海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:天皇杯

    1:すらいむ ★:2018/06/11(月) 14:43:53.16 ID:CAP_USER9.net
    前代未聞!天皇杯名古屋vs奈良クラブのPK戦やり直しが決定

    日本サッカー協会(JFA)は11日、6月6日にパロマ瑞穂スタジアムで開催された天皇杯2回戦の名古屋グランパス対奈良クラブにおいて、「次ラウンド進出チームの決定に直接影響を及ぼす、担当審判員による明らかな競技規則の適用ミスがあったことが確認されました」と発表した。PK戦を一人目からやり直すことになるという。

    同試合は1-1からPK戦に突入。奈良クラブが5-4で制して、3回戦への進出を決めていた。

    ゲキサカ 6/11(月) 14:01
    2018-06-11_15h16_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-01654911-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:shake it off ★:2018/06/06(水) 21:54:56.17 ID:CAP_USER9.net
    6日に第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦の32試合が開催。ガンバ大阪が関西学院大学に1-2で敗れるなど早速波乱が起きている。

    関西学院大学と対戦したG大阪は、スコアレスで迎えた87分に痛恨の失点を許してしまうが、その2分後に三浦弦太が土壇場で同点ゴールをマーク。辛うじて延長戦に持ち込んだ。しかし、延長に入って92分、関西学院大学の山見大登に勝ち越し点を献上。結局これが決勝点となり、1-2で敗戦。リーグでも波に乗れないG大阪が天皇杯で早々と姿を消した。

    JFLに所属するソニー仙台を等々力陸上競技場に迎えた川崎Fは、谷口彰悟や家長昭博、阿部浩之といった主力組が多数先発したものの、前半に2ゴールを奪われる苦しい展開。

    後半に長谷川竜也が1点を返し、反撃の狼煙を上げると、66分にエウシーニョが同点ゴールを奪取。さらに、終了間際に家長が値千金の決勝弾。J1王者の川崎Fが苦しみながらも3回戦へ駒を進めた。

    ニッパツ三ツ沢球技場で行われた横浜FMとJFLに所属するFC大阪の一戦も波乱の展開が待ち受けていた。

    中町公祐、ユン・イルロク、ウーゴ・ヴィエイラなど主力を先発させた横浜FMは開始3分にイッペイ・シノヅカが先制点を奪取。絶好のスタートを切る。しかし、直後に失点を許すと、12分には逆転ゴールを献上。

    22分にウーゴ・ヴィエイラが一時同点弾を奪ったが、後半開始直後に再び逆転弾を浴びてしまう。しかし、77分に再びウーゴ・ヴィエイラが同点弾を挙げて勢いに乗ると87分に伊藤翔が勝ち越しゴール。4-3と競り勝った。

    また、サガン鳥栖は多度津FCに7-0、柏レイソルはVONDS市原FCに6-0、鹿島アントラーズはHonda FCに6-1とそれぞれ大勝を飾っている。

    3回戦の16試合は7月11日に開催する。
    2018-06-06_22h18_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00010005-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/23(土) 17:41:34.34 ID:CAP_USER9.net
    横浜Fマリノス 2-1 柏レイソル [等々力]
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennouhai/result/res_details.html?no=86

    [柏]ハモン・ロペス(11分)
    [横]伊藤翔(69分)
    [横]ウーゴ・ヴィエイラ(103分)

    第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準決勝、横浜F・マリノス対柏レイソルは12月23日、等々力陸上競技場で行なわれ、2-1で横浜が勝利し、元日の決勝に駒を進めた

    試合は立ち上がりの11分に、ハモン・ロペスがバイタルエリア中央から40メートルはあろうかというミドルシュートを突き刺し、柏が先制する。さらに直後の12分にはR・ロペスのクロスに日本代表の伊東純也がダイビングヘッドで合わせるが、これはGK飯倉大樹の好セーブに阻まれる。

    前半はクリスティアーノら前線の個の強さを活かした柏が優勢に試合を進め、1-0と柏がリードして折り返す。

    後半立ち上がり早々、横浜はボランチの扇原貴宏が左足を負傷し、途中交代するアクシデント。代わってFWの伊藤翔を投入し、トップ下で先発した天野純をボランチに下げて対応する。その横浜は両サイドが高い位置取りで柏を押し込み、チャンスを作り始める。

    そして69分、横浜は左サイドからの下平匠のクロスに、途中出場の伊藤が頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。横浜が1-1の同点に追いつく。

    試合は終盤までもつれ、互いにゴール前へ迫るものの、ゴールを奪うには至らない。アディショナルタイムに放った山中亮輔の強烈なFKも日本代表GKの中村航輔がきっちりとパンチングで弾き出す。

    試合は90分で決着がつかず、1-1のまま延長戦に突入した。延長前半の97分、柏に絶好機が訪れる。ゴール前で途中出場の武富孝介にパスが通り、振り向きざまに左足のシュート。しかし、これを飛び出したGK飯倉が至近距離で身を挺して防ぎ、ゴールを死守する。さらに100分にも途中出場の大津祐樹のクロスに再び武富がゴール前で合わせるが、これも飯倉のファインセーブに遭い、ゴールならず。

    延長後半早々、チャンスを掴んだのはやはり柏。右サイドを深くえぐった小池龍太のクロスにクリスティアーノがボレーで合わせる。だが、シュートはうまくヒットせずGK飯倉にキャッチされた。一方横浜も114分、ペナルティエリア内に入り込んだ松原健が左足のシュートを放つが、惜しくもクロスバーを越える。

    そして118分、ついに勝負を決定づけるゴールが生まれる。カウンターから横浜のウーゴ・ヴィエイラが抜け出し、右足で渾身のシュートを突き刺す。横浜が2-1と勝ち越した。

    試合はこのまま2-1でタイムアップ。勝利した横浜が決勝に駒を進め、セレッソ大阪と対戦する。決勝は埼玉スタジアムで元日の14時40分にキックオフされる。横浜は2013年以来、4年ぶりの優勝を目指す。
    2017-12-23_18h16_28
    12/23(土) 17:37配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171223-00034039-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/23(土) 15:37:09.00 ID:CAP_USER9.net
    セレッソ大阪 3-1ヴィッセル神戸 [ヤンマースタジアム長居]
    https://www1.nhk.or.jp/sports2/tennouhai/result/res_details.html?no=85

    [神]小川慶治朗(90分)
    [セ]水沼宏太(90分+1)
    [セ]柿谷曜一朗(98分)
    [セ]ソウザ(114分)

    天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝が23日に行われ、ヴィッセル神戸とセレッソ大阪が対戦した。

    神戸はルーカス・ポドルスキがケガのため欠場。最前線には渡邉千真が入る。一方のC大阪も日本代表の山口蛍と杉本健勇が負傷中のため不在。ボランチには秋山大地、前線には山村和也が起用された。

    スコアレスで迎えた終了間際の90分、神戸は途中出場の大森晃太郎のクロスがそのままネットに突き刺さり、神戸がついに均衡を破る。対するC大阪はその1分後、ソウザのロングパスを山村が頭で反らすと、最後は水沼宏太が決めて同点に追いついた。1-1で90分が終了し、試合は延長戦に突入する。

    97分、C大阪はセットプレーのチャンスを得ると、藤田直之がハンドを犯しPKを獲得する。柿谷曜一朗のキックは一度GKキム・スンギュにセーブされたが、こぼれ球をダイビングヘッドで押し込み勝ち越しに成功する。続く114分には水沼の突破から柿谷がラストパス。走り込んだソウザが決定的な3点目を奪う。

    試合は1-3で終了。C大阪が延長戦の末に神戸を下し、2003年以来14年ぶりの元日決勝に駒を進めた。
    kobe-horz
    12/23(土) 15:34配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00688566-soccerk-socc
    続きを読む

    1:@Egg ★ :2017/10/25(水) 21:46:52.63 ID:CAP_USER9.net
    2017-10-25_22h12_40

    0.25 天皇杯準々決勝

    ■横浜Fマリノス 1ー0 ジュビロ磐田 [ニッパツ三ツ沢球技場]
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennouhai/result/res_details.html?no=83

    [横]オウンゴール(81分)

    └横浜FMが2大会連続4強入り、OGで俊輔先発の磐田に競り勝つ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-01645513-gekisaka-socc


    ■セレッソ大阪 2ー0 大宮アルディージャ [金鳥スタジアム]
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennouhai/result/res_details.html?no=82

    [C]福満隆貴(23分)
    [C]澤上竜二(54分)

    └C大阪、福満&澤上弾で6年ぶり4強!集中した守備で大宮に得点許さず
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-01645512-gekisaka-socc

    ■川崎フロンターレ 0ー1 柏レイソル [等々力競技場]
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennouhai/result/res_details.html?no=84

    [柏]クリスティアーノ(62分)

    └屈指の攻撃力誇る川崎Fを完封した柏、クリスのゴールを守りきり2年ぶりベスト4へ!
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-01645514-gekisaka-socc

    ■ヴィッセル神戸 1ー1 鹿島アントラーズ [神戸ユニバー競技場] PK 5-4
    http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennouhai/result/res_details.html?no=81

    [鹿]昌子源(63分)
    [神]ハーフナー・マイク(90分+4)



    日本サッカー協会 天皇杯
    http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 07:45:22.72 ID:CAP_USER9.net
    [天皇杯3回戦]筑波大 2-1 福岡/7月12日/K'sスタ
     
    筑波大がまたしても、ジャイアントキリングを起こした。
     
    天皇杯3回戦、アビスパ福岡戦。2回戦でJ1のベガルタ仙台を3-2で下し、今大会の台風の目となっていた筑波大は、J2クラブとの試合でも存分に力を発揮した。終始ペースを掴み、ゲーム終盤にジュビロ磐田入りが内定しているエース中野誠也の2ゴールで突き放すと、プロチームの追撃を1点に封じ込む。1回戦のYS横浜(J3)戦から3連続の金星を挙げた

    「90分を通して、選手たちはすごく落ち着いていた。チームとして戦えていなかったのは相手のほうでしたね。それを僕だけでなく、ピッチにいる選手たちが読み取っていた。今年のチームは、相手の長所と短所を試合のなかで見極めながら戦える。今日はその武器をしっかりと実行しながら、いい流れで試合ができた」
     
    そう振り返るのは、小井土正亮監督だ。
     
    福岡戦の快勝劇は、まさに筑波大イレブンの「主体性」がもたらした結果だった。チームをそんな精鋭軍団に仕立て上げたのが、小井土監督そのひとである。
     
    現在39歳の青年監督だ。岐阜の各務原高から筑波大に進学し、選手として活躍する傍ら、サッカーの分析や指導論を貪欲に学んだ。大学卒業後にJ2の水戸ホーリーホックに入団。同時に、筑波大大学院に進み、「大学院Jリーガー」という珍しい肩書を携えた。
     
    しかしながら水戸では出場機会に恵まれず、プロキャリアはわずか1年で終わりを告げる。大学院でサッカーを学びながら蹴球部のコーチを務め、卒業後は柏レイソル、清水エスパルスでコーチを歴任。とりわけ清水時代は長谷川健太監督の「名参謀」として名を馳せた。対戦相手の分析を担当し、指揮官の理論なり意図を選手にかみ砕いて説明する役割を演じながら、サッカーの造詣を深めたのだ。
     
    長谷川監督の退任と同時に、6年間在籍した清水を離れ、「大学の職員になって、大学サッカーの指導者をやりたい」と新たな目標を設定する。2013年シーズンにはガンバ大阪の新監督となった長谷川監督に誘われ、1年間コーチを務めた。そしてふたたび筑波大に戻り、15年に晴れて蹴球部監督に就任。ついに“指揮官”としてのキャリアをスタートさせる。

    つづく
      no title
    no title

    7/13(木) 5:38配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170713-00027728-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/07/13(木) 08:20:05.29 ID:CAP_USER9.net
    ◆サッカー 天皇杯 ▽3回戦 清水2―0いわきFC(12日・IAIスタジアム日本平)

    福島県社会人1部リーグ・いわきFCは、敵地でJ1清水に完封負け。2回戦の札幌に続くJ1相手のジャイアントキリングはならなかった。

    それでも、カテゴリーが6つも上の相手に、果敢に攻撃を仕掛けた。札幌戦で延長前半に決勝ゴールを決めたFW平岡将豪(22)は、この日も攻撃の要として積極的にプレー。自らも後半にシュートを放ったが、清水の元日本代表GK六反勇治(30)から得点を奪うことはできなかった。

    「最後の精度のところですね。チャンスは作れていたので、精度のところをしっかりやれば、もっといい勝負ができたと思う」と平岡。それでも、イレブンは「日本のフィジカルスタンダードを変える」というチーム理念の下、鍛え上げたフィジカルで最後まで走り抜いた。終了のホイッスルが鳴ると、勝った清水の方が、座り込んでしまう選手が多かった。

    スタンドには、いわきから静岡まで多くのサポーターが駆け付けた。平岡は「負けてしまい申し訳ない。でも、見ていて楽しいサッカーはできたと思う。これからも筋トレをして、もっと体をデカくしたい」と、さらなる成長を誓った。
    2017-07-13_10h12_04
    7/13(木) 0:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000008-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/21(水) 22:01:18.66 ID:CAP_USER9.net
    第97回天皇杯全日本サッカー選手権は21日、各地で2回戦を行った。J1、J2の全40チームもこのラウンドから登場したが、J1の4チームが敗れる波乱が起きた。

    ベガルタ仙台は関東大学リーグ首位の筑波大と対戦し、2-3で敗れた。先制した筑波大は一度は逆転されながらも、後半20分にCKからFW中野誠也が同点ヘッド。同28分にはMF三笘薫がこの日2点目となる勝ち越しゴールを決め、再逆転した。

    ヴァンフォーレ甲府はJFLのヴァンラーレ八戸に0-1で敗戦。北海道コンサドーレ札幌も福島県1部リーグのいわきFCに延長戦の末、2-5で敗れた。

    FC東京はJ3のAC長野パルセイロと対戦。1-1のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦の末、PK4-5で敗れた。

    J2勢では、下位カテゴリーと対戦したチームのうち京都サンガF.C.がJ3のアスルクラロ沼津に0-1で敗れ、初戦敗退が決まった。

    広島 3-2 鹿児島 [福山]
    札幌 2-5(延長)いわきFC [札幌厚別]

    仙台 2-3 筑波大 [ユアスタ]
    山形 1-0(延長)長崎 [NDスタ]

    鹿島 5-0 FCマルヤス岡崎 [カシマ]
    水戸 1-2(延長)熊本 [Ksスタ]

    浦和 3-2 盛岡 [浦和駒場]
    大宮 3-0 tonan前橋 [NACK]

    千葉 1-0 東京V [フクアリ]
    柏 1-0 ブリオベッカ浦安 [柏]

    FC東京 1-1(PK4-5)長野 [味スタ]
    町田 2-4 大分 [町田]

    川崎F 2-0 栃木ウーヴァFC [等々力]
    横浜FM 3-1 FC大阪 [ニッパツ]

    湘南 1-0(延長)国士舘大 [BMWス]
    甲府 0-1 ヴァンラーレ八戸 [中銀スタ]

    松本 4-0 MD長崎 [松本]
    新潟 2-1(延長)バンディオンセ加古川 [デンカS]

    金沢 2-0 横浜FC [石川西部]
    清水 4-1 北九州 [アイスタ]

    磐田 2-2(PK5-4)Honda FC [ヤマハ]
    名古屋 6-0 SRC広島 [パロ瑞穂]

    京都 0-1 沼津 [西京極]
    G大阪 3-0 ヴェルスパ大分 [吹田S]

    C大阪 2-0 新潟医療福祉大 [金鳥スタ]
    神戸 3-1 富山 [神戸ユ]

    岡山 0-0(PK5-3)FC今治 [Cスタ]
    山口 1-2 群馬 [維新公園]

    徳島 0-3 岐阜 [鳴門大塚]
    愛媛 2-1 讃岐 [ニンスタ]

    福岡 4-2 宮崎産業経営大 [レベスタ]
    鳥栖 3-0 松江シティFC [ベアスタ]
    2017-06-21_22h41_05
    ゲキサカ 6/21(水) 21:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-01641102-gekisaka-socc

    NHK天皇杯 試合詳細
    http://www1.nhk.or.jp/sports/tennouhai/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/25(日) 07:52:01.03 ID:CAP_USER9.net
    ◆天皇杯全日本サッカー選手権 ▽準々決勝 鹿島1―0広島(24日・カシマスタジアム)

    勝利の余韻は吹き飛んでいた。

    FW赤崎の決勝点で6年ぶりの4強入りを決めた広島戦後。鹿島の石井正忠監督(49)が会見で、「最後にいいですか」と、自ら切り出した。

    「Jリーグを強くしていくためにタフな試合をしていく必要があります。レフェリーのジャッジのところでも、レベルアップしないといけないのではないでしょうか」と訴えた。

    村上伸次主審の笛が乱れた。多くのファウルが見逃され、タッチライン際の攻防でも不可解なジャッジがあった。

    温厚で知られる石井監督は怒りに震え、スタッフの制止がなければピッチに飛び入りそうだった。

    「みんなそう(向上が必要と)感じたのではないでしょうか。Jリーグ全体のレベルを上げるために努力してもらいたいと思います」と強く求めた。

    クラブW杯でアジア勢初の2位に輝いた。決勝のRマドリード戦(18日)でDFセルヒオラモスに対する警告をめぐって議論を呼んだがそれ以外は「全然質が違った(高かった)」とMF遠藤。

    鹿島の躍進をJリーグ発展のきっかけにしてほしいと、20日のJリーグアウォーズでスピーチした指揮官。

    国内で約3週間ぶりに臨んだ一戦で怒りと失望に駆られ、黙っていられなかった。(内田 知宏)

    スポーツ報知 12/25(日) 6:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000022-sph-socc

    写真


    石井監督 判定に苦言「レベルアップしないといけない」
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/25/kiji/20161224s00002011337000c.html
    続きを読む

    1: ふんわり ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 16:12:25.04 ID:CAP_USER*.net
    【浦和レッズ 1-2 ガンバ大阪 天皇杯決勝】

     今季を締めくくる最後の戦い、天皇杯決勝が元日に行われ、浦和レッズとガンバ大阪が対戦した。

     現時点のベストメンバーで臨んだG大阪に対し、浦和レッズは準決勝からスタメンをわずかに変更。1トップにエース興梠が入り、2シャドーは武藤と李が入った。右サイドは関根に代わって梅崎が起用されている。
     
     序盤は両チームにアクシデントが続く。浦和は槙野が味方GK西川と交錯した際に右手を切ってしまい流血と痛みを抱えながらのプレーを強いられる。一方、G大阪は12分に米倉が筋肉系の負傷のため退場し、井手口と交代を余儀なくされた。
     
     最初のビッグチャンスは25分、G大阪は宇佐美のボールキープを利用して攻め上がった藤春のクロスにパトリックが頭で合わせるも、シュートは枠のわずか右に外れる。
     
     両チームとも一歩も引かず迎えた32分、ついにゴールが生まれる。中盤でのボール奪取から素早く切り替えて前線へ縦パスを送ると、飛び出したパトリックが並走してきた森脇をスピードで振り切ってフィニッシュ。G大阪が先制点を手にした。
     
     直後の34分、失点シーンで悔しい思いをした森脇がミドルシュートを狙うもGK東口の手の中へ。その後も攻め続ける浦和は35分、今度は梅崎が右サイドからクロスを上げ、中央で李が潰れながらヘディングシュート。これは左ポストを直撃したが、こぼれ球を興梠が豪快にたたき込んで同点に追いついた。
     
     浦和がボールをキープしながら好機をうかがっていた53分、G大阪はセットプレーのワンチャンスを生かす。コーナーキックで槙野のマークを振りほどいたパトリックがフリーで右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。
     
     G大阪はリードを奪った直後からシステムを4-4-2に変更。宇佐美がパトリックと2トップを組み、倉田が中央から左サイドへ回った。対する浦和は57分に関根と”ガンバキラー”ズラタンを同時投入して流れを変えようと試みる。さらに浦和は67分、最後の交代枠で高木を送り出し、両サイドを超攻撃的な組み合わせにして勝負に出る。
     
     すると73分、完璧な崩しで左サイドの高木がクロスを上げ、李が頭で合わせる。しかしこのボールは惜しくもゴールの右へと逸れた。74分にも浦和がチャンスを迎え槙野がゴール前でシュート体勢に入るが、GKが果敢な飛び出しで阻止。勝利への執念を見せる。
     
     浦和は同点ゴールを目指してサイドを起点にG大阪ゴールに襲い掛かる。だが、怒涛の波状攻撃をもってしても内田を投入するなど逃げ切りを図るG大阪の守備を最後まで崩しきれず、1-2で接戦を落とした。
     
     今季はJリーグチャンピオンシップで2位、ヤマザキナビスコカップ準優勝と目の前でタイトルを逃し続けてきた昨季の三冠王者G大阪。”三度目の正直”でファイナルを制し、”シルバーコレクター”という不名誉な称号を返上。追い求め続けたタイトルを手にして2015シーズンを終えている。
     
    【得点者】
    32分 0-1 パトリック(G大阪)
    34分 1-1 興梠慎三(浦和)
    53分 1-2 パトリック(G大阪)
     20160101_patric_getty-560x373
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451632345/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ