海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:名古屋グランパス

    8: 久太郎 ★ 2019/03/17(日) 15:28:56.00
    “古巣キラー”永井謙佑の対名古屋3戦連発弾でFC東京が3連勝!!無敗対決制す

    [3.17 J1第4節 FC東京1-0名古屋 味スタ]

    FC東京がホームで名古屋グランパスを1-0で下した。FC東京は3連勝。名古屋の連勝は3で止まり、今季初となる黒星を喫した。

    3連勝で首位の名古屋と2勝1分で2位のFC東京の直接対決。両軍とも前節から先発メンバーに変更はなし。前節の鳥栖戦で前半途中に途中交代したFC東京のFW永井謙佑も先発で古巣戦に臨むことになった。また名古屋は怪我で出遅れていたFWマテウスが今季初めてベンチ入りした。

    いきなり決定機はFC東京。前半5分、MF東慶悟のスルーパスにFW永井謙佑が反応し、完全にGKと1対1になる。シュートは惜しくも右に外してしまったが、FC東京はその後も高いラインを保ち続ける名古屋DFラインの裏を狙うパスを再三出し続けてチャンスを伺っていく。

    名古屋はコンパクトな陣形からポゼッションを高めてFC東京のゴールに迫ろうするが、パスワークの精度を欠き、なかなかチャンスを生み出すことができない。前半17分のMFガブリエル・シャビエルのシュートや、同41分のジョーのシュートもGK林彰洋に防がれて先制点にはならなかった。

    スコアレスで折り返した後半、名古屋が先にメンバーを交代。FW赤崎秀平を下げてマテウスを投入。今季初めて外国籍選手5人を同時にピッチに立たせる。しかしスコアを動かしたのはFC東京だった。9分、東のスルーパスで抜け出した永井がGKとの1対1を制す。永井は昨年の対戦でも2戦2ゴールを決めており、対名古屋は3戦連発となった。

    勢いづくFC東京は後半18分、永井がドリブルで持ち込んでシュート。GKランゲラックの好セーブに遭うが、右サイドから猛然と走り込んだMF久保建英が詰める。しかしシュートは惜しくも右サイドネットに外れる。反撃したい名古屋は出れば負けない“不敗神話”を持つMF相馬勇紀をDF宮原和也に代えて投入。和泉を右SBで起用する攻撃的布陣で勝負を仕掛ける。

    しかし名古屋はなかなか可能性を見出すことができない。FWジョーにいいボールを当てようとするが、クロスボールはFC東京の固い守りに跳ね返されてしまう。後半40分にはMF米本拓司に代えてMF長谷川アーリアジャスールを投入するが、最後までゴールを奪えず、今季初の無得点となった。
    2019-03-17_15h40_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-39355031-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/03/09(土) 21:48:46.92
    明治安田生命J1リーグ第3節の試合が9日に行われ、名古屋グランパスがガンバ大阪に3-2の勝利を収めた。名古屋は開幕から3連勝を飾っている。

    開幕戦ではサガン鳥栖に4-0で大勝し、続く第2節もセレッソ大阪を2-0で下して無失点での2連勝を収めていた名古屋。同じく2連勝の横浜F・マリノスを得失点差で抑えて首位に立っていた。

    G大阪戦では開始1分でFW赤崎秀平が今季3点目となるゴールを決めて先制。オウンゴールで今季初失点を喫した直後にはMFジョアン・シミッチの移籍後初ゴールで勝ち越した。後半にもPKで再び同点とされたが、最後は87分にオウンゴールで決勝点を奪った。

    名古屋がリーグ開幕から3連勝を収めたのは実に12年ぶり。昨季は開幕2連勝のあと15試合白星無しという不振に陥ったが、今季は同じ轍を踏むことはなかった。

    過去には1996年と2007年に開幕4連勝を飾ったのがクラブ記録となっている。シーズン途中までアーセン・ヴェンゲル監督が率いていた1996年は終盤まで優勝を争って2位で終了。2007年は連勝が止まったあと失速し、最終的に11位に終わった。

    17日に行われる次節はアウェイでFC東京と対戦。この試合にも勝利を収めればクラブ記録に並び、その次の北海道コンサドーレ札幌戦にも勝利すれば新記録となる。

    3/9(土) 18:53配信
    20170712_nagoya_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190309-00312494-footballc-socc

    続きを読む

    cb0faf19

    1: ニーニーφ ★ 2019/02/22(金) 09:39:59.59
    公式会見で風間監督は「4番バッターが打席に必ず立つというのではない」と野球の打順を用いる表現で、鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス対策を語った。

    「サッカーというのは1人でやるものじゃないので、どちらが有利にゲームを進めるかで目立つ選手が変わってくる」。トーレスへパスが回るからピンチになる。ならば、ボールがトーレスに渡らなければいいのだ。

    高いボール保持率に裏付けされたゲーム支配を狙うのが風間サッカー。「自分たちが主導権を握ってやれば相手どうこうというのは関係ない。守備のために守備をする訳ではないし、とにかくゴールを取るために敵陣でサッカーをしたい」と語った。

    スローガンを「貫く Go upward」と掲げる3年目の指揮官。まずはトーレスの存在を消し去って勝ち点3を手に入れる。
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201902/CK2019022202000113.html

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/18(月) 09:08:21.98
    英メディアの恒例企画で、元イングランド代表ストライカーが懐かしの時代を自ら回想した。

    現地時間2月15日、『BT Sports』の人気企画「what I wore(私は何を着ていたか)」が更新され、1980年代に欧州サッカー界で大活躍した名手リネカーが登場したのである。

    復刻版ユニホームがサッカー界でヒットしている潮流に乗って同メディアが始めたこの企画は、現役もしくは往年のプレミアリーガーの前に自身に関連する“オールドスクール”なユニホームを用意。当時の思い出を語ってもらうというもの。

    これまでにトッテナムのデル・アリや、元チェルシーの名MFで、現在は同クラブのヘッドコーチを務めているジャンフランコ・ゾーラ、そしてサッカー界屈指の“オシャレ番長”エクトル・ベジェリン(アーセナル)が登場してきたこの企画に満を持して出演したのが、リネカーだった。

    英公共放送「BBC」の人気サッカーハイライト番組「Match of the Day」の司会者として人気を博しているだけあって、リネカーのトーク力は抜群。これまでのどのゲストよりも軽快だ。1986年から3年間在籍したバルセロナの当時のユニホームを手に取ると、こう振り返ってみせた。

    「これは特別だよ。全てのトップにいるように感じられる。でも、あんまり良い思い出ばかりでもないな。僕が3年目を迎えた時にクライフがやってきたんだ。彼との考え方はあまりに違い過ぎた。

    チームに外国人選手は2人しか許されず、しかも彼は僕のポジションをいじりはじめたのさ。公式戦で、最初のシーズンに20ゴール、次のシーズンには21ゴールを決めていた僕を彼はシーズンを通してウイングとしてプレーさせたんだよ。

    その決断で僕の得点率は殺された。彼が僕をこぶだと考えていることは明白だったね。でも、僕は彼が監督として何をしてきたかを知っていたからプレーに集中したよ。僕らがヨーロッパでのカップウィナーズで勝った時は本当に嬉しかった」

    軽妙な話術で思い出を振り返るリネカー。そんなイングランド・サッカー界のレジェンドは、1992年から約2年間在籍した名古屋グランパスのユニホームを手渡されると、思わず声を上げ、「オオー! ナゴヤグランパスエイトッ!」と笑いながら叫んだ。

    1986年のメキシコ・ワールドカップ得点王、そして元イングランド代表のエースという肩書を引っさげて来日し、当時のJリーグ最高年俸3億円(推定)を手にしていたリネカーへの期待度は“半端なかった”。現在のアンドレス・イニエスタやフェルナンド・トーレス、ダビド・ビジャに対するそれである。

    だが、キャリアの晩年を迎えていた当時32歳のリネカーは、多くのファンが期待するほどの活躍ができず……。結局、公式戦23試合出場で9ゴールしか挙げられないまま、94年9月に現役引退を発表してクラブを去ったのだった。

    名古屋ファンのみならず、Jリーグファンの失望を買った時代をリネカーは次のように振り返っている。

    「ワオ! ナゴヤグランパスエイトッ!(笑) 凄いな。このショッキングレッドは忘れもしないさ。あまりいい仕事ができなかったからね。でも、グレートな思い出だよ。Jリーグへの挑戦は僕にとって真新しいことだったから興味深い時間だった」

    結果を残せず、非難をされた日本でのプレーだったが、リネカーには今も忘れがたき記憶として残っているようだ。

    2/18(月) 6:05サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190218-00010001-sdigestw-socc&p=1

    写真 
    2019-02-18_09h33_52
    続きを読む

    azaARZGg_400x400

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/06(水) 07:20:26.16
    名古屋が今季新戦力として元U―20ブラジル代表MFジョアン・シュミット(25=ポルトガル1部リオアベ)を獲得することが5日までに分かった。

    この日沖縄で行われた練習試合・札幌戦をスタンド観戦。大森SDは「最終的な契約締結を行い、明日から練習に合流できればいいと思う」と話した。

    ジョアン・シュミットは守備的MFが本職で、ゲームメークにたけた選手。マネジメントを手掛けるのは元ポルトガル代表MFのデコ氏(41)だ。右股関節痛のMFエドゥアルド・ネットが開幕に間に合うか微妙な状況だが、穴埋め以上の活躍が期待される。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/02/06/kiji/20190206s00002179058000c.html
    2019年2月6日 05:30

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/11(金) 22:08:28.59
    J1の名古屋は11日、J1のFC東京から元日本代表MF米本拓司(28)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。

    兵庫県出身の米本は伊丹高時代の2007年にU―17ワールドカップ(W杯)韓国大会に出場し、2009年にFC東京入り。同年にはナビスコ杯(現YBCルヴァン杯)のニューヒーロー賞とMVPをダブル受賞し、2010年1月には早くも日本代表デビューを飾るなど華々しいスタートを切った。

    だが、A代表デビューから間もない同年2月に左膝前十字靭帯損傷などの大けがで長期離脱を余儀なくされ、その後戦列復帰したものの、翌11年4月には再び左膝前十字靭帯を損傷。15年7月に5年半ぶりに日本代表に招集されたが、16年7月には今度は逆足の右膝十字靭帯断裂などで3度目の手術を受けるなど苦難が続いた。リーグ戦の通算成績はJ1が214試合5得点、J2が1試合0得点、J3が13試合0得点。2018年シーズンはJ1が23試合0得点、J3が3試合0得点だった。

    米本は名古屋を通じ、「この魅力あるチーム、そして熱い声援をしてくださるファン・サポーターの皆さんがいるクラブへ加入できることを非常に嬉しく思っています。一日でも早く皆さんに認めてもらいチームに貢献できるように頑張ります。最後に僕はサッカー人生の中でリーグ優勝を手にしたことがないので泥臭くガッツあふれるプレーで優勝に貢献したいと思います!」とコメント。

    FC東京を通じては「高卒で東京に加入し、10年という時が経ちました。大怪我を3回して、つらいことの方が多かったと思いますが、ファン・サポーター、チームメート、スタッフの方々が支えてくれたおかげで、10年間を過ごすことができました」と感謝のコメント。「本当に苦渋の決断、迷った末の決断でした。本当にこのチームが大好きですし、このクラブの成功を心より願っています。もう一回チャレンジをして、自分の可能性を信じて移籍するので、東京のみなさんには『嫌な選手だ』と思ってもらえるように頑張ります」と決意を述べた。

    「ここでは10年間の想いは語りきれません。この文面だけでは表現できないほどの感謝の気持ちでいっぱいです」と万感の思いを込めた米本。「これからは違うチームとなりますが、応援してもらえるとうれしいです。本当に10年間お世話になりました」と別れを告げた。

    1/11(金) 21:34配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000152-spnannex-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    GettyImages-946189478-800x533

    1: ニーニーφ ★ 2018/12/21(金) 01:45:05.29 _USER9
    J1名古屋は20日、オーストラリア代表GKミッチェル・ランゲラック(30)と19年シーズンの契約更新で合意したと発表した。

    今季、レバンテ(スペイン)から移籍し、リーグ戦34試合全試合に出場した。

    クラブの公式サイトには、「大好きな日本で再び素晴らしい時間を過ごせることを喜んでいます」などのコメントを出している。
    また、来年1月5日開幕のアジアカップに出場するオーストラリア代表にも選出されたこともあわせて発表されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000143-dal-socc 

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/19(水) 18:29:21.48 _USER9
    J1の名古屋グランパスはリーグ24得点で今季のJ1得点王に輝いたFWジョーと契約更新したとクラブ公式サイトで19日に発表した。

    ジョーは今季ブラジル1部のSCコリンチャンス・パウリスタから名古屋に移籍し、移籍1年目でJリーグの得点王とベストイレブンに輝き、名古屋のJ1残留の立役者になった。

    ジョーの加入で優勝争いを期待されていた名古屋は今季序盤の8連敗が響き、リーグ最終戦で滑り込みでのJ1残留を決めた。
    来季のタイトル獲得に燃えるジョーはクラブの公式サイトで「来シーズンも全力で闘い、最高の成績を残していきたいと思っています。来年も今年以上に力を合わせて頑張りましょう」とコメントした。

    今季のJ1得点王の残留で名古屋は来季のタイトル争いに食い込むことはできるのだろうか。
    20181214_jo_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181219-00301754-footballc-socc
    12/19(水) 18:20配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/06(木) 08:24:45.39 _USER9
    名古屋グランパスのFW玉田圭司(38)がインスタグラム(@keijitamada_official)を更新し、今季限りで退団することを明かした。

    玉田は2006年から14年まで名古屋でプレー。C大阪に移籍し一旦は名古屋を離れたが、16年にJ2に降格した古巣に復帰。1年でJ1に復帰させると、今季も24試合に出場。残留を決めた最終節の湘南戦でも先発出場していた。

    インスタグラムでは「あまりにも突然だったので正直、頭を整理するのに少し時間がかかりました…。2014年に1度退団し、その2年後に帰ってきて名古屋グランパスに誠心誠意を持ってやってきましたが、契約しないと伝えられた時には労いの言葉の1つもなかったことにはがっかりしました」と苦しい胸の内を明かす。

    それでも「とても刺激的な2年間でしたし、僕にとってすごくいい経験をさせて頂いたと思っています。シーズン終了後に皆さんから来年度の僕のユニフォームを予約してくださったとの声を頂いて、来年にむけて頑張ろうと思っていたので、それを無駄にしないためにも前を向いていきたいです!ありがとうございます!」と気丈に振る舞った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-07984483-gekisaka-socc
    12/6(木) 8:14配信

    no title

    no title

    no title


    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/2682/127
    成績

    https://data.j-league.or.jp/SFTD08/search?selectFlag=0&competition_frames=1&competition_year_from=&competition_year_to=&goals_from=20&goals_to=
    J通算得点ランキング

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ