海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:吉田麻也

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 22:54:18.47 ID:CAP_USER9.net
    第22節

    1/22(日)21:00セント・メリーズ・スタジアム

    【スコア】
    サウザンプトン 3-0 レスター・シティ

    【得点者】
    【得点者】
    1-0 26分 ジェームズ・ウォード・プラウズ(サウサンプトン)
    2-0 40分 ジェイ・ロドリゲス(サウサンプトン)
    3-0 86分 ドゥシャン・タディッチ(PK)(サウサンプトン)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927800

    サウサンプトンにアクシデント! ファン・ダイクがレスター戦で負傷、主力CB吉田のみの緊急事態
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00010022-soccermzw-socc

    プレミアリーグ第22節が22日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと同代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。吉田はセンターバック、岡崎は2トップの一角で先発出場している。

    ホームのサウサンプトンは現在、リーグ戦4連敗中で13位に沈んでいる。今節は下位から抜け出すために、ホームで2017年初勝利を狙う。一方、優勝した昨シーズンから一転、残留争いを強いられている15位のレスターは、この試合で3戦ぶりの白星を目指す。両チームの勝ち点は3差の下位直接対決となる。

    最初にチャンスを作ったのはサウサンプトン。6分、左サイドを駆け上がったドゥシャン・タディッチがフリーでクロスを入れると、逆サイドのネイサン・レドモンドがヘディングで合わせたが、ここはクロスバーのわずか上に外れた。

    一方、レスターはカウンターからチャンスを作る。20分、サウサンプトンのCKをしのぐと、カウンターからデマレイ・グレイが左サイドを持ち上がる。そのままエリア左横までドリブルすると、カットインしてシュートを放ったが、ここはGKフレイザー・フォースターが弾いた。さらに24分、中盤でグレイがボールをカットすると、岡崎に渡してエリア内に走り込む。岡崎がグレイにスルーパスを送ったが、ここはシュートまで持ち込めなかった。

    スコアが動いたのは26分。サウサンプトンが右サイドから攻め込むと、セドリク・ソアレスがレドモンドとのワンツーから縦へ突破する。マイナスの折り返しを送ると、ジェームズ・ウォード・プラウズがダイレクトで合わせて先制に成功した。

    1点を追うレスターは31分にエリア手前でFKを獲得する。キッカーのグレイが右足で狙ったが、壁に当たってしまいチャンスを生かせなかった。

    するとサウサンプトンは40分に追加点を奪う。左サイドでFKを獲得すると、ウォード・プラウズがクロスを入れる。ファーサイドの吉田がヘディングで落とすと、これをジェイ・ロドリゲスが左足で押し込み、リードを2点に広げた。吉田にとっては今シーズンのリーグ戦初アシストとなった。このまま2-0でサウサンプトンがリードしてハーフタイムを迎える。

    レスターはハーフタイムにナンパリス・メンディを下げ、後半からマーク・オルブライトンを投入した。一方、サウサンプトンは55分にフィルジル・ファン・ダイクが負傷交代し、代わってジャック・スティーヴンスがピッチに入った。

    サウサンプトンは60分、相手のミスからビッグチャンスを手にする。レスターのクリスティアン・フクスがエリア手前でバックパスを奪われると、ピエール・エミル・ホイビュルクがフリーでシュートを放ったが、バランスを崩してしまい、ボールはゴール左に外れてしまった。

    レスターは62分に岡崎を下げてアーメド・ムサを投入する。75分、サウサンプトンはタディッチが左足でクロスを入れると、吉田と競り合ったウェズ・モーガンがクリアしきれずに自陣のゴールに入れてしまう。しかし、ここは吉田がわずかにオフサイドポジションにいたため、得点は取り消された。

    85分、サウサンプトンはカウンターから途中出場のシェーン・ロングが左サイドで抜け出すと、モーガンがエリア内で倒してしまい、PKが与えられる。これをキッカーのタディッチが右上に豪快に蹴り込み、サウサンプトンが3点差をつけた。

    このままサウサンプトンが3-0でレスターを下し、第17節以来5試合ぶりの白星を収めた。一方、レスターはリーグ戦2連敗を喫した。なお、吉田はフル出場、岡崎は62分まで出場した。

    次節、サウサンプトンはスウォンジーと、レスターはバーンリーと、それぞれ敵地で対戦する。
    2017-01-22_23h16_53
    SOCCER KING 1/22(日) 22:52配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00544524-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 12:49:30.26 ID:CAP_USER9.net
    FAカップ3回戦の再試合が18日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンとノリッジ(2部)が対戦した。公式戦6試合連続で先発に名を連ねた吉田は、キャプテンマークを巻いてこの試合に臨んだ。

    7日に行われた試合では、サウサンプトンが吉田の今シーズン初ゴールなどで2-1とリードして終盤を迎えたが、後半アディショナルタイム2分に痛恨の失点を喫し、2-2のドローで再試合に持ち込まれていた。

    試合は立ち上がりからサウサンプトンが敵陣に押し込む時間が続いたが、シュートの精度を欠くなど、なかなかゴールを割ることができないまま時計の針が進んでいく。

    それでも、延長戦突入かに思われた後半アディショナルタイム2分に試合が動く。左からのクロスにシェーン・ロングがヘディングで合わせると、GKが弾いたボールを自ら押し込み、サウサンプトンが土壇場で先制点を奪った。

    結局これが決勝ゴールとなり、サウサンプトンが1-0でノリッジを撃破。辛くも勝ち上がりを決めたサウサンプトンは、28日に行われる4回戦でアーセナルと対戦する。なお、キャプテンを務めた吉田はフル出場している。

    【スコア】
    サウサンプトン 1-0 ノリッジ

    【得点者】
    1-0 90+2分 シェーン・ロング(サウサンプトン)

    GOAL.com
    https://goo.gl/T9sS9i
    2017-01-19_13h58_00
    SOCCER KING 1/19(木) 12:31配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00543255-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/14(土) 19:48:38.05 ID:CAP_USER9.net
    14日、『Daily Echo』は「サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、ジョゼ・フォンテ不在時のチャンスを掴んでいる」と報じた。

    現在ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテに移籍の可能性があり、1月のマーケットが閉じるまでは起用されない予定となっている。

    人員が減少している最終ラインの中で吉田麻也は4試合連続でスタメン起用され、FAカップのノリッジ戦では今季初ゴール。11日にはリヴァプールとのリーグカップで勝利を収めた。

    彼はインタビューに対して以下のように話し、こういうことがあるのもサッカーだと語った。

    吉田麻也

    「自分の状況は理解しているよ。これがサッカーだ。そういうものだよ。全ては自分自身にかかっている。チャンスを掴むも、逃すもね。そして、僕はそれを掴み取りたい。

    これは個人的なことだ。ジョゼ・フォンテやクラブとの状況がどうなっていくのか、それは分からない。しかし、僕は自分自身にだけ目を向けている。

    これはジョゼがプレーするかしないかの問題じゃない。誰かが入れば、誰かが出るということでもない。ただ自分についてのことだ。

    もしいいプレーが出来れば、それは素晴らしいこと。これは僕と他の選手の競争というわけではない。自分との競争だ」

    「いいパフォーマンスを見せる必要がある。僕は勝ちたいし、クリーンシートを達成したい。そういうことだ。それが自分の評価になるし、僕自身に集中している」

    (昨季は右サイドバックもやったね?ミスもあり自信を失ったとも)

    「ヨーロッパリーグを含めて多くの試合がある。それは、僕がより定期的な出場機会を得て、自信と調子を取り戻してきた理由でもある。

    僕はセンターバックのほうがいいプレーができた。もちろん、ロナルト・クーマン前監督は僕に右サイドバックでのチャンスを与えてくれたが、センターバックのほうが自分にとってはいい。

    クロード・ピュエル監督は、僕だけではなく他の選手にも公平にチャンスを与えてくれる。それは良いことだよ」

    (ミッドウィークにはリヴァプールに勝ったね)

    「地に足をつけなければならない。やらなければならないことをやらなければいけない。今重要な事は、良好な回復をして、土曜日の準備をすることだよ。

    勝利は、自信を取り戻すための最善の方法だ。重要な試合が待っているから、同じようにプレーをして、何かが良くなるように戦わなければならない」
    741d0426-0429-4965-8f4e-d1ee5ff9bd3e
    http://qoly.jp/2017/01/14/yoshida-maya-talked-about-current-january-kgn-1?part=2
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/12(木) 13:21:35.11 ID:CAP_USER9.net
    サウサンプトンでプレーする日本代表DF吉田麻也が、強力なリヴァプール攻撃陣をシャットアウトし、現地で高評価を受けている。

    サウサンプトンは11日、EFLカップ準決勝ファーストレグでリヴァプールと対戦。試合は前半にホームのサウサンプトンが先制すると、プレミアリーグで最もゴールの多いリヴァプールの最強攻撃陣を90分間無失点に抑え、1-0で逃げ切った。

    イギリス紙『デイリー・メール』では、決勝点を挙げたネイサン・レドモンドらとともに吉田にはチーム2位タイの「7.5」という採点が与えられ、「移籍を模索するジョゼ・フォンテの代わりとして出場したが、ほとんどミスを犯すことなく、ボックスに入ってくる選手に冷静に対応した」と評価されている。

    なお、両チームで単独最高点が与えられたのはサウサンプトンMFオリオル・ロメウで「4バックの前のストッパーとして素晴らしい仕事を果たした」と述べられた。リヴァプールを相手に土を付け、先勝したサウサンプトン。2戦目は25日で、敵地アンフィールドで行われるが、決勝進出を果たすことはできるのだろうか。

    GOAL 1/12(木) 8:09配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000029-goal-socc

    写真


    【スコア】
    サウサンプトン 1-0 リヴァプール

    【得点者】
    1-0 20分 ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)

    https://goo.gl/zyuCtT

    吉田フル出場のサウサンプトン、リーグ杯決勝進出へ前進…リヴァプール撃破
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00540588-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/08(日) 13:06:04.90 ID:CAP_USER9.net
    ノリッジ戦で見事なヘッド

    7日に行われたFAカップ3回戦のノリッジ・シティ戦に先発フル出場を果たしたサウサンプトンDF吉田麻也は、後半22分にヘディングから見事な追加点を奪った。チームは試合終了間際の失点で2-2と引き分けてしまったが、吉田のヘディングは見事だった。

    この試合では吉田の相棒を務めたフィルジル・ファン・ダイクも得点を記録しており、英『Daily Mail』は「両者の得点は素晴らしいものだった」と称賛。後半ロスタイムまでは勝利にふさわしい内容だったと伝えている。

    ただし、気になるのは2得点ともセンターバックによるものだったということだ。今季のサウサンプトンは前線の選手がなかなか得点を決められない状況が続いており、12月28日のトッテナム戦でも唯一の得点を決めたのはファン・ダイクだった。

    ヨーロッパリーグのグループステージ最終戦となったハポエル・ベア・シェバ戦で追撃のゴールを決めたのもファン・ダイクで、後半ロスタイムには吉田が惜しいヘディングシュートを放つシーンもあった。DFに得点部分を頼っているのは問題で、SNS上ではサウサンプトンサポーターから攻撃陣への不満とも取れる意見が出ている。

    「吉田とファン・ダイクが得点。ストライカーが必要だ」

    「新しいFWなど不要だ。ガルドーシュをセンターバックにし、ファン・ダイクと吉田が最前線だ」

    サウサンプトンは毎年のように主力選手が引き抜かれる厳しい環境下にあるものの、今季の得点力不足は深刻なレベルにある。今回の試合もそれが浮彫りとなる内容だったが、サウサンプトンの前線はいつ爆発するのか。
    2017-01-08_14h27_24
    theWORLD(ザ・ワールド) 1/8(日) 11:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00010002-theworld-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/08(日) 02:33:23.74 ID:CAP_USER9.net
    2017-01-08_08h55_42
    日刊スポーツ 1/8(日) 2:08配信

    サウサンプトン吉田麻也、一時勝ち越しの初ゴール

    2点目となるゴールを決めたサウサンプトン吉田麻也(ロイター)

    <FA杯:サウサンプトン2-2ノリッジ>◇8日◇ノーフォーク

    サウサンプトンのDF吉田麻也(28)がノリッジ戦に先発出場し一時は勝ち越しとなるゴールを決めた。

    【写真】昨年12月に子供が生まれた吉田麻也はゴールを決め指しゃぶりのパフォーマンス

    1-1の後半22分、MFホイビュルクの右クロスにペナルティーエリア中央へ走り込み、DFとの空中戦に勝って頭で決めた。自身の今季初ゴールで2-1とした。

    チームは後半ロスタイムに失点し、2-2で試合を終えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-01762318-nksports-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/06(金) 13:30:51.37 ID:CAP_USER9.net
    Football ZONE web 1/6(金) 11:26配信

    ミラン本田にサウサンプトン移籍が急浮上! 名古屋と日本代表で共闘してきた吉田と再タッグか

    サウサンプトンが本田の1月獲得に関心と、英ラジオ局が報じる

    ACミランの日本代表FW本田圭佑は1月の移籍市場で放出される可能性が出ているが、ここにきて日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンへの移籍話が急浮上している。英地元ラジオ局「トークスポーツ」が報じている。

    2007年に名古屋グランパスで同僚だった日本代表コンビが、イングランド南部のクラブで再タッグを組むかもしれない。

    「セインツは夏の間に日本代表の動向を追っていた。そして、移籍市場が開いた今、新たなアプローチとともに結びついている」

    セインツの愛称を持つサウサンプトンは、今季のプレミアリーグ第20節を終えた時点で10位。昨夏の移籍市場で動向を追っていた本田の獲得に、再び関心を示しているという。

    本田はミランで栄光の10番を背負っているが、昨季からリーグ戦通算1得点3アシストと結果を出すことができず、キャリア最大の危機に陥っている。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が就任した今季は状況がさらに悪化しており、リーグ戦での先発はわずか1試合、5試合96分間しか出場時間を与えられていない。

    2014年1月にCSKAモスクワから移籍金ゼロで加入した本田は6月に契約満了を迎えるが、ミラン側から契約延長のオファーはない。クラブは財政難により高額年俸選手を削減する必要に迫られているため、格安の移籍金で放出される可能性があると、イタリアメディアでは報じられていた。
    2017-01-06_14h20_09
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170106-00010005-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/20(火) 05:59:24.96 ID:CAP_USER9.net
    サウサンプトンを指揮するクロード・ピュエルは、18日のボーンマス戦でセンターバックに日本代表DF吉田麻也とフィルジル・ファン・ダイクの2人を配置した。

    これまでリーグ戦ではジョゼ・フォンテとファン・ダイクがコンビを組み、吉田はヨーロッパリーグなどカップ戦担当だった。しかしピュエルは年末年始にかけて過密日程になるリーグ戦でも吉田とフォンテをローテーションさせたのだ。

    その吉田は3-1の勝利に貢献。『EuroSports』は、同点弾を決めたライアン・バトランドと同じく吉田にチーム最高評価となる8 点を与えている。そんな吉田のパフォーマンスをサポーターも称えており、吉田が今季大きく成長したとの意見が出ている。

    「間違いなく今季はフォンテより吉田の方が良い」

    「吉田は成長してる。素晴らしいオプションだ」

    今季の吉田のパフォーマンスはサポーターのハートをがっちり掴んでおり、以前のようにただベンチを温めているだけではない。英『Independent』によると、ピュエルは吉田とフォンテのローテーションに満足感を示しており、今後も採用していく考えを示している。

    「誰だって毎試合出場したいだろう。特にフォンテはキャプテンだ。だが重要なのは、32歳の彼が怪我をせず強いフィジカルを維持することだ。今のクオリティを維持するのが重要なんだよ。だが、毎試合出場するとそれは不可能だ。11人の選手が常に試合に 出ることはできないね」

    フォンテとファン・ダイクしか頼れるセンターバックがいないのであれば話は変わってくるが、今のサウサンプトンには吉田がいる。フォンテを休ませることは十分に可能で、ローテーションは有効な手段と言えるはずだ。吉田も安定感ある3番手として確実に評価を高めており、今季は飛躍のシーズンとなっている。
    2016-12-20_07h46_00
    theWORLD(ザ・ワールド) 12/19(月) 19:20配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00010021-theworld-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 00:36:02.07 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのイングランド・プレミアリーグ、サウサンプトンの吉田麻也は18日、3-1で勝ったアウェーのボーンマス戦にフル出場した。(共同)
    2016-12-19_07h27_40
    http://www.daily.co.jp/soccer/2016/12/19/0009762993.shtml
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 00:36:21.76 ID:CAP_USER9.net
    第17節 12/18(日)22:30
    バイタリティ・スタジアム

    AFCボーンマウス 1-3 サウザンプトン

    1-0 ネイサン・アケ(前半6分)
    1-1 ライアン・バートランド(前半14分)
    1-2 ジェイ・ロドリゲス(後半3分)
    1-3 ジェイ・ロドリゲス(後半40分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927743
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/09(金) 10:57:54.42 ID:CAP_USER9.net
    ヨーロッパリーグ・グループステージ第6節が8日に欧州各地で行われた。

    最終節まで勝ち抜けチームが決まっていなかったグループAでは、首位フェネルバフチェ(トルコ)がフェイエノールト(オランダ)に、2位マンチェスター・U(イングランド)がゾリャ・ルハーンシク(ウクライナ)にそれぞれ敵地で勝利を収め、決勝トーナメント進出を果たした。

    首位ローマ(イタリア)のみが首位通過を決めていたグループEでは、MF瀬戸貴幸所属のアストラ(ルーマニア)がホームでローマと対戦。0-0のドローで勝ち点1を加え、2位でグループステージを突破した。瀬戸はフル出場している。

    グループJでは、首位フィオレンティーナ(イタリア)が2位カラバフ(アゼルバイジャン)に2-1で勝利。また3位PAOK(ギリシャ)が2-0で最下位スロヴァン・リベレツ(イスラエル)を下した。この結果、フィオレンティーナが1位、カラバフをかわしたPAOKが2位で決勝トーナメントへ駒を進めた。

    グループKでは、日本代表DF吉田麻也所属の3位サウサンプトンが2位ハポエル・ベア・シェヴァ(イスラエル)との直接対決に臨んだが、1-1のドローに終わり、敗退となった。吉田はフル出場している。

    大混戦となっているグループLでは、勝ち点3を加えて首位を守ったオスマンルスポル(トルコ)と、ステアウア(ルーマニア)に2-1で競り勝ったビジャレアル(スペイン)がグループステージを突破した。

    なお、グループFではサッスオーロ(イタリア)対ヘンク(ベルギー)が9日開催となっているが、すでにアスレティック・ビルバオ(スペイン)とヘンクの決勝トーナメント進出が確定している。

    第6節の結果と順位表は以下のとおり。

    ■ELグループステージ第6節結果(8日開催)
    ▼グループA
    ゾリャ・ルハーンシク(ウクライナ) 0-2 マンチェスター・U(イングランド)
    フェイエノールト(オランダ) 0-1 フェネルバフチェ(トルコ)

    ▼グループB
    ヤング・ボーイズ(スイス) 3-0 アスタナ(カザフスタン)
    APOEL(キプロス) 2-0 オリンピアコス

    ▼グループC
    マインツ(ドイツ) 2-0 ガバラ(アゼルバイジャン)
    アンデルレヒト(ベルギー) 2-3 サンテティエンヌ(フランス)

    ▼グループD
    AZ(オランダ) 3-2 ゼニト(ロシア)
    マッカビ・テルアヴィヴ(イスラエル) 2-1 ダンドーク(アイルランド)

    ▼グループE
    アストラ(ルーマニア) 0-0 ローマ(イタリア)
    プルゼニ(チェコ) 3-2 オーストリア・ウィーン(オーストリア)

    ▼グループF
    ラッピド・ウィーン(オーストリア) 1-1 アスレティック・ビルバオ(スペイン)
    サッスオーロ(イタリア) vs ヘンク(ベルギー)※9日開催

    ▼グループG
    パナシナイコス(ギリシャ) 0-2 セルタ(スペイン)
    スタンダール・リエージュ(ベルギー) 1-1 アヤックス(オランダ)

    ▼グループH
    ブラガ(ポルトガル) 2-4 シャフタール(ウクライナ)
    コンヤスポル(トルコ) 0-1 ヘント(ベルギー)

    ▼グループI
    ニース(フランス) 2-1 FKクラスノダール(ロシア)
    ザルツブルク(オーストリア) 2-0 シャルケ(ドイツ)

    ▼グループJ
    PAOK(ギリシャ) 2-0 スロヴァン・リベレツ(イスラエル)
    カラバフ(アゼルバイジャン) 1-2 フィオレンティーナ(イタリア)

    ▼グループK
    サウサンプトン(イングランド) 1-1 ハポエル・ベア・シェヴァ(イスラエル)
    インテル(イタリア) 2-1 スパルタ・プラハ(チェコ)

    ▼グループL
    ビジャレアル(スペイン) 2-1 ステアウア(ルーマニア)
    オスマンルスポル(トルコ) 2-0 チューリッヒ(スイス)

    つづく
    2016-12-09_14h15_44
    SOCCER KING 12/9(金) 9:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00525108-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ