼らが悩みの種となってしまった」

    バルセロナは乾→柴崎→乾の順で失点を喫することを食い止められるのだろうか。

    つづく

    9/19(火) 6:25配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000029-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/16(土) 21:38:52.78 ID:CAP_USER9.net
    15日のリーガエスパニョーラ第4節、エイバルは本拠地イプルーアでのレガネス戦で1−0の勝利を収めた。この試合の決勝点をアシストするなどしたMF乾貴士は、スペイン紙から絶賛されている。

    正確なクロスでDFアレハンドロ・ガルベスのゴールをお膳立てしたほか、積極的な攻撃&守備を披露した乾。スペイン『アス』の採点では、この試合単独最高点となる3点満点を付けられた。さらにMVPにあたる「クラック(名手)」にも選出されており、「後半の立ち上がりが顕著だったが、スターとしてのプレーを完遂」との評価を受けている。

    またスペイン『マルカ』の採点では、ガルベスがこの試合の単独最高となる3点満点となったが、乾は攻撃陣の中では最も高い2点の評価(ほかの攻撃陣はいずれも1点)。寸評では「後半のプレーが良く、ガルベスに素晴らしいクロスを送った」とアシストの場面が取り上げられている。

    GOAL 9/16(土) 19:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00000019-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/16(土) 05:58:41.26 ID:CAP_USER9.net
    【リーガエスパニョーラ第4節】

    【スコア】
    エイバル 1-0 レガネス

    【得点者】
    53分 1-0 ガルベス(エイバル)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11049733

    現地時間15日に行われたリーガエスパニョーラ第4節でエイバルはレガネスをホームに迎え、1-0の勝利を収めた。MF乾貴士はフル出場で、決勝ゴールをアシストしている。

    開幕戦に勝ったあと2連敗中のエイバルは、2勝1敗の好スタートを切ったレガネスと対戦した。主導権を握りたいエイバルだったが、ここまで3試合で1得点の攻撃は多くのチャンスをつくれず、0-0で折り返す。

    それでも後半に入って53分、エイバルが先制した。センターサークルでボールを奪ったガルベスが持ち上がって左へはたくと、乾が右足でクロス。そのままゴール前に入ったガルベスがニアでヘディングシュートを放ち、1-0とする。

    今シーズン初アシストという結果を残した乾は、雨の中でも活発に動き、62分には良い形でミドルシュートを放つ場面も。これは枠を外れるが、存在感を示していった。

    エイバルは終盤になってもハードに戦い抜き、1点のリードを維持。追加点は生まれなかったものの、1-0で逃げ切って、今シーズンのホーム初白星を手にした。

    9/16(土) 5:52配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170916-00231519-footballc-socc

    写真


    4戦連続先発の乾、“高精度クロス”で今季初アシスト!! エイバルは完封勝利で2勝目
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-01644117-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/02(土) 08:29:26.02 ID:CAP_USER9.net
    6大会連続のW杯出場を決めた日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が1日、さいたま市内で1日遅れの大演説だ。日本協会の田嶋幸三会長とともに会見に臨み、たった3つの質問に1時間5分も話し続けた。前夜の試合後の会見では「プライベートに大きな問題がある」と質問を受け付けず、10分足らずで一方的に退席。厳しい言葉もちりばめ、W杯への「第3章」スタートを高らかに宣言した。

    ハリルホジッチ監督が一夜明け、W杯へ本格スタートを切った。完勝し、日本を6大会連続のW杯へと導いた直後の会見は「プライベートに大きな問題がある」と質問を受け付けず、退席。10分足らずで終わったが、この日は1時間5分、一方的に話し続けた。

    冒頭の語りからハイテンションで、質問はたった3つでタイムアップ。1つの質問に20分近く話し続けた。「私は発言するときに、社交辞令ではなく、感じている、考えていることを(そのまま)言う」との自己分析通りの大演説だった。

    チーム作りで第1段階をW杯アジア2次予選、第2段階を最終予選、そして「最も厳しい、最も難しい」と語る第3段階に突入したことも宣言した。抜てきした乾を「日本のマラドーナ」と呼んでみせた。これまでは、厳しさばかりが目立ったが、ここからはアメとムチで、より強化していく。

    「今現在、本日のチーム状況ではW杯では結果を残せない。でも9カ月後は変わっているかもしれない。重要なのはけが人を出さないこと。日本のベストプレーヤーがW杯で使えれば」と厳しい言葉で、危機感をあおった。具体的な克服課題を「フィジカル。テクニックはある程度のレベル。スピードと組み合わせられるようにしたい。メンタル面も。サッカー大国へのコンプレックスをなくしたい」。こうダメ出しした。

    一方で優しい配慮もあった。前夜は選手の外出を許可。選手たちは、代表合宿中では異例のシャンパンやワインをほんの少しだけたしなみ、祝杯を挙げたというこの日も午後に1度チームを解散。夜の再集合まで半日間の自由時間を与えリフレッシュさせた。「ただのツーリストとしてロシアに行きたくはない日本でサッカーが、圧倒的なNO・1スポーツになってほしい」という壮大な目標がある。まず、5日のサウジアラビアとの最終戦(ジッダ)に集中する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-01881453-nksports-socc
    9/2(土) 7:40配信









    伝説の名実況 「マラドーナの5人抜き」 NHK山本アナ



    マラドーナ伝説の神の手
    続きを読む

    2017-08-22_07h48_34

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 07:03:27.00 ID:CAP_USER9.net
    8/22(火) 6:51配信
    [8.21 リーガ・エスパニョーラ第1節 マラガ0-1エイバル]

    リーガ・エスパニョーラ第1節4日目が21日に開催され、MF乾貴士が所属する昨季10位エイバルが昨季11位マラガのホームに乗り込んだ。試合は前半をスコアレスで折り返すも、後半12分に先制したエイバルが逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。

    エイバル在籍3年目を迎えた乾は2年連続で開幕スタメンを勝ち取り、持ち場となる4-4-2の左サイドハーフの位置に入った。前半17分にはMFホアン・ホルダンのサイドチェンジをPA内で受けると、ワンタッチで相手をかわしてグラウンダーのクロスを供給。さらに同20分にはDFホセ・アンヘルの浮き球のパスから最終ラインの裏を突いて左足で折り返すが、ともにゴール前に走り込んだFWシャルレスにはわずかに合わなかった。

    前半34分にはGKマルコ・ドミトロビッチのゴールキックをシャルレスがすらしたボールを左サイドで受けた乾が、中央に切れ込んでミドルレンジから果敢にシュートを狙うも、GKロベルトの守備範囲に飛んでしまいネットを揺らすには至らなかった。

    0-0のまま後半を迎えると、後半12分にエイバルが先制に成功する。左サイドからホセ・アンヘルが送ったクロスをシャルレスがヘディングで合わせてネットを揺らし、スコアを1-0とした。昨季、マラガに在籍したシャルレスは恩返し弾が移籍後初ゴールとなった。

    後半33分には乾に好機が訪れるが、FWキケ・ガルシアのパスをPA内で受けて放った右足のシュートはロベルトにストップされてしまい、今季初ゴールとはならず。その後もエイバルに追加点は生まれなかったものの、マラガの反撃を許さずに1-0の完封勝利を収めて白星スタートを切った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-01643226-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 08:11:10.52 ID:CAP_USER9.net
    日本代表FW久保裕也と同MF乾貴士の新シーズンの所属クラブが注目されている。

    久保は16-17シーズン前半はスイスのヤングボーイズ、後半はベルギーのゲントでプレー。公式戦23ゴールを決めるなど、大ブレークした。更なる飛躍に期待が集まる日本代表FWに興味を示しているのが、ポルトガルの名門ポルトだという。

    ポルトガルメディアの『desporto ao minuto』は、21ゴールを記録したミラン移籍が決まった“クリスティアーノ・ロナウド2世”と期待されるFWアンドレ・シウバの「理想的な後継者」と期待を寄せている。

    そしてこちらも飛躍が期待される乾には、思わぬところから興味が伝えられている。メキシコ『El Horizonte』は同国のモンテレイが乾に関心を持っていると報道。16-17シーズンの最終節となったバルセロナ戦で決めた2ゴールが、興味を持つきっかけになったと伝え、こちらも退団が決まっているコロンビア代表MFエドウィン・カルドナの後釜として期待が寄せられている。
    2017-06-24_09h04_06
    6/23(金) 22:29配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-01641170-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/23(金) 01:41:34.44 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグは22日、スペインのラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ)と戦略的連携協定を締結したと発表した。会見に出席したエイバルの日本代表MF乾貴士が、Jリーグの原博実副理事長とのトークセッションに臨んだ。

    乾はこれまでJリーグ、ドイツ・ブンデスリーガ、ラ・リーガの3カ国でプレーしてきた。フィジカルに優れたドイツに対し、スペインは「体格的には似ていますし、すごく技術もうまくて、頭が良い。すごくサッカーを分かっているところがあります」と分析。

    「やっぱり日本人選手は、技術はありますけど、頭の良さというところではまだまだ劣っているのかなと思うので、その辺を学んでいけるところが、スペインなんじゃないかな」と日本人が学べる部分は多いと話した。

    2015年夏にエイバルへ加わった乾。当時を振り返り、「驚きはすごくありましたね。ここまで(チーム全体の)レベルが高いんだとびっくりさせられました。正直に言ってエイバルのことは自分自身が知らなかったんですけど、その中でうまい選手ばかりだったので、ヘタな選手を見つける方が難しかった。初日の練習からびっくりしました」と技術レベルの高さに驚かされたという。

    また、日本とスペインの違いについては、練習から100パーセントで激しく取り組むことにあると考え、「これだけ削られても、削った選手を別に怒らないというか。削られた奴に『早く立て』という監督もなかなかいなかったので、 すごく新鮮でしたね」と振り返る。

    これに原副理事長も呼応し、「練習で激しくやろうというと、どうしても日本人の選手は引きずってしまうんですよね。海外って激しいですけど、終わったら全く普通にやっているよね。

    多分練習のメニューとかはそんなに変わらなくて、そのインテンシティの高さを普段からもっと上げれば、Jリーグももっとレベル上がるはず」と、意識改革の必要性を語った。
    2017-06-23_08h28_41
    goal. 6/22(木) 21:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000026-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ