海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:原口元気

    1:久太郎 ★:2018/10/07(日) 00:41:00.42 ID:CAP_USER9.net
    【ハノーファー 3-1 シュトゥットガルト ブンデスリーガ第7節】
     
    現地時間6日にブンデスリーガ第7節の試合が行われ、最下位ハノーファーはホームに16位シュトゥットガルトを迎えて対戦。

    ハノーファーに所属する浅野拓磨はスタメン出場を果たし、原口元気はベンチスタートとなった。試合開始して14分、ハノーファーが早くも1枚目の交代カードを使う。負傷した浅野に代わって原口が途中出場を果たした。

    28分、ドリブルで仕掛けたニクラス・フュルクルクがシュートを放つもシュトゥットガルトのGKミヒャエル・エッサーに止められる。それでも30分、ミーコ・アルボルノズのクロスにボビー・ウッドが頭で合わせてハノーファーに先制点が入った。前半アディショナルタイムにもウッドがヘディングシュートを決めて2点差に。

    しかし50分、守備を崩されてシュトゥットガルトのマリオ・ゴメスに1点を返された。後半アディショナルタイム、原口のクロスからイーラス・ベブが得点し3点目。結局、ハノーファーが3-1の勝利をおさめている。

    【得点者】
    30分 1-0 ウッド(ハノーファー)
    45分+1分 2-0 ウッド(ハノーファー)
    50分 2-1 ゴメス(シュトゥットガルト)
    90分+1分 3-1 ベブ(ハノーファー)
    hano_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00292030-footballc-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/09/01(土) 06:36:09.47 ID:CAP_USER9.net
    9/1(土) 6:27配信
    浅野は2戦連続先発、原口出番なし…ハノーファー、香川ベンチ外のドルトムントとスコアレス

    [8.31 ブンデスリーガ第2節 ハノーファー0-0ドルトムント]

    ブンデスリーガは31日、第2節1日目を行いFW浅野拓磨、MF原口元気の所属するハノーファーはホームでドルトムントと対戦し、0-0で引き分けた。新天地で開幕スタメンをつかんだ浅野は2戦連続の先発。2トップの一角に入り、前半のみで交代した。ベンチスタートの原口は出番なし。MF香川真司はベンチ外だった。

    前半40分にドルトムントが決定機を迎えた。DFウーカシュ・ピシュチェクの縦パスがクリアされると、こぼれ球にMFマルコ・ロイスが反応。右サイドから中に切れ込み、右足シュートを放ったが、これはGKミヒャエル・エッサーが体を張ってファインセーブ。前半42分にもMFマフムード・ダフードの鋭いスルーパスで最終ラインの裏に抜け出したロイスがフリーで決定的な右足シュートを放ったが、惜しくもクロスバーを叩いた。

    スコアレスで折り返した後半開始と同時にハノーファーは浅野を下げ、新戦力のFWボビー・ウッドを投入。チャンスをつくりながらも互いに最後までゴールをこじ開けられず、0-0のまま試合終了。ハノーファーは開幕2試合連続のドロー。ドルトムントは1勝1分となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-01744064-gekisaka-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/26(日) 00:30:51.11 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第1節が25日に行われ、ブレーメンとハノーファーが対戦した。

    今夏、移籍した日本人3選手が在籍する両チーム。全員が先発としてピッチに立つ期待が寄せられたが、原口元気はベンチスタートとなった。ブレーメンFW大迫勇也は右ウィング、ハノーファーFW浅野拓磨はツートップの一角として先発している。

    序盤はブレーメンがボールを支配。左右に散らしながら、ゴールへと迫り、大迫も右サイドからアクセントを加える。一方のハノーファーはカウンターから好機を作ろうと試みるが、距離が長く、ゴールまでなかなかたどり着かない。

    前半はともにビッグチャンスを作るには至らず、スコアレスで折り返す。

    後半開始早々、ブレーメンは中央で浮き玉をつなぎ、最後はダフィ・クラーセンからルドウィグ・アウグスティンソンがボレー。しかし、シュートは惜しくもゴール右へ逸れ、先制点とはならず。

    直後、エースのマックス・クルーゼが足を引きずるようにして途中交代。大迫が右から中央へとポジションを移す。56分にはクラーセンがヘディングでフリックしたところを、大迫が抜け出して左足でシュート。うまくミートせず、ボールはゴール右へと外れていった。

    劣勢のハノーファーは10番の原口を投入。左サイドのアタッカーに入った。

    逆にブレーメンは、39歳の重鎮クラウディオ・ピサーロを投入し、勝負を決めにかかる。

    ハノーファーは原口、ブレーメンは大迫を中心に攻撃が回り始めるが、最後のパスやトラップが決まらず、決定的なシュートチャンスには結びつかない。そんな中、どちらに転ぶかわからない試合を動かしたのはハノーファー。77分、浅野と交代で入ったヘンドリク・ヴァインダントが浮き球のパスに抜け出すと、ワントラップから冷静に流し込み、ついに試合が動く。

    それでも諦めないブレーメン。左サイドのクロスにピサーロが飛び込むと、そのまま流れたボールをゲブレ・セラシエが頭で押し込み、終盤で試合を振り出しに戻す。

    試合は結局そのまま終了。1-1のドローに終わっている。

    ■試合結果

    ブレーメン 1-1 ハノーファー

    ■得点者

    ブレーメン:ゲブレ・セラシエ(85分)

    ハノーファー:ヴァインダント(77分)

    8/26(日) 0:21配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000027-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/22(水) 23:28:30.78 ID:CAP_USER9.net
    8/22(水) 19:20配信
    日本代表3選手が共演へ!ブレーメン対ハノーファーで大迫、原口、浅野が先発とリーグ公式が予想

    いよいよ今週末に開幕するブンデスリーガ。25日に行われるブレーメン対ハノーファーだが、リーグ公式はFW大迫勇也、FW浅野拓磨、MF原口元気はともに先発すると予想している。

    今夏の移籍市場でアーセナル、ヘルタ・ベルリンからそれぞれ加入した日本代表の両選手。地元メディアも、プレシーズンマッチなどでの両選手の活躍を称賛しており、浅野は先日のDFBポカールでデビュー戦ゴールを記録。早くも新天地で適応を見せている。

    そんな中、ブンデスリーガ公式サイトは浅野、原口がともに開幕戦のブレーメン戦で先発すると予想している。DFBポカールは負傷のため欠場していた原口も、この一戦では間に合うと見込んでいるようだ。

    なお、対戦するブレーメンには大迫が在籍。ブンデスリーガは、DFBポカール1回戦で先制点を奪った28歳FWもスタメン入りすると予想しており、この一戦では日本代表3選手がピッチで躍動する姿を見ることができるのかもしれない。

    ブレーメン対ハノーファーは、ブレーメンの本拠地「ヴェーザーシュタディオン」で日本時間25日22:30にキックオフを迎える。

    以下、ブンデスリーガ公式HPが予想する両チームのスターティングメンバー。

    【ブレーメン】
    GK:パブレンカ
    DF:セラシエ、ベリコビッチ、モイサンデル、アウグスティンソン
    MF:エッゲシュタイン、バルグフレーデ、クラーセン
    FW:大迫、クルーゼ、カインツ

    【ハノーファー】
    GK:エッサー
    DF:ソルク、アントン、ヴィマー、オストルツォルク
    MF:ベブ、シュヴェグラー、ワラセ、原口
    FW:浅野、フュルクルク

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010003-goal-socc

    続きを読む

    9a48497e52bb44d7f46556dab0987141_1530569511_1

    1:風吹けば名無し:2018/07/03(火) 17:03:11.07 ID:YqH2gBu70.net
    ワイは原口
    3:風吹けば名無し:2018/07/03(火) 17:03:59.27 ID:TR9D+wTra.net
    原口
    「うぉぉぉぉぉ!!」

    「ファッ!?」
    4:風吹けば名無し:2018/07/03(火) 17:04:25.47 ID:o9LCFY1Jd.net
    >>3
    これ
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/07(木) 14:54:14.25 ID:CAP_USER9.net
    写真



    サッカー日本代表で復権したMF本田圭佑(31=パチューカ)を“ディスった”という渦中の男が激白だ。6月14日(同15日)開幕のロシアW杯に臨む西野ジャパンで、本田との連係について語った3日のコメントが「皮肉たっぷり」「本田批判」などと一部サポーターの間で騒動となっているMF原口元気(27=デュッセルドルフ)を直撃。注目発言の真意とは――。

    ――本田からのパスについて“1テンポ遅く動くとちょうどいい”という趣旨の発言が一部で話題になっている

    原口:そうなんですか。ああ、なんか…。

    ――“本田にスピードがない”との指摘と受け取った人も多くいた

    原口:別に分かっている人が分かってればいい。分からない人は、どう説明しても分からないんじゃないか。彼(本田)の持ち味はしっかり“タメれる”ことであって、そこで時間ができることによって、相手が食いついた瞬間に裏(を狙う)というのもある。良い意味での、ワンテンポ遅くというのはある。

     ――具体的には

    原口:(2016年10月のW杯アジア最終予選)アウェーのオーストラリア戦のとき。良い感覚で(本田は)普通だったらダイレクトで(パスを)出すところをターンしたりとか。あのシーンも1個、ワンテンポ遅く出てちょうどよく(自分がゴールを)決められた。ああいうイメージかな。どちらかというと。

    ――そうした本田独特の間合いは武器になる

    原口:もちろん、間違いなく僕らフリーランする側からするとすごく助かる。常に一辺倒のタイミングじゃなくて彼が入ることによってタメができて、僕じゃなくて、さらにサイドバックが上がったりとかできるから。そういうこと(攻撃に厚みが出る)ですよ。

    ――クラブでは主に左サイド、代表では右サイド。カットインの練習は違和感を埋める作業か

    原口:もちろん、一番得意なのは左だけど(前所属の)ヘルタ(ドイツ)でも長い時間、右サイドをやっていたし、そんなに違和感なくやれる。ドリブルに関しては左サイドのほうがやりやすいけど、やるからには突破したいし、シュートに持っていきたいので、今日(の練習)は相手を付けて良い感覚を取り戻せるようにした。

    ――初めてのW杯に向かっていく中でコンディション、メンタル、どう持っていくトライか

    原口:僕は何も心配していない。普通。普通にやっていれば必ず…。コンディションに関しては何年も自分と会話してきた、自分の体と。どうしたら上がっていくかとか、どういうタイミングでトレーニングしたら上がっていくかとか分かっている。その気持ちの面も含め、本当に一発勝負でグッと入る試合は得意だと思っている。あんまり心配していない。

    ――W杯最終予選では4試合連続ゴールと勢いがあった。8日(日本時間9日)のスイス戦で得点すれば波に乗れる

    原口:もちろん、どの試合も(ゴールを)取りたいし、取れたらいい…。難しいけど本番で取れたらいい。でも次(スイス戦)に取れたらいいね。自信になるから。

    【一部発言だけ切り取られ対立あおられる】

    「本田ディスり」騒動の発端は、原口が3日の練習後に取材で語った言葉だった。

    西野監督が取り入れた3バックシステムで、同じ右サイドでコンビを組む本田との連係について「一番ボールが収まる選手。彼に当てたときは、他の選手よりも1テンポ遅いくらいで出て行ったほうが合うと思う。うまく使えたら良さが出るし、僕の良さも引き出してもらえると思います」とコメントした。

    すると、原口の発言を目にした一部ファンの間で「他の選手よりも1テンポ遅い」との部分だけがクローズアップ。スピードのない“本田批判”との声が続出した。「これ実質的な本田dis(ディス)だな」「これ相当イラつかれてんな」「ケイスケホンダ嫌味言われてて笑える」などと、原口と本田が対立しているかのような構図となり“炎上”していた。

    【“炎上隊長”長友が絶賛】“炎上隊長”の日本代表DF長友佑都(31=ガラタサライ)が原口を絶賛した。「あれだけ走ってくれるのは彼も海外にいて、自分のことを理解し、スプリントを磨いている。今日もジムに行ったら、トレーニングしている姿を見た。今の活躍も、裏づけされていますよね」と話した。また、自身の現状についても「難しい状況の方が燃える。何度も『長友は厳しいんじゃないか』と言われてきた。その度に反骨心にして絶対に這い上がってやると思ってやってきた」と。気合をみなぎらせていた。

    東京スポーツ 6/7(木) 11:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000004-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/05(火) 06:19:15.93 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのW杯ロシア大会に臨む日本代表は3日(日本時間4日未明)、オーストリア・ゼーフェルトで直前キャンプを開始した。西野朗監督(63)は、選手に積極的に意見を求める“対話式ミーティング”を実施。

    1次リーグ初戦のコロンビア戦(19日・サランスク)の戦術なども含めて、23人の選手全員とともに作り上げていく。また、MF香川真司(29)=ドルトムント=は、選手の平均年齢が過去5大会で最も高いことに選考などで巻き起こった批判を、W杯の結果で見返すと誓った。

    MF原口はW杯メンバーの年齢構成についての批判に「正直、何とも思わない。監督が選ぶこと。僕らは選手だし、気にならない。手のひらを返させることができるのがW杯。結果としてそうなったら気持ち良いんじゃないかな」と一笑に付した。

    右ウイングバックで新境地に挑む27歳は、「一番収まる選手。彼をうまく使えたら日本の良さが出ると思うし、僕の良さも引き出してくれる」と、本田との連係を思い描いた。

    デイリースポーツ 6/5(火) 6:02配信
    2018-06-05_09h22_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000027-dal-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/04(月) 14:20:52.74 ID:CAP_USER9.net
    6/4(月) 11:30配信
    原口元気がガーナ戦で実感、本田との連係は「1テンポ遅いくらいで出て行くほうが合う」

    「上手く使えたら良さが出るし、僕の良さも引き出してもらえる」

    オーストリアで直前キャンプを張る日本代表が現地3日、公開トレーニングを行なった。「あまりストレス掛からない、コンタクトも少ないトレーニング」(西野朗監督)で汗を流したチームは、練習前の午前中にミーティングを実施。0-2で敗れたガーナ戦の分析と、システムや戦術を含めた今後の方針について、監督・スタッフ陣と選手たちが意見交換をしたという。
     
    ガーナ戦で3-4-2-1の右ウイングバックを任された原口は、そこで話題に上がったサイド攻撃について、自身のテーマを語った。
     
    「守備のポジショニングや相手のサイドハーフに対して僕らが出ていくタイミングだったり、裏のケアであったりというのは、詰めていかなければならない」
     
    まず守備面についてそう述べた原口は、続けて「攻撃でいいものも出ていたけど、それをより最後のところを上げていく。ある程度決まり事を作ってもいいと思うし、それはこれから楽しみの部分でもある」と攻撃面についても言及。何度かチャンスを作りながらも無得点に終わったガーナ戦の反省を活かし、崩しやフィニッシュの局面の精度向上に努めると力を込めた。
     
    原口は不慣れなウイングバックにも「求められるものを深く理解して表現する。それが僕の強みだし、しっかり表現できたらいいと思います」と前向きで、右サイドでコンビを組む本田圭佑との連係にもイメージを膨らませている。
     
    「一番ボールが収まる選手。彼に当てた時は、他の選手よりも1テンポ遅いくらいで出て行ったほうが合うと思います。上手く使えたら良さが出るし、僕の良さも引き出してもらえると思います」
     
    次の実戦は8日のスイス戦。「このキャンプ、トレーニングマッチ2試合というのはものすごく重要になって来る」という原口は、急ピッチでコンビネーションを詰めるつもりだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180604-00041387-sdigestw-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/05/14(月) 00:27:16.49 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ2部最終節が行われ、宇佐美貴史と原口元気が所属するデュッセルドルフとニュルンベルクが対戦した。

    リーグ戦1位ニュルンベルクと2位デュッセルドルフの直接対決となり、勝ったほうが優勝となる一戦で、宇佐美と原口は先発出場した。

    開始早々に先制点を奪われると13分、自陣左サイドを深い位置まで押し込まれ、中央にクロスを送られる。マークを外したティム・レイボルドに合わせられ、早くも2点のリードを奪われた。

    しかし、宇佐美が反撃の狼煙をあげる。37分、左サイドでボールを持ったニコ・ギーセルマンが中央へクロスを上げると、相手のマークを外した宇佐美がヘディングでファーサイドに流し込み、点差を縮めた。

    さらに60分、敵陣ペナルティエリア外中央でボールを奪ったギーセルマンが思い切って左足を振り抜く。これがゴール左隅に決まって、スコアをタイに戻した。

    そして後半アディショナルタイム2分、左サイドからクロスが上がると、カーン・アイハンがヘディングで流し込み逆転に成功。試合はこのまま終了し、デュッセルドルフがリーグ優勝を達成した。原口は75分に途中交代、宇佐美はフル出場を果たした。

    【スコア】
    ニュルンベルク 2-3 デュッセルドルフ

    【得点者】
    1-0 6分 ゲオルク・マルクライター(ニュルンベルク)
    2-0 13分 ティム・レイボルド(ニュルンベルク)
    2-1 37分 宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
    2-2 60分 ニコ・ギーセルマン(デュッセルドルフ)
    2-3 90+2分 カーン・アイハン(デュッセルドルフ)
    2018-05-14_00h41_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00757498-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ