海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:内田篤人

    1: 久太郎 ★ 2020/09/30(水) 15:24:52.29 _USER9
    スポーツ専門定額制動画配信サービス『DAZN』は30日、先月現役を引退した元日本代表DF内田篤人氏の初冠番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」を10月1日からレギュラー配信することを発表した。

    「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」は海外日本人選手のプレーを内田氏独自の視点で解説する番組。内田氏自らが、海外選手のプレーを選び、解説を加えていくという。


    さらに、内田氏と親交がある現役海外日本人選手とオンラインで退団し、裏話を届ける「Astuto ×(かける)」 も今後配信予定。内田氏は自身の初冠番組を配信するに当たって以下のようにコメントしている。

    「この度、DAZNと一緒に番組をやらせて頂くことになりました。生まれて初めての内田の冠番組です!僕が経験してきたことを番組を通して届けることで少しでも日本サッカーへの恩返しが出来れば嬉しく思います。DAZNで今までJリーグを中心に応援頂いていた方々にも海外サッカーに触れて頂き、また違った視点でサッカーを見ることでよりJリーグも楽しむことが出来るのではないかと思っています。かつての仲間たちにもビシバシ言っていきます!将来プロサッカー選手を目指す子供達にも観てもらえる番組にしたいと思っていますので是非親子でも見てください」

    初回配信日は10月1日。以降毎週木曜日に配信予定。内田氏の他には、DAZN実況でおなじみ野村明弘氏が出演。また、サッカー好きで知られる日向坂46の影山優佳氏が特別ゲストとして出演する。
    2020-09-30_21h49_05
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3b14aab6230ba545dd31b6c594e0db589ba12a48

    続きを読む

    1: 少考さん ★ 2020/09/20(日) 12:32:07.77 _USER9
    2020-09-20_15h30_07
    『ぬるい』って言ったら…内田篤人氏がぶっちゃけた「日本と世界の差は広がっている」発言の真意 「ワイドナショー」で前園氏から直撃:中日スポーツ・東京中日スポーツ
    https://www.chunichi.co.jp/article/124068

    2020年9月20日 11時43分

    元日本代表DFで8月20日に現役引退を発表した元鹿島の内田篤人氏(32)が20日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演。同番組にレギュラー出演する元日本代表FWでサッカー解説者の前園真聖氏(46)から独占直撃された。

    内田氏は引退会見で周囲を驚かせた「日本と世界の差は広がっている」という発言に関してその真意に言及。「引退したんで、そのJリーグがどうとか、世界がどうとか言われても僕、関係ないし、言っちゃおうと思って」と笑みを浮かべて前置きすると、こう言葉を続けた。

    「日本のサッカーですごくグッと上がったと思うんですけど、世界のサッカーもグーンと上がっているなというイメージです」。右膝の故障と戦いながら、ドイツの強豪シャルケで右サイドバックのレギュラーとして奮闘した内田氏。「ドイツって部活ないんですよ。クラブチームができていて、その中で寄せ集めのいい選手が集まって、どんどん削られてって。競争率が高いんですよ。日本だと、なんなら月謝払ってサッカー行ってるんで、クビにされることもないし、ぬるい、って言ったらあれですけど、競争の意識という部分では海外とは差があるなと」とサッカーに関する日独の環境の違いを指摘した。

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/09/13(日) 14:14:58.69 _USER9
    8月限りで現役を引退した元日本代表DF内田篤人氏が、日本サッカー協会に新設される「ロールモデルコーチ」に就任する。13日、サッカー協会が発表した。

    アンダーカテゴリーの代表チームをはじめ、JFAが取り組む若年層の強化および普及に関わる活動に参加。内田氏の経験、知見を後進の育成に当てる。“初仕事”は14日。U―19日本代表候補強化合宿(千葉・夢フィールド)に参加する。

    反町康治技術委員長はサッカー協会を通じ、「今回、内田篤人氏をロールモデルコーチとして迎え入れることができ、大変嬉しく思います。内田氏は代表レベルではW杯2回、五輪、U―20W杯と様々な世界大会に出場し、またクラブレベルでも鹿島のリーグ3連覇やシャルケの欧州CL4強進出に貢献するなど、国内外で数多の経験を有しています。この経験と知識は日本サッカー界にとって大きな財産であり、これから世界を目指す選手たちのロールモデルとして多くのものをもたらしてくれることを願っています」、内田氏は「頑張ります!」とコメントした。
    2020-09-13_14h37_13
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cd356398311204a6c17cc3b46ae384320e154455

    続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2020/09/02(水) 06:36:22.03 _USER9
    日本サッカー史上最高の右サイドバックと評された鹿島の元日本代表・内田篤人(32)が現役引退を発表した。2014年に負った右ひざの大ケガ以降、ベストの自分を取り戻すために最後まで苦しみ、戦い抜いた。

    「試合に出られなくても、若い選手に日々、勝利にこだわることの大切さを伝えていた。8月12日の清水戦後、『もはや理想のプレーはできない。鹿島以外でプレーする選択肢はなく、もうやめなければ駄目だ』と実感し、そのままクラブに引退を申し入れたそうです」(サッカー誌記者)

    その甘いマスクで絶大な女性人気を誇り、11年に出版したフォトエッセイは15万部を売り上げた。

    「『サッカー選手はサッカーのみに真摯に取り組めばいい』など、無骨な考え方が披露され、女性ファンはギャップに虜になった。構成には最も熱心に取材をしていた新聞記者を内田自身が指名。少しでも記者にお金が入るようにと、版元とギャラのパーセンテージの交渉までしたとか」(同前)

    5年前には故郷・静岡の同級生と結婚。2人の女児をもうけている。

    「奥さんとは10代の頃からくっついたり離れたりしていたようです。その間、女優の松下奈緒やモデルの中村アンなど芸能人からもアプローチが多くあり、本人も満更ではなかった。しかし最終的に、人生の伴侶には幼馴染を選んだ」(スポーツ紙記者)

    「勝っていない本田さんの考えが、なぜあんなに世間に受け入れられるのか」
     筋を通すのは勝負の世界でも同じだった。14年のブラジルW杯では、旗振り役の本田圭佑をはじめ多くの選手が攻撃重視のスタイルに傾いていく中、1人、警鐘を鳴らし続けた。

    「内田は本田よりもクラブで獲得したタイトルが多く、ドイツでは欧州最高レベルでの試合経験も豊富。『自分たちのサッカー』で世界一を狙う理想主義の本田に対し、現実に応じた策で勝つという考えで抗っていた。近い人間には常に『勝っていない本田さんの考えが、なぜあんなに世間に受け入れられるのかわからない』と漏らしていたそうです」(サッカー協会関係者)

    まだ32歳。気になるのは今後の人生設計だ。

    「芸能界からのニーズも高いですが、本人は鹿島に“恩返し”したい気持ちが強い。今年に入って『指導者やクラブマネジメントにも興味が湧いてきた』と語っています。心酔する鹿島のレジェンド・小笠原満男は既にコーチをしており、将来は人望のある小笠原が監督、戦術家の内田がGMとしてタッグを組む可能性が高い。いわば、ジャニーズの滝沢秀明と同じような道を鹿島で辿ることになりそうです」(鹿島関係者)

    第二の人生でもブレずに筋を貫き通すことだろう。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年9月3日号
    9/2(水) 6:01
    2020-09-02_08h53_49
    https://news.yahoo.co.jp/articles/74a08074b58d074a9df011d9c3478df18d092a5c

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/08/29(土) 14:17:05.50 _USER9
    シャルケが29日に日本語版公式ツイッター(@s04_jp)を更新し、現役を引退した鹿島アントラーズDF内田篤人の名シーンを収めた動画を投稿した。

    内田は20日、今月末をもって鹿島との契約を終了し、現役を引退することを発表。23日にホームで開催されたJ1第12節のG大阪戦(△1-1)を最後に、惜しまれながらもスパイクを脱いだ。

    24日にはオンラインで引退会見を実施。現役生活を振り返る中で、衝撃を受けた海外選手としてシャルケ時代のチームメイトだった元スペイン代表FWのラウル・ゴンサレス氏、ペルー代表FWジェファーソン・ファルファン、元オランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラールの名前を挙げていた。

    シャルケはこれにかけ、29日に「#内田篤人 選手が、衝撃を受けた選手に @RaulGonzalez、#ファルファン と共に名を挙げた@KJ_Huntelaar」とツイート。これまで『#Bestof内田S04』と題し、シャルケ所属時の名場面を紹介してきたクラブは、今回の投稿で内田とフンテラールのコンビネーションから生まれた鮮やかなゴールを取り上げた。

    その試合は2014-15シーズンのブンデスリーガ第10節アウクスブルク戦(○1-0)。前半37分、右サイドの内田がドリブルで長い距離を駆け上がり、ゴールライン際で倒れながらクロスを送ると、ゴール前でマークを外したフンテラールが右足で押し込んだ。

    クラブは「2014-15シーズンの @FCA_World 戦では、その #フンテラール への素晴らしいアシストで勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチにも選ばれました」と当時の活躍を振り返っている。

    内田はシャルケで通算153試合に出場し、2ゴール18アシストを記録。退団時にはセレモニーが行われるなど、現在も相思相愛の関係が続いている。
    2020-08-29_23h21_32
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8be3197af5fff35655010ea730487f255476b29f

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/08/29(土) 06:37:46.31 _USER9
    お笑いコンビ・ナインティナインが27日、パーソナリティーを務める「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、現役を引退した元日本代表DF内田篤人氏を労った。

    岡村隆史氏は 『やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~』(テレビ朝日系)の年末企画「おかっちF.C.」で共演し、親交を深めたという。「唯一サッカー選手でお友達というか、ずっと続いているんですけども、内田選手、ウッチー。引退したじゃないですか」と切り出し、「膝がもう限界やったんやと思う」と惜しみつつ、矢部浩之氏とともに「お疲れさまでした」とメッセージを送った。

    すると、その流れから突如、岡村氏は「ウッチーがある日、『岡村さんに合うと思います』って、実は女性を紹介してくれたの」と過去のエピソードを振り返った。

    「それがまたスマートにね。最初だけごはん一緒に食べて、俺が連絡先を聞くのとか下手やからってウッチーが全部仕切ってくれて、グループLINEつくってくれて。それに参加したらスッと自分は退会するの。あとはお2人で、みたいな、洒落てるでしょう」と内田氏の人柄を称賛。「結局何もうまいこといかんかったな~」と、女性との進展はなかったことも明かした。

    矢部氏は「解説の道はあるし、指導者の道もあるし」と第二の人生にエールを送った。
    2020-08-29_09h39_25
    https://news.yahoo.co.jp/articles/29897fdadeb851a3b0cede747920a41fc900409b

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/08/24(月) 19:57:58.11 _USER9
    現役引退を表明した鹿島アントラーズの元日本代表DF内田篤人が24日にオンライン会見を開いた。ドイツの強豪シャルケでも主力としてプレーしてきた内田は、現状での日本サッカーと世界の差についても率直な考えを語っている。

    内田は2010年に鹿島からシャルケへ移籍し、ブンデスリーガやチャンピオンズリーグ(CL)などのビッグマッチも数多く経験。キャリアの中でも特に印象深い試合とシャルケ加入1年目のCL準々決勝バレンシア戦を挙げ、「3点目のカウンターでチームメートが走り出したのを後ろから見た時に、スタジアム全体が揺れていたというか。この試合をやるために僕はシャルケに入ったんだなと思えるほど印象的なシーンでした」と振り返っている。

    それから約10年が経過し、欧州でプレーする日本人選手の数も当時より大幅に増えてきた。だが日本と世界との差は縮まっているどころか、「(現役生活が)終わったので好きなことを言っていいならば、広がったなと思います。正直」と内田は感じているという。

    CL決勝とJリーグの試合などを比べれば「違う競技だなと思うくらい、僕の中では違いがあります。怒られるかな、こんなこと言ったら」と内田。「一概には言えないけど、たぶん差はすごくあると思います」と語った。

    「Jリーグがレベルが低いとは全然言っていない。JリーグにはJリーグの、ヨーロッパにはヨーロッパのスタイルがあるなということです」とも付け加えた。「歴史が違うので、ある程度の時間はやっぱり必要なんじゃないかな」と、すぐにはその差が埋まらないとも予想している。

    一方で、自身も短期間在籍したウニオン・ベルリンに加入した遠藤渓太も含めて、今後欧州へ出ていく日本人選手たちへの期待も示した。「安定したパフォーマンスをしてほしいなと。試合に出続けて活躍してほしいと思います」

    「最近海外に出ていく選手は多いですけど、一発目でシャルケやドルトムントあたりで活躍してくれる選手が出てきたら面白いなと。もちろん行って勉強するというよりは、勝負してほしいなと思います。すぐ帰ってくるのもいいんですけど、できれば長く活躍して、たとえば長谷部(誠)さんだったり、川島永嗣さん、吉田麻也のように自分の地位を確立していってほしいなと思います」と内田は、自身や同世代の選手たちに続く若手に未来を託している。

    2020.08.24 フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2020/08/24/post386004/
    no title

    続きを読む

    1: ばーど ★ 2020/08/24(月) 09:35:46.99 _USER9
    <明治安田生命J1:鹿島1-1G大阪>◇第12節◇23日◇カシマ

    鹿島アントラーズの元日本代表DF内田篤人(32)が現役引退試合となるガンバ大阪戦で、前半16分に途中出場した。

    これが今季J1リーグ2試合目、J1通算148試合目の出場。本拠地カシマスタジアムで、最後の雄姿となった。
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    [2020年8月23日22時52分]
    https://www.nikkansports.com/soccer/news/202008230000325.html

    続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/08/23(日) 21:17:41.94 _USER9
    8/23(日) 21:01
    デイリースポーツ

    内田篤人、最後の74分 前半16分緊急出場、イエローもらった 同点演出 そして涙

    「明治安田生命J1、鹿島1-1G大阪」(23日、カシマスタジアム)

    終了間際の同点劇。内田篤人は最後のプレーで得点に絡んだ。1点を追って、ロスタイム5分が終わろうとする後半50分、前線へのロングパス。味方が競り勝ち、つないで、最後はDF犬飼が頭で同点弾を押し込んだ。

    【写真】キャプテンマークを着け現役最後のピッチに立つ内田篤人

    右膝に巻いたテーピングは、ボロボロだった。最後まで妥協のない激しいプレーを見せた。引退を発表した内田篤人(32)。その最後の試合。熱い勇姿を、愛着の深いホームのサポーターの目に焼きつけた。

    予期せぬ形でピッチに立った。前半16分にDF広瀬が負傷したため、急きょ巡ってきた出番。大声援に迎えられて登場し定位置の右サイドバックに入った。

    前半35分にはオーバーラップしてMF三竿からのロングパスに頭で合わせて折り返して好機を演出。同39分にはカウンターの危機にFW宇佐美を倒して現役最後のイエローカードももらった。

    後半の給水タイムにはテーピングを巻き直してピッチへ。後半38分にもゴール前まで上がり、右足でクロスを上げた。試合終了まで74分間、走り続けた。

    ユニホームで涙を拭いて、ピッチを去った。
    no title
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0449767a93b9ec39bd9c35f66b50bff246fd6220

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/08/21(金) 22:24:17.90 _USER9
    サッカーJ1・鹿島アントラーズの元日本代表DF内田篤人選手(32)の現役引退をクラブが発表してから丸1日。世界レベルの右サイドバックとして日本サッカーを牽引し、人気もあった同選手には、インターネット上でも労いの言葉や思い入れをつづるユーザーが殺到した。

    ツイッターでは「内田篤人」や関連ワードがトレンド入り。ファンはどのような言葉を書き込んだのか、SNS分析ツール「ソーシャル・インサイト」で反応の傾向を見てみた。



    「東日本大震災のメッセージめちゃ覚えてる」
    引退そのものとは別で目立ったワードは、「メッセージ」「東日本大震災」、そして「ノイアー」。東日本大震災翌日の11年3月12日、シャルケでの試合後に、内田選手は「日本の皆へ 少しでも多くの命が救われますように 共に生きよう!」と手書きしたシャツを着て、スタンドへのあいさつに向かった。ためらう様子の内田選手の背中を押し、サポーターに向けて一緒にそのシャツを掲げたのが、当時チームメイトのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー選手(34)。このエピソードは今なお語り草となっている。

    「内田篤人の東日本大震災のメッセージめちゃ覚えてるわ ノイアーにもっとアピールしろって言われてたやつ」 「内田篤人選手引退という事でノイアー選手と一緒に戦って東日本へのメッセージを送った試合をもう一度みたいです」「東日本大震災の時も試合後に日本に向けたメッセージが書かれたシャツをノイアーと一緒に観衆に見せていたのが印象的でした。 静かな闘志というものが1番似合う選手かもしれません」

    「東日本大震災の時のシャツにメッセージ書いてノイアーと一緒にカメラの前に来たのすごい響いた 復帰してバリバリサッカーするとこ見たかった」

    23日のホーム・ガンバ大阪戦が内田選手の現役ラストマッチとなる。同日深夜には、ノイアー選手所属のバイエルン・ミュンヘンもCL決勝・パリサンジェルマン戦を戦う。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e272e00c2221827f40defce96b25ecb98b5f0ae6
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ