海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:国際親善試合

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 10:43:58.86 ID:???*.net
    [2015年3月27日8時20分]

    ゴールを挙げ、喜ぶイランの選手たち(AP)

    <国際親善試合:イラン2-0チリ>◇26日◇オーストリア・セントペルテン

     FIFAランク42位のイランが、同15位のチリを2-0で下した。

     チリは28日のブラジル戦を見据え、MFビダル(ユベントス)、FWサンチェス(アーセナル)をベンチスタート。それでも試合をほぼ支配していたがゴール前での決定力を欠き、逆に前半21分、イランが左CKをファーサイドでMFネクナム(オサスナ)が右足を合わせて先制。さらにイランは後半5分、カウンターからFWグーチャンネジャド(チャールトン)のラストパスをMFアミリ(ナフト・テヘラン)が左足で流し込んで追加点を奪った。

     チリはW杯後8戦してこれが2敗目。
    2015-03-27_11h23_02
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1452516.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1427420638/

     
    続きを読む

    2014-09-04_13h41_26
    [9.3 国際親善試合 ドイツ2-4アルゼンチン]

     アルゼンチン代表は3日、ドイツ代表と国際親善試合を行い、4-2で勝利した。W杯決勝の再現となった一戦で大勝をおさめたアルゼンチン。W杯決勝を無念の負傷欠場となったFWアンヘル・ディ・マリアが1ゴール3アシストとすべてのゴールに絡む大活躍で、勝利に導いた。

     完勝だった。敵地戦とは思えないほど、主導権を握りながら試合を進めたアルゼンチンは前半20分、ディ・マリアが左足アウトサイドで絶妙クロスを上げる と、FWセルヒオ・アグエロが右足で合わせて先制。同40分にはディ・マリアがスルーパスで右サイドを抜けると、狙い澄ましたクロスをFWエリク・ラメラ が左足ボレーで合わせる。

     後半に入ってすぐの2分に得たFKをディ・マリアが蹴り入れると、DFフェデリコ・フェルナンデスが打点の高いヘディングシュートでゴールネットを揺ら す。同7分には右サイドを抜けたディ・マリア自らダメ押しとなるループシュートを決めて、世界王者ドイツにトドメを刺した。

     ディ・マリアは、ブラジルW杯では準々決勝のベルギー戦の前半に右足を痛め、途中交代を強いられた。アルゼンチンはこの後、決勝まで勝ち進んだが、ディ・マリア自身は準決勝、決勝の舞台に立つことはなかった。

     『ESPN』によると、試合前、リベンジマッチと煽る周囲をよそに、「単なる親善試合だ。それ以上の何でもない」と静かに闘志を燃やしていたディ・マリア。静まりかえったデュッセルドルフ・LTUアレナが、“仕事人”が完璧な任務を遂行したことをあらわしていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00138840-gekisaka-socc
    続きを読む

    2014-06-11_11h15_04
     ポルトガル代表は10日、アメリカ・イーストラザフォードでアイルランド代表と親善試合を行い、5-1で勝利した。左足太もも筋損傷および左ひざの腱炎の影響が心配されるFWクリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)だが、先発復帰を果たすと、後半21分まで出場。ゴールこそなかったが、後半12分にはゴール正面で得たFKを縦回転シュートで狙うなど、存在感を示した。スター選手の欠場が目立つ今大会だが、CR7は問題なく出場できそうだ。

    続きはリンク先で
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?140707-140707-fl
    続きを読む

    2014-06-10_11h43_22
    ◇国際親善試合 韓国0―4ガーナ(2014年6月9日 マイアミ)

     サッカー国際親善試合が8日に行われ、W杯ブラジル大会に出場する韓国はガーナに0―4で敗れた。W杯対戦国の視察対策でチュニジア戦に続き、本大会で着用する背番号を変えたが、2連敗を喫して17日の1次リーグH組初戦のロシア戦に向けて、不安の残る結果に終わった。

     韓国は前半11分、MFアンドレ・アユーの左クロスをFWジョルダン・アユーが放ったシュートがゴール右に決まって先制される。同44分にはハーフウェーライン付近でFWギャンにボールを奪われると、そのままドリブルで持ち込まれて失点。

     後半8分にもMFムンタリのアシストからJ・アユーにミドルシュートをゴール左に決められる。終盤には右サイドを崩されて、MFアドマのクロスからJ・アユーにハットトリックとなるゴールを叩きこまれた。

     韓国はサイドを崩して攻め込むシーンなども見られたが、アタッキングゾーンでの連係が乏しく、決定力不足でゴールが遠かった。ベルギー、アルジェリア、ロシアと同じH組の韓国は、17日ロシアと初戦を迎え、22日にアルジェリア、26日にベルギーと対戦する。

     W杯直前最後の試合で勝利したガーナは、中盤のプレスが効果的で、ボールを奪った後の攻撃スピードは圧巻で、抜群の決定力を見せた。ガーナはドイツ、ポルトガル、米国と同じG組で、16日米国と初戦をむかえ、21日にドイツ、26日にポルトガルと対戦する。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140610-00000088-spnannex-socc
    続きを読む

    2014-06-08_10h38_47
    7日に行われた国際親善試合、ベルギー対チュニジアの一戦は、1-0でベルギーが勝利を収めた。

    ひょうにより中断された試合は、スコアレスで迎えた終了間際の89分、シャドリのスルーパスに反応したメルテンスのゴールが決勝点となり、ベルギーが勝利。最後の強化試合を白星で終え、ワールドカップ(W杯)本大会に臨むこととなった。

    懸念されるのが、途中出場したルカクの負傷だ。62分から出場したルカクは、終了間際に負傷でヴィツェルと交代している。

    ヴィルモッツ監督は試合後、ルカクについて「ロメルは歩くのも難しい状態だ。かなりの打撲だよ。3、4日かかるだろうね」と述べた。イギリス『BBC』が伝えている。

    W杯でグループHのベルギーは、アルジェリア、ロシア、韓国と対戦。アルジェリアとの初戦は17日に行われる。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140608-00000005-goal-socc
    続きを読む

    2014-06-07_12h19_43
    ◇国際親善試合 コロンビア3―0ヨルダン(2014年6月6日 ブエノスアイレス)

     日本とW杯ブラジル大会1次リーグ第3戦(25日)で対戦するコロンビアは6日、大会直前最後の親善試合をブエノスアイレス(アルゼンチン)で行い、ヨルダンに3―0で快勝した。

     コロンビアは前半42分、MFハメス・ロドリゲスのPKで先制。後半37分、相手DFがペナルティーエリア内のファールで一発退場。獲得したPKをMFクアドラードが決めて加点。

     試合終了間際には、日本代表DF長友佑都の所属するインテル・ミラノの同僚MFグアリンが強烈なミドルシュートを決めた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140607-00000090-spnannex-socc
    続きを読む

    2014-06-05_14h16_52
    セレッソ大阪に所属するFWディエゴ・フォルランを擁するウルグアイ代表はスロベニア代表と対戦。前半37分、フォルランのパスからFWエジソン・カ バーニ(パリSG)のゴールで先制すると、後半31分にはFWクリスティアン・ストゥアニ(エスパニョール)が追加点。2-0の完封勝利を飾った。なお、 フォルランはフル出場を果たしている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140605-00136059-gekisaka-socc
    続きを読む

    2014-06-04_20h36_10
    【ブラジル・ゴイアニア3日(日本時間4日)発】W杯のホスト国となるブラジル代表が国際親善試合を行い、パナマ代表に4―0で快勝した。FWネイマール(22=バルセロナ)が1得点1アシストの活躍を見せ、本番に向けて万全の仕上がりをアピールした。

     体調不良の主将DFチアゴシウバこそ欠場したが、あとはベストメンバーで臨んだカナリア軍団。主導権を握り始めた前半27分にネイマールがゴール正面か らの直接FKをゴール左隅に突き刺して先制した。同40分にDFアウベスが追加点を挙げ2―0で折り返すと、後半1分にネイマールのヒールパスからFW フッキが流し込んで3点目。同28分にはネイマールのスルーパスを受けたDFマクスウェルのクロスからMFビリアンのゴールで試合を締めた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140604-00000021-tospoweb-socc
    続きを読む

    tumblr_n6ksb8OUSm1sku3jmo5_500
    0-1の劣勢でも本田圭佑は冷静だった。60分、カウンターから香川真司のクロスを受ける と、胸トラップからの流れるような動きで正確なクロスを送り、遠藤保仁の同点弾をアシストした。しかし試合後のミックスゾーンでは、記者の呼びかけに一切 答えることなく、無言のまま通路を抜けて行った。

     一昨日のスポーツ紙の1面で、昨年末に出術したのど元の傷痕を大きく掲載されたせいか もしれない。そんな本田をチームメイトも気遣った。岡崎慎司が「体が重いとか、怠いとかいうより、(本田は)チームの信頼がある。もっともっとキレとプ レースピードを上げて欲しい。絶対と言うことはないけど信頼している。ボールを預ければ必ず返って来る。皆もプレースピードのアップは要求している」と、 本田が本調子ではないことを認めながらも、チームメイトが厳しい要求を出していることを明らかにした。

     去年9月のガーナ戦以来のゴール を決めた遠藤も、「まぁ、残りの期間でトップコンディションになると思う。もちろん(チームも)サポートしないといけないし、信頼もしている。今日も要所 要所で良いプレーがあったので、これからコンディションを上げて行くと思う」と本田の復調を期待し、それを信じて疑わないことを彼なりの淡々とした口調で 話していた。

    続きは↓のリンク先で
    http://news.livedoor.com/article/detail/8897890/
    続きを読む

    tumblr_n6kptpKupx1r7jzw9o1_500
    ◇国際親善試合 日本代表3―1コスタリカ代表(2014年6月2日 米国・タンパ)

     ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に向け、米国フロリダ州で合宿中の日本代表(FIFAランク47位は2日(日本時間3日)、コスタリカ代表(同34位)と国際親善試合を行い、3―1で逆転勝ちした。

     MF香川は前半から大迫へクロスを送り、自らも積極的にシュートも放つなど好機を演出。後半15分には本田にパスを送って同点弾に絡み、同35分にはカ ウンターからドリブルで突破すると、柿谷とのワンツーから相手ディフェンスラインを崩し、難しい体勢から右足で勝ち越しゴールを決めて勝利に貢献した。

     試合後、香川は「逆転で勝ちきって、失点も最小限に抑えられて良かった」と手応えの表情で振り返りながらも、「前半で1点ほしかった。先制される前に取 らないと本番は厳しい戦いになる」と反省の言葉も口にした。先月27日のキプロス戦では総走行距離が9キロと運動量が落ち込み、コンディションが心配され たが「すごくいい状態。これで(W杯)初戦を迎えられるようにキープしてやっていきたい」と明るい表情で語った。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140603-00000089-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ