海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:井手口陽介

    1: Egg ★ 2019/06/19(水) 09:22:14.55
    リーズ・ユナイテッドからのレンタルでグロイター・フュルトに所属するMF井手口陽介に対して、古巣のガンバ大阪が獲得に動いているとの報道に、現地のファンがSNSで反応している。イギリス『Football League World』が伝えた。

    2018年1月にG大阪から4年半契約でイングランド2部のリーズに渡った井手口だが、すぐさま半年の期限付きで当時スペイン2部のクルトゥラル・レオネサに送り出されると、2018-19シーズンはドイツ2部のフュルトにレンタル移籍。レオネサでは5試合の出場に終わり、フュルトでは右ひざ十字じん帯など重傷を負い、7試合の出場にとどまった。

    フュルトは来季に向けた獲得に動くも、リーズはマルセロ・ビエルザ監督の構想に含まれていない同選手に対して一定の移籍金での売却を求めていることで交渉は難航。そんななか、G大阪が井手口の再獲得に向けて、本格的に動き出したとの報道が浮上し、『ヨークシャー・イーブニング・ポスト』など現地メディアでも古巣への復帰が濃厚との見方が伝えられている。

    しかし、リーズ周囲からは井手口の扱いに頭を傾げる声も上がっているようだ。「多くのリーズファンは22歳の彼の扱いにがっかりしている」と伝える『Football League World』は、「彼には同情するべき。僕たち(リーズ)が彼のキャリアを停滞させた」、「クラブは彼のことを完全に見捨てた」、「残念。チャンスすら与えられなかった」など報道に対するツイッター上の反応を紹介した。

    また、ツイートのなかには「ヴイクトール・オルタがまたも失敗した」とフットボール・ディレクターの補強政策に疑問符を投げかけつつ、「彼(井手口)に本当に同情する。文化の違いによるチャレンジが十分に大きかったはずなのに、負傷と能力の不足が彼の欧州での日々を悪夢にさせた」などと指摘するファンも。「ずっとチャンスが与えられ、うまくやってくれることを願っていた。でもマルセロ・ビエルサが関心を持たないのなら、放出して資金を利用可能にするべき。でも彼(井手口)が自身のフットボールを取り戻せることを祈る」と売却の必要性を指摘する意見も寄せられた

    6/19(水) 8:01配信
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00010008-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/17(月) 05:41:40.33
    G大阪がイングランド2部リーズからドイツ2部フュルトに期限付き移籍しているMF井手口陽介(22)に正式オファーを出したことが16日、分かった。

    すでに完全移籍に向けた違約金を提示しており、クラブ間合意まで秒読み段階。あとは本人の決断に委ねられることになる。

    井手口は18年1月にG大阪からリーズに完全移籍。そのまま期限付き移籍したスペイン3部レオネサでは半シーズンで出場5試合にとどまり、W杯ロシア大会出場も逃した。

    18~19年に所属したフュルトでは右膝後十字じん帯断裂で長期離脱。7試合1得点に終わった。

    海外で不本意な戦いが続く井手口は来季も海外リーグを希望している。G大阪も本人の意向を理解。だが現在チームは大幅な若返りを図っている。

    豊富な運動量に対人の強さ、強烈なミドルシュートを持つダイナモは再び黄金期をつくる人材として不可欠と判断。オファーに踏み切った。

    また復帰を望んでいるFW宇佐美貴史(27=デュッセルドルフ)との下交渉も順調に進んでいる。ともにクラブの下部組織出身。2人の至宝が復帰するのか注目が集まる。
    20190616s00002179536000p_view
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/06/17/kiji/20190616s00002179539000c.html
    2019年6月17日 05:30

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/26(日) 07:08:09.92
    今季、ドイツ2部フュルトでプレーした元日本代表MF井手口陽介(22)が25日、来季も欧州でのプレーを熱望した。古巣のG大阪クラブハウスを訪れ「まだ向こう(欧州)でやりたい」と話した。

    今季は保有権を持つイングランド2部のリーズからフュルトに期限付き移籍したが、右膝の負傷に苦しんで8試合1得点。来季については「まだ全然決まっていない。希望? できるだけレベルの高いところ」と欧州で自らを磨く考えを示した。
    2019-05-26_09h20_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000294-sph-socc
    5/26(日) 6:09配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/17(金) 09:18:30.15
    ブンデスリーガ2部グロイター・フュルトはレンタルで加わっている日本代表MF井手口陽介を残せないようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えた。

    昨夏にリーズ・ユナイテッドから1シーズンの期限付きでフュルトに渡った井手口だが、昨年9月の第5節ホルシュタイン・キール戦でデビューを果たすと、いきなりゴールをマーク。しかし、フュルトでの4試合目となったディナモ・ドレスデン戦で右ひざ後十字じん帯断裂の重傷を負うと、1月には半月板を損傷し、トップでの公式戦復帰は今月6日に行われた第32節ケルン戦となってしまった。

    それでもフュルトは22歳のMFに引き続き期待を寄せていた。リーズとのレンタル契約において買い取りオプションを確保した同クラブだが、先日にはラシード・アズージGM(ゼネラルマネジャー)は移籍金の引き下げに向けて交渉に入っていたとのこと。『フュルター・ナハリヒテン』に対し「彼は我々にうちのチームではほかの誰にもないものを与えてくれる」と井手口への高い評価を口にしていた。

    しかし、どうやらクラブ間の交渉はまとまらずに終わってしまったようだ。『キッカー』の新たな報道によると、「ヨウスケ・イデグチはシーズン終了後にグロイター・フュルトを去ることになるだろう」とレンタル終了後の退団が決定的だという。またフュルトにとって、買い取りオプションを行使するにあたって発生する移籍金は「高すぎた」とも伝えられている。

    なおリーズとは2022年までの契約を結んでいる井手口だが、EU圏外の選手としてイギリスでの労働許可を得るためには過去2年に渡ってA代表の国際公式戦で75%以上の出場が必要。その条件を満たしていないため、来季もまた国外に送り出されることになると見られる。
    2019-05-17_09h59_53
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00010004-goal-socc
    5/17(金) 7:02配信

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/05/07(火) 12:19:42.65
    長期離脱していたグロイター・フュルトのMF井手口陽介が、218日ぶりに公式戦復帰を果たした。

    昨年9月30日のブンデスリーガ2部第8節ディナモ・ドレスデン戦で負傷交代し、右膝後十字靭帯断裂で離脱していた井手口。4月14日の第29節ボーフム戦でベンチ入りを果たすも、ここまで出番はなかった。

    6日に行われた第31節ケルン戦でもベンチスタートとなったが、後半開始から途中出場。ついに復帰を果たした。クラブ公式ツイッター(@kleeblattfuerth)は「あれから7か月、井手口が帰ってきた!陽介おかえり」とツイートした。

    なお、試合はケルンが4-0で完封勝利。2部優勝と来季の1部昇格を決めている。
    2019-05-07_13h16_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-43466727-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/07(日) 20:33:55.62
    ドイツ2部のグロイター・フュルトに所属するMF井手口陽介は、現地時間6日に行われたセカンドチームの試合に先発出場したが、前半27分で退場処分を受けてしまった。クラブ公式サイトが伝えている。

    井手口はイングランド2部のリーズ・ユナイテッドからのレンタルで今季グロイター・フュルトに加入。

    トップチームでリーグ序盤戦の4試合に出場して1ゴールを記録していたが、昨年9月30日のディナモ・ドレスデン戦で右ひざ後十字じん帯断裂の重傷を負い、長期の戦線離脱を余儀なくされた。

    復帰を目指していた今年1月には新たに半月板を損傷し、さらに離脱が長引くことになった。だが6日にはU-23チームにあたるグロイター・フュルトIIでレギオナルリーガ(4部相当)の公式戦に先発出場。

    半年ぶりの実戦に臨み、本格復帰への一歩を踏み出した。

    クラブ公式サイトは、試合序盤には井手口のシュートが相手GKを脅かす場面もあったと伝えている。

    だが早い時間で2枚のイエローカードを受けてしまい、前半27分で退場処分。数的不利に陥ったG・フュルトは0-2の敗戦を喫する結果に終わった。

    4/7(日) 19:52配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190407-00316800-footballc-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/01/10(木) 16:47:15.56
    【ケルン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ2部リーグ、フュルトは9日、所属する元日本代表MF井手口陽介が半月板損傷のため長期離脱すると発表した。完治までの期間は不明だが、専門誌キッカーは10日付で「今季絶望」と報じた。

    井手口は昨年9月30日のリーグ戦で右膝後十字靱帯を断裂し、復帰へのリハビリ中に新たなけがを負ったという。クラブは「日本代表チームの医師団と相談の上、治療法を決める」とした。

    井手口は昨年1月にJ1のG大阪からイングランド2部のリーズに移籍。フュルトには8月に今季終了までの期限付きで加入し、9月15日のデビュー戦で得点した。
    2019-01-10_17h21_07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000137-kyodonews-socc

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/03(水) 06:38:12.19 ID:CAP_USER9.net
    グロイター・フュルトのMF井手口陽介が膝十字靭帯を損傷して長期離脱を余儀なくされることが分かった。ドイツ『キッカー』などが伝えた。

    9月30日のドレスデン戦に先発で出場した井手口だが、相手選手と接触して29分に右膝を負傷。その後プレー不可能となり、交代してピッチから去った。そして2日午後、クラブは同選手の診断結果を公表し、右膝の後十字靭帯断裂を負ったことを明らかにした。

    「我々みんながヨウスケのことを思っている。
    彼が重度のケガにより離脱することは残念で、彼がベストの状態に戻れるようにサポートしていく。彼の幸運を祈っている」

    2018年1月にガンバ大阪からリーズ・ユナイテッドに加入した井手口は、直後に当時スペイン2部のクルトゥラル・レオネサにローンで加入。今夏にリーズに復帰するも、8月からドイツ2部のグロイター・フュルトに1年間の期限付きで活躍の場を移した。

    デビュー戦でいきなりゴールを挙げるなどドイツでの活躍を期待された中での長期離脱は、グロイター・フュルトのみならず、リーズや日本代表にとっても大きな痛手になりそうだ。
    2018-10-03_07h29_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000034-goal-socc
    10/3(水) 6:21配信
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/10/01(月) 10:13:58.09 ID:CAP_USER9.net
    [9.30 ブンデスリーガ2部第8節 ディナモ・ドレスデン0-1グロイター・フュルト]

    ブンデスリーガ2部は30日、第8節を行い、MF井手口陽介の所属するグロイター・フュルトは敵地でディナモ・ドレスデンと対戦し、1-0で勝利した。井手口はボランチの一角で2試合ぶりに先発に復帰したが、負傷交代となった。

    スコアレスで迎えた前半30分、スライディングでボールをカットしようとした井手口は相手との接触で右膝を痛め、途中交代を余儀なくされた。試合はFWダニエル・ケイタ・ルエルが後半40分に決勝ゴールを挙げ、G・フュルトが1-0で勝利。3試合ぶりに白星を挙げた。

    クラブ公式ツイッター(@kleeblattfuerth)は「早く良くなってね、グッチー!」とメッセージを送っている。
    2018-10-01_10h52_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-02238582-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/18(火) 15:46:29.61 ID:CAP_USER9.net
    リーズ・ユナイテッドがローンで放出した井手口陽介の契約に買取オプションを付帯したことを後悔しているようだ。イギリス『HITC』が報じた。

    2018年1月にリーズに加入した井手口は、即座に当時スペイン2部のクルトゥラル・レオネサにローンで移籍。しかし、十分なプレー時間を得られず、ワールドカップの日本代表メンバーからも落選した。

    そして、今夏にリーズに同選手は復帰するが、8月に再びローンで放出され、ドイツ2部のグロイター・フュルトに活躍の場を移す。

    すると、15日に行われたホルシュタイン・キール戦で新天地デビューを飾った井手口はゴールを挙げる活躍を見せ、4-1の勝利に貢献。これを受け、同メディアは買取オプションを付帯した契約で日本代表MFをローンでグロイター・フュルトに送ったリーズのクラブ内でこの決断を悔いる空気が漂っていると伝えた。

    リーズに加入する前の井手口を「アジアの中で最もポテンシャルがある1人」とする同メディアのジョーダン・ハリス記者は「ドイツでのチャンスをものにすれば、キャリアが再び軌道に乗る可能性がある。イングランドでは十分なチャンスすら与えられなかった彼がこの活躍を続ける限り、グロイター・フュルトがオプション行使について議論することは当然のことだ」と綴った。

    また、現在チャンピオンシップ(英2部)で首位を走るリーズの中盤で好調を続けるマテウシュ・クリヒは、昨シーズンの停滞から驚きの復調を遂げた。そのため、同記者は「若手の井手口がここに残っていてもこのようなチャンスがあったかもしれない」と残留させることも1つの手段だったと考えているようだ。

    そして、最後に「ドイツで成長した同選手が来夏にリーズに復帰する可能性はある。しかし、デビュー戦の活躍は買取オプションを契約の中に盛り込んだリーズの移籍市場での失敗になりかねないことを意味する」とリーズが自分たちの決断を後悔する可能性が高いとした。

    9/18(火) 12:45 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000004-goal-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ