海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:名古屋グランパス

    1:3倍理論 ★:2018/02/24(土) 17:02:23.79 ID:CAP_USER9.net
    2018明治安田生命J1リーグ第1節が24日に行われ、パナソニックスタジアム吹田ではガンバ大阪と名古屋グランパスが対戦。2-2で迎えた87分に名古屋FWジョーが勝ち越しゴールを決め、3-2で名古屋が白星を飾った。

    今季から名古屋に加入したジョーは、この試合でMFガブリエル・シャビエルの先制点をアシスト。さらに決勝ゴールも奪う活躍を見せた。

    「すごく嬉しいです。まずは神様に感謝したい。(吹田に)来てくれたサポーターのみなさま、そして、名古屋市内のパブリックビューイングで見てくれたサポーターの方に感謝を伝えたいと思います」

    「(来日初ゴールは)すごく嬉しいですね。開幕戦でゴールを決めることができて、アシストもできてすごく嬉しいです。本当に予測もしていなかったのですが、いい結果を残せてすごく嬉しいです」

    「(ホーム開幕戦は)すごく楽しみですね。初めてホームでやることになります。今日もたくさんのサポーターが来てくれて、ホームのように感じることができましたが、次は豊田スタジアムで、すべての名古屋グランパスサポーターと一緒に戦って、もう1試合勝てればすごく嬉しいことになると思います」

    名古屋は3月3日にホーム・豊田スタジアムでジュビロ磐田と対戦する。
    2018-02-24_17h48_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000013-goal-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/24(土) 16:41:34.15 ID:CAP_USER9.net
    名古屋グランパス、新戦力が躍動し開幕戦白星…注目のFWジョーが決勝ゴール/J1第1節

    ■J1第1節 G大阪 2-3 名古屋

    G大阪:遠藤(13分)、長沢(79分)

    名古屋:シャビエル(26分)、ホーシャ(51分)、ジョー(84分)

    2018明治安田生命Jリーグ第1節、ガンバ大阪対名古屋グランパスが24日、パナソニック スタジアム 吹田で開催された。レヴィー・クルピ監督率いる新体制のG大阪と、J1昇格を果たし大型補強を敢行した名古屋による、注目の一戦だ。

    G大阪は中盤にMF市丸瑞希、MF福田湧矢といった若手を先発起用。対する名古屋も、前日に2種登録が発表されたばかりの17歳・DF菅原由勢を早速スタメン出場させた。フレッシュな顔ぶれの中、注目のFWジョーら新戦力も順当に先発。FW佐藤寿人はベンチスタートとなった。

    先制点は13分。G大阪MF遠藤保仁が、軽く転がすようなタッチでゴールへ流し込んだ。追う名古屋は、前線でジョーがボールを保持。DFを引きつけてFWガブリエル・シャビエルへラストパス、同点弾をアシストした。ゲームは1-1で折り返しとなった。

    51分、名古屋の新戦力がまたも躍動。セットプレーをDFホーシャが押し込んで逆転した。G大阪は途中出場のFW中村敬斗が絡んでFW長沢駿の同点ゴールに結びつけるが、名古屋もジョーにJリーグデビュー弾が飛び出し、勝ち越した。試合は3-2で名古屋の勝利。

    次節、G大阪はアウェイで鹿島アントラーズと対戦。名古屋はジュビロ磐田を迎えてホーム開幕戦を行う。
    2018-02-24_16h57_14
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000011-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/18(木) 23:22:52.80 ID:CAP_USER9.net
    名古屋グランパスの豊田章男会長(61)=トヨタ自動車社長=が16日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターを訪れ、選手たちを激励した。クラブ総帥は1年でのJ1復帰をねぎらいつつ、「世界で存在感のあるチーム」を目標として設定。同時にこれまで以上の強力バックアップも示唆した。

    クラブハウスの空気が張り詰めていた。この日に急きょ来訪が決まった豊田会長を玄関前で小西社長や松本取締役らが出迎え。総帥はさっそくピッチに出て風間監督と談笑し、集まった選手たちにメッセージを贈った。

    「グランパスで戦う決断をしてくれてありがとう。グランパスが世界から注目されるクラブになるために、会長として応援する。サッカーの世の中に対する偉大な力を示すのが皆さん。ぜひとも頑張って頂きたい」

    世界から注目されるクラブへ-。手始めと言えるのが、元ブラジル代表FWジョーの獲得だ。関係者によると、トヨタは外国人補強に限り特別な資金援助を約束。推定年俸3億5000万円で、移籍金はJリーグ史上最高額とされる約12億円。例年のチーム人件費が約20億円であることを考えれば、トヨタなしには不可能な大型契約だった。

    2018年1月17日 紙面から
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201801/CK2018011702000119.html

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/16(火) 06:39:07.47 ID:CAP_USER9.net
    「一昨年の悔しい思いを共有して、悔しい気持ちを喜びに変えていけるようにしたい」。14日に行われた名古屋グランパスの新体制発表会で、GK楢崎正剛が強調した言葉だ。

    名古屋にとって、2016年は過去最悪のシーズンだった。夏場にクラブワーストを更新する18戦未勝利を記録。終盤にジュロブスキー氏(現京都コーチ)を監督に招へい。さらに前年限りで退団していたDF田中マルクス闘莉王(現京都)を呼び寄せるなど、てこ入れを図ったが、クラブ史上初のJ2降格という屈辱を味わった。

    翌年、主力だったMF小川佳純やDF矢野貴章(いずれも現新潟)、FW永井謙佑(現FC東京)らが退団。救世主と期待された闘莉王との契約延長も行わない大改革を行った。残ったのは15人。18人の新戦力を加えて、初のJ2を戦うシーズンを迎えた。

    また風間八宏新監督のもとでシーズン中も血の入れ替えは着々と行われた。そして昇格プレーオフを制してJ1復帰を勝ち取ったメンバーのうち、前年の屈辱を経験した選手は8人しか残っていなかった。そして迎えたJ1復帰初年。MF田口泰士(磐田)やFW杉森考起(町田)の移籍によりその人数はさらに減り、楢崎、GK武田洋平、MF青木亮太、DF和泉竜司のたったの4人しか残っていない。

    ひとつのボタンのかけ違いが、取り返しの付かないことになるということを、“降格経験メンバー”は知っている。昨季ブラジル全国選手権で個人タイトル3冠を獲得した元ブラジル代表FWジョーや、現役オーストラリア代表GKランゲラックなど派手な補強で注目を集める名古屋だが、過ちを繰り返さないためにも、楢崎が強調する「悔しい思いの共有」を絶対に忘れてはいけない。

    1 GK ☆楢崎正剛(20年目)
    2 DF 畑尾大翔(1年目)
    3 DF 櫛引一紀(2年目)
    4 MF 小林裕紀(2年目)
    5 DF 新井一耀(2年目)
    6 DF 宮原和也(2年目)
    7 FW ジョー(1年目)
    8 MF ワシントン(2年目)
    9 MF 長谷川アーリアジャスール(1年目)
    10 MF ガブリエル・シャビエル(2年目)
    11 FW 佐藤寿人(2年目)
    13 FW 大垣勇樹(1年目)
    14 MF 秋山陽介(1年目)
    16 GK ☆武田洋平(3年目)
    18 GK 渋谷飛翔(2年目)
    19 FW 押谷祐樹(2年目)
    21 MF 八反田康平(2年目)
    22 GK ランゲラック(1年目)
    23 MF ☆青木亮太(5年目)
    25 FW 杉本竜士(2年目)
    28 FW 玉田圭司(※2年目)
    29 DF ☆和泉竜司(3年目)
    30 FW 松本孝平(2年目)
    32 MF 深堀隼平(2年目)
    33 MF 梶山幹太(2年目)
    39 DF 内田健太(2年目)

    ☆が16年のJ2降格を経験したメンバー
    ※玉田は2006年から14年まで在籍。15年、16年をC大阪で過ごし、17年に名古屋に復帰した。

    1/15(月) 18:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-01649519-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/15(月) 18:30:01.58 ID:CAP_USER9.net
    スペインのレバンテから名古屋グランパスに完全移籍で加入したオーストラリア代表GKミッチェル・ランゲラックの妻である、リアノン・ランゲラックさんが美人すぎると話題になっている。

    名古屋は14日にランゲラックを完全移籍で獲得したことを発表。同日に名古屋市内で行われた新体制発表会にサプライズ登場し、日本の印象を「街はクリーンで清潔なイメージがあり、日本人の方は優しくて、気持ちのいい方がたくさんいる」と語り、

    「私の妻にも来る前にいろいろ情報を伝えていて、ぜひ一緒に行こうと話をしています」と妻を日本へ呼び寄せる準備があることを明かしていた。

    妻であるリアノンさんは、15日にインスタグラムを更新し、ランゲラックと寿司を食べるショットを公開。

    キャプションには「今までこんなお寿司を食べたことある?私たちにとって新しい人生の冒険の始まり!日本の第一印象は世界でもっともフレンドリーな人たちね」と綴り、ハッシュタグには「#japan、#nagoya、#nagoyagrampus、#sushi」を添えている。

    そのほか、リアノンさんのインスタグラムには、ランゲラックとの“アツ~い”2ショットや、セルフィーがアップされており、その美貌を惜しむことなく披露している。

    天は二物を与える??この美男・美女夫妻により一層の注目が集まりそうだ。

    1/15(月) 18:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000020-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/14(日) 22:21:06.22 ID:CAP_USER9.net
    J1に復帰した名古屋は14日、名古屋市内で新体制を発表し、コリンチャンスから完全移籍した元ブラジル代表FWジョー(30)は日本食が大好物ということを明かした。

    17年のブラジル全国選手権で得点王、MVPに輝き、鳴り物入りで加入した14年ブラジルW杯メンバー。「日本のサッカーは技術が高く、スピードがある。ブラジルとは違うので、早く慣れてチームに貢献できるよう頑張ります」と控えめながら自信をのぞかせた。

    その助っ人が楽しみにしていることがある。「自分が初めてブラジルから出て、ロシアでサッカーをやった時に初めて日本食を食べたら、とてもおいしかった。それから色んなところで日本食を食べてきた。やっと本場で食べられるのはうれしいよ。本場でしか味わえないものを食べたいね」。好物はと問われると、「寿司!」と笑顔で即答した。

    ジョーは05年、コリンチャンスからCSKAモスクワに移籍し、マンチェスターC、エバートン、ガラタサライ、江蘇蘇寧などでプレーした経験を持つ。身長191センチ、96キロ。ブラジル代表として20試合5得点を記録している。

    1/14(日) 20:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000197-sph-socc

    写真


    <J1名古屋>新体制発表会にサポーター700人
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00000068-mai-socc
    続きを読む

    1:ニーニーφ ★:2018/01/14(日) 18:32:00.96 ID:CAP_USER9.net
    J1の名古屋グランパスは14日、オーストラリア代表GKミチェル・ランゲラックを獲得することが決定したとして発表を行った。

    ランゲラックは1988年8月22日生まれの29歳で、身長193cm、体重84kgの恵まれた体格を誇る。スペイン1部のレバンテから完全移籍での加入となる。

    オーストラリア国内でキャリアをスタートさせたランゲラックは2010年にドイツへ渡り、ボルシア・ドルトムントに加入。MF香川真司ともチームメートとしてプレーし、トップチームでは5年間で公式戦31試合に出場した。

    2015年にはシュトゥットガルトへ移籍。チームが2部に降格した2016/17シーズンにはFW浅野拓磨とチームメートとなり、不動の守護神としてチームの1部復帰に貢献した。今季からレバンテへ移籍したが、スペインではカップ戦のみの出場にとどまっていた。

    ランゲラックはクラブ公式サイトを通し、「ミッチと呼んでください!」とサポーターに向けてコメント。「日本・名古屋の環境、名古屋グランパスがビッククラブであることを香川真司選手やケネディ選手から聞いていました。ひとつでも多くチームの勝ち点に貢献できるよう誠実に頑張ります」と意気込みを述べている。

    ランゲラックはすでに来日しており、14日に行われている名古屋の新体制発表会に参加。
    同じく新外国人選手である元ブラジル代表FWジョーとともに登壇することが予定されている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00251180-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/12(金) 07:07:03.16 ID:CAP_USER9.net
    今季から名古屋グランパスに加入することが決まった元ブラジル代表FWジョーだが、Jリーグ移籍前には多くのオファーを受け取っていたようだ。

    これまでは中国からの関心をジョー本人が拒否したことなどが伝えられていたが、ブラジル『UOL』によれば、今冬はイタリア・セリエAのナポリやドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントからも獲得の打診を受けていたという。

    仮に欧州復帰が実現していれば、香川真司とチームメイトになっていた可能性もあった。昨年のブラジルリーグ得点王&MVPを引き抜くために、名古屋が用意した1100万ユーロ(約15億円)の移籍金は、財政難に陥っているコリンチャンスにとっても断れないものだったに違いない。

    ここ数年の私生活の乱れやピッチ内での低調ぶりから、30歳を前に“終わった選手”と見なされていたジョー。しかしコリンチャンス復帰後は完全復活を遂げて、いまやブラジル代表復帰の可能性さえ囁かれている。ナポリやドルトムントのような強豪での欧州復帰を断念してまで選んだ日本の地で、自らの決断を後悔しないで済むような大活躍が期待される。

    1/11(木) 23:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00250872-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/01/09(火) 22:07:49.82 ID:CAP_USER9.net
    名古屋新助っ人、11日に日本ジョー陸
    1/9(火) 20:02配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-01649202-gekisaka-socc

    名古屋に新加入するFWジョー(Getty Images)



    名古屋グランパスは9日、新外国人選手の元ブラジル代表FWジョーの来日便を公表した。11日9時20分に中部国際空港に到着するルフトハンザ航空LH736便で来日する。

    同選手は17年はコリンチャンスでプレー。ブラジル全国選手権の得点王、ベストイレブン、最優秀選手賞の個人3冠を獲得した。移籍金を含めた獲得資金の総額は15億円超とも言われている。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/06(土) 22:08:14.54 ID:CAP_USER9.net
    来季からJ1リーグを戦う名古屋グランパスが、スペイン1部のレバンテに所属するオーストラリア代表GKミッチェル・ランゲラクの獲得を狙っているようだ。スペインラジオ『Cadena Ser』が伝えた。

    同メディアによると、名古屋はランゲラクの獲得に向け130万ユーロ(約1億8000万円)のオファーをレバンテ側に提示しており、これは「拒否することのできない」額であるという。残るは、選手自身がそれを受けるかどうかという段階に入っているようだ。

    ランゲラクは2010年にドルトムントに加入すると、2015年からは同じドイツのシュツットガルトで2年間プレー。今夏にはスペインのレバンテに移籍するも、国王杯ベスト32でのジローナ戦以外でプレーの時間を与えられていない。

    名古屋は、先日元ブラジル代表のFWジョーを1100万ユーロ(約14億円)で獲得するなど積極的な補強を敢行している。この流れでオーストラリア代表GKを獲得することはできるのだろうか。

    1/6(土) 21:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00250096-footballc-socc

    写真


    J1復帰の名古屋、更なる実力者獲りへ! 現地で豪州代表GK加入合意報道
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=300132&page=1
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ