海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:原口元気

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 17:43:18.17 ID:CAP_USER9.net
    コラム
    【決戦間近! 代表欧州組をズバリ直撃】

    ロシアW杯アジア最終予選前半戦の4連続ゴールで一躍、日本代表の得点源に躍り出た独ヘルタのFW原口。3月23日のUAE戦から再開される後半戦でさらなる爆発が期待されるが、本人は「ブンデスリーガでやってるよりも(アジア相手のW杯予選で)プレッシャーは少ないだろうし、代表だったらやれると思う」と自信をのぞかせ、UAEの合宿地でもリラックスした表情を見せる。ハリル日本の点取り屋の胸中に迫った。

    1月のブンデス後半戦再開以降、右MFでコンスタントに先発している原口。

    昨年11月から一時期、調子を落としたと思われたが、本人は「凄くフィットしてました」とキッパリ。「今季は、最後までヘルタで戦わなきゃいけない。今までは自分の能力を上げることばかりを考えてきたけど、僕から積極的にチームメートに働きかけることでチーム力を上げていくことも必要」と自分からアクティブに発信していくことを心掛けている。その成果として得点を重ねられれば最高だが、今季ゴールは2月4日のインゴルシュタット戦の1点にとどまっている。

    「あの時は、左サイドにいたカルー(コートジボワール代表FW)からパスを受けて決めましたけど、いつもはあんなボール、出てきたことがない(苦笑い)。自分が何度ゴール前に入っても、結局はイビセビッチ(ボスニア代表FW)にパスが渡り、ほとんど自分には来ない。ヘルタの選手たちがエゴイストってことじゃなくて(プレーに)落ち着きがないから、単純に僕の動きが見えてない気がします。

    何度も『いるよ!』『見て!』と言っても変わらない。後半戦から右サイドというのも厳しい。左サイドだったら(インサイドの)右で持ち込んで(利き足の右でシュートを)打てるけど、逆(の左サイドから)は難しい」とクラブでの役割に対する不完全燃焼感をにじませた。

    もっとも、日本代表では本職の左MFでプレーできる。

    しかもC大阪のMF清武、ケルンFW大迫ら良質のラストパスを出してくれる仲間がいる。日の丸をつけた時の原口はドイツでのフラストレーションを思う存分、払拭できるのだ。

    「ヘルタとは違い、代表では点の取れる形が数多く巡ってくる。自分にとって(ゴールを)決めるか、決めないか――が問われる。そこは明らかにヘルタとは違う」と25歳のFWは目を輝かせた。

    次の2連戦は点取り屋の本能を再び覚醒させる絶好の機会。持ち前のゴールへの強い渇望を押し出し、真のエースへとのし上がって欲しい

    http://news.livedoor.com/article/detail/12835062/
    2017年3月23日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

    続きを読む

    C7NS3l0X4AEk8nu

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 01:21:20.00 ID:CAP_USER9.net
    第25節 3/18(土)23:30 ラインエネルギー・シュタディオン

    1.FCケルン 4-2 ヘルタBSC

    1-0 大迫勇也(前半6分)
    2-0 アントニー・モデスト(前半35分)大迫アシスト
    3-0 アントニー・モデスト(前半37分)
    3-1 ヴェダド・イビセヴィッチ(後半5分)
    4-1 アントニー・モデスト(後半19分)
    4-2 ジョン・アンソニー・ブルックス(後半24分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929778

    大迫勇也 先発フル出場
    原口元気 → マキシミリアン・ミッテルシュタット(後半28分)
    続きを読む

    C7NZqwAWwAEvipj



    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/12(日) 01:32:03.78 ID:CAP_USER9.net
    ■ヘルタ・ベルリン2-1ボルシア・ドルトムント

    [ベ]サロモン・カルー(11分)
    [ド]ピエール・オーバメヤン(55分)
    [ベ]マルヴィン・プラテンハルト(71分)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/livescore/detail?match=2255116&season=12593

    ブンデスリーガ第24節が11日に行われ、日本代表MF原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと、同代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。原口は右MFで、香川はトップ下で先発出場し、日本人対決が実現した。

    5位のヘルタと3位のドルトムントによる上位対決。開始2分、公式戦10試合ぶりの先発となった香川がさっそくチャンスを作る。香川のスルーパスで、アンドレ・シュールレがエリア内左に抜け出して右足を振り抜くが、シュートは枠を捉えられなかった。一方、ヘルタの原口も積極的にゴールを狙う。5分、右サイドからドリブルで持ち上がり、エリア手前中央で左足シュートを放つが、ゴール左に外れた。

    試合が動いたのは11分、ヘルタが先制する。ヴェダド・イビシェヴィッチが高い位置でボールを奪い、エリア内右の深い位置から折り返し。ゴール前でフリーだったサロモン・カルーが流し込んで先制に成功した。

    これで勢いに乗ったヘルタは15分、カルーが強烈なミドルシュートを放つが、相手GKロマン・ビュルキの好セーブに阻まれる。直後の右CKの流れから、再びカルーがこぼれ球を拾ってエリア内左からシュートを打つが、ゴールラインにいたラファエル・ゲレイロが蹴り返した。

    追い付きたいドルトムントは、香川も鋭いパスなどでチャンスを演出するが、ゴールは遠い。39分、香川のスルーパスからオーバメヤンがエリア内右に抜け出すが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。前半はこのままヘルタの1点リードで折り返す。

    後半に入ってヘルタは54分、原口のパスを受けたカルーがエリア内左でボールをキープして中央へ折り返し。ゴール前に走り込んだ原口が合わせるが、枠を捉えられなかった。すると直後の55分、ドルトムントが同点に追いつく。パス交換から、エリア手前の香川がオーバメヤンにラストパス。エリア内左のオーバメヤンはワントラップから右足を振り抜いて、ゴール右隅に突き刺した。

    だが、ヘルタは71分、勝ち越しに成功する。エリア手前中央でFKを獲得すると、マルヴィン・プラッテンハルトが左足を振り抜き、強烈なシュートを直接ゴール右隅に決めた。その後、ドルトムントは猛攻を見せたが、ゴールは奪えず、このままタイムアップ。1-2で敗れて公式戦の連勝が4試合でストップした。一方、ホームで勝利したヘルタは2試合ぶりの勝利となった。なお、香川はフル出場、原口は後半アディショナルタイム4分に途中後退となった。

    ヘルタ・ベルリンは次節、18日に日本代表FW大迫勇也が所属するケルンと対戦。ドルトムントは14日にDFBポカール準々決勝でシュポルトフロインデ・ロッテ(3部)とのアウェイゲームに臨む。
    2017-03-12_01h55_35
    SOCCER KING 3/12(日) 1:29配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00561700-soccerk-socc
    続きを読む

    C6pAz25WoAE2Ekc

    続きを読む

    2017-02-19_01h55_00

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 01:28:47.24 ID:CAP_USER9.net
    第21節 2/18(土)23:30 オリンピアシュタディオン・ベルリン

    ヘルタBSC 1-1 バイエルン・ミュンヘン

    得点
    ヴェダド・イビセヴィッチ(前半21分)
    ロベルト・レヴァンドフスキ(後半51分)

    (原口は先発出場し後半49分に交代)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929741

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 12:23:55.06 ID:CAP_USER9.net
    攻守の貢献度を評価

    リヴァプールのロベルト・フィルミーノ、マンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネ、トッテナムのソン・フンミンなど、現在のプレミアリーグではドイツのブンデスリーガからやってきた選手が数多く活躍している。

    どこかプレミアリーグ側が資金力にモノを言わせてブンデスリーガのタレントを引き抜いているといったイメージもあり、今のプレミアリーグにとってブンデス産のタレントは非常に重要だ。

    小野、高原、稲本らワールドユースの「黄金世代」に続け!

    そこで英『Squawka』は、現在ブンデスリーガでプレイしている選手の中からプレミアリーグのクラブに合うと思う選手を20名ピックアップしている。

    各クラブ1人ずつという形で選ばれているのだが、現在リーグ戦で17位と残留争いを強いられている
    スウォンジーにはヘルタ・ベルリンでプレイする日本代表FW原口元気がフィットするはずと紹介されている。

    スウォンジーは昨年12月に今季3人目の指揮官としてポール・クレメントを招聘し、徐々に結果が出始めている。クレメントは残留争いをしているチームらしく守備を重視しており、サイドの選手にもアップダウンが求められる。

    加えて攻撃時にはサイドを突破する個の能力が欲しい。

    同メディアは原口について「原口は両サイドでプレイ可能で、良いドリブラーだ」と紹介しており、
    ヘルタで見せているパフォーマンスが高く評価されている。原口には守備にも走り、攻撃時には相手をかわすスピードとテクニックがある。

    これはヘルタ、日本代表でも証明済みで、プレミアリーグの激しい環境でも戦える選手と言えるだろう。

    他に同メディアはゲームメイカーが足りないチェルシーにドルトムントのユリアン・ヴァイグル、運動量が求められるトッテナムにバイエルンのアルトゥーロ・ビダル、同じく走るサッカーをするリヴァプールにライプツィヒMFナビー・ケイタなどが合うはずと伝えている。

    こうした面々と一緒に原口が紹介されているあたりに、評価の高さが表れていると言える。

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/9(木) 6:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00010000-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/09(木) 07:59:32.29 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    ドルトムント 1-1(3PK2) ヘルタ・ベルリン

    【得点者】
    0-1 27分 サロモン・カルー(ヘルタ・ベルリン)
    1-1 47分 マルコ・ロイス(ドルトムント)

    [メンバー]
    ドルトムント:ビュルキ、ピシュチェク(→ギンター 46)、バルトラ、ソクラティス、シュメルツァー、ヴァイグル、ラファエル・ゲレイロ(→カストロ 77)、ドゥルム、デンベレ、ロイス(→シュールレ 91)、オバメヤン

    ヘルタ・ベルリン:ヤーステイン、ペカリーク、ラングカンプ、ブルックス、ミッテルシュテット、シュタルク、シェルブレット(→ルステンベルガー 84)、原口(→エスバイン 96)、ダリダ、カルー、イビシェビッチ(→シーバー 60)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11029909

    DFBポカール3回戦が8日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと同FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。香川はベンチスタート、原口は右MFで先発出場している。

    直近のブンデスリーガで白星を収めている両チームの対戦。昨年10月に行われた2回戦で、ドルトムントは2部のウニオン・ベルリンを、ヘルタ・ベルリンはザンクト・パウリを破って3回戦に進出した。この試合でドルトムントはライプツィヒ戦と同じ先発メンバーを起用。一方、ヘルタ・ベルリンはMFヴァレンティン・シュトッカーに代えて、MFペア・シェルブレットをスタメンに選んだ。

    試合は序盤からホームのドルトムントが攻勢に出る。16分にはユリアン・ヴァイグルからスルーパスを受けたピエール・エメリク・オーバメヤンがGKとの一対一を迎えたが、ルネ・ヤーステインの好セーブに阻まれてしまった。

     しかし、先手を取ったのは押し込まれていたヘルタ・ベルリン。27分、右サイドで原口からパスを受けたニクラス・シュタルクがアーリークロスを入れる。これをサロモン・カルーがボレーシュートで合わせ、ヘルタ・ベルリンが先制に成功した。1点を追うドルトムントはマルコ・ロイスやオーバメヤンを中心にチャンスを作ったが、このまま1-0でヘルタ・ベルリンがリードしてハーフタイムを迎える。

    リードを許したドルトムントは後半開始からマルセル・シュメルツァーとウカシュ・ピシュチェクを下げ、クリスチャン・プリシッチとマティアス・ギンターを投入した。すると後半開始直後の47分、スルーパスにウスマン・デンベレが抜け出し、エリア内右から左足シュートを狙う。ここはポストを叩いたが、こぼれ球を拾ったプリシッチの折り返しをロイスが押し込み、ドルトムントが同点に追いついた。

    さらに57分、デンベレからスルーパスを受けたロイスがエリア内右から折り返し。これをオーバメヤンが合わせたが、GKヤーステインがセーブ。こぼれ球を押し込んだものの、ファウルを取られてしまい、得点は認められなかった。

    ドルトムントは77分にラファエル・ゲレイロを下げてゴンサロ・カストロを投入。その後もペースを握ったが、得点できないまま90分が終了。前後半15分ずつの延長戦に突入した。

    延長戦に入った場合のみ、4人目の交代が認められている今大会。ドルトムントはロイスに代えてアンドレ・シュールレをピッチに送り込んだ。一方、ヘルタ・ベルリンは96分に原口を下げてアレクサンダー・エスヴァインを投入した。

    ドルトムントは120分にソクラティス・パパスタソプーロスが2枚目のイエローカードを受けて退場してしまう。このまま延長でも決着がつかず、試合はPK戦に持ち込まれた。先攻のヘルタ・ベルリンは1人目、2人目が失敗。一方、後攻のドルトムントも2人目のプリシッチが失敗してしまう。3人目、4人目は互いに成功すると、ヘルタ・ベルリンの5人目のカルーが枠の上にシュートを外してしまい、ドルトムントがPK戦を3-2で制して準々決勝に進出した。なお、原口は延長前半の96分まで出場。香川に出場機会は訪れなかった。

    11日のブンデスリーガ第20節で、ドルトムントはダルムシュタットと、ヘルタ・ベルリンはDF内田篤人が所属するシャルケと対戦する。
    2017-02-09_08h51_20
    SOCCER KING 2/9(木) 7:33配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00550663-soccerk-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 01:35:44.54 ID:CAP_USER9.net
    電光石火の一撃でヘルタが2017年初勝利
    theWORLD(ザ・ワールド)?2/5(日) 1:27配信

    ヘルタ、連敗ストップで2017年初勝利

    日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは4日、ブンデスリーガ第19節でインゴルシュタットをホームへ迎え入れた。ウィンターブレイクが明けて以降、2連敗中のヘルタ。トレーニング中に左足首を負傷し、一時は欠場も噂されていたが、今節は原口が4試合ぶりにスタメン復帰することとなった。

    試合は、開始1分に早くもスコアが動く。緩急をつけたドリブルでサロモン・カルーが左サイドを突破し、ペナルティエリア内へ侵入すると、中央へグラウンダーで折り返す。これを走り込んでいた原口が落ち着いてゴールへ流し込み、ヘルタがブンデスリーガ今季最速ゴールで先制に成功。原口にとっては、待望の今季初ゴールとなった。

    その後は、先制したヘルタがリスクを冒さず、ボールをしっかり回すことで落ち着いた試合展開。そのため、両チームなかなかチャンスを作れず、ただただ時間だけが過ぎていく。前半終了間際にインゴルシュタットがセットプレイやサイド攻撃からシュートまで持っていくが、ゴールネットを揺らすまでには至らず。ヘルタが1点リードしてハーフタイムを迎えている。

    後半に入ると、両チーム一進一退の攻防を見せるが、なかなか決定機を活かせない。そして、なんとか同点に追いつきたいインゴルシュタットが猛攻を仕掛け、徐々にペースを握るが、ヘルタがなんとか耐えて試合終了。1-0でホームのヘルタがインゴルシュタットを撃破し、2017年初勝利を挙げた。なお、先制ゴールを挙げた原口はフル出場を果たしている。
    2017-02-05_01h50_20
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00010000-theworld-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/02/05(日) 01:35:56.40 ID:CAP_USER9.net
    [スターティングメンバー]
    ヘルタ:ヤルシュテイン、ペカリーク、ラングカンプ、ブルックス、ミッテルシュテート、ルステンベルガー、ダリダ、原口、ストッカー(→シーバー 63)、カルー(→エスヴァイン 79)、イビセビッチ(→トルナライア 90+1)

    インゴルシュタット:ハンセン、マティプ、ロジェール(→キッテル 66)、ブルジェリ、ハテルギョナイ、クリスティアンセン(→ヒンテルゼーア 66)、モラレス、ズットナー、グロス、ユング(→ライペルツ 76)、レズカノ

    [スコア]
    ヘルタ 1-0 インゴルシュタット

    [得点者]
    ヘルタ:原口(1)
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ