海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:宇佐美貴史

    CIgOBsfUcAEc9EO


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 01:28:30.18 ID:???*.net
    6月特集 ブラジルW杯から1年 ~日本代表と世界はどう変わったのか?~(8)

    2018年ロシアW杯の出場権をかけたアジア2次予選。その初戦は、シンガポール戦(6月16日/0-0)だった。

    W杯予選初戦ドローでもハリルホジッチに期待できるワケ

    スタメンがピッチで肩を組み、国歌を歌い、気持ちをたかぶらせる。日本代表としてW杯予選を戦う――宇佐美貴史は、この瞬間をどれだけ待ち望んでいたことだろう。

    一年前、宇佐美はブラジルW杯を、テレビ画面を通して見ていた。ブラジルW杯メンバーに入るべく、年明けから入念に準備を重ねてきたが、2月に骨折し、その夢が絶たれたのだ。

    だが、宇佐美はただでは転ばなかった。地道に肉体改造を施し、強い体を手に入れて5月に復帰。その後は、リーグ戦で10ゴールを挙げるなどして、ガンバ大阪の三冠(Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯)達成に貢献、Jリーグ・ベストイレブンにも輝いた。

    宇佐美にとっては、充実したシーズンとなったが、唯一欠けていたのは、日本代表への復帰だった。そのためには、オフ・ザ・ボールの動きや前線からの守備といった課題克服が不可欠だった。宇佐美自身、それは自覚していたものの、自分の課題と向き合うまでにはなかなか至らなかった。が、転機は今年3月に訪れた。

    日本代表の指揮官にハリルホジッチ監督が就任すると、宇佐美は久しぶりに代表に招集された。親善試合のウズベキスタン戦(3月31日/5-1)ではゴールも決めて、結果を出した。以来、ハリルホジッチ監督からは体脂肪率の高さを指摘されたり、リーグ戦でさらなる結果を求められたりして、目をかけてもらうようになった。そもそも、宇佐美は監督から信頼されると、それを意気に感じてがんばるタイプである。

    そこから、宇佐美が覚醒した。

    宇佐美の”変化”をすぐに感じ取ったのは、ガンバのチームメイトであるMF今野泰幸だった。Jリーグのある試合中、今野は宇佐美からこんな要求を受けた。

    「(ボールを)裏に出して」

    宇佐美のその言葉に、今野は驚きを隠せなかった。思わず、「えっ? 裏?」と聞き返したという。そのときのことを振り返りながら、今野は宇佐美の成長ぶりを次のように語った。

    「貴史が裏を狙うイメージはなかったけど、『(相手の裏に)アバウトでもいいから(ボールを)蹴って』と貴史が言ってきた。その言葉を聞いたとき、『すげぇなぁ~、貴史は変わろうとしているんだなぁ』って思ったんです。実際、ハリルホジッチ監督に(代表に)呼ばれてチームに帰ってきてから、(宇佐美の)プレイはすごく変わりましたね。

    昨年は、どちらかというと、攻撃面に体力を残しておきたいような感じだったけれども、今はどんな状況でもチームのために走っている。相手のボールを奪取するために、スライディングとかもするようになった。このまま貴史が本気で守備をやって、(相手の)パスコースを限定したり、ボールを奪ってくれたりして、そのうえで今までのような攻撃力を発揮していくことができれば、100%、代表のエースになれると思う。海外でも成功すると思います」

    今野が語るとおり、最近の宇佐美のプレイには大きな変化が見られる。以前は相手選手が自分の横を抜けて上がっていっても、ただ見ていることが多かった。それが今は、相手選手を追いかけていくようになった。また、攻撃では相手の裏を狙うのはもちろんのこと、裏に行くと見せかけて戻ったり、他のスペースを突いたりして、ボールを受けるために、さまざまな変化をつける動きが目立つようになった。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150621-00010002-sportiva-socc
    webスポルティーバ 6月21日(日)13時40分配信
    2015-06-22_08h05_31
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150621-00010002-sportiva-socc.view-000
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434904110/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 08:51:56.79 ID:???*.net
    浦和以外で唯一、優勝の可能性を残すG大阪は、日本代表FW宇佐美が仙台戦(20日・万博)でリーグ4戦ぶり弾を決めて奇跡を呼び込む。W杯予選など日本代表戦も含め最近5戦連続でゴールがない23歳は、18日の練習後に髪を金色から黒に染め直し19日、大阪・吹田市内での非公開練習で調整。「髪? 特に何も」と真意は明かさなかったが、「ゴール?」の問いに「そうですね。ホームだし流れを変えたい」と得点に飢えた様子だった。

    仙台戦は後輩で2種登録の17歳MFの堂安が初先発する。宇佐美は「僕がリードする。若い選手が気持ちよくプレーできれば(チームに)勢いも出る」と自覚十分。堂安も「宇佐美くんと良い崩しができれば」と貪欲。エースが得点を決め、若手もけん引、昨季3冠チームを再び加速させる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000271-sph-socc
    スポーツ報知 6月20日(土)7時3分配信
    2015-06-20_09h26_54
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000271-sph-socc.view-000
    目前の仙台戦へ向けて意気込むG大阪の日本代表FW宇佐美
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434757916/

     
    続きを読む

    1: 備長炭Z ★@\(^o^)/ 2015/06/15(月) 21:16:13.57 ID:???*.net
    宇佐美、完全復帰を誓うなでしこ岩渕に“切磋琢磨”のエール

    16日のロシア・ワールドカップ アジア2次予選のシンガポール戦(埼玉)に向けて調整を進める日本代表。13日に埼玉県内で行われた練習後に宇佐美貴史(ガンバ大阪)が取材に応え、カナダで女子ワールドカップを戦うなでしこジャパンと岩渕真奈にエールを送った。

    なでしこは日本時間の同日午前に行われたカメルーン代表戦を2-1で制し、スイスとの初戦に続く白星で勝ち点を6に伸ばして決勝トーナメント進出を確定。この試合を日本代表合宿中の宇佐美もテレビで観戦したという。

    なでしこジャパンに「頑張ってほしい」と話す中で宇佐美が気に掛けているのは、同学年で右ひざに負傷を抱えたまま女子W杯開幕を迎えた岩渕真奈(バイエルン)の状態。宇佐美は1992年5月6日生まれの23歳、早生まれの岩渕は1993年3月18日が誕生日で、どちらも攻撃センス溢れるアタッカーと共通点が多い。

    「ぶっちーは学年もポジションも同じやし、ドイツに渡ったクラブも順番が逆なだけで(宇佐美は)バイエルンからホッフェンハイム、(岩渕は)ホッフェンハイムからバイエルンと一緒。本当に似た境遇やと思うんで、特に頑張ってほしいですね」

    負傷の影響で岩渕にはここまで出場機会がないが、なでしこは安藤梢(フランクフルト)が左足首骨折で離脱したこともあって攻撃陣が手薄な状態。スイス戦との初戦終了後に「毎日できることが増えてきて楽しく感じています。早く治して試合に出たい気持ちが強いけど、中途半端に復帰してまた迷惑かけるのもいけないと思う」と語っていた岩渕には、安藤から「私のぶんまで頑張って」とメッセージが送られるなど早期回復が待たれている。

    この状況を受けて宇佐美は「今のところ本人と連絡は取ってないですけど、まだ彼女の出番じゃないでしょうから。ここから相手がキツくなってきた時に活躍する時が来るはず。まだ彼女の出る幕じゃない」と復帰に向けてリハビリを続ける岩渕にポジティブな思いを語った。

    ドイツでプレーしていた当時から交流がある岩渕と宇佐美。3月のウズベキスタン戦(東京)で宇佐美が日本代表初ゴールをマークした際、岩渕は自身のブログ(http://ameblo.jp/buchilife/)で「そしてなにより嬉しいのが、宇佐美のデビュー&得点。やっぱりうまいだけじゃなくて点とれる選手っていいなって彼を見てて思います。これからも注目! 応援」と祝福。「ドイツでは皆さんの想像以上にお世話になった」という宇佐美の活躍を喜んでいた。

    ドイツ時代に岩渕のたくましさやストイックさを見て感銘を受けたという宇佐美。世界で戦う岩渕と、世界へ向かう自分自身の立場を踏まえ、「ぶっちーには活躍して僕を刺激してほしいし、僕も活躍してぶっちーを刺激したい」と切磋琢磨するべく言葉を続けた。

    16日のシンガポール戦から、宇佐美自身もロシアに向けた戦いが本格的にスタートする。遠く離れたカナダの地で復活を期す岩渕にエールを飛ばしつつ、日本代表での活躍に覚悟を固めた。

    サッカーキング 2015.06.13. 22:41 文=青山知雄
    http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150613/322185.html
    シンガポール戦に向け練習を行なう宇佐美貴史 [写真]=兼子愼一郎
    no title


    <別ソース>
    宇佐美、同い年のなでしこ岩渕にエール「まだ彼女の出番じゃない」
    http://www.footballchannel.jp/2015/06/14/post92698/
    シンガポール戦に向けて気合十分の宇佐美は、「ただただ尊敬して見てる」と語る通り、なでしこジャパンのプレーにも刺激を受けている。特に年齢もポジションも同じで、ドイツでプレーしたクラブも全く同じ(ホッフェンハイムとバイエルン・ミュンヘン)である岩渕真奈に期待しているようだ。

    宇佐美は「まだ彼女の出番じゃないでしょうから。ここから相手がきつくなってきた時に」と負傷に苦しむ岩渕にエールを送った。岡崎慎司からもアドバイスを受け、香川や本田のプレー、そして戦友・岩渕からも刺激を受けて最高のモチベーションを得た宇佐美は「やっぱりゴールを取りたいなっていうのはあるので、チームの攻撃がスムーズに進むようにとか、セットプレーになるようなプレーを意識しながら後ろから絡んでいくプレーができればいい」と16日に向けて闘志を燃やした。

    >>2-5あたりに関連スレ、参考記事、参考データ)
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434370573/

     
    続きを読む


    20150612-OHT1I50000-T
    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 21:59:49.43 ID:???*.net
    日本代表FW宇佐美貴史(23)=G大阪=が13日、G大阪ジュニアユースの先輩で、この日29歳の誕生日を迎えた同代表FW本田圭佑に、尊敬と対抗のまなざしを向けた。

     シンガポール戦(17日・埼スタ)に向けて埼玉県内で行われた練習では、戦術練習で右FWの本田とともに主力組の左FWに。サッカーをしていた宇佐美の兄が本田と知り合いだったことから、子供のころから面識があった二人。宇佐美は本田とともにピッチに立つことを「圭佑君はどうかわからないけど、僕は感慨深い」と口にした。

     その一方で「攻撃が(本田のいる)右ばかりになってはいけない。左も武器にならないと。あこがれや尊敬ばかりではいられない。もう23歳ですし、上に頼ってばかりではいけない」と語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00000166-sph-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434200389/

     
    続きを読む


    3948c96c791f1053720b807066bed352
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 10:30:14.56 ID:???*.net
    サッカー日本代表は11日に行われた国際親善試合(日産スタジアム)でイラクに4―0で大勝し、ハリルジャパン初陣からの連勝を3に伸ばした。国際Aマッチ初先発のFW宇佐美貴史(23=G大阪)は得点こそ挙げられなかったものの、得意のドリブル突破から1アシストをマークするなど躍動。欧州各クラブから再評価の声も聞かれる中、G大阪の野呂輝久社長(60)からは宇佐美の海外移籍に関する注目発言が飛び出した。

    左FWで先発した宇佐美の最大の見せ場は前半32分だった。MF柴崎岳(23=鹿島)の縦パスを受けると、スピードに乗ったドリブルでペナルティーエリアに侵入。相手DFを引き付け、左でフリーになっていたFW岡崎慎司(29=マインツ)へパスを出し、ゴールをお膳立てした。

    このプレー以外にも、切れ味鋭いドリブル突破やミドルシュートを随所に見せ、持ち味を発揮。得点こそなかったが、後半21分にベンチに退くまで相手に脅威を与え続けた。

    宇佐美はアシストのシーンについて「自分でも行けたし、GKと1対1になって出すか、(DFに囲まれた)あそこ(の場面)で岡ちゃんに出すかを悩んだ。でも、どっちにしろしっかりフィニッシュまで行けたし、ああいうプレーを見せられれば武器になると思う」と満足げに振り返った。

    バヒド・ハリルホジッチ監督(63)の期待に応え、日本代表で存在感を増しつつある宇佐美だが、Jリーグでも10ゴールを挙げて得点ランクトップタイと好調。かつて失格の烙印を押された欧州各クラブから再評価の動きが出ている。2011年に移籍したバイエルン・ミュンヘンでは出場機会に恵まれず、翌12年に移籍したホッフェンハイムでも輝けなかった過去がウソのような状況だ。

    だが、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)でベスト8に進出し、2年連続3冠に挑戦している今のG大阪にとって簡単に手放せる選手ではない。野呂社長は「現段階では(欧州クラブからのオファーは)きていない」と前置きした上で、宇佐美の海外再移籍についてこう語った。

    「将来的には頑張ってほしいが、新スタジアムでプレーしないで(移籍する)ということはないでしょう。
    本人もそう思っているのではないか。ガンバで育って海外に移籍して、戻ってきて3冠に貢献した選手が新スタジアムの初ゴールを挙げたら、それこそファンやサポーター、みんな喜びますよ」

    大阪・吹田市に今秋完成予定の新スタジアムは、来季からリーグ戦などの公式戦で使用される予定。宇佐美が新スタジアムで“置き土産”となるゴールを決め、欧州へ再挑戦――。そんなシナリオが来夏にも完成するかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00000004-tospoweb-socc
    東スポWeb 6月13日(土)10時12分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00000004-tospoweb-socc.view-000
    好プレーを連発した宇佐美
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1434159014/

     
    続きを読む

    2015-06-08_21h45_23
    続きを読む

    CGAVL8uWIAAEAge


    続きを読む


    no title
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/27(水) 07:45:57.35 ID:???*.net
    ブンデスリーガの中堅マインツへの移籍が決定的といわれながら、なかなか正式発表が出ないFC東京のFW武藤嘉紀(22)。渦中の武藤がいつ結論を出すのか、スポーツメディアは徹底マーク中だが、そんな武藤の動向に紛れるようにして、大物Jリーガーの海外移籍話が進行していた。

    ガンバ大阪のFW宇佐美貴史(23)が、かつて所属していたドイツの名門バイエルン・ミュンヘンに再移籍するというのだ。

    宇佐美といえば11年7月、19歳の時にバイエルンから声が掛かってレンタル移籍。大きな話題を集めたが、欧州を代表する名門ではレギュラー争いに絡めず、11―12年シーズンは3試合しか出場できなかった。12年5月にはブンデス中位ホッフェンハイムに移ったものの、20試合2得点と輝きを見せられず、13年6月に古巣のG大阪(当時J2)に出戻った。

    当時、宇佐美は「試合に出られないようなヤツはサッカー選手とは言えない。もう海外移籍はこりごり」と話し、周囲は「少なくとも目標である18年ロシアW杯出場までは、海外移籍を封印するだろう」というのが大方の見方だった。ところが、実際は違った。

    「宇佐美自身は、失敗に終わったドイツ移籍のリベンジを絶対に果たしたい! の一心でトレーニングに励み、復帰1年目は、18試合出場19得点の活躍でG大阪のJ1復帰に大貢献。昨季のJ1でも好パフォーマンスを見せてJ、ナビスコ杯、天皇杯優勝の3冠達成の原動力となった。ドイツでは試合に出られないつらさに耐え、G大阪では期待という重圧を背負いながら結果を出し続け、課題とされたメンタル面のひ弱さも改善された。満を持しての欧州再挑戦なのです」(代理人関係者)

    移籍先ともっぱらのバイエルンは現在、チーム編成の過渡期を迎えている。

    近年のバイエルンの強さは右のロッベン(オランダ代表)、左のリベリ(元フランス代表)の強力サイドアタッカーの充実ぶりがあるが、32歳のリベリ、31歳のロッベンはもともとケガを繰り返すタイプの上、ここ1年はコンディション不良にも悩まされ、2人は4月途中から戦線離脱したまま、今季を終えてしまった。

    「バイエルン上層部はリベリ、ロッベンに代わるサイドアタッカーをずっと探していました。一度は戦力外とした宇佐美に再び声を掛けることになったのは、意外にもリベリの口添えがあったからです。リベリは宇佐美が在籍していた当時から、その能力を高く評価。宇佐美がバイエルンを離れた後も『メンタルさえ強くなればモノになる』と何度もクラブ幹部に話していた。バイエルンは宇佐美についてリサーチし、メンタル的にも何の問題もないと判断して獲得のゴーサインを出したのです」(前出の関係者)

    移籍発表は、Jリーグ前期最終節(6月27日)が終了した直後といわれている。宇佐美は欧州のプレシーズン直前という絶好のタイミングで、再挑戦に挑む。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/160138
    2015年5月27日

    http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/160/138/e3c15d18269225559e9512b381d568d120150526110504921.jpg
    今季Jリーグ10得点でトップタイの宇佐美
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1432680357/


     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ