海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:堂安律

    1: Egg ★ 2019/02/23(土) 08:06:16.17
    フローニンゲンMF堂安律は、来季アヤックス移籍が濃厚なのかもしれない。
    オランダ『テレグラフ』紙によると、先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のレアル・マドリー戦に、招待されていたようだ。

    昨季フローニンゲンに加入し、オランダで存在感を放つ堂安。今季も日本代表の活動で離脱した時期を除き、全試合にフル出場。4ゴール2アシストを記録するなど、チームの絶対的な存在となっている。堂安の目覚ましい成長を受け、多くのビッグクラブが関心を示しており、昨季の段階でマンチェスター・シティがオファーを出したとも言われている。その他国内強豪PSVなどがオファーを検討しているとも伝えられている。

    しかし、新天地はアヤックスになるのかもしれない。『テレグラフ』紙によると、堂安はヘーレンフェーンの18歳DFキク・ピエリーとともに、アヤックス本拠地ヨハン・クライフ・アレーナで行われたレアル・マドリー戦(1-2)に招待されていたようだ。また、試合前にはアヤックスの選手が滞在するホテルで食事をとることが許可されたという。だが、日本代表MFは土壇場でホテルでの観戦を選択したようだ。

    さらに堂安に関しては、昨年12月に行われたグループリーグ第6節バイエルン戦(3-3)にも招待されていたという。今季欧州の舞台で躍進を見せるアヤックス。来季は、20歳の日本代表MFがCLの舞台で輝きを放つ場面を見ることができるのかもしれない。

    2/23(土) 7:49配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00010007-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/22(金) 12:26:33.11
    2/22(金) 12:04配信
    『FIFA』が日本代表の特集記事を展開…世代交代で主軸は堂安、冨安、南野の3人に

    2019年1月~2月に行われたアジアカップで日本は決勝でカタールに敗れ、準優勝に終わった。その現日本代表について『FIFA』が公式メディアで特集記事を組んでいる。


    記事では「未来に向けて森保一監督が日本を成長させる」という見出しで、森保ジャパンがいかに世代交代を推し進めているか、次のように伝えている。

    「AFCアジアカップ2019で日本代表は大きな変革があったように思われた。これまで10年近く日本のサッカー界を支えてきた香川真司、岡崎慎司、川島永嗣、長谷部誠、そして本田圭佑。彼らは2018年のロシア・ワールドカップでベスト16に到達する原動力となったが、彼らはアジアカップでメンバー入りさえしなかった」

    「2011年のアジアカップ決勝でピッチに立った選手で、今も残っているのは吉田麻也と長友佑都だけ。2019年大会の決勝ではカタール相手に1-3で敗れたことは、日本代表を応援する人たちにとってはショックだったかもしれないが、最新のFIFAランキングで27位に浮上。これは2014年以降、日本にとっては最も高いランキングとなった」

    その上で、記事では“日本代表の新世代をけん引する3人の選手”として、堂安律、冨安健洋、南野拓実をピックアップ。それぞれの現状についてフォーカスした。

    「堂安律(フローニンゲン/20歳):堂安は2019年にAFC U-19選手権で躍進し、大会MVPにも選ばれた。その翌年U-20W杯では3ゴールを記録している。現在はオランダのフローニンゲンに完全移籍で加わっており、日本代表では準々決勝のベトナム戦でPKを決めたように、すでに現代表で中心的な役割を担っている。ピッチ上でのアイデア、テクニックや才能は確かなものだ」

    「冨安健洋(シント・トロイデン/20歳):森保ジャパンにおいて、彼はUAEでのアジアカップでは日本が決勝進出を果たすにあたり、大きな役割を担った。(ボランチとして出場した)トルクメニスタン戦で勝利を収めた後、吉田とともに最終ラインでコンビを組むようになった。(ラウンド16の)サウジアラビア戦では決勝点となる打点の高いヘッドを決め、攻守両面で存在感を示した」

    「南野拓実(ザルツブルク/24歳):2015年に中央ヨーロッパ(オーストリア)へ新天地を求めたが、その移籍が正しかったのか疑問符がついたこともあった。だが、今やその移籍が間違いではなかったことを代表定着で示している。2018年の森保ジャパン発足後、5試合で最多となる4ゴールを叩き込んだ。攻守の素早い切り替えなど、アジリティが求められる日本のサッカーで、彼の能力は代表の前線でプラスに働いている。岡崎慎司と同様に、南野がピッチ上で見せる抱負な運動量、相手の裏を狙う狡猾な動きが特長だ。イランとの準決勝ではホイッスルが吹かれるかどうかという判断を待つ前に素早い思考で先制点を呼び込んだ。また、決勝カタール戦で見せたフィニッシュも日本にさらなる希望を与えるものだった。今後、日本サッカーのサポーターは、彼の活躍をもっと見ることになるだろう」

    アジアカップ2019では惜しくも準優勝に終わった日本代表だが、『FIFA』は現日本代表が世代交代を推し進めていることから、前述の3人が今後も代表の軸になるとしてスポットを当てたようだ。
    2019-02-22_15h13_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00010007-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/18(月) 18:18:11.62
    「今のエールディビジで優れた選手のひとり」
    2019-02-18_18h44_05
    フェイエノールト戦でも右サイドハーフで出場し、勝利に貢献した堂安。クラブOBも上位クラブへの移籍を後押ししている。 (C) Getty Images

    現地時間2月17日に開催されたオランダ・エールディビジ第22節、フローニンヘン対フェイエノールトの一戦は、1-0でホームのフローニンヘンが勝利した。

    日本代表MFの堂安律は先発出場。26分、GKのクリアボールを堂安がドリブルで運び、左サイドを駆け上がったミムン・マヒにパス。モロッコ代表FWは、さらに外側をオーバーラップしていた新加入のトマス・ブルンスにつなぐと、そこからのクロスが敵のオウンゴールを誘った。

    フローニンヘンはこの1点を守り切り、強豪フェイエノールトを倒す大金星を挙げている。この快挙はオランダ・メディアもこぞって報じ、堂安もホームスタジアムを埋めたサポーターとともに喜びを分かち合った。

    そんななか、オランダのサッカー専門メディア『VOETBAL ZONE』は、この試合を見守っていた元オランダ代表DFピーター・ボエブ氏に取材を敢行。かつてアヤックスやフィテッセでプレーし、指導者としてズウォーレなどの監督を歴任したボエブ氏は、「堂安はエールディビジでプレーする選手のなかでも、非常に優秀な選手のひとり」とコメントしている。

    「“少年”は非常にクリエイティブで、ボールを保持する力も優れている。彼のテクニックはフェイエノールトの守備陣にとっては厄介なものだったことは間違いないので、できればゴールが見たかったところだね。それでも、彼の市場価値はさらに高まるだろうし、素晴らしい才能の持ち主だ。堂安は十分にオランダのトップクラブでプレーするに値すると確信しているよ」

    だが、移籍に関してネックとなるのは「”カネ”だろう」とボエブ氏は指摘している。

    「問題は、彼を獲得するために必要なカネを支払うことができるのは誰か。金額は分からないが、堂安にはすばらしい”値札”が付いているんだろう。おそらく、アヤックスが彼を獲得することは難しくないが、フェイエノールトには不可能なのではないかな」

    また、堂安のプレースタイルについてはひとつ、アドバイスを残している。

    「彼にボールが頻繁に集まることによって、チームにとってチャンスは増えるだろう。だが、堂安はアウトサイドでキープするプレーをやりすぎているので、もっとDFラインの間で仕掛けるようなプレーをするべきだと思った。そうすれば彼の資質、クオリティはさらに良くなるはずだ」

    今シーズン初の3連勝を達成し、リーグ9位に浮上したフローニンヘン。次節は現地時間2月23日に、リーグ最下位のNACとホームで対戦する。

    2/18(月) 17:56 サッカーダイジェスト
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=54287
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/18(月) 00:50:22.85
    2/18(月) 0:24配信
    堂安、得点の匂いプンプンもノーゴール…フローニンゲンはフェイエノールト下して今季初3連勝

    [2.17 エールディビジ第22節 フローニンゲン1-0フェイエノールト]

    オランダ・エールディビジは17日に第22節を開催し、MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンがフェイエノールトをホームに迎え、1-0の完封勝利を収めた。堂安は2試合連続フル出場を果たし、3試合連続ベンチスタートとなった板倉に出場機会は訪れなかった。

    前半18分に堂安に決定機が訪れる。右サイドから切れ込むとFWカイ・シーハイスにボールを預けて自らはゴール前に走り込む。シーハイスのリターンパスにフリーで反応するが、至近距離から放った左足シュートはGKケネット・フェルメイルにストップされてしまう。さらに同20分には再びシーハイスとのワンツーからフィニッシュまで持ち込むも、シュートはフェルメイルの守備範囲に飛んでしまった。

    しかし前半26分、ハーフウェーライン付近でボールを受けた堂安が前線まで運んで左サイドのMFミモウン・マヒに展開。大外を駆け上がってパスを呼び込んだMFトマス・ブルンスの折り返しがDFスベン・ファン・ベークのオウンゴールを誘い、ホームのフローニンゲンが先制に成功した。

    1-0のまま後半を迎えてもフローニンゲンペースは変わらず、後半12分には右サイドから切れ込んだ堂安が左足で狙うも、ボールはフェルメイルの手中に収まってしまう。さらに同13分には自陣から持ち上がった堂安が、一気の加速で相手選手2人を置き去りに。そのままPA内まで持ち込んだが、フィニッシュの場面で足を滑らせてシュートをジャストミートさせることはできなかった。

    その後もフローニンゲンに追加点こそ生まれなかったものの、フェイエノールトの反撃を許さずに1-0のまま逃げ切って今季初の3連勝を飾った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-29622510-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    296fdea21f3aac9a46d135d791e49af9_1547774133_1

    1: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:43:21.57 0
    日本の期待の若手なのだが

    2: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:46:03.48 0
    堂安はできそう

    7: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:53:06.00 0
    アジアで無双できない選手はヨーロッパでもいらんやろ

    9: 名無し募集中。。。 2019/02/09(土) 17:56:25.26 0
    南野はポジション的にビッグクラブでは難しい

    続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/01/25(金) 08:25:04.09
    1/25(金) 5:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190125-00010000-sdigestw-socc
    no title

    堂安はPKを奪取して自ら決める活躍を見せたが、釜本氏はもっと縦に勝負してほしいと語る。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

    アタッカーを利き足と逆のサイドに置くやり方が、あまり良い方向に作用していない日本代表がベトナム代表を相手に、なんとか1点を守り切ってアジアカップの4強入りを決めた。今大会はずっとそうだが、相変わらずディフェンス陣が大忙しで、一生懸命に頑張っていたね。

    VARによるゴールの取り消しも、PK獲得の判定もあったなかで、日本は確かに粘り強く戦った。しかし試合内容としては、1回戦のサウジアラビア戦と同様、守備はよく頑張ったが、攻撃はほとんど進歩していないように感じられた。

    もちろん、相手が引いて守るチームだったことで、今回はある程度ポゼッションで上回ることになったが、果たしてボールをどう回せば敵の守備が崩れるのか、そんなことを考えながらプレーしていたようには見えなかった。ボランチは縦を狙うことしか考えていないようだし、ワイドの選手も中に入りがちで相手の選手が密集しているところへ飛び込んでいくような場面が何回も見られた。

    堂安もPKは獲ったけれど、半分の仕事しかやっていない。中へ入っていくばかりで縦がないんだから。自分で持ち上がってペナルティエリア付近まで行っているのに、そこでまた中央を見てパスを狙ってしまう場面もあった。同じことを繰り返して、同じ展開が延々と続いていた。これでは、まだまだ日本のロッベンにはなれないよ。

    日本は左利きの堂安を右サイドに配置し、右利きの原口を左サイドに置いているが、今大会に関しては、この利き足と逆のサイドに置くやり方が、あまり良い方向に作用していないように見える。堂安にしても原口にしても縦に勝負を仕掛けるというより、カットインで中に入って自分でシュートを打とうとするプレーが多い。それ自体は悪くないが、やっぱりそこを封じられると後方へパスを出すか、あるいは中で潰されてしまうか……ということになる。

    相手の研究もあるかもしれないが、日本の攻撃がどうも中央に偏ってしまうのは、こうした選手の配置にも問題点があるのではないか。攻撃のバリエーションという面でも、ドリブルで縦に仕掛けて相手の組織を切り裂くというシーンが少ないように感じられる。とにかく、日本の攻撃はまだまだ未成熟と言えるだろうね。

    ■ 大迫も“半身”の態勢から積極的に前を向いて仕掛けていくべきだ

    ベトナム戦はシュートも決して多くはなかった。相手のほうが無駄打ちも多かったけれど、その思い切りの良さにはアグレッシブに戦うんだという気迫が感じられた。

    前にも言ったように、日本は縦に勝負するアタッカーが少なすぎるんだ。ボールを受けてもロストを恐れてただ真っ直ぐパスを返す場面もあったが、そういうプレーは相手のプレスを勢いづかせるだけ。とくに前線はもっと粘らなければだめだ。

    久しぶりに起用された大迫も同じ。やはり足もとにボールを収める技術はさすがだと思わせたが、最前線でターゲットとなる選手もボールを受けたら積極的にドリブルで運んで仕掛けてほしい。相手との間合いを測りながら“半身”の態勢になってボールを受け、そこから前を向いて勝負していくべきだ。そうなれば、真ん中からの崩しももう少し効果的なものになるはず。

    そして次はいよいよイランとの大一番。相手は中国を寄せ付けずに3-0で勝ち上がってきた。日本はここまでスッキリとした勝利がないままだが、この準決勝でどんな戦いぶりを見せるのか大いに注目したい。おそらくは、ベトナム戦のメンバーがベースになるだろうが、屈強なイランのディフェンス陣を相手に人に強い大迫や、縦に速い伊東あるいは武藤などを有効に使って崩したいところだ。今大会一番の正念場をなんとか乗り切ってほしいね。

    続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/01/24(木) 18:32:21.04
    2019年1月24日 17時22分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15920365/
    8cb3b_1419_c8c8a84282c61923f094bdaf2f4f2a90
    ベトナムメディアが堂安について異例の呼びかけ?

    日本代表は24日、アジアカップ準々決勝でベトナム代表と対戦する。ベトナム『ボンダー』はこの一戦を前に「堂安律はベトナム人ではない」と異例の呼びかけを行った。

    堂安の名前をアルファベット表記にすると「DOAN」。同メディアによると「DOAN」は日本では珍しい名字となる一方、ベトナムではポピュラーな名前となっており、ベトナムの多くのサッカーファンが「堂安はベトナムにルーツを持つ選手ではないか」と考えているという。

    そのため同メディアは「MF堂安律は1998年6月16日に兵庫市尼崎市で生まれた」とし、「両親は日本人でベトナムにルーツはない」と注意を喚起している。

    堂安は2016年に行われたAFC U-19選手権でベトナムと対戦した当時も、今回と同様に現地で話題となっていた。ベトナムには同じく「DOAN」とアルファベット表記されるDFドアン・バン・ハウがいたが、堂安は同試合を欠場。今回のアジアカップでもメンバー入りしているドアンは左サイドを主戦場としており、堂安が右サイドハーフで先発出場した場合、“DOAN対決”が実現する可能性がある。

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/22(火) 19:06:03.34
    吉田麻也、武藤嘉紀とともに水着姿で
     
    サウジアラビアとの激闘を1-0で制したサムライブルー。苦しみながらもアジアカップで無傷の4連勝を飾り、堂々ベスト8進出を果たした。

    その翌日、宿泊先のホテルでのリラックスした様子を投稿したのが、20歳のMF堂安律だ。自身のインスタグラムを更新し、「doanritsu With @mayayoshida22 @yoshinori_muto_09」とだけ記し、同じサウジ戦で奮闘した吉田麻也、武藤嘉紀との3ショットを掲載している。いずれもプールでクールダウンしながら、ニッコリ微笑みかけている画像だ。

    さっそくファンからは反響が寄せられ、「がんばれ!堂安!」「ゆっくり休んで!次も期待してます」「武藤さん、腹筋やばすぎ!」「武藤選手の肉体美しい」「いい中2日を過ごせてますように」「癒される~」などなど、さまざまな書き込みが届いている。

    前人未到となる5度目のアジアカップ制覇まで、あと3つ。木曜日の準々決勝で森保ジャパンが迎え撃つのは新興勢力ベトナムだ。中2日の強行軍だけに、日の丸戦士たちにはゆっくり身体を休めて英気を養い、大一番に臨んでほしいところだ。

    1/22(火) 18:09配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00010005-sdigestw-socc

    【画像】堂安律が日本代表の先輩コンビと撮影した“水着3ショット”はこちら! 
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/15(火) 22:39:13.84
    日本代表は13日のアジアカップ・グループリーグ第2戦オマーン戦で1-0と勝利し、2連勝で決勝トーナメント出場を決めた。数多くのチャンスを作り出しながらも追加点は奪えずに終わったが、20歳MF堂安律(フローニンゲン)は「アジアだから1-0に満足できないは違う」と主張している。

    初戦のトルクメニスタン戦は先制されるも、FW大迫勇也(ブレーメン)の2ゴールで逆転すると、堂安が左足で技ありの一撃を叩き込んで追加点を奪った。終盤にPKで1点返されるも3-2で逃げ切り白星スタートを切った。続くオマーン戦では、序盤から好機を創出したなか、前半28分にMF原口元気(ハノーファー)のPKで先制。決定力を欠いて追加点は奪えなかったが、そのまま1-0で勝利を収めている。堂安はオマーン戦の後半39分にMF伊東純也(柏レイソル)と交代してピッチを去った。

    「前半に数多くチャンスを作れたので、そこで決めていればもっと楽なゲームになった。(南野)拓実くんと僕のところで、後ろに付かれていても(パスを)出すと話しているし、厳しいところでも(ボールを)つけるという意見を出していたなかで、元気くんのPKは素晴らしい攻撃から生まれたと思う」

    PK奪取から時間を少し巻き戻すと、原口の横パスを相手ペナルティーエリア手前で受けた堂安が左足ダイレクトで前方に送る。相手最終ラインの隙間に入り込んでいた南野が、トラップと同時に前を向いてシュートを放った。これは相手GKに防がれるも、そのこぼれ球に飛び込んだ原口がPKを奪取している。

    1-0のスコアも無失点勝利を評価 「しっかりゼロで抑え、厳しい戦いを勝ち切れた」

    日本のシュート11本、決定機8回を考えれば、1-0のスコアに物足りなさを感じても不思議ではない。しかし、堂安は「結果を見てネガティブになる必要はない」と言い切っている。

    「アジア相手だから1-0で満足できないという言い方は違うと思う。しっかりゼロで抑えたことと、1-0で厳しい戦いを勝ち切れたことは評価していいこと」

    もっとも攻撃の課題は堂安も感じており、「前線4枚はきつかったと思うし、僕たちの動きが少なかった」と振り返っている。17日の第3戦ウズベキスタン戦に向けて「もっとアグレッシブにいって良かったと思うし、ワクワクするようなゲームも見せられるはず。次の試合も期待してほしい」と改善を誓った。

    大迫が右でん部痛でオマーン戦の出場を回避しており、決勝トーナメントを見据えて第3戦もベンチが予想されるなか、2試合6得点1失点のウズベキスタンからゴールを奪い、2試合連続完封勝利を飾れるか。
    2019-01-16_00h39_01
    1/15(火) 20:40配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00162282-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/12(土) 08:27:46.01
    「謝る気は、さらさらなかった」。

    サッカー日本代表のMF堂安律(フローニンゲン)は、自身のミスをきっかけに失点した後の心境を振り返って、そう言い放った。失敗は結果で取り返す。そんな強い気持ちでプレーを続け、結果的に決勝点を挙げた。

    9日のアジア杯1次リーグ初戦、トルクメニスタン戦。右MFで先発した堂安は前半、ドリブルで仕掛けては取られたり、パスが乱れたりした。「(トラップの)ファーストタッチが止まらない。選手間の距離感も、全然良くなかった」。そんな中、味方と呼吸が合わなかったパスが相手に渡り、逆襲から先取点を与えてしまった。

    「僕が取られてからの失点。正直そう感じていた。ただ、ハーフタイムに謝る気はさらさらなかった。試合中は、取り返すことだけを考えていた」

    チームが2―1と逆転した後半26分、ゴール前左でパスを受けると、反転しながら自慢の左足でゴール右端に決めた。「自分はパンチ力のあるシュートを持っている。受けた瞬間から、打つというのは決めていた」。日本は3―2で勝利。決勝点になった。

    20歳のゴールは、アジア杯における日本選手最年少だった。「(記録は)全然わかんなかった。ただ最近、日本代表のレジェンドの選手たちが引退している中で、受け継いでいきたいという覚悟はある」

    19歳でオランダへ渡って、1季目に9得点。結果を出すことで味方からの信頼を勝ち取り、ポジション争いで生き残った。

    代表チームでもやることは変わらない。これがA代表で初めて迎える国際大会だったが、ベテランのDF長友(ガラタサライ)は、失点に絡んだ後のプレーぶりを感心した。「あそこで下を向かない。仕掛け続ける。それが彼のメンタルの強さだ」

    次戦は13日のオマーン戦。言動には、ますます自信がみなぎる。「次の試合、自分の実力はこんなもんじゃないというのを証明したい」(アブダビ=勝見壮史)
    8293c_1509_89021b90_a39d9e04
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15861472/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ