海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:宇佐美貴史

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/26(土) 08:09:29.30
    2018-19シーズンのブンデスリーガ後半戦がスタートした。

    後半戦の見どころは、まず、首位ドルトムントが本当に独走するのか。それをバイエルン、ボルシアMG、ライプツィヒがどこまで追い上げるか。フランクフルトがチャンピオンズリーグ圏内の4位までに食い込めるのか、といったところだ。また、まだ冬の移籍市場は開いている。香川真司(ドルトムント)はどうするのか、新たな日本人選手が来ることはあるのかといったことからも目が離せない。

    再開直後の第18節、大きな番狂わせはなかった。

    日本人の所属チームを見てみると、長谷部誠のフランクフルトが3-1でフライブルクを下している。長谷部は相変わらず安定感のあるプレーでチームを牽引。過去に欧州でプレーした選手を見ても類を見ない息の長さで、今後もしばらくは活躍してくれそうだ。

    また、宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは、宇佐美のレンタル元であるアウフスブルクを敵地で2-1と下している。久保裕也の所属するニュルンベルクとヘルタ・ベルリンの対戦は1-3でヘルタが勝利を収めた。久保が出場したのは82分から。期待を集めていた加入当初に比べると出場時間が減っており、もう一度、信頼を勝ち取らなければならないだろう。

    大迫勇也(ブレーメン)と長谷部を除くと、なかなか目立った活躍を見せることができていない今季のブンデスリーガの日本人選手のなかで、前半戦の終わりごろからチームにおいて存在感を発揮するようになったのが宇佐美だ。

    アウフスブルク戦でも先発出場を果たし、68分に同じポジションの争うベニト・ラマンと交代している。そのラマンが得点をあげているのは気にならないではないが、宇佐美はこれで第14節から連続で先発。昨年夏はW杯に出場したことと、移籍問題もあって合流が遅れたが、これでようやくスタートラインに立ったということだ。

    アウフスブルク戦では、45分に前線へのスルーパスを通し、先制点の起点になっている。積極的に味方に絡み、プレーに関与しているところが連続先発の理由かもしれない。第15節、第16節と、連続してアシストも決めており、味方を使う仕事をすることで信頼関係を構築できているのだろう。

    個人的な技術やシュート力については、昨季の同僚だった原口元気は「天性のもの」と認めている。一方で、守備における献身性や味方との調和性に欠けるところがあり、「そのあたりがついてきたら無敵なんだけど……」とも話していた。

    アウフスブルク戦でも後半に入るとファウルで警告を受け、さらにこのプレーによって与えたフリーキックから、チームは失点してしまう。交代したのはこの失点の5分後のことだった。軽率なプレーもまだ見られ、信頼をより厚いものにするために、改善すべき点はまだ多い。

    アジアカップを戦う日本代表に選ばれなかった宇佐美は、「代表は常に意識しているけれど、(今の自分は)そこを見ている余裕はない」と、まずはクラブでの戦いにフォーカスしている。現在の日本代表を脅かす存在になるためにも、フォルトゥナでのさらなる成長が求められるのは確かだ。

    次節、14位のデュッセルドルフはホームに4位ライプツィヒを迎える。
    2019-01-26_20h43_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190126-00010001-sportiva-socc
    1/26(土) 7:42配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/23(日) 07:53:26.67 _USER9
    ドルトムント戦2-1と勝利も…デュッセルドルフ宇佐美のシュートミスに脚光

    FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは、現地時間18日のドイツ・ブンデスリーガ第16節でドルトムントと対戦し、2-1と勝利した。

    この試合でゴールをお膳立てした宇佐美だが、その一方でゴール手前5メートルからフリーの状態でシュートを放つも決めきれず、ブンデス公式YouTubeチャンネルが動画を公開。「なんてミスだ」と驚きの声がファンから上がっている。

    前半22分、MFドディ・ルケバキオのゴールでデュッセルドルフが先制。
    1-0とリードで迎えた同38分、右サイドからDFジーン・ツィマーの鋭いクロスに反応したのが宇佐美だった。

    タイミング良くゴール前に入り込んだ宇佐美は、フリーの状態でシュート。

    相手GKはニアサイドに寄っており、無人に近い状態のゴールだったが、宇佐美は合わせきれずにボールも大きく逸れた。

    後半11分には宇佐美のパスからDFヤン・ツィマーが追加点を叩き込んで2-0とリード。

    終盤に1点返されるも、そのまま逃げ切って2-1と勝利した。

    ブンデス公式YouTubeチャンネルでは、宇佐美のプレーに注目。「タカシ・ウサミが無人のゴールでミス」と題した動画をアップすると、「今季ミス大賞候補の一つ」と評している。

    返信欄では「オーマイゴッド」「ハハハハハ」「なんてミスだ」「ボールが後ろから来たりして、選手が時々ミスをするのは理解できる。だけどこれは説明できない」などコメントが並んだ。

    今季無敗だったドルトムントに初めて土をつけたデュッセルドルフ。注目を集めた一戦だっただけに、宇佐美のミスが一層際立つ形となってしまったようだ。
    20181223_Takashi-Usami
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181223-00156232-soccermzw-socc
    12/23(日) 7:40配信」

    https://youtu.be/gSESsNyX_WI


    デュッセルドルフMF宇佐美貴史がゴール手前5メートルの位置からまさかのシュートミス

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/19(水) 06:28:19.05 _USER9
    ブンデスリーガ第16節が18日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントはアウェイでMF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフに1-2で敗れた。宇佐美は左サイドハーフで3試合連続の先発出場。38分に絶好機を外したものの、56分には2試合連続となるアシストを記録し、デュッセルドルフの大金星に大きく貢献した。

    デュッセルドルフは22分、カウンターでドディ・ルケバキオが抜け出して冷静にゴールを沈めて先制。56分には宇佐美からパスを受けたヤン・ツィマーがペナルティエリア手前右から鮮やかなミドルシュートをゴール左上隅に突き刺して2点差とした。

    ドルトムントは60分にパコ・アルカセルとジェイドン・サンチョを投入。すると81分に右サイドからのクロスをP・アルカセルが合わせて1点を返す。

    しかし反撃もそこまで。支配率7割を占めたドルトムントは今シーズンのリーグ戦初黒星で、開幕無敗記録は15でストップ。大金星を収めたデュッセルドルフは今シーズン初の連勝を飾った。なお、宇佐美は同試合で86分までプレーしている。

    次節、デュッセルドルフは22日にアウェイでMF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーと、ドルトムントは21日にホームでボルシアMGと対戦する。

    【スコア】
    デュッセルドルフ 2-1 ドルトムント

    【得点者】
    1-0 22分 ドディ・ルケバキオ(デュッセルドルフ)
    2-0 56分 ヤン・ツィマー(デュッセルドルフ)
    2-1 81分 パコ・アルカセル(ドルトムント)

    【スターティングメンバー】
    デュッセルドルフ(4-1-4-1)
    レンジング;ツィンマーマン、アイハン、カミンスキ、ギーセルマン;ゾボトカ(分 ボジェク);ツィマー、シュテーガー、フィンク、宇佐美;ルケバキオ

    ドルトムント(4-2-3-1)
    ビュルキ;ピシュチェク、アカンジ(46分 トプラク)、ディアロ、シュメルツァー;ヴィツェル、デラネイ(60分 P・アルカセル);プリシッチ、ロイス、ラーセン(60分 サンチョ);ゲッツェ
    2018-12-19_07h59_23
    12/19(水) 6:24配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00878678-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/16(日) 01:29:53.03 ID:CAP_USER9
    DFアイハンが2ゴール

    ブンデスリーガ第15節が15日に行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフとフライブルクが対戦した。

    デュッセルドルフの宇佐美貴史は2試合連続の先発。右サイドのアタッカーに入った。前半はあまり見せ場なくスコアレスで推移すると、後半の55分に試合は動く。

    右サイドのコーナーキックで宇佐美がアウトスイングで鋭いボールを入れると、ドンピシャで合わせたのはDFカーン・アイハン。高い打点で叩き込み、先制に成功する。

    さらに79分、またも宇佐美の右足から追加点が生まれる。右からのコーナーで、宇佐美のボールをマルチン・カミンスキが折り返すと、再びアイハンが押し込んで、貴重な追加点を奪う。

    3点目のチャンスもあったが、ドディ・ルケバキオが決めきれず、試合は2-0のまま終了。フル出場となった宇佐美の活躍もあり、4試合ぶりの白星を手にした。

    12/16(日) 1:21 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00010003-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: pathos ★ 2018/12/08(土) 09:56:42.20 _USER9
    [12.7 ブンデスリーガ第14節 ブレーメン3-1デュッセルドルフ]

    ブンデスリーガ第14節1日目が7日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはホームでMF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフと対戦し、3-1で勝利した。大迫は体調不良でベンチ外。宇佐美は2試合ぶりに先発に復帰。左サイドハーフの位置でプレーしたが、前半のみで交代となった。

    先手を取ったのはホームのブレーメンだった。前半20分、PA左のFWマックス・クルーゼがマークを外して落とすと、走り込んだMFケヴィン・メーヴァルトが強烈な右足ミドルでネットを揺らし、先制に成功。宇佐美は守備に追われたが、前半34分にはフィニッシュに持ち込む場面もあった。

    デュッセルドルフも前半40分、左CKで競り合ったブレーメンDFセバスティアン・ランカンプがVARの末にハンドの判定となり、PKを獲得。キッカーのFWドディ・ルケバキオが左足でゴール右下隅に沈め、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

    1-1で折り返した後半開始と同時に宇佐美は途中交代。後半はブレーメンのペースで試合が進み、同26分、こぼれ球に反応したFWヨハネス・エッゲシュタインのミドルシュートをGKが弾くと、FWマルティン・ハルニクがダイレクトで押し込んだ。

    2-1と勝ち越しに成功したブレーメンは後半33分にもダメ押しゴール。途中出場のU-19アメリカ代表FWジョシュア・ザルゲントがヘッドで押し込み、3点目。期待の18歳がブンデスリーガデビュー戦出場2分で初ゴールをマークした。ブレーメンが3-1で勝利し、6試合ぶりの白星。デュッセルドルフは連敗となった。
    2018-12-08_14h16_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-08351654-gekisaka-socc

    続きを読む

    spo1503250043-p3
    1: Egg ★ 2018/12/03(月) 22:03:48.27 _USER9
    サッカー日本代表の森保一監督が3日、初の欧州視察から帰国して東京都内で取材に応じ「クラブの方々と直接コミュニケーションを取ることは大事。選手のデータなど情報共有していきたい」と語った。

    ベルギー、ドイツでの試合や練習を回り、監督就任後に日本代表に招集していない香川真司(ドルトムント)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)らと面会。香川はクラブで出場機会を失っているが「元気そうだった。日本代表を強化していく上で貴重な戦力ということは彼らに伝えてきた」と述べた。

    欧州チャンピオンズリーグの試合だけでなくユースリーグの試合も視察し「ボールの奪い合いの激しさなど強度は向こうの方が高い。日本もレベルアップしているが世界はまだまだ先を走っている。国内の一人の指導者として考えていきたい」と気持ちを新たにしていた。【大島祥平】

    12/3(月) 20:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000090-mai-socc

    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/11/11(日) 01:27:03.47 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガは10日に第10節が各地で行われた。

    フォルトゥナ・デュッセルドルフは、ホームでヘルタ・ベルリンと対戦。4-1で勝利した。

    宇佐美貴史は前節に続いて先発したが、前半は守備に追われる時間が多く、なかなか持ち味を生かす場面が訪れない。30分過ぎにボックス手前からミドルを放ったが、枠を外れた。終了間際に相手が退場者を出したが、前半はスコアレスで折り返す。

    すると50分、宇佐美に待望の今季初ゴールが生まれる。左サイドからのパスをボックス内でフリーで受けると、左足を振り抜く。強烈な一撃がネットに突き刺さった。勢いに乗るフォルトゥナは、63分にヘニングスが、84分、92分にラマンが加点。終盤に1点を返されているが、4-1で勝利を収めている。

    リーグ戦6連敗中のフォルトゥナだったが、これが7試合ぶり2度目の白星に。宇佐美はゴールという結果で貴重な勝利に大きく貢献している。

    ブレーメンは、ホームでボルシアMGと対戦。1-3と敗れている。

    ここまでリーグ戦6試合先発が続いていた大迫勇也だったが、この日はベンチスタートに。チームは前半のうちにプレアのゴールを許すと、その後52分までにプレアにハットトリックを達成される苦しい展開に。59分にシャヒンが1点を返したが、反撃もここまで。ブレーメンは、これでリーグ戦3連敗となった。なお、大迫に出場機会は訪れなかった。

    また、ニュルンベルクFW久保裕也は、シュトゥットガルト戦でベンチ外に。チームは0-2と敗れている。
    2018-11-11_02h20_49
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000042-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/04(日) 22:30:35.34 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表MF宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフ=が4日放送のTBS系「消えた天才」(日曜―・後6時半)にVTR出演し、かつて同世代に伝説の選手がいたことを明かした。

    その選手とは、G大阪ユースでエースナンバー10番を背負っていた河本光善さん(みつよし、27)。日本代表の原口元気(27)=ハノーファー=とも、合宿などでたびたび話題に出るという。

    「僕らの世代は全員憧れていた」と宇佐美。「天才ですね。アイデアを表現するためだけにサッカーをしているのかと思うくらい。一挙手一投足を気にしていた」と明かした。

    番組では宇佐美の希望をかなえるべく、河本さんを捜索。探し当てられた河本さんは、自宅で、なぜサッカー界から姿を消したのか語った。

    河本さんは「才能がありすぎてサッカーに魅力がなくなっていった」と口を開き、「中学2年で高校生チームの練習に参加したけど、テクニックは劣っていなかった。

    中学3年生でプロになれると確信しました」。しかし、飛び級でユース(高校生チーム)に入ると、「一瞬のプレーで沸かす」といった河本さんのプレースタイルを受け入れてもらえなかったという。

    チームプレーを大事にするチームでは、しだいに孤立。高校に進学するも、そのままサッカーを辞め、高校も退学した。

    その頃から暴走族の仲間となり、荒れた生活を送っていたが、中学生から交際していた妻・茉優さんの励ましで改心していったという。

    現在は2人の男の子の父親として、電話回線を工事する会社に勤務している。茉優さんに「支えがなかったら、前に進めていなかった。ありがとうしかない。頭が上がらないとはこのこと」と感謝した。

    番組スタッフから宇佐美へのメッセージを頼まれた河本さんは「代表でも、チームでも絶対にもっと出来る。宇佐美の力は、こんなもんじゃない」とエールを送った。

    この映像を受け取った宇佐美は「シビれるなー、このVTR。鳥肌が止まらない」と述べ、「光善くんが言ってくれたように、ドイツでも日本代表でももっと出来ると僕も思っている。光善が驚くプレーを見せたい」と言い切った。

    11/4(日) 22:19配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000245-sph-ent

    写真
    20181104-00000245-sph-000-view
    続きを読む

    1:春の呪い ★:2018/11/03(土) 14:24:00.87 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表MF宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)が4日放送の“消えた天才”の第2の人生を追跡するTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後6・30)に出演。中学時代にかなわなかった1学年上の天才サッカー少年の存在を明かす。

    ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場し、2大会ぶりに16強入りしたチームに貢献した宇佐美。現在はドイツのデュッセルドルフでプレーし、日本を代表するサッカー選手の1人となった宇佐美だが、かつて同世代に「サッカーには才能が存在すると教えてくれた」伝説の選手がいたという。

    その天才は12歳以下、14歳以下の日本代表として、原口元気(27)らを控えに押しのけ主力選手として活躍。雑誌で特集が組まれるほどで、宇佐美は「本当に天才気質。学年は1つ上で、僕らの世代は全員あこがれています。(サッカーを続けていれば)絶対に日の丸は背負っていた。僕が海外でプレーできているぐらいなので、そんなレベルじゃない」と当時を振り返る。

    Jリーガーになることもなくサッカー界から姿を消した天才に何があったのか―。天才の今を知る者はなかなか見つからず、追跡は難航したが、番組は本人へのインタビューに成功。本人が「中学生でプロになれると確信」したにもかかわらず、サッカーをやめた理由を激白する。
    さらに、サッカーをやめた後に一時は暴走族になっていたという波乱の人生も明らかとなる。
    2018-11-03_15h28_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000089-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/31(水) 07:55:22.18 ID:CAP_USER9.net
    DFBポカール2回戦が30日に行われ、FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフはアウェイでウルム(4部)に5-1で勝利した。宇佐美は今シーズン初のフル出場で、初アシストも記録した。

    デュッセルドルフは開始直後に失点を喫したが、15分に宇佐美が右サイドからのクロスでマーヴィン・ドゥクシュの同点ゴールをアシスト。すると33分にロウヴェン・ヘニングスが逆転ゴールを挙げ、37分と43分にはドディ・ルケバキオが立て続けに追加点を奪って、前半の内に3点差にひっくり返した。後半も70分にドゥクシュが自身2点目を決めて、大勝で3回戦進出。公式戦では7試合ぶりの白星となった。

    【スコア】
    ウルム 1-5 デュッセルドルフ

    【得点者】
    1-0 1分 アルディアン・モリーナ(ウルム)
    1-1 15分 マーヴィン・ドゥクシュ(デュッセルドルフ)
    1-2 33分 ロウヴェン・ヘニングス(デュッセルドルフ)
    1-3 37分 ドディ・ルケバキオ(デュッセルドルフ)
    1-4 43分 ドディ・ルケバキオ(デュッセルドルフ)
    1-5 70分 マーヴィン・ドゥクシュ(デュッセルドルフ)

    10/31(水) 5:11配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00855908-soccerk-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ