海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:南野拓実

    9c4a2f71

    1: 風吹けば名無し 2018/12/11(火) 02:16:44.42
    日本サッカー始まったやろ

    3: 風吹けば名無し 2018/12/11(火) 02:17:25.80
    ガラタサライ長友やサウサンプトン吉田、ブレーメン大迫にマルセイユ酒井もいる

    6: 風吹けば名無し 2018/12/11(火) 02:18:26.35
    オイペン豊川「ワイを忘れてるぞ」

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/03(月) 06:57:24.04 _USER9
    写真
    2018-12-03_08h34_47

    🌑ポルトガル、オーストリア、オランダ、それぞれのリーグで躍動!

    森保ジャパンに選出され、新たな”日本代表の顔”として存在感を増し続けている3人の海外組、南野拓実、中島翔哉、堂安律。彼らが奇しくも同日、各リーグ戦でゴールを決め、チームを勝利に導いた。

    【動画】中島翔哉、今シーズン5点目の技ありシュート!



    その活躍ぶりを、現地メディアも非常に興奮した様子で報じている。ひとりずつ紹介しよう。

    現地時間12月2日、オーストリア・ブンデスリーガ第16節、レッドブル・ザルツブルクvsラインドルフ・アルタッハの試合では、日本代表の南野拓実が3試合ぶりに先発出場した。

    18分、CBアンドレ・ラマーリョがペナルティエリア内へロングフィードを送る。走り込んだ南野は相手DFのプレッシャーを背に受けながらも、背後から供給されたボールに右足を合わせる、非常に難度の高いダイレクトボレーでゴールネットを揺らした。

    このゴールをオーストリアのオンラインTVメディア「LAORA1」は、「ミナミノの決勝点はクリスチアーノ・ロナウドのようなシュート!」と絶賛している。

    「ミナミノはC・ロナウドと”邂逅”する。これは11月7日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦で、ユベントスのC・ロナウドが決めたゴールを彷彿とさせる得点だった。これが先制点であり決勝点となったのだ。今日の勝利は、南野のゴールが間違いなくクラブを勝利に導いた」

    試合は南野の決めた1点を守り切り、ザルツブルクが勝利した。

    同日に行なわれたポルトガルリーグ第11節、中島翔哉が所属するポルティモネンセとトンデラの一戦は、3-2でポルティモネンセが制した。

    開始15秒で先制されたポルティモネンセだが、ペナルティエリアで中島が獲得したPKで同点に追いつく。その後、さらに1点を加えてリードすると、前半終了間際には中島自身が決めて3-1に。後半に1点を許したが、そのまま逃げ切った。

    試合を通してポルティモネンセの”核”としてプレーした中島を、ポルトガル地元紙『Diário de Notícias』は「ポルティモネンセの”実力”がトンデラの有利を長続きさせなかった」と讃えている。

    「開始すぐにトンデラが得点したのは選手、スタッフだけではなく視聴者も驚かせた。だが、試合内容はポルティモネンセのものだ。PKを決めたパウリーニョとジャクソン・マルティネスの2点目、そして前半終了間際の中島のゴールでトンデラの優勢は吹き飛ばされてしまった。

    それでもトンデラは後半、前半よりも積極的に攻め、攻守の切り替えも速くなったけれど勝利には届かなかった。それに、得点こそ許さなかったが、守備陣とGKのクラウディオ・ラモスは、中島を阻みきれていなかった。

    ゴールを決めたシーン以外にもそれは現われていた。象徴的だったのが84分のシーン。日本人選手はフリーでシュートを叩き込んだ。得点にはならなかったが、それを阻んだのは、人の手ではなくゴールポストだったのだから…」

    つづく

    12/3(月) 6:43 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00051038-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/02(日) 23:35:15.98 _USER9
    ザルツブルクの日本代表FW南野拓実が、公式戦3試合ぶりとなるゴールを挙げた。

    ザルツブルクは2日、オーストリア・ブンデスリーガ第16節でSCラインドルフ・アルタッハと対戦。南野は左ウィングで先発した。

    すると前半の18分、アンドレ・ラマーリョのハイボールを受けた南野が強烈な一撃でネットを揺らし、試合を動かした。前半の45分を終えてザルツブルクが1点をリードしている。

    南野は今季公式戦11ゴール目。リーグ戦では4点、欧州カップ戦では5点、国内カップ戦では2点と、好調をキープしている。
    2018-12-03_01h11_24
    12/2(日) 23:12配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00010015-goal-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/11/30(金) 10:21:02.17 _USER9
    【EL結果まとめ】南野のザルツブルクと乾のベティスが突破決定。長谷部のフランクフルトは首位通過

    現地時間29日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節の24試合が各地で開催された。

    南野拓実が交代出場したザルツブルクは“姉妹クラブ”であるRBライプツィヒに1-0の勝利を収め、今大会5戦全勝でグループ突破決定。乾貴士もオリンピアコス戦に交代出場し、1-0の勝利を収めたベティスは決勝トーナメント進出を決めた。

    長谷部誠がフル出場したフランクフルトはマルセイユに4-0で快勝してグループ首位通過が確定した。すでに敗退が決まっているマルセイユの酒井宏樹は出場せず。同じく敗退決定済みのアンデルレヒトは森岡亮太が先発で出場したが、スパルタク・トルナバと0-0のドローに終わった。

    前節時点でグループ突破を決めていた7チームに加え、ザルツブルクとベティスの他にゼニト、ディナモ・キエフ、フェネルバフチェ、スポルティングCPが決勝トーナメントへ進むことが決まった。今回行われた24試合の結果は以下の通り。

    レバークーゼン 1-1 ルドゴレツ
    FCチューリッヒ 1-2 AEKラルナカ
    ローゼンボリ 0-1 セルティック
    ザルツブルク 1-0 RBライプツィヒ
    ボルドー 2-0 スラビア・プラハ
    ゼニト 1-0 コペンハーゲン
    アンデルレヒト 0-0 スパルタク・トルナバ
    フェネルバフチェ 0-0 ディナモ・ザグレブ
    カラバフFK 1-6 スポルティングCP
    ボルスクラ 0-3 アーセナル
    ミラン 5-2 F91デュデランジュ
    ベティス 1-0 オリンピアコス
    スパルタク・モスクワ 1-2 ラピッド・ウィーン
    レンジャーズ 0-0 ビジャレアル
    アポロン・リマソール 2-0 ラツィオ
    フランクフルト 4-0 マルセイユ
    マルメ 2-2 ヘンク
    サルプスボルグ08 2-3 ベジクタシュ
    クラスノダール 2-1 アクヒサル
    スタンダール・リエージュ 1-0 セビージャ
    アスタナ 0-1 ディナモ・キエフ
    FKヤブロネツ 0-1 レンヌ
    BATEボリソフ 2-0 ビデオトンFC
    チェルシー 4-0 PAOK
    20170825_el_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181130-00299353-footballc-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/24(土) 06:55:52.38 ID:CAP_USER9.net


    森保ジャパンで売り出し中の欧州組・新ご三家の評価が急上昇中だ。

    ポルトガル・ポルティモネンセのMF中島翔哉(24)は、スペイン国内で「移籍金が50億円にまで急騰」と報じられたこともあったが、欧州での適正移籍相場は「20億円前後」ともっぱらだ。

    「ポルトガルでビッグ3と呼ばれている欧州CL常連のポルト、ベンフィカ、スポルティングが中島を高評価しており、20億円程度の移籍金はポンと払える。スペインのセビージャも興味津々といわれ、あと元代表FW岡崎慎司の放出が噂されている英プレミアのレスターも触手を伸ばしている」(サッカー関係者)

    オランダでプレーしている20歳MF堂安律(フローニンゲン)にはセリエAのユベントス、ドイツのドルトムント、英プレミアのマンチェスターUといった名門クラブが関心を寄せ、オランダの強豪アヤックスとPSVが引き抜きを画策中と国内で話題となっている。

    「移籍金相場は4億円前後。ロシアW杯後の移籍期間中に元代表MF本田が所属していたロシアのCSKAモスクワから正式オファーが届き、堂安本人は『欧州CLに出られるのなら』と前向きだったが、移籍話は流れてしまった。フローニンゲン自体、アヤックスとPSVとはクラブ職員も含めて人的交流があり、まずは国内トップクラブに移籍して活躍し、それから欧州4大リーグの英プレミア、スペイン、ドイツ、イタリアを目指すでしょう」(前出の関係者)

    2015年にオーストリアに渡り、上位クラブのザルツブルクで4シーズン目を戦っているMF南野拓実(23)。毎年コンスタントに活躍し、森保ジャパンでは「点の取れるトップ下」として存在感をアピールしている。

    「ここ数年、ザルツブルクの主力選手が“スポンサーが同じで兄弟クラブといわれる”ドイツ1部ライプチヒに10人以上移籍している。しかし南野はドイツ行きのリストに載ったことがない」(マスコミ関係者)

    どうやら欧州内では人気薄のようである

    2018/11/24 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/242299/1
    続きを読む

    1:ゴアマガラ ★ :2018/11/23(金) 18:03:22.73 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表MF南野拓実(23=ザルツブルク)が22日、所属クラブに戻るため羽田空港から離日した。

    他の欧州組はキルギス戦から一夜明けた21日に出発したが、南野はクラブから許可を得て国内に一日長く滞在してリフレッシュにあてた。出発時には「今日はこのまま行きます。すみません」とだけ言い残し取材には応じなかったものの、オーストリアに戻って再びアピールを続ける覚悟だ。

    所属では強豪が集う欧州リーグ(EL)で、8日のローゼンボリ(ノルウェー)戦でハットトリックを決めるなど絶好調だ。

    10月4日のセルティック(スコットランド)戦でもゴールを決めており、欧州の舞台でも存在感を高めている。そんな中で気になる情報が浮上してきた。

    欧州事情に詳しいマネジメント事務所関係者は「大幅なチームの立て直しを図ろうとしているバイエルンが、日本人選手をリストアップしているという話もある」と明かす。

    ドイツ1部で6連覇中の名門バイエルン・ミュンヘンだが、今季はここまで調子が上がらず欧州チャンピオンズリーグ出場圏外の5位と低迷。

    主力選手の高齢化やスピードのある選手が少ないことが不振の原因に挙げられており、今冬や来夏の移籍市場で大胆な血の入れ替えが検討されている。

    すでに関心が寄せられるMF香川真司(29=ドルトムント)のほか、日本代表で台頭中の若手も注視されており、南野も獲得候補に入ったとみられる。

    今後の活躍次第で、一気にビッグクラブへのステップアップも現実味を帯びてきそうだ。
    2018-11-23_18h22_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000036-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/18(日) 12:19:00.25 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表でシ烈な次期エース争いが展開される。森保ジャパンは16日、国際親善試合ベネズエラ戦(大分)で1―1と引き分けて4連勝を逃したが、南米の強豪を相手に互角に渡り合い、来年1月のアジアカップ(UAE)に向けて大きな弾みになった。9月の新チーム発足後、攻撃をけん引した若手の“三羽ガラス”への注目度が高まる中、日本のエースに就任すれば60億円超のビッグマネーを手にできるという。

    国際サッカー連盟(FIFA)ランキング50位の日本は、同29位と格上の南米ベネズエラを相手に持ち味を封じられた。前半39分にMF中島翔哉(24=ポルティモネンセ)のFKからDF酒井宏樹(28=マルセイユ)のゴールで先制するが、後半36分には酒井が与えたPKを決められて同点。森保ジャパンの連勝は3で止まった。

    3試合連続ゴール中だったMF南野拓実(23=ザルツブルク)は無得点に終わり「決め切れていれば、また変わった状況になった」とし、決定機を外したMF堂安律(20=フローニンゲン)も「ああいうところで決め切るか決め切れないかが、上に行けるか行けないかになる」とそれぞれ反省した。

    とはいえ、チームの歯車がかみ合わない中で奮闘し、負けなかったのは大きな収穫。来年1月のアジアカップに向けた強化は順調に進んでいる。とりわけ注目されるヤングトリオの中島、南野、堂安への期待は高まる一方だが、ピッチ外でも熱い視線が注がれている。

    大手広告代理店の関係者は「次世代のスター候補の3選手は、大手企業からも非常に注目されている。この中の選手の一人が、ある企業とかなりの大型契約を結ぶ話も進んでいる」と明かす。

    スポーツ界で「超一流」と認められたアスリートには巨大なマネーが動く。男子テニスのロジャー・フェデラー(37=スイス)が今夏に日本の衣料品大手ユニクロと10年総額3億ドル(約340億円)で契約。サッカーFWクリスチアーノ・ロナウド(33=ユベントス)もスポーツメーカーのナイキと80歳まで総額1000億円を超える“生涯契約”を結んでいる。

    日本人選手でも、男子テニスの錦織圭(28=日清食品)がユニクロと推定5年60億円、男子ゴルフの松山英樹(26=LEXUS)がゴルフ用品大手のダンロップと推定5年30億円などと、高額契約を交わしている。日本代表のエースの座を勝ち取れば、世界からの注目度も抜群なだけに、錦織の60億円に匹敵するビッグマネーを生み出す可能性があるのだ。

    「企業側にとっては、日本のエースとして突出した存在になる選手と契約したいという考えもあるし、現在はどの選手がそうなるのかを各社見極めている状況でもある。今後の活躍次第で、動くお金も変わってくるのでは」(同関係者)

    長年エースとして君臨した元日本代表MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)やMF香川真司(29=ドルトムント)は多くの企業と契約し、サッカー界のCM王と呼ばれた。2人を超える“ジャパニーズ・ドリーム”を手にするのはいったい誰か。次戦のキルギス戦(20日、豊田)やアジアカップでの活躍が鍵になりそうだ
    2018-11-18_13h19_57
    11/18(日) 11:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000003-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 21:43:24.99 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表が14日、大分県内で国際親善試合ベネズエラ戦(16日、大分銀行ドーム)へむけた合宿3日目を行った。負傷離脱したFW鈴木優磨(22=鹿島アントラーズ)の代わりに追加招集されたFW杉本健勇(25)も合流し、全23選手がそろった。

    杉本は森保ジャパン初陣の9月の代表合宿の際は途中で負傷離脱し、10月は招集されず。三度目の正直となる代表戦へ向け「(FW鈴木の)けがをしたという話は聞いていたし、いつでもいけるように準備はしていた。言われていたわけではないけど、勝手に思っていました。思い切ってプレーしたい」と意気込んだ。

    またかつてセレッソ大阪でともにプレーし、森保ジャパンで3戦連発ゴール中のFW南野拓実(23)について「あいつのことを考えている余裕が自分にはない」と苦笑いしつつ「(セレッソ大阪)ユースの頃からやっているので、またここでできるのはいいことだと思うし、俺もあいつに負けないように頑張ります」と闘志を燃やしていた。
    2018-11-15_00h54_38
    11/14(水) 21:25配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00392267-nksports-socc
    続きを読む

    minamino-800x533

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 19:45:40.57 ID:CAP_USER9.net
    いま、絶好調の「サムライ・ストライカー」を、ドイツの強豪クラブが徹底マークしているようだ。

    現地時間11月13日、イタリアのサッカー専門メディア『Calcio Mercato』は、オーストリア・ブンデスリーガのザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実に、ドイツ・ブンデスリーガのRBライプツィヒとドルトムントが「興味を示し、獲得に名乗りを上げる」と報じた。

    2015年1月にセレッソ大阪からザルツブルクに完全移籍で加入して以来、オーストリア屈指の名門で研鑽を積んできた南野は、その声価を確実に高めている。

    昨シーズンに公式戦で11ゴール・10アシストを記録した23歳の点取り屋は、今シーズンも好調そのもので、開幕からの公式戦21試合で10ゴールという結果を出し、さらに日本代表としても“森保ジャパン”発足後から3試合連続となる計4ゴールを挙げて存在感を放っている。

     そんな南野を、欧州の有力クラブが見逃すはずがない。日夜、世界各国の移籍情報を発信している『Calcio Mercato』は、「ライプツィヒとドルトムントが日本人獲得に名乗り」と紹介している。

    ライプツィヒは、オーストリアの清涼飲料水会社『レッドブル』の所有クラブで、ザルツブルクとは姉妹クラブにあたるチームだ。両クラブ間での選手獲得の取引は、過去にもいくつか例があるだけに、南野が移籍する場合にも、その交渉は比較的スムーズに進む可能性がある。

    一方のドルトムントは現在、ブンデスリーガで絶対王者のバイエルンを抑え、首位をひた走っている。仮に加入への動きが加速すれば、南野にとって重要なステップアップとなり、そしてセレッソ大阪の先達でもある香川真司との共闘が実現するかもしれない。

    怒涛の勢いでゴールラッシュを叩き込んでいる南野は、来年1月に幕が開ける冬の移籍市場で、ドイツの強豪チームに新天地を求めるのだろうか。その去就動向に注目したい

    2018年11月14日 18時23分 サッカーダイジェスト
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15595496/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ