海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:小林祐希

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/10(火) 12:33:54.74 ID:CAP_USER9.net
    日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは9日、レアル・マドリーに所属するノルウェー代表MFマルティン・エーデゴーア(18)のレンタル加入を発表した。10日に本拠地アベ・レンストラ・スタディオンで入団会見を行うとしている。

    15歳253日でノルウェー代表デビューを飾り、注目を集めたエーデゴーアは、複数クラブによる競合の末、2015年1月にレアルに加入。2015年5月にはクラブ史上最年少となる16歳156日の若さでトップチームデビューを果たしたが、以降は出番に恵まれない日々が続き、Bチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャで主にプレーしてきた。さらなる成長、経験を積むために今季開幕前からレンタル移籍の可能性が噂されていた。
    2017-01-10_14h29_07
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-01635707-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/16(金) 11:10:13.98 ID:CAP_USER9.net
    オランダメディアの取材に応じた小林 「今はまだ始まりにすぎない」と言い放つ
     
    へーレンフェーンで出場機会を着々と増やしている日本代表MF小林祐希が、現地メディアで“本田圭佑超え”を宣言したようだ。オランダのサッカー専門サイト「voetbal INTERNATIONAL」の取材に応じている。

    小林はエールディビジ第5節に公式戦初出場を果たして以降、リーグ戦12試合連続で先発出場、現在8試合連続フル出場を果たしている。そして3日のイーグルス戦では待望の公式戦初ゴール。現在4位につけるチームのなかで、日に日に存在感を高めている。

    同サイトはその小林について「日本のジュビロ磐田から夏にやって来た小林は、好調のヘーレンフェーンで名を挙げた一人だ。日本代表にも6月にデビューした」と紹介しつつ、本人のコメントを掲載している。

    「自分は子供の頃、夢見ていた日本代表で得点を挙げたが、驚きはなかった。Jリーグでしっかりプレーしたし、今はヘーレンフェーンで精度を高めている。今はまだ始まりにしかすぎない」と、オランダでも“ビッグマウス”ぶりを発揮している。

    そして「自分は本田圭佑さん以上の良い選手になりたいと思っている」と、代表の現エースで何かと比較対象にされる本田を上回りたいと強気に言い放っている。

    「自分は遅咲き。今は自分の時間が来た」

    オランダのエールディビジには20代前半の選手が多いなか、小林が24歳である点について問われると「自分は遅咲きのタイプだと思う。それは代表だけでなく、クラブでもそう。だけど今は、自分のための時間が来たと感じている。自分はヨーロッパのトップレベルの選手になりたい」と、今後への野望を余すことなく語ったという。

    日本代表は11月15日のサウジアラビア戦で、本田や香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)がスタメンから外れ、大迫勇也(ケルン)や清武弘嗣(セビージャ)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)らが躍動した。世代交代の波が押し寄せるなか、自らも台頭してみせる――

    小林の野心はオランダの地でしっかりと育まれているようだ。

    Football ZONE web 12/16(金) 8:00配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161216-00010003-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    2016-12-04_09h43_13
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/04(日) 04:27:44.16 ID:CAP_USER9.net
    第15節12/3(土)26:30 デ・アーデラールズホルスト

    ゴー・アヘッド・イーグルス 1-3 SCヘーレンフェーン

    1-0 ダレン・マートセン(前半7分)
    1-1 レザ・ゴーチャネジハド(前半20分)
    1-2 レザ・ゴーチャネジハド(前半27分)
    1-3 小林祐希(前半45分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929167
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/22(火) 16:30:45.51 ID:CAP_USER9.net
    オランダ1部ヘーレンフェインに所属する日本代表MF小林祐希(24)が、これまでこだわっていた攻撃が中心のトップ下を封印し、11日のオマーン戦(親善試合、4-0で勝利)に日本代表として出場した、守備に重点を置くボランチに専念する。

    脱トップ下宣言で日本代表のレギュラーをつかみ取る。今夏に移籍したヘーレンフェインでも、4-3-3の左MF(逆三角形の前列左)、4-4-2のセントラルハーフでの出場とトップ下でプレーしていない。本人は以前から「陰で貢献するというよりは、目立ってきたタイプ」。「(トップ下を)虎視眈々(たんたん)と狙っている。ボランチで終わるつもりはない」と、トップ下への強い意欲を見せていた。

    19日のフィテッセ戦後、小林はトップ下への強いこだわりが、ボランチでのプレーにとっては邪魔になると主張した。「トップ下への未練を持ったままボランチをやったら、中途半端になってしまう」と話した。

    だが、トップ下を完全に諦めたわけではない。「ボランチとして極めてみます。その上で『トップ下をやってくれ』と言われる日が来たら、本当にうれしいです」とコメント。二兎(にと)を追う者は一兎をも得ず。まずはボランチのスペシャリストへ。新たにスタートする。

    小林の一問一答

    -フィテッセ戦からしばらく経ったが

    フィテッセ戦の自分を、もう1度、思い返してみたんです。確かに自分のプレーは悪くなかった。だけど、良くもないと思っちゃうのは何故なんだろうと…。その理由は、トップ下への自分のこだわりが強すぎるということ。だから、とりあえず今シーズンいっぱい、俺は一回、ボランチというポジションを愛してみて、このポジションを極めてみようとマインドを変えました。

    -それはヘーレンフェインでの役割と関係あるのか

    そう。「ボールより後ろにいて、サポートしてくれ」と(監督から)言われてるからね。そしたらボランチの思考を持ってないと、俺はいつまでたっても自分のプレーに満足できない。

    満足することって大事なんですよ。「今日の自分、全然ダメだった」と思うより、「今日は良かった。じゃあ、次にもっと良くするためにどうしよう」とポジティブな気持ちでレベルアップしていくことの方が自分に合ってます。

    フィテッセ戦を終えてから、いろいろ考えたんですけれど、ボランチとしてはちゃんとチームのバランスを取っていた。「ボランチのマインド」だと良かったけれど、「トップ下のマインド」だと満足できない試合でした。

    -日本代表のオマーン戦ではボランチとして途中出場し、ファーストプレーで相手のボールを奪って(味方へ)つなぎ、試合への入りが良かった

    入りだけじゃなく、ずっと良いリズムでプレーできたと思います。(守備時に)相手への寄せの距離、プレーのスピード、空中戦での競り合いなど、全てにおいてワンランク上がったと代表のスタッフも思ったはずです。「こいつ、意外とボランチも出来るな」ってね。最後はゴールも決めました。2列目から上がって、こぼれ球を拾って、トラップからズドン。ボランチらしいゴールだったよね。

    -(ボランチとして)クラブと代表、同じポジションでプレーする方が良いですしね

    そう。トップ下への未練を持ったままボランチをやったら、中途半端になってしまう。ボランチだったら行かないところでも、俺がトップ下への未練を持っていたら、ふらふら前に行っちゃって(後ろの)スペースを空けちゃったりね。

    ボランチも「ここは行くべき」という場面があって、それがオマーン戦のゴールだった。逆にトップ下も、下がらないといけない場面がある。ボランチだけどリスクを負って上がる時と、ボランチだからリスクを考えて止まる時。これが、トップ下の考えが強いと、ポジショニングが中途半端になってしまう。ここはトップ下への未練をきっぱり捨てて、ボランチというポジションを極めてみます。その上で「トップ下をやってくれ」と言われる日が来たら、本当にうれしいです。

    次、日本代表でスタメンを奪うためにどうするか。今回、(ボランチに専念することで)その布石は打った。次の試合(来年3月23日、W杯アジア最終予選、アウェーでのUAE戦)まで4カ月あるから、スタメンは不可能なことではない。体、頭、メンタル、技術。全てを2ランク、3ランクアップさせることが今の目標です。
    2016-11-22_21h58_26
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-01741688-nksports-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/13(日) 21:05:52.66 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表は13日、W杯アジア最終予選・サウジアラビア戦(15日、埼玉スタジアム)に向け、さいたま市内で冒頭15分以外非公開で調整した。歯に衣(きぬ)着せぬ発言の多いMF小林祐希(24)=ヘーレンフェイン=は一転、弱気な姿勢を見せた。

    A代表初ゴールを決めたオマーン戦後には「4-0の4点目ではなく、オレは常に1点目が取りたい」と強気な発言をしていたが、この日は「ベンチに入れるのは23人だけだから、上から見ることになるかもしれない」と弱音を吐いた。今代表には25人が招集されているため、ベンチ外の可能性を示唆した。
    20161111-00000111-dal-000-4-view
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161113-00000124-dal-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/12(土) 20:39:55.59 ID:CAP_USER9.net
    72be2855-7236-4692-8281-248fbddeeecb

    「仮想サウジ」ことオマーンを4-0で一蹴した日本代表。

    バイエルン・レディースに所属する岩渕真奈もこのゲームを観戦していたのだろうか。

    試合終了直前、こんなツイートをしていた。

    「ゆうきー」と呟いた岩渕。

    ツイートが意味するのは、この日4ゴール目をあげた小林祐希だ。

    小林が東京ヴェルディのユース出身であるのに対し、岩渕はそのヴェルディが運営する日テレ・ベレーザのアカデミー、メニーナ出身。どうやら小さい頃からの知り合いであるようで、思わず喜びの声をTwitter上で表現したというわけだ。

    小林は1992年4月24年生まれで、岩渕は1993年3月18日年生まれ。誕生日は一年ほど違うが、同じ学年でもある。

    ちなみにこのツイートの直後、思わぬ人物からリプライがあった。



    なでしこジャパンの同僚で、現在は同じくドイツでプレーする永里優季だ。

    日頃からTwitter上でよく絡む二人だが、この日ばかりは“ゆうき違い”だったらしい。

    http://qoly.jp/2016/11/11/mana-iwabuchi-twitter-20161110-kwm-1
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/11/11(金) 21:41:59.85 ID:CAP_USER9.net
    2016-11-11_22h00_27
    「サッカー・国際親善試合、日本4-0オマーン」(11日、カシマサッカースタジアム)

    途中出場のMF小林祐希(ヘーレンフェーン)がA代表初得点をマークした。後半途中に投入され、ボランチ(守備的MF)としてプレー。後半ロスタイムに左サイドから原口が入れたゴロのパスを右足で蹴り込んだ。

    試合後は「途中からだったんですけど前に前にという気持ちで入りました」と得点を意識していたことを正直に語った。

    15日のW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦(埼玉スタジアム)へいいアピールになったとも言えるが、本人は「ボランチだったので」と本来の攻撃的MFと違う役割だったことに苦笑い。それでも「ちょっとポジションは違いますけど得点という形でアピールできたのは良かったです」と前向きに語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00000111-dal-socc
    デイリースポーツ 11/11(金) 21:32配信



    【日本vsオマーン】本田2世の小林祐希が利き足とは逆の右足で決めて4点目 2016年11月11日 日本 対 オマーン
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/11/11(金) 21:20:00.96 ID:CAP_USER9.net
    キリンチャレンジカップ2016が11日にカシマサッカースタジアムで行われ、日本代表とオマーン代表が対戦した。

    日本代表は15日に2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第5節のサウジアラビア代表と対戦する。首位相手の大一番を4日後に控えたオマーン戦はテストマッチの要素が強く、数名の主力選手を温存しつつ、これまで起用してこなかった選手にチャンスを与えた。

    日本のスタメンは、GKに西川周作を起用し、最終ラインは右から、酒井宏樹、吉田麻也、初先発の丸山祐市、酒井高徳を並べた。中盤には山口蛍と代表初出場の永木亮太が並び、ボランチの位置でコンビを組む。トップ下には清武弘嗣が入り、香川真司はベンチスタート。前線の3枚には本田圭佑、齋藤学、約1年4カ月ぶりに代表復帰を果たした大迫勇也が入った。

    試合は開始から日本がボールを保持してチャンスをうかがうものの、なかなか決定機を作れない。17分、右CKを獲得すると、清武のクロスを酒井宏がヘディングで合わせたが、ここは惜しくもクロスバーの上に外れた。

    続く19分、左CKの流れから右サイドで本田がボールを持つ。縦に仕掛けて右足でクロスを入れると、最後は大迫がヘディングシュートでネットを揺らした。日本が先制かと思われたが、ここはわずかにオフサイドの判定となってしまった。25分には左サイド深い位置から齋藤がクロスを上げると、大迫が触ってファーサイドの本田がシュート。一度、相手にブロックされたボールを再び左足で狙ったが、ここは相手に当って枠の左に外れてしまった。

    日本が終始ペースを握ると、28分に右サイドでボールを持った本田が、浮き玉で最終ラインの裏を狙う。抜け出した齋藤がGKと一対一になったが、ここはシュートまで持ち込めない。大迫がこぼれ球を奪ってシュートにつなげたが、ここも得点にはつながらなかった。均衡が崩れたのは32分。左サイドでボールを持った清武が右足でクロスを供給。これを大迫がヘディングシュートでゴール左に沈め、日本が先制に成功した。大迫にとっては2013年11月のオランダ戦以来、約4年ぶりのことだった。

    さらに41分、大迫が再び輝きを放つ。右サイドから本田、清武とパスをつなぐと、清武のスルーパスから大迫が抜け出す。大迫がエリア内で相手DFを切り返しでかわし、右足で冷静にゴール左下に決めた。このまま日本が2点をリードしてハーフタイムを迎える。

    後半も立ち上がりからペースを握ったのは日本。49分、清武のスルーパスから抜け出した齋藤がエリア内左でGKと一対一になる。これを冷静にゴール右に沈めてネットを揺らしたが、ここもオフサイドの判定に阻まれてしまった。59分には左サイドを突破した齋藤が切り返してマイナスの折り返し。中央の清武がワントラップからシュートを狙ったが、ここは相手DFに防がれた。

    日本はここで選手交代。61分に大迫と本田を下げ、岡崎慎司と浅野拓磨を投入した。すると64分、浅野がエリア内で倒されてPKを獲得。これをキッカーの清武がゴール右上隅に豪快に決め、リードを3点に広げた。清武は1ゴール2アシストの活躍となった。

    リードを広げた日本は68分に永木を下げて小林祐希を投入。71分には清武を下げて久保裕也を投入した。久保は日本代表デビューとなった。72分には浅野からパスを受けた久保が左足シュートを狙ったが、GKファイズ・アルルシェイディに防がれてしまった。74分には齋藤に代えて原口元気をピッチに送り込んだ。

    日本は79分に最後の交代カードを切る。サウジアラビア戦を見据え、吉田を温存して森重真人を投入した。88分には左サイドの原口が岡崎とのパス交換から中央へ切れ込み右足シュート。しかし、ここはGKアルルシェイディの好守に阻まれてしまう。後半アディショナルタイムには小林祐希が4点目を奪った。日本が4-0でオマーンを下した。

    日本代表は15日に埼玉スタジアムで2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第5節のサウジアラビア戦を迎える。

    【スコア】
    日本代表 4-0 オマーン代表

    【得点者】
    1-0 32分 大迫勇也(日本)
    2-0 41分 大迫勇也(日本)
    3-0 64分 清武弘嗣(PK)(日本)
    4-0 90+3分 小林祐希(日本)
    AAA_0479a-500x375
    SOCCER KING 11/11(金) 21:15配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00514268-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/11(金) 16:31:31.24 ID:CAP_USER9.net
    ヘーレンフェーン・小林祐希インタビュー@後編

    19歳で東京ヴェルディの最年少キャプテンとなり、ジュビロ磐田移籍後は司令塔としてJ1昇格に貢献。そして24歳でオランダへと渡り、ヘーレンフェーンと3年契約を結んだ。見据える先の未来に、小林祐希はどんな絵を描こうとしているのか――。

    ―― 小林祐希選手は以前、「ヘーレンフェーンのいいところしか見つからない。悪いところが見つからない」と言っていました。

    小林祐希(以下:小林) 日本は短所を消して成長させる文化。でも、俺はいいところを伸ばしていきたいタイプだから、チームメイトのいいところを見て、「お前のこういうところがいいんだ。だから、俺も助かっているんだよね!」って伝えてあげる。それだけで、若い選手がどれだけ自信を持つことか。

     ユネス(・ナミル/22歳MF)は試合に出てないけれど、俺は彼のプレースタイルが大好き。彼はエジル(アーセナル)みたいになれる素質があるけど、実戦でそれを出し切れていない。たぶん、メンタルの問題ですよね。

    だから俺はユネスに、「もっとボールに触りまくって、試合に関わり続けろ。なぜなら、お前はいい技術といいビジョンを持っているから。それを出せ。困ったことがあったら俺に言え」ってアドバイスしました。若い選手にはこういう声がけをして、どんどん自信を持たせる。彼らは、調子に乗ったら止まんないよ。だから、俺は乗せることだけを考えています。

    ―― ヘーレンフェーンではボランチです。トップ下へのこだわりは?

    小林 「ポジションへの葛藤」とまではいかないけれど、今でも俺はトップ下をやりたいという気持ちがあります。ボランチとして成長していて、ヘーレンフェーンに必要な選手になっているなか、今は、「前の選手が何をすればいいか」というのをわかってきている。この状態でトップ下をやったら、以前よりうまくなっていると思いますよ。

    俺が代表に呼ばれて、「トップ下をやれ」と言われれば、すんなりできると思います。ヘーレンフェーンで経験していることがすごく役立つと思うんです。危機管理、ポジションチェンジ、出ていくタイミング……。シュートも毎試合1本は打っているから、これを2本、3本と増やしていきたい。

    ―― 今の活躍を考えれば、2013年、小林選手がJリーグでたった1試合の出場に終わったのは不思議です。なぜでしょうか?

    小林 メンタルが子どもでしたよね。2012年にヴェルディから移籍して、2013年はまったく試合に出られなくなった。そんなに昔の話じゃない。俺がシーズンを通して試合に出たのは、2014年と2015年だけですから。

    ―― 日本にいる知り合いに聞いたところ、「あのころの小林は、やさぐれていた」と。

    小林 そうね……。俺のターニングポイントは、ふたつあります。2013年、関さん(関塚隆)がジュビロの監督になったので、「監督が代わったからがんばろう」ってなるじゃないですか。すると6月の半ば、監督と選手の個人面談があったから、俺も自分の意見を伝えようと監督室に行きました。

    「祐希、お前どうだ?」
    「俺、調子いいですよ」
    「でも俺、お前を使う気ないから」
    (えっ?)
    「俺以外のコーチングスタッフ、メディカルスタッフ、チームメイト、サポーターを認めさせて、『小林祐希が必要だ』という声が挙がったら、俺は使う。それまで、俺はお前を使う気はない」

    そう言われて俺は、「ちぇっ。なんだ、コイツ。ふざけるなよ」となりました。だけどこの時期、エジルがレアル・マドリードからアーセナルに移籍したデビューマッチを見て、「これだっ!」って思ったんです。俺、そこから変わったんですよ。

    ―― 「これ」とは、なんですか?

    小林 エジルは攻撃で上がってきたチームメイトをいいタイミングで使い、動き直してボールを受けて、いいタイミングでまたチームメイトを使っていた。彼がやっていたのは、「自分」じゃない。自分がいいプレーをするんじゃなく、周りを生かすのが自分にとっての「いいプレー」だった。

    それまでの俺は、「自分で決めたい」「自分でアシストしたい」「自分がカッコいいプレーをしたい」と思ってやってきたから、それを変えようと思いました。だけど、味方をいいタイミングで使うには、チームメイトがうまく動いてくれないとダメ。それまで、自分のしゃべり方は生意気で、先輩たちに対しても、「ちっ、なんだよ」みたいな……。それを。「(下手に出る姿勢を見せながら)もうちょい、あそこへ行けますか?」とか、少しずつ自分を変え始めました。それが、2013年の夏のことです。
    23b6a65e

     
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/11/09(水) 14:54:30.97 ID:CAP_USER9.net
    ヘーレンフェーン・小林祐希インタビュー@前編

    2016年8月にオランダリーグ「エールディビジ」所属のヘーレンフェーンに移籍してから約2ヶ月、小林祐希は早くもチームに溶け込んでいるようだ。レギュラーの座を掴み取り、今季のヘーレンフェーン躍進の一因となっている。初めて異国で生活する24歳に、現在の心境を聞いてみた。

    ―― トップ下願望の強い小林選手ですが、ヘーレンフェーンではボランチとして黒子に徹していますね。

    小林祐希(以下:小林):俺は縁の下タイプじゃないし、トップ下にこだわってやってきた。攻撃のアイデアをもっと前で出したいな、とも思う。でも、ボランチの面白さもわかってきました。

    ―― 日本では、「フィジカルコンタクトが弱い」「あまり守備をしない」と言われていたようですね。

    小林:言われていましたよね。けれども俺、普通に守備もやっていましたよ。相手にカウンターを受けたときも、しっかりと戻っていましたし。

    でも、映像に映ってないところからゴール前まで戻る俺を見て、オランダの人は、「祐希はあそこまで戻っている」って言ってくれる。日本では攻撃的なポジションだったから、相手を追い込むほうが優先だったけど、今はボランチだからデュエル(球際での強さや戦う姿勢)のシーンも増えている。やればね、できるんですよ!

    ただ、こっちの相手はデカいし、対等に当たったら相手のほうが強いのはたしかだから、今、フィジカルとかいろいろな訓練もしています。

    ―― その訓練とは何ですか。教えてください。

    小林:(きっぱり)無理です。今は2年後のワールドカップに向けての「俺」を作っているとき。これを今、教えちゃうと、マネする選手が出てくるかもしれない。そうしたら、俺が困っちゃうんでね。ワールドカップ本番直前になったら教えるよ(笑)。

    ―― 以前、「今度、トレーナーがオランダに来る」って言っていましたが。

    小林:そうですね。

    ―― それと関係があるのですか?

    小林:あのう……。俺のチームがあるんですよ。ドクター、メンタル&脳、身体――。この3本の柱から、俺のチームを作っています。脳みその芯から徹底的に強くする、それが「チーム小林」。今はもう自分の伸び代(しろ)が計り知れなくって、自分がどうなっちゃうんだろうと思うぐらい。楽しみすぎ。

    ―― 自分で怖いぐらい?

    小林:怖いよ。スーパースターになれる可能性があるから。

    ―― この「チーム小林」が機能したら、スーパースターになれると?

    小林:うん、機能したら……。いや、もう機能しているから。

    ―― 「チーム小林」は日本時代からですか?

    小林:はい。トレーナーは17歳のころからずっと同じ人にお世話になっています。俺のトレーナーは最先端のモノを取り入れるのに積極的な人で、身体と脳がつながっていて、どうやったらケガが少なくなるか、どういうふうにしたら身体が強くなるか……そういうことを常に考えている人なんです。

    自分にはメンタル、脳、栄養、ドクターといった分野が足りてなかったので、5月の終わりにちょっと相談しました。それで、やるなら徹底的にやりましょうということで、俺のチームができました。今は本当に楽しいよ!

    以前の俺は、「根拠のない自信」だったけれど、今の俺の自信には、「根拠がある」。それがわかっているから、自信が崩れない。

    ―― その自信を説明してもらえますか?

    小林:取り組んでいることのレベルが、普通の人と違うから。世界一になるためのプログラムを作って、自分でこなしている。サッカー以外の勉強もそう。日本や世界の経済、世界の情勢を知ることも必要なんです。だって、(世界で戦う選手は)違う文化のなかで生きていかないといけないんだから。サッカー以外のところで自分のメンタルを安定させるために、そしていろんな国の違った文化の人としゃべるためにも、世界がどうなっているのかを知っておくのは大事なことです。

    脳のことも勉強しました。(インタビュアーに)自分の左脳と右脳、どっちを使っているか知らないでしょう? 俺は右脳を80%から90%使ってしゃべっている。俺は感覚を大事にするタイプであることをもちゃんと調べました。今も感覚でしゃべっている。小さいころから座って勉強するのは苦手だったけれど、外に出て感じたこととか、映画の感想文とかなら、ブワーッて書けましたから。

    食事、脳、メンタル、プレー……。全部、自分で積み上げている自信があるから、自信に根拠がついてきました。今の俺には、1本の太い幹があるんですよ。
    2016-11-09_16h24_25
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ