海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:堂安律

    2016-09-28_22h39_24
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/09/28(水) 22:01:35.40 ID:CAP_USER9.net
    U―19アジア選手権(10月13日開幕、バーレーン)に挑むU―19日本代表に選出されたG大阪MF堂安律(18)が、アジア王者と大会得点王を目標に掲げた。

    28日、大阪府堺市内でG大阪の練習に参加した堂安は「僕が日本をアジアナンバーワンに導きたい。それに個人タイトル(得点王)も取りたい。チームを勝たせる活躍ができれば、自然と結果はついてくると思う」と意気込んだ。

    上位4チームがU―20W杯(韓国)の切符をつかむ今大会。「重圧より、わくわくした気持ちの方が大きい」という堂安だが、世界にあと一歩届かなかった2年前の悔しさは忘れていない。

    2014年にタイで行われたU―16アジア選手権。堂安はキャプテンとしてチームを引っ張ったが、準々決勝で韓国に敗れ、U―17W杯への出場を逃した。

    「キャプテンなのに、チームを勝利に導けなくて、本当に悔しかった」。当時のチームで与えられたポジションは、本職のMFではなく左サイドバック。運動量不足などが原因で、自分の最も得意とする2列目で勝負できないまま敗れたことは、苦い思い出として心に残っている。

    現在のU―19日本代表では、主に右MFとして攻撃の核として起用されており「中心でやらせてもらっている分、チームを勝たせないと、という思いは強い」と言う。

    今月26日には現在のU―16日本代表が、2大会ぶりにU―17W杯出場権を獲得。15歳のF東京MF久保が注目を集めており、同じ左利きのアタッカーとして、堂安は久保と比較される。

    「僕も上の(世代の)ポジションを狙う立場ですから。競争は当然です。でももし(飛び級で)U―19にきたら、自分のポジションは削ってでも渡さない。いい子なだけじゃ、上にはいけない。ライバルは削ってでも、絶対に負けないという思いでやっています」とぎらぎらとした闘争心ものぞかせた堂安。東京五輪世代のエース候補は、アジアの舞台で自らの力を証明する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000157-sph-socc
    続きを読む

    E5A082E5AE89E5BE8BGE5A4A7E998AA

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/23(木) 08:12:07.95 ID:CAP_USER9.net
    オランダ1部リーグのPSVが獲得に乗り出しているU―19日本代表でG大阪のMF堂安律(18)が22日、大阪・吹田市内のクラブハウスで、G大阪・梶居勝志強化部長と話し合いを行った。

    堂安は、会談の詳細は明かさなかったが「僕の意見は言いました。もうちょっと考えたいと思います」と語り、移籍の希望を伝えたもようだ。クラブ側は、堂安をアウクスブルクへの移籍が決まった日本代表FW宇佐美に次ぐ、将来のエース候補と考えており、慰留する方針。近日中にも、再び話し合いの機会が設けられる見込みだ。

    スポーツ報知 6月23日 7時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160622-00000202-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/21(火) 15:04:07.84 ID:CAP_USER9.net
    オランダ1部リーグ王者のPSVアイントホーフェンが、Jリーグのガンバ大阪に所属するMF堂安律への関心を認めた。蘭誌『フートバル・インターナショナル』などが報じた。

    同誌によれば、PSVのテクニカルマネージャーを務めるマルセル・ブランズ氏が堂安の獲得に動くことで間違いないと認めているという。また、大手紙『テレグラフ』のPSV担当記者イェロエン・カプテインス氏もクラブが堂安への関心を認めたとSNSに投稿している。

    PSVはオランダ・エールディビジ(1部)優勝23回を誇る国内屈指の名門クラブで、現在リーグ2連覇中。かつてバルセロナなどで活躍し、クラブOBでもある元オランダ代表のフィリップ・コクー監督がチームを率いている。

    18歳の誕生日を迎えたばかりの堂安をオランダメディアは一様に「日本のトップタレント」と伝えており、コクー監督が獲得を望んでいるという。ただ選手本人にとって初めての海外移籍となるため環境や新たなスタイルに順応できるか確認するため、レンタルでの獲得となるようだ。

    またPSVとしては堂安をすぐにトップチームに合流させるのではなく、しばらくは2部リーグに参加しているヨングPSV(主に23歳以下の選手で構成されたセカンドチーム)でプレーさせる意向だという。

    現在オランダ2部のドルトレヒトに在籍しているU-23日本代表のファン・ウェルメスケルケン際も移籍当初はセカンドチームでプレーし、十分な力を身につけたと判断されてからトップチームとの契約を勝ち取った。すでにG大阪でトップチームデビューを果たしている堂安だが、オランダ移籍後は厳しい競争を乗り越えていかなければならないかもしれない。
    20160621_doan_getty1-560x373
    フットボールチャンネル 6月21日 14時53分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160621-00010023-footballc-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/18(土) 08:28:58.67 ID:CAP_USER9.net
    オランダ1部リーグのPSVが、G大阪のU―19日本代表MF堂安律(18)の獲得に乗り出していることが17日、明らかになった。2020年東京五輪世代のエース候補として期待がかかる高校3年生が、同リーグ2連覇中で、かつて元ブラジル代表FWロナウドらも在籍したオランダの名門クラブへ、今夏にも移籍する可能性が浮上した。

    G大阪の下部組織から育った新たな才能が、数々のスーパースターを輩出した欧州の名門クラブから目をかけられた。現在、高校3年生の堂安は、昨年英紙が選んだ「世界の将来有望な若手50人」に、日本で唯一選出された逸材だ。英1部のチェルシーが獲得に乗り出すと現地報道されるなど注目を集めていたが、いち早くPSVが具体的なオファーを準備した。

    G大阪の梶居強化部長は「そんな話はまったく聞いていない」と否定したが、PSV側の関係者によれば、すでにG大阪側と接触を図り、今夏の獲得を目指しているという。

    アルゼンチン代表FWメッシを理想の選手に挙げ、左足から繰り出される高い技術と、フィジカルの強さを武器とする堂安は、昨年6月3日のJ1鹿島戦(万博)で、16歳11か月18日でのクラブ史上最年少デビューを果たした。

    今夏にドイツ1部・アウクスブルクへの移籍が決定的な日本代FW宇佐美に次ぐ、新たなクラブの“至宝”として期待されている。今季はここまでJ1での出番はないが、J3に参戦中のG大阪U―23では得点ランク3位タイの5得点を挙げており、現在中国遠征中のU―19日本代表でも中心選手としてプレーしている。

    PSVはかつて元ブラジル代表FWロナウドや、オランダ代表FWロッベンを10代で獲得し、その後ビッグクラブへと飛躍させた。かつて京都でプレーしていた元韓国代表MF朴智星も、PSVで欧州初挑戦後、マンチェスターUに移籍しており、ビッグクラブへの“登竜門”といえるステップだ。G大阪は今夏の流出を阻止する構えだが、今後の動向に注目が集まる。

    ◆堂安 律(どうあん・りつ)1998年6月16日生まれ、兵庫・尼崎市出身。
    3歳からサッカーを始め、浦風FC、西宮SSを経てG大阪ジュニアユース。
    高校2年の昨季、トップの試合に出場可能となる2種登録され、5月27日のACL・FCソウル戦でクラブ史上2番目となる16歳11か月11日で公式戦デビューを果たした。利き足は左。
    2016-06-18_08h40_31
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000171-sph-socc
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 20:36:57.04 ID:CAP_USER*.net
    イングランド・プレミアリーグの名門チェルシーが、再び日本人選手に興味を示しているようだ。英紙『デイリー・テレグラフ』が報じている。

     同紙によれば、チェルシーはガンバ大阪に所属する17歳のU-18日本代表MF堂安律の獲得を狙っていると伝えている。

     G大阪のユース出身の堂安は、U-13から各年代の日本代表に選出されており、昨年6月には16歳でJリーグデビューを果たしている。

     記事では、「17歳の堂安は中盤のセンターまたは右サイドの両方でプレーできる。10代の選手にもかかわらず、すでにJ1でデビューしており、次世代のアジア人スターとされている」と紹介されている。

     また、チェルシーは数日以内に獲得へと乗り出し、そのままG大阪に期限付き移籍させる考えだと言う。

     堂安は、イギリスの大手新聞社『ガーディアン』が選ぶ「1998年生まれの将来有望な50人の選手」の特集にも選ばれており、イングランド国内でも高く評価されている。

     チェルシーといえば、昨年FC東京に所属していた武藤嘉紀(現・マインツ)に獲得オファーを出したことで話題にもなった。

     再び日本人選手の獲得に乗り出したチェルシーだが、初の日本人選手獲得となるのだろうか。
    20160128_doan_getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160128-00010031-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453981017/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ