海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:大迫勇也

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/19(木) 00:56:59.22 ID:???*.net
    香川に続き武藤は「新たなヒーロー」

    ドルトムントの日本代表MF香川真司らブンデスリーガで戦う日本人5選手がブンデスリーガ公式サイトの特集で絶賛されている。「開幕100日特集 日本の極上」という見出しで絶賛された5人衆の筆頭は今季公式戦7ゴール7アシストの香川だ。
     
    寸評ではシャルケとのルールダービーで決めた珍しいシュートが「鮭」と形容されている。
    海から川へと上っていく鮭のような躍動感が称賛の的になった。

    「シンジ・カガワの鮭のような跳躍が今季12節のレビアダービーとなった地元のライバル、シャルケ戦との忘れられない3-2での勝利の先制点を生み出した。これはミッドフィルダーの優れた貢献を象徴している。この26歳はドルトムントの今季ブンデスリーガ全12試合に先発。リーグ戦3得点6アシストを記録している。6アシストのうち3つは第10節のアウグスブルク戦での5-1の勝利で生まれたものである」

     首位バイエルン・ミュンヘンを追走する2位ドルトムントの主力をこう絶賛している。

    2人目はマインツFW武藤嘉紀。「マインツのファンは新たなヒーローを手にした」と絶賛されている。武藤は第3節のハノーバー戦でブンデス初得点を決めると、第11節のアウクスブルク戦でハットトリックを決めるなど大活躍を見せている。

    清武、長谷部、大迫も称賛の的に

    続いてはハノーバーMF清武弘嗣。「開幕を第五中足骨骨折で離脱したヒロシ・キヨタケはベストに戻った。レッズの攻撃陣の支柱として成長」と絶賛されている。ゴール、アシストで貢献するプレーメーカーだが、残念ながら17日のワールドカップアジア2次予選カンボジア戦前日練習で右足甲を再び故障してしまった。

    4人目はフランクフルトMF長谷部誠。ボランチからサイドバックまで献身的にこなすハリルジャパンの
    主将に対し、特集では「マコト・ハセベの万能性はアルミン・フェー監督にとって本当に恵みであると証明されている」と絶賛されている。

    「彼のリーダーシップのクオリティ、真面目なアプローチはイーグルスの4バックで役立っていることは否定できない」と代表キャプテンの人格面も高く評価されている。

    最後はハリルジャパンでバックアップメンバーに留まっているケルンFW大迫勇也。「第1節からゴールを決めることができていないが、ユウヤ・オオサコはペーター・シュテーガー監督から明らかに高い評価を手にしている」と指揮官の信頼が絶大であることを示されている。故障明けの第4節から先発出場を続けており、「ゴール前で不運が続いている」とされている。

    香川の復活、そして、ドイツ1年目でブレークを続ける武藤などによる輝けるパフォーマンスで、ブンデスリーガにおける日本人の評価は飛躍的にアップしたと言えそうだ。
    2015-11-19_06h38_59
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/20314/2
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447862219/

     
    続きを読む

    ブンデスリーガ第10節が24日に行われ、バイエルンとFW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンが対戦した。大迫はベンチスタート。長澤はベンチ外となった。

     首位のバイエルンは開幕から9連勝を飾り、ブンデスリーガの新記録を樹立した。今節も白星を収めれば、記録更新の10連勝となる。なお、先発メンバーにはオランダ代表MFアリエン・ロッベンが長期離脱から復帰している。一方、6位のケルンは2試合ぶりの勝利を目指す。

     試合は0-0で迎えた35分に動く。バイエルンが右サイドから攻撃を仕掛けると、ロッベンからパスを受けたトーマス・ミュラーが中央へ折り返しのパスを出す。これをゴール前のロベルト・レヴァンドフスキが合わせにいったが、相手DFに防がれる。しかし、こぼれ球をロッベンが押し込み、バイエルンが先制に成功する。

     さらに42分、左サイドを突破したキングスレイ・コマンがエリア内左深い位置からマイナスの折り返しを送ると、これをエリア手前のアルトゥーロ・ビダルが右足で蹴り込み、バイエルンがリードを広げた。

     2点を追うケルンは58分、アントニー・モデストを下げて大迫を前線に送り込んだ。しかし、直後の62分、バイエルンが左サイドでFKを獲得すると、ダヴィド・アラバのクロスをレヴァンドフスキが頭で合わせ、バイエルンが3点差をつけた。

     77分にはレヴァンドフスキがPKを獲得。これをキッカーのミュラーがゴール右下に決め、4点差をつけた。試合はこのまま終了を迎え、バイエルン4-0でケルンを下した。なお、大迫は試合終了まで出場した。

     次節、バイエルンは敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、ケルンはホームでホッフェンハイムと対戦する。

    【スコア】
    バイエルン 4-0 ケルン

    【得点者】
    1-0 35分 アリエン・ロッベン(バイエルン)
    2-0 42分 アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
    3-0 62分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
    4-0 77分 トーマス・ミュラー(PK)(バイエルン)
    2015-10-25_02h05_15
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00363104-soccerk-socc
    続きを読む

    ブンデスリーガ第9節が18日に行われ、FW大迫勇也、MF長澤和輝が所属するケルンと、日本代表MF清武弘嗣、DF酒井宏樹が所属するハノーファーが対戦した。

     暫定6位と好調のケルンは大迫がトップ下で先発出場。長澤はベンチ外となった。一方、前節ようやく今シーズン初勝利を挙げたハノーファーは清武がトップ下でスタメンに名を連ね、負傷明けの酒井はベンチ入りを果たしている。

     試合が動いたのは38分。右CKを得たハノーファーはキッカーの清武がクロスを供給すると、GKが弾いてこぼれたところにレオン・アンドレアセンが詰める。アンドレアセンはボールを手で押し込んだように見えたが主審はゴールを認め、ハノーファーが先制に成功した。

     ボールを支配し主導権を握っていたケルンだが決定機を作ることはできず、逆にセットプレーから失点を喫し、前半はハノーファーの1点リードで折り返す。

     ハノーファーはハーフタイムにオリヴァー・ゾルクを下げて酒井を投入した。

     同点を目指すケルンは65分、左サイドのレオナルド・ビッテンコートがクロスを上げると、ファーサイドでアントニー・モデストが合わせるも、ヘディングシュートはGKに阻まれた。さらに67分、ゴール前で大迫が倒されて得たFKをミロシュ・ヨイッチが直接狙ったが、ここもロン・ロベルト・ツィラーが弾き出した。ケルンは75分、大迫を下げてフィリップ・ホジナーをピッチへ送り出す。

     86分、パワープレーを仕掛けるケルンは右からのクロスにモデストが頭で合わせたが、GKツィラーのファインセーブに阻まれゴールを割ることができず、結局試合はこのまま終了。“疑惑のゴール”を守り切ったハノーファーが1-0でケルンを破り、2連勝を飾った。なお、大迫は75分までプレーし、清武はフル出場。酒井は後半開始から試合終了までプレーした。

     次節、ケルンは24日に敵地でバイエルンと、ハノーファーは同日にホームで日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦する。

    【スコア】
    ケルン 0-1 ハノーファー

    【得点者】
    0-1 38分 レオン・アンドレアセン(ハノーファー)
     GettyImages-493207502-500x333
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 11:46:43.27 ID:???*.net
     FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンは4日、ブンデスリーガ第8節でDF内田篤人が所属するシャルケと対戦し、3-0の快勝を収めた。ケルンの地元紙『Koelner Stadt-Anzeiger』と『EXPRESS』が同試合の採点と寸評を掲載している。

     4試合連続スタメンの大迫はトップ下の位置で出場すると、得点こそなかったものの、70分までプレーして勝利に貢献している。

     両紙は、大迫に対してともに「2」(最高点1、最低点6)と高い点数をつけた。『Koelner Stadt-Anzeiger』は、「この日本人選手は力強いプレーを見せた。中央で何度もボールをキープし、散らしていた」とコメント。また、『EXPRESS』は「ボールの主張と、パスを出す相手を探す視野が素晴らしかった」と主張した。ともに周囲を活かすプレーを高く評価している。

     次節、ケルンは18日に日本代表DF酒井宏樹と同MF清武弘嗣が所属するハノーファーと対戦する。
    2015-10-05_13h16_23
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00356686-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444013203/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 01:19:36.94 ID:???*.net
    悪夢から醒めないボルシアMG

    ブンデスリーガ第5節が19日に行われ、大迫勇也と長澤和輝が所属するケルンは本拠地でボルシアMGと対戦。日本代表FW大迫は先発出場を果たし、長澤はメンバー外となった。

    今シーズン公式戦で5連敗を続けているボルシアMGが、序盤はボールを保持してケルンゴールに迫るも、ケルン守備陣が奮闘して決定機を作らせない。カウンターからチャンスをうかがうケルンは、34分にGKホルンのロングフィードをFWモデストがヘディングですらして、相手ディフェンス裏のスペースへパスを供給。抜け出したFW大迫がシュートを放つも、GKゾマーにキャッチされる。

    その後大迫は、ポストプレイで攻撃にアクセントを加え、42分にはペナルティエリア内でロングフィードを受けるも、トラップに失敗し、シュートまで持ち込むことができない。だが、ボルシアMGゴールに迫る惜しい場面を作り出した。

    0-0のスコアで迎えた後半。59分、フリーキックを獲得したケルンはキッカーのMFヨイッチがクロスを供給。そのボールをFW大迫が頭で合わせるも、GKゾマーに阻まれる。

    試合が動いたのは64分。ケルンのMFビッテンコートが左サイドからクロスを送ると、FWモデストが頭で合わせてゴールネットを揺らした。ホームで戦うケルンが待望の先制点を挙げる。

    追いつきたいボルシアMGはケルンゴールに迫るも、そのまま試合は終了。攻撃を凌ぎきったケルンが1-0で勝利を収めた。試合終了のホイッスルが鳴ると、ケルンはスタッフも含めた全員で円陣を組んで喜び、前節フランクフルトに2-6で大敗した空気を仕切り直す勝利となった。

    対するボルシアMGはUEFAチャンピオンズリーグのセビージャ戦に続く敗戦。昨季3位のボルシアMGはこれにより、公式戦6連敗と苦しい状況が続く。

    [メンバー]
    ケルン:ホルン、オルコウスキ、セーレンセン、ハインツ、ヘクター、フォクト(→ヨイッチ 46)、レーマン、リッセ、大迫(→ツォラー 88)、ビッテンコート、モデスト

    ボルシアMG:ゾマー、ヤンチュケ、ブロウバース、クリステンセン、ヴェント、トラオレ(→シュルツ 70)、ダフード(→フルゴタ 76)、ジャカ、アザール(→ハーン 70)、ラファエル、ドルミッチ

    [スコア]
    ケルン 1-0 ボルシアMG

    [得点者]
    ケルン:モデスト(64)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-00010000-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 9月20日(日)0時21分配信
    GettyImages-489101930-compressor2
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-00010000-theworld-socc.view-000

    試合スコア
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-00010000-theworld-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442679576/

     
    続きを読む

    2015-08-17_03h14_25
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 08:40:52.31 ID:???*.net
    ブンデスリーガ開幕節が16日に各地で行われ、日本代表FW大迫勇也、MF長澤和輝が所属するFCケルンはアウェーでシュツットガルトと対戦し、3-1の勝利を収めた。

    ケルンでの2シーズン目を迎えた大迫はプレシーズン期間で本職ではない中盤で起用されることもあったが、この試合で自身がFWであるということをアピールすることに成功する。

    後半9分にミロシュ・ヨイッチとの交代でピッチに入った大迫は試合終了間際の後半アディショナルタイムにモデストのラストパスを冷静に流し込み、チーム3点目となるダメ押しゴールを決めた。

    ケルン地元紙『エクスプレス』はこの結果を「3-1! オオサコがアウェー勝利を完璧に!」と見出しを付けて報じている。

    同紙の行うファンの採点では「2.5」と高評価が与えられ、アピールに大きく繋がった。(ドイツ紙は1が最高点、6が最低点)

    昨季チーム得点王のアンソニー・ウジャがブレーメンに移籍したことにより、得点力の低下が懸念される今シーズンのケルン。大迫にとっては「点取り屋」としての特徴を前面に出す大きなチャンスだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150817-00010008-theworld-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1439768452/

     
    続きを読む


    2015-08-17_03h14_25
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 02:25:19.02 ID:???*.net
    VfBシュツットガルト 1-3 1.FCケルン

    0-1 アントニー・モデスト(後半30分)
    0-2 シモン・ツォラー(後半32分)
    1-2 ダニエル・ディダヴィ(後半34分)
    1-3 大迫勇也(後半47分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786841

    大迫勇也は後半9分から出場
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1439745919/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 12:21:19.31 ID:???*.net
    FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンは8日、DFBポカール(ドイツ国内杯)の1回戦でメッペン(4部)と対戦し、4-0で勝利した。

    先発出場した大迫は、後半34分に右クロスでFWアントニー・モデステのハットトリックとなるゴールをアシスト。今季公式戦初戦で結果を残した。

    ケルンが順当に勝ち上がりを決めた。『ブンデスリーガ公式サイト日本語版』によると、大迫も「そうですね。相手(のGK)も退場したので」とまずは勝利に安堵した。

    ただ、自身のプレーについては納得がいかない様子。特にポジション面で葛藤があることを明かしている。

    「個人的には前でプレーしたい思いはありますけど、今は我慢するべきなのかな、と。色々と監督と話もしているので、これからだと思います。 

    右MFの後半も前に出なかった?それはみんながみんな、前に行き過ぎている感じがあったからですね。ああいう感じだと強い相手とやる時にやられるから、誰かがバランスを見て動けるようにしないとダメだと思いました」

    ブンデスリーガは14日に開幕する。ケルンは16日に敵地で行うシュツットガルト戦で開幕を迎える。昨季、3得点に終わった日本代表FWの逆襲に期待したい。
    news_169262_1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150809-00923243-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1439090479/

     
    続きを読む

    20150602-00318408-soccerk-000-view
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 22:27:18.69 ID:???*.net
    「国際親善試合、日本-イラク」(11日、日産ス)

    国際親善試合イラク戦、W杯アジア2次予選シンガポール戦(16日・埼玉スタジアム)に臨むサッカー日本代表の合宿は9日、横浜市内で2日目を迎えた。

    FW大迫勇也(ケルン)は、本職1トップでのアピールを誓った。3月のウズベキスタン戦では2列目の右サイドで起用されたが「(3月は)監督もまだ全然選手を知らなかったと思う。話をして、ケルンの試合を見てくれてるのは分かった。次は1トップで見られていると思う」と、理解は深まった様子。

    「前回は左足首を痛めていて踏ん張りがきかなかったけど、今回はしっかり体を作って来られたし、手応えはある。言われたことをやるだけでは誰が出ても一緒。自分の色を出したい。FWは結果」と、気合十分だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150609-00000084-dal-socc
    デイリースポーツ 6月9日(火)20時12分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1433856438/

     
    続きを読む


    2015-05-24_06h42_15
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 05:53:56.01 ID:???*.net
    [5.23 ブンデスリーガ第34節 ケルン2-2ボルフスブルク]

    ブンデスリーガは23日、第34節を行い、FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンはホームでボルフスブルクと対戦し、2-2で引き分けた。

    大迫はフル出場し、1ゴール。3試合連続で先発した長澤は後半25分までプレーし、ともに1部初挑戦のシーズンを締めくくった。

    ケルンは前半3分、MFマルセル・リッセのスルーパスを受けた大迫が左足でゴール右隅に流し込み、先制点。3月8日のフランクフルト戦(4-2)以来、10試合ぶり今季3ゴール目が試合を動かした。

    しかし、ボルフスブルクも前半8分、MFケビン・デ・ブルイネの右CKから最後はMFルイス・グスタボが押し込み、すぐさま1-1の同点に追いつく。

    さらに同15分にはケルンDFドミニク・マローのパスミスをMFダニエル・カリジウリがカット。左サイドを縦に突破し、マイナスのクロスをMFイバン・ペリシッチが左足で流し込んだ。

    あっという間に逆転を許したケルンだが、ホーム最終節で意地を見せる。後半16分、リッセのシュート性のクロスが相手のオウンゴールを誘い、2-2。  

    2位ボルフスブルク相手に勝ち点1を奪い、ホームでは10試合負けなし(3勝7分)として1部復帰のシーズンを12位で終えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00586155-gekisaka-socc

    スコア ハイライト動画
    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10627281
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432414436/
     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ