海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:宇佐美貴史

    1:Egg ★:2018/08/15(水) 15:21:20.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表のサッカー日本代表・宇佐美貴史選手の妻で女優の宇佐美蘭が14日にトークバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、夫の愚痴を披露し、ネット上で物議を醸している。

    この日は「ややこし夫VSイライラ妻」として、スタジオに登場したゲストがお互いの夫・妻に関するトークを展開。そんな中、「イラッとくる夫の言動」というトークテーマで話を振られた宇佐美蘭は「主人が、海外旅行が嫌い」とコメント。宇佐美選手は現在ドイツのサッカーチームでプレーしており、車で海外旅行に行ける環境にあるものの、全く行こうとしないところにイライラすると話した。

    さらに、宇佐美蘭は「オフの日ぐらい楽しませろって思うじゃないですか。もっと私をもてなせよって思うんですよ」と宇佐美選手を非難。明石家さんまはじめスタジオの共演者が「サッカーで疲れてると思う」とフォローしても、「こっちは育児毎日してるんですよ」「サッカーは一日の練習時間は2時間とかそんなもんなんですよ。だからほとんど家で過ごしてる時間が多いから」となおも反論していた。このトークを見かねたジャングルポケットの斉藤慎二が「休んだりすることも練習というか仕事だから」「スター選手ってオンなんですよ常にきっと。オフにできないんですよ」と宇佐美選手フォローするも、「何も知らないじゃないですか!」とバッサリ。他の共演者の説得も聞こうとせず、頑なな態度を取り続けていた。

    一方、この放送に対し視聴者からは「宇佐美が可哀想。支えるつもりがない。日本代表の妻なのに」「宇佐美の奥さんとても感じが悪かった。不快にしかならなかった」「スポーツ選手の妻なのにありえない。わがまま言う前に夫を支えなよ」といった批判が続出してしまった。

    サッカー日本代表に選出されるほどの選手の妻なのに関わらず、夫の仕事を支えようとしていないと感じたサッカーファンも多かった模様。ネット上にはいまだ批判の声が書き込まれている。

    写真


    2018年8月15日 12時20分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15161600/
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/14(火) 07:54:25.29 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表・宇佐美貴史選手の妻で女優の宇佐美蘭が、きょう14日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(毎週火曜19:56~)に出演し、夫への不満を語る。

    「イラっとくる夫・妻の言動」というトークテーマで、宇佐美は、夫がオフの際にドイツに行ってもまったく観光に連れて行ってくれないことに不満が爆発。「オフの日くらい楽しませろよ」「もてなせ」と訴える宇佐美に、ジャングルポケットの斉藤慎二らは「引退まで我慢できないですか?」などと説得を試みる。

    しかし、それでも焼け石に水で、「何も知らないじゃないですか」と宇佐美のさらなる怒りを買ってしまう。

    今夜の放送には、マニアックな魚釣り名人ものまねのくじらも出演。美人妻を横に連れているくじらに、明石家さんまが「どう口説いたんや」と首を傾げると、「恋愛って条件から始まるわけじゃない」「男の人って短期間で口説こうとするけど俺は1年くらいで考える。1年経つと…」など、次から次へと恋愛名言が飛び出す

    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180814/Cobs_1803239.html
    マイナビニュース 2018年8月14日 06時00分



    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/08/01(水) 20:59:26.01 ID:CAP_USER9.net
    宇佐美貴史は新シーズン、再びデュッセルドルフでプレーするようだ。ドイツの全国紙『Bild』が報じている。

    宇佐美の移籍話はロシア・ワールドカップ前に浮上し、アウクスブルクからデュッセルドルフへ完全移籍するための交渉が進んでいると囁かれていたが、最終的にはレンタル移籍で決着が付いたようだ。

    どうやら、完全移籍は300万ユーロ(約3億9000万円)と提示された移籍金などの条件面で折り合わず。レンタルに伴う買取りオプションなどの詳細は明らかになっていない。

    『Bild』の取材に対し、宇佐美をもう1年レンタルすることを認めたデュッセルドルフのロベルト・シェーファー会長は、「私たちはタカをホームに連れて戻るよ!」と喜びを露わにした。

    「昨シーズンはすべてうまくいった。タカが戻ってきて、新シーズンを一緒にプレーすることができてうれしいよ」

    昨シーズンは2部リーグで戦ったデュッセルドルフで、宇佐美は28試合に出場し、8得点・3アシストと活躍。1部昇格にもおおいに貢献し、チームスタッフ、選手、そしてサポーターからの信頼も厚い。

    ひとつ懸念事項があるとすれば、日本人コンビとして躍動した“元相方”原口元気が、ハノーファーに移籍してしまった点だろう。

    しかし、会長は宇佐美に絶大な信頼を寄せており、「彼が最後まで私たちを待ってくれた。スタートからまた一緒に、形を作っていくことができると確信している」と語った。

    また、フリードヘルム・フンケル監督も喜びの声を挙げ、「タカがひと皮むけるには、ゲンキの存在が必要だった。でも、それは過去のことだ。彼はゲンキがいなくても、彼自身の能力を発揮できると思うよ!」とコメントしている。

    宇佐美はまずアウクスブルクで、現時点で2020年までとなっている契約を1年間延長した後、“ホーム”へ帰還する見込みだ。
    2018-08-01_21h43_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180801-00044916-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/07/31(火) 07:21:50.05 ID:CAP_USER9.net
    日本代表MF宇佐美貴史は、アウクスブルクへ退団のためにへプレッシャーをかけていると、ドイツ『RP ONLINE』が伝えた。

    ロシア・ワールドカップを戦った宇佐美。そのため、チームのプレシーズン合流は遅れていた。
    26日には、アウクスブルクのその他W杯参加選手が合流した一方、宇佐美は「プライベートな理由」として日本に滞在し、練習に参加しなかったという。

    『RP ONLINE』は、宇佐美は「プレッシャーを強めている」とし、現在行われているトレーニングキャンプからも離れていると伝えた。
    2020年まで契約を残しているが、昨季レンタルで加入していたフォルトゥナ・デュッセルドルフへの移籍を希望しており、解決策を模索し続けているという。

    アウクスブルクからの移籍のために強引とも言える手段を取る26歳MFだが、同メディアは「移籍志願も不思議ではない」と論じている。

    「デュッセルドルフでは8ゴールを決めて重要な役割を果たし、輝かしいシーズンを過ごした。
    以前の所属先(バイエルン、ホッフェンハイム、アウクスブルク)ではそうではなかったため、彼にとって初めての経験だった」

    「アウクスブルクでは控え扱いであるため、そこでは続かないだろう。移籍を志願するのも不思議ではない」

    去就問題が長引けば、移籍する場合でも、25日に開幕するブンデスリーガでの出場機会に大きく影響を及ぼすことになるだろう。
    宇佐美は、今季どのクラブでプレーすることになるのだろうか。
    2018-07-31_07h30_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000029-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/30(月) 06:01:36.15 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表MF宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフ=が29日放送のフジ「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に出演。コンピューターゲームなどに登場する自身のキャラクターの能力値に疑問を持つファンから“クレーム”が多数届く悩みを打ち明けた。

    番組では「eスポーツ」の話題となり、サッカーゲームなども盛り上がりを見せていることが紹介された。ゲームをするのか尋ねられた宇佐美は「オンラインゲームとか。最近はあまりやってませんけど」と答えたが、それ以上に気になることがあるという。

    実在の選手が登場するサッカーゲームの中で、宇佐美の能力値が高めに設定されているという。これに疑問を覚える一部ファンから“クレーム”が届くらしい。「海外のファンは主張がはっきりしているので、僕のインスタグラムに貼り付けてくるんですよ。こんな顔文字を」と“疑問顔”が投稿されることを明かした。

    これらの厄介な攻撃に関しては「即行でブロックしてやりますよ」と、見事に対応している様子だ

    7/29(日) 23:35配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000152-dal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/29(日) 21:06:58.06 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表MF宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフ=が29日放送のフジ「ジャンクSPORTS」に出演。日本代表がベスト16入りしたロシアW杯において、MF本田圭佑(32)の意外な姿を暴露した。

    孤高なイメージを誇る本田が一変したのは1次リーグ最終戦・ポーランド戦後のこと。この試合、日本は0-1でリードされていたが、決勝トーナメント進出の条件を考えて同点を狙わず、そのまま試合を終わらせることを選択。終盤、攻撃をせずに自陣でパス回しに終始し、他会場の結果頼みで16強進出を決めた。

    賛否を巻き起こした戦略での決勝トーナメント進出に試合後、ベースキャンプへ戻る航空機の中では「暗い雰囲気だった」と宇佐美は語る。その空気を察知したのが、本田とDF槙野(浦和)であり、機内でカラオケをいきなり始めたという。「槙野、カラオケやるから音楽かけろって言って。最初ゆずから始まり、RIP SLYMEの時はケイスケ君、もうこんな感じでした」とノリノリのヒップホッパーのジェスチャーを見せた。

    宇佐美は、その本田について「思考がすごい」と感心する。自身はアンチたちにいろいろと言われることが気になり、ある時「アンチについてどう思っているんですか」と尋ねたという。すると本田は「愛情しかない」と即答。「彼らが成長して人の悪口など言わなくなることを切に願っている」と続けたという。本心かどうかは別として、その思考には驚いた様子だった。

    7/29(日) 20:27配信
    2018-07-29_22h03_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000129-dal-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/07/17(火) 14:48:02.00 ID:CAP_USER9.net
    ▽ブンデスリーガ2部のケルンが、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『エキスプレス』が伝えている。

    ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、昨季リーグ戦28試合8ゴール3アシストでブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した宇佐美。同選手の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。交渉の行き詰まりが取り沙汰され、撤退の可能性も伝えられている。

    ▽今回伝えられるところによると、ケルンが宇佐美獲得を検討。移籍交渉が行われていたかは定かではないが、アウグスブルクのスポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏が、ケルンのキャンプ地に訪れて、ケルンのスポーツディレクターであるアルミン・フェー氏と1時間半の会談を行っていたことも伝えている。
    pcimage
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=320944
    続きを読む

    1:親日@シコリアン ★:2018/06/29(金) 22:32:58.28 ID:CAP_USER9.net
    <サッカー日本代表>武藤反省「冷静になっていなかった」

    28日のポーランド戦でW杯のピッチに初めて立った武藤は、好機は作りながらも得点できず「(決定機を)ものにできなかったからこそこういう結果につながった」と反省の言葉を口にした。

    前半12分には、ペナルティーエリア手前で相手ボールをカット。最大の決定機を迎えたが、フリーでいた宇佐美を「見えていなかった」とパスをせずに、左までドリブル。チャンスを逃し「冷静になっていなかった」と後悔した。

    6/29(金) 12:28配信
    2018-06-29_23h35_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000051-mai-socc
    続きを読む

    usmai

    1:Egg ★:2018/06/15(金) 07:53:02.93 ID:CAP_USER9.net
    W杯ロシア大会開幕を前に、14日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが1次リーグの展望を掲載した。

    H組については、コロンビアが1位、ポーランド、セネガルが続き、日本は最下位と予想している。

    「日本はハリルホジッチ監督が開幕2カ月前に解任され、予想できない」とし、2014年に敗れたコロンビアと再戦することを紹介。「香川真司と本田圭佑は不確か」とし、「(一昨季)プレミアでラニエリ監督と勝利した(レスター)岡崎慎司、もしくはデュッセルドルフで頭角を現した才能ある宇佐美貴史に頼った方が良いだろう」と伝えている。

    スポーツ報知 6/14(木) 19:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00238574-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/14(木) 19:55:12.20 ID:CAP_USER9.net
    ガーナ戦、スイス戦で喫した4失点はセットプレー絡み 西野監督が失点傾向に言及

    日本代表は現地時間12日、国際親善試合パラグアイ戦で4-2と勝利を収め、19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に向けて弾みをつけた。しかし試合後、西野監督は失点傾向について苦言を呈し、そのなかでMF宇佐美貴史を名指しで叱責する場面も見られた。

    パラグアイ戦では前半32分にロングスローからのこぼれ球を押し込まれて先制点を献上。乾貴士の2ゴール、そしてオウンゴールで日本が3-1と逆転するも、後半45分に強烈なミドルシュートを決められて1点差に詰め寄られた。その後、MF香川真司がダメ押しゴールを決めて4-2で勝利を収めている。

    西野体制の初陣となった5月30日のガーナ戦(0-2)、そして6月8日のスイス戦(0-2)で喫した計4失点は、いずれもセットプレー絡みから生まれた。西野監督はそうした傾向について「今日の戦前のミーティングでも、PK二つ、FK一つ、自分たちのFKからの逆襲で一つ。そういう止まったボールから失点している」と叱咤したという。指揮官にとってこれらの失点は許しがたいようで、「こんな屈辱的なことはない」と口にしているほどだ。

    「そういう一つのリスタートで状況はガラッと変わってしまう。流れのなかでは全体が意識しながら失点を防いでいる。非常にもったいないゲームの流れに自分たちでしている」

    パラグアイ戦で西野体制初勝利も…「失点にフォーカス」で宇佐美の名前
     
    これまでの2試合でそうした反省材料が浮き彫りとなったなか、パラグアイ戦でも2失点。「今日4得点で勝利したとはいえ、失点にフォーカスを当てないといけない」とシビアに振り返った。そのなかで宇佐美の名前を挙げて、次のように叱責している。

    「それも完全に崩されているわけでもなく、こぼれ球のリアクションが遅かったり、不用意なFKを与えるとか、寄せが少し足りない宇佐美がいるとか」コロンビアには世界屈指のキッカーであるMFハメス・ロドリゲスがおり、日本にとって間違いなく脅威となる。

    指揮官は「リスタートに対して、リスク管理をもう少しかけないと」と危機感を露わにしており、急ピッチで改善を図っていく。

    6/13(水) 11:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00110893-soccermzw-socc&pos=3

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ