海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:大迫勇也

    1: Egg ★ 2019/01/16(水) 06:37:55.90
    日本代表は13日のアジアカップ・グループリーグ第2戦でオマーンに1-0と勝利し、2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。右でん部の違和感でオマーン戦の出場を回避したエースFW大迫勇也(ブレーメン)は若手への物足りなさを口にし、「もっと怒っていいし、文句を言ったっていい」と異例とも言える要望した。

    15日のトレーニング後、取材に応じた大迫は「若手は自分をもっと出してほしい」と切り出し、「もっと中に秘めているものを出してほしいし、やってやるぞというのをもっと感じたい」と自身の考えを示した。

    大迫が若手に対してここまで率直に思いを語ったのは極めて珍しい。初戦トルクメニスタン戦で2ゴールを叩き込み、3-2の逆転勝利に貢献。昨年末から抱える右でん部痛が再発し、第2戦の出場は見送った。そのオマーン戦で日本は数多くのチャンスを作り出しながらも、MF原口元気(ハノーファー)のPKによる1ゴールにとどまり、期待された若手が結果を残せずに苦しんでいる。

    そうした現状を受けて、大迫は「まだまだ足りない」と思いを吐露。自身の存在感を見せつけるほどの貪欲さを若手に求めており、「もっと怒ったっていいし、先輩に文句を言ったっていいから、出してほしい」と言及し、先輩に食ってかかるぐらいの鬼気迫る姿勢が足りないと指摘した。

    「気持ちは分かる」と若手の心情を理解も… 「本当にないんですよ、こういうチャンス」

    大迫も今の地位を自ら勝ち取った身だ。若手の心情は理解している。「もちろん気持ちは分かりますよ。日本人特有の恥ずかしさであったり、そういうのは絶対にあると思うけど……」と前置きしながらも、「本当にないんですよ、こういうチャンス。ましてや国際大会で試合に出るということは、日本人の中でも限られた特別な選手しかない」と思いを込めた。

    エースFWは若手に対して単に苦言を呈したわけではない。若い世代の突き上げが、チームの成長に絶対的に不可欠だからこそ、あえて厳しい言葉を残している。裏を返せば、大迫はそれだけ若手に大きな期待を寄せていると言えるだろう。今大会で飛躍を遂げようとしている若手のプレーに一層注目が集まりそうだ。
    2019-01-16_07h47_59
    1/16(水) 1:38配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00162380-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/12(土) 00:35:30.52
    日本代表は12日、AFCアジアカップUAE2019・第2戦のオマーン代表戦に向けて調整を行った。

    初戦のトルクメニスタン戦で2得点を挙げ、逆転勝利の立役者となった大迫勇也は右臀部の違和感により、この日の練習を欠席。

    明日以降の練習参加については未定となっているが、過密日程を見越して次戦は先発を回避する可能性もある。

    浅野拓磨の負傷離脱で森保ジャパン初招集となった武藤嘉紀は「若手に勢いを持たせられるようなプレーを心がけないといけないですし、自分も必ずゴールに直結するプレー、そして結果を示さないといけない」と意気込みを語った。

    初戦で2得点を決めた大迫の活躍ぶりについては「ゴールに近い位置にいるのも能力だし、ラッキーゴールではなくて1点は1点。FWにとってはどんな相手からでもゴールは欠かせないもの。そこは見習わないといけない」とコメント。

    「代表では今までサイドもやってきたけど、やっとFWとして見られている。(長友)佑都くんも言っていますけど、結果を残さないと若い選手にポジションを取られてしまう。自分の本職でしっかり勝負したいと思います」と言葉に力を込めた。
    2019-01-12_01h07_54
    1/12(土) 0:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00890840-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/01/11(金) 23:27:22.18
    AFCアジアカップUAE2019を戦っている日本代表はグループリーグ第2節のオマーン戦に向けて、冒頭15分公開の練習を11日に行ったが、FW大迫勇也は右臀部の違和感により、ホテルでの別メニュー調整となった。

    大迫はUAE入りしてからも右臀部の筋肉系を痛めていたため別メニュー調整をしていたが、6日から合流。9日の大会初戦となったトルクメニスタン戦では先発出場すると2得点を挙げて逆転勝利に貢献したが、試合はフル出場をしていた。

    明日以降の練習参加などは未定。大迫を除く22名はピッチでの練習を行っている。
    2019-01-11_23h44_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00890948-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/16(日) 04:58:24.42 ID:CAP_USER9
    【ボルシア・ドルトムント 2-1 ブレーメン ブンデスリーガ第15節】

    現地時間15日に行われたブンデスリーガ第15節ボルシア・ドルトムント対ブレーメンは、2-1でホームのドルトムントが勝利した。ドルトムントの香川真司はベンチ入りせず。ブレーメンの大迫勇也は73分から途中出場している。

    勝てば前半戦の首位、「秋の王者」が決まるドルトムント。立ち上がりから調子の良さを見せつけ、19分には順調に先制点を奪う。右サイドからのセットプレーでパコ・アルカセルがゴールを挙げた。

    27分には追加点。敵陣でのボール奪取からロイスにゴールが生まれて2点差となる。その後も若手のサンチョなどが存在感を示して主導権を握り続けた。

    それでもブレーメンは35分に反撃。ペナルティエリア手前でパスを受けたクルーゼが強烈なダイレクトボレーを突き刺して1点差として折り返す。

    前半に比べてドルトムントの攻撃に対処できるようになったブレーメンは1点差を維持。73分には大迫を投入して勝負を仕掛ける。

    だが、ドルトムントはブレーメンに2点目を許さず、逃げ切りに成功。2位ボルシア・メンヒェングラッドバッハとの勝ち点差は9となり、「秋の王者」となることが確定した。

    【得点者】
    19分 1-0 アルカセル(ドルトムント)
    27分 2-0 ロイス(ドルトムント)
    35分 2-1 クルーゼ(ブレーメン)
    20181216_kagawa_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00301277-footballc-socc
    12/16(日) 4:28配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ger/ger-11157818.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/germany/data/standings/
    順位表

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/germany/data/ranking/
    得点ランク

    MF 香川真司 今季成績

    第1節 ベンチ外
    第2節 ベンチ外
    第3節 ベンチ外
    第4節 後半25分~出場
    第5節 後半17分~出場
    第6節 ベンチ外
    第7節 ベンチ外
    第8節 ベンチ外
    第9節 ベンチ外
    第10節 ベンチ外
    第11節 ベンチ外
    第12節 ベンチ外
    第13節 ベンチ外
    第14節 ベンチ外
    第15節 ベンチ外

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10006994
    大迫成績

    続きを読む

    1: pathos ★ 2018/12/08(土) 09:56:42.20 _USER9
    [12.7 ブンデスリーガ第14節 ブレーメン3-1デュッセルドルフ]

    ブンデスリーガ第14節1日目が7日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはホームでMF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフと対戦し、3-1で勝利した。大迫は体調不良でベンチ外。宇佐美は2試合ぶりに先発に復帰。左サイドハーフの位置でプレーしたが、前半のみで交代となった。

    先手を取ったのはホームのブレーメンだった。前半20分、PA左のFWマックス・クルーゼがマークを外して落とすと、走り込んだMFケヴィン・メーヴァルトが強烈な右足ミドルでネットを揺らし、先制に成功。宇佐美は守備に追われたが、前半34分にはフィニッシュに持ち込む場面もあった。

    デュッセルドルフも前半40分、左CKで競り合ったブレーメンDFセバスティアン・ランカンプがVARの末にハンドの判定となり、PKを獲得。キッカーのFWドディ・ルケバキオが左足でゴール右下隅に沈め、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

    1-1で折り返した後半開始と同時に宇佐美は途中交代。後半はブレーメンのペースで試合が進み、同26分、こぼれ球に反応したFWヨハネス・エッゲシュタインのミドルシュートをGKが弾くと、FWマルティン・ハルニクがダイレクトで押し込んだ。

    2-1と勝ち越しに成功したブレーメンは後半33分にもダメ押しゴール。途中出場のU-19アメリカ代表FWジョシュア・ザルゲントがヘッドで押し込み、3点目。期待の18歳がブンデスリーガデビュー戦出場2分で初ゴールをマークした。ブレーメンが3-1で勝利し、6試合ぶりの白星。デュッセルドルフは連敗となった。
    2018-12-08_14h16_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-08351654-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/02(日) 15:36:03.79 _USER9
    バイエルン戦に3試合ぶり先発の大迫がゴール、今季3得点目にファンから称賛
     
    ドイツ1部ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也が、現地時間1日のリーグ第13節バイエルン戦に先発出場し、ヘディングで今季3ゴール目を決めた。一度同点に追いつきながらも1-2で敗れたが、大迫の一撃に「ヘディングモンスター」「100点」「素晴らしい」とファンから賛辞が送られている。

    【関連動画】「ヘディングモンスター」「100点」とファン賛辞! ブレーメンの日本代表FW大迫勇也、強豪バイエルン戦でGKノイアーの牙城を破り今季3得点目
    https://www.youtube.com/watch?v=9O-Pfu2XYwM


     
    3試合ぶりに先発出場した大迫は左ウイングで出場。前半20分にバイエルンのドイツ代表MFセルジュ・ニャブリに先制ゴールを決められたなか、0-1で迎えた前半33分に大迫が本拠地で輝きを放つ。

    敵陣左サイドでパスを受けた元ドイツ代表FWマックス・クルーゼは鋭い切り返しから右足でクロスを送る。中央に走りこんでいた大迫は、ドイツ代表DFニクラス・ズーレの背後を巧みに突くと、カバーに入ったドイツ代表DFジェローム・ボアテングより先に触ってヘディングシュート。相手のドイツ代表GKノイアーが前に出てシュートコースを限定し、体にボールを当てたものの、そのままゴールに吸い込まれた。

    今季3ゴール目を決めた大迫は歓喜の咆哮を上げながらガッツポーズを披露。チームメイトも祝福に駆け寄り、ホームスタジアムのヴェーザーは熱気に包まれた。試合は後半5分に再びニャブリに決められて1-2と敗れたが、大迫の働きはファンから称賛されている。

    チームの出来に落胆の声も… 日本人FWはポジティブ評価「100点」「オオサコは良かった」

    ブレーメンが公式ツイッターやインスタグラムで大迫のゴール速報や試合結果を伝えると、海外ファンが反応。敗れただけにチームの出来に対する厳しい声も多く、「前半は良かったが……」と後半の内容に落胆の声も上がっている。

    その一方で、日本人FWのゴールを称えるコメントも並び、高い打点の一撃を「ヘディングモンスター」と評すれば、「100点」「オオサコは良かった」などポジティブな意見も見られた。

    バイエルン戦の“日本人弾”は、2015年3月7日(1-3敗戦)にハノーファー時代のMF清武弘嗣(現セレッソ大阪)が決めて以来、約3年9カ月ぶり。リーグ6連覇中の強豪から第9節レバークーゼン戦(2-6)以来のゴールを叩き込んだ大迫のさらなる活躍に期待が懸かる。

    12/2(日) 15:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00151540-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/12/02(日) 01:44:04.20 _USER9
    ブンデスリーガ第13節が12月1日に行われ、バイエルンが日本代表FW大迫勇也所属のブレーメンを2-1で下した。

    試合は20分にセルジュ・ニャブリのゴールでバイエルンが先制。ブレーメンは33分に大迫のゴールで追い付いたが、後半立ち上がりの50分にニャブリがこの日2点目を挙げてバイエルンが勝ち越した。その後はブレーメンが同点を目指したがスコアは変わらず、このまま2-1でタイムアップを迎えた。

    次節、ブレーメンはMF宇佐美貴史所属のデュッセルドルフと、バイエルンはFW久保裕也所属のニュルンベルクと、それぞれホームで対戦する。

    【スコア】
    ブレーメン 1-2 バイエルン

    【得点者】
    0-1 20分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
    1-1 33分 大迫勇也(ブレーメン)
    1-2 50分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)

    【スターティングメンバー】
    ブレーメン(4-1-4-1)
    パブレンカ;ゲブレ・セラシェ、ヴェリコヴィッチ(63分 ラングカンプ)、モイサンデル、アウグスティンソン;シャヒン(76分 ピサーロ);J・エッゲシュタイン(66分 ムーヴァルト)、M・エッゲシュタイン、クラーセン、大迫勇也;クルーゼ

    バイエルン(4-4-1-1)
    ノイアー;ラフィーニャ、ズーレ、ボアテング、アラバ;ニャブリ(80分 チアゴ)、キミッヒ、ゴレツカ、リベリー(38分 コマン);ミュラー(90+1分 ハビ・マルティネス);レヴァンドフスキ
    2018-12-02_08h52_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00871281-soccerk-socc

    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/11/17(土) 15:29:56.12 ID:CAP_USER9.net
    2トップの一角でスタメン出場した大迫勇也はベネズエラ戦をこう振り返った。

    「チームとしてうまく機能してたのは事実で、相手が良いチームなのも事実。そのなかで2点目が取れなかったことがいちばんの課題ですかね。そんなに悲観する内容ではないと思います」
     
    また、中島翔哉、南野拓実、堂安律の3選手との関係について聞かれると「メディアのみなさんはそこにこだわってますけど、その3人とだけ絡んでも仕方ない。(柴崎)岳にしろ(遠藤)航にしろ良い縦パス出してくれる選手はいるので」と注目が偏っていることへの疑問を口にした。

    それでも試合をこなしていくうえで前線の大迫、中島、南野、堂安の連係は向上している印象だ。大迫は最後に「ほんとに2点目ですね。2点目取れれば良い試合になったと思いますけど、たらればなんで。次に切り替えて、結果を残せるように良い準備をするだけです」と悔しさを滲ませつつも、
    次の20日のキルギス戦に目を向けた。
    50358_ext_04_0
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50358

    関連記事
    「メディアの方はそこにこだわるけど…」大迫が口にした違和感
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?259364-259364-fl
    「メディアの皆さんは…」 大迫が“2列目トリオ”との連係以上に「重要」と語るのは?
    https://www.football-zone.net/archives/148287
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ