海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:大迫勇也

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 09:22:08.61 ID:CAP_USER9.net
    現地時間29日にブンデスリーガ第6節の試合が行われ、ブレーメンはシュトゥットガルトのホームに乗り込んで対戦し1-2の敗戦を喫した。この試合で、先発出場を果たした大迫勇也は何度もチャンスを演出。独紙はチーム最高評価を与えている。

    試合開始して3分、フリーキックに大迫がヘディングで合わせるも、シュートは惜しくもゴール左に外れる。続く5分にも大迫がクロスに合わせたがゴールは決まらず。

    0-1で迎えた58分には、大迫が絶妙なトラップからマキシミリアン・エッゲシュタインにラストパス。決定的な場面を迎えたが、シュートはポストに弾かれ同点ゴールとはならなかった。その後、相手のオウンゴールによって一時同点に追いつくも、再び勝ち越されブレーメンは1-2の敗戦を喫している。

    試合後、ブレーメンの地元紙『クライスツァイトゥング』は選手の寸評及び評価点を掲載し、先発出場を果たした大迫に対し「初めの9分間で3回シュート。その後、何度もチャンスを演出した。スマートな動きで驚くべき活躍。大迫は良い試合をした」と、得点は挙げる事は出来なかったもののチーム最高評価となる「2.5」の高評価を付けた。(ドイツメディアの採点は「6」が最低、「1」が最高)

    9/30(日) 1:20配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291174-footballc-socc

    写真
    osako_getty-1-560x373
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/30(日) 01:15:57.46 ID:CAP_USER9.net
    ◆ドイツ1部・第6節 シュトゥットガルト2―1ブレーメン(29日)

    日本代表FW大迫勇也のブレーメンは29日、敵地でシュトゥットガルトと対戦し、1―2で敗れた。大迫は2トップの右で先発出場。開始直後から積極的なプレーを見せ、前半9分には左クロスに合わせるも相手GKの好セーブに阻まれた。その後もゴールに迫るプレーを見せたが得点はなく、後半35分で途中交代した。

    3連勝を目指すブレーメンは0―1の前半36分、DFベリコビッチがこの日2枚目のイエローカードで退場。数的不利に立たされた。だが、1点を追う後半23分、シュトゥットガルトの選手が味方陣内からのスローインでGKに向けて投げ入れたところ、少し前目に位置していたGKの反応が一瞬遅れた。

    GKは自分の横をすり抜けてゴールに向かっていくボールに、あわてて足を伸ばして触れたが、止められずそのままゴールへ。衝撃のオウンゴールに、スタンドは騒然。シュトゥットガルトの選手は天を仰ぎ、主審も思わず首をかしげて複雑な表情をしていた。

    このゴールで一時同点となったブレーメンだが、7分後に勝ち越し点を奪われ、1―2で今季初黒星を喫した。

    9/30(日) 1:07配信 スポーツ報知
    2018-09-30_08h42_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000041-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/01(土) 23:27:57.24 ID:CAP_USER9.net
    正確なクロスで最初の決定機も演出!

    9月1日、ブンデスリーガ第2節が行なわれ、ブレーメンはフランクフルトとアウェーで対戦。21分に大迫勇也が今シーズン初ゴールで、チームに先制点をもたらしている。
     
    M・エッゲシュタインの縦パスでDFラインの裏に抜け出した大迫は、落ち着いてシュート。前日の移籍市場最終日にパリ・サンジェルマンから加入したばかりのGKトラップの股間を抜いて、ゴールネットを揺らした。
     
    ところが、副審はフラッグを上げてオフサイドをアピール。大迫もこの判定に落胆するが、主審がVARで確認した結果、ゴールが認められ、改めて大迫は喜びを爆発させた。
     
    リーグ2戦目で初ゴールを記録した大迫は、この試合では前線の左サイドに張り、立ち上がりから精力的に攻守で走り回っている。またチャンスにも絡み、16分、クルゼの決定的なヘディングシュートを引き出したのは、大迫の正確なクロスだった。
     
    大迫はその後、30分にもハルニクのラストパスを受けて惜しい場面を迎えている。
     
    試合は32分、フランクフルトのヴィレムスがゲブレ・セラシェに手を出して一発退場。ホームチームが数的不利を負うこととなった。なお、体調不良により前節でメンバーから外れた長谷部誠は、練習には復帰していたものの、今節もベンチ外となっている。

    9/1(土) 23:17配信  サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00046637-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/26(日) 00:30:51.11 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第1節が25日に行われ、ブレーメンとハノーファーが対戦した。

    今夏、移籍した日本人3選手が在籍する両チーム。全員が先発としてピッチに立つ期待が寄せられたが、原口元気はベンチスタートとなった。ブレーメンFW大迫勇也は右ウィング、ハノーファーFW浅野拓磨はツートップの一角として先発している。

    序盤はブレーメンがボールを支配。左右に散らしながら、ゴールへと迫り、大迫も右サイドからアクセントを加える。一方のハノーファーはカウンターから好機を作ろうと試みるが、距離が長く、ゴールまでなかなかたどり着かない。

    前半はともにビッグチャンスを作るには至らず、スコアレスで折り返す。

    後半開始早々、ブレーメンは中央で浮き玉をつなぎ、最後はダフィ・クラーセンからルドウィグ・アウグスティンソンがボレー。しかし、シュートは惜しくもゴール右へ逸れ、先制点とはならず。

    直後、エースのマックス・クルーゼが足を引きずるようにして途中交代。大迫が右から中央へとポジションを移す。56分にはクラーセンがヘディングでフリックしたところを、大迫が抜け出して左足でシュート。うまくミートせず、ボールはゴール右へと外れていった。

    劣勢のハノーファーは10番の原口を投入。左サイドのアタッカーに入った。

    逆にブレーメンは、39歳の重鎮クラウディオ・ピサーロを投入し、勝負を決めにかかる。

    ハノーファーは原口、ブレーメンは大迫を中心に攻撃が回り始めるが、最後のパスやトラップが決まらず、決定的なシュートチャンスには結びつかない。そんな中、どちらに転ぶかわからない試合を動かしたのはハノーファー。77分、浅野と交代で入ったヘンドリク・ヴァインダントが浮き球のパスに抜け出すと、ワントラップから冷静に流し込み、ついに試合が動く。

    それでも諦めないブレーメン。左サイドのクロスにピサーロが飛び込むと、そのまま流れたボールをゲブレ・セラシエが頭で押し込み、終盤で試合を振り出しに戻す。

    試合は結局そのまま終了。1-1のドローに終わっている。

    ■試合結果

    ブレーメン 1-1 ハノーファー

    ■得点者

    ブレーメン:ゲブレ・セラシエ(85分)

    ハノーファー:ヴァインダント(77分)

    8/26(日) 0:21配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000027-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/24(金) 15:00:05.14 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのドイツ1部リーグで18日、ブレーメンの大迫勇也が移籍後初の公式戦となったドイツ・カップ1回戦でいきなりヘディングシュートを決めた。地元紙は、先のワールドカップ(W杯)ロシア大会の活躍で流行した「大迫半端ないって」のフレーズとともに、28歳の日本代表FWのデビューを好意的に伝えた。
     
    ブレーメンの地元紙「クライスツァイトゥング」は、低迷したケルンから移籍した大迫を「小さな怪物」と見出しで紹介し、ヘディングの強さを称賛。182センチの身長はドイツでは選手の平均を下回るものの、新天地加入後はプレシーズンマッチを含めて頭で得点する場面が続いており、コーフェルト監督らを驚かせている。
     
    大迫が高校時代に全国選手権で大活躍し、対戦した選手が「大迫半端ないって」と嘆いたエピソードも紹介。この言葉と、相手選手の悔し泣きする顔がTシャツにプリントされ、いまだに売れていることも詳報した。ドイツでグッズ販売するアイデアも冗談交じりに提案している。
     
    24日に開幕する新シーズンで持ち味を発揮し続ければ、ドイツでも「半端ない」に当たる声が聞こえてくるかもしれない。(ベルリン時事)(2018/08/23-09:12)
    2018-08-24_18h17_36
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082300271&g=scr
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/22(水) 23:28:30.78 ID:CAP_USER9.net
    8/22(水) 19:20配信
    日本代表3選手が共演へ!ブレーメン対ハノーファーで大迫、原口、浅野が先発とリーグ公式が予想

    いよいよ今週末に開幕するブンデスリーガ。25日に行われるブレーメン対ハノーファーだが、リーグ公式はFW大迫勇也、FW浅野拓磨、MF原口元気はともに先発すると予想している。

    今夏の移籍市場でアーセナル、ヘルタ・ベルリンからそれぞれ加入した日本代表の両選手。地元メディアも、プレシーズンマッチなどでの両選手の活躍を称賛しており、浅野は先日のDFBポカールでデビュー戦ゴールを記録。早くも新天地で適応を見せている。

    そんな中、ブンデスリーガ公式サイトは浅野、原口がともに開幕戦のブレーメン戦で先発すると予想している。DFBポカールは負傷のため欠場していた原口も、この一戦では間に合うと見込んでいるようだ。

    なお、対戦するブレーメンには大迫が在籍。ブンデスリーガは、DFBポカール1回戦で先制点を奪った28歳FWもスタメン入りすると予想しており、この一戦では日本代表3選手がピッチで躍動する姿を見ることができるのかもしれない。

    ブレーメン対ハノーファーは、ブレーメンの本拠地「ヴェーザーシュタディオン」で日本時間25日22:30にキックオフを迎える。

    以下、ブンデスリーガ公式HPが予想する両チームのスターティングメンバー。

    【ブレーメン】
    GK:パブレンカ
    DF:セラシエ、ベリコビッチ、モイサンデル、アウグスティンソン
    MF:エッゲシュタイン、バルグフレーデ、クラーセン
    FW:大迫、クルーゼ、カインツ

    【ハノーファー】
    GK:エッサー
    DF:ソルク、アントン、ヴィマー、オストルツォルク
    MF:ベブ、シュヴェグラー、ワラセ、原口
    FW:浅野、フュルクルク

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010003-goal-socc

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/18(土) 23:07:57.03 ID:CAP_USER9.net
    8/18(土) 23:05配信
    大迫勇也、ブレーメン加入後初ゴール!今季最初の公式戦で大きな結果
    2018-08-18_23h39_15
    先制点を挙げた大迫 (C)Getty Images

    DFPポカール1回戦が8月18日に行われ、ヴェルダー・ブレーメンに所属する日本代表FWの大迫勇也がヴォルマティア・ヴォルムス戦でゴールを決めた。

    先発した大迫は前半9分にゴールを挙げる。FKから最後は頭で押し込み、貴重な先制点を挙げる。

    なお、大迫にとって、今季最初の得点に。ブレーメンにとって最初の公式戦で大きな結果を残してみせた。

    ブレーメンはその後もフロリアン・カインツ、フィリップ・バルグフレーデが追加点を挙げ、前半30分終了時点で3点をリードしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000026-goal-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/08/12(日) 00:02:20.10 ID:CAP_USER9.net
    ブレーメン大迫が途中出場で得点
    プレシーズンマッチ
    2018/8/11 23:50
    ©一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/401025348776871009

    【ブレーメン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ブレーメンに加入した日本代表FW大迫勇也は11日、ホームでビリャレアル(スペイン)とのプレシーズンマッチに後半16分から出場し、1―2の試合終了間際に頭で同点ゴールを決めた。チームは直後に勝ち越されて2―3で敗れた。

    浅野拓磨と原口元気が新加入したハノーバーはホームでビルバオ(スペイン)と対戦し、前半だけ出場した浅野は1得点した。原口は太もも痛でベンチ外。


    ブレーメンの大迫勇也

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/06(月) 12:51:27.82 ID:CAP_USER9.net
    8/6(月) 12:40配信
    大迫勇也がブレーメンを選んだ理由「他のクラブは選択肢に入らなかった」

    ヴェルダー・ブレーメンに加入した日本代表FW大迫勇也が、移籍先の候補の中からブレーメンを選んだ理由を語っている。『マイン・ヴェルダー』が報じた。

    2014年に1860ミュンヘンへ移籍して以来、およそ4年間に渡ってブンデスリーガでプレーする大迫。昨季はケルンで公式戦32試合に出場6ゴールを記録したが、クラブの降格に伴い新天地を求め、来季はブレーメンでプレーすることとなった。

    大迫は「他に選択肢として考慮するクラブはありませんでした」と話し、ブレーメンを選んだ理由を語っている。

    「フロリアン・コーフェルト監督の下で、ヴェルダーは攻撃的で、魅力的なフットボールをしていました。それでいて成功も収めていました。監督と話し、新シーズンもこういうスタイルでやると教えてくれたので」

    また、お気に入りのポジションについて「10番か9番。その辺りでプレーしたいですね。ウィングとしてもプレーできますけど」と語っている。

    新天地では8番を背負う大迫。攻撃的なスタイルを掲げるチームで輝きを放つことはできるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000008-goal-socc

    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/05(日) 11:26:23.49 ID:CAP_USER9.net
    フィニッシュの引き出しの多さはそこが原点?

    新天地ヴェルダー・ブレーメンで着実に足場を固めているのが、日本代表FWの大迫勇也だ。合流まもないなかでもテストマッチで存在を示し、一線級が揃う攻撃陣にあってレギュラーの有力候補に名乗りを上げている。
     
    そんな大迫をフィーチャーしたのがブレーメンの地元紙『Weser Kurier』で、ドイツでも人気の漫画&アニメ『キャプテン翼』に関連付けた記事を掲載している。同紙は同作品のストーリーや主人公である大空翼の生い立ちなどをこと細かに紹介。さらに作者である高橋陽一さんが1980年代前半、日本ではマイナースポーツだったサッカーになぜスポットライトを当て、作品にどんな想いを込めたのかにまで踏み込んでいる。

    大迫にとっても“キャプツバ”は大きな存在であり続けたようだ。
     
    「小さかった頃、大空翼は僕にとってのロールモデル(理想のモデル)でした。それがあったからサッカーを始めたのです。すごく興奮してアニメを観てましたね。いつかはあんなスター選手になりたいと思っていました。周りのサッカー少年はみんな熱中していましたよ」
     
    フィニッシュの引き出しが図抜けて多い大迫の原点は、まさにそこあったのかもしれない。
     
    最後に同紙が日本国内で新シリーズが放送開始になったことを伝えると、「そうですよ。いまでも人気は健在ですから」と答えた大迫。記事にはこれといったオチがなかったが、地元メディアもファンも、本拠地ヴェーザーで“翼”ばりのスーパーショットを期待しているのは間違いない。
    2018-08-05_18h06_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180805-00045099-sdigestw-socc
    8/5(日) 7:02配信



    燃えてヒーロー

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ