海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:内田篤人

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 17:44:11.23 ID:CAP_USER9.net
    ルール地方の地元紙『レビア・シュポルト』が、「この別れは悲しいものだ。ある意味で失恋のようなものかもしれない」と、DF内田篤人のシャルケ退団を惜しんだ。

    シャルケは21日、内田がドイツ2部のウニオン・ベルリンに完全移籍すると発表。契約は2018年6月末までの1年間で、背番号は『2』に決まった。10年夏から7シーズンをシャルケで過ごした内田はブンデスリーガで通算104試合に出場したが、15年6月に右膝を手術した影響でここ2シーズンはリーグ戦出場の機会がなかった。

    今回の移籍を受けて同紙は、「なぜ内田はファンから愛されるようになったのか」というタイトルの記事を掲載。「内田は常にフレンドリーであり、微笑みを浮かべていた。7年もの間、内田はシャルケファンのお気に入りというだけでなく、(シャルケのホームタウンである)ゲルゼンキルヒェンの街を越えて愛されていた。彼のことを求めて、日本の女性たちが極東から『ウッシー』に会うためにこの地を訪れ、写真を撮っていた。今後、そういったことはベルリンで行われるようになる」と別れを惜しんだ。

    また、愛された選手だからこそ、今回の移籍が実現したと同紙は強調。「彼はシャルケとの契約を2018年まで残してた。ただ、今回の移籍に関わるすべての人々、シャルケ、ウニオン・ベルリンは内田のためになるように最善を尽くした。単に自分たちの利益だけを考えていたわけではない」。サッカー選手・内田の復帰を願って周りが動いた。

    クリスチャン・ハイデルSDも「アツトが我々のところに来て、『移籍できる可能性はないか』と訪ねてきた。長期に渡る負傷離脱で試合勘をなくしていた彼にとっては、試合に出ることが重要だったんだ。今回の決断は我々にとって難しいものだったよ。だが、彼が再びプレーするチャンスを否定することは、我々にはできなかったんだ」と説明。

    「シャルケ全員でアツトに『ありがとう』と言いたい。チームのためにいつも100%の力を発揮してくれていた。彼のこれからの成功を祈っている。プロサッカー選手としても、一人の個人としても。もちろん、彼の存在はこれからもシャルケの歴史に残り続けるだろう」と語り、内田を送り出している。また、同紙も最後に「さよなら、ウッシーーーーー!」と綴った。

    ウニオン・ベルリンで再スタートを切る内田。自身が所属するマネジメント会社を通じ、「シャルケに残る事も考えましたが、それよりも試合に出続けたい気持ちが上回りました。監督のイェンス・ケラーはシャルケで一緒にやったことがあり、とても良い監督です。その監督に誘われた期待に応えたいと思います」と完全復活へ意欲を燃やしている。
    2017-08-22_19h09_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-01643236-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:脱衣クマ ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 00:57:25.99 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ2部のウニオン・ベルリンは21日、シャルケからDF内田篤人を獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

    契約は2018年6月30日までの1年間で、背番号は「2」に決まっている。

    内田はクラブ公式サイトを通じ、「この移籍が速く決まってくれて嬉しいです。ここで、どんなことが待ち受けているのか、ワクワクしています。昨シーズンからウニオンの成長を追っていました。もちろん、イェンス・ケラー監督のことは良く知っています。クラブの目標(昇格)はハッキリしています。この目標に向かって参加できること、そして再びサッカーがプレーできるがとても嬉しいです」とコメントした。

    現在29歳の内田は2010年に鹿島アントラーズからシャルケに移籍。在籍7シーズンで公式戦152試合に出場し、2ゴール18アシストを記録した。


    SOCCER KING 8/22(火) 0:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00631120-soccerk-socc
     

    1. FC Union Berlin@fcunion
    Herzlichen Willkommen bei den Eisernen, @atsuto_uchida22! #fcunion #unveu #eisern #au2

    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/21(月) 17:56:34.36 ID:CAP_USER9.net
    8/21(月) 17:28配信
    スポニチアネックス

    ウニオン・ベルリン 内田篤人獲得に興味 指揮官は元シャルケ監督

    ドイツ1部シャルケを退団する可能性が浮上したDF内田篤人(29)について、ドイツ紙ビルト(電子版)は20日、ドイツ2部ウニオン・ベルリンが獲得に興味を示していると報じた。

    ウニオン・ベルリンは開幕3節を終えて5位と好スタートを切ったが、目標であるドイツ1部初昇格に向けて、課題の経験不足を補える選手の獲得を検討中。日本代表で74試合、ブンデスリーガで104試合と豊富な経験を誇り、クレバーなプレーができる内田をリストアップしているという。また、ケラー監督は2012~14年にシャルケで内田を指導しており、お互いを良く知っているというメリットもある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000125-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/20(日) 05:47:23.04 ID:CAP_USER9.net
    ドイツ1部シャルケ04所属のDF内田篤人(29)が、クラブを退団することが19日、濃厚となった。ドイツ大衆紙ビルトが報じた。内田が18日に移籍仲介人の秋山佑輔氏を伴いクラブ幹部と去就について話し合い、退団が選択肢となった。

    既にテデスコ新監督が内田に対し、右サイドのレギュラー争いが厳しく出場機会を得るのは難しいと伝えたという。クラブとの契約は18年6月まで。これまで契約が残り1年となった段階で2度更新してきたが、今回は延長オファーを受けていなかった。

    秋山氏は「シャルケに残る、残らないも含め、選手にとって何がベストか考えて数日で結論を出したい」と述べた。関係者の話では退団の場合は、ドイツ国内を最優先に、他の欧州リーグ移籍、鹿島復帰の可能性も浮上する。

    内田は2010年7月にJ1鹿島からシャルケ04に加入した。日本代表でもレギュラーとして活躍し14年のブラジルW杯にも出場したが、長年右膝の負傷に悩まされた。15年の手術後の公式戦出場は16年12月の欧州リーグ1試合にとどまっている。現在は右膝も完治。7月の一時帰国の際には「昨シーズンも(練習は)できている。あとは試合だけ。いつでも試合に出られる」と語っていた。

    ◆内田の負傷経過

    ▼14年2月16日 都内の病院で右太ももの肉離れ、腱(けん)の損傷の診断。

    ▼6月 完治しないままブラジルW杯1次リーグ全3試合にフル出場。

    ▼15年3月10日 欧州CLのRマドリード戦で途中出場。症状が悪化し再離脱。

    ▼6月8日 都内の病院で膝蓋(しつがい)腱の手術を受け、復帰まで4~5か月と診断。

    ▼16年1月17日 シャルケ04の全体練習に復帰。

    ▼12月8日 欧州Lのザルツブルク戦で公式戦復帰。

    ▼17年1月10日 練習試合に45分出場しアシスト。

    ▼4月16日 リーグ戦で約2年ぶりベンチ入りも出場機会なし。

    ▼7月8日 6部クラブとのプレシーズンマッチで2ゴール。

    ◆内田 篤人(うちだ・あつと)1988年3月27日、静岡・函南町生まれ。29歳。2006年に清水東高から鹿島入り。右サイドバックとして07~09年のリーグ3連覇に貢献。

    08年北京五輪代表。19歳でA代表に初選出され、W杯は10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会に選出。10年7月にドイツ1部シャルケ04移籍。国際Aマッチ74試合2得点。ドイツ1部104試合1得点。176センチ、62キロ。右利き。

    8/20(日) 5:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000284-sph-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/19(土) 09:55:12.54 ID:CAP_USER9.net
    シャルケに在籍する内田篤人の去就がドイツで話題となっているようだ。

    現地時間18日、内田は代理人とともにシャルケのスポーツディレクター、クリスチャン・ハイデルと話し合いの場を持った模様。現地ドイツの記者によると、シャルケから去る可能性もあるという。

    内田は10-11シーズン以来シャルケに在籍し、今シーズンでドイツ挑戦8年目を迎えていた。しかし、ここ2シーズンはひざの負傷に悩まされ、過去2年間のリーグ戦出場数はゼロ。

    今夏のプレシーズンでは練習試合でプレーしていたものの、先日行われたドイツカップ1回戦では出場することができず。新シーズンは負傷からの完全復活を目指すとともに、コケや下部組織から昇格したルーク・ヘメリッヒとのポジション争いに挑むことが有力視されていた。

    内田本人の意向は現時点で不明だが、シャルケとの契約は2018年6月まで。負傷箇所の回復具合が順調ではないことから、今シーズン主力として起用される可能性は低く、契約を解除して他のチームに新天地を求めるというシナリオも十分に考えられる。

    ロシア・ワールドカップを前に日本代表復帰を目指す内田は、どのような道を選択するのか。引き続きその動向が注目される。

    8/19(土) 9:26配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000001-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/07/30(日) 23:47:26.52 ID:CAP_USER9.net
    過去にシャルケの右サイドでコンビを組んだDF内田篤人とジェフェルソン・ファルファンは、相手チームの左SBにとって脅威のタンデムだったかもしれない。今夏にフランクフルトからシャルケへと移籍したDFバスティアン・オチプカがその印象を語った。

    オチプカはこれまでのキャリアで、12試合にわたりシャルケと対戦。フランクフルトの選手としては昨シーズンに2勝を収めたものの、全試合の成績は4勝4分け4敗と均等な記録を残した。今夏にそのシャルケに加わったオプチカは、ドイツ紙『レヴィアシュポルト』で新クラブに馴染んでいる様子をうかがわせている。

    「シャルケとは何度も対戦してきたので、知らない顔はいなかったよ」と新チームの印象を語るオチプカ。一方で過去の対戦を振り返り、自身がマッチアップを強いられたシャルケの右サイドにも言及。「ファルファンと内田のサイドだった。それはもう、かなりヤバかったね」と手を焼いたことを認めた。

    元ペルー代表FWのファルファンは2015年に中東のアルジャジーラに渡り、今年1月からはロコモティフ・モスクワに在籍。内田はシャルケに残っているが、ここ2年半にわたって長期離脱を強いられており、ほとんど試合に出場していない。だがオチプカにとって、ファルファン&内田の連係プレーは今も鮮明に思い出せるもののようだ。
    2017-07-31_07h59_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000033-goal-socc
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/07/15(土) 23:46:17.20 ID:CAP_USER9.net
    DF内田篤人の所属するシャルケは15日、パーダーボルン(3部)とトレーニングマッチを行い、1-0で勝利した。先発した内田はチームで唯一最後までプレーし、白星に貢献している。

    8日のトレーニングマッチでは内田の2ゴールもあり、9-1で大勝したシャルケ。前回は後半開始からの出場だった内田がスタメン起用されると、前半20分にFWエフゲニ・コノプリャンカが決めて先制に成功する。その後、追加点こそ奪えなかったが、チームでただ1人フル出場した内田を中心に1-0で逃げ切った。

    前回の初陣から2連勝を果たしたドメニコ・テデスコ新監督は、クラブ公式ツイッター(@s04_jp)を通じて「まだ数多くのすべきことがあると確認した非常に有用な試合だった。ユース所属の選手達は皆良い試合をした。全員を見るためにこれから時間を取るつもりだ」とコメントしている。
    2017-07-16_07h43_57
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-01641785-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/09(日) 09:54:39.36 ID:CAP_USER9.net
    シャルケに所属するDF内田篤人が、来シーズンの開幕に向けて順調に調整を進めているようだ。8日に行われたトレーニングマッチで2ゴールを記録している。

    2015年6月上旬に右膝膝蓋腱の手術を受け、長期離脱していた内田は、昨年12月8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第6節のザルツブルク戦に出場し、実戦復帰。

    639日ぶりの公式戦出場を果たしていた。今年1月10日のオーステンデとの強化試合では決勝点をアシストし、シーズン後半戦から出場に期待が高まっていたが、ブンデスリーガ中断期間中に内転筋を痛め、再び離脱。結局、リーグ戦の出場がないままシーズンを終えていた。

    8日、シャルケはオーストリアでエアケンシュビック(ドイツ6部)とトレーニングマッチを実施。後半開始からの出場となった内田は3分、左サイドからMFイェブヘン・コノプリャンカが上げたクロスをPA右で受けると、相手DFを冷静にかわして左足でゴール左に流し込み、チームの4点目を決めた。

    さらに内田は後半9分、右サイドからゴール前へ斜めに走り込み、ロングパスを受けたFWハジ・ライトの折り返しを右足で合わせ、この日2点目を奪取。その後シャルケは1点を失ったものの、ハジ・ライトの4ゴールにより9-1で大勝。マルクス・バインツィール新監督の初陣を大量得点で飾った。

    まだ右足にサポーターを付けた状態でのプレーとなっている内田。一時は今夏の放出候補とまで報じられたが、8月18日に行われる2017-18シーズン開幕戦・ライプツィヒ戦に向けて順調に調整を進めている様子。

    このまま調子を上げていき、2015年3月7日の第24節ホッフェンハイム戦以来、約2年5か月ぶりのブンデスリーガ出場を目指す。

    7/9(日) 8:04配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-01641573-gekisaka-socc

    写真




    シャルケ日本語公式
    http://www.schalke04.de/jp/%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/170708_testspiel_erkenschwick/page/2169--9-9-.html
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/06(木) 12:44:16.07 ID:CAP_USER9.net
    サッカードイツ1部・シャルケの内田篤人選手が、5日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『今夜くらべてみました』(毎週水曜21:00~)にゲスト出演し、結婚秘話を明かした。

    2015年に一般女性と結婚し、8カ月の娘を加えた3人でドイツで暮らしている内田選手は、妻について「幼なじみ。小・中学校が一緒だった」と説明。社会人になったころから「この子と結婚するんだろうな」と意識はあったものの、交際がスタートしたのは単身ドイツに行った2010年だったという。

    そして、「頭の中に、この子とたぶん結婚するもんだと思っていた」と言うと、HKT48の指原莉乃は「いつ、どのタイミングで、どうやってその人のことを」と質問攻め。フットボールアワーの後藤輝基が「お前、何興奮してんねん!」とツッコむと、指原は「自分が決め手になりたいじゃないですか!」と返した。

    内田選手は、ドイツから電話で交際を申し込むも、「幼なじみの関係も崩れるかもしれない。そういうのを考えて言ってんの? 私はそういう風に見てないから」と一度は断られる。ところが、2週間後に電話があり、「ここで私にそういうことを言うってことは、年齢的にも(一緒になるということ?)」と確認され、そこから交際がスタートという。

    交際が始まった電話のやりとりの後、日本で再会したときのことを聞かれると、「最初向こうの家に行った」と照れながら説明。また、指原が「キスって? 今まで会話しかしてないわけじゃないですか」とぶっ込み、チュートリアルの徳井義実も「気まずさは?」と続けると、「内田選手は「ありまくりですよ。手もつないだことない」と言い、散歩に連れ出したときに初めて手をつないだエピソードを語った。

    番組ではドイツの自宅を公開。1人でゲームを長時間やっている写真がお披露目されると、指原は「奥様が撮っていると思うとなんか良くないですか?」とニヤニヤしていた。
    2017-07-06_14h30_54
    2017年7月5日 23時54分 マイナビニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13297207/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/30(金) 13:51:53.80 ID:CAP_USER9.net
    シャルケで8年目のシーズン迎える。

    ブンデスリーガのシャルケに所属するDFの内田篤人が6月30日、新シーズンに向けて成田空港からドイツに出発した。
     
    昨季は12月8日に行なわれたEL(ヨーロッパリーグ)グループステージ第6節のザルツブルク戦で、右膝の怪我から1年9か月ぶりに実戦のピッチに復帰した内田だが、国内リーグでは2年連続で出番なしに終わっていた。
     
    本格復帰が待たれる内田だが、コンディションについては「オフ中は良い練習ができていたので大丈夫だと思いますし、昨シーズンもできていたので、あとは試合だけかなと思います。キャンプからしっかり準備していきます」と問題がないことを強調した。
     
    シャルケで8年目を迎え、最古参の選手となったが、「普通にやるだけだと思いますし、特別にアピールするという気持ちはないです。チームに長いこといますし、開幕スタメンじゃないといけないわけでもない。プレースタイルが監督に分かってもらえれば使ってもらえると思います」とレギュラー獲得に向けて自信を覗かせている。
     
    その一方で、「もちろん一生懸命はやりますけど、その中で急にエンジンが掛かるわけじゃない。一発怪我するのが怖いので、まだ準備期間でコンフェデもやっていて合流が遅れる選手もいるので、徐々にで良いのかなと思います」と、新シーズンに向けて慎重に準備を重ねていくと述べた。
     
    また、日本代表復帰へついて問われると、「代表はね、そう言ってもらえるのはありがたいですけど、まずは試合に出ること。チームでしっかり試合に出て活躍したいと思います」と答え、まずはシャルケで試合に出場し、結果を出すことに集中すると語った。

    サッカーダイジェスト 6/30(金) 12:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170630-00027334-sdigestw-socc

    写真
    2017-06-30_16h52_58
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ