海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:宇佐美貴史

    1: Egg ★ 2020/07/29(水) 19:27:21.17 _USER9
    UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグマーケティング代理店のアジア・パシフィック地域統括責任者のツイートが、物議を醸している。

    問題となっているのは、岡部氏が27日に投稿したツイート。その中で岡部氏は、ガンバ大阪の宇佐美貴史を「天才」と評するニュースを引用しつつ、「メディアもファンも、すぐに『天才』とか呼んで、必要以上に持ち上げて選手を勘違いさせるの、いい加減やめてほしいです…」と苦言。「現代サッカーのメッカである欧州サッカーで通用せずに、日本に帰りざるを得なかった選手です(原文ママ)」と断じ、「厳しくかつ温かく見守りましょう!」とつづった。

    >>「もっと私をもてなせよ」夫・宇佐美貴史の愚痴噴出の妻に、視聴者ドン引き<<

    しかし、これに対しサポーターなどを中心に、「必要以上に天才と持ち上げることへの苦言は同意できるけど、通用せずとか評する必要ある?」「宇佐美がいつ勘違いしたっていうんだろう?」といった批判が殺到する事態に。

    岡部氏はこれらの批判を受け、28日に再びツイッターを更新し、「たまたま彼の記事だっただけで、宇佐美云々の話ではないので、ファンの方ご安心ください!」と弁解。「ポイントは、『すぐに“天才”と呼んで必要以上に持ち上げるのやめましょう』です。日本の成長には、メディアとファンの成熟が欠かせません!」と呼びかけ、「世界のサッカー現状を踏まえて、俯瞰して日本サッカーを見ています。厳しい世界のサッカー界ですら、『天才』と呼ばれるのは、マラドーナやメッシなど、ごく一握りです。もし、日本サッカーに『天才』がいたとすると、大けがする前の小野伸二だけかと…」とつづった。

    しかし、このツイートにも、「宇佐美のことだったら『欧州サッカーで通用せずに』とかいらないでしょ」「いや、書き方が選手やサポーターに対する礼節を欠いてるてことだと思います」「どう見てもバカにしてるこんな表現したことをまず謝ろうよ」といったバッシングが殺到。さらに、「天才」とする日本人選手に「大けがする前の小野伸二」という名前を出したことにも、「徹底して上から目線」「大けがをする前なんて冠失礼すぎる」という声が集まっていた。

    日本のサッカーファンを刺激し続けた岡部氏。多くの不信感が集まってしまっていた。

    2020/07/29 12:52 / 提供元 リアルライブ
    2020-07-29_20h24_28
    https://wjn.jp/article/detail/8677957/

    続きを読む

    20200402_Usami-Takashi-takahashi

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/03(水) 21:25:18.50
    京都府で名を馳せ、ガンバ大阪のアカデミーで成長した宇佐美貴史は、破壊力抜群のドリブル突破、力強く正確なフィニッシュを武器に高校2年生でプロデビューを果たし、ドイツでのプレーも経験した。キャリアを振り返れば「天才少年」のイメージが強いが、本人は小さい頃から多くのことを考え、努力を重ねてきたという。京都での少年時代の思い出や、成長の軌跡を語ってもらった。

    見ている先には常に家長がいた

    2020年のJ1リーグ開幕戦は前年王者、横浜F・マリノスにアウェーで快勝。近年タイトルから遠ざかっている古巣に歓喜をもたらせるか

    ――ご両親が熱心なガンバ大阪サポーターで知られる宇佐美選手には、幼少期からさまざまな「伝説」があります。生後8カ月ぐらいで初めてボールを蹴ったそうですが、本格的にサッカーを始めたきっかけを教えてください。

    宇佐美 きっかけは、もう覚えていないです。それぐらいサッカーが僕の身近にありました。2人の兄がサッカーをしていましたが、やりたいと思ったきっかけも、興味を持ち始めたタイミングも覚えていません。ただ、一番古い記憶は3~4歳ぐらい。なぜサッカーをやりたいと思ったのか分かりませんけど(笑)、気が付いたときには、のめり込んでいましたね。

    ――2人のお兄さんも、長岡京サッカースポーツ少年団(京都府)でプレーしていました。本格的に始めたのはお兄さんの影響が大きかったのでしょうか?

    宇佐美 僕のサッカー人生で最初に何かのポイントをつくるとしたら、そこでしょうね。長岡京に家長昭博さん(現在は川崎フロンターレ)がいたことは、最初の大きな出来事です。長岡京に入れるのは普通は小学1年生からですけど、僕は幼稚園年長のときに加入して、7年間いました。地元のクラブだったので、ある意味、流れに乗るような形で長岡京に入ったんですが、僕が年長のときに家長さんが6年生で、あの人が背負っているようなクラブでしたね。

    ――長男がドリブラーで、次男がストライカー。「宇佐美三兄弟」も当時、有名だったと聞きました。

    宇佐美 でも、兄2人のことは僕には見えていなかったです(笑)。練習には一緒に行っていましたけど、見ている先には常に家長さんがいましたから。

    ――当時の家長選手から何を参考にしたのですか?

    宇佐美 僕が幼稚園の年中だった頃、5年生だった家長さんを見ていますけど、今、フロンターレで見せているプレーそのままですね。家長さんを見ていたことで、感覚的なものというか、センスを追い求めるようになった気がします。

    僕は体が大きくて足も速かったので、ボールを前に蹴って走れば相手を抜けたんです。ゴールキーパーも、たいてい背が高くないので、少し高い位置に蹴ればすんなり決まるんですけど、僕は家長さんの姿を見ていたから、上に蹴ったら入る場面でもゴールのスミを狙って蹴っていたし、ドリブルは、どちらかというとステップワークやボールタッチの細かさで相手をかわしていました。単に蹴って走るドリブルでは中学生になったあと、周囲の選手に身体能力で追い付かれたときに抜けなくなる、ということは小学6年生ぐらいの時点で理解していました。

    ――あるインタビューでも、当時スピードで抜いていくドリブラーを見て、速さだけでは将来的に通用しないと思い、細かいタッチを意識していたと話していました。
    宇佐美 京都府で有名な選手でしたが、彼がボールを蹴って、走ってスピードだけで抜いていく姿を見て、僕は「この選手は中学校で厳しくなるだろうな」と思っていました。そういう発想ができたのは、家長さんを見ていたからでしょうね。

    家長さんも同じようなプレーはできたと思うんですが、身体能力に頼らず、ボールの置きどころを意識したドリブルをしていました。だから僕も、「アンチ身体能力」、「アンチスピード系」という価値観になっていたんです。小学生にしてはわけの分からない、とがり方ですよね(笑)。技術や間合い、考え方が見えるようなドリブラーは好きでしたけど、ボールを蹴って、大きな歩幅を活かして抜いている選手に対しては「今は君のほうが点を取っているかもしれないけど、中学生、高校生になったときに活躍してるのは僕だ」と思っていました。「あの子、すごい」と言われるよりも、「あの子、うまい」と言われたかったのです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b349c448e70a65e5b7a7c08c6f544b4a72340ab0
    6/3(水) 17:02配信

    続きを読む

    20200517_UsamiKakitani-GettyTakahashi
    1: 風吹けば名無し 2020/05/27(水) 13:35:01.03
    諦めろ

    2: 風吹けば名無し 2020/05/27(水) 13:35:34.02
    前俊は?

    5: 風吹けば名無し 2020/05/27(水) 13:35:56.56
    >>2
    前俊はもうアカンやろ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/05/18(月) 19:08:35.69
    大阪の宿敵2チームが誇る“天才”同士の対談が初めて実現した。新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断するなか、ガンバ大阪FW宇佐美貴史とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗が、オンラインでFootball ZONE webの独占インタビューに応じた。アカデミー出身で、幼少期から“天才”と呼ばれ続けてきた2人。G大阪とC大阪という強烈なライバル関係を持つ両クラブのエースは、互いのプレーをどのような目で見てきたのか。そして「天才が語る天才論」とは――。

    【動画】「This is “ジーニアス”」 宇佐美貴史も驚愕…柿谷曜一朗が決めた衝撃の“芸術ヒール弾”


    柿谷「(天才と呼ばれることに対して)嫌ではないよ。でも、自分より上手い選手とか、自分よりアイデアを持っている人もいっぱいいる。でも、小さい時から自分も面白いことができると思っていた。それでも、自分の中でミスのほうが多いのは分かってるから、成功することもあるけど、それ(成功)を見た人はそういう(失敗の)イメージを持たへんと思うし、いいところばっかり見てくれてんねんな、という感じ。

    俺が思う天才はまず左利き。レフティーっていうのが8割占めている。クリスティアーノ・ロナウドって『天才』かと聞かれたら、『ん?』って思う人多いと思う。でも、(アンドレス・)イニエスタは天才。イニエスタの左利きが一番凄いと思う」

    宇佐美「僕は(自分を天才と)思ったことがないから、心底。いいように言うてくれているな、とは思うけど。でも、曜一朗くんを見ていると、天才ってこういうことなんやな、と思う。『こういうこと、こういうこと、これ天才』っていうのがあって。キンチョウ(スタジアム)の群馬戦かな」

    柿谷が4年前の群馬戦で決めた衝撃のヒール弾に宇佐美も驚愕
    宇佐美が切り出した試合は2016年3月12日、J2第3節ザスパクサツ群馬戦(1-0)。スイスの強豪バーゼルからC大阪へ復帰したこの年、第2節水戸ホーリーホック戦(1-0)で復帰後初ゴールを挙げて迎えた一戦だった。0-0の後半14分、ブラジル人FWリカルド・サントスのヘディングでの折り返しを相手ゴール正面で受けた柿谷だったが、ゴールに背中を向けた状態。しかし、右足でトラップするやいなや左足にボールを送ると、ヒールキックで、相手GK清水慶記の虚を突いた。衝撃のヒールシュートは、ふわりとした軌道を描いてゴールネットを揺らした。

    宇佐美「ダブルヒールみたいなの、あんなのやっちゃダメ(笑)。衝撃。俺も声『えっ』て出たし、あのシーンで一番見て欲しいのは、(相手の)センターバックとGKが、曜一朗くんが点を取ってゴールセレブレーションに向かう背中を、ずっと後ろから『えーっ』て顔で追いかけていて」

    柿谷「見られていたね」

    宇佐美「相手がとりあえず脱帽していて。あの顔をさせられるゴールって普通の人じゃ取れない。想像を上回るレベルを、さらにもう1個、2個上回ってこないとあのリアクションってさせられへんと思うねんな。どの世界でも相手にあんなリアクションをさせるゴールって、あんまりない。あれを見た時にアイデアとして出てきて、実行しようとしたのも凄い。左足でずらして右ヒールならまだ分かるけど、右足でずらして左ヒール。利き足じゃないし。

    実はあのゴールを見た後に、次の日やってみたんよ。でも、右足でずらして左ヒールは当てられへんかった。普通は当てられへんのに、あんなに飛ばしてGKのタイミングをずらして打つ。こういう天才という人を見て、『自分はそうじゃない、そうじゃない』と、思える。天才の象徴なんじゃない、あのゴールは」

    柿谷が見せた技術だけではなく、相手のリアクションからも“凄さ”を感じたという宇佐美。その衝撃は忘れられないようで、表情も生き生きしていた。宇佐美“記者”の取材は止まらず、当時のヒールシュートの秘話に迫った。

    5/18(月) 10:50 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/247681910f3cbd23d1eb61c885b6705b326a224b
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/11(月) 20:34:29.33
    「最高です!」アカウント開設にファンも歓喜

    ガンバ大阪FW宇佐美貴史がYouTubeチャンネルを開設。妻もインスタグラムで報告し、夫婦とのやりとりを交え、夫がYouTube配信にかける想いを語っている。

    宇佐見は5月6日にYouTubeチャンネルを開設し、1本目の挨拶動画を投稿。これにはファンも、「最高です!」「開設おめでとう!」「これから楽しみが増える!」など喜びと絶賛のコメントが寄せている。

    10日には新たな動画を投稿し、「箸休め的に見てください」とファンとのQ&A形式の企画を実施。質問には「天才だと思う選手は?」などのサッカーに関することから、「娘さんと何して遊んでいる?」などプライベートなことまであり、包み隠さず赤裸々に語っている。
     
    2本目の動画を公開した際には、妻の蘭さんも、「夫がYouTubeを始めました」とインスタグラムでファンに報告。さらに宇佐美がYouTubeデビューを飾ってからの夫婦の会話を明かした。

    「以前からやってみたいと言っていたのがやっと実現。『〇〇どう思う?』?とYouTubeについて夫から意見を求められて、?『〇〇した方が良いと思う!!』?と私が言うと&hellip;?『俺はそう思わへん!自分の思うようにやるわ!』と言われます。?(ほな最初から聞かんかったら良いんちゃうか?)&larr;私の心の声。こんなやりとりを何回もしています」

    蘭さんの投稿に宇佐美も、「ナイス」と絵文字付きでコメントし感謝を表明。アカウントは開設からわずか6日にも関わらず、すでに7000人に迫るチャンネル登録者数を誇っている。
    「夫のこだわりがたくさん詰まったものになると思う」と妻もお勧めする宇佐美のYouTubeチャンネルに注目だ。
    2020-05-11_23h34_52
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b99197bd4350aacdb4477abc1c634e41c1deb257
    5/11(月) 13:03配信

    https://www.youtube.com/watch?v=CnPyPiLAQtY


    【ガンバ大阪 宇佐美貴史】Youtube始めます!!

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/05/10(日) 06:03:42.52
    日本人が世界一に近づけるかもしれない―。そんな夢を見せてくれたのが、2011年にG大阪からドイツ1部のバイエルン・ミュンヘンへ移籍したFW宇佐美貴史だ。17歳でプロデビューした“G大阪の至宝”は、19歳で欧州屈指のビッグクラブに引き抜かれた。

    移籍会見での言葉は、野心に満ちていた。「争いは過酷ですが、学ぶことは多い。技術は通用するんじゃないかと思っている」「最終的にはバロンドール(欧州最優秀選手賞)という目標を持っているし、バイエルンで主力になれればそういうチャンスはある」。欧州の中堅クラブからもオファーを受けたが、最も難しい挑戦を選んだ宇佐美は、可能性の塊だった。

    シーズン前の欧州の強豪クラブが集まる親善試合・アウディカップのバルセロナ戦(7月27日)。先発のチャンスを与えられると、スペイン代表MFイニエスタ(現神戸)らを擁したバルセロナ相手に、スルーパスで決定機を作り出すなどインパクトを残した。試合後にはバルサの次期司令塔と目されていた当時20歳のMFチアゴ(スペイン代表、現バイエルン)とユニホームを交換。「技術は通用した。ユニホームはイニエスタを狙っていたんですけど」と語るなど、手応えを得ているように見えた。

    だが、あるバイエルン関係者は「今日の宇佐美はすごくよかった。でも、ここはただのクラブじゃない。いくらいい選手でも簡単には成功できないんだ」と話していた。バイエルンの方言に「MIA SAN MIA」というクラブを体現する言葉がある。「自分たちは自分たち」という意味だ。ドイツで最多優勝を誇る名門には「俺たちは特別だ」という強烈な自負が随所に浸透していた。

    宇佐美はバイエルンで結果を残せなかった。その後もドイツの3クラブでプレーしたが、「(ドイツ挑戦は)すがすがしいぐらいの失敗でした。ただ、バイエルンを選んだことに後悔はない」と語っている。復帰したG大阪で、鮮やかで人を引き付ける彼のプレーを見ると、何が足りなかったのか、といつも思う。私が取材で選手に技術以上のものを探すようになったのは、彼の挑戦からだ。

    数多くの日本人選手が欧州に渡り、強豪で結果を残す選手も出てきたが、バイエルン級のビッグクラブで、エースで活躍した選手はまだいない。いつか19歳の宇佐美のようなギラつきを見せ、特別なクラブの“特別な選手”にのし上がる選手が出てくるだろう。その時が日本サッカー界にとって次の扉が開く瞬間になると思っている。(金川 誉)

    ◆宇佐美 貴史(うさみ・たかし)1992年5月6日、京都・長岡京市生まれ。28歳。G大阪ユース在籍中の2009年、当時クラブ初となる高校2年でトップ昇格。11年にドイツ1部バイエルン、12年はホッフェンハイムに期限付き移籍。13年にG大阪に復帰し、14年の国内3冠に貢献。16年に再びドイツ1部アウクスブルクに移籍。17年に同2部のデュッセルドルフへ。昨年、G大阪復帰。ドイツ1部で通算53試合3得点。J1は135試合52得点。178センチ、69キロ。

    ◆金川 誉(かながわ・たかし)1981年10月3日、兵庫県生まれ。38歳。大阪教育大から2005年入社。大阪本社でサッカーを中心に担当。
    2020-05-10_09h32_21
    https://news.yahoo.co.jp/articles/301dc730e66af06c4845acdab1eca82f7c39f4b2
    5/10(日) 6:00配信

    続きを読む

    guy-2617866_640

    1: 風吹けば名無し 2020/05/05(火) 13:40:46.86
    なにも勝ち取れないまま27まできた模様

    2: 風吹けば名無し 2020/05/05(火) 13:40:59.68
    ええんか?

    3: 風吹けば名無し 2020/05/05(火) 13:41:14.84
    日本最高クラスの逸材やったのに

    続きを読む

    2020-05-03_09h26_10
    1: 名無し募集中。。。 2020/05/03(日) 08:14:03.81 0
    どっちも大成はしなかったけど単純にサッカーのスキルとしてはどっちが上?

    11: 名無し募集中。。。 2020/05/03(日) 08:32:25.42 0
    >>1
    どう考えても宇佐美
    両方とも才能を活かしきれなかったが

    2: 名無し募集中。。。 2020/05/03(日) 08:16:09.13 0
    宇佐美

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/13(月) 14:16:42.47
    J1G大阪・宇佐美貴史の妻でキャスターの宇佐美蘭が、12日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」に出演。自宅でサッカーの話題をしない理由を明かした。

    以前、夫の貴史はサッカーの試合で負けると「どこがあかんかった?」と聞いてきたという。聞かれたため「あそこは点決めなあかんかったと思う」と正直に返答すると、「サッカー分からんくせに何言うねん」と言い返されたという。

    また、試合でうまくいかず落胆している時も「ピンチはチャンス 爆発することがくるよ」と励ますと、「浅はかな言葉で慰めるな」と返ってきたエピソードなどを披露。蘭は「そこからサッカーの話はするのはやめました」と苦笑いを浮かべていた。
    2020-04-13_19h37_36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00000050-dal-socc
    4/13(月) 12:24配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/04/05(日) 20:49:34.09
    J1G大阪の宇佐美貴史の妻でタレントの宇佐見蘭が5日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」に出演し、夫が名門バイエルン・ミュンヘン時代に受けた好待遇の一端を明かした。

    貴史は2011年7月から12年5月までバイエルンに所属。12年4月の欧州CL準決勝レアル・マドリード戦ではベンチ入りできず、5月の決勝では日本人初の欧州CL決勝でのベンチ入りを果たしたが、試合には出場できなかった。

    蘭は「一番ビックリしたのは(中略)ベンチに入ったっていうので、その月の収入が全部合わせて1000万円ぐらいボンっと入ってきた時は、ベンチに入っただけでこのボーナスもらえるの?ってすごい…」と、超一流クラブのリッチぶりに驚いたことを回想。

    夫は出場できなかったことで「すっごい落ち込んで」いたというが、蘭は「その月のヤツ(明細)をちらっと見たら『あ』って…。心が暖まってしまいました」と、正直に打ち明けていた。
    2020-04-05_22h09_28
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000096-dal-socc
    4/5(日) 20:27配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ