海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:井手口陽介

    1:青木さやかの尻 ★:2017/10/07(土) 16:33:41.58 ID:CAP_USER9.net
    キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表を2-1で下した日本代表は7日、10日に控えたハイチ戦に向けて豊田スタジアムでトレーニングを行った。練習後、MF山口蛍(セレッソ大阪)が今後の展望を語った。

    NZ戦では井手口陽介とコンビを組んだ山口は、「特に意識することはないですけど、バランス見ながら、必ず1人は残るっていうのは意識してました」と、井手口とのコンビネーションを振り返る。「2人ともやっぱり前に取りに行けるし、そこはよかったと思うし、あとはそういうカバーとか、ポジショニングとか、そういうのは少し時間かければもっとよくなると思います」と自信を見せた。

    W杯本番に向けての過ごし方については「やっぱりコンディションが一番大事だと思う。上手く整えながら、選ばれれば毎回自分の持ってるものを出すだけ」とコンディションを重要な部分として挙げた。

    10日に日産スタジアムでハイチと対戦する日本代表は、11月には欧州遠征を控えている。「ブラジルとかベルギー相手にどれだけできるかっていうのも、楽しみたい」と話す山口だが、「次もメンバー変わるかもしれないし、自分が選ばれる保証もないかもしれない」と代表に残り続ける保証はないと気を引き締める。

    11月にブラジル、ベルギーとの対戦する日本代表。強豪相手にどう戦うかを問われた山口は「まあ局面局面やっぱり個と個の対決だと思うんで、そこにはせめて負けないくらいまで力をつけて、あとは組織的にやればうまくいくと思う」と持論を展開。

    「いい時がずっと続くわけでもないと思うし、毎試合課題は出ると思うんで、それを次の試合に生かせればOKと思う」と前向きに今後について語っている。
    2017-10-07_17h46_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000012-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/04(水) 06:13:38.19 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・日本代表合宿(3日、愛知・豊田市内)サッカーのベルギー1部リーグ、シントトロイデンが日本代表MF井手口陽介(21)=G大阪=を調査していることが3日、分かった。

    イングランド1部(2部相当)のリーズからも獲得オファーが届いており、日本代表で存在感を増す若武者の評価は世界レベルで急上昇中。

    早ければ今冬の移籍市場で海外挑戦が決まるが、その決断に注目が集まる。

    海外組も合流して、メンバー全員がそろった愛知県内で行われているサッカーの日本代表合宿。井手口も仲間とともに汗を流した。今年、A代表デビューしたばかりながら、今やハリル・ジャパンの欠かせないピースとなった21歳に、海外からまた熱視線が注がれていることが分かった。

    関係者の話を総合すると、ベルギー1部リーグのシントトロイデンが調査を進めており、近日中にも獲得オファーを出す可能性もあるという。

    過去には1965-66年シーズンに準優勝しているが、近年は1、2部を行き来しており、2015年に1部に昇格。同国代表GKミニョレらが所属していた中堅チームだ。日本人選手では、FW小野裕二(鳥栖)が15-16年シーズンに所属したことがある。

    日本との関係が深く、日本協会の前強化委員長、霜田正浩氏(50)が現在、コーチを務めている。さらに日本のサービス大手、DMMグループが株式を取得して経営に参画しつつある。ベルギーはオーストリアと並び欧州では外国人枠のない国でもあり、移籍しやすいといえる。

    8月31日のアジア最終予選・豪州戦(埼玉)でゴールを決めるなど、日本のロシアW杯本大会出場に貢献。評価は急上昇中でイングランド1部のリーズからも獲得オファーが届いているが、同国は労働ビザの発給条件が厳しく、今冬に契約してもすぐにプレーできない見通し。ビザが出るまで期限付で移籍するかG大阪でプレーを続けなければならないとみられる。

    シントトロイデンは決して強豪クラブではないが、FW久保裕也が同じベルギー1部のヘントで活躍して日本代表での地位を確立しつつあることを考えれば、修行の場としては申し分ない。

    来年のロシアW杯本大会への参戦の可能性が限りなく高い若武者は、自身をレベルアップさせるためにどこを選ぶのか。今後の動向に注目だ。

    ★ベルギーのサッカー事情

    現在のFIFAランキングは5位(日本は40位)。代表はW杯で第1回大会から出場している古豪で、最高成績はMFシーフォらを擁した1986年メキシコ大会の4位。2002年日韓大会後は不振に陥ったが、国を挙げての育成改革で復活。15年にはFIFAランク1位にもなった。現在の主力はFWルカク(マンチェスターU)、MFのE・アザール(チェルシー)、MFデブルイネ(マンチェスターC)らで、欧州の主要クラブで活躍する選手がほとんど。

    ★この日の練習

    午後5時過ぎから始まった練習には、前夜に帰国したMF香川やFW久保、この日帰国したFW大迫ら残りの海外組全員が合流。途中、FW原口が左もも裏に張りを訴え、別メニューとなった。練習は大半が非公開で、ジョギングやミニゲームなどで調整した。

    シントトロイデン
    1924年に創設。1部リーグでの優勝はなく、1965-66年シーズンの2位が最高。2部では4度優勝している中堅チーム。過去にはベルギー代表GKミニョレ(現リバプール)らが所属した。今季は5勝1分け3敗の5位。本拠地はスターイエン。監督はJ・デレック。

    井手口 陽介(いでぐち・ようすけ)
    MF。1996(平成8)年8月23日生まれ、21歳。福岡市出身。小学校時代は福岡の中央FC、ストリートSC、油山カメリアーズに所属。中学進学時に大阪に引っ越してG大阪ジュニアユースへ。G大阪ユースから昇格し、2014年にプロ契約。16年9月17日の名古屋戦でJ1初得点。16年リオ五輪代表メンバー。17年6月のキリンチャレンジ杯シリア戦でA代表デビュー。J1今季24試合4得点。代表通算4試合1得点。1メートル71、71キロ。

    2017.10.4 05:02 サンケイスポーツ
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20171004/jpn17100404000002-n1.html

    写真
    2017-10-04_07h58_48

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/19(火) 19:27:36.20 ID:CAP_USER9.net
    ハリルジャパン期待の有望株の行く末は――。日本代表MF井手口陽介(21=G大阪)が、イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)のリーズからオファーを受けて注目を集めている。

    早ければ今冬にも移籍が成立する見込みだが、労働許可証の問題もあり他クラブへ即レンタルされる可能性も浮上。だが、リーズが持つ“ネットワーク”に一抹の不安もあるだけに、日本代表にとっても悩ましい問題となりそうだ。

    6大会連続のW杯出場を決めた8月31日のオーストラリア戦で試合を決定づけるゴールを奪い、一躍脚光を浴びている井手口。ハリルジャパンの新星として欧州にもその名をとどろかせ、リーズから正式オファーが届いた。

    現在は2部のリーズだが、かつてはプレミアリーグと呼ばれる前の時代を含め、1部で3度のリーグ優勝を誇る名門。近年は世界各国から有望な若手を補強し、7月には元日本代表の藤田俊哉氏(45)がアジア圏の補強担当者として契約するなど日本との関わりを強めている。

    そこで急成長を遂げる井手口に白羽の矢が立ったわけだが、冬にリーズへの移籍が決まってもそのままクラブにとどまれるかは微妙な状況だ。

    イングランドでプレーするには労働許可証が必要となるが、発行において日本選手の場合だと、過去2年間の代表の国際Aマッチに75%以上出場などの条件がある。特例措置もあるとはいえ、現在20%の井手口にとってハードルが高いことは間違いない。

    欧州サッカー事情に詳しい関係者は「おそらく労働許可証は下りないのではないか。そうなるとFW浅野(拓磨=22、シュツットガルト)のようにレンタルされるだろうが、どこに行くかはクラブのコネクションによる。今のリーズがどこまで井手口に合う場所を選べるか…」と話す。

    昨年同じイングランドでプレミアリーグの名門アーセナルに入団した浅野も労働許可証を取得できず、当時ドイツ2部のシュツットガルトに期限付き移籍。かつてはFW宮市亮(24=ザンクトパウリ)も同じパターンでオランダ1部フェイエノールトへ渡った。

    アーセナルの場合は欧州屈指の強豪で各国クラブに強力なパイプがあり、レンタル移籍の選択肢も幅が広いため、選手が難色を示すようなこともなかった。

    しかしリーズは“2部暮らし”が長く、現在の強化体制に不安を指摘する声もある。アジアから来た未知数の若手に対して、魅力的なレンタル先を探せるかについては疑問が残る。

    バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は「クラブでの出場機会」を最重要視している。Jで順調に力を伸ばしてきた井手口だが、実際にプレーする新天地がどこになるかが今後の成長のカギとなりそうだ。

    9/19(火) 16:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000029-tospoweb-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/12(火) 08:27:54.23 ID:CAP_USER9.net
    英国クラブへ移籍する際、常に立ちはだかる大きなハードル。

    イングランドの実質2部であるフットボール・リーグ・チャンピオンシップ(FLC)。開幕4節を終えて首位に立つ古豪、リーズ・ユナイテッドが獲得に乗り出したとされるのが、ガンバ大阪のMF井手口陽介だ。
       
    クラブのスポーツディレクターであるヴィクター・オーラ氏が先日、「アジアでのビッグなサプライズ移籍が成立間近だ」と語り、8月下旬にイタリア人オーナーのアンドレア・ラドリッツァーニ氏が訪日したとの情報も。にわかに信憑性が高まっている。
     
    そんななか、地元ヨークシャーの『Yorkshire Evening Post』紙が言及したのは、ワーク・パーミット(労働許可証)についてだ。英国クラブへ移籍する選手にとって、常に大きなハードルとなっている。
     
    FIFAランキングが現在44位で、過去2年の平均順位が31~50位である日本の場合、代表選手は同じく過去2年における公式戦の75%以上に出場していなければならない。日本代表の対象は20試合で、井手口は4試合の出場(20%)だ。あとは高額移籍金が基準額(1000万ポンド=約13億円)を超えるケースや、高額年俸で高額納税が見込める選手などにも発給され、クラブがその価値を英国政府に対して保証すれば、特例が下る場合もある。つまり、かならずしもひとつのルールに縛られてはいない。
     
    とはいえ同紙は、冬の移籍でのパーミット取得は厳しいだろうと見ている。
     
    「やはりナショナルチームでの実績が乏しい。現状では難しいだろう。アーセナルのタクマ・アサノが(シュツットガルトに)貸し出されたように、日本人ミッドフィルダーも欧州の他のリーグで研鑽を積むことになるだろうか」
     
    リーズはこの夏、ユベントスから24歳のモロッコ代表ボランチ、アシム・ブーイを獲得。期待の新戦力だが労働許可証が発給されず、同選手はスペイン2部のクルトゥラル・レオネサへシーズンローンで移籍した。
     
    はたして、ガンバの至宝を巡るストーリーはどんな結末を迎えるのだろうか。

    9/12(火) 5:52配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170912-00029883-sdigestw-socc

    写真


    【サッカー】<リーズ地元紙から新事実!> 井手口陽介を獲得すべく、イタリア人オーナーが来日していた!?
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505118731/
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/11(月) 05:13:56.10 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表MF井手口陽介(21)=G大阪=の獲得を目指し、イングランド1部(2部相当)リーズ・ユナイテッドがオファーを出していることが10日、分かった。同リーグ関係者によると、G大阪との契約解除に必要な違約金1億円(推定)を払う考えで、井手口も海外移籍に前向きなことから、早ければ今冬の移籍市場で契約が成立する可能性が高い。オーストラリア戦(8月31日・埼玉)で貴重な追加点を挙げ、ハリル・ジャパンをロシアW杯出場に導いた若き主力が海を渡る。

    イングランド関係者によると、リーズ・ユナイテッドは今夏の移籍市場でもMF井手口の獲得を目指したが、Jリーグのシーズン中だったことや、移籍可能期限の問題などで契約には至らなかったという。その後も調査を続ける中で、ハリル・ジャパンで中盤の主力として定着しつつある「原石」への評価は高くなる一方。今冬の獲得を見据えてオファーを出した。

    井手口はG大阪との契約を来季以降も残しているが、リーズは契約解除に必要な違約金約1億円(推定)を払う考え。獲得への本気度がうかがえる。また、井手口もすでに海外移籍に備え、英会話の勉強を開始。G大阪でチームメートだったFW堂安律(19)が今年6月、オランダ1部フローニンゲンに移籍が決まった際に「タイミングが合えば。しっかり挑戦したい」と前向きな姿勢を示しており、契約がまとまる可能性は高い。

    リーズは1919年に創設された歴史あるクラブ。イングランドのトップリーグがプレミアリーグに移る前年の91~92年シーズンに優勝を果たした。03~04年シーズンにプレミアリーグから降格後は2部、3部相当のリーグで戦う。今夏から元日本代表MFの藤田俊哉氏(45)=写真=が選手編成などを担当する強化部のスタッフとして在籍していることは、井手口にとってもプラス材料だ。
    2017-09-11_07h35_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170911-00000037-sph-socc
    9/11(月) 5:02配信
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/04(月) 11:09:37.66 ID:CAP_USER9.net
    8月31日のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(2-0)で決めた衝撃的なミドルシュートをきっかけに、元日本代表MFの中田英寿氏に似ているとの評判が広がっている日本代表MF井手口陽介(G大阪)だが、G大阪ジュニアユース時代から周囲に「似ている」と言われてきたという。

    「結構前から言われることが多かったです。ジュニアユースのときにずっと言われて、最近もよく言われます」

    中田氏は97年に20歳で国際Aマッチにデビュー。W杯は98年フランス大会から3大会連続で出場し、06年のドイツW杯を最後に電撃的に現役を引退した。中田氏の代表デビューから20年後の17年。同じく20歳で日本代表デビューを飾ったのが井手口だ。顔立ちはもちろんのこと、豊富な運動量とボール奪取のセンス、奪ってからの展開力やパンチの効いたミドルシュートなど、共通項は確かに多い。

    とはいえ、井手口自身は「意識したことはない。(中田氏の)プレーも全然分からないので」と素っ気ない。今は自身の目の前に広がる未来をどう切り開いていくかに気持ちを集中させている様子だ。

    21歳で迎えるW杯まであと9か月だが、「今のままでは絶対に(W杯メンバー入りは)無理だと思う」と、自分自身に足りない部分も認識している。それは、攻守の切り替えをさらに磨くことと、つなぎのパスでミスをゼロにすること。そのうえで機を見た攻撃参加でアピールしていくことが必要だと考えている。

    「代表ではある程度は遠慮なくできるようになってきた。次は守備でも攻撃でもしっかり貢献できるようになっていきたい」。ジッダ入りから2日目のトレーニングではステップからのダッシュで人一倍のアジリティーを見せるなど、勢いを感じさせた井手口。まずは5日のサウジアラビア戦でしっかりアピールし、自身にとって最初のW杯となるロシア大会に向けて実力を蓄えていきたいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-01643702-gekisaka-socc
    9/4(月) 5:17配信









    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/31(木) 21:48:25.33 ID:CAP_USER9.net
    2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 第9戦が31日に行われ、日本代表は埼玉スタジアム2002でグループB3位のオーストラリア代表と対戦した。日本は浅野拓磨、井手口陽介のゴールで2−0で豪州を下し、ロシア・ワールドカップへの出場権を獲得。6大会連続で、本大会への切符を勝ち取った。

    試合後のフラッシュインタビューで、井手口は以下のように語った。

    「(ゴールのシーンは)枠に入ればいいかなと思ったんですけど、そのまま入って良かったです」

    「こういう大舞台で監督に使ってもらえたので、自分が結果を残すという気持ちで試合に臨んだので、それがつながったと思います」

    「(抜群の運動量は)たまたまっす(笑)」

    「ワールドカップまでまだ時間があるので、選ばれるように頑張っていきたいです。次もアウェーで勝てるように頑張ります」
    2017-08-31_22h16_06
    8/31(木) 21:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000027-goal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/14(土) 17:15:08.23 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグでプレーする若手日本人選手に海外も注目しているようだ。英『アウトサイド・オブ・ザ・ブート』が2016年のJリーグで活躍した22歳以下の選手の中から、将来有望なトップ5を選定している。

    同メディアは「2016年Jリーグの若手選手トップ5」と題した記事で「“キングカズ”こと三浦知良や中田英寿をはじめ、本田圭佑、香川真司、2015年にベストヤングプレーヤー賞を受賞した浅野拓磨など、Jリーグは優れた選手を輩出してきた実績がある」と前置きし、22歳以下の有望な日本人選手をランキング形式で紹介した。

    5位に選ばれたのは浦和MF関根貴大(21)。左サイドでもプレーできる右利きの優秀なウインガーと説明され、若くしてJリーグで豊富な出場経験を持ちながら夏のリオデジャネイロ五輪のメンバーから落選したエピソードなどにも触れられている。

    4位には柏DF中谷進之介(20)がランクインした。リオ五輪のバックアップメンバーにも選出された同選手は、2016年の公式戦で欠場したのは6試合のみで、主力センターバックとして12試合のクリーンシートに貢献したと紹介されている。

    3位には、クラブW杯での活躍も記憶に新しい鹿島FW鈴木優磨(20)が選定された。2016年は途中出場を中心にリーグ戦31試合で8得点を記録した鈴木は、J1優勝が懸かったチャンピオンシップ第2戦の浦和戦(2-1)で、FW金崎の決勝ゴールにつながるPKを獲得。同メディアでは「マルチな才能を持つ鈴木は、石井監督のゲームプランに不可欠な存在となっていた」と、その切り札としての勝負強さを高く評価した。

    2位にランクインしたのは、リオ五輪にも出場した柏GK中村航輔(21)。Jリーグでは「シーズン終盤にいくつかミスがあった」と指摘も受けたが、「21歳のシュートストッパーは、32試合の出場で13度のクリーンシートを達成するなど36失点に抑え、柏の年間8位に貢献した」と伝えられた。また、年齢に似合わない堂々としたプレーぶりや最終ラインの背後をカバーする能力、優れた反射神経などを踏まえ、ドイツ代表のGKノイアーにも例えられている。

    そして1位に輝いたのは、2016年のベストヤングプレーヤー賞に選出されたG大阪MF井手口陽介(20)だった。ルヴァン杯のニューヒーロー賞も受賞していた井手口は、02年のDF坪井(当時浦和所属)以来、14年ぶり3回目となる“ダブル受賞”を達成。代表では昨年夏のリオ五輪に出場したほか、同11月にはロシアW杯最終予選を戦う日本代表に初招集された。同メディアでも「大きな進歩を遂げた」と評されている。

    また、最後に井手口に対し、「2015年のベストヤングプレーヤー賞を受賞した浅野のように、この才能あふれる20歳が欧州のトップクラブへと渡るのに時間はかからないだろう」と海外での活躍にお墨付きを与えた。
    news_slider_207806_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-01635867-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/20(火) 19:36:02.41 ID:CAP_USER9.net
    「Jリーグ・アウオーズ」(20日、横浜アリーナ)

    ベストヤングプレーヤー賞を受賞した井手口陽介(20)=G大阪=に、元同僚の宇佐美貴史(24)=アウクスブルク=から祝福のビデオメッセージが送られた。同賞の受賞は7日に発表されている。

    宇佐美は「井手口選手、ヤングプレーヤー賞の受賞、おめでとうございます。ガンバから夏に移籍してからガンバの試合は見させていただいていました。井手口選手の存在感も日増しに増していっていたことを映像を通してでも感じることができましたし、ガンバにとってかけがえのない存在になっているなと試合を見ながら思いました」とやや格式張った感じで祝福した。

    ただ、後半は井手口選手から「陽介」に呼び方を変え、思い出を披露した。「2年前のキャンプの時にアフター気味に削られて、危ないやろクソガキと言ってしまったことがあります。この場を借りて謝罪をしたいと思います」と過激発言を謝罪した。

    「日々、努力をして日の丸を背負い共に戦えることを夢見て頑張ります」と締めくくった宇佐美に対して、緊張気味の井手口は、言葉に詰まりながらも「サッカー以外の生活もお手本となる選手だったので、一刻も早くおいついて、追い越せるように頑張りたい」と語った。
    2016-12-20_23h23_45
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000089-dal-socc
    続きを読む

    20161029-01730654-nksports-000-2-view

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/29(土) 20:17:12.57 ID:CAP_USER9.net
    ◆明治安田生命Jリーグ J1第2ステージ第16節 G大阪3―1新潟(29日・市立吹田サッカースタジアム)

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が29日、市立吹田サッカースタジアムでG大阪―新潟戦を視察した。試合後にスタジアムを後にする際には「井手口も長い間追跡してきた。やはりクオリティーがあるのは確認できた。得点も取りそうだったし、かなりいい仕事をしていた」と話した。

    ハリルホジッチ監督は11月の親善試合・オマーン戦(11日・カシマ)、ロシアW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦(15日・埼玉)に向け、新たな選手を探している。G大阪のMF井手口陽介(20)は注目している選手の一人だ。井手口はこの日は後半38分にミドルシュートが左ポストを直撃。後半ロスタイム8分には右足シュートを放ち、FW呉屋のゴールに絡むシーンなどを見せた。親善試合でテストをすることなども予想され、日の丸をつける可能性は十分だ。

    また、G大阪の対戦相手の新潟についても、「かなり我慢しながら、攻めていたが、かなり良かったと思う」と話し、会場を後にした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000148-sph-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ