海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:堂安律

    1:首しめ坂 ★:2018/03/09(金) 09:29:12.28 ID:CAP_USER9.net
    堂安律はフローニンゲンに完全移籍か「クラブ側が3年契約を準備」と現地報道
    3/9(金) 9:22配信
    GOAL

    今シーズン、ガンバ大阪から1年間のレンタルでエールディヴィジのフローニンゲンに加わった堂安律。ここまでリーグ戦6ゴールを記録するなど、欧州初挑戦ながら結果を残していることもあり、クラブ側も完全移籍での買い取りに向けて動いているようだ。

    地元メディア『rtvnoord』は「フローニンゲンは5月までに堂安の今後について決める必要がある」という見出しで、次のように報じている。

    「今シーズンのフローニンゲンにおいて、19歳の日本人選手は輝かしい才能を持ち合わせていることを常に証明し続けている。果たしてフローニンゲンは今夏、この選手を留まらせることはできるだろうか」

    「テクニカルマネージャーのロン・ヤンスは堂安のプレーに満足しているようだ。同選手の買い取りを目指す場合、3年契約を用意しているという情報もある」

    今シーズン、堂安はここまでリーグ戦21試合6ゴール(公式戦23試合7ゴール)という成績を残している。欧州初挑戦となったエールディヴィジ初年度で出色の活躍をしている状況となるが、フローニンゲンは堂安の慰留を目指し動いているようだ。果たして18-19シーズンも堂安はフローニンゲンでプレーするのか、引き続きその動向が注目される。
    2018-03-09_10h05_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000000-goal-socc
    続きを読む

    フローニンゲンMF堂安律が、今季リーグ戦6ゴール目を挙げた。

    4日に行われたエールディビジ第26節トゥエンテ戦に先発した堂安。敵地での一戦で、19歳の日本人MFは57分に先制点を奪う。エリア手前でボールを拾うと、4人に囲まれながらも、小気味よいボールタッチでエリア内に侵入。股抜きで相手を交わすと、最後は左足で冷静にネットを揺らした。

    バルセロナFWリオネル・メッシを彷彿とさせる堂安のゴールで先制したフローニンゲンだったが、71分に追いつかれ1-1の引き分けで試合を終えた。

    8試合勝利から見放されているフローニンゲンは、勝ち点26で13位。今季公式戦23試合で7ゴール3アシストを記録する堂安は、2試合連続得点で次節勝利に導けるだろうか。
    2018-03-05_08h01_16

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000035-goal-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/17(土) 07:35:52.93 ID:CAP_USER9.net
    2/17(土) 7:06配信
    堂安律が今季5ゴール目を記録…フローニンゲンはアウェーでVVVとドロー

    エールディヴィジ第24節VVVvsフローニンゲンの一戦で、堂安律が今シーズン5ゴール目を決めた。

    試合は開始2分でホームのVVVが先制。1点を追うフローニンゲンは15分、バイタルエリアで縦パスを受けた堂安は前を向くと、タッチでボールをコントロールしながら左足で巻くシュートを放ち、ゴール左スミへと決めた。堂安はこれでフローニンゲン加入後、リーグ戦5ゴール目となる。

    試合は1-1のままフルタイムを迎え、フローニンゲンは敵地で勝ち点1を獲得。勝ち点を24に伸ばしたが順位は13位のまま変わらなかった。
    2018-02-17_08h13_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000040-goal-socc
    続きを読む

    GettyImages-863894764-800x533

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/01/21(日) 23:29:03.94 ID:CAP_USER9.net
    日本代表入り狙うフローニンヘン19歳MF堂安、18年初戦でいきなりゴール
    2018年1月21日23時6分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20180121-OHT1T50240.html

    ◆オランダ・エールディヴィジ ヴィレム2―フローニンヘン(21日・ティルブルフ)

    東京五輪世代のオランダ・フローニンヘンMF堂安律(19)が、2018年初ゴールを決めた。ウインターブレーク明けの初戦となった21日のヴィレム2戦。左MFで先発すると、0―0の前半14分にペナルティーエリア外から豪快に左足を振り抜き、ゴール左上隅に突き刺した。

    1月上旬に帰国した際には「東京五輪ももちろんですけど、(今年6月の)ロシアW杯も目指しています。そのために、オランダで活躍して、何とかチャンスをつかみたい」と語っていた新鋭が、いきなりピッチで結果を残した。
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/24(日) 23:05:09.79 ID:CAP_USER9.net
    [12.24 エール・ディビジ第18節 フローニンゲン4-0スパルタ・ロッテルダム]

    フローニンゲンのMF堂安律が、24日にホームで行ったエール・ディビジ第18節のスパルタ・ロッテルダムで、4試合ぶりとなる今季3ゴール目を奪った。17日のエクセルシオール戦では、風邪を引いたために連続スタメン出場が11試合で止まっていた堂安。ベンチメンバーに復帰した今節も、ベンチからのスタートになっていた。

    出番は2-0と2点リードの後半32分から。するとオウンゴールで加点して迎えた後半45分、右クロスをMFウリエル・アントゥナが合わせると、GKに弾かれこぼれる。そこに走り込んだ堂安が左足で豪快に蹴り込み、チーム4点目のダメ押し点を奪った。

    堂安のここまでのリーグ戦の2ゴールはいずれも右足だった。3ゴール目にしてようやく利き足の左足で決めたことになる。チームはウインターブレイク前の一戦を4-0で大勝。堂安が前回ゴールを決めた今月2日のADOデンハーグ戦以来、4試合ぶりの白星を挙げた。

    12/24(日) 22:37配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-01648195-gekisaka-socc

    写真



    堂安律、途中出場から今季3ゴール目…左足で豪快に蹴り込む
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000024-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/15(日) 23:58:28.29 ID:CAP_USER9.net
    フローニンゲンに所属するMF堂安律が、3試合連続の先発出場を飾り、ゴールに絡んでいる。

    フローニンゲンは15日、エールディヴィジ第8節でAZと対戦。前節リーグ戦初ゴールを挙げた堂安は3試合連続の先発出場を果たした。堂安はMF登録ながら、チームの最前線で攻撃陣の先鋒としてプレーしている。

    すると1点ビハインドの53分に結果を残す。ペナルティーエリア外でヤンゴ・ワルメルダムからボールを受けた堂安はターンから左足でシュートを試みるが、DFに手をかけられ、シュートは枠外に。しかし、主審はPKの判定を下すと、これをミムー・マヒが決めて、フローニンゲンが同点に追いついた。

    その後、スコアは動くことなく1-1で終了。堂安はフル出場し、『opta』のデータではパス成功率(81.8%)、敵陣パス成功率(76.5%)でチーム内2位の数値を記録している。前節のゴールに続き、確かな結果をピッチで示してみせた。

    10/15(日) 23:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00010007-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/10/01(日) 13:18:23.89 ID:CAP_USER9.net
    欧州の舞台で日本人選手たちが躍動した! 現地時間9月30日に行なわれた各国リーグ戦で計5人がゴールを決めたのだ。
     
    トップを飾ったのは、ボルシア・ドルトムントの香川真司だった。本拠地でアウクスブルクと対戦した一戦で先発出場した日本代表の背番号10は、同点の場面で迎えた23分に魅せる。
     
    カウンターからペナルティーエリア内でアンドリー・ヤルモレンコが落としたボールに走り込み、右足のループシュートでGKの頭上を抜いた。これが決勝点となり、ドルトムントは2-1で勝利している。
     
    シーズン2ゴール目で勝利に貢献した香川。地元紙『ルールナハリヒテン』は、相手GKをあざ笑うかのような華麗なループシュートを「シンジ・カガワの偉大な芸術作品のようなゴールだった」と褒めちぎった。
     
    これに続いたのが、マインツの武藤嘉紀だ。ヴォルフスブルクとの試合にスタメン出場を果たすと、チームが1点ビハインドで迎えた74分に決定機を掴む。
     
    右サイドを抜け出したレビン・エズトゥナリが供給したクロスボールにゴール中央へと走り込んだ武藤が相手DFの前に出てジャンピングヘッド! 値千金の同点弾を叩き込んだのだ。
     
    試合は1-1の引き分けに終わったものの、武藤のダイナミックなゴールにも賛辞が寄せられた。

    ドイツでアタッカー陣が躍動するなか、イングランドではサウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也がFW顔負けの一撃を見舞う。
     
    ストーク戦に先発出場すると1点を追う75分、左サイドからのクロスにボックス内で味方FWシェイン・ロングが触ると、このルーズボールを吉田が右足ダイレクトボレーを蹴り込んだのだ。
     
    チームは85分に勝ち越し弾を許して惜しくも敗れたが、上体を倒しながら放った吉田の渾身ボレーにスタンドがどよめいた。今シーズン初ゴールだ。

    ■堂安はエールディビジ初ゴール。森岡は1G1Aの大暴れ!

    10月の代表戦に招集されたサムライブルー3選手が特大のインパクトを残すなか、“浪速のヤングスター”も負けず劣らずのパフォーマンスを披露。オランダのフローニンゲン所属の堂安律だ。
     
    ズウォーレとのエールディビジ7節で先発出場した堂安には、立ち上がり15分に見せ場が訪れた。右サイドのミムン・マヒからのクロスボールをボックス内で受けると、巧みなコントロールから最後は相手DFとGKの股下を2枚抜きした。
     
    9月21日のオランダ・カップ(ヘラクレス戦)で移籍後初ゴールを決めていた堂安だが、ついにエールディビジでも嬉しい初ゴール。試合は2-2のドロー決着となったが、その堂安の先制ゴールを速報で伝えたオランダ・メディア『NOS』は、「リツ・ドウアンは、ボールをマヒから受け取ると、相手DFとGKを冷静にいなしてファーストチャンスをものにした。オランダ・カップに続き、狙いすまされた高品質のゴールだった」と報じた。
     
    さらに日本人選手のゴールラッシュは続く。ベルギー・リーグ1部のワースランド=ベベレンに所属する森岡亮太も絶好調だ。
     
    今シーズン、ベルギー・リーグで全試合(8試合)フル出場を果たしている森岡は、このアントワープ戦でも先発。チームが1点を先行して迎えた64分、カウンターの場面で左サイドからのパスをバイタルエリアで受けると、飛び出した相手GKの動きを見極め、ゴール右に冷静に流し込んだ。
     
    さらに81分にも得意の右足で味方のダメ押し点をアシストした森岡は、出色の出来でワースランド=ベベレンを3-0の勝利に導いた。
     
    今夏にポーランドのスラスク・ヴロツワフから移籍してきた司令塔は、ここまでリーグ戦で5ゴール・6アシストと際立ったパフォーマンスを継続中。今回の日本代表復帰は叶わなかったが、この好調を維持できれば、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も見過ごせない存在となるはずだ。

    10/1(日) 7:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00030609-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/10/01(日) 07:30:59.27 ID:CAP_USER9.net
    フローニンゲンに所属するMF堂安律が、9月30日に行われたエールディヴィジ第7節のズヴォレで、リーグ戦初ゴールを決めた。

    2試合連続で先発出場した堂安は15分、右サイドのFWミムン・マヒからのクロスをペナルティエリア内左フリーで受け、落ち着いて右足を振り抜く。するとシュートは、詰めたDFとGKの股を連続で抜いてゴールネットを揺らした。

    3試合連続でゴールに絡む活躍となった。堂安は21日に行われたKVVBカップ(オランダカップ)1回戦のヘラクレス戦で途中出場からオランダ初得点をマークすると、24日に行われたリーグ戦第6節のトゥウェンテ戦ではシュートが味方の決勝点につながり、初アシストを記録。続く今節ではリーグ戦初ゴールを挙げ、公式戦3試合で2ゴール1アシストの活躍となった。

    なお、フローニンゲンはその後、19分に同点とされ、54分にFWトム・ファン・ウェールトのゴールで勝ち越すが、60分に再び失点して試合を振り出しに戻される。すると、後半アディショナルタイムに劇的ゴールを浴びてしまい、土壇場で2-3の敗戦を喫している。

    10/1(日) 7:20配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00649904-soccerk-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/22(金) 07:21:01.00 ID:CAP_USER9.net
    [9.21 オランダ杯1回戦 ヘラクレス2-4フローニンゲン]

    21日に行われたオランダ杯の1回戦の敵地で行ったヘラクレス戦で、フローニンゲンのMF堂安律が移籍後初ゴールを決めた。

    ベンチスタートとなった堂安だが、1-1で折り返した後半開始から途中出場。するとすぐのプレーでFWミムン・マヒからのリターンパスを受けてゴール前に抜け出すと、左足で落ち着いてGKの股下を抜くシュートを蹴り込み、逆転弾を決めた。出場から43秒後の出来事だった。

    その後も堂安は切れ味鋭いドリブルでチャンスを演出。セットプレーのキッカーも務めるなど、後半だけで3得点を奪ったチームのリズムを作った。試合は4-2でフローニンゲンが逆転勝ちを収めている。

    堂安は今夏の移籍でG大阪からフローニンゲンに期限付き移籍。しかしエールディビジ開幕戦のヘーレンフェーンこそ先発出場したが、その後の試合はベンチスタートが多く、出場機会はなかった。カップ戦とはいえ、移籍後初ゴールで結果を残せたことは、レギュラー奪取へ向けた明るい材料と言えそうだ。


    9/22(金) 6:18配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-01644331-gekisaka-socc

    写真


    堂安が移籍後初ゴール!スアレス、ロッベンらに続けるか
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000035-goal-socc

    堂安が公式戦初ゴール「もうこっちのもんかなと」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00009174-nksports-socc
    続きを読む

    GettyImages-831135764

    1:シャチ ★@\(^o^)/ :2017/08/21(月) 01:35:05.82 ID:CAP_USER9.net
    8/21(月) 0:14配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-01875226-nksports-socc
    <オランダリーグ:アヤックス3-1フローニンゲン>◇第2節◇20日◇アムステルダム

    ガンバ大阪から期限付き移籍でフローニンゲンに新加入したMF堂安律(19)の出番はなかった。

    初陣となった13日のヘーレンフェインとの開幕戦は先発したが途中交代。この日はベンチスタートで、地元のアルヘメーン・ダッハブラット紙によると「ヘーレンフェインとのオランダ北部ダービーで、堂安は周りを納得させるパフォーマンスを見せず、アヤックス戦で先発の座を失った」という。

    試合後の一問一答は次の通り。

    -厳しい結果になりました

    そうですね。(相手が)うまかったですね。

    -アヤックスを見て

    映像を見た通りのうまさ。止める、蹴るがしっかりしてたので取りどころがなかったなと思います。

    -ベンチスタート。いつ知りましたか?

    一昨日ぐらいですかね。練習の中で分かってました。昨日、監督とも話をしまして、
    意図としてはボールを(相手に)握られると想定した中でのメンバーを選んだと言ってましたので、
    そこは理解したつもりでした。負けてた中で投入されなかったので、思うところはありますけれど、しょうがないかなと思います。

    次節は8月27日のホーム・ユトレヒト戦。先発復帰できるか、堂安の挑戦はまだまだ続く。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ