海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:宇佐美貴史

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/06/15(水) 13:40:15.97 ID:CAP_USER9.net
    ガンバ大阪の日本代表FW宇佐美貴史に、フランス・リーグ1のナントが獲得オファーを提示したと仏メディア『FOOT SUR 7』が伝えている。

    過去にも宇佐美への関心が報じられてきたナントだったが、獲得に向けて本格的にオファーを出したという。

    宇佐美はブンデスリーガのアウグスブルク移籍が決定的と言われており、1stステージ終了後にも発表されるという見方もある。

    しかし、来季に向けて攻撃的なポジションの選手を補強したいナントは宇佐美の獲得を諦めず、センターフォワードで起用する意向があるという。

    ナントは今季のリーグで残留争いをするも最終的に14位で終えて1部残留を果たしている。
    20160615_usami_getty-560x373
    フットボールチャンネル 6月15日 10時59分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160615-00010018-footballc-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/10(金) 05:52:42.52 ID:CAP_USER9.net
    G大阪の日本代表FW宇佐美貴史(24)が、今夏にドイツ1部アウクスブルクに完全移籍することが9日、決定的となった。梶居勝志強化本部長(52)はこの日までに正式オファーが届いたことを明かし、複数の関係者によると、アウクスブルク側は移籍金2億円の満額を用意しているもよう。交渉はスムーズに進展する見通しで、エースのG大阪ラストマッチが25日の第1ステージ最終節・名古屋戦(吹田S)になる可能性が出てきた。

    G大阪のエースが、再び海をわたる日が近づいてきた。9日に吹田市内で報道陣に対応した梶居強化本部長は、宇佐美に対してアウクスブルクから正式なレターが届いたことを明かした。完全移籍での獲得を求めているようで「“ぜひ話をさせてもらいたい”ということだった」と説明。その上で「(宇佐美が)チャレンジしたいという思いは聞いています。基本的には、本人の意思を尊重します」と移籍を容認する方針を示した。

    宇佐美自身も4季ぶりの海外挑戦の意思を固めている模様で、複数の関係者によると、アウクスブルク側は移籍金2億円の満額を用意しているという。今後はクラブ間と代理人を交えて交渉が進んでいくことになるものの、移籍の支障はほとんどない。G大阪の長谷川監督も「貴史(宇佐美)も24歳になりましたし、チャンスがあるなら、厳しい環境でプレーするのはプラスになる」と背中を押した。

    アウクスブルク側としては、来季に向けた6月末か7月始めの始動からの合流を求めてくることが予想され、交渉がスムーズに進展すれば、G大阪ラストマッチが今月25日の第1ステージ最終節・名古屋戦(吹田S)になる可能性が浮上。この日の非公開練習後に報道陣に対応した宇佐美は、キリン杯の感想を問われ「もっと成長しないといけないと感じたし、手応えもあった。いい発奮材料にしていきたい」と思いを明かした。日本代表の主力となるため、2度目の挑戦を決意することになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00000000-spnannex-socc
    スポニチアネックス 6月10日(金)5時39分配信



    練習後に取材に応じるG大阪の宇佐美
    2016-06-10_07h30_46
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/09(木) 05:07:53.74 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのドイツ1部リーグ、アウクスブルクが今夏、日本代表FW宇佐美貴史(24)=G大阪=の獲得に乗り出すことが8日、明らかになった。関係者によると、この日までに獲得に向けた正式レターが届いたという。今後、細かい条件を詰めていく。

    G大阪の幹部は「複数のクラブが興味を持っているとは聞いているが、正式なものはきていない」としているが、「本人の気持ちもあるので」と、宇佐美の意向を優先する姿勢だ。

    宇佐美は1-2で逆転負けしたボスニア・ヘルツェゴビナ戦から一夜明け、大阪府吹田市内で回復トレーニングに励んだ。今後については「何とも言えない」と多くを語らなかった。

    初めての海外移籍は19歳のとき。ドイツ1部のバイエルン・ミュンヘンへ所属し、その後は同国のホッヘンハイムに移ってチャンスをうかがったが、出場機会に恵まれなかった。

    13年夏にG大阪に復帰後も、「もう一度海外に挑戦したい」と話している。現在の正式オファーはアウクスブルクのみだが、再び海外に挑戦する可能性は十分にある。
    2016-06-09_11h41_10
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000002-dal-socc
    デイリースポーツ 6月9日(木)5時0分配信
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/05(日) 17:32:27.64 ID:CAP_USER9.net
    ドイツのアウクスブルクがFW宇佐美貴史(24=G大阪)の獲得に乗り出していることが4日、分かった。複数のドイツサッカー関係者によると来年まで契約を残している宇佐美の代理人に水面下で接触。宇佐美も今夏の移籍に前向きな姿勢を示しているという。

    同クラブはFW浅野拓磨(21=広島)にも正式オファー。両選手ともキリン杯を戦う日本代表に選出されており、3日のブルガリア戦ではともに1得点ずつ挙げた。アウクスブルクは昨年リーグ10位の42得点。来季の上位進出を目指すためにも攻撃陣の補強が急務で、日本サッカー界の将来を担う若手のダブル獲りを目指している。

    宇佐美にとっては4季ぶりのドイツ挑戦だ。11年6月にバイエルンMへ期限付き移籍したが、わずか出場3試合。翌年はホッフェンハイムに移籍したものの、20試合2得点に終わって13年夏にG大阪に復帰した。ただ海外再挑戦の意思を常々示しており、ハリルホジッチ監督も「国内で最も能力が高い」とほれ込む逸材が、再び海を渡る可能性が高まった。
    2016-06-05_18h10_54
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/06/05/kiji/K20160605012723850.html
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/06/04(土) 00:43:23.44 ID:CAP_USER9.net
    宇佐美は言う。「(ハリルホジッチ監督は)僕に『蹴れ、蹴れ』って言ってましたけど」

    [キリンカップ]日本代表7-2ブルガリア代表
    6月3日/豊田スタジアム
     
    日本が6-2と大量リードで迎えた85分過ぎだった。浅野拓磨が右サイドからペナルティエリアにボールを持ち込み、中央にえぐろうとする。
     
    だが、大柄なブルガリアDFに背中からかぶさるようにして止められると、主審の笛が鳴り日本にPKが与えられた。
     
    ベンチから出たハリルホジッチ監督は、途中出場で日本の6点目のゴールを決めていた宇佐美にそのPKを蹴るように指示を出す。しかし――ボールを持ったのは浅野。周囲を何度か確認し、ペナルティアークに向かった。
     
    その時の様子を宇佐美は次のように振り返る。
     
    「(ハリルホジッチ監督は)僕に『蹴れ、蹴れ』って言ってましたけど、あの時間帯で、あのスコアで拓磨が取ったPKだったので、僕が蹴るべきではないと思ったんです。だから、、ペナ(ペナルティエリア)のほうに行ったら、俺が蹴る流れになってしまうので、そっちには向かわないようにしました。そのなかで拓磨が『行ける』と言って、よしそれでいいぞとなりました」
     
    では、浅野はどのように思っていたのか。59分に小林悠と交代出場してピッチに立ってから、これまでにない“違和感”があったと言う。
     
    「緊張感があり、いろんな状況も重なって、身体が動かないなと思っていました。パスもたくさん失っていた。(そのなかでPKを獲得し)監督は宇佐美くんに『(キッカーを)変われ、変われ!』と言っていたけれども、みんなが僕に蹴らしてくれました」
     
    ボールを持った浅野は、大きく深呼吸をしてボールをセット。GKの動きを見切って、完全に逆を突く右隅への鋭いショットで、記念すべきA代表初ゴールをゲット!ジャガーポーズで決めた。
     
    では、ハリルホジッチ監督はこのやりとりについて、どのように思っていたのだろうか。
     
    「交代出場からPKを蹴るとは、非常に勇気がある男だ。浅野は広島ではレギュラーを取れずにいるが、背後を突くスピードとパワーがあり、1年前からチェックしてきた。今日も途中からゴールの可能性を示してくれて、非常に満足している。

    そして指揮官は、PKのシーンについて明かす。
     
    「PKは宇佐美に蹴らせようとした。しかし、ベンチの全員が声を荒げて『浅野に』と言ってきたんだ。だからスコアも開いていたし、浅野も非常に期待に応えて戦ってくれていたので、彼にチャンスを与えて、みんなを喜ばせるようにしたよ」
     
    浅野のPKが決まった瞬間、ベンチの選手たちもハリルホジッチ監督を囲んで笑顔を浮かべた。頑固な指揮官もこの時ばかりは、大きな笑みを浮かべた。
     
    「もしも拓磨が外していたら、『ほら、蹴れって言っただろ』となったと思うけれど」とは宇佐美。「結果的」に、最後はスタンドにもう一度大きな歓喜をもたらした。
     
    このブルガリア戦で、浅野は大きな経験をしたと言う。
     
    「海外組の選手たちがいるなかで初めてプレーできて、力が入っていた部分もあった。そのなかで戦う責任感やいろいろ感じるところもありました。ボールを奪った瞬間の切り替え、動き出しのところをもっと増やしていかないといけない。この1試合に出場できて、大きな経験になります」
     
    浅野にとって、ハリルジャパンにとって、ちょっとした“記念”のゴールとなった。
    16347_ext_04_0 
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160604-00016347-sdigestw-socc&p=2
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/28(土) 22:02:23.09 ID:CAP_USER9.net
    G大阪の日本代表FW宇佐美貴史(24)が27日、親友で日本代表に初招集された小林祐のビッグマウスをフォローして共闘を熱望した。

    大阪・吹田市内でF東京戦(29日・味スタ)に向け調整。小林祐とは年代別代表などで知り合い、気心知る仲だ。

    代表入りが決まった26日に香川が背負う背番号10を希望したり、本田には自身がゴールを決めた際に披露する「4番ポーズを教えたい」と語るなど、言いたい放題の小林祐を「キャラがさく裂してますね。でも心底、そういう(傲慢な)振る舞いをするやつではない。あえて自分にプレッシャーをかけている部分があると思う」とフォローした。

    宇佐美も11年にバイエルンへ移籍した際には「最終的にはバロンドール(世界年間最優秀選手賞)という目標を持っています」と語るなど、ビッグマウスで自身に重圧をかけるタイプ。似た思考を持っているからこそ共鳴する部分がある。同い年と代表での初共演に向け「ライバルとは思っていない。一緒に頑張っていこうという感じ」とうなずいた。

    一方で宇佐美がライバルと見据えるのは、代表で確固たる地位を確立する香川や本田だ。26日にはハリル監督が「本田、香川を超える選手がここ5年出てきていない」と危機感を口にしたが

    「(本田や香川を)超えていかないといけないし、超えられると思ってやっていく。もっとやらないと、というのは、オレが一番思っている」ビッグマウスの片りんをのぞかせ、G大阪の本拠地・吹田スタジアムでも行われるキリン杯へ気合を入れた。

    スポーツ報知 5月28日(土)7時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-00000012-sph-socc

    写真

    続きを読む


    2fb6c8b3ce9cdce4523e5fe99dff0e9c
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/05/08(日) 07:45:37.11 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1第1S第11節 G大阪―新潟(2016年5月8日 デンカS)

    宇佐美よ、岡崎になれ!G大阪は今日アウェー新潟戦。長谷川監督は「オカがプレミアで評価されているようにチームのためにプレーするのは当たり前。それができないとどこの国でも出られない。ダメなら代える」とレスターでリーグ優勝を果たした日本代表FW岡崎を例に出し、同FW宇佐美にもより献身的な動きを求めた。

    得点だけではなく、最前線からのプレスを求めるのは次代の日本サッカー界を背負える逸材だからこそだ。さらに新潟戦はアデミウソンとの2トップが濃厚で、両者とも守備は不得手。指揮官は「タカシも(守備を)やってくれている」と認めつつ、チームの連動性を生み出すためにさらなるFW陣の守備を求めた。

    公式戦2連敗中だが、対新潟戦はリーグ11戦負けなし(6勝5分け)。相性の良い相手に、泥臭く、浮上のキッカケをつかむ勝ち点3を奪う。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-00000030-spnannex-socc
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 09:02:39.95 ID:CAP_USER9.net
    <明治安田生命J1:G大阪0-1川崎F>◇第1ステージ第9節◇29日◇吹田ス

    G大阪のFW宇佐美が川崎Fの大久保に“口劇”でも完敗した。

    前半27分、ボールを持った大久保に後ろから激しいプレスを掛けて倒した。これで怒りを買うと、同39分の競り合いでは肘打ちを食らって、左あごから出血。

    大久保に「何すんだよ!」と言い寄ったが、「点取ってから言えよ! それでも代表か!」と言い返された。勝利に懸ける両エースの気持ちがぶつかり、直後は両軍で小競り合いに発展した。無得点の宇佐美は傷口をテープで覆い「相手の意表を突くプレーが出てくれば」と、がっくりだった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-00000016-nksports-socc
    日刊スポーツ 4月30日(土)8時8分配信
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461974559/
     
     
    続きを読む

    1: ◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 22:33:09.88 ID:CAP_USER*.net
    日刊スポーツ 4月19日(火)22時26分配信
    2016-04-19_23h08_57
    前半、PKを止められるG大阪FW宇佐美(左から3人目)(撮影・築山幸雄)

    <ACL:G大阪1-2水原>◇1次リーグG組◇19日◇吹田スタ

    G大阪の日本代表FW宇佐美貴史(23)が、「2度のPK」を外して1次リーグ敗退が決まった。

    DF丹羽が得たPKを、前半37分にゴール左へ蹴るとGKに阻止された。その直後の2度目は右に蹴ったが、コースが甘くGKに楽々とキャッチされた。このビッグチャンスを逃したことが尾を引いて、ホームの利を生かせずにチームはその後2失点。大会未勝利(2分け3敗)で、08年以来のアジア制覇を目指しながら、1試合を残して敗退が決まった。

    試合後に宇佐美は悔しさから号泣。取材エリアでは「(試合が)終わった瞬間、自分が終わらせてしまったと思った。自分のせいとしか、言いようがないです。そのような思いを、ただただ感じていた」と言葉を振り絞った。

    今季の宇佐美は極度の不振に陥り、J1でまだ1得点。ACLでも無得点のまま敗退した。敗退した責任を背負って泣き崩れた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000173-nksports-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1461072789/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ