海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:小柳ルミ子

    1:Egg ★:2018/07/23(月) 13:54:25.97 ID:CAP_USER9.net
    サッカー通で熱狂的なバルセロニスタ(バルセロナ・ファン)のタレント、小柳ルミ子(66)が23日、自身のブログを更新し、22日にJリーグデビューした神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)の観戦記をつづった。

    大ファンのイニエスタを生観戦した小柳は「感動」のタイトルでブログを更新。「頭の中が整理出来ない。あの世界一のMFイニエスタのプレーがこの日本でヴィッセル神戸で観れるなんて夢の様だ」と興奮気味。「目の前で大好きなイニエスタが つい2ヶ月前迄バルサのキャプテンだったイニエスタが つい2週間程前迄スペイン代表でロシアワールドカップを闘ったイニエスタが 目の前でボールを蹴ってるよー」とつづった。

    さらに「練習なのにも~ぉ、タッチが違う!!コントロールが違う!!トラップが美しい!!何てエレガントなんだろう…」とイニエスタのプレーに酔いしれたように記した。

    イニエスタは後半14分から途中出場し、Jリーグデビュー。ピッチに入る際には、満員のサポーターから大歓声が上がった。小柳は「イニエスタの投入がアナウンスされると凄い歓声が上がった 思わず立ち上がって拍手しながら感動して泣いた」と振り返った。

    そして「彼が入ってからボールがスムーズに回り溜めも出来攻撃に変化が生まれ 素晴らしいスルーパスが2~3本供給された。受け手がもっと感じる様になるとシュート迄行けるのになぁ~ イニエスタのプレーに周りがまだついて行けてない感じだ」と分析。「オフザボールの時のイニエスタの動き 是非、スタジアムで観て欲しい!!次節の柏戦も観に来ようかな!!日本に来てくれてありがとう」「行ける限り イニエスタを追っかけるぞー」と記し、今後もスタジアムから声援を送り続けることを宣言した。

    7/23(月) 11:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000106-sph-ent

    写真

    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/07/19(木) 17:41:42.80 ID:CAP_USER9.net
    小柳ルミ子 サッカーW杯を総括 日本の逆転負け「これが世界レベル」
    2018年7月19日 16:14 スポニチ Sponichi Annex 芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/19/kiji/20180719s00041000314000c.html

    歌手の小柳ルミ子



    サッカー通で知られる歌手の小柳ルミ子(66)が19日、TBSラジオ「たまむすび」(月~金曜後1時)に1年半ぶりに出演、閉幕したサッカーW杯ロシア大会を総括した。

    サッカー中心に全てのスケジュールを組み立てている小柳はロシアに行って生観戦。「今大会は左の山型(組み合わせ)に強豪国が全部入ってしまった。それもサッカーなんですけれどね。だってベルギー・ブラジル戦なんて決勝で当たってもいいカードですよ」と好カードが早くからあったことを強調。予選リーグで前回王者のドイツがメキシコに負けたのが「ショックだった」と興奮気味に話した。その上で上位に進出したチームについて「まず守備から、というチームがのし上がってきた」と指摘した。

    今大会から導入されたVAR判定については「私はいいなあと思っている。重要な場面でPKなのかどうかなど、鮮明になった。ネイマール(ブラジル)の派手な倒れ込みは演技じゃないか。人の芝居で自分の一生を棒に振ることがないようになったのでは…」と話した。

    ベスト16まで行った日本代表について、決勝トーナメントのベルギー戦での2―3の逆転負けを「これが世界レベル。5~6分あれば2点取れるのが世界レベルなんです。2点取って、日本選手に油断が出てしまった。この試合こそ、したたかに時間をつぶしてほしかった」と持論を展開した。

    大ファンのメッシ(アルゼンチン)については「次の大会では35歳になるが、ぜひ出てほしい」と希望を口にした。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/11(水) 12:35:19.78 ID:CAP_USER9.net
    サッカー通で知られる歌手で女優の小柳ルミ子(65)が11日、自身のブログを更新。ワールドカップ(W杯)ロシア大会の準決勝でFIFAランク7位のフランスが同3位のベルギーに1―0で勝利した試合について、率直な思いをつづった。

    フランスは後半6分にグリーズマンの右CKをウンティティがニアで合わせて先制。その後は今大会、圧倒的な攻撃力を誇っていたベルギーを完封し、準優勝だった06年ドイツ大会以来12年ぶりの決勝進出を決めた。

    ルミ子は「アザールもデ・ブライネも頑張ったんだけど、フランスの硬い守備を崩せなかった。悔しーい」と日本を破ったベルギーの敗戦を残念がった。一方で、フランスの快進撃を引っ張ってきた19歳の新星FWエムバペを「この大会中の振舞いを見て嫌いになった。ガッカリした。ファンには申し訳ないが…」と痛烈批判した。

    最後には「ファイナルはクロアチアVSフランスでクロアチア優勝」と展望を明かし、「あ~ぁ、後 3試合だぁ~。淋しいよぉーー」とつづっていた。

    スポニチ7/11(水) 11:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000097-spnannex-ent

    写真

    続きを読む

    1:ひかり ★:2018/07/04(水) 16:43:26.86 ID:CAP_USER9.net
    芸能界きってのサッカー通として知られる 歌手の小柳ルミ子が4日、ブログを更新し、W杯で強豪ベルギーからの勝利まであと一歩まで迫った日本代表をたたえた。ただ、1点、悔やまれた点として失点した“悪魔のカウンター”につながった日本ボールのコーナーキックで、ショートコーナーを選択しなかったことを挙げた。

    大会敗退後初のブログ更新で、「日本代表素晴らしい闘いだった」と柴崎や原口、乾、香川ら代表選手の名前を挙げながらたたえていった。ただ、「アディショナルタイムで得たコーナーキック ショートコーナーを選択して欲しかった!!」とあえての感想を付した。

    相手選手にボールが当たって、ボールが敵陣のゴールラインを割った場合、ピッチの角からボールを蹴り込むコーナーキックを得る。その際、ゴール付近まで長いボールを入れずに、近くにいる味方選手にパスをすることを「ショートコーナー」という。メリットとしてパスの角度を変え、相手選手が守りにくくすることが1点。時間稼ぎにも使えるほか、最終的に中にボールを蹴った選手がコーナーから蹴るよりも守備に戻りやすいため、カウンター対策になるという利点がある。

    ルミ子は「残り時間僅か笛が鳴る迄ボールを保持していれば延長戦 ま、本田選手も もう1点取りに…と思ったのだろうが あの状況でこそ3戦目のパス回しのしたたかさが欲しかった」と、世界的な物議を醸した1次リーグ・ポーランド戦終盤でのパス回しを引き合いに、持論を展開していた。

    デイリースポーツ
    2018-07-04_19h00_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000073-dal-ent
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/28(木) 19:31:15.83 ID:CAP_USER9.net
    芸能界屈指のサッカー通で知られる小柳ルミ子(65)が、心酔するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31)に取材エリアで突撃したことを明かし、インタビュー嫌いで知られるメッシが珍しくメディアの取材に応じたことに「私も少しは貢献出来たかな 各国メディアに感謝して貰いたいな」とちゃめっ気たっぷりにアピールした。

    ワールドカップ・ロシア大会を現地で観戦している小柳。28日更新のブログでは、前日に行われたアルゼンチン-ナイジェリア戦の観戦記をつづるとともに、「何と!!MIXゾーンに入れるパスを頂いたのだ」と明かし、「試合直後の選手達を メッシを真近で見れるなんて信じられない!」(原文まま)と大喜び。「とにかく頑張って声を掛けてみよう」と意気込んだ。

    その後に更新したブログでは、取材エリアであるミックスゾーンでメッシへの突撃を振り返った小柳。各国のメディアがマイクを向けても足早に通り過ぎていくメッシに、「私は 恥も外聞もかなぐり捨てて追い掛けた 一言だけでも  声掛けよう ダッシュ 何とかメッシに追い付き も~、出口にいたメッシに向かって『メッシーー!メッシーー!』と名を呼んだ!!

    すると、どうでしょう!! ハタと立ち止まり 振り返り 私達の方へ引き返してくれたのだ!」と臨場感たっぷりにつづり、「信じられる!?!?!? 私の声を 姿を覚えててくれたのかしら そんな訳ないよね そんな事はどうでも良い メッシが各国メディアのインタビューに 丁寧に 答えてくれたのだ!」と興奮さめやらぬ様子でつづった。

    小柳は一番前の位置を陣取り、メッシとの距離はわずか30センチで、「話しを 顔を 只ただ見ていました そして…一瞬だけど私と目が合い 5秒位かな 見てくれたよ」とウットリ。

    「揉みくちゃになりながら それでも諦めず『メッシ!! メッシ!!』と私が声を掛けたからインタビューが取れた 嫌、そうじゃないだろうけど 確かにメッシはもう出口ドアに向かってたからね」と、その甲斐あってか珍しくメッシが取材対応したことに、「私も少しは貢献出来たかな 各国メディアに 感謝して貰いたいな」と得意気につづった。

    また、メッシはこの試合後、記者会見に出席したが、この異例とも言える出来事に小柳も「私 記者会見場で答えてるメッシを見るのは2回目かもしれない」「メッシが会見で語るなんて 超珍しい!!」と驚いていた。

    日刊スポーツ6/28(木) 17:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00252523-nksports-ent

    写真

    続きを読む

    1:ばーど ★:2018/06/23(土) 13:25:05.55 ID:CAP_USER9.net


    サッカー好きの一面がある女優・小柳ルミ子さん(65)が、ロシア・ワールドカップ(W杯)のクロアチア代表戦を0-3で落としたアルゼンチン代表について、主に失点直結のミスをしたGKを罵倒する内容のブログを書いたところ、大変な不評を買っている。

    GKカバジェロに「信じられないミス あれで終わった」と敗戦の責任を押しつけた一方、無得点に終わったエース、リオネル・メッシについては擁護論を展開。また、クロアチア代表には小柳さんがファンであるはずのバルセロナの中心選手がいるにもかかわらず、その健闘を称えるような言葉もなかった。

    ■クロアチア、モドリッチとラキティッチのコンビが躍動

    ロシアW杯D組のアルゼンチン対クロアチア戦が行われたのは2018年6月22日(日本時間)。スター揃いの両チームの一戦は注目を集めた。

    アルゼンチンはDFラインでボールを回しながら、隙あらばメッシに渡して一気にゴールへ、という狙いが見られるが、クロアチアの組織的守備が許さない。前線からパスコースを限定しながらインターセプトを狙い、ボールを奪うと、世界有数の指令塔コンビ、MFモドリッチ(レアル・マドリード)とMFラキティッチ(バルセロナ)を経由し、前線の空いたスペースへ、という展開が1つの軸だ。

    前半は一進一退の攻防が続き0-0。後半8分、それまで好セーブも見せていたアルゼンチンのGKカバジェロが、バックパスを受けた際にキックミスを犯し、詰めていたクロアチアFWレビッチがゴールに蹴り込んで先制点。

    クロアチアはリードしても守りに入るどころか、攻撃に鋭さを増した。後半35分、縦パスをインターセプトすると一気に攻め上がり、ペナルティエリア前まで駆け上がったモドリッチがミドルシュート、ゴールに吸い込まれて2-0。

    後半アディショナルタイムには、ラキティッチがドリブルで持ち込んでシュート、こぼれ球を拾ったコバチッチから、もう一度パスを受けたラキティッチが息の根を止める3点目を流し込んだ。

    メッシは、後半途中から「消える」時間が長かった。DFラインまで下がってボールを受けたり、ファールを受けた相手に怒りをあらわにしたりと、苛立ちを見せる場面もあった。「戦術はメッシ」と言われる個人頼みのアルゼンチンは、成熟した組織力を備えるクロアチアに完敗したのである。

    ■「あんな素人みたいなミスするGKじゃ信頼出来ない」

    メッシ好きの小柳さんはアルゼンチンを応援していたようで、22日のブログで感想をつづっている。だがその内容は、先制点に直結するミスをしたGKカバジェロへの憤怒に大半を割いていた。冒頭から

    「信じられない信じられる訳ないよ あんな不用意なミス GKカバジェロのミス 目を疑う様なミス 悪夢だよあんなミスは チェルシー(所属クラブ。今季出場2試合にとどまる)でも使われない筈だ あんな素人みたいなミスするGKじゃ信頼出来ない」

    と罵倒すると、

    「選手じゃない私でさえ口から心臓が飛び出しそうな位ムカついた」
    「ミスをする人って何回も何十回も同じミスをするんだなぁ」

    と執拗に責めた。さらには

    「全てはカバジェロの信じられないミス あれで終わった 今大会のアルゼンチンは終わった」

    と、敗戦の全責任を押し付けるような内容もある。1失点目はGKのミスが原因となったが、その後の2失点はチームとしてクロアチアに崩された結果だ。攻撃陣も得点を奪えなかった。また、アルゼンチンはナイジェリアとの1試合を残しており、まだ決勝トーナメント進出の可能性も潰えていない。

    主力のMFディマリアらを先発させなかったサンパオリ監督の戦術も、小柳さんは「理解に苦しむ」と批判。だがその一方で、

    「メッシに迄ボールが渡せないんじゃ流石のメッシでも仕事出来ない」

    と、以前からこよなく愛しているメッシだけは無得点でも擁護した。

    そして勝者に対しては「クロアチアの護りが良かったとは言え 挽回出来ないのが今のアルゼンチンの弱さと現実を受け入れるしかない」と軽く触れるのみだった。

    >>2以降に続く

    2018/6/22 16:42
    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/06/22332036.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/22(金) 08:02:41.44 ID:CAP_USER9.net
    歌手で女優の小柳ルミ子(65)が22日、自身のブログを更新。W杯ロシア大会で、大ファンを公言するFWリオネル・メッシ(30=バルセロナ)を擁するアルゼンチンが1次リーグ敗退危機に陥ったことを嘆いた。

    第1戦でアイスランドと引き分けて迎えた現地時間21日のクロアチア戦でアルゼンチンは0―3と完敗。2戦を終えて1敗1分けと1次リーグ敗退の危機に陥った。

    ルミ子は先制点を許したGKカバジェロのキックミスに「信じられない。信じられる訳ないよ。あんな不用意なミス」「目を疑う様なミス。悪夢だよ。あんなミスは」と率直な心境を吐露。不発に終わったメッシについては「メッシに迄ボールが渡せないんじゃ、流石のメッシでも仕事出来ない」と嘆いた。

    「クロアチアの護りが良かったとは言え挽回出来ないのが、今のアルゼンチンの弱さと現実を受け入れるしかない」とし、「今大会のアルゼンチンは終わった。4年待ちに待って終わりがこれでは泣くしかない」「今大会のワールドカップは今日で終わった」と涙とともに絶望感をつづった。

    スポニチ 6/22(金) 7:20配信
    2018-06-22_13h33_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000066-spnannex-ent
    続きを読む

    1:シャチ ★ :2018/06/17(日) 01:54:17.20 ID:CAP_USER9.net
    6/17(日) 0:37配信 スポーツ報知
    2018-06-17_02h19_25
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000020-sph-ent

    サッカー好きの歌手・小柳ルミ子(65)が15日深夜に放送されたフジテレビ系の「サッカー・ロシアW杯ペルー―デンマーク戦」中継(深夜0時10分)に出演した。

    試合前のプレビュー枠内では、直前に行われたアルゼンチン―アイスランドが1―1の引き分けに終わったことを紹介。小柳が熱狂的ファンのアルゼンチン代表FWメッシがPKを外すなど不発に終わった。

    試合ダイジェストでMCのジョン・カビラ(59)がメッシのPK失敗を強調すると小柳は「カビラさんうるさい!」「カビラさんうるさい!」と連呼。カビラは「真実を述べているだけです」と返した。

    さらに小柳は「帰っていいですか」「私のW杯終わった」と落胆している様子。PK失敗についても「読まれていた。ボールも弱かった」と意気消沈していた。
    続きを読む

    1:シャチ ★ :2018/06/14(木) 18:17:53.05 ID:CAP_USER9.net
    歌手の小柳ルミ子(65)が14日、ニッポン放送「草野満代 夕暮れワンダー4」(月~木曜後4・00)に生出演しW杯サッカーロシア大会に出場中の日本代表について語った。

    年間2000試合以上を観戦し先の日本代表のパラグアイ戦での乾の2ゴールを予言したことで、ガ然注目が集まる“ルミ子目線”。第一声は「昨日から眠れません。この期間は仕事一切入れていません。前回のブラジル大会も64試合すべて生で見ました。おそらく西野監督より試合見ています。選手のコンディションも把握しています」と興奮気味に話し始めた。

    「日本のいるグループH突破のカギは?」に初戦のコロンビアは「厄介な相手。右からハメス・ロドリゲスのセンタリングをファルカオに合わせるので、パスを出させないようにすることが大事。フォワードも降りてきて、日本は全員でハードワークしなくちゃいけない。セネガルはマネのスピード、足技に注意。ポーランドは何といってもレバンドフスキ。この人は抑えられません。2、3人かかりでも絶対にフリーにしちゃいけない。ずっと見張っていなくちゃいけない」と分析。ズバリ「1勝1分け1敗でギリギリ突破できる」と言い切った。

    初戦のスタメンについては「先のパラグアイ戦が基本となるでしょう。でも1トップは岡崎じゃなく大迫にしたい。中盤は山口蛍に替えて大島を配置する」と具体的に説明した。そして「私なら本田は使わない」ときっぱり。「もっと献身的に動ける選手。日本は個では劣るので、組織力で対抗するしかないので、とにかく動ける選手が必要」。

    「日本の最初の得点は誰がとる?」には「武藤選手でしょう。パラグアイ戦で乾、香川がいい動きをしたので、絶対マークされる。2人がおとりになって武藤がフリーになればチャンス」という。最後に「サッカーは90分間の人生ドラマ。映画よりドラマチック、人生の縮図がある。ボールを持っていない時こそ大事です。準備が大切です」と締めくくった。

    ソース スポニチ
    2018-06-14_18h50_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000130-spnannex-ent
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/09(土) 15:11:47.27 ID:CAP_USER9.net
    サッカー通として鳴らす女優の小柳ルミ子(65)が9日、自身のブログを更新。ワールドカップ(W杯)ロシア大会へ準備を進める中、親善試合でスイスに0―2と完敗したサッカー日本代表に苦言を呈した。

    試合は8日にスイスのルガノで行われ、西野朗監督(63)が就任後は2戦連続無得点に終わった。

     国際サッカー連盟(FIFA)ランキング61位の日本は同6位の相手に対し、5月30日のガーナ戦から布陣変更した4―5―1で挑んだが、決定機をつくれなかった。前半42分にPKで先制され、後半も終盤に失点した。

    小柳は「昨夜のスイス戦、観ましたか?FIFAランク6位の格上とはいえ、日本代表はなんにもできなかったね」と切り出し「守備は良かった、ビルドアップは良かった、攻守の切り替えは良かった。良かった、良かった、良かった…で、ゴールは!?駄目じゃん」と苦言。「ゴールを決めるためのビルドアップだし、守備だし、攻守の切り替えでしょう。相変わらず危険エリアで不用意なミス、PK献上。ガーナ戦でもFK与えて決められたでしょう。学習してないのぉー」と疑問を呈した。

    「参ったなぁ~。選手たちに届くはずないでしょうけど、言わせてもらう!『早い』と『慌てる』は違う。『落ち着く』と『遅い』は違う。『回す』と『責任放棄』は違う。『下げる』と『逃げる』は違う。『積極的』と『雑』は違う。『人を使う』と『人任せ』は違う。初戦のコロンビア戦を前にして、いま一度、基礎、基本を思い出してくれ。点を取るにはどうしたら良いか…どうやったら点が取れれるか、真剣に考えてくれ」と叱咤激励した。

    「まだまだ言いたいことはあるけど、今回はこのぐらいにしておく」とし、最後は「頑張れ!日本代表」とエールを送った。

    12日にW杯前に最後の試合となるパラグアイ戦に臨む。19日にW杯1次リーグ初戦・コロンビア戦を迎える。

    6/9(土) 13:34配信
    2018-06-09_18h15_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000104-spnannex-ent
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ