海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:南野拓実

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/18(土) 07:44:47.62
    ブンデス移籍も取り沙汰されるが…

    今シーズン、オーストリア・ブンデスリーガで6連覇を達成し、国内カップ戦も制して二冠を成し遂げたレッドブル・ザルツブルク。すでに、指揮官のマルコ・ローゼは今シーズンいっぱいで退任することが発表され、FWムナス・ダブールはセビージャ、MFヨハネス・ヴォルフはRBライプツィヒへの移籍が決まっている。

    来シーズンの監督には、現在ライプツィヒでアシスタントマネージャーを務めているジョセ・マルシュの就任が内定。マルシュはすでに来季に向けてスカッドのテコ入れに動いており、そのプランではどうやら、南野拓実は不可欠な戦力として考えられているようだ。地元紙『Salzburger Nachricheten』が報じている。

    「ダブール、ヴォルフはすでに出ていくことが決まっており、ザルツブルクは来シーズンを見据えた新たなチーム作りに着手している。

    レンタルに出ていたファン・ヒチャンはハンブルクから戻り、MFメジード・アシモフ、GKペーター・ツィドラーの加入も決定している。また、スポーツディレクターのクリストフ・フレウドは、FWセコウ・コイタの補強に動いていることを認めている。

    彼らの加入によってチームの競争率は高まる。マルシュは、現メンバーの中でパトソン・ダカ、スマイル・プレブリャク、そして南野拓実については、今後もっとプレーをする機会が増えると考えており、飛躍が期待されているようだ」

    南野は、ザルツブルクと2021年6月末までの契約を結んでおり、来シーズンは6年目を迎える。ボルシアMGなどブンデスリーガのクラブが獲得に興味を示しているとも報じられているが、残留の可能性も少なくない。

    リーグ制覇を果たしたザルツブルクには、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)の出場権が与えられている。

    そのため、積極的に補強に取り組む姿勢を表明しており、出入りの激しい夏を迎えることになるだろう。南野の去就も現時点では不透明だ。

    今シーズンは残り2試合。現地時間5月19日に行なわれるシュトラム・グラーツ戦で、南野は先発する可能性が高いようだ。

    はたして、来シーズンもザルツブルクに籍を置くのか。それともステップアップ移籍を果たすのか。いずれにせよ、アピールの場は残り180分しかなく、日本代表アタッカーにとっては少なくとも“消化試合”にはならないだろう。
    2019-05-18_11h46_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190518-00010005-sdigestw-socc
    5/18(土) 6:10配信

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/06(月) 02:18:45.85
    5/6(月) 2:11配信
    ザルツブルク、リーグ6連覇で国内2冠達成!! 南野は在籍5年すべてでリーグ制覇を経験
    [5.5 オーストリア・ブンデスリーガ第29節 オーストリア・ウィーン1-2ザルツブルク]

    オーストリア・ブンデスリーガ第29節が5日に行われ、日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルクがオーストリア・ウィーンのホームに乗り込み、2-1の逆転勝利を収めてリーグ6連覇を決めた。先発出場した南野はフル出場を果たしている。

    前半はオーストリア・ウィーンにゴールを脅かされる場面を作られながらもGKチチャン・スタンコビッチの好セーブなどでしのいで前半をスコアレスで折り返す。後半18分にはカウンターからFWパトソン・ダカが抜け出して強烈な右足シュートを放つが、相手GKに弾き出されてしまった。

    すると後半21分、CKのこぼれ球に反応したMFドミニク・プロコプに豪快に右足ボレーでネットに突き刺され、オーストリア・ウィーンに先制を許してしまう。しかし同37分、左サイドからMFハンネス・ボルフが中央に出したボールをFWモアネス・ダブールがワンタッチで縦に送ると、パスを受けたMFザベル・シュラーガーがネットを揺らしてザルツブルクが試合を振り出しに戻す。

    さらに、同点に追い付いて勢いに乗ったザルツブルクは後半41分、ボルフがPA外から鮮やかな左足ミドルでゴールを陥れ、2-1の逆転勝利。オーストリア・カップに続いてリーグ戦を制し、国内2冠を達成した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-43466691-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/04(木) 04:43:19.60
    4/4(木) 2:53配信
    またもや南野がゴール!! 巧みなアシストも記録して6発大勝に貢献

    [4.3 オーストリアカップ準決勝 グラーツァー0-6ザルツブルク]

    オーストリアカップの準決勝が3日に行われ、FW南野拓実が所属するザルツブルクがグラーツァーに6-0の勝利を収めて決勝進出を決めた。先発出場を果たした南野は前半45分にチーム4点目を奪っている。

    前半6分にFWモアネス・ダブールの得点で先制したザルツブルクは、同13分にMFハネス・ボルフのパスを受けた南野が巧みにヒールでリターンパス。走り込んだボルフがPA内に侵入してネットを揺らし2点目。その後も攻撃の手を緩めずに同26分には右サイドから送られたクロスをダブールがヘディングで叩き込み、リードを3点差に広げた。

    さらに前半45分にはPA左からダブールが送ったクロスを、ファーサイドでフリーで待ち構える南野がヘディングで決めて4点目を奪取。3月31日のリーグ戦第23節で得点していた南野は公式戦2試合連続ゴールとなった。

    4-0と前半だけでザルツブルクが大量リードを奪うと、後半21分にボルフが自身2点目を冷静に流し込んで5点目。さらに同アディショナルタイムにはFWパトソン・ダカがゴールを陥れて6-0の勝利を収め、6季連続の決勝進出を果たした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-43465510-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2019/04/03(水) 19:51:25.94
    ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』は、オーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクを率いるマルコ・ローゼ監督が、来シーズンからドイツ・ブンデスリーガのボルシアMGに就任する見込みだと報じた。

    先日行なわれたブンデスリーガ第27節でデュッセルドルフに敗れたボルシアMGは、現指揮官のディーター・ヘキングが今シーズン限りで退任すると発表。その後任が注目されていた。

    新監督の最有力候補とされるローゼは、これまでブンデスリーガのホッフェンハイム、ヴォルフスブルク、シャルケの新監督候補リストにも入っており、水面下で”争奪戦”が行なわれていたという。

    だが、ここに来てボルシアMGが一歩先んじ、ドイツ紙『BILD』によれば交渉は最終段階に入っているという。ローゼは2020年までザルツブルクとの契約を残しているものの、250万ユーロ(約3億2500万円)の違約金で移籍可能な条項があり、ボルシアMG側はこれを支払う準備が整ったという。

    そこで気になるのが、ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実の去就だ。kicker誌は2月、今夏に多くの主力が離脱する可能性が小さくないボルシアMGが、前線の補強策として、南野をリストアップしていると報じていた。

    森保ジャパンでは主力として扱われている南野だが、5年目を迎えたザルツブルクでは絶対的なレギュラーにはなりきれていない。クラブとの契約は2021年6月末まで残っているが、恩師の”栄転”が現実となれば、来夏のブンデス挑戦を後押しするファクターになるかもしれない。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    2019-04-03_20h27_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190403-00056664-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/04/01(月) 10:10:14.41
    「なんてゴールだ!」南野拓実が40メートルを独走して決勝弾!3点に絡む圧巻の活躍

    3ゴールに絡む出色のパフォーマンス
    3月31日(現地時間)、オーストリア・リーグのレッドブル・ザルツブルク(1位)は、レギュラーシーズンの1~6位で優勝を争うマスター・グループの初戦(第23節)で、オーストリア・ウィーン(5位)をホームに迎えた。

    日本代表の一員として22日のコロンビア戦、26日のボリビア戦に出場した南野拓実は、4-3-1-2のトップ下で先発出場を果たした。

    立ち上がりから積極的にボールに絡み、27分には主砲ムナス・ダブールへの絶妙のループパスで決定機を演出した南野は、34分に先制点の起点となる。

    中央でボールを受けたこの日本代表アタッカーが右サイドへ展開し、シュテファン・ライナーのクロスをダブールがきっちり決めてみせた。

    41分にPKで一度は追いつかれたものの、後半立ち上がりの47分に再び南野が見せる。

    右サイドから抜け出し、40メートル近くを独走してエリア内に進入すると右足を一閃。強烈なシュートでネットを揺らし、リーグ戦では今シーズン5点目を挙げた。
     
    その5分後にDFラインの裏に抜け出して惜しいシュートを放つなど、その後も何度も決定機を作り出した南野は、74分に抜群のタイミングでエリア内に入り込み、PKを獲得。これを一度はGKに防がれながらもダブールがねじ込み、追加点を奪う。

    南野がベンチに下がった直後の86分、91分にもダブールが加点し、5-1で大勝したザルツブルク。4ゴールを奪ったエースとともにこの日の主役となったのは、間違いなく南野だった。

    クラブの公式ツイッターは、「なんてゴールだ!」とこの勝ち越し弾を称えている。
    2019-04-01_10h56_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190401-00056565-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/26(火) 22:02:45.86
    ◇国際親善試合キリンチャレンジカップ

    ○日本1-0ボリビア●(26日、神戸・ノエビアスタジアム)

    日本はコロンビア戦から先発11人を総入れ替えした。1トップに鎌田、トップ下に香川を置き、その左に乾、右に宇佐美という攻撃陣で臨んだが、ボリビアの厚い守りを攻めあぐんだ。

    ボリビアは最終ラインと中盤の間、いわゆるバイタルゾーンを狭くしてコンパクトな陣をしいた。日本は縦に入れるパスをつぶされ、ボールは保持するがチャンスはなかなか作れない。23分、右の宇佐美から左の乾へサイドチェンジのパスが通り、乾がドリブルからシュートは放ったがGKに阻まれるなど、前半は無得点。

    後半13分、日本は大きなチャンスを作った。縦パスから鎌田が抜け出したが、シュートをGKに当ててしまった。日本は15分過ぎ、堂安と中島を交代で入れた。

    日本はさらに南野や柴崎を投入して攻撃の活性化を図った。31分、中央でボールを奪った堂安がドリブルで前進。南野から中島へとつなぎ、中島が左の角度のないところからシュートを決め、ようやく1点を奪った。

    日本は追いつくために攻勢に出たボリビアに対し、その後もカウンターからチャンスを作った。追加点は奪えなかったものの逃げ切った。
    2019-03-26_22h20_31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000097-mai-socc
    3/26(火) 21:54配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/23(土) 01:39:09.99
    <キリンチャレンジ杯:日本0-1コロンビア>◇22日◇日産ス

    森保ジャパンの「三銃士」が攻撃を活性化した。日本(FIFAランク27位)はコロンビア(同12位)に0-1で惜敗。

    2列目のMF中島翔哉(24=アルドハイル)南野拓実(24=ザルツブルク)堂安律(20=フローニンゲン)が昨年11月16日ベネズエラ戦以来、そろって先発。昨年のW杯ロシア大会で2-1で破った南米の強豪を相手に無得点に終わったが、森保チルドレンの3人が何度も決定機をつくった。26日にはボリビアとノエスタで対戦する。

    積み重ねてきた三銃士の実力を示した。中島、南野、堂安がそろって先発。開始から強豪相手に魅力あふれるサッカーを展開した。前半10分、堂安から中央の南野へ。ドリブルで運んだ背番号9はシュートを放つもGKに阻まれた。同21分、今度は中島から堂安へつなぎ、中央を打開して代名詞の左足でシュートを打ったが、わずかにゴール右。同28分には中島のパスを南野がスルーし、初出場のFW鈴木へピタリと合わせるなど、3人そろって創造性豊かなプレーを見せた。

    森保監督の期待に応える働きだった。南野は「前半はいい形を作れた。相手のゴールにシュートで終わる回数が多かった」と三銃士の連係に手応えを得た。4カ月ぶりの3人そろい踏み。1月のアジア杯では中島は招集されたものの、右下腿(かたい)を痛めて離脱し、3人でアジアに挑戦することはできなかった。南野と堂安は同大会で不動の主力として6試合に出場。だが、優勝に導くことはできなかった。

    それぞれ壁にぶち当たり、この日が再出発。南野は同じトップ下にMF香川が復帰。森保ジャパンを最多5得点でけん引してきた主力も「また1からサバイバル」と厳しい競争を強いられた。堂安はアジア杯後、オランダへ戻って何度も何度も反省。「自分にできること」を確認するために新たな気持ちでピッチに立った。同大会には出場できなかったが、ポルトガルのポルティモネンセからカタールへ新天地を移した中島にとっても、もう1度存在感を示す一戦となった。

    得点こそ奪えなかったが、やはり森保ジャパンの顔。南野は「連係は今日も良かったところと悪かったところがあるので、次調整して勝利につなげられるようレベルアップしたい」。W杯ロシア組が復帰しても、次世代を引っ張るのは中島、南野、堂安。3人の意地を見せつけた戦いだった。【小杉舞】

    3/22(金) 22:34配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-03221270-nksports-socc

    写真
    no title
    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/21(木) 20:55:57.36
    定位置をつかんだとの思いはない。

    森保ジャパン12試合のうち10試合にトップ下で先発している日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)。今年1月のアジアカップでも全7試合中6試合に先発し、準優勝に貢献したが、「アジアカップが終わってひと区切りというか、一からサバイバルが始まっている。これまでプレー時間が長かったからといってポジションが確立されているわけではない。今回またゼロからのスタート。地に足を付けて、チームの勝利に貢献したい」と力説した。

    謙虚に足元を見つめるが、ロシアW杯以来の代表復帰を果たしたMF香川真司について「競争と捉えている」と言い切ったように、トップ下のポジションを争うライバルの存在もその意識を強めている。

    「(香川)真司くんはだれが見ても日本で一番実績のある選手で、経験のある選手。(日本代表は)僕だけでなく、みんなが競争している場所。真司くんのいい部分を見て学んで、自分らしくプレーできれば」。日本の10番とのポジション争いにも堂々と立ち向かう決意だ。

    森保一監督は「アジアカップで主力として戦った選手に、新たに加わった選手もまじえながらメンバーを編成して戦いたい」と話しており、南野やMF堂安律、MF柴崎岳、DF冨安健洋といったアジアカップ主力組の先発は濃厚。一方でFW大迫勇也不在の1トップ候補はFW鈴木武蔵とFW鎌田大地の初招集コンビで、南野も「サコくん(大迫)と2人はタイプが違う。考えながらプレーしないといけない」と認める。

    南野と鈴木はともに16年リオデジャネイロ五輪を戦った同世代。「(鈴木)武蔵に関しては今までも一緒にプレーしているし、彼のスピードや裏に抜けるダイナミクスさを生かしていければ、チームとしてもいいと思う」とイメージは膨らむ。鎌田についても「武蔵より少し足元でボールを受けたり、引いてもプレーできる。(鎌田)大地が入ったとしたらポジションチェンジしながらプレーできる。そういうイメージは少し持っている」と指摘。「流動的に動きながらプレーするのは嫌いじゃない。いいイメージはある」と、どの組み合わせでも臨機応変にプレーするつもりだ。

    3/21(木) 20:28配信 ゲキサカ
    2019-03-21_21h42_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-40893624-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2019/03/08(金) 07:00:44.34
    現地時間3月7日、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ16の第1レグが行なわれ、ザルツブルクはセリエAの強敵ナポリとの一戦に臨んだ。

    公式戦で初対戦となった両チーム。そのマッチアップは序盤から地力に勝るナポリが主導権を握ると早々に均衡を破る。

    10分、敵バイタルエリアでボールを持ったメルテンスが鋭いスルーパスを前線へ供給。これをフリーで受けたミリクが最後は相手GKをかわして無人のゴールに蹴り込んでゴールネットを揺らした。

    先手を取って勢いに乗ったナポリは、その後もザルツブルクを押し込み続けると、8分後に追加点をもぎ取る。エリア内の右でボールを持ったカジェホンの柔らかい折り返しを-で受けたファビアンが左足で豪快にボレー! 強烈な一撃はゴール左下隅へ突き刺さった。

    あっという間に2点を奪われてしまったザルツブルクは反撃に出ようと模索するも、巨漢CBクリバリを中心にしたナポリ守備陣の隙を見出せず……。結局、全く決定機を生み出せないまま、前半を終えた。

    後半もペースを握ったのはホームチームだ。

    2点のリードを奪ったことで余裕のあるナポリは意図的にペースダウンするも、虎視眈々とトドメの3点目を狙い続け、58分に予期せぬ形でゴールをゲットする。左サイドでボールを持ったM・ルイが鋭いアーリークロスを放り込むと、これをクリアしにいったザルツブルクのCBオンゲネのヘディングがゴールへと吸い込まれた。

    欲しかった3点目を奪ってからも主導権を握り続けたナポリに対し、第2レグへ望みを繋ぎたいザルツブルクは、62分に2枚替えを講じるなど、状況の打開を模索するも、相手の堅固な守りに手を焼いて効果的な攻撃を繰り出せない。

    そんななか、76分に注目の南野が登場する。2トップの一角で起用されたサムライ戦士は、この日も投入直後からアグレッシブに動き、味方からのボールを引き出す。79分には前を向いてエリア内に侵入したが、その前に立ちはだかったマクシモビッチとアランに挟まれてシュートまでは持ち込めなかった。

    その後も危なげなく試合を進めたナポリは、ザルツブルクの追い上げを手堅い守備で難なく抑え込んでシャットアウト。3-0のままでゲームを締めた。

    本拠地でオーストリア王者をナポリが圧倒し、対戦の趨勢が定まった感もあるが、チャンピオンズ・リーグで幾度も奇跡的な逆転劇が演じられていることを考えれば、突破の可能性が全くのゼロになったというわけではない。ザルツブルクははたして巻き返せるだろうか。注目の第2レグは現地時間3月14日に舞台をレッドブル・アレーナで移して行なわれる。
    2019-03-08_09h50_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190308-00055134-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/07(木) 17:46:51.95
    オーストリア1部のレッドブル・ザルツブルクに所属する南野拓実に、ブンデスリーガの古豪、レバークーゼンが興味を持っているようだ。イタリアの移籍専門情報サイト『CALCIOMERCATO』が報じた。

    南野はザルツブルクで5年目を迎えており、同クラブとの契約は2021年6月末となっている。

    クラブでは絶対的なレギュラーにはなりきれていないとはいえ、18年9月以降、森保ジャパンでは主力として小さくないプレゼンスを発揮し、移籍市場における評価は高まっている。

    つい先日も、ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』が「ブンデスリーガのボルシアMGの獲得リストに南野拓実の名前がある」と伝えている。南野に興味を示していると報じられたドイツのクラブは、少なくともこれで2つめとなる。

    ザルツブルクは現在、オーストリア・リーグで首位を独走しているほか、ヨーロッパリーグ(EL)に参加中だ。ラウンド・オブ32ではベルギーのクラブ・ブルージュと対戦し、第1レグを1-2で落としたものの、第2レグでは4-0で快勝し、次ステージへの進出を決めた。現地時間3月7日にはラウンド・オブ16の第1レグ、イタリアの強豪ナポリと戦う。

    国内の強豪であり、ヨーロッパの舞台でも戦えるザルツブルクでプレーを続けるのも悪い選択肢ではないとはいえ、ステップアップを決断しても不思議はない。

    はたして、南野は来夏にブンデス挑戦を選択するのだろうか。

    3/7(木) 17:39配信 サッカーダイジェスト
    2019-03-07_19h09_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190307-00055121-sdigestw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ