海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:吉田麻也

    1:久太郎 ★:2018/08/11(土) 00:18:22.51 ID:CAP_USER9.net
    「やばいやばいって唱えながら走ってた」吉田麻也がベルギー戦“最後の9秒間”を回顧する

    人生初の"DJ"で「オールナイトニッポン」に登場!
    8月9日深夜、日本代表DFの吉田麻也が初めてラジオのパーソナリティを務める『吉田麻也のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)が放送された。

    初のパーソナリティ挑戦ということで、スタートこそ非常に緊張した様子だったが、2時間の大役を無事に務め上げた。12日にプレミアリーグの開幕を控えているため、こちらは事前録音。メールや街頭インタビューなどで寄せられた質問や相談の一つひとつに真摯に答えた。

    そして「キラーパス・クエスチョン」と銘打たれたコーナーでは、リスナーからの鋭い質問に真っ向からぶつかり、ロシア・ワールドカップの裏事情を明かした。

    「ぶっちゃけ、あのネイマールの痛がり方どう思いますか?」との問いには「あれはトゥーマッチだよね。トゥーマッチっていう言葉が一番ピンとくるのではないでしょうか」と回答。「長友(佑都)選手が金髪にしたとき、やっぱり代表ではだだスベりでしたか?」との投げかけには「いやいやスベったもなにも……みんな凍りついてましたよ」などなど、日頃はなかなか垣間見ることのできない“舞台裏”が次から次へと披露された。

    吉田らしく笑いを誘う一方、世界中で論議を呼んだシーンについても真摯に応じた。グループリーグ第3戦のポーランド戦。会社員から「ポーランド戦ってフェアプレーポイントで決めたんですよね。時間を潰す戦い方は試合前から決まっていたんですか?」と質問され、こう回答している。

    ポーランド戦が難しい展開になることは分かっていたこと、ベンチから攻めるなという指示はなかったが、交代で入ってきた主将の長谷部誠から「ボールを回せ」「イエローカードは貰うな」と指示があったこと。そして、吉田自身が状況を把握したのは「電光掲示板を見たんですよ。そうしたら画面に写った人のスマホに(セネガル対コロンビア戦の)1-0というスコアが見えて。ああ回せばいいんだなって」と、意外な真実を語った。

    ただ、勝敗には悔いが残ったようだ。「モチベーションが低いポーランドには勝たなければならないと思っていたので、悔しさは残ります。が、戦い方については問題ないと思っています」と語っている。

    >>2以降に続きます
    2018-08-11_01h21_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00045428-sdigestw-socc&p=1
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/07/24(火) 20:19:47.28 ID:CAP_USER9.net
    吉田麻也、新生日本代表でもリーダーの自覚。「どう考えてもまとめていくポジション」
    7/24(火) 15:17配信 フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2018/07/24/post282775/
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180724-00282775-footballc-socc

    東京都内のイベントで次回大会への決意を表明するサッカーW杯日本代表の吉田麻也=24日



    24日に都内で行われた英自動車ブランド『ランドローバー』の新ブランドアンバサダー就任披露発表会に出席した日本代表DF吉田麻也が、次期監督体制についての役割について言及した。

    ロシアワールドカップではベスト16に進出した日本代表は、大会終了後に西野明監督が退任することが明らかになっており、次期監督としてU-21日本代表の森保一監督が就任するのではと噂されている。

    イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに所属する吉田は新生日本代表でもキャプテン候補のひとりとして期待されるが、「監督が決めることなので、監督が決まっていない以上どうもこうもいえない」と前置きしながら、新チームでもリーダーとしての役割を果たす自覚があると語った。

    「僕のポジション、僕のプレーしているキャリアの立場から考えると、どう考えてもチームをまとめてかなければいけないポジションにある。今までも長谷部(誠)選手がキャプテンマークを巻いてましたけれども、僕もリーダーのひとりだと思てプレーしてきましたし、やることは今までと同じ」

    さらに、「まずは新しい監督に認められて、新しい選手たちに認められて、代表にしっかり選ばれて結果を出せるように、来週からチーム(サウサンプトン)に戻りたい」と、新シーズンでのクラブでの活躍を誓った。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/21(土) 05:50:25.52 ID:CAP_USER9.net
    今月末で退任する日本代表の西野朗監督の後任候補としてU-21日本代表の森保一監督らの名前が挙がる中、DF吉田麻也(サウサンプトン)が一選手の立場で見解を述べた。

    「選手として成長させてくれる監督、(日本代表がW杯で)行ったことのないところ(ベスト8)まで導いてくれる監督になれば、だれでもいい」。次期監督候補としてユルゲン・クリンスマン氏やアーセン・ベンゲル氏らの名が報道される中、ロシアW杯で日本代表のコーチも務めた森保氏が最有力候補と言われている。

    プロ入り後、常に外国人監督の下でプレーしてきた吉田にとって、西野監督とともに戦ったロシアW杯は新鮮な経験でもあったが、外国人監督が日本代表を率いる難しさも指摘する。

    「日本のこと、アジアのことを理解していないと、(W杯)予選を戦ううえでは時間がかかる。ザックさん(アルベルト・ザッケローニ元監督)のときもハリルさん(バヒド・ハリルホジッチ前監督)のときもそうだったけど、日本のこと、アジアのことを理解するのに2年くらいかかる。そこのロスは時間的にもったいないかなと思う」

     コミュニケーションという意味では吉田自身は「外国人監督でも英語で話せれば問題ない。そういう意味でアギーレさん(ハビエル・アギーレ元監督)は楽だった」と振り返るが、英語での直接対話が難しい選手が多いことを考えると、日本人監督であることのメリットは多分にあるようだ。

    7/20(金) 17:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-01656379-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    541: U-名無しさん 2018/07/08(日) 21:48:40.90 ID:A3YkNAVS0

    DhlAXRjVMAAWdfO

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/05(木) 09:00:20.13 ID:CAP_USER9.net
    ●長谷部も最初から完璧なキャプテンだったわけではない

    長谷部誠が代表引退を表明した。これで関心事のひとつになるのが、日本代表の次期キャプテンは誰かということである。順当に考えれば、吉田麻也が最有力候補だが、それでは面白くない。
     
    勘違いしてもらっては困るが、吉田がキャプテンに相応しくないと主張しているわけではない。むしろ吉田はすでにリーダーとしての資質を備えており、キャプテンという役割を任せなくても十分にチームを引っ張ってくれるはずだ。「4年後を見据える」という長友佑都もすでに“自分がベテランとしてやるべき役割”を理解しているし、経験だけでキャプテン選びをしてほしくない。
     
    個人的に推薦したいのは、柴崎岳だ。本人は否定するかもしれないが、ロシア・ワールドカップで日本をプレー面で引っ張っていたのは間違いなく彼だった。相手の出方に応じて長短のパスを使い分けるなど、インテリジェンス溢れるパフォーマンスは印象的だった。
     
    しかも、今大会を通じて代表への考え方、重みみたいなものも変わったはずだ。実際、彼はベルギー戦の翌日にそんなニュアンスの質問に対し、次のように答えている。

    「大会前と違ったものになっているかもしれません。さらにこれからを考えさせられるようなものにもなりましたし。若いころのような漠然としたものではなく、さらに責任感もそうですし、そういったものが身体にまとわりつくような感覚も今大会はあったりしたので、ワールドカップを終えたからこそですけど、自分にとっての日本代表というものの考え方や捉え方は徐々に変わってきているのかなという想いはあります」

    長谷部も最初から完璧なキャプテンだったわけではない。そういう立場で試合を重ねていき、様々な経験を経て、現在に至ったのである。だからこそ、柴崎のような楽しみな人材にキャプテンマークを託してはどうかと考えてしまう。

    「引っ張っていかなきゃ、引っ張っりたいという気持ちは沸いていますか?」というある記者の質問については、「いやいや、まあ僕はそんなタイプでもないのでね。もっともっと自由気ままにやっているほうが自分らしいかなとは思うので、あまりいろんなものをしょい込み過ぎずに、頼れる仲間たちと分散するところはしていきながら、いろんな形で支え合いながらやっていきたいと思います」と答えている。
     
    ただ、こちらこそ「いやいや」である。ピッチで責任を果たそうとする姿勢、ミックスゾーンで質問の意図を理解したうえでの回答、そういうものをひっくるめれば、十分にキャプテンとしてやっていける資質はあるのではないだろうか。

    サッカーダイジェスト7/5(木) 6:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180705-00043464-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/07/04(水) 02:47:12.98 ID:CAP_USER9.net
    7/4(水) 2:35配信
    長谷部の代表引退に号泣…麻也「どうあがいても長谷部誠にはなれない」

    言葉が出てくるのに1分以上かかった。目尻が赤くなった。日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)は、MF長谷部誠(フランクフルト)の代表引退について聞かれると、言葉を詰まらせ、ついには号泣した。

    「本当に素晴らしいキャプテンで……。7年半、彼と一緒にやってきましたが、あれだけチームのことを考えてプレーできる選手は少ないと思う。この大会が終われば長谷部さんだけじゃなく、今まで長くやってきた選手とやれなくなる覚悟はあった。分かってはいたことだけど、公私ともに一緒にいる時間が長かったので、寂しい」。話しながら何度も大きく息を吐いた。

    84年1月生まれで34歳の長谷部と、88年8月生まれで29歳の吉田は年齢が4歳違う。「前回のブラジルW杯が終わったとき、長谷部さんは今の僕と同じくらいの年で、次(のW杯)は僕が今の長谷部さんと同じ年になる」。4年後の自分はどうなっているのか。「昨日の夜、長谷部さんにブラジルのあと、次も行けると思ったかを聞いたら、『全然思っていなかった』と言っていた」と苦笑いした。

    常に日本代表チームを束ねることに腐心するキャプテンの姿は吉田にとって最高の手本だった。「僕もどうなるか分からないけど、日々の積み重ねが4年後のW杯に出ると思う」と、次代のリーダーとしての自覚をのぞかせつつ、「僕はどうあがいても長谷部誠にはなれない。自分のスタイルで代表を引っ張っていかないといけない」と、自分ならではのキャプテン像を思い描いた。

    日本として3度目の挑戦となったベスト8の壁はまたしても破ることができなかったが、次こそは、との思いは強い。「前回(ブラジルW杯)は燃え尽きてしまって、再スタートを切るのに時間がかかってしまった。まずはしっかり頭と体を休めて、サウサンプトンで良いパフォーマンスをしていきたい。そして(来年1月の)アジア杯を奪い返しにいきたい」。涙でリーダーのバトンを受けた吉田はタオルで頬をぬぐい、顔を上げた。日本代表としての挑戦が再びスタートする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-01655910-gekisaka-socc

    続きを読む

    1:ばーど ★:2018/07/03(火) 11:33:57.10 ID:CAP_USER9.net


    ■後半アディショナルタイムの被弾を冷静に分析「一瞬スイッチが切れた」

    世界との差を埋めるためには何が必要だったのか。プレミアリーグのサウサンプトンでプレーする日本代表DF吉田麻也は、その答えの一つとして「トップレベルでの経験」を挙げ、これから日本代表を担う選手たちのステップアップを要求している。

    現地時間2日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)の決勝トーナメント1回戦、日本はFIFAランキング3位のベルギーと激突。後半立ち上がりにMF原口元気とMF乾貴士のゴールでリードを奪ったが、グループリーグから3戦連続失点中の守備はこの日も踏ん張り切れず。後半24分と29分に立て続けに失点すると、後半アディショナルタイムには高速カウンターからMFケビン・デ・ブライネに持ち込まれ、最後は途中出場MFナセル・シャドリに押し込まれて2-3で敗北した。

    「最後は全力で戻りましたけど、デ・ブライネが非常に速かったし、トップスピードであのパフォーマンスを出せるのが彼だけではないですよね。冷静にスルーできるルカクもあったし。ああいう失点はスイス戦でもやっていましたし、一瞬スイッチが切れたんじゃないかと。そういうのを含めて精神的に脆い」

    ディフェンスリーダーの吉田は決勝点を奪われたシーンを振り返り、日本の脆さを指摘した。「試合の終わらせ方とか試合の運び方は、まだまだベルギーのような大国とはだいぶ差があると感じました」と率直な意見を述べた。

    課題とされているセットプレー時の守備や、海外選手との体格差については「今日や明日には変わらない」と指摘し、「育成のところから変えない」と育成面からの改革を協会側にも要求した。
    .
    ■「いきなりやれと言われても難しい」

    そして、これからの代表を担う若手・中堅選手には本場の欧州でさらなる経験を積んでほしいと語っている。

    「(昌子)源とか(柴崎)岳とか、まだ国際的な経験が少ないなかでも大会中に成長したし、まだ足りないと思った部分もある。4年前も思ったけど、たくさんの選手がヨーロッパでプレーして、もまれて、学んでいかなければいけないんじゃないかと思う。源にも(植田)直通にも言っているし、(鈴木)大輔にも(2012年のロンドン)五輪の時から言っている」

    吉田はオランダのVVVフェンロと英プレミアリーグのサウサンプトンでプレー。特にサウサンプトンではベルギー代表FWロメル・ルカクやFWエデン・アザール、デ・ブライネらワールドクラスの選手と毎週末のように対戦してきた。「彼らと対峙していないと、いきなりやれと言われても難しい」と言葉には実感がこもる。

    「そういう経験値の部分は次の4年で高めないといけない。4年前も同じことを言いましたけど、ここで終わりじゃない。ベスト16で優勝候補に良い試合をしたという美談で終わらせず、課題からしっかり学んでやるべきことを選手も協会も学んでいかないといけない」

    最終ラインから日本を支えた男は、日本代表のレベルが底上げされることを熱望していた。

    7/3(火) 10:50
    Football ZONE web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00118755-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/31(木) 07:54:46.34 ID:CAP_USER9.net
    降りしきる雨を切り裂くように耳に届いた、ファンやサポーターによる大音量のブーイングを、DF吉田麻也(サウサンプトン)は当然のことだと受け止めた。

    30日に行われたワールドカップ壮行試合。4月に慌ただしく発足した西野ジャパンの初陣にして、正式メンバー23人が発表される前日の最終選考会で、ロシア大会に出場しないガーナ代表に、それもわずか17人で2日前に来日した、時差ぼけに苦しんでいる主力不在の若手たちに完敗を喫した。

    しかも、事前に決まっていたこととはいえ、日産スタジアムのピッチでは壮行セレモニーが華やかに催され、人気音楽ユニット『ウカスカジー』の歌声が響き渡っている。試合後の取材エリアで険しい表情を浮かべた吉田は、「恥ずべき試合だったと思います」と偽らざる思いを口にした。

    「勝って壮行会的なものをしてほしかった。これは間違っていると思いながら、セレモニーを見ていたんじゃないですか」

    開始早々の前半8分に、DF槙野智章(浦和レッズ)の不用意なファウルで与えた直接フリーキックを叩き込まれて先制を許した。後半6分にはGK川島永嗣(FCメス)が、ペナルティーエリア内で相手選手を倒して与えたPKを、ゴール中央へ豪快に決められた。

    4日前に練習を開始したばかりの3バックも、当然ながら機能したとは言い難い。中盤や前線で数的優位を作る青写真を描いていたものの、特に前半は左右のアウトサイドも下がる『5‐4‐1』状態でブロックを形成する時間帯が多く、どうしても後方に重心がかかってしまった。

    リベロとしてプレーしていた、キャプテンのMF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)がベンチに下がった後半31分には4バックにスイッチ。前線を武藤嘉紀(マインツ)と岡崎慎司(レスター・シティ)の2トップに変えたが、ガーナの8本を上回る14本のシュートは空砲に終わった。

    日本を6大会連続6度目のワールドカップへ導いた、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督を「座して死を待ちたくない。ワールドカップで勝つ確率を、1%でも2%でも上げたい」と見限った日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、独断で指揮官交代に踏み切った。

    もっとも、西野朗新監督の就任会見が行われた4月12日の時点で、チームとして活動できるのは最も早くて5月21日からになるとわかっていた。時間が極端に限られていたからこそ、西野監督はたとえけがを抱えていても、ハリルジャパンに呼ばれた経験と実績をもつ選手の招集を優先させた。

    たとえば香川真司(ボルシア・ドルトムント)は、ブンデスリーガ最終節の後半途中でピッチに立つまで約3ヵ月もの戦線離脱を強いられた。岡崎もプレミアリーグの終盤戦を欠場したまま帰国し、シーズン終盤に太ももを痛めた乾貴士(エイバル)も合宿では別メニューに終始した。

    つづく

    5/31(木) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000001-wordleafs-socc

    写真
    続きを読む


    吉田麻也

    1:風吹けば名無し:2018/05/29(火) 11:30:54.43 ID:qv1JYGaT0.net
    当たり激しいプレミアでセンターバックのレギュラー掴んでるだけですごい
    2:風吹けば名無し:2018/05/29(火) 11:31:22.31 ID:+j9xq6g/r.net
    吉田以外が論外なだけだぞ
    3:風吹けば名無し:2018/05/29(火) 11:31:40.07 ID:qv1JYGaT0.net
    >>2
    酒井ゴリもすごいぞ
    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/23(水) 01:42:25.82 ID:CAP_USER9
    限られた時間の中で選手の対応力も求められている。西野朗監督が就任した日本代表は合宿2日目のトレーニングを終えたが、まだ海外組11人しか合流できていないこともあり、全体ミーティングも戦術練習も行っていない。

    DFリーダーであるDF吉田麻也(サウサンプトン)も指揮官と「戦術的な話はまだしていない」という。

    西野監督は18日のメンバー発表会見で「固執したシステムやポジショニングではなく、ポリバレントに複数をこなす選手がこのリストの中にもたくさんいる」と説明。「たくさんのオプションを考えて選手にも伝えていきたい」と、複数のシステムを使い分ける考えも示唆している。

    4バックだけでなく、3バックとの併用も念頭にあると見られるが、日本代表ではアルベルト・ザッケローニ元監督時代に3-4-3をオプションとしてテストしたぐらいで、長らく4バックをベースにしてきた。クラブでは3バックもこなす吉田でさえ、「3枚と4枚では全然違う」と話すように、チームとして一朝一夕に習得できるものでもない。

    「(3バックに)だれが入るかにもよるし、3バックなのか、5バック気味なのかでも変わる。そこはやってみないと分からない」。そう慎重に話した吉田は「全員がそろってからチームを構築しないといけない。1日も無駄にできないし、質の高いものが大事になる」と表情を引き締めた。

    ゲキサカ 5/22(火) 21:04配信
    20180522-01654122-gekisaka-000-view
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?245408-245408-fl

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ