海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:堂安律

    1:Egg ★:2018/03/23(金) 18:36:15.83 ID:CAP_USER9.net
    オランダ1部エールディビジのフローニンゲンで活躍中のMF堂安律は、今季終了後の去就が不透明だ。同クラブのCEOであるハンス・ナイラント氏のコメントを、オランダ『テレグラーフ』が伝えた。

    19歳の堂安は、今季リーグ戦で7ゴールを記録。バイエルン・ミュンヘンのFWアリエン・ロッベンをもってしても10代のころはエールディビジで1シーズン6ゴールしか決めておらず堂安の評価はますます高まっており、「彼はエールディビジの宝石だ」とナイラントCEOは堂安を絶賛した。

    ただ、昨年夏にガンバ大阪から獲得した堂安は、期限付きでの加入。フローニンゲンが完全移籍オプションを行使するためには、5月1日までに決断を下さなければいけない。しかし、地元メディアによると、200万ユーロ(約2億6000万円)ほどの移籍金と堂安への契約は、フローニンゲンにとって簡単な投資ではないそうだ。

    ナイラントCEOは「もし彼を手放さなければいけなくなったら非常に残念だ。もちろん、それは我々の意向ではない。正確にいくら必要なのか、G大阪からは聞いていない」と不安を口にした。

    さらに「堂安のことはアヤックスとマンチェスター・シティも詳しく知っている」と同氏は語り、ビッグクラブからの関心を示唆した。

    オランダで飛躍を続ける堂安は、次の夏に大きくステップアップする可能性もあるようだ
    20180122_doan_getty-1-560x373
    3/23(金) 16:21配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180323-00262084-footballc-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/03/21(水) 00:32:48.61 ID:CAP_USER9.net
    先週末に行われたAZ戦で、今シーズンの7点目をマークしたフローニンゲンMF堂安律。

    10代の新人プレーヤーながらここまで堂々たる成績を残しており、二桁得点も見えてきた。

    そんな堂安の活躍を、フローニンゲンも高く評価しているようだ。オランダ『VI』によれば、完全移籍で買い取りえも検討しているという。

    ガンバ大阪から期限付き移籍でフローニンゲンに渡った堂安。

    G大阪との契約は2020年までであり、仮に買い取る場合には最低でも200万ユーロ(およそ2億6200万円)が必要になるという。

    クラブのダイレクターであるハンス・ナイラントは「我々は来シーズンも堂安とともに戦いたい」と話しており、契約期間延長の可能性を覗かせた。
    0352bddc-f23e-bf00-c06d-fde92a8409ba
    http://qoly.jp/2018/03/20/ritsu-doan-20180320-kwm-1
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/19(月) 13:03:20.74 ID:CAP_USER9.net
    オランダ・エールディビジ第28節の試合が現地時間18日に行われ、AZとフローニンゲンが対戦。フローニンゲンのMF堂安律は1ゴール1アシストを記録する活躍を見せた。

    2点ビハインドで迎えた70分には堂安のアシストからトム・ファン・ウェールトがゴール。さらに83分には堂安がペナルティーエリア手前から豪快な左足ミドルを突き刺して2-2の同点とした。だが最後はアディショナルタイムに決勝点を奪われ、試合は2-3の敗戦に終わっている。

    チームの勝ち点獲得には繋がらなかったが、堂安のプレーは高く評価されているようだ。オランダメディア『Voetbal Inside』では、今節の週間MVP候補5人の中に堂安をノミネートしている。

    堂安とともに週間MVP候補となっているのは、ともに2ゴールを記録したフェイエノールトのFWロビン・ファン・ペルシや、アヤックスのMFハキム・ジイェフなど。また、VVVフェンロのFWレンナルト・ティーは今節の試合を欠場したにもかかわらずノミネートされている。白血病患者への幹細胞移植のドナーとなるため試合を欠場した行為が称賛されたことが理由のようだ。
    20180319_doan_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180319-00261396-footballc-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/18(日) 23:19:52.78 ID:CAP_USER9.net
    [3.18 エール・ディビジ第28節 AZ3-2フローニンゲン]

    フローニンゲンのMF堂安律が止まらない。

    18日に行われたエールディビジ第28節のAZ戦の後半38分、ミドルレンジでボールを持った堂安は、細かいフェイントでDFを外して左足を振り抜く。これが一直線にゴール左隅に突き刺さった。

    堂安のゴールは2試合ぶり今季7点目。これで01-02シーズンに所属したMFアリエン・ロッベン(バイエルン)が記録した6得点を上回った。残りのシーズンでチーム記録であるFWルイス・スアレス(バルセロナ)とFWリハイロ・ジブコビッチ(オーステンデ)が記録した10得点の更新の可能性も十分にありそうだ。

    また堂安は後半25分にもアシストを記録する活躍をみせた。しかしチームは堂安の奮闘むなしく、後半アディショナルタイム2分に決勝点を献上。2-3で競り負けた。
    2018-03-18_23h34_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-01651672-gekisaka-socc
    続きを読む

    フローニンゲンMF堂安律が、1ゴール1アシストの活躍を見せた。

    18日に行われたエールディビジ第28節で、10試合連続で先発出場を果たした堂安。すると2点ビハインドで迎えた70分、ファン・ウェールトとのゴールお膳立て。今季リーグ戦のアシスト数を4に伸ばした。

    さらに83分には、自らがゴールを奪いチームを同点に導いた。

    今季からオランダでプレーする堂安は、リーグ戦で23試合出場7ゴール4アシストを記録している。
    2018-03-18_22h34_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00010005-goal-socc続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/13(火) 02:09:42.19 ID:CAP_USER9.net
    2得点に絡む働きを見せたズウォーレ戦、巧みなボールコントロールでマーカーを翻弄

    オランダ1部のフローニンゲンに所属する19歳のMF堂安律は、現地時間11日のリーグ第27節ズウォーレ戦で9試合連続スタメン出場。2得点に絡む活躍で、チームの2018年初勝利に貢献した。現地メディアは試合中に飛び出した華麗なテクニックを動画付きで取り上げ、ファンからも「怪物」「宝石のように輝ける」と称賛を受けている。

    フローニンゲンは前半25分、右サイドからFWトム・ファン・ヴェールトが中央に折り返したところに堂安が走り込んだ。ボールはズウォーレのMFライアン・トーマスに阻まれたが、これがオウンゴールとなり、先制点が生まれた。さらに後半45分、右サイドでボールを持った堂安を起点に、MFジュニーニョ・バクナ、オーストラリア代表MFアイディン・フルスティッチとつなぎ、追加点を奪った。

    フローニンゲンは昨年12月24日の第18節スパルタ戦(4-0)以降は白星から遠ざかっていたが、本拠地のサポーターの前で2-0と待望の2018年初勝利を飾った。3試合連続フル出場を果たした堂安は、記録にこそ残らなかったものの、全2ゴールに絡む働きを見せている。

    衛星放送「FOXスポーツ」オランダ版は、後半開始直後のあるワンプレーに着目。サイドのタッチライン際で左足インサイドでトラップを決めた堂安は、左足でボールを浮かせて進行方向から飛び込んできたマーカーをかわすと巧みに体を入れ替え、スペースが生まれた右サイドをドリブルで駆け上がった。

    投稿では、「ドウアン・リツが消えた」と巧みなテクニックを動画付きで紹介。「怪物」「素晴らしい才能」「この男はフットボールを知っている」「ドウアン=スタープレーヤー」「彼は宝石のように輝ける」と称賛の言葉が相次いだ。

    前節の敵地トゥベンテ戦(1-1)で今季リーグ戦6点目をマークし、2001-02シーズンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(現バイエルン)の記録に肩を並べた堂安。海外挑戦1年目で確かな存在感を示している。

    【動画】「怪物」「宝石のように輝ける」と称賛の嵐! フローニンゲンMF堂安律の“消えるドリブル”
    https://www.football-zone.net/archives/94382/2

    3/12(月) 10:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180312-00010004-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/11(日) 22:44:41.84 ID:CAP_USER9.net
    [3.11 エールディビジ第27節 フローニンゲン2-0ズウォレ]

    MF堂安律の所属するフローニンゲンは11日、ホームでズウォレと対戦し、2-0で勝利した。9試合連続先発出場の堂安は、3試合連続でフル出場。18年に入って勝利のなかった(6分2敗)フローニンゲンが、12月24日のスパルタ・ロッテルダム戦以来、9試合ぶりの勝利を飾った。

    堂安の走り込みが先制点を生んだ。前半25分、フローニンゲンは縦パスで右サイドを抜けたFWトム・バン・ウェアートがゴール前に折り返す。ここに堂安が走り込むが、その前で相手MFライアン・トーマスがカット。しかしこれがオウンゴールになり、フローニンゲンが先制に成功した。

    追加点も堂安が起点になった。後半45分、右サイドでボールを持った堂安が中央のMFジュニーニョ・バクーナにパス。そこからエリア内のMFアルディン・フルスティッチに繋がる。そして相手DFに当たってコースが変わったシュートがゴールネットに収まった。
    2018-03-12_08h01_40

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-01651379-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:首しめ坂 ★:2018/03/09(金) 09:29:12.28 ID:CAP_USER9.net
    堂安律はフローニンゲンに完全移籍か「クラブ側が3年契約を準備」と現地報道
    3/9(金) 9:22配信
    GOAL

    今シーズン、ガンバ大阪から1年間のレンタルでエールディヴィジのフローニンゲンに加わった堂安律。ここまでリーグ戦6ゴールを記録するなど、欧州初挑戦ながら結果を残していることもあり、クラブ側も完全移籍での買い取りに向けて動いているようだ。

    地元メディア『rtvnoord』は「フローニンゲンは5月までに堂安の今後について決める必要がある」という見出しで、次のように報じている。

    「今シーズンのフローニンゲンにおいて、19歳の日本人選手は輝かしい才能を持ち合わせていることを常に証明し続けている。果たしてフローニンゲンは今夏、この選手を留まらせることはできるだろうか」

    「テクニカルマネージャーのロン・ヤンスは堂安のプレーに満足しているようだ。同選手の買い取りを目指す場合、3年契約を用意しているという情報もある」

    今シーズン、堂安はここまでリーグ戦21試合6ゴール(公式戦23試合7ゴール)という成績を残している。欧州初挑戦となったエールディヴィジ初年度で出色の活躍をしている状況となるが、フローニンゲンは堂安の慰留を目指し動いているようだ。果たして18-19シーズンも堂安はフローニンゲンでプレーするのか、引き続きその動向が注目される。
    2018-03-09_10h05_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000000-goal-socc
    続きを読む

    フローニンゲンMF堂安律が、今季リーグ戦6ゴール目を挙げた。

    4日に行われたエールディビジ第26節トゥエンテ戦に先発した堂安。敵地での一戦で、19歳の日本人MFは57分に先制点を奪う。エリア手前でボールを拾うと、4人に囲まれながらも、小気味よいボールタッチでエリア内に侵入。股抜きで相手を交わすと、最後は左足で冷静にネットを揺らした。

    バルセロナFWリオネル・メッシを彷彿とさせる堂安のゴールで先制したフローニンゲンだったが、71分に追いつかれ1-1の引き分けで試合を終えた。

    8試合勝利から見放されているフローニンゲンは、勝ち点26で13位。今季公式戦23試合で7ゴール3アシストを記録する堂安は、2試合連続得点で次節勝利に導けるだろうか。
    2018-03-05_08h01_16

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000035-goal-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/17(土) 07:35:52.93 ID:CAP_USER9.net
    2/17(土) 7:06配信
    堂安律が今季5ゴール目を記録…フローニンゲンはアウェーでVVVとドロー

    エールディヴィジ第24節VVVvsフローニンゲンの一戦で、堂安律が今シーズン5ゴール目を決めた。

    試合は開始2分でホームのVVVが先制。1点を追うフローニンゲンは15分、バイタルエリアで縦パスを受けた堂安は前を向くと、タッチでボールをコントロールしながら左足で巻くシュートを放ち、ゴール左スミへと決めた。堂安はこれでフローニンゲン加入後、リーグ戦5ゴール目となる。

    試合は1-1のままフルタイムを迎え、フローニンゲンは敵地で勝ち点1を獲得。勝ち点を24に伸ばしたが順位は13位のまま変わらなかった。
    2018-02-17_08h13_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000040-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ