海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:宇佐美貴史

    burning-3088905_640

    1: 風吹けば名無し 2020/02/14(金) 12:38:20.01
    プレイの質が違ったわ
    ”贋作”の久保や小野や堂安なんかとは違う
    ボール持ってナンボよ

    2: 風吹けば名無し 2020/02/14(金) 12:38:39.95
    香川以外は盆栽で終わった

    3: 風吹けば名無し 2020/02/14(金) 12:39:14.63
    柿谷って海外挑戦でどこ行ったんだっけ?

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/27(月) 12:59:28.82
    no title


    サッカー元日本代表MF宇佐美貴史(27)=G大阪=の妻でキャスターの宇佐美蘭(28)が27日までに自身のインスタグラムを更新。家族で兵庫・有馬温泉を訪れたことを報告した。

    約2週間ぶりの更新となった蘭は「お久しぶりになってしまった」とあいさつ。

    貴史が所属するG大阪は来月23日に開幕するリーグ戦へ沖縄キャンプ中だが、「夫が一旦帰ってきて、少しですが家族でゆっくりできました じいじばあばも一緒に温泉へ 寒い中入る温泉って最高だ~」とつかの間の休息に温泉を訪れ、疲れを癒やしたという。

    「賑やかに過ごせて、子どもたちもずーっと楽しそうだったな お料理も美味しくてリフレッシュできました」と大満足。充電を終え「夫はもう二次キャンプへ 開幕に向けて頑張って~」とエールを送っていた。

    フォロワーからは「ラブラブ 幸せですね」「仲良し家族素敵です」「少しの時間でも一緒に過ごすって素敵ですね」「将来こんなふうになりたいです」などの声が届けられている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17724365/
    2020年1月27日 12時23分 スポーツ報知

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/21(土) 17:48:22.47
    2019-12-21_19h24_18

    https://www.youtube.com/watch?v=ano1DlRYcM0


    【日本最高峰のFW】宇佐美貴史が対峙して嫌だったDFベスト3!!!

    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/800763/128
    成績


    https://www.youtube.com/watch?v=4RRQZjw8l2Y


    【歌詞付きチャント】 ガンバ大阪 宇佐美貴史

    続きを読む

    67992_ext_04_0

    1: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 05:15:35.45
    やっぱり長友か?

    2: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 05:16:09.74
    香川

    3: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 05:16:34.79
    長友やろ
    南野はともかく後はおっただけやし

    4: 風吹けば名無し 2019/12/21(土) 05:16:54.21
    所属した時点でのすごさは香川
    チームでの実績なら長友

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/29(金) 14:19:19.85
    ドイツ・アウグスブルクから古巣ガンバ大阪に復帰した宇佐美貴史。直近3試合で4得点を挙げ、残留争いに巻き込まれていたチームを牽引している。27歳となった宇佐美が持つ才能と、MFとしては致命的な欠点を考えれば、FWでこそ活きると言えるだろう。(文:西部謙司)
    ベストプレーヤー

    ●本人は関心がない才能

    才能――本人の関心は意外と低かったりする。先天的に足が速かったり、記憶力がよかったりしても、苦労して手にした能力でないので執着が薄い。周囲がうらやむ才能でも、本人は当たり前にできることにすぎないので有り難みがないのだ。

    宇佐美貴史の才能はキックにある。何でもできる選手だが、とくに素晴らしいのはキックの精度と強さだ。インサイドキックに近い蹴り方なのでコントロールが効いていて、それでいてボールのスピードもある。シュートにはうってつけだ。二度目の渡欧前、その才能について聞いてみたら、本人はまったく関心を持っていなかった。自然にできてしまうことだからだ。

    幼稚園児のころから1人でも飽きずにボールを蹴っていたというから、その中で自然に身についたものなのだろう。小学生のときには数え切れないぐらい得点を決めていた。育成に定評のあるガンバ大阪でも最高傑作といわれ、17歳でトップデビュー、19歳でバイエルン・ミュンヘンへ移籍。バイエルンからホッフェンハイムを経て、いったんG大阪へ戻ると2013年のJ2優勝、2014年J1優勝に貢献。2016年6月にアウクスブルクへ移籍、2度目のドイツでの挑戦だった。

    そのころの宇佐美は地味な得点をとれるようになっていた。ドリブルでかわして叩き込む派手なゴールだけでなく、押し込むだけのようなゴール。同じ左サイドハーフのポジションのクリスティアーノ・ロナウドが、よりゴール前に専念することで「そこ」にいられる頻度を上げていると話していた。ただ、宇佐美の理想はそれではなかった。

    運動量をセーブして得点するのではなく、守備でも貢献しながら得点も量産すること。ロナウドもできないことをやろうとしていた。

    ●中盤で致命的な問題とは?

    2019年6月、宇佐美は再びG大阪に戻ってきた。ドイツでの3年を経て、27歳になっていた。前回の帰還ではチームの救世主になった。今回も最近3試合で4得点。一時は降格の危機もあったG大阪は9位に浮上している。

    戻ってきた当初はインサイドハーフで起用されていた。攻撃に関しては何でもできるのでやれないことはない。ただ、あまり向いていないと思った。

    問題は守備だ。宇佐美は全く守備ができないわけではないし、二度目の渡欧のときの話を聞くかぎりとても意欲を持っていた。しかし、向き不向きというものはある。守備力そのものが低いというよりも、そもそも守備をできる場所にいないことが問題だと思う。

    例えば、中盤で味方がボールを失った瞬間、自分がボールより前方にいるとそのまま置き去りにされる。失った瞬間にスプリントして戻っていれば間に合ったかもしれないのに、それが遅れるので守備に入れない。途中で気づいて慌てて走っても間に合わない。常にそうではないが、守備でスイッチが入りにくい。MFでポジションに穴を開ければ、それが90分間に1回であっても致命傷になりかねず、そうなるとMFとしての信用を失う。ドイツでは信用を落とさないために走り続けた。

    だが、それには宇佐美より向いている選手がいる。宇佐美のようなシュートは打てなくても、別の才能を持つ人はいるわけだ。宇佐美のポジションはFWであり、さらにセカンドトップである。そこしかないと言っていい。1トップ向きではなく、パートナーがいて生きるタイプ。現在はアデミウソンとの2トップになっていて、適性ポジションに起用されて結果を出している。

    攻撃能力、とくにシュートに関しては世界のトップでやれる才能がある。だからバイエルンが獲ったのだと思う。ただ、実際にそこでやっていくには才能以外の仕事もリーグの平均ぐらいはやれないと長い時間プレーするのは難しい。才能はどこまで行けるかの「可能性」にすぎず、才能を生かせるかどうは才能以外のことにかかっている。宇佐美に足りなかったのは才能以外の部分だったと思われる。

    FWでも守備は要求されるが、MFに比べれば負担は軽い。ロナウドほど守備免除にはならなくても、宇佐美の才能を生かすには2トップの一角が適性だろう。
    1129Usami2_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00010003-footballc-socc
    11/29(金) 10:41配信

    続きを読む

    2019-11-03_18h06_53
    1: 久太郎 ★ 2019/11/03(日) 17:55:54.58
    湘南 0-3 G大阪
    [得点者]
    10'小野瀬 康介 (G大阪)
    45+1'宇佐美 貴史(G大阪)
    50'宇佐美 貴史 (G大阪)

    スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
    入場者数:13,570人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/110310/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2019/08/28(水) 20:02:00.82
    2019-08-28_20h25_09

    8月16日に夏のJリーグ移籍登録期限が締め切られ、2018年ロシアワールドカップ日本代表の酒井高徳(神戸)と宇佐美貴史(G大阪)、同最終予選で活躍した井手口陽介(G大阪)ら大物選手が日本に復帰した。

    過去にも中村俊輔、清武弘嗣、内田篤人など欧州で実績を残した代表経験者の国内復帰が日本サッカー界を賑わせたことがあったが、彼らの全てがJで大活躍できたわけではない。

    実際、右ヒザのケガを抱える内田は、鹿島復帰2年目となる今季J1でわずか4試合の出場にとどまっている。清武も今季はコンスタントにピッチに立っているものの、帰国当初は相次ぐケガに見舞われた。「ピッチ状態や気候などの環境面に戸惑った」とも語っていて、傍目から見るほど適応は簡単ではないのだ。

    今回2度目の古巣復帰を果たした宇佐美も、7月20日のJ1・名古屋戦からピッチに立っているものの、今のところゴールは名古屋戦の1点だけ。日本特有の暑さが大きな障害になっていると打ち明ける。

    「気候の影響で夏場のJリーグはかなりスローなテンポになる。それはプレシーズンマッチで来日したチェルシーなんかを見てもそうでした。

    あれだけのフィジカルや身体能力を持つ選手たちでも思うように動けなくなるほど、日本の暑さは欧州にはないもの。僕も3年間ドイツにいたので、そこはなかなか慣れない部分です」と厳しい表情をのぞかせた。

    こうした気象条件に加え、欧州で試合出場機会に恵まれなかった選手はコンディションを上げるのに苦労することになる。

    昨季デュッセルドルフでリーグ19試合出場1ゴールと少ないながらもピッチに立っていた宇佐美はともかく、2018年1月の欧州挑戦以来、スペインとドイツで合計リーグ12試合しか出番を得られなかった井手口の方はより大変だったに違いない。

    8月10日のJ1・広島戦で帰国後初舞台を踏んだものの、運動量や体のキレの部分で見劣りする部分が多かった。さらに厳しい印象を与えたのが14日の天皇杯3回戦・法政大学戦。

    宮本恒靖監督から満を持してスタメン起用されたものの、全くと言っていいほど精細を欠き、前半45分間で下げられる事態に陥った。

    全文はソースで
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190828-00000007-sasahi-socc

    続きを読む

    2d694e74-s

    1: 風吹けば名無し 2019/08/10(土) 01:39:23.31
    プレイの質が違ったわ
    ”贋作”の久保や小野や堂安なんかとは違う
    ボール持ってナンボよ

    4: 風吹けば名無し 2019/08/10(土) 01:40:33.66
    家長「ワイやぞ」

    7: 風吹けば名無し 2019/08/10(土) 01:41:37.18
    ジーニアス(迫真)

    11: 風吹けば名無し 2019/08/10(土) 01:41:56.02
    香川だけやったな

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/07/29(月) 09:04:01.31
    公式インスタグラムのストーリーに新車との2ショットを投稿
    no title


    ガンバ大阪FW宇佐美貴史が「新しい相棒」を“自画自賛”している。自身の公式インスタグラムで「新しい相棒が来ました」と綴り、新車との2ショットを公開。ストーリー(24時間で自動的に削除される写真・動画)も投稿し、「手前味噌ですが。シブい」と愛車に“ベタ惚れ”のようだ。

    【写真】「手前味噌ですが。シブい」と“自画自賛”!? 宇佐美がベタ惚れする愛車との2ショット


    宇佐美は今夏、ドイツ1部アウクスブルクから3年ぶりにG大阪へ復帰。7月20日のJ1リーグ第20節名古屋グランパス戦(2-2)では、1-2と敗色濃厚のなかで迎えた後半アディショナルタイム1分に劇的な同点ゴールを頭で決め、まさに救世主となった。8月2日に行われる次節は、宇佐美自身がJリーグ時代に対戦した公式戦11試合で12得点と“お得意様”とするヴィッセル神戸。エースには2試合連続ゴールへの期待が寄せられている。

    そんななか、インスタグラムに新車との2ショットを投稿。車種はジープ・ラングラーのアンリミテッド・ルビコンと見られ、ストーリーでは「手前味噌ですが。シブい」と綴っている。今年5月に発売された車種で、全国メーカー希望小売価格は588万6000円。宇佐美は思わず“自画自賛”したくなるほど愛車にメロメロな様子で、写真では“相棒”に腰掛け、笑みを浮かべている。

    ジープの公式ホームページによると、宇佐美の“相棒”は「米国ネバタ州からカリフォルニア州に続く世界一過酷と言われるルビコントレイルから命名」されたという車種で、「その名の通り、道なき道を難なく進む」という。キャリア“3度目”のJリーグ挑戦では、現在11位のG大阪を上位へ浮上させ、4季ぶりとなるタイトル獲得を託された宇佐美。新たな相棒のコンセプト通り、どんなに高い壁でも難なく乗り越え、突き進んで欲しいものだ。

    7/29(月) 6:20 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190729-00206869-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ