海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:内田篤人

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/09(金) 09:34:45.62 ID:CAP_USER9.net
    シャルケのDF内田篤人がザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりに実戦復帰を果たした。試合後、インタビューに応じ、心境を語った。

    シャルケは8日、ヨーロッパリーグ・グループステージ第6節でザルツブルクと対戦。試合には0-2で敗れたが、83分から内田が途中出場し、待望の復帰を果たした。

    内田は試合後「展開的に難しかったし、メンバーも入れ替わりましたけど」と話しながら、久々の実戦復帰を振り返った。

    「もう最後の何分かはキーパーが上がったりして壊れた試合になっちゃったけど、それまでは同点を目指していたので、右サイドの人と上手くやりながら攻め上がったりしました。どうしてもみんな疲れていたので後ろに残ることも多くなりましたけどね」

    「(南野拓実のシュートをブロックしたことについて)彼は下を向いていたので、動かずに当てに行っただけですね」

    また、試合前にはキャプテンのベネディクト・ヘヴェデスと談笑するシーンもあった。何を話していたのかという質問に「彼は長く面倒も見てくれるキャプテンだし、ずっと声をかけたりしてくれてました。その時は『ケガなく戻ってきてくれてありがとう』的な感じでしたね」と明かしている。

    最後に今後については「もちろんここからスタートだと思いますし、これからが大変で、自分のサッカー人生を取り戻すために頑張ります」と力強く語った。
    2016-12-09_10h02_25
    GOAL 12/9(金) 7:27配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000034-goal-socc
    続きを読む

    CzL4P6EXAAEHHr9

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/07(水) 23:24:43.24 ID:CAP_USER9.net
    シャルケは7日、DF内田篤人が8日に行われるヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ最終節ザルツブルク戦の招集メンバーに名を連ねたことを、クラブ公式サイトを通じて正式発表した。

    2015年3月以降、ひざの負傷により長期離脱が続いていた内田だが、復帰へ大きく近づいた。前日6日にはマルクス・ヴァインツィアル監督が「彼が同行できれば、我々全員にとって非常に嬉しい」と復帰を示唆。翌7日に同サイトは、「アツト・ウチダがザルツブルクで復帰を祝う可能性」との見出しで、FW南野拓実が所属するザルツブルクとのアウェーゲームに臨む招集メンバー17名に入ったことを伝えた。

    すでにELグループIの首位突破を決めているシャルケは、12日のブンデスリーガ第14節レヴァークーゼン戦に向けて、守護神のラルフ・フェアマン、元ブラジル代表DFナウド、ドイツ代表MFマックス・マイヤー、カメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ・モティングら主力選手を温存している。

    なお、内田がザルツブルク戦に出場すれば、2015年3月10日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのレアル・マドリード戦以来、約1年9カ月ぶりの復帰となる。
    2016-12-08_08h36_02
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00524478-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/02(金) 09:51:38.48 ID:CAP_USER9.net
    シャルケのDF内田篤人の実戦復帰が迫っているようだ。同クラブのアクセル・シュースターSD(スポーツディレクター)は、8日に行われるヨーロッパリーグ(EL)戦で同選手を出場させない「理由は思い当たらない」と話している。

    シャルケ選手としての最後に出場した公式戦が昨年3月にさかのぼる内田。先月中旬からチーム練習に完全に復帰し、コンディションも上々に仕上がりつつあるようだ。

    地元紙『WAZ』によると、シュースターSDが「彼に関して我々は大きな期待を抱いている」と実戦での起用が迫っていることをほのめかしたという。

    また同SDは「彼はコンスタントに、そしてフルで練習に参加している。不足しているのは実戦のみ」と明かし、さらに「ELでは数選手に出場時間を与えることが可能だ。内田にそれを与えない理由は思い当たらない」とELグループI最終節で臨むレッドブル・ザルツブルクとのアウェーマッチで実戦復帰が実現する可能性を示唆した。

    『WAZ』はさらに、シャルケのファンは全員、辛い時期を過ごした内田を応援していると伝え、地元での同選手が誇る人気に言及。シュースターSDも「我々には、内田の出場を喜ばない人は1人もいないよ」とその人気に触れている。
    2016-12-02_11h14_37
    2016.12.2 08:21
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20161202/bun16120208210001-n1.html
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/18(金) 07:10:22.25 ID:CAP_USER9.net
    日本代表のハリルホジッチ監督が右膝負傷から復帰を目指すシャルケのDF内田篤人(28)の状態チェックのため近日中にもスタッフをドイツに派遣することが17日、分かった。内田は昨年6月に右膝膝蓋(しつがい)腱を手術し、リハビリ期間を経て15日にチーム練習に合流。3月に再開するW杯最終予選で日本代表に復帰する可能性が高まってきた。

    手術後、リハビリに長時間を費やした内田だが今年10月に受けた精密検査で状態が改善していることが判明。今月3日には紅白戦にも出場したという。先月には「監督が“行け”って言ったら行く」と話したこともあった。一時は、今月のW杯アジア最終予選出場も目指したほど順調な回復を見せている。

    日本代表が鹿嶋合宿を行った6~11日には私的な理由で一時帰国。その際、日本代表宿舎も訪ねた。今後の復帰プランも当然、代表スタッフに伝わったはずだ。シャルケでは内田を欧州リーグのメンバーに登録。順調ならば12月8日のザルツブルク戦で復帰の可能性もある。ハリルジャパンにとって右SBは弱点の一つで、内田復帰は明るい材料となる。
    2016-11-18_14h49_44
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/11/18/kiji/K20161118013744140.html
    2016年11月18日 06:10
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/17(木) 13:26:56.32 ID:CAP_USER9.net
    【No Ball、No Life】

    ロシアW杯アジア最終予選を戦うハリル・ジャパンに朗報が届いた。DF内田篤人(28)が15日、所属するシャルケの全体練習に合流した。

    内田は代表ウイークを利用して10日、ドイツから一時帰国した。午前中に日本代表チームが宿泊していた鹿嶋市内のホテルを訪れ、「(香川)真司や本田(圭佑)さん、岡ちゃん(岡崎慎司)、清武(弘嗣)と会って話してきた」と同じ欧州組を激励。スタッフに昨年6月に手術を受けた右膝の状態を伝え、チームドクターに足の状態の確認してもらったという。

    険しい道のりだった。昨夏に以前から痛めていた右膝の膝蓋腱(しつがいけん)の手術を受けると、その後はリハビリの日々。早期の復帰を目指したものの、1試合も出場しないまま昨シーズンは終了した。

    苦闘が続いたが、笑顔は絶やさなかった。今年5月にはバヒド・ハリルホジッチ監督(64)の「代表でやってほしいから呼んだ。けがの状態を見たかった」という考えで、国内合宿に招集された。

    女性3人組Perfumeの曲を大音量で流し、仲間とともにリラックスの表情を見せ練習場へ。チームを和ませる内田のキャラクターは代表に不可欠な存在だと、誰もが感じたことだろう。

    ピッチ横でスタッフと談笑しながらエアロバイクをこいでリハビリ。辛いメニューもあった。それでも、「暗い顔してやったら死んじゃうので、少しでも明るくやらないと。みんなと同じグラウンドでやらせてもらえるのはありがたい」と弱音を吐かず、取り組んでいた。

    ハリルホジッチ監督も期待する、内田の武器は豊富な運動量を生かした守備力と機を見た攻撃参加だ。2012-13年シーズンの欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、ガラタサライ(トルコ)戦の第2戦。シャルケはホームで2-3で敗れて16強で敗退したが、内田はチーム2点目をアシストした。

    勝ち上がれば準々決勝で当たっていたレアル・マドリード(スペイン)の分析担当者は試合を観戦し、名前こそ出さなかったが「サイドの選手がタイミングのいい攻撃参加を見せていた」とスタジアムで記者に明かしたことがあった。その内田の持ち味をいまの代表チームで見てみたいところだ。

    長かったトンネルからようやく抜け出るときがきた。今回の帰国時、「この試合での復帰に向け逆算してやってきいた。鹿島だし、出たかったけど無理だった」と古巣J1鹿島の本拠地での代表戦(11日、オマーン戦◯4-0)で復帰できなかったことを悔やんだが、半面「監督の判断次第のところまで来ている」と回復をアピールした。

    12月8日の欧州リーグ、ザルツブルク(オーストリア)戦でのメンバー入りの可能性も出ている。ハリルホジッチ監督待望の選手が戻ってくる。(一色伸裕)
    2016-11-17_14h51_54
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00000526-sanspo-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/10(木) 17:44:10.01 ID:CAP_USER9.net
    右膝の負傷からの復帰を目指す、シャルケDF内田篤人(28)が、欧州リーグの選手リストに入ったと10日、ドイツ紙ビルトが報じた。アレックス・シュスター・スポーツディレクター(SD)が同紙の取材に応じ「来週には完全にチーム練習に合流するだろう。非常にポジティブに考えている。

    だから内田をヨーロッパリーグの選手リストに登録したんだ」と語った。具体的な復帰の日程については「12月9日のザルツブルク戦では、グループリーグ突破を決めていると考えている。そうなれば(突破していれば)彼はプレーする」と、アウェーでの欧州リーグ1次リーグ最終節を目標に挙げた。

    一方で、ドイツ紙キッカー電子版の日本語サイトは、内田が日本に帰国したと報じた。プライベートな事情での帰国を、バインツィール監督に願い出た上での帰国だという。
    2016-11-10_19h27_19
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-01736268-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/05(土) 07:06:43.56 ID:CAP_USER9.net
    ◆欧州リーグ 1次L第4節 ▽I組 シャルケ04 2―0クラスノダール(3日)

    右膝リハビリ中のDF内田篤人が欠場したシャルケ04(ドイツ)はクラスノダール(ロシア)を2―0で破り、4連勝で32チームによる決勝トーナメント進出を決めた。

    昨年6月に受けた右膝手術からの復帰を目指している内田はチームのベスト32入りを決めた試合後、もう(今週から)紅白戦もやれている。たぶん10分、15分、20分行けと言われたらいける」との感触を口にした。

    10月にMRI(磁気共鳴画像装置)検査で患部に改善があったとされるだけに、公式戦でのプレーも近づきつつあるようだ。

    スポーツ報知 11/5(土) 6:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000021-sph-socc

    ◆シャルケ内田篤人が語るケガの回復。「試合に出してくれと言っている」

    webスポルティーバ 10/28(金) 15:10配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161028-00010004-sportiva-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/24(月) 14:59:40.34 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第8節が23日に行われ、内田篤人が所属するシャルケは武藤嘉紀のマインツに3-0で快勝した。試合後、内田がチーム状況や自身のコンディションについてコメントを残している。

    昨年6月に手術した右ひざの負傷からの復帰を目指している内田は、今月4日に受けたMRI検査で大きな改善が見られたとクラブから発表されており、年内の復帰に期待がかかっている。快勝を収めたホームゲームを観戦した内田が、回復状況についてコメントした。

    マインツ戦の勝利で、シャルケは公式戦5試合負け無しとなった。好調を維持するチーム状況について内田は「人は揃っているんで、あとは慣れればとは思いましたけどね。試合数が多いんでちょっといじりながらやってるかな、監督は。人をだいぶ取ったんで、人がいないってことはないね、あんまり」と、新戦力を含め選手層が厚くなっていることについて、ポジティブな見解を示した。

    怪我の回復については「俺ももうだいぶやれるかな。『チームと全部やらせてくれ』って言ってるんですけど、やっぱヨーロッパリーグが入ってくるとチーム練習が軽くなっちゃう。その軽い練習を俺が一緒に参加してもって感じだから。できるけど、別で上げてるって感じ」と、コンディションを上げるため、チームの軽い練習とは別メニューでのトレーニングを実施していることを明かしている。

    実戦復帰に関しては「事故的なことがあるからね、サッカーは。自分のタイミングじゃないタイミングで動いたりとか、滑ったり、相手が乗っかってきたりとかもあるんで。そうなったらぶっちゃけ手術したしないは関係なく怪我しちゃうからね。

    今のところは自分の頭の動きの中では戻ってきてるから、あとはそういう事故とか、思った以上の負荷に耐えられるかという」と、慎重に復帰への道を歩んでいることを明らかにした。その一方で「俺はもう監督が『行け』って言ったら行くけどね」と、意欲を示している。

    今シーズンから指揮を執っているマルクス・ヴァインツィアル監督との関係については「クロスとか練習やって良いプレーしてればこのあいだは『ひざ良くなってきたな』って声かけてくれたし、ウインクされました(笑)」と良好な関係をアピール。

    また、11月にロシア・ワールドカップのアジア最終予選を戦う日本代表についても「いやぁ、俺は11月狙ってるけどね、代表(笑)。それまでに(シャルケで)試合に出なきゃダメだから。逆算して、いつチーム練習に復帰して、ベンチ入ってって考えてたけどね。

    どう考えても間に合わなかった」と、冗談交じりに返答。その上で、「でもそう考えるほうがさ、だいぶ変わってくるからね、自分の中で」とモチベーションを上げるために代表復帰を1つの目標としていたことを明かした。

    シャルケは今シーズン、ブンデスリーガで開幕から5連敗を喫するなど不安なスタートを切った。しかしUEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第2節で南野拓実が所属するザルツブルクに3-1で勝利すると、そこからリーグ戦でも3試合負け無しと立て直してきている。内田の復帰も近づいており、浮上を狙うシャルケに目が離せない。

    SOCCER KING 10月24日(月)12時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161024-00506828-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/21(金) 06:53:26.75 ID:CAP_USER9.net
    「今は不思議と不安がないです」

    7月初旬、鹿島のクラブハウスを訪れると、練習のピッチには内田の姿があった。パスゲームもこなし、正確なロングボールを何本も味方に通す。右ひざの状態は見るからに良くなっており、そう遠くないうちに復帰できるだろうという期待感を持てた。
     
    その後、シャルケで復帰に向けて調整を続ける内田が10月4日にはMRI検査で「良い結果」を得た。カムバックに向けてひとつ階段を上ったわけだが、そこに至るまでの苦労などを本人の声で振り返りたい。以下のインタビューは、7月にシャルケへ渡る前に記録したものだ。<パート1、2、3>に続き、最終章の<パート4>をお届けしよう。

    ―――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――
     
    ──日本代表はどうすれば強くなりますか?
     
    「答は持っていますが、ここでは言えません(笑)」
     
    ──戦術関連ではない?
     
    「違います。あっ、この前、本田さんと珍しくサッカーの話をしました。その時にも『どうしたら強くなるか、なにが必要か』って訊かれたので素直に答えたら、『お前もそう思っているのか』って。考えていることが本田さんと一緒だったんですよ」
     
    ──本田選手とは、他にどんな会話を?
     
    「監督やコーチのこととかですね。監督でなにより重要なのはカリスマ性。『行け!』って指示されたら、すかさず『はい!』って言えるような存在がベスト、それから戦術を落とし込むのはコーチの役割という認識も本田さんと同じでした」
     
    ──そうした話を過去に本田選手とした記憶は?
     
    「ないですね。おそらく初めてです。自然とそういう会話になりました。でも、ちょっと恥ずかしい。基本的に、(代表活動で)サッカーの話を誰ともしないので」
     
    ──ここまでの声のトーンから判断するかぎり、ストレスはだいぶ減ったのでは?
     
    「確かに減りましたね。2か月くらい前までは治る気がしなくて、怪我をして初めて苛立ちましたけどね。焦りみたいなものもあって」
     
    ──半年前は「焦りはない」と言っていましたが。
     
    「実は、陰では『やべえ、治る気がしない』と思っていました。正直、光が見えませんでした。アスリートはお酒に逃げるわけにも行かないので、気持ち的に相当参っていましたね。でも、今は不思議と不安がないです。これまでちゃんと頭を使ってサッカーをやってきたし、そこまで動けなくてもやれる気がする。もとから動くほうではないので、ピッチでの感覚さえ掴めれば大丈夫かなと。良い話、してもいいですか?」
     
    ──もちろんです。
     
    「最近ウォーミングアップの時に訊いているのが、洋楽の『ファイトソング』。歌詞の一部を和訳すると『私の闘いの歌、人生を取り戻す歌、私はもう大丈夫と証明する歌、誰も信じてくれなくたって構わない、だって私にはまだ闘う力が漲っているんだから』という感じで、『これ、俺にぴったりじゃん』って。勇気をもらえる歌に出合えたことは、ひとつの奇跡なんじゃないかと。はい、良い話でした(笑)」

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00019739-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 10月21日(金)6時30分配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ