海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:堂安律

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/14(月) 01:49:57.91 ID:CAP_USER9.net
    オランダ・エールディビジ開幕戦が13日に行われ、堂安律が所属するフローニンゲンと小林祐希が所属するヘーレンフェーンが対戦した。なお、両選手はともにスタメンに名を連ねている。

    立ち上がり6分、モーテン・トルスビーのヘディング弾でアウェイのヘーレンフェーンが先制すると、40分には右サイドからのクロスをレザ・グーチャンネジャードが押し込んでリードを広げる。

    後半に入り53分、追いかけるフローニンゲンはラルス・フェルトワイクがドリブルで持ち込みシュートを放ち、まずは1点を返す。63分にはトム・ファン・ヴェールトが堂安に代わってピッチに入った。

    82分にはミムン・マヒがPKを決めて、フローニンゲンが同点に追いつく。しかし直後の86分、ヘーレンフェーンは再びトルスビーが決めて勝ち越すも、フローニンゲンはまたしてもマヒがPKを決めて3-3とする。

    試合は3-3で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。堂安は63分までプレー。小林はフル出場を果たしている。

    【スコア】
    フローニンゲン 3-3 ヘーレンフェーン

    【得点者】
    0-1 6分 モーテン・トルスビー(ヘーレンフェーン)
    0-2 40分 レザ・グーチャンネジャード(ヘーレンフェーン)
    1-2 53分 ラルス・フェルトワイク(フローニンゲン)
    2-2 82分 ミムン・マヒ(PK)(フローニンゲン)
    2-3 86分 モーテン・トルスビー(ヘーレンフェーン)
    3-3 88分 ミムン・マヒ(PK)(フローニンゲン)

    8/14(月) 1:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00626503-soccerk-socc

    写真


    堂安律“初物づくし”のオランダ開幕戦はドロー…小林祐希ともバチバチやり合う
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-01642981-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/13(日) 20:07:34.14 ID:CAP_USER9.net
    今夏ガンバ大阪からオランダのフローニンヘンに移籍を果たしたMF堂安律には、非常に大きな期待がかかっている。

    「日本のメッシ・堂安にはエールディビジで旋風を巻き起こすことが期待されている」と伝えたのはオランダ『Football Oranje』だ。堂安は今夏韓国で開催されたU-20ワールドカップで大活躍を見せたが、同メディアはそれを機にオランダのPSVやアヤックス、さらにはフランスのモナコまで堂安に興味を示したと紹介。「今季オランダで期待すべきU-21の選手」の特集として堂安を取り上げている。

    堂安はフローニンヘン加入後もプレシーズンマッチで3ゴールを記録するなど実力を見せており、このまま一気にオランダの地でブレイクすることに期待がかかる。同メディアは「堂安は速く、技術があり、必殺の左足がある。フローニンヘンは日本最高の才能を持つ者の1人である男の爆発に期待している。選手本人も来夏欧州に完全移籍するために実力を見せたがっていることだろう」と伝えており、19歳のMFにかかる期待は驚くほど大きい。

    堂安としてはフローニンヘンを1つのステップに欧州のビッグクラブに移籍したいとの考えもあるはずで、1年目から結果にこだわっていくだろう。将来日本代表を背負う選手になってほしいと期待をかけている日本のサッカーファンも多く、堂安のオランダ1年目に注目が集まっている。

    8/13(日) 19:50配信 theworld
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00010015-theworld-socc

    写真

    続きを読む

    1:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 990b-d2Jr):2017/07/16(日) 11:43:03.54 ID:CAP_USER9.net
    7/16(日) 11:32配信
    GOAL
    2017-07-16_12h07_23

    アピールを続ける堂安(写真はG大阪所属時) (C) Getty Images for DAZN

    フローニンゲン(オランダ)のMF堂安律が15日、レディングハウゼン(ドイツ4部)とのトレーニングマッチで同点ゴールを挙げた。10日に行われたアネン(オランダアマチュア)戦に続いての2試合連続ゴールで、開幕スタメンへ向けて猛烈なアピールを続けている。

    後半から出場した堂安は2-3で迎えた74分、味方とのパス交換から左足でボールをゴールに流し込んだ。試合はそのまま3-3のドローに終わっている。

    今月からフローニンゲンに合流した堂安。実戦デビューとなったアネンとのテストマッチでは2ゴールを挙げ、今回のトレーニングマッチでも同点弾を決めるなど結果を残し続けている。8月13日に開幕するエールディヴィジでスタメンへの期待が高まるところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000006-goal-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/07/10(月) 20:45:51.07 ID:CAP_USER9.net
    J1G大阪からオランダ1部フローニンゲンに期限付き移籍したU―20代表MF堂安律(19)が、実戦デビューで2ゴールを挙げた。

    9日、敵地で行われたオランダ8部(アマチュア3部)アネンとの練習試合に後半開始から出場した。4―0の後半22分、中央から左足でクロスバーをかすめる豪快なミドルシュートを決めて“新天地初得点”。さらに8―0の後半39分には右サイドを突破し、飛び出してきたGKを冷静に見極めて左足でゴール左隅に流し込んだ。チームは10―0で勝利した。

    堂安のプレーぶりを、ファバー監督は高く評価。10日付けの地元紙ダッハブラット・ファン・ヘット・ノールデンで「律はスペースに対して素晴らしいセンスを持っている。ラインの間に入って常にボールを受けて、上手く変化を付ける。練習でもフットボール・インテリジェンスにあふれていて、律については私はとても喜んでいる」と賛辞を並べた。
    2017-07-10_21h45_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000147-spnannex-socc
    続きを読む

    DDhqPa6XYAAnn0Z

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/07/10(月) 01:16:32.03 ID:CAP_USER9.net
    蘭1部移籍の堂安律、実戦デビュー2ゴール

    7/10(月) 0:24配信

    日刊スポーツ

    G大阪からオランダ1部フローニンゲンに移籍したMF堂安律(19)が9日、練習試合で実戦デビューし、名刺代わりの2ゴールを記録した。

    後半から途中出場すると、同24分に初ゴール。終了間際にもチーム9点目を右サイドから左足で流し込んで決めた。大活躍でアピールに成功した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-01852916-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/02(日) 14:48:43.05 ID:CAP_USER9.net
    G大阪からオランダ1部フローニンゲンに期限付き移籍したMF堂安が1日、初練習に参加した。1000人近い地元サポーターにあいさつ代わりの“初ゴール”を披露。

    6対6のミニゲームでパスカットからループ弾を決めた。「やる気はもちろんマックスにある。昨季より順位を1つでも2つでも上げたい」とファンに向けて決意を語った。

    スポニチ 7/2(日) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000054-spnannex-socc

    写真


    オランダ・エールディビジのフローニンゲンに加入したMF堂安律は、1日に行われた新シーズンの初練習に参加した。オランダメディア『RTVノールト』は、ファンからの注目が特に堂安に集まっていたことを伝えている。

    J1のガンバ大阪でプレーし、U-20ワールドカップでも活躍を見せた堂安は、買い取りオプション付きのレンタルでフローニンゲンへ移籍することが合意。先月29日に移籍が正式決定し、入団会見が行われた。

    フローニンゲンは2017/18シーズンに向けて1日に始動して初練習を行った。「フローニンゲンの最初のトレーニングでスポットライトを浴びたのは堂安律。クラブが新たに獲得した19歳に特に注目が集まっていた」と地元メディアは伝えている。

    練習を見学に訪れたサポーターは、堂安のプレーを興味深く見守っていたようだ。「あの日本人はもちろん、どこか特別なところがある選手だ。アヤックスやPSVも関心を持っていたそうだからね。フローニンゲンが獲得できたのは素晴らしいことだよ」とファンの一人はコメントしている。

    かつてVVVフェンロでプレーしたGKケビン・ベゴイスは、以前に同僚だった日本人選手たちもファンの注目を集めていたことを振り返った。「VVVでは本田(圭佑)や吉田(麻也)とも一緒だった。これから1年中、ファンが練習を見に来て彼に声援を送るだろうね。クラブにとってエキサイティングなことだよ」

    新シーズンの最初の練習試合として、フローニンゲンは5日に地元のアマチュアチームとの対戦を予定している。堂安にとっては初の実戦となるかもしれない。

    7/2(日) 14:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170702-00220095-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Marine look ★@\(^o^)/:2017/06/30(金) 01:15:43.78 ID:CAP_USER9.net
    2017-06-30_07h54_40
    6/29(木) 17:40配信

    人材難の日本代表SB。「堂安律のコンバート」を福田正博は提案する

    【福田正博 フォーメーション進化論】

    2014年のブラジルW杯以降、“世代交代の遅れ“が指摘されてきた日本代表だったが、ロシアW杯アジア最終予選が始まってからの約10ヵ月間で、新戦力が台頭してきた。

    最初に世代交代の扉を開けたのは原口元気だった。10代の頃から年代別の日本代表の主力選手として将来を期待されていたが、これまでW杯もオリンピックの舞台も踏んでいない。その悔しい時期を経験したことで芽生えた、「なにがなんでもロシアW杯に出場したい」という強い野心が、日本代表での活躍を後押しした。

    原口と同じ“ロンドン五輪世代“の清武弘嗣や大迫勇也も続き、昨夏のリオデジャネイロ五輪に出場した久保裕也も、不調に喘ぐ本田圭佑とのポジション争いを現時点でリードしている。加えて、先のイラク戦では、CBの昌子源やボランチの井手口陽介が、新たにレギュラー争いに名乗りを上げた。

    年齢的に26、27歳のロンドン五輪世代がポジションを奪ったことは、遅きに失した感は否めない。しかし、彼らが主軸になったことで、さらに下の世代の突き上げを呼び込んだ。スタメンが固定されて新陳代謝がなかったチームに、競争原理が働くようになったことは素晴らしい変化だ。

    彼らだけではなく、攻撃的なポジションに目を向ければ、浅野拓磨や武藤嘉紀、南野拓実などがいて、守備的な選手では三浦弦太や植田直通など、まだまだ若い選手たちが控えている。多くのポジションでベテランから若手が揃い、日本代表の底上げが期待できる陣容になりつつある。

    そんな中、心配の種となっているのがサイドバック(SB)だ。このポジションは、2010年の南アフリカW杯前後に、右SBの内田篤人と左SBの長友佑都が台頭。それに続いて、ブラジルW杯の頃には酒井宏樹と酒井高徳が頭角を現し、日本代表のSBは世界の上位国と比べても、遜色のないものになった。

    しかし、現在、内田は長く故障に苦しみ、今年31歳になる長友のパフォーマンスは全盛期に比べると陰りが見える。ロンドン五輪世代の“ダブル酒井“がいるものの、現段階で彼らを脅かし、世界と戦えるような若手は見当たらない。

    W杯出場権がかかる、8月31日のオーストラリア戦、9月5日のサウジアラビア戦に向けて、長友とダブル酒井のうち誰かを欠くことになった場合、左SBは太田宏介や、リオ五輪にオーバーエイジで出場した藤春廣輝、右SBなら遠藤航を起用することで急場はしのげるだろう。とはいえ、太田は29歳、藤春は28歳と、今後の代表を担うべき年齢とは言い難く、遠藤は24歳だがSBは本職ではない。

    記事全文です
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170629-00010007-sportiva-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/30(金) 00:33:49.36 ID:CAP_USER9.net
    ガンバ大阪からオランダ・エールディビジのフローニンゲンへ移籍することが決まったMF堂安律は、現地時間29日に現地での入団会見を行った。

    堂安の移籍は23日に両クラブから発表が行われた。25日に移籍前の国内最終戦となったJ1第16節の川崎フロンターレ戦を戦ったあと、堂安はオランダへと向かった。

    堂安は会見冒頭にオランダ語での挨拶で会場の拍手を誘ったのに続いて、「フローニンゲンというチームに来ることができて嬉しく思います。自分の特徴はゴールを取りにいくプレーなので、それを見ていただければと思います」と自己紹介を行った。

    報道されていたように、堂安に対してはオランダの強豪クラブであるアヤックスやPSVなど他クラブからの誘いもあったという。最終的にフローニンゲンへの移籍を選んだのは、クラブ首脳陣が直接交渉のため日本を訪れたことに熱意を感じて心を打たれたのが一番の理由だと堂安は強調した。

    その理由に加え、「(ルイス・)スアレスや(アリエン・)ロッベンといったビッグプレーヤーを輩出したクラブだということが大きかった」と育成面に定評のあるクラブであることにも言及。「もう少し順位を上げればヨーロッパリーグ(EL)やチャンピオンズリーグ(CL)出場も狙えるクラブだと思ったので」と述べ、過去5シーズン連続でリーグ7~8位という成績を残しているクラブで欧州の大会を目指したいという意欲を見せた。

    堂安は会見の席上で契約のサインを行い、クラブから渡された「25番」のユニフォームを掲げたあと袖を通した。契約に関しては、1年間のレンタルに買い取りオプションがつけられており、完全移籍した場合にはその後3年間の契約となることが明らかにされている。

    写真

    フットボールチャンネル 6/29(木) 23:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170629-00219742-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 10:27:30.68 ID:CAP_USER9.net
    18年W杯ロシア大会出場を目指すアウクスブルクFW宇佐美貴史(25)が、日刊スポーツのインタビューに応じた。昨夏にドイツへ再挑戦して1年。満足いく出場機会が得られなかった25歳は、日本代表ハリルホジッチ監督から直接出されたロシア行きの「条件」を胸に再起を誓った。W杯まであと1年。今夏、サッカー人生を懸けたドイツでのシーズンが幕を開ける。【取材・構成=小杉舞】

    追加招集で参加した今月上旬の代表合宿。宇佐美はハリルホジッチ監督から1人呼び出され、ある「条件」を示された。

    宇佐美 「(所属クラブで)試合に出てくれ」と言われた。(監督が)選びやすい環境をつくらないといけない。試合に出ていたら間違いなく選んでもらえると思うし、自分次第。

    2度目の欧州挑戦となった16-17年シーズンはリーグ戦11試合の出場。先発に限れば5試合で、計436分間のプレーに終わった。

    宇佐美 (来季は)W杯イヤーというのもあって(自分の立場を)うかがわないといけない部分も、大事にしないといけない部分もある。特別、繊細に注意を払わないといけない1年になると思う。

     8月31日にはW杯切符が懸かるアジア最終予選オーストラリア戦(埼玉)が待つ。13日イラク戦メンバーから外れた宇佐美だが、3月の最終予選までは代表の常連だった。実際にハリルホジッチ監督から「ボールを受けて自分で違いを生む珍しいタイプの選手」と評されるなど一定の信頼はつかんでいた。だが、本人は現状に満足していない。

    宇佐美 今はより、うまさが欲しい。技術が欲しい。ドイツじゃ、ごまかしがきかんから。(相手を)はじき飛ばす体力というより、耐え抜く能力が欲しい。

    来季、クラブからはトップ下での起用を提案されているという。

    宇佐美 トップ下がハマれば、代表でも最近の4-3-3の今ちゃん(今野)がやっているところ(中盤3枚の両脇)はハマると思う。わくわくしている。本当に頑張らないといけない。

    今の宇佐美に悲愴(ひそう)感はない。あるのは強い覚悟。ハリルホジッチ監督の秘蔵っ子はこの1年に全てを懸ける。
    2017-06-25_14h22_29
    6/25(日) 9:57配信日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-01845470-nksports-socc

    ◆蘭移籍の堂安へ宇佐美助言「通訳つけない方がいい」

    ガンバ大阪は23日、U-20(20歳以下)日本代表MF堂安律(19)がオランダ1部フローニンゲンへ期限付き移籍すると発表した。期間は7月1日から来年6月30日まで。

    ドイツ1部アウクスブルクのFW宇佐美が、後輩MF堂安へ助言を送った。この日、古巣G大阪のクラブハウスで練習。自らも19歳で海外移籍を経験したことから「通訳はつけない方がいいと思う。海外に早くから行くのは(堂安)律にとっていいこと。行かないと感じられないことはたくさんある」。宇佐美もW杯出場が目標。「甘い世界ではないが、理想を言うなら一緒に行きたい」と、そろってのロシア行きへ意気込んだ。

    [2017年6月24日8時40分日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/1845003_m.html?mode=all

    【サッカー】<宇佐美貴史>堂安律の海外挑戦「これは書いておいて!」と注文!「僕が無理矢理ケツに火をつけたわけじゃないですから」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1498217403/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ