海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:宮市亮

    1:Egg ★:2018/10/08(月) 09:06:11.39 ID:CAP_USER9.net


    先発した宮市

    ザンクト・パウリに所属するMF宮市亮が、今季初の先発出場を飾った。

    ザンクト・パウリには7日、ブンデスリーガ2部第9節でザントハウゼンと対戦。ここ2試合出番のなかった宮市だが、今季初のスターティングイレブンに名を連ね、決勝点を挙げたインゴルシュタット戦以来の出場となった。

    右サイドに入った宮市は前半からチーム最多のスプリント回数を記録し、上下動を繰り返す。クロスも6本送り、ザンクト・パウリの大半の攻撃が右サイドから展開した。

    試合は前半にザンクト・パウリが先制しながら、73分に追いつかれて1-1に。その後、宮市も77分に途中交代した。

    終盤、ザンクト・パウリは途中出場のサミ・アラギが勝ち越し弾を挙げ、再度リードを奪う。さらに、その後ダメ押し弾も決まり、3-1で勝利して4試合負けなし。順位を5位にまで上げた。

    10/7(日) 22:27配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00010015-goal-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/09/22(土) 09:12:36.85 ID:CAP_USER9.net
    ザンクトパウリ(ドイツ2部)を率いるマーカス・コウツィンスキ監督は日本人FW宮市亮についてコメントを残した。

    ブンデスリーガ2部第6節でザンクトパウリはインゴルシュタットと対戦した。試合は82分の宮市のゴールが決勝点となり、ザンクトパウリが1-0で勝利。ザンクトパウリは連敗を3試合でストップさせた。

    コウツィンスキ監督は試合後、宮市を次のように称賛している。

    「チームの誰もが私と同じことを感じているだろう。私はリョウに非常に満足している。重度のひざの負傷の後、復帰した彼は、チームとゴールのために今日そこにいたね」

    「ハードな試合だったし、インゴルシュタットはうまくプレーしていた。遊び心のある戦い方で私たちよりも優れていたと思う。しかし、私たちはリョウのゴールでそれを一瞬にして変えた」

    なお、右ひざ前十字じん帯断裂で離脱が続いていた宮市は、2017年5月21日のボーフム戦以来、1年4カ月ぶりのトップチーム公式戦復帰。同試合のゴールは、2016年5月15日のカイザースラウテルン戦で2ゴールを決めて以来、2年4カ月ぶりとなるゴールとなっている。
    2018-09-22_12h14_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00836336-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/22(土) 11:46:28.93 ID:CAP_USER9.net
    ザンクトパウリ(ドイツ2部)に所属する現在25歳の日本人FW宮市亮の喜びのコメントが、クラブ公式サイトで紹介されている。

    ブンデスリーガ2部第6節でザンクトパウリはインゴルシュタットと対戦。同試合で宮市は1年4カ月ぶりとなる公式戦復帰を果たし、82分に得点を決めた。

    試合は宮市のゴールが決勝点となり、ザンクトパウリが1-0で勝利。2年4カ月ぶりの宮市のゴールがザンクトパウリの連敗を「3」でストップさせた。

    久々の試合。久しぶりのゴール。そしてそのゴールが試合を決める決勝弾となった宮市は試合後、クラブからのインタビューに応じると次のようにコメントを残している。

    「今日は非常に重要な試合でしたが、チームは90分をフルに戦って勝利しました。最後には試合に勝つことができてうれしいです。復帰戦で決勝点を決められるなんて、気分は最高です」

    「(ゴールシーンを振り返り)自分の足でシュートすることも考えましたが、幸運なことにゴールキーパーは前に出て立ってくれました。だから、彼の上にヘディングしようと思いました」

    「まるでおとぎ話のように感じています。数カ月前に僕はまたケガをしました。プレーを続けることができるのだろうかとも思いました」

    「しかし、またプレーしたいと思い、そして今、復帰が叶い、勝つことができました。とにかくうれしいです。(家族、クラブ、ファンに)素晴らしいサポートをありがとう」

    「僕は準備ができています。ジョーカーの役割としても問題ない。それも僕のオプションだからです。僕は今日それを示しました」
    2018-09-22_12h14_46
    9/22(土) 9:21配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00836327-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/22(土) 05:56:40.36 ID:CAP_USER9.net
    ザンクトパウリに所属するFW宮市亮が、21日に行われたブンデスリーガ2部第6節のインゴルシュタット戦で復帰を果たし、いきなり今シーズン初ゴールを決めた。

    右ひざ前十字じん帯断裂で離脱が続いていた宮市は、70分に途中出場し、2017年5月21日のボーフム戦以来、1年4カ月ぶりにトップチームの公式戦に復帰を果たした。すると82分、味方のロングパスに反応してDFの裏を抜け出すと、ペナルティエリア中央で頭で押し込み、先制点を記録。2016年5月15日のカイザースラウテルン戦で2ゴールを決めて以来、2年4カ月ぶりとなる復活弾に、宮市は雄叫びを上げて喜んだ。

    試合は宮市のゴールが決勝点となり、ザンクトパウリが1-0で勝利。連敗を3試合でストップさせた。

    9/22(土) 3:23配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00836300-soccerk-socc

    写真



    宮市亮がついに復帰!…2度の大ケガを乗り越え、1年4カ月ぶりに公式戦出場
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00836268-soccerk-socc

    宮市亮がリーグ戦2年4カ月ぶり復活弾!ザンクト・パウリに勝利をもたらす
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000022-goal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/08(土) 14:29:37.72 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ2部のザンクト・パウリに所属するFW宮市亮は戦列に戻りつつある。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』で、重傷による精神的なダメージを乗り越えるにあたって支えとなった存在について明かした。

    2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに渡った宮市は加入直後に左ひざ前十字じん帯を断裂すると昨年6月末には今度は右ひざの前十字じん帯を断裂。今年4月には2軍の試合で右ひざを痛め、再び重傷を負ったと懸念されたが、後に負傷はより軽度であったことが判明した。

    長期離脱を繰り返してきた宮市だが、「正直、サッカー人生が終わったと思いました」と右ひざ前十字じん帯の再断裂の可能性を伝えられたときの心境を告白。だが、そこから這い上がるにあたって、とある選手の存在が大きかったようだ。

    宮市はグーグルを通じて同じくブンデスリーガ2部でプレーするボーフムのDFパトリック・ファビアンについて知ったという。「勇気づけられました。自分に『僕にもそれができる』と言い聞かせましたね」とひざ十字じん帯の断裂を4回経験したにも関わらず今でも現役生活を続けている30歳のストーリーに試練を乗り越える力を与えられたことを明かした。

    なお、宮市は6日に行われた4部FSVフランクフルトとのテストマッチに先発出場し、72分までプレー。2-1で勝利を収めた中で、16分に決勝弾をマークした。すでにU-23チームで2試合にフル出場を果たしているウィングは再びトップチームの公式戦に出場する日も近いようだ。

    9/8(土) 8:05配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000000-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/07(土) 22:58:33.36 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリに所属するFW宮市亮は、7日に行われたテストマッチに出場し、実戦復帰を果たした。

    昨年6月末には右ひざの前十字じん帯を断裂で長期離脱を余儀なくされていた宮市は、4月末にはザンクト・パウリ2軍の4部リーグでの試合に出場。公式戦復帰となるはずのこの一戦では13分に右ひざを痛めた様子で負傷交代を強いられ、前十字じん帯を再び断裂した可能性が高いと見られていた。

    しかし、その後日本に帰国した同選手だが、5月の末には自身のインスタグラムで「日本での検査の結果、幸いなことに前十字靭帯は切れておらず、再建した靭帯の周りに少し炎症が起きていただけでした」と報告。新シーズンに向けて6月25日に始動したクラブに戻り、数日間の個人練習を経て先日からはチーム練習も再開している。

    そして、ザンクト・パウリはそんな宮市を7日に行われた4部フレンスブルク戦、8日に臨むブレンビー戦に向けた遠征メンバーに招集。その1戦目に後半開始から出場し、6-1での大勝を収めるなか1アシストを記録した。

    ドイツメディア『リーガ2』は、宮市はこの試合で「彼特有の強みを見せた」とそのプレーを評価。「マルクス・カウチンスキ監督は攻撃陣における新たなオプションが与えられることを喜んでいるだろう」と伝え、「日本人選手のドリブル能力とスピードはザンクト・パウリに必要」と宮市に対する期待をうかがわせている。

    7/7(土) 22:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000031-goal-socc

    写真

    続きを読む

    GettyImages-119439773-min

    1:風吹けば名無し:2018/06/01(金) 08:16:54.59 ID:qK91FBYP0.net
    2010から2014の間のワクワク感よ
    2:風吹けば名無し:2018/06/01(金) 08:18:35.24 ID:yCqFCyCdd.net
    なお
    3:風吹けば名無し:2018/06/01(金) 08:21:28.46 ID:eRJPTWwgr.net
    ハーフナー
    続きを読む

    921:U-名無しさん :2018/05/25(金) 06:38:58.08 ID:uB2G3SEs0.net

    宮市亮の右膝靭帯問題なし!来季へトレーニング開始
    2018-05-25_08h11_13
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201805240000943.html

    ドイツ2部ザンクトパウリのFW宮市亮(25)が日本で着々と来季へのトレーニングを進めている。

    連日、ピッチ上で力強く走り、多くのメニューをこなしている。

    ここまでで「?」と思った人も多いのではないか。大けがを負ったのではなかったのか、と。

    右膝の前十字靱帯(じんたい)を再断裂した可能性を伝えるショッキングなニュースが流れたのは、4月末だった。

    結果的にこれは間違いだった。

    5月初旬に日本に戻り、都内の病院で精密検査を受けた。膝に炎症のあとは見つかったものの、靱帯(じんたい)や膝の機能には全く問題がないと太鼓判を押された。

    負傷交代した試合後しばらくは、痛みで松葉づえをついていた。日本で納得いく形で精密検査し、入院、手術という流れも覚悟していた。そこで耳にしたのは、想像ではなく、願望ともいえるレベルだったうれしい診断だった。

    宮市は直後のランチでパスタを普通盛りで頼み、ゆっくり食べた。

    とにかくよく食べるが、この時はいつもの大盛りではなかった。理由を聞くと「ちょっと胸がいっぱいで…」。テーブルを囲んだ知人には、どんな言葉よりも、心からの喜びに聞こえたという。

    周囲への感謝を忘れない。両膝の前十字靱帯(じんたい)を断裂したが、家族や周囲のサポートもあって乗り越えてきた。ランチを終え、次に気にしていたのはチームメートへの報告だった。

    2度、長期離脱したが、その人柄と取り組みで、個性的な選手の多いチームでも愛されている。

    それを物語るように、大けがを負った仲間を力づけようと、ビーレフェルト戦の試合前、ザンクトパウリの選手たちは背番号13の宮市のユニホームを全員で着た。

    背番号の上には「お前は1人じゃない」を意味する英文の頭文字「YNWA」とあった。この計らい、仲間の思いも、通じたのだろう。

    ただ、律義な宮市は、そこまでさせたことが頭から離れないようで「みんなでユニホームまで着て励ましてもらったのに、何と報告すればいいのか…」と悩んでいた。

    あれから約3週間がたつ。トレーニングは至って順調。この間、お世話になった人や心配してくれた人たちには「大丈夫です。ご心配おかけしました、ありがとうございます」と丁寧に連絡を入れた。

    一番の報告は、言葉ではない。2度の大けがを乗り越え、プレーできることの重みを誰よりも感じている。だから、次のシーズンのピッチに万全の姿で戻ること。それが何よりだと誓う。

    そう信じ、日本でトレーニングを続ける。ひとまわりも、ふた回りも大きくなって、完全復活を遂げるべく、ドイツのピッチに舞い戻る。
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/05/03(木) 21:58:24.47 ID:CAP_USER9.net
    宮市亮、重傷で日本に緊急帰国へ。クラブが発表
    5/3(木) 21:29配信 フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2018/05/03/post268004/
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180503-00268004-footballc-socc

    宮市亮【写真:Getty Images】


    ドイツ2部ザンクト・パウリは3日、FW宮市亮が週明けに日本へ向かうことを発表した。

    宮市は先月28日にU-23チームの試合で公式戦復帰を果たしたが、右ひざを負傷して交代。その後、クラブから「右ひざ前十字じん帯断裂の可能性が高い」と発表されていた。

    過去に2度、ひざの前十字じん帯を痛めて長期離脱を強いられている宮市は、ようやく復帰が近づいているところだった。

    ザンクト・パウリは3日、クラブの公式ツイッターを更新。宮市、監督、メディカルスタッフで話し合った結果、選手は7日に日本へ向かうことになったとのこと。
    日本で関節鏡検査を受けることになる。

    ひざの状態だけでなく、精神的なダメージも心配な宮市。日本でどのような診断結果が出るだろうか。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ