海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:大迫勇也

    no title

    1:風吹けば名無し:2018/06/22(金) 01:11:21.99 ID:kYGNPOxV0.net
    大迫半端ないとか寒いやろ
    本田のCKに頭こつんと当ててゴールして
    ただ申し訳程度に若者言葉をくっつけただけやん
    そんな言葉誰でも思いつくし何ならワイでもそれ以上のワード10分で30個くらいおもいつくわ

    ユーモアがある「ケイスケホンダ」と比べると見劣りしすぎ
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/20(水) 00:42:24.47 ID:CAP_USER9.net
    [6.19 ロシアW杯グループリーグ第1節 日本2-1コロンビア サランスク]

    アシストという形でしっかり結果を残した。1-1の後半25分、日本代表MF本田圭佑がMF香川真司に代わってトップ下に入る。その3分後だ。左足のピンポイントCKでFW大迫勇也の決勝ヘッドをアシスト。日本を初戦白星に導いた。

    ピッチに入る際は、「サコ(大迫)に対しての伝言もあった」と明かした本田は「あの時間はサコもちょっとつなぎに参加しすぎていた。あの状況では一か八か中にいさせたいという(西野監督からの)伝言も兼ねて入った」と説明した。

    ゴールシーンに関しては「練習でやってきたことが出た。練習から大迫がCKからよく点を取ってくれていた。あいつのポジショニングが素晴らしかった。最後、体を伸ばして触ったのも素晴らしかった」と、大迫を手放しで称賛。大迫も「(本田)圭佑さんは練習からいいボールを蹴っていて、あの形で練習から得点が多かった。質のいいボールを入れてくれて感謝しかない。僕のところにちゃんとボールが落ちてきたので本当にありがたい」と感謝し、仲間同士で褒め合った。
    news_247596_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-01655294-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/06/09(土) 10:31:43.85 ID:CAP_USER9.net
    ワントップで先発した大迫が前半40分で負傷交代した。相手との接触プレーで腰のあたりを強打して「横の動きが、すごく痛かった」とピッチに座り込んだ。ひやりとさせたが、打撲で重症ではないという。

    単独で守備に追われる時間が長く「相手に走らされて、厳しかった。あのやり方だと誰でも30分で死ぬ」と消耗が激しかった。攻撃では全く見せ場をつくれず「もっとセンタリングがほしい」ともどかしそうに話した。
    2018-06-09_11h44_36
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/06/09/kiji/20180609s00002014154000c.html
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/05/27(日) 11:05:33.81 ID:CAP_USER9.net
    独創的なコマーシャルを次々と世に送り出している日清食品。

    このほど公開された動画で、日本サッカー界の“超名場面”が再現された。

    こ、これは日本代表FW大迫勇也の代名詞「大迫ハンパない」誕生の瞬間!

    2008年度に行われた第87回全国高等学校サッカー選手権大会の準々決勝で、エース大迫を擁する鹿児島城西は兵庫の滝川第二を6-2で撃破。試合後、滝川第二の主将・中西隆裕さんがロッカールームで発した「大迫半端ないって」という言葉はネットを中心に爆発的に広がった。

    現在では大迫の代名詞的な存在となっているが、そんな“伝説”が誕生した瞬間を今回、日清は女子テニス・大坂なおみの苗字である“大坂”と“大迫”をかけ、外国人の出演者で再現したというわけだ。

    中西さんに扮した女性の表情はもちろん、栫裕保監督(当時)の言葉まで再現した手の込みよう。大迫も大坂もハンパないが、カップヌードルのCMでこれをやっちゃう日清が一番ハンパないかもしれない。

    なお、対価として中西さんにカップヌードル1年分が送られているかどうかは定かではない。
    a5acf24f-83bc-826d-ede6-92764d48cebf
    https://qoly.jp/2018/05/26/nissin-osaka-hanpanai-hys-1


    カップヌードルCM 「大坂半端ないって 篇」 30秒 / 大坂なおみ

    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/05/25(金) 17:14:00.01 ID:CAP_USER9.net
    5/25(金) 17:01配信
    Number Web
    大迫勇也と浅野拓磨が移籍即決。W杯後の新天地でエース級活躍を!

    ロシアW杯では日本の最前線として期待される大迫勇也。名門ブレーメンでも万能性を発揮したい。

    ドイツの移籍市場は動き出しが非常に早い。

    今夏も例外ではなく、各クラブの主力級が次々と新天地でのチャレンジを決断。例を挙げれば、アウクスブルクの正GKを務めたマルビン・ヒッツがドルトムントへ、ハノーファーのDFリーダーだったサリフ・サネがシャルケへとステップアップを決めている。

    5月30日のガーナ戦に向けた日本代表候補の大迫勇也と浅野拓磨も、それぞれ移籍先が決定済みだ。周知のとおり、前者はケルンからブレーメン、後者はシュツットガルトからハノーファーへと戦いの場を移す。

    大迫が加入するブレーメンは、今季のリーグ戦を11位でフィニッシュした。開幕10試合で1つも白星を挙げられなかったが、第11節から指揮を執ったフロリアン・コーフェルト監督の下で復調。余裕の残留を果たした。

    35歳の青年監督が植え付けたのは創造的で魅力溢れる攻撃サッカーで、前線から激しくプレスを仕掛けるなど守備時もアグレッシブだ。

    クルーゼとの連係が確立すれば期待大。

    前線は1トップが基本だが、クラブのスポーツディレクターを務めるフランク・バウマンが「1トップもセカンドトップもできるし、サイドやトップ下でもフレキシブルにプレーできる」と評する大迫の加入に伴い、2トップの採用も増えるかもしれない。

    バウマンSDが「1年前も獲得の可能性を探った」と語り、コーフェルト監督自らが直接口説き落とした大迫に期待されるのは、もちろん主力級の活躍だ。指揮官がすでに起用法を本人に伝えたように、レギュラー待遇になるはずだ。

    不動のエースとして君臨しているマックス・クルーゼと良好なコンビネーションを築き、攻撃陣を引っ張れるかどうかが焦点だ。ゴールへのこだわりを持つ大迫にとって、優秀なフィニッシャーであり、卓越したチャンスメーカーでもあるクルーゼは、頼もしい相棒になるだろう。

    ペップを信奉する監督のもとで。

    大迫が「情熱的」と表現するコーフェルト監督に言及するなら、選手たちになにより向上心を求めるタイプの指揮官だ。どんなに好調でも満足することを嫌い、日々のトレーニングに前向きな姿勢で取り組む選手を重宝する。

    現役時代はアマチュア止まりだったが、大学でスポーツ健康科学を学び、2014-15シーズンのフースバルレーラー(S級ライセンス)講習を首席で修了。大きな影響を受けた指導者はジョゼップ・グアルディオラで、アクティブな攻撃サッカーを志向する。

    コーフェルトの戦術浸透がさらに進むようなら、大迫を含むブレーメン攻撃陣は数多くのゴールチャンスに恵まれるはずだ。
    2018-05-25_17h54_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180525-00830876-number-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/16(水) 21:55:03.51 ID:CAP_USER9.net
    ブレーメンは16日、ケルンから日本代表FW大迫勇也を獲得したと発表した。移籍金などは双方合意の下、非公表と発表されているがドイツメディアでは移籍金600万ユーロが支払われる見込みと報じられている。

    大迫は2014年6月に1860ミュンヘンからケルンへ完全移籍で加入。加入4年目の今シーズンはブンデスリーガ25試合に出場して4得点2アシストを記録し、チームと同様に苦しいシーズンを送ることとなり、ケルンは2部降格が決まってしまった。去就に注目が集まる中、ハノーファーやデュッセルドルフなどからの関心が報じられていたが、ブレーメンへの移籍が決まった。

    大迫は移籍に際し、「ブレーメンには素晴らしいファンと多くの伝統があるクラブだと認識していました。ここでのプレーを楽しみにしていますし、貢献していきたいです」と、コメントしている。

    ブレーメンは今シーズン途中、35歳のフロリアン・コーフェルト氏が指揮官に就任。開幕10戦勝ちなしと低迷していた状態でチームの再建を託され、以後24試合で10勝7分け7敗と上々の成績を残している。また、過去には奥寺康彦氏が在籍したことでも知られている。

    5/16(水) 21:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00759061-soccerk-socc

    PHOTO
    20180516-00759061-soccerk-000-view

    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/05/15(火) 21:33:23.34 ID:CAP_USER9.net
    今シーズン、開幕からブンデスリーガでは16戦未勝利と大きく躓き、5シーズンぶりの降格という憂き目に遭ったケルン。そのなかで大迫は、25試合に出場して2ゴールという成績にとどまった。

    彼には以前から、ハノーファーやデュッセルドルフといったクラブが獲得に興味を示し、本人も4月30日付のドイツ紙『Bild』で「いくつかオファーを受けている。ケルンに留まるかは分からない」と回答したことで、その去就が注目を集めていた。

    そして、大迫は決断を下したようだ。『DEICH STUBE』によれば、日本代表FWは現地15日の午後にメディカルチェックをパスしたという。同メディアはさらに、移籍の詳細についても綴っている。

    「ユウヤ・オオサコの到着は目前だ。ブレーメンは600万ユーロ(約7億8000万円)を支払う準備を進めている。彼はピッチ外では完璧なドイツ語を喋り、ピッチ内では芸術的なトリックを見せてくれる、まさに多彩なプレーヤーだ。おそらく、ワールドカップが始まる前に契約が交わされるだろう」

    ブレーメンは4度のブンデスリーガ優勝を誇る古豪で、過去には奥寺康彦氏が所属していたことでも知られている。しかし、近年は残留争いに巻き込まれるなど苦戦が続いており、今シーズンは11位で終えた。

    そんな古豪で、大迫がいかなる化学反応を見せるのか。目前とされる移籍合意の知らせを待ちたい。
    2018-05-15_22h10_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180515-00040432-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/02(水) 19:58:15.31 ID:CAP_USER9.net
    ・期限付き移籍の宇佐美と原口を引き留めつつ、“3人目の日本人”として大迫に白羽の矢

    写真


    来季からドイツ1部ブンデスリーガへの復帰が決まったフォルトゥナ・デュッセルドルフが、今オフの補強としてケルンの日本代表FW大迫勇也の獲得を模索しているという。ドイツ2部の情報を専門に扱うサッカーサイト「LIGA-ZWEI」が報じている

    デュッセルドルフは日本代表FW宇佐美貴史のほか、今年1月にヘルタ・ベルリンから日本代表FW原口元気を獲得。エースFWロウヴェン・ヘニングスを中心とした攻撃で勝利を重ね、現地時間28日のリーグ第32節ドレスデン戦(2-1)で2位以内を確定させて来季の1部昇格を決めた。

    宇佐美、原口ともに期限付き移籍の身で来季の去就については未定だが、デュッセルドルフは二人を引き続き戦力として考えるとともに、新たな日本人選手の獲得を検討しているようだ。

    同サイトの記事では「フォルトゥナ・デュッセルドルフ:ユウヤ・オオサコは3人目の日本人選手となるか?」と見出しを打ち、大迫獲得の可能性について触れている。

    「日本の攻撃デュオ(宇佐美、原口)は昇格決定に大きな役割を果たした。驚くことではないが、フォルトゥナはローン選手である二人を両方とも保持しようとしている。しかしながら、保有元のクラブ(アウクスブルク、ヘルタ・ベルリン)は当然高い移籍金を得ようと試みるだろう」

    大迫は複数のオファーの存在を明かしているが…

    このように、デュッセルドルフが宇佐美と原口を来季も引き続きプレーさせる意図があることを紹介したうえで、「ウサミとハラグチは、来季他の日本人選手と合流するかもしれない。2部降格が決まっているケルンのユウヤ・オオサコだ」と言及。大迫のドイツでの成績やストライカーとしての能力を評価しつつ、ハノーファーやブレーメンも獲得リストに載せていることを記している。

    大迫は4月30日のドイツ紙「ビルト」のインタビューで、「いくつかオファーを受けている。ケルンに留まるかはまだ分からない」と回答していたが、果たして“日本人FWトリオ”が結成されることになるのだろうか。

    5/2(水) 18:40配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180502-00101470-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/02(水) 06:11:21.63 ID:CAP_USER9.net
    日本代表FW大迫が今季限りでケルンを退団すると、30日付の複数の現地メディアが報じた。

    ケルンは2試合を残して17位以下が確定し、来季は2部に降格する。大迫とクラブの契約は20年夏まで残っているが、ビルト紙は「ケルンのプランには大迫は含まれておらず、放出される見込みだ」と報道。

    大迫本人の「すでにいくつかのオファーを受け取っていて、ここに残るかどうかは分からない」とのコメントも紹介している。キッカー誌(電子版)によると、ドイツ1部ハノーバーが大迫を来季の補強リストに入れているという。

    5/2(水) 6:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000034-spnannex-socc

    写真



    大迫勇也に2クラブが興味。ケルン退団なら…国内移籍か?
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180501-00267715-footballc-socc

    ブレーメンとハノーファーが大迫の獲得に興味を示しているようだ。オファーの内容は明かしていないものの、大迫は「まずアルミン・フェーGM(ゼネラルマネージャー)と話し合いをする。他の選択肢はある」と語り、移籍を示唆している。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ