海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:南野拓実

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/11/12(木) 07:36:36.90 _USER9
    10月オランダ遠征で10番を背負った南野拓実が取材に応じた

    森保一監督率いる日本代表は11日、オーストリア・グラーツで国際親善試合パナマ戦(13日)とメキシコ戦(17日/日本時間18日)に向けて合宿3日目を迎えた。10月のオランダ遠征に続いてメンバーは海外組だけで構成。前回背番号10をつけたMF南野拓実(リバプール)は所属クラブで直近のプレミアリーグ第8節マンチェスター・シティ戦で今季初めてのベンチ外を経験した。世界屈指の強豪クラブでもがき続ける日本のエース候補は「悲観的になっていない」と、挑戦を続ける覚悟を示した。

    2カ月連続の代表合宿。10月のオランダ遠征で初めて10番を付けた南野は、今回合流するまで所属クラブで厳しい時間を過ごした。10月27日、先発出場したUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ミッティラン(デンマーク)戦は、ホームで2-0と勝利を収めたものの、低調なパフォーマンスで途中交代。同31日のプレミアリーグ第7節ウェストハム戦(2-1)、11月3日のCLグループステージ第3節アタランタ戦(5-0)はベンチにとどまり、直近のシティ戦ではベンチ外となった。南野は公式戦3試合連続で出番に恵まれていない悔しさをにじませた。

    「前回(代表に)合流した時より(リバプールでの)試合の出場は少ないけど、個人的にコンディションは問題ないし、トレーニングを積んでいる。出場時間が短い分、個人で何かを見せたいというところもある。(シティ戦のメンバー外は)サッカー選手として起こり得ることだし、悲観的には捉えていない。悔しい気持ちはあるので、次にチームに帰った時に試合に出られるように頑張っていかないと」

    これまでのサッカー人生も決して順風満帆だったわけではない。セレッソ大阪の下部組織で育ち、17歳でトップデビュー。トップ昇格後にはクラブ史上初めて高卒ルーキーで開幕先発を飾った。だが、プロ2年目ではエースのFW柿谷曜一朗が海外移籍し、19歳ながらチームの中心としての活躍を期待された。それでも、リーグ2得点にとどまり、チームはJ2へ降格。自身は成長のために2015年冬、ザルツブルクへ渡った。ザルツブルクでもレギュラーを掴み切れない時期もあった。そのなか、一段ずつ階段を上っていった。リバプールで感じる“壁”も南野にとっては成長するためのきっかけだ。

    「今までの試合に出られなかった時とは状況が違う。トップクラスの選手がいる中で、今の自分の立場はこれまでと違う。個人的にはそれを、悲観的になっていない。サッカー選手なのでそういう時もあるし、今までも乗り越えてきた。今回も地道に自分なりに解決していければ。それに対して挑んでいく気持ちは常に今までも持っていたし、絶対に失ってはいけない。でも、そのために何をすればいいのかという試行錯誤は今までよりもしているかもしれない」

    苦悩が続く森保ジャパンのエース候補。まずは今回の代表合宿でゴールを奪い、上昇気流に乗るため弾みをつけたいところだ。
    2020-11-12_10h03_25
    https://news.yahoo.co.jp/articles/39ced619eee0bf725aa0e58b61d19674e6b285e7
    11/12(木) 7:10配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/11/09(月) 04:28:40.39 _USER9
    【マンチェスター・シティ 1-1 リバプール プレミアリーグ第8節】

    プレミアリーグ第8節のマンチェスター・シティ対リバプールが現地時間8日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わった。リバプールの南野拓実はベンチ入りしていない。

    今季ここまでリーグ戦での先発がない南野がベンチにも入らなかったリバプールは、早い時間に先制する。13分、マネが獲得したPKをサラーが決めてリードを奪った。

    追いかけるシティは31分に同点弾。デ・ブライネのパスをゴール前で受けたガブリエウ・ジェズスがうまく反転してDFを外してゴールネットを揺らす。

    シティは38分に逆転の好機。デ・ブライネのクロスがゴメスの手に当たってハンドとなりPKを獲得する。しかし、デ・ブライネのPKは枠を外れてしまい、1-1で折り返した。

    後半はどちらもゴールが決まらず、試合は1-1のまま終了。リバプールは首位と勝ち点1差の3位、シティは11位につけている。

    【得点者】
    13分 0-1 サラー(リバプール)
    31分 1-1 ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ)
    2020-11-09_10h39_18
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2bd92c4665079377cff60ea68fcdae6a0caa66e6
    11/9(月) 3:27配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20113765
    試合スコア

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
    順位表

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/52
    得点ランキング

    南野今季成績

    第1節 出場せず
    第2節 後半41分~
    第3節 後半46~
    第4節 後半1分~
    第5節 出場せず
    第6節 後半38分~
    第7節 出場せず
    第8節 ベンチ外

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/11/02(月) 14:56:54.24 _USER9
    リバプールFWジョッタが公式戦3試合連続ゴール ウェストハムに2-1で逆転勝利
     リバプールは現地時間10月31日、プレミアリーグ第7節でウェストハムと対戦し、1-2で逆転勝利を収めた。途中出場のポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが値千金の決勝弾を奪ったなか、英メディアは「ジョッタはリバプールのスタメンに値するのか?」と見出しを打ち、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノとの“世代交代”に注目している。

    【動画】「フィルミーノは道を譲るべき」 リバプールFWジョッタが絶妙スルーパスから値千金の決勝弾

    昨季30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールだったが、17日に行われた第5節エバートン戦(2-2)では、守備の要として不動の地位を築くオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが右膝前十字靱帯損傷の重傷を負うアクシデントもあり、シーズン序盤にして暗雲が立ち込めている。

    そんななか、チームを救う際立った活躍を披露しているのが、今季ウルヴァーハンプトンから加入した23歳のジョッタだ。リーグ第3節アーセナル戦(3-1)では後半35分に途中出場してデビューを飾ると、同43分に移籍後初ゴールを記録。さらに、今月24日の第6節シェフィールド・ユナイテッド戦(2-1)、27日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2節ミッティラン戦(2-0)でも2戦連続ゴールを決めていた。

    ウェストハム戦ではベンチスタートとなったが、1-1で迎えた後半25分にフィルミーノに代わって途中出場。同32分にこぼれ球を押し込んでネットを揺らすも、直前のセネガル代表FWサディオ・マネのプレーがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の確認の結果、ファウルと見なされゴールは取り消しとなる。

    それでも後半40分、スイス代表MFジェルダン・シャキリのスルーパスに抜け出したジョッタが相手GKとの1対1を制し、正真正銘のゴールを決める。これが決勝弾となり、ジョッタにとっては公式戦3試合連続ゴールとなった。移籍加入直後からチームを救う重要なゴールを奪っているジョッタの評価は日に日に高まっている。

    強力3トップの解体、あるいは4-2-3-1システムへの移行も視野か
    そんななか、英衛星放送「スカイ・スポーツ」は「ジョッタはリバプールのスタメンに値するのか?」と見出しを打ち、「フィルミーノは道を譲るべき」と、長年にわたりエジプト代表FWモハメド・サラー、フィルミーノ、マネで構成されてきた強力3トップ、通称“ファブ3”を今こそ解体するべきと主張している。

    記事では、「シーズン当初には考えもしなかったが、フィルミーノはスランプに陥っており、サラーが中央エリアでプレーさせるオプションもあることから、ブラジル人FWをローテーション要員に組み込む選択肢も除外するわけにはいかない」と指摘。最前線にサラー、右にマネを回し、左にジョッタを起用する3トップの可能性に言及した。

    また、「“ファブ4”を形成し、中盤の役割をフィルミーノかジョッタに任せる方法もある」とし、4-2-3-1システムに切り替え、トップ下にフィルミーノ、もしくはジョッタを配置する攻撃的なフォーメーションも考慮できると説明している。記事内では、日本代表MF南野拓実の名は一度も出てこず。これまで29歳のフィルミーノの後任に南野の名が挙げられてきたが、論点は「フィルミーノか、ジョッタか?」へと推移しているようだ。
    2020-11-02_19h51_34
    https://news.yahoo.co.jp/articles/84a1b3f35f41bc81663ebe963038c83506855255
    11/2(月) 6:50配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/10/28(水) 16:59:03.57 _USER9
    チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグD組第2節、リヴァプール対FCミッティランが現地時間27日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。日本代表MFの南野拓実はリヴァプール加入後としては初となるCLでの先発出場を飾った。しかし、モハメド・サラーと交代するまでの60分間は、非常に厳しいものとなった。(文:小澤祐作)

    ●アヤックス戦同様に苦戦したが…

    90分間を終えユルゲン・クロップ監督は言った。「理由は様々だが、正直なところ、思った通りにはいかなかった」と。

    リヴァプールは3日前にシェフィールド・ユナイテッド戦を消化したばかりだった。クロップ監督はその試合からスタメンを4人変更。南野拓実やディボック・オリギ、ジェルダン・シャキリら普段あまり出場機会を得られていない選手をピッチに送り出し、4-2-3-1のフォーメーションを採用している。

    少しフワッとした入りを見せたリヴァプールは、いきなりFCミッティランに決定機を作られた。2分、最終ラインからのロングボールに抜け出したアンダース・ドレイヤーがペナルティーエリア内でシュート。GKアリソンの好セーブで何とか失点は逃れたが、非常に危うい場面だった。

    その後は攻めるリヴァプール、守るミッティランという戦前の予想通りの展開となった。右サイドバック、トレント・アレクサンダー=アーノルドの右足は相変わらず脅威となっており、反対サイドのアンドリュー・ロバートソンも良い形で攻撃参加。ディオゴ・ジョッタも随所で持ち味を活かしていた。

    しかし、チーム全体として攻撃の迫力不足は否めなかった。クロップ監督が「彼らは狂ったようにプレスをかけてきて、本当に慌ただしいゲームになり、決定的な場面で落ち着くことができなかった」と話す通り、敵陣深くまで侵入することは簡単だったが、最後の部分で精彩を欠き続けた。事実、リヴァプールは前半5本のシュートを放っていたが、枠に飛んだのは1本もなかった。

    後半、クロップ監督は南野を右に回しオリギを中央、ジョッタを左に置きシャキリを低めに置いた4-3-3システムで勝負に出た。すると55分、アレクサンダー=アーノルドからのクロスをジョッタがフィニッシュ。待望の先制弾を奪った。

    リードを得たリヴァプールはサディオ・マネやモハメド・サラーを投入。相手の反撃を受けぬよう攻め続けるかつ追加点を奪うための交代だった。

    そのクロップ監督の狙いは的中した。90分にあわや同点という大ピンチを招いたものの、1分後にサラーがPKを獲得。これを背番号11自ら決め、2-0で試合を締めている。スコアだけをみれば、完勝だ。

    ただ、上記した通りクロップ監督は試合後に「思い通りにはいかなかった」と話している。前回のアヤックス戦同様、このミッティラン戦も苦戦した末に何とか勝ち点3をもぎ取ったと言えるだろう。

    ●南野拓実の最低評価は妥当

    このミッティラン戦で日本代表の南野拓実は、リヴァプール加入後としては初となるチャンピオンズリーグ(CL)での先発出場を飾った。ポジションは4-2-3-1システムの1トップ。結果が求められた。

    しかし、最終的には0得点0アシスト。チャンスを得たにもかかわらず目に見える結果をまたも残すことはできなかった。それどころか、流れの中でも良いプレーはほとんど見られなかった。

    現地紙『リヴァプール・エコー』などは南野に最低評価を与えたようだが、それも妥当と言えるだろう。また、試合後のリヴァプール公式ツイッターには「南野は終わった」、「彼はダメだ。我々のチームから出るべき」といった辛辣な投稿もいくつか寄せられていた。

    そして、クロップ監督も試合後に「タキは非常に生き生きとしていたが、明らかにゲームに参加することができていなかった」とコメント。南野は厳しい現実を突きつけられてしまった。

    先述した通り、リヴァプールは前半ほとんど大きなチャンスを作ることができなかった。その原因はオリギ、そして残念ながら南野の低パフォーマンスがあったからと言わざるを得ない。
    2020-10-28_18h44_31
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6bc56c596a2b09f78bdfb34e95f9216cab7b2a5b
    10/28(水) 11:56配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/10/28(水) 07:54:50.13 _USER9
    チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、FW南野拓実が所属するリヴァプールはホームでミッティランと対戦した。南野は今シーズン公式戦3度目の先発出場で60分までプレーしたが、ノーゴールに終わった。

    2年ぶりの欧州制覇を狙うリヴァプールは第1節でアヤックスに1-0の辛勝。今節は、第1節でアタランタに0-4で敗れたデンマーク王者のミッティランをホームに迎えた。メンバーはモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネら主力がベンチスタートとなり、3トップはディオゴ・ジョッタ、南野、ディヴォック・オリジが入った。

    試合は開始3分、アウェイのミッティランが先にチャンスを作った。ロングボールでアンダース・ドレイヤーが抜け出しペナルティエリア内からシュートを打ったが、これはGKアリソンの好セーブに阻まれた。リヴァプールは14分、トレント・アレクサンダー・アーノルドがピンポイントのクロスを送ると、南野がゴール前に飛び出したが、空振りでシュートを打てず。

    30分、リヴァプールにアクシデントが発生。離脱中のフィルジル・ファン・ダイクの代役を務めていたファビーニョが負傷交代を余儀なくされ、代わりに19歳のリース・ウィリアムズが送り出された。

    リヴァプールは前半アディショナルタイム1分、アレクサンダー・アーノルドが右サイドからピンポイントのアーリークロスを供給。ゴール前に走り込んだ南野が頭で合わせたが、これは枠を捉えなかった。

    スコアレスで折り返したリヴァプールは55分、ついに均衡を破る。アレクサンダー・アーノルドがジェルダン・シャチリとのワンツーでエリア右に抜けて折り返すと、ジョッタが無人のゴールに沈めて先制点を挙げた。

    リードを得たリヴァプールは60分、南野とオリジを下げてマネとサラーを投入。81分にはジョッタに代えてフィルミーノを送り出す。主力3トップがピッチにそろったものの、追加点は遠い。89分には逆にピンチを迎え、ミッティランはドレイヤーがエリア右へ切り込んでループシュートで狙ったが、これは枠を捉えなかった。

    リヴァプールは後半アディショナルタイム1分、サラーが倒されてPKを得ると、自らゴール右に突き刺して試合を決めるゴールを挙げた。リヴァプールはデンマーク王者に苦戦したものの、完封勝利でCL2連勝を飾った。

    次節は11月3日に行われ、リヴァプールはアウェイでアタランタと、ミッティランはホームでアヤックスと対戦する。

    【スコア】
    リヴァプール 2-0 ミッティラン

    【得点者】
    1-0 55分 ディオゴ・ジョッタ(リヴァプール)
    2-0 90+3分 モハメド・サラー(PK/リヴァプール)
    2020-10-28_10h23_28
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2d631a29c43fd22d91d39e8ec99063918566232c
    10/28(水) 6:52配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20118441
    試合スコア

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/10/02(金) 06:08:43.06 _USER9
    南野は前半終了間際のビッグチャンスをものにできず… リバプールはPK戦の末に敗退決定


    リバプールは現地時間1日、カラバオカップ4回戦でアーセナルと対戦し、0-0の末に突入したPK戦で4-5と敗れた。日本代表MFは3トップの最前線で先発出場したが、最大の決定機で放ったシュートはバーを直撃。PK戦では3人目のキッカーとして成功させたが、チームを勝利に導くことはできなかった。

    今季開幕直前に行われたコミュニティー・シールドで対戦した両チームだが、リバプールは1-1で迎えたPK戦の末にアーセナルに競り負けた。一方、9月28日のプレミアリーグ第3節では、リバプールが3-1で勝利。中2日で早くも今季3度目となる対戦を迎えた両者だったが、南野は3トップの最前線で先発を飾った。

    両チームともにサブメンバーを中心に送り込んだ一戦は静かな立ち上がりとなるが、0-0で迎えた前半45分、南野に最大のチャンスが訪れる。右サイドからのクロスに走り込んだポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタがダイビングヘッドで合わせるが、相手GKに弾かれてしまう。 しかし、こぼれ球に走り込んだ南野がゴール目前で蹴り込むも、浮いたボールに合わせたボレーシュートはクロスバーを直撃し、この日最大の決定機を逃してしまった。

    後半は、リバプールがギアを入れて押し込む展開が続くが、中盤に下がってくる回数が増加した南野はアタッキングサードの攻撃に絡むことができず、存在感が薄まってしまう。試合はそのまま0-0で終了し、PK戦へと突入。3人目のキッカーを務めた南野は冷静に決めるも、リバプールは最終的に4-5で敗れ、敗退を余儀なくされた。

    10/2(金) 5:57配信 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/23b07f08a7a259158dd7ca657ca0396b445a9d3d
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/29(火) 06:41:57.47 _USER9
    【リバプール 3-1 アーセナル プレミアリーグ第3節】

    プレミアリーグ第3節、リバプール対アーセナルの試合が現地時間28日に行われた。リバプールが3-1の勝利をおさめている。

    先日行われたリーグカップ3回戦のリンカーン・シティ戦で2得点1アシストの活躍を見せたリバプールの南野拓実はベンチ入りを果たした。25分、アンドリュー・ロバートソンのクリアミスをアレクサンドル・ラカゼットに拾われ、先制点を決められてしまう。


    それでも28分、モハメド・サラーが放ったシュートはGKベルント・レノに弾かれるが、そのこぼれ球をサディオ・マネが押し込んでリバプールが同点に追いつく。さらに34分、トレント・アレクサンダー・アーノルドのクロスからロバートソンが得点し逆転に成功。

    そして88分、新加入のディオゴ・ジョッタもチーム3点目を決めた。後半アディショナルタイムに南野はロベルト・フィルミーノとの交代で途中出場を果たす。リードを守り切ったリバプールが3-1の勝利をおさめた。

    【得点者】
    25分 0-1 ラカゼット(アーセナル)
    28分 1-1 マネ(リバプール)
    34分 2-1 ロバートソン(リバプール)
    88分 3-1 ジョッタ(リバプール)

    9/29(火) 6:34配信
    2020-09-29_09h40_03
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e78e6280d2919e1cb80e81740849a6640b48197

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2020/09/25(金) 10:32:37.90 _USER9
    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、カラバオ・カップ3回戦のリンカーン戦で2ゴール1アシストを記録した日本代表FW南野拓実を称賛した。リヴァプールの公式サイト上で伝えられている。

    ユルゲン・クロップ監督は「今夜のタキ(南野)のプレーが大好きだ。非常に優れていたし、本当に多くの場面に関与していた。

    彼の資質がどこにあるのか、私たち誰もが理解していると思うね。彼は最終的ににプレーするところはどこであっても、中央へ行く。

    左ウイングや右ウイングでプレーする場合でも、本当の強さを持っているから彼はハーフスペースやセンターでプレーする。本当によいパフォーマンスだった。

    相手は7回キックオフする必要があったけれど、毎回最初に相手へプレッシャーをかけたのはタキだった。彼はそういったプレッシャーやゲーゲンプレス場面でリズムを生み出してくれたから、私は本当によくやってくれたと思っている」と称賛している。

    与えられたチャンスでしっかり結果を残した南野。2年目のシーズンを飛躍の1年にすることができるのだろうか。
    2020-09-25_14h50_23
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20200925/1123021.html?cx_top=topix

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/09/25(金) 06:33:52.00 _USER9
    随所で存在感を示したサムライ戦士

    現地時間9月24日に開催されたカラバオカップ3回戦で、南野拓実の所属するリバプールは、敵地に乗り込んでリンカーン(イングランド3部)と対戦した。

    【動画】南野拓実の豪快ミドル炸裂! 今季2ゴール目のハイライトはこちら
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=79657

    3日前にチェルシー戦(プレミアリーグ第2節)を戦っていたリバプールは大幅にスタメンを変更。ジョーンズやN・ウィリアムス、R・ウィリアムスら下部組織上がりの若手に加え、オリギやシャキリ、さらにグルイッチなど控え組を多用した。なお、注目の南野は、4-3-3の3トップの中央でスタメン出場した。

    試合はプレミア王者がキックオフ直後から一方的に推し進めるなかで、あっさりと均衡を破る。8分、敵エリア手前で得たFKのチャンスで、シャキリが縦に落ちる鋭いシュートをゴール右上隅へ決めたのだ。

    その後もリバプールがワンサイドゲームを展開するなかで、あの男にも見せ場がやってくる。18分、相手DFがはじいてこぼれたルーズボールを敵エリア手前で受けた南野が右足一閃。ゴール右上へと豪快なミドルシュートをねじ込んだのである。

    クラブの公式ツイッターに「なんてシュートだ」「今シーズンのタキは違う」といったファンのコメントが殺到した南野の8月30日のアーセナル戦(コミュニティーシールド)以来となる今シーズンの公式戦2ゴール目で勢いに乗ったリバプールは、
    32分と36分に若手有望株のジョーンズが連続ゴールを決めてリンカーンを圧倒。危なげない試合運びで4-0としてハーフタイムを迎えた。

     迎えた後半、リバプールは早々に試合の趨勢を定める一発を決める。46分、相手GKが弾いたこぼれ球をエリア内でフリーとなっていた南野が押し込んだのだ。

    移籍後初となる2得点を決め、チームにさらなる勢いを呼び込んだサムライ戦士は、得点シーン以外にも的確なポストプレーで攻撃の起点となるなど、存在感を示し続けた。その後、60分に速攻から失点を喫したものの、65分にグルイッチのゴールで再び突き放したレッズは、66分にCKから2点目をもぎ取られたが、89分に南野のラストパスに反応したオリギがダメ押して7-2で大勝。大味な展開となった試合をモノにした。

    格下が相手だったとはいえ、久々の公式戦でフル出場を果たし、多彩なフィニッシュワークを見せつけ、目に見える結果も残した南野。それだけに現地時間9月28日に開催されるプレミアリーグ第3節のアーセナル戦での起用法に注目だ。

    9/25(金) 5:34配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b2f9b22720d6a21de15887ae28068c5ef551b2b
    no title

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2020/09/24(木) 14:48:01.83 _USER9
    日本代表MF南野拓実(25)の所属するイングランド・プレミアリーグのリバプールが、イングランド2部ワトフォードからセネガル代表FWイスマイラ・サル(22)を獲得することで基本合意に達したと、22日付の専門誌フランスフットボール(電子版)が報じた。移籍金は3500万ユーロ(約43億円)から4000万ユーロ(約49億円)という。

    プレミアリーグで連覇を狙うリバプールは、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョタ(23)の獲得を19日に発表したばかり。サルの加入が正式決定すれば、南野にとって強力なライバルがさらに増えることになる。

    リバプールは2月29日に昨季プレミアリーグ第29節でワトフォードに0―3で敗れており、ユルゲン・クロップ監督(53)はこの試合で2得点1アシストと全得点に絡む活躍をみせたサルのプレーを高く評価していたという。

    セネガル出身のサルは、2016年にフランス1部メスと契約してプロデビュー。2017年に同レンヌに移籍し、2019年には移籍金3000万ポンド(約41億円)でワトフォードに加入した。右FWを主戦場としながら3トップならどこでもこなす快足ストライカーで、昨季プレミアリーグ28試合で5ゴール6アシストをマーク。セネガル代表として2018年W杯ロシア大会に出場しており、1次リーグの日本戦(2―2)でフル出場した。
    2020-09-24_16h56_44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4bfe7fe6f1f0c908d13eac53c3128e6aea63b4ce

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ