海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:宇佐美貴史


    a9b46d9d87fc0370540bace8bed02219
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 17:05:35.50 ID:???*.net
    ポルトガルメディア『ムルティデスポルト』が、ポルトがガンバ大阪のFW宇佐美貴史の獲得に興味を持っていると報じた。

    同メディアによると、ポルトはアトレティコ・マドリーに移籍したFWジャクソン・マルティネスの後釜の獲得が急務となっており、

    得点力不足を打開するために、J1リーグで今季16ゴールを挙げるなど絶好調の宇佐美に白羽の矢を立てているのだという。

    また、かつてJリーグでプレーし、ポルトで大成功を遂げたブラジル代表FWフッキを引き合いに出して、Jでの実績に太鼓判を押している。

    ポルトはFW田中順也の在籍するスポルティング・リスボン、ベンフィカと並び、ポルトガル3大クラブの1つ。近年もこの3チームでリーグ優勝を争っている。

    逸材が揃う『プラチナ世代』の代表格と称される宇佐美は、少年期から年代別代表で活躍。G大阪の下部組織から飛び級でトップチームに昇格後も、順調にステップアップを続けた。 

    11年夏の移籍でバイエルンに移籍。翌年のホッフェンハイムへの移籍を経て、13年夏にG大阪に復帰。15年に日本代表にも復帰し、初ゴールも記録。今季はJ1リーグ戦で16得点を挙げて、得点ランキングトップを走っている。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?168238-168238-fl
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438157135/

     
    続きを読む




    2015-07-27_14h01_00
    続きを読む


    no title
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 11:23:29.62 ID:???*.net
    今後の日本代表を背負っていく若手ストライカーたちはどうか。

    公認資格を持つ選手代理人の田路雅朗氏(59)はFC東京からマインツに入団したFW武藤嘉紀(23)について、今後の活躍次第で最大2000万ユーロ(約27億円)まで高騰するとみている。

    「まだ若い選手だから、活躍すればすぐにビッグクラブに売却できる。香川くらいの金額になる可能性は十分ある。だからマインツは4億円も投資した」と指摘した。

    2010年にC大阪からドルトムントに移籍した香川はドイツリーグ連覇に貢献。 

    2年後には移籍金1500万ユーロ(約20億2500万円)にオプション500万ユーロの計2000万ユーロと破格の金額で、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に移った。

    武藤もドイツでゴールを量産すれば、移籍金もワールドクラスとなりそうだ。

    さらに欧州再挑戦がささやかれるG大阪のFW宇佐美貴史(23)には「100万ユーロ(約1億3500万円)かな。

    一度、欧州で失敗した選手を獲るクラブは少ない。どのクラブも大金を使う以上は調査はするし、そこは出戻ったブラジル人でも同じ。いくら日本で点を取っても評価はなかなか上がらないだろう」。

    欧州でプレーするロンドン五輪世代のFW原口元気(24=ヘルタ)やFW大迫勇也(25=ケルン)、FW柿谷曜一朗(25=バーゼル)らには厳しい見方。 

    「まずは試合に出て活躍しないとオファーは来ない。だから移籍金なんてつかない。欧州クラブだって(活躍していない)20代半ばの選手に移籍金を払うなら南米から選手を連れてきたほうがいい」と話した。

    ☆とうじ・まさあき=1955年7月25日生まれ。東京都出身。カナダのセネカ・カレッジ(国際貿易科)卒業後、会社員を経てブラジルに移住し、84年からサッカー関連の仕事に従事。

    99年に国際サッカー連盟公認の選手代理人資格を取得。元日本代表FW三浦知良(48=J2横浜FC)をはじめ国内外で多くの選手を担当し、世界のクラブにも紹介している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150719-00000005-tospoweb-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1437272609/

     
    続きを読む


    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/17(金) 05:36:56.48 ID:???*.net
    G大阪は16日、吹田市内で回復メニューを消化した。
    前日15日のアウェー名古屋戦では2―0から逆転負け。FW宇佐美貴史(23)も途中交代に不満を見せていた。しかしこの日、長谷川健太監督(49)は話し合って問題解決を強調、再びエースに信頼を寄せた。

    長谷川監督は宇佐美とパトリックの不動2トップと話し合いの場を持つと名古屋戦でのわだかまりを解こうとした。「2人とも理解してくれた。次からしっかりやると言っていた」と話し、次節の横浜戦(19日、万博)でも変わらずスタメンさせることを明言。指揮官は前日の2―0から3連続失点しての大逆転負けに「永井や川又があれだけ走っていた。パトリックと宇佐美も点を取るだけでなく、苦しいときに助けるプレーをしてほしい」と名指しで批判した。

    後半24分に交代を指示。この今季最短の交代に不満を隠さなかった宇佐美が握手をせずにピッチを去った。エースの不穏な態度に「負けた試合というのは出ている選手や私を含めて責任がある」と指揮官。ミスからの3失点をチーム全体の責任とした。再びタイトルに向けてチーム一丸になれるか次の横浜戦が大事になる。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/07/17/kiji/K20150717010749910.html
    2015年7月17日 05:30
    2015-07-17_10h12_33
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/07/17/gazo/G20150717010751820.html
    15日の名古屋戦で途中交代の宇佐美(右)とうつむく長谷川監督
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1437079016/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 06:36:28.64 ID:???*.net
    ◆J1第2S第2節 名古屋3―2G大阪(15日・パロマ瑞穂スタジアム)

    交代を示す電光ボードに、背番号39が表示された。2―1の後半24分、宇佐美は無得点のままピッチを出た。長谷川監督と握手を交わさずにベンチに戻った。その後、チームは逆転負けした。

    試合後、指揮官は今季合計20点を挙げている宇佐美(14点)、パトリック(6点)に苦言を呈した。「(名古屋の)永井、川又はDFラインのために走っていた。パトリック、宇佐美も点を取るだけではなく、苦しい中でチームを助けるプレーをしないと」。足がつるまで走り、守備にも貢献した永井とあえて比較した。

    宇佐美は「まだまだ、あそこからだったので。交代で満足する選手はいない」と淡々としていたが、交代には伏線があった。後半18分、指揮官はサイドライン際で宇佐美のユニホームを引っ張り、守備について指示。それでも変化が見られず“懲罰交代”に踏み切った。「点を取ってやろうという気持ちはあったと思うが、後ろ(DF)を助ける気持ちが欲しかった。間違った判断をしたとは思っていない」と厳しかった。

    得点力が高く、宇佐美ら“J最強2トップ”は守備を大目に見られている。反撃をうかがう第2Sでチームの火種になるのを避けるため、GK東口は「やらなあかんことは、やらなあかん。後ろが守って…じゃなくて、チームで守ってチームで攻める。もう1回やり直したい」と語った。

    日本代表のハリル監督の求めに応じて体脂肪率を12%以下にするなど、宇佐美は聞く耳を持ち、地道に努力できるようになった。要求が多いのは期待の裏返し。長谷川監督の、そしてチームの期待に応えられるか。19日の横浜M戦(万博)が注目される。

    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20150716-OHT1T50046.html
    2015年7月16日6時0分 スポーツ報知
    2015-07-16_10h54_18
    http://www.hochi.co.jp/soccer/garticle.html?id=20150716-OHT1I50022
    後半24分、ベンチに下がるG大阪・宇佐美(右は長谷川監督)
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1436996188/

     
    続きを読む

    2015-07-12_13h56_37

    267: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/07/12(日) 12:44:51.80 ID:xmmJXXTp0.net
    週刊女性プライムの宇佐美貴史特集 2015年7月11日

    【動画】宇佐美貴史選手に“サッカー”以外の気になる3つの質問を直撃
    https://www.youtube.com/watch?v=pHEBoL0Puww



    >パトが寝てるだけも可愛いと思うし、散髪してきたら可愛いと思うし、
    >日焼け止め塗ってきても可愛いと思うし、カッコイイなとはあんまり思わへんけど
    >可愛いなと思う事は結構、年上・年下に限らずある感じです。

    http://www.jprime.jp/entertainment/sport_player/15484

    宇佐美ってホモっ気あるよな。

    引用元http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1436663206/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 10:13:10.87 ID:???*.net
    G大阪のFW宇佐美が3日、6日にW杯決勝に挑むなでしこジャパンの“元同居人”FW岩渕に「得点を決めて勝ってくれたら嬉しい」とエールを送った。途中出場した準決勝の映像も見たといい「流れを変えたし、シュートの質も高かった」と絶賛。12年のロンドン五輪決勝で敗れた相手との再戦に「前回は相当悔しかったみたい」とリベンジへの期待も寄せた。

    2人はロンドン五輪の選手村で初対面。ホッフェンハイムに加入した岩渕が13年2月に両足首じん帯を痛めた際、岩渕の通う語学学校と宇佐美の自宅が近かったことから「手助けになればという思いと、奥さん(蘭夫人)も同世代の女性がいたら喜ぶんじゃないか」と同居を提案したという。2カ月にわたり学校への送迎や食生活、リハビリなどをサポート。「ウチの犬たちが、僕じゃなくブッチー(岩渕)のヒザに座ってるのを見て、そろそろいいんじゃないの?って言いました。癒やしを奪われたんで」と“同居解消”の理由を冗談交じりに明かすなど、強い信頼関係を感じさせた。

    決戦当日、G大阪はオフ。「絶対に見ます」と約束した宇佐美は「決勝でもやれるのは間違いない」と“妹”の活躍を心待ちにしていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150704-00000081-spnannex-socc
    スポニチアネックス 7月4日(土)8時50分配信
    2015-07-04_12h14_30
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150704-00000081-spnannex-socc.view-000
    なでしこジャパンの岩渕にエールを送ったG大阪FW宇佐美
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435972390/

     
    続きを読む

    CIgOBsfUcAEc9EO


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 01:28:30.18 ID:???*.net
    6月特集 ブラジルW杯から1年 ~日本代表と世界はどう変わったのか?~(8)

    2018年ロシアW杯の出場権をかけたアジア2次予選。その初戦は、シンガポール戦(6月16日/0-0)だった。

    W杯予選初戦ドローでもハリルホジッチに期待できるワケ

    スタメンがピッチで肩を組み、国歌を歌い、気持ちをたかぶらせる。日本代表としてW杯予選を戦う――宇佐美貴史は、この瞬間をどれだけ待ち望んでいたことだろう。

    一年前、宇佐美はブラジルW杯を、テレビ画面を通して見ていた。ブラジルW杯メンバーに入るべく、年明けから入念に準備を重ねてきたが、2月に骨折し、その夢が絶たれたのだ。

    だが、宇佐美はただでは転ばなかった。地道に肉体改造を施し、強い体を手に入れて5月に復帰。その後は、リーグ戦で10ゴールを挙げるなどして、ガンバ大阪の三冠(Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯)達成に貢献、Jリーグ・ベストイレブンにも輝いた。

    宇佐美にとっては、充実したシーズンとなったが、唯一欠けていたのは、日本代表への復帰だった。そのためには、オフ・ザ・ボールの動きや前線からの守備といった課題克服が不可欠だった。宇佐美自身、それは自覚していたものの、自分の課題と向き合うまでにはなかなか至らなかった。が、転機は今年3月に訪れた。

    日本代表の指揮官にハリルホジッチ監督が就任すると、宇佐美は久しぶりに代表に招集された。親善試合のウズベキスタン戦(3月31日/5-1)ではゴールも決めて、結果を出した。以来、ハリルホジッチ監督からは体脂肪率の高さを指摘されたり、リーグ戦でさらなる結果を求められたりして、目をかけてもらうようになった。そもそも、宇佐美は監督から信頼されると、それを意気に感じてがんばるタイプである。

    そこから、宇佐美が覚醒した。

    宇佐美の”変化”をすぐに感じ取ったのは、ガンバのチームメイトであるMF今野泰幸だった。Jリーグのある試合中、今野は宇佐美からこんな要求を受けた。

    「(ボールを)裏に出して」

    宇佐美のその言葉に、今野は驚きを隠せなかった。思わず、「えっ? 裏?」と聞き返したという。そのときのことを振り返りながら、今野は宇佐美の成長ぶりを次のように語った。

    「貴史が裏を狙うイメージはなかったけど、『(相手の裏に)アバウトでもいいから(ボールを)蹴って』と貴史が言ってきた。その言葉を聞いたとき、『すげぇなぁ~、貴史は変わろうとしているんだなぁ』って思ったんです。実際、ハリルホジッチ監督に(代表に)呼ばれてチームに帰ってきてから、(宇佐美の)プレイはすごく変わりましたね。

    昨年は、どちらかというと、攻撃面に体力を残しておきたいような感じだったけれども、今はどんな状況でもチームのために走っている。相手のボールを奪取するために、スライディングとかもするようになった。このまま貴史が本気で守備をやって、(相手の)パスコースを限定したり、ボールを奪ってくれたりして、そのうえで今までのような攻撃力を発揮していくことができれば、100%、代表のエースになれると思う。海外でも成功すると思います」

    今野が語るとおり、最近の宇佐美のプレイには大きな変化が見られる。以前は相手選手が自分の横を抜けて上がっていっても、ただ見ていることが多かった。それが今は、相手選手を追いかけていくようになった。また、攻撃では相手の裏を狙うのはもちろんのこと、裏に行くと見せかけて戻ったり、他のスペースを突いたりして、ボールを受けるために、さまざまな変化をつける動きが目立つようになった。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150621-00010002-sportiva-socc
    webスポルティーバ 6月21日(日)13時40分配信
    2015-06-22_08h05_31
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150621-00010002-sportiva-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434904110/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ