海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:宮間あや

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/21(水) 13:03:13.14 ID:CAP_USER9.net
    プレナスなでしこリーグ1部の岡山湯郷Belleは20日、10名の選手が同日付で退団することを発表した。

    岡山湯郷が今回退団を発表したのは全10名。GK青柳麻理鈴、DF谷口きくみ、DF細川元代、DF川野紗季、

    DF小林映里奈、DF橋本祥子、MF小林真規子、MF乃一綾、MF大久保舞、FW田中麻由の退団が決定した。

    岡山湯郷は今季、プレナスなでしこリーグ1部で最下位に低迷。来季の2部降格が決まった。今シーズン途中、結城治男監督代行との関係悪化により、

    なでしこジャパン(日本女子代表)MF宮間あやら複数選手が退団の意思を示したと報道。8月10日に4選手の退団が決定し、宮間も11月13日に契約満了が発表されていた。

    今回の退団で、岡山湯郷のクラブ公式サイトの選手紹介ページに表示されているのはわずか7名。

    背番号順に、DF加戸由佳、MF浅野未希、MF北浦美帆、GK三田一紗代、MF作間琴莉、FW岸野早奈、DF野間文美加のプロフィールが写真とともに掲載されている。

    SOCCER KING 12/21(水) 11:32配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00530109-soccerk-socc

    写真

    岡山湯郷Belle
    http://www.yunogo-belle.com/
    続きを読む

    miyamaP2016073100000500-ogp_0
    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/08/24(水) 10:23:46.78 ID:CAP_USER9.net
    人格否定。スポーツ紙に躍るそんな大見出しを目にしてギョッとした方も多いのではないか。所属チーム監督代行の言動にブチ切れ、退団を申し入れたのはサッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」の元主将、宮間あや(31)である。新聞が報じなかった、人格否定発言の中身とは――。

     ***

    なでしこリーグの「岡山湯郷(ゆのごう)Belle」で異常事態が起こっていることが発覚したのは7月28日。宮間や、ゴールキーパーの福元美穂(32)などベテラン選手4人が退団を申し入れたというのだ。その原因は25日に解任された結城治男監督代行(53)の言動で、スポーツ紙などは「人格を否定するような」発言があったと報じたのだが、暴言の内容には触れなかった。

    「具体的には、練習前のミーティングの時に宮間らに対して『お前らがいなければもっと練習がうまく行く』、宮間に対しては『お前がいなければ俺は他のベテラン組と上手くやれる』などと言っていたようです。そんなことを言われたら、今までさんざんこのチームに貢献してきた宮間が屈辱的な気持ちになるのは当然です」

    そう話すのは、長年、岡山湯郷のゼネラルマネージャー(GM)を務めてきた黒田和則氏(70)。今回の騒動の責任を取りたい、として岡山湯郷に辞職届を提出した氏によると、

    「チームのメンバー全体に対しても、『お前たちは中学生並みか』といったことを言っていたようです。女子サッカーなんて所詮は技術的に男子中学生並み、という意味だったらしい」

    暴言の主である結城氏が岡山湯郷のコーチに就任したのは今年3月。前監督の退任に伴って監督代行に就いたのは6月である。

    ■王様とは認めない

    女子サッカー解説者の江橋よしのり氏によると、

    「岡山湯郷は『宮間のチーム』でした。結城さんの前の監督や前の前の監督の時には、宮間が実質的に監督の役割を担っていた。が、結城さんは宮間をチームの王様とは認めない、という考えだったのでしょう」

    実際、結城氏が監督代行に就任してからそれほど時をおかずに、

    「監督代行とベテラン選手の間に溝が出来始めた」

    と、先の黒田氏は言う。

    「当時、監督代行はこんな不満を漏らしていました。『私の指導の仕方がどうだこうだということを宮間が練習中に他の選手に言っている』と。私はそれを聞いて、『あなたのサッカーを一方的に選手に押し付けるのではなく、宮間らベテラン勢とよく話をして下さい』とお願いしました」

    しかし、結城氏は「選手は監督の指示に従うのが当然」との姿勢で、宮間らとコミュニケーションを取ることを拒否。7月中旬以降には「人格否定発言」も飛び出し、両者の関係は修復不可能な状態に陥ったのだ。

    「チームとしては、宮間ら4人については残って欲しいということで慰留をしているところです」

    と、黒田氏は言うが、先の江橋氏はこんな意見。

    「チームはこれまで宮間がいることにより大きな恩恵を受けてきたのだから、今回は彼女の意思を尊重してあげたほうがいい。彼女ほどのスター選手なら移籍先にも困らないでしょう」

    澤穂希の引退、リオ五輪予選敗退、そして今回の騒動。かつての輝きはどこへやら、最近の「なでしこジャパン」にはどことなく寂寥感が漂っている。

    「ワイド特集 鉄の女の『金』『銀』『銅』」より

    「週刊新潮」2016年8月11・18日夏季特大号 掲載

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160824-00511628-shincho-socc
    続きを読む

    1:朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/:2016/07/28(木) 08:29:29.51 ID:CAP_USER9.net
    サッカー女子のなでしこリーグ1部・岡山湯郷ベルの主力で、2011年ワールドカップの優勝メンバーでもあるMF宮間あや(31)とGK福元美穂(32)ら4選手がチームを退団することが27日、分かった。

    選手側の申し出をチームが同日認めた。結城治男監督代行(53)も退任する。ベルは、01年発足当時から在籍するチームの顔が、シーズン途中で脱退する異例の事態に陥った。

    チーム関係者によると、他はFW松岡実希(29)とDF高橋佐智江(31)の両選手。4人は25日、美作市の練習場内でチームメートに退団のあいさつをした。いずれも今後の動向は未定という。結城監督代行も同日、チームを離れることが決まった。桜井庄吾前監督に続く今シーズン中の退任で、後任は未定。

    背景には監督代行の指導法を巡って意見の相違などがあったとみられ、4人は20日から練習に参加していなかった。24日にあったリーグカップ戦の仙台戦は、もともとコンディション不良で欠場中の宮間選手に加え、福元選手ら3人もベンチ外となっていた。

    クラブ幹部は「このような事態になるとは思っていなかった。残ったメンバー中心にチームを立て直していく」と話している。

    宮間選手は01年、福元選手は02年に加入し、攻守の要としてチームを長年、けん引してきた。2人は日本代表でも活躍し、ワールドカップは11年ドイツ大会で優勝し、15年カナダ大会は準優勝、12年のロンドン五輪は銀メダル獲得に貢献した。宮間選手は代表主将も務めた。
    (2016年07月28日 05時50分 更新)
    http://www.sanyonews.jp/article/388448



    宮間あや選手(左)と福元美穂選手
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 11:48:34.36 ID:???*.net
    サッカーキング7月2日(木)10時39分
    2015-07-02_12h01_38
    画像:PKを決めベンチメンバーと喜び合った宮間(中)[写真]=Getty Images

    なでしこジャパンは、1日に行われたFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015準決勝でイングランド女子代表と対戦し2?1の勝利を収め、2大会連続の決勝進出を果たしている。

    この試合で先制点となるPKを決めたMF宮間あやは試合後、「とにかく優勝することだけを考えてきたので、あと一歩でスタート地点に立てると思うので、本当にチームの力だと思います」とコメント。

    1?1で迎えた試合終了間際に相手のオウンゴールで勝ち越しに成功したが、「もちろん相手にとってはアンラッキーなゴールでしたけど、気持ちで押し切れたんじゃないかと思います」と話し、強い気持ちがゴールに結びついたと主張した。

    宮間はPKを決めた瞬間、ベンチに向かって走りチームメイトと喜び合った。その場面については「チームの力ですし、ベンチからの声もずっと掛かっているので、チーム一丸となって頑張れていると思います。今大会、なかなかそういう機会も少なかったので、よかったと思います」と振り返っている。

    そして決勝戦に向けて「気持ちの強い方だと思いますし、オリンピックで金メダルを持っていかれているので、ワールドカップは渡さない気持ちでやりたいと思います」と、連覇に向けて力強く語った。

     決勝戦は5日に行われ、なでしこジャパンとアメリカ女子代表が対戦する。

    http://news.biglobe.ne.jp/sports/0702/sck_150702_7686157554.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435805314/

     
    続きを読む

    1: 備長炭Z ★@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 17:46:48.33 ID:???*.net
    英紙がなでしこを紹介…注目選手は宮間あや「世界最高の選手の1人」

    イングランド女子代表は、7月1日に行なわれるFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の準決勝で、なでしこジャパンと対戦する。それを受けてイギリス紙『デイリーメール』が28日、「ワールドカップでのイングランドの対戦相手…日本について知っておくべき全てのこと」との見出しで、なでしこを紹介している。

    イングランド女子代表は、27日に行われた準々決勝で開催国のカナダ代表と対戦し、2-1で勝利を収め、初のワールドカップ準決勝進出を果たした。この結果、ベスト4では前回王者のなでしことの対戦が決定。同紙は、3つの小見出し、「無敗」、「賢い監督」、「注目の選手」でなでしこを紹介している。 

    「無敗」では、「7ゴールは、それぞれ異なった選手が獲得。ピッチ上どこでも危険をもたらすことを示している。フィジカルで劣っているが、とても組織されており、ここまで5戦全勝で、前半でゴールを許していない」と、今大会ここまでのなでしこの戦いを伝えている。

    そして、「賢い監督」と称された佐々木則夫監督について、「2008年から率いている57歳の佐々木則夫監督は、日本を有力チームへと変化させた。細部まで行き届いたプランニングは、2012年のロンドン・オリンピックで証明。彼は、試合地を同じ場所に留めるために、チームに南アフリカと引き分ける様に指示していた。結果、その戦術もあり、チームを決勝進出へと導いていた」とコメントしている。

    最後に同紙は「注目の選手」としてキャプテンのMF宮間あやを選出。「世界最高の選手の1人。彼女は、両足を使いパスを出せる小柄なMFで、さらにセットプレーでも危険な存在である」と宮間を称賛している。
    2015-06-30_18h28_42
    サッカーキング  2015.06.29. 19:55
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20150629/326546.html
    画像:オーストラリア戦に出場したなでしこ主将のMF宮間あや

    <参考データ>
    2011年FIFA女子年間最優秀選手賞(女子バロンドール)
    http://www.fifa.com/mm/document/classic/awards/01/56/60/64/voting_results_ok.pdf
    *1位 28.51% 澤穂希(INAC神戸/なでしこリーグ)
    *4位 12.18% 宮間あや(岡山湯郷/なでしこリーグ)

    2012年FIFA女子年間最優秀選手賞(女子バロンドール)
    http://www.fifa.com/mm/document/ballond 260r/general/01/98/08/52/fboawards-byrank.pdf
    *4位 10.85% 澤穂希(INAC神戸/なでしこリーグ)
    *8位 *7.51% 宮間あや(岡山湯郷/なでしこリーグ)
    *9位 *7.32% 福元美穂(岡山湯郷/なでしこリーグ)

    2014年FIFA女子年間最優秀選手賞(女子バロンドール)
    http://resources.fifa.com/mm/document/tournament/competition/02/50/58/59/fboaward_rankingpresslist2014_neutral.pdf
    *5位 10.48% 宮間あや(岡山湯郷/なでしこリーグ)
    *7位 *6.51% 川澄奈穂美(シアトル・レインFC/米NWSL→INAC神戸/なでしこリーグ)
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435654008/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ