海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:宇佐美貴史

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 06:14:54.50 ID:CAP_USER*.net
    FW宇佐美のG大阪残留が16日、決まった。クラブは移籍リミットをチーム始動日のきょう17日に設定。ギリギリまで移籍先を模索するも、まとまらず今夏の海外移籍を目指すことになった。

    昨年11月22日の山形戦(万博)にはシュツットガルト(ドイツ)のスカウトが視察に訪れ、マルセイユ(フランス)やPSV(オランダ)も獲得へ動いた。だが複数の関係者によれば、マルセイユはフランスのテロ事件を受けて宇佐美側が消極的な姿勢。水面下で動いていたPSVとシュツットガルトも、完全移籍しか認めていないG大阪側が設定した違約金もネックとなり撤退したという。

    宇佐美はこの日、去就について「明日(チームに)いなかったら、ビビりますね」とだけ話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160117-00000002-spnannex-socc
    スポニチアネックス 1月17日(日)5時33分配信
    2016-01-17_09h05_40
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160117-00000002-spnannex-socc.view-000
    G大阪残留が決定した宇佐美
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452978894/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 06:19:15.16 ID:CAP_USER*.net
    宇佐美がG大阪に残留する方向であることが分かった。ドイツ、フランス、スペインなど各国クラブで補強リストに入っていた。

    だが、現時点で本人が希望するクラブからオファーは届いていないという。欧州各国の移籍期間が終了するのは今月末で、時間は限られてきた。

    クラブ関係者は「彼が移籍したいと思うクラブからは話が来ていない。この冬は残留して(今年の)夏に挑戦する方向のようだ」と説明した。

    G大阪ユース史上最高傑作と呼ばれたFWは、11年途中でドイツの強豪Bミュンヘンへ移籍。1年でホッフェンハイムへ渡ったが、出場機会に恵まれず13年夏に古巣G大阪に復帰していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160103-00000007-nksports-socc
    日刊スポーツ 1月3日(日)6時11分配信
    2016-01-03_06h56_51
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160103-00000007-nksports-socc.view-000
    G大阪FW宇佐美
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451769555/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/06(日) 05:46:06.89 ID:CAP_USER*.net
    G大阪の今後、最大の注目は日本代表FW宇佐美の去就だ。

    すでに視察に訪れているシュツットガルト(ドイツ)が、宇佐美の代理人と下交渉をスタートさせていることが判明。マルセイユ(フランス)に続く正式オファーが届くことは確実で、打診レベルで興味を示しているクラブは4クラブほどあるという。バイエルン・ミュンヘン、ホッヘンハイムで失意を味わった宇佐美自身も海外への再挑戦に意欲を示しており、今冬移籍に前向き。決断に注目が集まる。

    さらに元日本代表MF明神はクラブのスタッフ就任打診を断り現役続行の意向。今季仙台から加入したFW赤嶺も放出される見込みで、リンスの残留も微妙な状況だ。

    一方で明るい材料もある。自身のツイッターで差別的発言を書き込まれたFWパトリックはすでに1年間延長でサイン済み。DF呉宰碩も契約延長する方針だ。また長谷川監督はクラブ側にサイドハーフの補強をリクエスト。新スタジアム元年の来シーズンへ向けて、盤石の補強を進めていく。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151206-00000002-spnannex-socc
    スポニチアネックス 12月6日(日)5時34分配信
    2015-12-06_11h50_01
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151206-00000002-spnannex-socc.view-000
    <広島・G大阪>不発に終わった宇佐美
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449365897/

     
    続きを読む

    2015-12-01_22h49_14
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 10:40:40.88 ID:CAP_USER*.net
     ◇Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦 G大阪2―3広島(2015年12月2日 万博)

     G大阪の宇佐美は公式戦10戦連続不発となった。トップ下に入り、前半23、43分とシュートを狙ったが、ネットを揺らせず。「自分のイメージにプレーが付いていっていない。話にならない」。

     マルセイユやシュツットガルトに加え、ハノーバーも獲得に興味を示すと報道されたが、得意のドリブルで抜き去るシーンはほとんどなかった。クラブと日本代表で今季公式戦61戦目。疲労は顕著だったが「自分を奮い立たせてチームのために結果を求めたい」と力を込めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000073-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1449106840/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 20:35:31.56 ID:CAP_USER*.net
     J1ガンバ大阪に所属するFW宇佐美貴史の獲得に興味を持つクラブとして、新たにハノーバーの名が浮上した。ドイツメディアが伝えている。

     宇佐美はこの冬、再びヨーロッパに渡ることが噂されている。ブンデスリーガではシュツットガルトやブレーメンから、フランス・リーグアンではマルセイユからの関心が伝えられてきた。『ビルト』によれば、すでにMF清武弘嗣とDF酒井宏樹と日本代表選手が2人所属するハノーバーも日本代表FWの獲得を検討しているという。

     ハノーバーは夏にはトルコ代表FWメブリュト・エルディングを獲得した。だが、これまで公式戦11試合に出場した同選手は期待に応えられず、ゴールを記録していない。そのためクラブは1月に最前線の補強を試みると予想され、宇佐美をターゲットの一人としているようだ。

     ただし、ハノーバーの本命はマッカビ・テルアビブに所属するイスラエル代表FWエラン・ザハヴィとのこと。チャンピオンズリーグ予選でバーゼル相手の2戦で3得点を挙げ、マッカビを本大会に導いたアタッカーだ。

     以前、宇佐美のBミュンヘンとホッフェンハイムへの移籍を担当したルードヴィッヒ・ゲーグル代理人は、「彼が向かうのはフランスかドイツだ」と明かしていたが、ほかにも獲得候補が現れるのだろうか。(Goal.com)
    2015-12-01_22h49_14
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20151201/jle15120119270015-n1.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448969731/

     
    続きを読む

    2015-11-27_17h07_43
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 20:30:51.91 ID:CAP_USER*.net
    サッカーのドイツ1部リーグ、シュツットガルトが日本代表FW宇佐美貴史(G大阪)の今冬での獲得を狙っているとドイツの専門誌キッカーが30日付で報じた。同誌によるとシュツットガルトは12月にG大阪が広島と戦うJ1のチャンピオンシップ終了後、正式に申し出る見込み。補強選手リストの上位に挙がっているという。

    宇佐美はかつてドイツ1部のバイエルン・ミュンヘンとホッフェンハイムに計2シーズン所属したが、十分な出番に恵まれないまま2013年、G大阪に復帰した。(共同)
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20151130/soc1511301938003-n1.htm
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448883051/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 16:28:32.88 ID:CAP_USER*.net
    ハリルホジッチ監督率いる日本代表が、2018年ワールドカップに向けたアジア地区第2次予選のカンボジア戦(アウェー)を迎えようとしていたとき、そのニュースは流れた。

    「フランスの名門マルセイユが宇佐美貴史に正式オファー」

    マルセイユのクラブ関係者が明かしたとして報じられたそのニュースは、それ以外に宇佐美獲得を模索しているというドイツの複数クラブの名前とともに、フランス国内でも2次情報として数行のニュースで報じられた。

    宇佐美といえば、2011年7月に買い取りオプション付きの1年レンタルで、ドイツの名門バイエルンに移籍。19歳という若さで世界的クラブに加入したものの、厚すぎる選手層にもがき苦しみ、ほとんど出場機会を得られないまま契約を終了したという苦い経験がある。さらにその翌シーズンも、ホッフェンハイムと同様の契約でレンタル移籍を果たしながら力を発揮できず、2013年6月にふたたびガンバ大阪に復帰した。

    まだ若かったと言えばそれまでだが、しかしその後の宇佐美がドイツでの経験を生かし、日本国内でさらなる成長を遂げたことは間違いない。実際、ハリルホジッチ体制になってからの宇佐美は全試合に出場する唯一の選手となり、その指揮官の寵愛ぶりは誰もが認めるところである。

    今、ワールドカップのロシア大会に向けてもっとも期待をかけられている23歳の宇佐美にとって、自身3度目の海外挑戦は日本の将来を担う選手へと成長するために、避けては通れない道。そういう点で、マルセイユはうってつけの移籍先といえる。

    正式名称「オランピック・ドゥ・マルセイユ」は、通称“OM”として知られるフランス国内ナンバーワンの人気を誇る名門クラブだ。過去9度のリーグ優勝を果たした南仏のビッグクラブは、1980年代後半から1990年代初頭に黄金期を迎え、1992-1993シーズンにはチャンピオンズリーグ優勝を果たしている(後に国内リーグ戦における八百長事件が発覚したためタイトルは剥奪された)。

    最近では元マルセイユの名手で、現フランス代表監督のディディエ・デシャンがチームを率いた時代(2009~2012年)にもリーグ優勝1回、リーグカップ3連覇という偉業を達成。また、タイトル獲得こそ実現しなかったが、昨シーズンはアルゼンチンの名将マルセロ・ビエルサが指揮を執り、スペクタクルサッカーで国内を席巻したことも記憶に新しい。

    常に世間の注目を浴び続けるマルセイユは、カタール資本で黄金期を築くパリ・サンジェルマンを目の上のタンコブとしているが、それでも国内の人気ナンバーワンの座は譲っていない。特にサポーターのクラブに対する忠誠心は特筆すべきで、来年のユーロ開催のために新装オープンした本拠地「ヴェロドローム」の熱い雰囲気は欧州屈指レベル。「結果が出なければ即暴動」という気性の荒さは玉にキズだが、あのサポーターの大声援は体感した者でなければわからないほどの熱狂度だ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151127-00010002-sportiva-socc
    webスポルティーバ 11月27日(金)14時4分配信
    2015-11-27_17h07_43
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151127-00010002-sportiva-socc.view-000
    宇佐美貴史はふたたび欧州に挑戦するのか 
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1448609312/


    続きを読む

    2015-11-17_19h08_24
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/17(火) 13:09:17.99 ID:???*.net
    移籍市場の再開が1月に迫った中、日本代表選手にも移籍の噂が少しずつ立ち始めている。
    今冬に移籍の可能性がある選手達を改めて紹介しよう。

    宇佐美貴史 (ガンバ大阪)
    2011年にバイエルン・ミュンヘンへ移籍した男が、欧州再挑戦へ闘志を燃やしている。今月7日はシュトゥットガルト、16日はマルセイユへ移籍の可能性が報じられており、ほかにもブレーメンなどが興味を示しているという。夏にはポルトなども興味を示したという噂が流れた。今のところは『footransferts』などが報じているフランス・マルセイユへの移籍が本命視されている。

    編集部の目線:現在のマルセイユはとにかくお金がない。まずは、ベルギー代表FWミッチー・バツフアイーらを売却することでまとまった資金を得る必要がある。

    太田宏介(FC東京)
    28歳の左サイドバックを狙うのは、これまでも数々の日本人を獲得してきたオランダのフィテッセである。現在の監督ピーター・ボスはジェフ市原でプレーした経験があり、ヘラクレス時代に平山相太を獲得したことでも知られている。『VP』などは、3年契約になるだろうと具体的な契約内容まで報道している。28歳というと脂の乗った年齢であり即戦力としての補強となる。

    編集部の目線:今年5月のインタビューでは「以前は欧州移籍に興味があったが、今はチームを強くしたい」とFC東京愛を語っただけに移籍する可能性は50/50といったところか。

    森岡亮太(ヴィッセル神戸)
    昨年夏、ハビエル・アギーレによって日本代表に選出された「神戸のファンタジスタ」。9日、国内の複数クラブが興味を示している中で本人が欧州移籍を希望しているという。今年8月に一般女性と入籍、普通なら落ち着いてしまうところを「より攻めていきたい」と語り、欧州移籍希望はその決意表明の1つかも知れない。

    編集部の目線:実際に、海外で森岡に興味を示しているというクラブの噂はまだなく、全てはこれからといったところか。

    柴崎岳(鹿島アントラーズ)
    過去にはミラン、今年1月にレヴァークーゼンが興味を示していたという報道がされている。当時、一緒に報道されていた武藤嘉紀はマインツへ移籍しただけに報道の真実味としては高かったはずだ。10日、第94回全国高等学校サッカー選手権大会の応援リーダーにも就任することが決まった。高校サッカーが終わる頃には欧州へ移籍していても不思議ではない。

    編集部の目線:怪我やクラブでの不調により話も立ち消えになってしまった感がある。まずは、Jリーグで結果を残してほしい。

    山口蛍(セレッソ大阪)
    10月に、クラブ側が国内移籍は認めないが、海外であれば容認する方針との報道がある。香川真司ら数多くの選手が海外へ旅立っているセレッソということもあり、過去に何度も海外からの噂が報道されている。特にニュルンベルクをはじめ、ドイツの中堅チームへの噂が多い。

    編集部の目線:所属するセレッソが現在J2ということもあって来シーズンJ1へ昇格しなければ可能性はかなり高いだろう。

    http://qoly.jp/2015/11/17/japanese-players-1516-winter-transfer-rumor?part=3
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1447733357/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/08(日) 05:25:23.41 ID:???*.net
    日本代表MF長谷部が所属するフランクフルトが、新たな日本人選手の獲得に動いていることが分かった。

    6日、ヒュブナー・スポーツディレクター(SD)が「チーフスカウトが8日前に日本に行ってJリーグの試合を見た。獲得を考えている選手が2、3人いる」と明言。具体的な選手名は避けたが、視察時期は10月31日のナビスコ杯決勝と重なっており、G大阪FW宇佐美、鹿島MF柴崎ら代表クラスの若手をリストアップしたものとみられる。

    ヒュブナーSDは「長谷部はもう1人のスカウト。興味を持った(日本人)選手について意見を聞いている」とその評価を重視していると説明。さらに長谷部について「模範的な選手でクラブの誰からも愛されている。現役が終わった後もクラブと関係を持てないか考えている」と引退後は“幹部候補”として検討していることを明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151107-00000140-spnannex-socc
    スポニチアネックス 11月8日(日)5時1分配信
    2015-11-08_06h55_49
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151107-00000140-spnannex-socc.view-000
    フランクフルトは新たな日本人選手の獲得で宇佐美(右)らをリストアップ。現在所属する長谷部は“幹部候補”となっている
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1446927923/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/09(金) 22:58:07.87 ID:???*.net
    日本代表FWの宇佐美貴史(G大阪)が、8日のロシア・ワールドカップ2次予選のシリア戦で、後半21分からFW原口元気(ヘルタ)に代わって途中出場した。

    背番号10を背負うMF香川真司(ドルトムント)らと好連携を見せた男は後半43分、FW本田圭佑(ACミラン)のヒールパスをエリア内で受けると、右足を振り抜きシリアゴールを破った。

    自身A代表2得点目は貴重なダメ押し弾となり、日本はグループ最大のライバルと目されたシリアに3-0で快勝した。

     ベンチから戦況を見つめていた宇佐美の目には、「見ていてすごく難しそうな展開だった」と得点が奪えずに苦戦するチームメートの姿が映っていた。

    しかし、後半に入ると「時間が経って相手の足が止まっているのが分かった」と、シリアの隙を見逃さなかった。

    さらに、日本が本田のPKで先制点を奪ったことで、流れを完全に掴んだと感じ取り、「1点が入ってからは向こうが崩れて、こっちの展開になったと思う」と試合を振り返っている。

     得点シーンについては、「その前のキヨ君(清武弘嗣)の素晴らしいパスに始まり、(本田)圭佑君も良いところに落としてくれて、僕が最後にシュートを打つだけというところに持っていってくれた。その流れというか、チームメートに感謝したい」と、周囲のサポートがあってこその得点と主張した。
     
     9月のカンボジア戦、アフガニスタン戦に続き、宇佐美はこの日も先発から外れた。代表では左サイドでの起用が続くが、ここ2試合は原口がスタメンを務めている。また、20歳のFW南野拓実(ザルツブルク)の台頭もあり、宇佐美自身は危機感を募らせている。

    「途中から(の出場)が多い中でも、結果を出していかなくてはいけない。そういう意味でも、(自分にとっての)良い流れを作るゴールになると思う」

     宇佐美は得点という文句なしの結果を残した。投入された直後から積極的にボールに触り、香川らとの連携から停滞気味だった攻撃陣を活性化。ピッチに立ってから、わずか4分後にはFW岡崎慎司(レスター)の追加点が生まれ、自らもゴールで続いた。バヒド・ハリルホジッチ監督の頭を悩ます一撃で、定位置奪取を強烈にアピールした。
    2015-10-10_10h08_40
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151009-00010015-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444399087/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ