海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:前園真聖

    1:ラッコ ★ :2018/07/20(金) 06:47:30.44 ID:CAP_USER9.net
    2022年カタールW杯8強へ! 前園真聖氏「キーマンは進化した柴崎」

    新日本代表はどんな編成になるのだろうか。約1か月にわたって熱戦を繰り広げたロシアW杯が終了し、世界各国が2022年カタールW杯に向けて再スタートする。4年後の8強入りを目指す日本は、長年チームを支えてきたMF本田圭佑(32)ら主力が代表を引退。チーム再編が求められる中、元日本代表MF前園真聖氏(44)が徹底分析する。日本の新エースに指名した男とは――。

    【前園真聖 ゾノの焦点!】日本は2010年南アフリカW杯以降、主力メンバーがほぼ変わらないまま14年ブラジル、18年ロシアを戦いました。しかし今大会で約8年間も日本に貢献してきた経験のある主力選手が代表を退くことになり、世代交代と次世代の底上げが今後の重要なテーマになるでしょう。

    22年カタールW杯に向けて日本代表は半数以上のメンバーが変わるとみていますし、変わらなければ4年後は厳しいと思います。楽しみな存在はリオデジャネイロ五輪組のFW浅野拓磨(23=ハノーバー)やFW久保裕也(24=ヘント)、MF井手口陽介(21=リーズ)です。残念ながらロシアW杯メンバーには入りませんでしたが、この悔しさをバネにさらなる成長が期待できます。

    若手では東京五輪世代のFW堂安律(20=フローニンゲン)、FW伊藤達哉(21=ハンブルガーSV)がA代表に絡んでほしいです。他の五輪世代の選手も海外進出を果たせばガラッと変わるので、どんな選手がブレークするか。逆に若手選手の台頭がなければ、4年後のW杯に向けては厳しくなると言えます。

    また、ロシア大会で経験を積んだFW武藤嘉紀(26=マインツ)、DF昌子源(25=鹿島)がカタールW杯に臨む日本代表で中心選手になっていくと考えていますが、中でも日本の新エースになれる存在として期待しているのは、MF柴崎岳(26=ヘタフェ)です。

    2017年1月のスペイン移籍後は負傷などもあって大活躍とはいかなかったのですが、ロシアW杯メンバーに選出されると、正確なフィードをはじめ素晴らしいパフォーマンスを見せ、攻守両面でチームの躍進に貢献しました。世界から高い評価を受け、今夏の移籍話も出ています。このまま欧州ビッグクラブ入りが実現すれば、彼が日本の新エースになるのは間違いありません。

    すでに、スペイン1部の強豪レアル・マドリードとバルセロナからゴールを奪った初めての日本選手として話題になりました。柴崎のさらなる進化が日本をW杯ベスト8に導いてくれるはずです。

    東スポWeb 2018年07月17日 16時30分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/1066000/
    画像:柴崎は攻守両面で世界から高い評価を受ける


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/09(月) 13:58:36.17 ID:CAP_USER9.net
    「ダウンタウン」の松本人志(54)が、8日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」で、サッカー・ロシアW杯の解説で同番組にレギュラー出演するサッカー解説者・前園真聖氏(44)が“株を上げた”と指摘した。

    番組では決勝トーナメント1回戦でベルギーに2―3と惜敗したものの、大健闘を見せた日本代表を特集。前園氏がベルギー戦の詳しい解説や、新監督問題などを語った。

    すると番組エンディングで、松本がテレビ番組の解説に連日出演した前園に「引っ張りダコだもんね~」とポツリ。続けて「解説者としては前園評がめちゃくちゃ上がりましたよね。評判がね」と持ち上げた。

    これに対して前園氏は「この番組で鍛えられて、向こうではノビノビとさしてもらっています」と本音をつぶやくと、スタジオが笑いに包まれた。松本は「地獄みたいやん、こっち」とツッコミを入れた。

    さらに前園氏が、サッカー解説がメインになってきていることを主張すると、松本は「こっちはラフプレーがひどいから」と苦笑い。これには「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で検証しないと」と絶妙な“切り返し”を見せた。

    7/9(月) 12:45配信東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000013-tospoweb-ent

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/06(水) 12:59:43.56 ID:CAP_USER9.net
    【前園真聖氏のロシアW杯1次リーグ徹底分析「ZONO’s EYE」】

    西野ジャパンは“ロシアの奇跡”を起こせるのか。6月14日(日本時間15日)に開幕するサッカーのロシアW杯1次リーグを元日本代表MF前園真聖氏(44=本紙評論家)が徹底分析する「ZONO’S EYE」。最終回では日本の入ったH組の動向に迫った。西野朗監督(63)が就任した日本は苦境に立たされている中、世界列強を相手に決勝トーナメント進出を果たせるのか。前園氏が考える“勝利の方程式”とは――。

    W杯1次リーグH組はコロンビアが頭一つ抜けた存在と言えます。日本はポーランドと2位突破を争う展開になるのではないでしょうか。もちろん、西野ジャパンには期待していますが、まずは初戦コロンビア戦(19日)に負けないことが絶対条件になります。

    コロンビアはFWハメス・ロドリゲス(26=バイエルン・ミュンヘン)やFWラダメル・ファルカオ(32=モナコ)らを擁する難敵。しかし決勝トーナメント進出を見据えて初戦にチームの状態をピークに持ってくるとは思えません。逆に日本が初戦に照準を合わせ完璧な状態で臨めば、勝利は難しいものの引き分けは可能。つまり勝ち点1は取れると見ています。

    2戦目(24日=日本時間25日)のセネガルにはFWサディオ・マネ(26=リバプール)というとんでもない選手がおり、どう止めるのかがポイント。スペースを与えたり、ボールを保持した状態で前を向かせると何でもできるタイプなので、怖がらずに前で潰さなければいけません。逆にマネを抑えれば勝利も不可能ではありません。

    3戦目(28日)に激突するポーランドは、エースFWロベルト・レバンドフスキ(29=バイエルン・ミュンヘン)が注目されていますが、他にも名選手が多い実力国。ここではハードワーク勝負です。粘り強い守備でとにかく失点しないことをテーマに引き分ければ、3試合で勝ち点5。これで決勝トーナメント進出も見えてきます。

    ここまで3か国との対戦ポイントを簡単に挙げましたが、西野ジャパンは守備的な3バック布陣を導入しテストを繰り返している最中です。DF面をしっかり構築できれば、ある程度は守ることができると考えていますが、問題は攻撃面。正直、西野ジャパンでゴールのイメージは湧きません。

    そんな中で唯一、考えられるのはセットプレーです。実際、過去のW杯で日本が勝ち上がったときもセットプレーが有効でした。今大会でも、MF乾貴士(30=ベティス)やMF香川真司(29=ドルトムント)ら俊敏性を備えたドリブラーが果敢に仕掛けて敵陣で相手のファウルを誘発。ゴールに近い位置でFKの好機を得れば、MF本田圭佑(31=パチューカ)の“悪魔の左足”で得点を奪えるでしょう。

    2010年南アフリカW杯で鮮烈なFKゴールを決めた本田も、その後、代表でのキックはいまひとつです。それでもメキシコ移籍でコンディションも上がっており、国際親善試合ガーナ戦(5月30日)では惜しいFKを蹴っていたように、少しずつ照準も合ってきています。十分に期待できるでしょう。

    というわけでH組の1位はコロンビア、2位を争うのはポーランドと日本。緻密な戦略と選手コンディションなど“万全な状態”であることを前提にして日本の1次リーグ突破確率は「40%」くらいではないでしょうか。

    2018年6月6日 11時0分
    2018-06-06_13h40_01
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14823140/
    続きを読む

    bfc8cfb40d40d2db348751a3d2ab0a44

    1: Egg ★ 2018/05/17(木) 18:50:45.52 ID:CAP_USER9
    16日放送、毎日放送「戦え!スポーツ内閣」に、元サッカー日本代表でタレントの前園真聖が出演。
    ワールドカップを前に電撃的な監督交代に踏み切った日本サッカー協会に苦言を呈した。

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督を解任し、西野朗氏に代表を託した日本サッカー協会。かつて西野監督の下で「マイアミの奇跡」を演じた前園は、「選手目線で考えてくれる人なので、選手としてはやりやすい。ただ、自分の考えも持っていて、そこのバランスが取れる監督」と評している。

    実際、1996年のアトランタ五輪でブラジルを倒した「マイアミの奇跡」では、自分たちのサッカーを貫きたい選手たちが意見を言う環境をつくってくれたが、「守備的にならざるを得ない」と判断し、分析映像なども使って選手を説得したという。

    西野監督が兄貴肌であると同時に「怒ったら怖い」と明かした前園は、意見を強く主張した中田英寿氏をメンバーから外すなど、チームに必要なことなら“鬼の采配”も辞さないとコメント。ハリルホジッチ監督との違いについては、自分のやりたいサッカーに選手を当てはめる前任者と違い、西野監督が選手を生かすサッカーを先に考えるとし、少し真逆のタイプと解説した。

    外国人監督と日本人監督はどちらが適任なのか。前園は、1998年W杯予選やイビチャ・オシム氏が急病に倒れたとき、そして今回と、サッカー協会が「大事なときに必ず日本人に頼んでいる」と指摘。「何かあった時に日本人に監督を頼むのだったら、最初から頼めって話」と力説する。

    日本人監督に4年間を託し、そこからまた評価して変えればいいという前園は、これまで様々な外国人監督が「いろいろな要素を日本のサッカーに入れてくれた」とコメント。「そろそろ指針みたいな、日本サッカーはこういうのでやりますよというのを、協会が示したほうがいい」と主張した。

    いまだに何が日本のサッカーか「パッと出てこない」と指摘する前園は、協会が示さない限り「方向性が決まらない」と指摘。「自分たちの信念みたいなのが、あるようでない」と、サッカー協会が行き当たりばったりの対応をしていると一刀両断した。

    舌鋒鋭く協会を批判した前園だが、周囲から驚かれると、「でも協会は協会なりに頑張ってますから…」と最後はしっかりフォローを入れた。

    2018年5月17日 9時55分 Sports Watch
    http://news.livedoor.com/article/detail/14726344/

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/22(日) 23:58:15.46 ID:CAP_USER9.net
    プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。 4月22日(日)の放送は、前回 https://tfm-plus.gsj.mobi/news/98hm6SIOAV.htmlに引き続き、元サッカー日本代表の“ゾノ”こと前園真聖さんが登場。ゴルフにまつわる話から日本サッカー界が世界を相手に戦うために必要なことなど伺いました。

    前園真聖さん(右)と、パーソナリティの丸山茂樹


    ◆日本のサッカー選手に足りないもの

    丸山:ゾノくん的に、(日本の)サッカー界は世界で通ずるためにどこを良くしたらいいと思う?

    前園:技術的なテクニックの部分は日本人はあると思うんです。上背がなくても予測していいポジションを取るとかチャンスを作れるけど、海外選手との一番の違いは、(彼らは)シュートを20本打とうが30本打とうが失敗しても1点入ればいいと思っている。20本の失敗なんて一切気にしていないですから。周りに対して。

    丸山:そうなの?

    前園:“申し訳ない”って気持ちが全くないんですよ。でも日本人はあるじゃないですか。

    丸山:あるある。すぐに思っちゃう(笑)。

    前園:そこが良さでもあるんですけど、フォワードの選手はもっとエゴイスティックに“俺が仕事するんだから10本打って1本入りゃいいだろ。次決めてやるよ”くらいのモチベーションがないと世界で戦えないですよ。

    丸山:なるほど。

    前園:チームとしては、協調性や犠牲心があるのはいいこともあるんですけど、特にフォワードに関しては「自分でやっちゃうよ」くらいのメンタルがないと世界で点は取れないですよ。

    丸山:じゃあ、未来のサッカー界について思うのはそういうところ? もっと堂々と、「俺のやったことに何か文句あんの?」くらいの変わり種がいっぱい増えたほうが?

    前園:そう。「今、外したけど、次は決めてやるよ」と。

    丸山:フィールドでやっているうちはみんな同級生くらいの堂々とした気持ちでね。欧米ナイズされていくようなチーム作りを心掛けていくことによって世界に通ずるというのはゴルフ界もサッカー界も一緒だね。

    前園:海外に出る選手も少しずつ増えてきているので、そういうメンタル的な部分とか“お人好しじゃダメだ”と分かってきていると思うので、これからの成長に繋がるんじゃないかと。

    2018年4月22日 18時0分 TOKYO FM+ 全文はこちら
    http://news.livedoor.com/article/detail/14615265/
    続きを読む

    1:たんぽぽ ★ :2018/03/22(木) 19:58:11.88 ID:CAP_USER9.net
    2018-03-22_20h23_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000129-dal-ent

    デイリースポーツ

    元サッカー日本代表でタレントの前園真聖(44)が22日、フジテレビで放送された「VS嵐」に出演。昨年12月に結婚後も、タオルと衣類は別々に洗濯するなど、変わらない“潔癖”ぶりを明かした。

    前園は昨年12月23日に、10年交際した10歳年下のダンサーと結婚している。

    この日はトレンディエンジェルの斎藤司、平野ノラ、横澤夏子ら『チーム新婚』のメンバーとして出演。夫婦のルールについて聞かれると、「タオルと衣類の洗濯は、分けて洗う。別にしたい」と結婚後も潔癖ルールを守っていることを告白。スタジオには驚きの声が上がっていたが「1人暮らしが長かったので(ずっとそうしていたので)」と説明していた。

    サッカーといえば、試合後のユニホーム交換だが、前園は昨年9月、テレビ出演した際に、「潔癖症じゃないんですけど、匂いがちょっと」と汗や体臭がしみついていることから、本音では交換したくないことを告白。やむをえず、交換した場合は、持ち帰らず、ロッカールームに置いてくることも明かしていた。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/01(木) 18:15:58.93 ID:CAP_USER9.net
    【前園真聖 ゾノの焦点!】2018年に入ってメキシコ1部パチューカのFW本田圭佑(31)が好調です。ゴールやアシストという数字でも結果を出していますし、動きも良くなりました。昨季、イタリア1部でほとんど試合に出られませんでしたが、失われていたゲーム勘を取り戻しつつあるのではないでしょうか。

    好パフォーマンスを披露していれば「日本代表復帰」という話も出てくるのは当然でしょう。しかし、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は縦に速いカウンターをメーン戦術にしており、これまで定位置だった右サイドでスピードのない本田を先発起用することは恐らくないと考えられます。

    それでも彼の高い決定力やラストパス、そしてキープ力を生かさない手はありません。では、どこで起用するのか。例えば、インサイドハーフや守備的MFならば本田の持ち味を十分に発揮できます。攻撃的な選手ながらもボールを奪うのもうまいですし、そこから戦況に応じた的確なパスを前線に出せます。

    さらに言えば、スタメン起用は難しくとも、スーパーサブとしてならいろいろな起用法が期待できます。カウンターが通用しないときにポゼッションに切り替えれば、彼の存在がプレーの質を高めてくれるはず。時間稼ぎもできますし、バタついている状況ではチームを落ち着かせることもできます。

    今後、ロシアW杯まで対外試合が3試合しか組めない状況を考えれば、新戦力がチームに融合する時間は足りないと言えます。その点、本田ならば、周囲との連係に不安はないのでリスクも最小限。W杯という大舞台を2度経験し、リーダーの資質も持ち合わせているのでチームにはプラスです。

    何よりも欧州ビッグクラブで10番をつけた選手ですから、実力は証明済み。世界的にも名前は知れ渡っており、相手に圧力をかけられます。

    昨年からお伝えしているように、コンディションが整っているのであれば、ぜひロシアに連れて行くべきではないでしょうか。(元日本代表MF)

    2/1(木) 16:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000054-tospoweb-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/28(木) 16:53:04.74 ID:CAP_USER9.net
    【前園真聖 ゾノの焦点!】ロシアW杯に臨む日本代表は9月に出場権を獲得して以降、ふがいない試合が続いています。10月の2連戦ではホームで不安定なパフォーマンスを見せ、11月の欧州遠征ではブラジル、ベルギーの強豪国に惨敗。12月の東アジアE―1選手権ではライバル韓国に4失点し、タイトルを逃しました。

    来年6月のW杯本番に向けて不安の募る現状ですが、バヒド・ハリルホジッチ監督は本番で堅守速攻で臨む方針を固めており、戦い方を変えることはないでしょう。あとは個人スキルの高いFW本田圭佑(31=パチューカ)ら“ビッグ3”の復帰で変化をつけたいところですが、劇的にチームを改善してくれそうな選手が一人います。

    それがスペイン1部ヘタフェでプレーするMF柴崎岳(25)です。昨年にJ1鹿島の一員として臨んだクラブW杯で、あのレアル・マドリード(スペイン)からゴールを奪ったように高い決定力があり、攻守のつなぎ役として高い能力があります。タメもつくれるし「パスの名手」として前線に絶妙なボールを送ることも可能です。

    しかも長年の課題となっているFKキッカーとしても有能とあって、日本代表が抱えるさまざまな“弱点”を補ってくれる存在です。今季序盤はケガで戦列を離れていましたが、ようやく復帰。試合にも出始めて好パフォーマンスを見せています。きっとハリルホジッチ監督も期待しているに違いありません。(元日本代表MF)
    2017-12-28_17h37_06
    12/28(木) 16:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000043-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/28(月) 19:17:57.55 ID:CAP_USER9.net
    27日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、元プロサッカー選手の前園真聖氏が、試合終了後のユニホーム交換について本音を述べた。

    番組では、アイドルグループ・SKE48の松村香織が投稿したツイートを話題に取り上げた。握手会の参加者に感謝を告げる一方で、男性ファンの体臭に耐えられないという女性ファンの主張を挙げて、体臭対策をファン全体に促したものだ。

    スタジオでは体臭について議論が展開され、前園氏がサッカーの試合後のユニホーム交換について触れた。前園氏は、交換は絶対ではなくフェアプレーを称えあって行なうものだと説明する。しかし、試合中から体臭がキツイ選手というのは分かるらしく、においがキツイ相手との交換は避けていたとか。

    また東野が、交換した相手のユニホームを着ることについて指摘すると、前園氏は、交換後のユニホーム着用は礼儀なので、においの度合いに関わらず「覚悟を決めて(ユニホームを)着なきゃいけない」と語っていた。

    さらに、秋元優里アナウンサーから着用にひるんだことはあるか問われると、前園氏は「そりゃありますよ。だって試合中からずっとくさいですから」と本音を漏らしていた。

    fb587cd959a71a9646424d1c8ede7ed2
    2017年8月28日 9時40分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/13530114/
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2017/08/26(土) 20:48:08.10 ID:CAP_USER9.net
    cc2215592fed9a9f2f84da6378d9eb80
    海外に比べてJリーグは遅い? 宮本慎也氏の疑問に元サッカー選手達の返答は

    26日、TBS「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」では、「野球 VS サッカー 国民的スポーツNo.1はどっち!? プロ大激論&全国投票で今夜決着SP!」と題し、プロ野球界&プロサッカー界のOBらがゲスト出演。「試合が面白いのはどっち?」をテーマに、それぞれの魅力をアピールした。

    番組の冒頭、元プロ野球選手・槙原寛己氏が「ありえないことが起きるのが野球。サッカーは3対0になったらチャンネル変えていいじゃない」などと話すと、元プロサッカー選手・松木安太郎氏は「10対0っていう点差がつく自体、負けてもいいゲームが多い」と言い返す。

    そんな折、番組MCの名倉潤が、宮本慎也氏に意見を求めると、同氏は「海外のサッカーの試合を観て、そのあとJリーグの試合を観るとなんか遅いんですよね」とぶっちゃけ発言。「海外と比べて遅いですか?」と質問された前園真聖氏も「いや、ちょっと遅いだけ」と認めてしまった。

    すると、城彰二氏は「僕、スペインリーグでもプレーしたんですけど、海外というのはピッチに水を撒く習性がある。そうするとボールが速く動く。多分(宮本氏は)撒いてない時の試合を観られてると思います」などと釈明した。

    また「気候があります」と続いた福田正博氏は、「日本は暑い。そんな速く動けないから、ちょっとゆっくりになるところはある。夏場はどうしてもスローになる」と説明。大久保博元氏から「暑いところあるじゃないですか?世界に」と突っ込まれるも、「ヨーロッパが速いのは、涼しいから動き回れる」と言い、「2002年の(日韓)W杯の時は、(海外の選手達も)そんな感じの試合でした」と反論した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13525011/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ