海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:大迫勇也

    1: pathos ★ 2018/12/08(土) 09:56:42.20 _USER9
    [12.7 ブンデスリーガ第14節 ブレーメン3-1デュッセルドルフ]

    ブンデスリーガ第14節1日目が7日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはホームでMF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフと対戦し、3-1で勝利した。大迫は体調不良でベンチ外。宇佐美は2試合ぶりに先発に復帰。左サイドハーフの位置でプレーしたが、前半のみで交代となった。

    先手を取ったのはホームのブレーメンだった。前半20分、PA左のFWマックス・クルーゼがマークを外して落とすと、走り込んだMFケヴィン・メーヴァルトが強烈な右足ミドルでネットを揺らし、先制に成功。宇佐美は守備に追われたが、前半34分にはフィニッシュに持ち込む場面もあった。

    デュッセルドルフも前半40分、左CKで競り合ったブレーメンDFセバスティアン・ランカンプがVARの末にハンドの判定となり、PKを獲得。キッカーのFWドディ・ルケバキオが左足でゴール右下隅に沈め、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

    1-1で折り返した後半開始と同時に宇佐美は途中交代。後半はブレーメンのペースで試合が進み、同26分、こぼれ球に反応したFWヨハネス・エッゲシュタインのミドルシュートをGKが弾くと、FWマルティン・ハルニクがダイレクトで押し込んだ。

    2-1と勝ち越しに成功したブレーメンは後半33分にもダメ押しゴール。途中出場のU-19アメリカ代表FWジョシュア・ザルゲントがヘッドで押し込み、3点目。期待の18歳がブンデスリーガデビュー戦出場2分で初ゴールをマークした。ブレーメンが3-1で勝利し、6試合ぶりの白星。デュッセルドルフは連敗となった。
    2018-12-08_14h16_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-08351654-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/02(日) 15:36:03.79 _USER9
    バイエルン戦に3試合ぶり先発の大迫がゴール、今季3得点目にファンから称賛
     
    ドイツ1部ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也が、現地時間1日のリーグ第13節バイエルン戦に先発出場し、ヘディングで今季3ゴール目を決めた。一度同点に追いつきながらも1-2で敗れたが、大迫の一撃に「ヘディングモンスター」「100点」「素晴らしい」とファンから賛辞が送られている。

    【関連動画】「ヘディングモンスター」「100点」とファン賛辞! ブレーメンの日本代表FW大迫勇也、強豪バイエルン戦でGKノイアーの牙城を破り今季3得点目
    https://www.youtube.com/watch?v=9O-Pfu2XYwM


     
    3試合ぶりに先発出場した大迫は左ウイングで出場。前半20分にバイエルンのドイツ代表MFセルジュ・ニャブリに先制ゴールを決められたなか、0-1で迎えた前半33分に大迫が本拠地で輝きを放つ。

    敵陣左サイドでパスを受けた元ドイツ代表FWマックス・クルーゼは鋭い切り返しから右足でクロスを送る。中央に走りこんでいた大迫は、ドイツ代表DFニクラス・ズーレの背後を巧みに突くと、カバーに入ったドイツ代表DFジェローム・ボアテングより先に触ってヘディングシュート。相手のドイツ代表GKノイアーが前に出てシュートコースを限定し、体にボールを当てたものの、そのままゴールに吸い込まれた。

    今季3ゴール目を決めた大迫は歓喜の咆哮を上げながらガッツポーズを披露。チームメイトも祝福に駆け寄り、ホームスタジアムのヴェーザーは熱気に包まれた。試合は後半5分に再びニャブリに決められて1-2と敗れたが、大迫の働きはファンから称賛されている。

    チームの出来に落胆の声も… 日本人FWはポジティブ評価「100点」「オオサコは良かった」

    ブレーメンが公式ツイッターやインスタグラムで大迫のゴール速報や試合結果を伝えると、海外ファンが反応。敗れただけにチームの出来に対する厳しい声も多く、「前半は良かったが……」と後半の内容に落胆の声も上がっている。

    その一方で、日本人FWのゴールを称えるコメントも並び、高い打点の一撃を「ヘディングモンスター」と評すれば、「100点」「オオサコは良かった」などポジティブな意見も見られた。

    バイエルン戦の“日本人弾”は、2015年3月7日(1-3敗戦)にハノーファー時代のMF清武弘嗣(現セレッソ大阪)が決めて以来、約3年9カ月ぶり。リーグ6連覇中の強豪から第9節レバークーゼン戦(2-6)以来のゴールを叩き込んだ大迫のさらなる活躍に期待が懸かる。

    12/2(日) 15:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00151540-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/12/02(日) 01:44:04.20 _USER9
    ブンデスリーガ第13節が12月1日に行われ、バイエルンが日本代表FW大迫勇也所属のブレーメンを2-1で下した。

    試合は20分にセルジュ・ニャブリのゴールでバイエルンが先制。ブレーメンは33分に大迫のゴールで追い付いたが、後半立ち上がりの50分にニャブリがこの日2点目を挙げてバイエルンが勝ち越した。その後はブレーメンが同点を目指したがスコアは変わらず、このまま2-1でタイムアップを迎えた。

    次節、ブレーメンはMF宇佐美貴史所属のデュッセルドルフと、バイエルンはFW久保裕也所属のニュルンベルクと、それぞれホームで対戦する。

    【スコア】
    ブレーメン 1-2 バイエルン

    【得点者】
    0-1 20分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
    1-1 33分 大迫勇也(ブレーメン)
    1-2 50分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)

    【スターティングメンバー】
    ブレーメン(4-1-4-1)
    パブレンカ;ゲブレ・セラシェ、ヴェリコヴィッチ(63分 ラングカンプ)、モイサンデル、アウグスティンソン;シャヒン(76分 ピサーロ);J・エッゲシュタイン(66分 ムーヴァルト)、M・エッゲシュタイン、クラーセン、大迫勇也;クルーゼ

    バイエルン(4-4-1-1)
    ノイアー;ラフィーニャ、ズーレ、ボアテング、アラバ;ニャブリ(80分 チアゴ)、キミッヒ、ゴレツカ、リベリー(38分 コマン);ミュラー(90+1分 ハビ・マルティネス);レヴァンドフスキ
    2018-12-02_08h52_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00871281-soccerk-socc

    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/11/17(土) 15:29:56.12 ID:CAP_USER9.net
    2トップの一角でスタメン出場した大迫勇也はベネズエラ戦をこう振り返った。

    「チームとしてうまく機能してたのは事実で、相手が良いチームなのも事実。そのなかで2点目が取れなかったことがいちばんの課題ですかね。そんなに悲観する内容ではないと思います」
     
    また、中島翔哉、南野拓実、堂安律の3選手との関係について聞かれると「メディアのみなさんはそこにこだわってますけど、その3人とだけ絡んでも仕方ない。(柴崎)岳にしろ(遠藤)航にしろ良い縦パス出してくれる選手はいるので」と注目が偏っていることへの疑問を口にした。

    それでも試合をこなしていくうえで前線の大迫、中島、南野、堂安の連係は向上している印象だ。大迫は最後に「ほんとに2点目ですね。2点目取れれば良い試合になったと思いますけど、たらればなんで。次に切り替えて、結果を残せるように良い準備をするだけです」と悔しさを滲ませつつも、
    次の20日のキルギス戦に目を向けた。
    50358_ext_04_0
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50358

    関連記事
    「メディアの方はそこにこだわるけど…」大迫が口にした違和感
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?259364-259364-fl
    「メディアの皆さんは…」 大迫が“2列目トリオ”との連係以上に「重要」と語るのは?
    https://www.football-zone.net/archives/148287
    続きを読む

    553: U-名無しさん 2018/11/16(金) 23:54:04.56 ID:bm9OXBzB0
    森保監督「大迫に代わる選手がなかなかいないのが現状」2、3番手の台頭求める

    報道陣からは今回招集外のFW武藤嘉紀(ニューカッスル)、FW久保裕也(ニュルンベルク)の名前も出たが「もちろん彼らのことは招集リストには入っていますし、選択肢にも入っている。

    けがであったり、呼ぶタイミング、彼らのチームでの立ち位置もある」とし、「大迫は非常に良い選手ですし、彼に変わる選手はなかなかいないのが現状。

    だからこそ、いろんな選手に経験してもらって選手層を厚くできるように、力になってくれる選手を育てなければいけないと感じている」と話した。
    2018-11-17_00h47_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000337-sph-socc

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/11/16(金) 10:32:48.08 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表が15日、大分県内で国際親善試合ベネズエラ戦(16日、大分銀行ドーム)へむけた前日練習を行った。

    FW大迫が今年最後の親善試合2試合を、半端ない活躍で締めくくる。1トップで先発濃厚なベネズエラ戦へ「ピッチで見せるだけなので多くを語る必要はない」と短い言葉で決意。一方、今年の「新語・流行語大賞」候補に代名詞の「半端ないって」が選ばれたことには反応し「僕が発信しているわけではないので…」と苦笑いしつつ「話題になるのはいいことだと思うけど、本業はサッカーなので頑張ります」と話した。
    2018-11-16_12h17_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00393418-nksports-socc
    続きを読む

    171:U-名無しさん :2018/11/13(火) 22:11:30.20 ID:RxRhyx9lM.net
    日本代表合宿 子どもの一番人気は大迫、「半端ないって!」コール巻き起こる
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000145-spnannex-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/29(月) 06:17:43.81 ID:CAP_USER9.net
    ブレーメンの日本代表FW大迫勇也が、レヴァークーゼン戦で今シーズン2点目を挙げたが、勝利に結びつけることはできなかった。

    ブレーメンは28日、ブンデスリーガ第9節でレヴァークーゼンと対戦。大迫は2トップの一角として先発した。試合はアウェーのレヴァークーゼンが前半から猛攻を仕掛ける。ケビン・フォラントなどのゴールで、45分間で3-0に。それでも、後半に入ると、ブレーメンは反撃。60分にクラウディオ・ピサーロが1点を返すと、その2分後には大迫がコーナーキックの混戦から素早く反転し、左足で流し込んで1点差とする。

    しかし、そこからレヴァークーゼンが再びゴールラッシュ。67分から10分間で3ゴールを挙げる。結局、試合は終わってみれば、レヴァークーゼンが6-2で大勝を収めている。

    大迫のゴールは第2節フランクフルト戦以来約2カ月ぶり。しかし、チームは敗れて4位としている。

    10/29(月) 6:12配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000028-goal-socc

    写真

    続きを読む

    2018-10-19_23h12_51

    1:風吹けば名無し:2018/10/19(金) 22:18:04.78 ID:k3q0pYu+0.net
    トップが武藤なら活躍出来てないぞ
    2:風吹けば名無し:2018/10/19(金) 22:18:30.52 ID:T4UXRz+X0.net
    はんぱな(略
    3:風吹けば名無し:2018/10/19(金) 22:18:37.77 ID:k3q0pYu+0.net
    >>2
    せや
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ