海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:南野拓実

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/15(金) 18:23:40.29
    2/15(金) 18:11配信
    南野拓実、名門ボルシアMGの獲得リストに名前が! ドイツの老舗サッカー専門誌が報じる

    ヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメントに参加しているレッドブル・ザルツブルクの南野拓実に、移籍の噂が浮上している。

    約1か月にわたるアジアカップを終えてチームに合流した南野は、現地2月14日に行なわれたクラブ・ブルージュとの第1レグに85分から出場。1-2とリードされた状況で投入され、精力的にボールを追いかけるプレーを見せたが、追加点は奪えず。敵地でのドロー、そして勝利に貢献することはできなかった。

    ホームでの第2レグは2月21日に予定されており、ザルツブルクはベスト16進出を賭けて戦う。アジアカップ後の調整のため第1レグでは先発起用が見送られたものの、ザルツブルクの地元紙『Salzburger Nachrichten』は、「ELで日本人初のハットトリックを記録したストライカーはチームに必ず必要とされるだろう」と、スタメン起用の可能性を示唆している。

    そんななか、ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』が、「ブンデスリーガのボルシアMGの来夏の獲得リストに南野拓実の名前がある」と報じた。

    ブンデスリーガで現在3位と好調を維持しているボルシアMG。前線で点取り屋として活躍しているトルガン・アザール(今季9ゴール)は、この冬は残留したものの、バイエルン・ミュンヘン、トッテナムなどが興味を示しているとされ、移籍の噂が絶えない。また、ドイツ代表のDFマティアス・ギンターには、アーセナルとトッテナムが熱視線を送っていると言われている。

    蛇足だが、チーム内トップの10ゴールを挙げているアラサンヌ・プレアには今冬、中国超級リーグの大連一方から5000万ユーロ(約65億円)という仰天オファーが届いたが、これを断ったとクラブSDが明かすなど、来夏の移籍市場を賑わせるであろう選手を多く擁している。

    つまり、来夏には多くの主力が離脱する可能性が高いボルシアMGの前線の補強策として、南野がリストアップされたということのようだ。

    森保ジャパンでは不動の主力として扱われている南野だが、ザルツブルクでは絶対的なレギュラーにはなりきれていない。同クラブとの契約は2021年6月末となっているが、はたして、来夏のブンデス挑戦は実現するのだろうか。
    20190215-00054177-sdigestw-000-4-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054177-sdigestw-socc


    続きを読む

    296fdea21f3aac9a46d135d791e49af9_1547774133_1

    1: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:43:21.57 0
    日本の期待の若手なのだが

    2: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:46:03.48 0
    堂安はできそう

    7: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:53:06.00 0
    アジアで無双できない選手はヨーロッパでもいらんやろ

    9: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:56:25.26 0
    南野はポジション的にビッグクラブでは難しい

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/29(火) 01:09:49.19
    日本代表は28日、アジアカップ2019準決勝でイラン代表と対戦し、3-0で勝利して決勝進出を決めた。試合後、南野拓実がフラッシュインタビューでコメントを残した。

    日本の森保一監督は、1-0で勝利した準々決勝のサウジアラビア代表戦から北川航也に代えて大迫勇也を起用する1点を変更。一進一退となった前半をゴールレスで終えて迎えた後半、日本は56分に南野拓実のクロスから大迫勇也が先制点を奪う。さらに64分にも南野が獲得したPKを大迫が決めて、2-0とした。さらにアディショナルタイムには原口元気がダメ押し弾を決めて、3-0で完勝した。

    2大会ぶりのアジアカップ制覇に王手をかけた試合後、南野は「決勝に向けて今日は本当に大一番であり、重要な試合でした。チーム一丸となって勝利を目指し、結果がついてきて良かったです」と決勝進出に安堵。さらに、全3得点に絡んだことについては、「攻撃の選手なので得点に絡むことでチームに貢献したいと思っていました。チーム一丸となって掴んだ勝利です」と、チームメイトの奮闘を称えた。

    また、自身が倒されつつも笛が鳴らず、そのまま立ち上がってクロスを入れるという粘り強いプレーから生まれた1得点については、「僕がこけた時に相手が止まったのはわかった。笛もなってなかったし、サコ(大迫)くんが決めてくれて良かった」と振り返り、決勝戦に向けては「日本、現地で応援してくれる人たちのためにも優勝して帰りたい。チームのために必死で戦いたい」と意気込みを示した。

    日本は、2月1日に行われる決勝でカタール代表vs UAE代表の勝者と優勝を懸けて戦う。
    2019-01-29_01h41_38
    1/29(火) 1:04配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00010011-goal-socc

    続きを読む

    48653_ext_04_0

    1: 風吹けば名無し 2019/01/25(金) 07:35:26.54
    いる?

    2: 風吹けば名無し 2019/01/25(金) 07:35:42.19
    南野はいる

    5: 風吹けば名無し 2019/01/25(金) 07:37:14.33
    中島がいれば変わるかもしれん

    9: 風吹けば名無し 2019/01/25(金) 07:37:42.60
    南野は大迫いればなんかやるやろ

    続きを読む

    20190122-20870720-gekisaka-000-9-view

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/24(木) 17:35:47.91
    【UAE・ドバイ23日発】

    MF南野拓実(24=ザルツブルク)が、アジアサッカー連盟(AFC)から科された罰金に不満タラタラだ。

    1次リーグ第2戦のオマーン戦の後半21分、相手の背後から接触してボールを奪おうとした行為で警告を受けた。そのプレーに対して、22日にAFCの規律委員会が罰金5000ドル(約54万5000円)を科すと発表。

    「(罰金処分を)聞いたけど『はあ?』と思って聞き返した。あれでなんで50万円なのかと」と納得できない様子。それでも「まあ、しょうがない」と気持ちを入れ替えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000031-tospoweb-socc
    1/24(木) 16:34配信

    続きを読む

    1: pathos ★ 2019/01/22(火) 22:53:53.72
     この結果を受け、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏が、サウジアラビア戦に先発した11人を10点満点で採点。最終ラインの選手たちに軒並み高評価が与えられた一方、MF南野拓実(ザルツブルク)には「試合のほとんどで行方不明だった」と、GK権田修一(サガン鳥栖)とともに最低評価となっている。

      ◇   ◇   ◇

    ■サウジアラビア戦の日本代表スタメン11人の採点(10点満点) 

    【GK】
    権田修一(サガン鳥栖) 5点
    説得力のないパフォーマンスだった。彼のエリアで自信を持って統制していないようだった。彼からのボール供給も不安定だった。

    【DF】
    酒井宏樹(マルセイユ) 7点
    ソリッドな対応でサウジアラビアの攻撃の際に圧力を和らげることができた。カウンターの場面では武藤に見事なボールを供給していたが、ニューカッスルのプレーヤーはもっと上手く対処すべきだった。

    吉田麻也(サウサンプトン) 7点
    ポゼッションを支配されたにもかかわらず、チームのために体を投げ出し、後衛部隊として最終ラインを統率し、基本的にはサウジアラビアにほとんどチャンスを与えなかった。

    冨安健洋(シント=トロイデン) 7点
    この若きディフェンダーは重要度においても成長を続けている。素晴らしいヘディングによるゴールに加え、守備面でも強固なパフォーマンスを示した。

    長友佑都(ガラタサライ) 6点
    この試合においては、日本の攻撃の場面であまり関与しておらず。ファハド・アル・ムワラドが結局、得意のポジションである右サイドへとシフトしたため、守備に追われることになった。

    【MF】
    柴崎 岳(ヘタフェ) 6点
    最終ラインの前でハードワークし、重要な決定機を何度か演出した。しかし、依然としてより高いテンポでのプレーを見出す必要がある。ゴールを生んだコーナーキックは素晴らしかった。

    遠藤 航(シント=トロイデン) 6点
    守備的MFとして十分に手堅いパフォーマンスだった。その存在感はサウジアラビアの攻め込みを妨害するものだった。

    堂安 律(フローニンゲン) 6点
    堂安はチームにおいて最も効果的な存在にはなれず、攻撃での力強さを発揮することはできなかった。

    南野拓実(ザルツブルク) 5点
    事実上、試合のほとんどの時間で行方不明だった。日本にリードを与えるチャンスが2度与えられたが、コントロールが上手くいかず、腕を使ってFKを得るにとどまった。

    原口元気(ハノーファー) 6点
    彼の持つ才能よりも守備を優先する働きに徹した。見栄えのしない日本のパフォーマンスのなかで規律を重んじるプレーを担った。

    【FW】
    武藤嘉紀(ニューカッスル) 6点
    ウズベキスタン戦で強いインパクトを残したものの、この日彼はより静かな昼を過ごすことになった。ストライカーとして良い日とはならなかった。酒井からのボールに対し、大きなチャンスを無駄にしてしまった。
    2019-01-22_23h29_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00164401-soccermzw-socc&p=2

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/22(火) 15:22:08.29
    【日本 1-0 サウジアラビア AFCアジアカップ2019・決勝トーナメント1回戦】

    日本代表は21日、AFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対戦し、1-0で勝利した。この結果により、森保ジャパンはベスト8へ駒を進めている。

    20分のDF冨安健洋のゴールを守り切り勝利した日本代表だが、後半はかなり押し込まれた。サウジアラビアに対し15本ものシュートを浴び、いつ同点に追いつかれてもおかしくはなかった。それでも守備陣の奮闘もあって、見事耐え抜く。

    支配率で下回り、押し込まれた展開でも勝利を挙げたことは森保ジャパンとしてまた一つ、価値のあるものとなったのではないだろうか。

    一方で、課題を挙げるとすれば攻撃陣だ。この日は何度かチャンスを作りながらも得点はセットプレーからの1点のみ。追加点を取れれば、多少なりとも楽な展開に持ち込むことは可能だったはずだ。

    大会を通して最大の焦点となっているのは、MF南野拓実のパフォーマンスだろう。

    昨年の親善試合でウルグアイ戦の2ゴールを含めて5試合で4得点を挙げて日本代表の新たなエースとして期待される存在となったが、今大会ではいまだノーゴール。この日もゴールネットを揺らすことができず、状態を不安視する声は試合を重ねるごとに高まっている。

    ただ、その親善試合でも森保ジャパンの攻撃は南野を筆頭に中島翔哉、堂安律、大迫勇也の個人技による打開という展開が少なくなかった。しかし、アジアカップはタイトルがかかったビッグトーナメント。アジアの国々といえど、日本に対して激しくマークしてくる相手にはそう簡単にはいかない。

    「個人の成績よりも全体」として、森保ジャパンの攻撃陣は明確な“形”を示すことができずに課題を抱えている。南野が不発に陥っていることで『南野が決めていれば』『不調の南野』『決定力不足』と言った声が噴出しているが、個人のパフォーマンスが最大の問題というわけではない。

    そして、これは支配率とは無関係だ。支配率で大きく劣っていても、カウンターで明確な形を持っていれば、相手にとって大きな脅威を与えることができる。実際、プレーメイカーとなるはずのMF柴崎岳から相手DFラインを切り裂くようなパスは一度も出てきていない。

    サウジアラビア戦は守備の奮闘によって勝利を挙げた。これは、これまでの日本代表では見られないことであり、大きな収穫と言える。それでも、アジアの覇権奪回のためには攻撃面の課題を選手個人への批判でかわすのではなく、チームとして解決していく必要があるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00306032-footballc-socc
    1/22(火) 7:30配信

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/14(月) 00:38:20.94
    <アジア杯:日本1-0オマーン>◇1次リーグF組◇13日◇UAE・アブダビ

    2大会ぶり5度目の優勝を狙う森保一監督が率いる日本代表(FIFAランク50位)は、オマーン(同82位)を下し通算2勝0敗で決勝トーナメント進出を決めた。MF原口元気(27=ハノーバー)が自ら獲得したPKを落ち着いて決め先制し、守り抜いた。17日の1次リーグ最終戦でウズベキスタンと対戦する。

    ▽MF南野拓実の話 チームとして連勝して突破を決めたことは良かった。勝てて本当に良かったです。相手も後がないし、激しくくるのはわかっていた。自分が体を張って戦うのは重要なポイントだった。(前半早々の得点機に)チームのために決めきれなかったのは課題です。(次戦は)しっかり3戦全勝して、いい勢いを持って決勝トーナメントに進みたい
    2019-01-14_01h34_05
    1/14(月) 0:34配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00445829-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/01(火) 12:43:45.80 _USER9
    二宮 ウルグアイ戦は3点を取られながらも4点を取って勝ちました。見ている私たちからすると非常に面白い試合でしたが、監督としても面白い試合だったのではないですか?

    森保 そうですね。FIFAランキングで見ればウルグアイの方が上のチームですし、これまでの歴史や結果を見ても、彼らの方が上だと思います。ただ、我々も日本代表としてベスト16の壁を越え、ワールドカップでベスト8以上に行くことを目標としている中で、格上のチームに対してただチャレンジするのではなく、彼らと同じ目線で戦うことが必要です。その意味で選手が堂々とした戦いを見せてくれたことが何よりも良かったですね。勝つことはすごく大切だと思いますし、勝つことにこだわってやっていく中で勝てたことは良かったですけど、それ以上に選手が堂々とアグレッシブに戦ってくれたところが良かったと思います。

    二宮 若い選手のプレーを見ていると、まったく気後れしていない感じですね。

    森保 その言葉がピッタリかもしれません。気後れせずに戦ってくれたというところは、私の中で今後がすごく愉しみだなというふうに思いました。

    二宮 南野拓実選手はウルグアイ戦でも2点取りましたが、彼の評価というのはいかがですか。

    森保 現代サッカーにすごく合っている選手だと思いますね。攻撃が特徴の選手ですが、チームのためにハードワークできますし、守備に関わりながら得点も奪える。ポジションは違いますけど、タイプとしてはクロアチアのモドリッチに近いかもしれないですね。

    二宮 それはすごい評価ですね。

    森保 モドリッチは2018年のFIFA年間最優秀選手に輝きましたが、これまで賞を取ってきたメッシやクリスティアーノ・ロナウドと比べると、攻撃だけでなく、献身性を持ってチームのために戦える選手です。チームのためにハードワークしつつ、個としても高いレベルのプレーを見せる。モドリッチが今回、受賞したことは、現代サッカーにおけるスーパースター像がちょっと変わったような気がしています。

    二宮 堂安律選手を見ていると、中田ヒデ(英寿)が出てきたときをちょっと思い出しました。代表デビュー戦だった韓国戦で、相手にぶつかっても倒れない。これは強いなと思ったんですけど、堂安選手も強いですよね。

    森保 強いと思いますね。気持ちも強いです。彼らは志を持って海外に出て、そこで成功したいというハングリーな気持ちを持っています。それが代表での戦いにも表れていたと思います。海外の当たりの強さに負けず、その中でどうやってプレーするのかというところを身に付けて、それを代表でも見せてくれているのかなと思います。

    二宮 中島翔哉選手は何かやってくれそうな雰囲気を持っていますよね。あそこにボールが行くと何か起こるんじゃないか。そういう楽しみがあります。

    森保 本当にそうですね。攻撃のアイデアをすごく持っている選手だと思いますし、相手に囲まれていても、それをあまりプレッシャーに感じていないようなところがあります。

    二宮 プレッシャーを楽しんでいるような感じですよね。

    森保 楽しんでいるという言葉がピッタリですね。

    二宮 サッカー小僧みたいな感じですよね。シュートも上手い。

    森保 貪欲にまずは自分がゴールを奪う。得点に絡むということを一番に考えている選手だと思います。得点を奪うための上手さを持っている選手ですね。
    news_slider_262956_1
    1/1(火) 12:00配信 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-14164574-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/12/25(火) 20:42:38.35 _USER9
    ◆南野拓実、2018年のELでブレイクした若手11人に選出! 「前線で多様な役割をこなし、目を引いた」

    1月5日開幕のアジアカップに挑む日本代表のメンバーに選出された南野拓実が、2018年のヨーロッパリーグ(EL)で「ブレイクした若手11人」に選出された。

    UEFAのヨーロッパリーグ公式サイトは、EL出場チームから「24歳以下で、かつ2018年にELデビューもしくはこれまで限られた出場機会だったが今年になって活躍が目立った選手」から11人をピックアップ。南野は3-4-3の左FWで選ばれた。

    オーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクは、今季ヨーロッパリーグのグループBを首位通過し、決勝トーナメント進出を決めている。南野はグループステージの全6試合に出場。11月7日(現地時間)のローゼンボリ戦では6分、19分、45分とゴールを重ね、ELでは日本人初となるハットトリックを達成した。

    UEFA公式は南野について「11月のローゼンボリ戦でハットトリックを達成。しかしゴール以外にも前線で縦横無尽に動いて多様な役割をこなし、プレーに関与するたび、つねに目を引いた」と評している。

    このほか、3トップの中央には、長谷部誠所属のフランクフルトから20歳のルカ・ヨビッチ(セルビア代表)、右FWにはレンヌ所属の20歳、イスマイラ・サール(セネガル代表)が選出され、乾貴士が所属するベティスからも、MFジオバニ・ロ・チェルソ(アルゼンチン代表)、DFジュニオル・フィルポ(スペインU-21代表)の2名が選ばれた。

    若手の有望株たちと肩を並べ、ELでブレイクした11人に名を連ねた南野。年明けに控えるアジアカップでの活躍にも期待がかかる。

    また、ELの決勝トーナメントは、第1戦が来年2月14日、第2戦が2月22日に行なわれ、ザルツブルクはベルギーの名門、クラブ・ブルージュと対戦する。
     
    ちなみに、UEFAヨーロッパリーグ公式が選出した「2018年ブレイクスルーした11人」はこちら。掲載順は公式発表に準ずる。

    GK
    ドミニク・リバコビッチ(クロアチア代表/ディナモ・ザグレブ)
    DF
    パペ・アブー・シセ(セネガル代表/オリンピアコス)
    ジョセフ・アイド(ガーナ/ヘンク)
    ジュニオル・フィルポ(スペインU-21代表/ベティス)
    MF
    ミヤト・ガチノビッチ(セルビア代表/フランクフルト)
    ジオバニ・ロ・チェルソ(アルゼンチン代表/ベティス)
    カイ・ハベルツ(ドイツ代表/レバークーゼン)
    パブロ・フォルナルス(スペイン代表/ビジャレアル)
    FW
    イスマイラ・サール(セネガル代表/レンヌ)
    ルカ・ヨビッチ(セルビア代表/フランクフルト)
    南野拓実(日本代表/レッドブル・ザルツブルク)

    SOCCER DIGEST Web - Yahoo!ニュース 2018/12/25(火) 16:50
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181225-00051856-sdigestw-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ