海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:小柳ルミ子

    1:Egg ★:2018/05/11(金) 12:58:08.53 ID:CAP_USER9.net
    歌手で女優の小柳ルミ子(65)がサンケイスポーツの単独インタビューに応じ、日本代表FW本田圭佑(31)=パチューカ=ら“ビッグ3”との決起集会を熱望した。年間2000試合を観戦する芸能界きってのサッカー通は、西野朗監督(63)にバルセロナ流の指導を求めるなど日本代表への期待を熱く語った。 (取材構成・宇賀神隆)

    --西野新監督の可能性や手腕をどう思うか

    「周囲から大きな期待を寄せられていると聞きますが、私自身は真っ白なんですよ。あの(ハリルホジッチ前監督の)解任劇があまりにショッキングだったので…。ただ、もうやるしかない、結果を出してほしいとは思う」

    --具体的には

    「今季の(スペイン1部)バルセロナの強さは選手がのびのびとプレーしていることにあるの。昨年6月のエルネスト・バルベルデ新監督(54)の就任会見で『バルサをどう変えますか』って質問されたんです。そうしたら『バルサはすばらしい選手がそろっている。だから変えるのではなくて選手に気持ちよくプレーしてもらうために私が変わる』っておっしゃった。感動しましたね。だから西野さんにもその精神でやってほしいの。代表選手がのびのびとプレーできるように寄り添ってほしい」

    --日本の1次リーグ突破の可能性は

    「50%ですね。ちょっとずるいですが、これは期待も込めてです。しびれるような試合を勝ち抜いてほしいし、その姿を見たいのよ」

     --23人のメンバーに入ってほしい選手は

    「個人的には中島(翔哉)、堂安(律)、内田(篤人)、あとは原口(元気)、乾(貴士)、柴崎(岳)…。中島は、彼がFC東京にいたときから注目していたのよ。何で彼を使わないのかと思ったわよ」

    --本田、香川(真司)、岡崎(慎司)の3選手は

    「率直に言わせてもらえば3人と食事をしたいわ。何かくすぶっているというか、自信がないのか。チームメートに不満があるのか、体制に不満があるのか。そこは分かりませんが、もっとできる人たちだと思っているの。年齢的にも(W杯は)最後かもしれない。だから、どういうつもりなのって。背中を押してハッパをかけたいの」

     --3人は23人に入るべきか

    「個人的には3人とも入れたい。今の代表で最もゴールを決めているのは岡崎ですし、リスペクトしないと。彼らに代わる圧倒的な個性を持つ選手がいるかというと残念ながらいませんね。だから入れてほしいんです」

    サンスポ 5/11(金) 11:57配信
    2018-05-11_14h03_55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000511-sanspo-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/27(金) 21:31:08.65 ID:CAP_USER9.net
    芸能界を代表するサッカーファンの歌手・小柳ルミ子さんが4月27日、自身のブログを更新。サッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ前監督に「もう忘れましょう」と呼びかけました。

    「ハリルホジッチ氏の緊急記者会見を見て やはり…私が想像した通りだった」と書き出した小柳さんは、ハリルホジッチ氏の会見から「何か問題があるなら、私に直接言って欲しかった。誰も、一言も、私に言ってくれなかった」「40年以上もサッカーをやって来た私に、リスペクトがないのでは」との内容を引用。「日本サッカー界の為に…日本代表の為に…ご尽力下さったのに ハリルさんの心の傷を思うと たまらなく切ない」とつづりました。

    続けて「皆んな 思いは同じ 目指す所はW杯で勝ち上がる事 同じ目標に向かっていた筈なのに 何故 こうなってしまったのか 残念でならない」と嘆き、「簡単な事でしょう 何か問題があるなら ハリルさん本人に直接言えば良い事でしょう」としました。

    さらに「何度も 何度も 何度も 何度も 努力したのか? それでも改善してくれなかったら…その時は…サヨナラだ ハリルさんも納得しただろう」とし「今回の突然のレッドカードはリスペクトのかけらもない この様な愛情のない対応では今後誰が監督をやっても体質は改善されないだろう」と苦言を呈しました。

    その上で「ハリルさんの怒り…よーく分かります でも、もう忘れましょう 関わらなければ良いんです ハリルさんを愛し リスペクトする方は沢山いらっしゃいます」と提案。「納得いかないレフリーのジャッジには慣れてるじゃないですか 皮肉な事に…人生は 人間関係は 社会は…サッカーと同じです」とつづりました。

    最後は「ハリルさん JFAを変える事はもう出来ません ハリルさん自身が変わりましょう 悔しいけど 腹が立つけど まだまだテクニカルエリアで指揮を執るハリルさんを拝見したいですから」とし「日本代表の為に本当に有難うございました ハリルホジッチさんへ 愛をこめて」と結びました。

    ハリルホジッチ氏はこの日午後、都内で会見し、日本サッカー協会について「リスペクトがない」などと批判していました。

    4/27(金) 21:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00010005-otonans-ent

    写真

    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/04/27(金) 14:06:53.27 ID:CAP_USER9.net
    4/27(金) 13:46配信
    日刊スポーツ

    小柳ルミ子、ハリル氏に「日本を代表して謝りたい」

    芸能界随一のサッカー通とされる歌手の小柳ルミ子(65)が、サッカー日本代表の監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)に対し、「日本を代表して私が謝りたい位だ」との思いをつづった。

    ハリル氏の電撃解任が発表された際、「何とも不愉快で不可解」と不快感をあらわしていた小柳。27日に更新したブログで、同日午後にハリル氏の会見が行われることに触れ、「ご自身が感じた事 思っている事 知りたい事 全て包み隠さず 語って頂きたい!! 『私はゴミ箱に捨てられた』と迄言わせるような対応の悪さはどこに要因があったのか知りたい!!」とつづった。

    小柳は、ハリル氏が21日の来日した際、涙を隠すようにサングラスをし、消え入りそうな震える声で取材対応した様子を振り返り、「ハリルさんの心の叫びを聞いた時…サングラスで涙を隠した時…何時も側に寄り添っていた通訳の彼の涙を見た時…私の胸も張り裂けそうだった ハリルさんを…相棒の通訳さんを…こんなに悲しい思いにさせて『ごめんなさい』と、日本を代表して私が謝りたい位だ」とつづった。
    2018-04-27_15h00_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00191580-nksports-ent
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/13(金) 19:50:51.16 ID:CAP_USER9.net
    芸能界では知る人ぞ知るサッカーファンの小柳ルミ子が4月10日、更新された自身のブログで、日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督解任に対して「何とも不愉快で不可解」とコメント、怒りを露わにした。

    「ハリルホジッチ前監督 有難う!!」のタイトルでブログを更新した小柳は、〈確かに 信頼関係やコミュニケーションが取れない人間関係は、もう駄目だ!!〉と前置きしたうえで〈何度も何度も… 愛を持って 修復すべく 努力したのか〉〈臭い物には蓋をしろ 見て見ぬ振りではなかったか〉との思いも吐露。さらに、勝手な憶測と断りながら〈自分の立場 保身 スポンサーの顔 いわゆる【大人の事情】ではないのか〉と解任の原因についても、言及した。

    この発言を受けTwitterでは、小柳を支持する〈小柳ルミ子正論〉といったコメントとともに〈後任いい人がいたじゃないか〉〈ハリルの後釜は小柳ルミ子〉〈「お由羅ジャパン」にしてもらおう!〉と言った声まで上がっている。

    「小柳は1日5、6試合、仕事がない日は10試合。年間実に2000試合もサッカーの試合を観るサッカーファン。去年7月には、『浦和レッズ対ドルトムント戦』の生中継(フジテレビ系)で副音声で解説者デビュー。さらに8月には、W杯出場をかけたアジア最終予選対オーストラリア戦のラジオ中継にも実況ゲストとして出演しています。目前に迫ったロシアW杯では“小柳ルミ子争奪戦”が起きるのではないかと言われています」(番組関係者)

    小柳の起用には、〈スポーツはお祭りのゲームじゃない〉〈上から目線〉といった批判的な意見もあるが、今回のハリル解任騒動でこれだけ話題になったところを見ると注目度はかなり高い。しかし今回の発言について、心配する向きもある。

    「解任の理由について『スポンサーの顔色 いわゆる【大人の事情】』が原因ではないかとまで言及したことで、スポンサーを気にするメディアの琴線に触れてしまったのではないかと危惧する声もあります」(放送作家)

    芸能界で、酸いも甘いも噛みしめてきた小柳のこの発言。はたして、どういう結果をもたらすのか。

    (窪田史朗)
    2018-04-13_20h38_41
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14574996/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/11(水) 13:14:52.16 ID:CAP_USER9.net
    [4.10 欧州CL決勝準々決勝第2戦 ローマ3-0バルセロナ]

    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第2戦が10日に行われ、ローマ(イタリア)と対戦したバルセロナ(スペイン)が0-3の完敗を喫し、準決勝進出を逃した。この敗戦にバルセロナ好きを公言する女優で歌手の小柳ルミ子さんもショックを隠せなかったようだ。

    試合後に更新されたブログ(https://ameblo.jp/rumiko-koyanagi/)で「バルサが負けた。ショックでショックで」と冒頭に綴ると、「ローマのハイプレスに成すすべなかった。ローマの闘う気持ちに終始押されて一つも良い所がなかった。バルサの選手達は皆んな疲れているように見えた」と敗因にも言及。

    そして、第1戦で4-1の大勝を収めて大きなアドバンテージを得ながらの敗戦に、「油断してた訳じゃないだろうけど…サッカーは本当に怖い。何が起こるか分からない。吐きそうだー」と正直な心境を記している。しかし、最後に「仕方ない!! もう過去の事だ。忘れよう 忘れよう 忘れよう」と綴り、気持ちを切り替えようとしていた。(ブログは原文ママ)

    4/11(水) 11:12配信
    2018-04-11_15h10_52
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-01652548-gekisaka-socc
    続きを読む

    jle16122119060015-p1

    1:ラッコ ★ :2018/03/27(火) 03:43:21.51 ID:CAP_USER9.net
    日本代表vs.マリ戦を観て
    2018-03-23 23:41:12

    皆さん、日本代表vs.マリ戦、観ましたかぁ?
    う~ん…参ったね。マリレベルに苦戦してんじゃあ、本大会が思いやられる。

    大島選手のミドルシュート、久保選手のGKとの1対1、大迫選手のヘディング、昌子選手のヘディング。チャンスは何度もあったのに、どれも決め切れない。

    出し手と受け手の意思の疎通もなく、ミスパスが多い。折角マイボールになっても、不用意なミスで相手に捕られてしまう。クロスの精度も質も、もっともっと上げなきゃ駄目だ。

    緊張しているのか、自信がないのか、マリに押されて、どちらがW杯出場国か分からない程だった。

    私が前から注目してた中島翔哉選手。この選手は良い性格だよねぇー。彼がアディショナルタイムに決めて、ようやくドローで終えたのは、まぁ~良かったけど…。

    参ったね~。後3ヶ月で劇的にレベルアップするとは考えられないし…。どうしたら強豪国に勝てるんだろう?
    ハリルホジッチ監督も頭が痛いだろうなぁ~。私も吐きそうだよぉ~。

    取り敢えず、
    (1)ミスはしない
    (2)パススピードを上げて、大事な局面では丁寧に
    (3)チャンスは必ず決め切る
    この3点から確実に【改善】しよう!!

    今日の試合から学ぶ事は沢山ある。今日の様な闘い方では勝てない…という事だ!!
    頑張れ、日本代表!!

    小柳ルミ子オフィシャルブログ powered by Ameba
    https://ameblo.jp/rumiko-koyanagi/entry-12362709410.html


    フランスvs.コロンビア、ポーランドvs.ナイジェリア戦を観て
    2018-03-24 07:02:48

    日本代表と対戦するコロンビアとポーランドを観た。

    コロンビアvs.フランス戦、ヤバイよ!! 2-0負けから、3-2で逆転勝ちしたよー、コロンビアが!!
    優勝候補に上げる人もいるフランス。タレント揃いのフランス。その強豪フランス相手に逆転勝ち!! しかも、アウエーで!!

    コロンビアの「勝つんだ!!」の強い思いは、親善試合とは思えない程の一体感を感じた!!

    ハメスは、より一層、円熟味を増したし、前大会には不在だった“エース”ファルカオが戻って来たし、日本代表、又してもボコボコにされるんじゃないか?

    一方で、ポーランドは、“エース”レバンドフスキーを止められれば、彼にボールが行かない様に、その前で止められれば、勝てるかも…。
    でもなぁ~、1チャンスでも確実に決め切るからなぁ~、レバンドフスキーは。

    イャー!! フランスに逆転勝ちしたコロンビア恐るべしだ!!

    他国がどうのこうのは良いのだ!!
    とにかく、我らが日本代表は、個の力ではとても歯が立たないのだから、
    「組織力」「『勝つんだ!!』と言う強いメンタル」
    胸を借りるつもりで、懸命にぶつかって行け!! 守る物もないし、失う物もないのだから!!

    この2試合を観て、選手達、監督、スタッフ達、分析しているだろうか? 学ぶ事、沢山あった筈だ!!
    頑張れーーー 日本代表!!

    さぁー、これから、スペインvs.ドイツ戦だー!! 楽しみだーーーーーーーーーーーー

    小柳ルミ子オフィシャルブログ powered by Ameba
    https://ameblo.jp/rumiko-koyanagi/entry-12362743925.html

    (>>2-5あたりに続く)
    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2018/03/22(木) 14:50:57.02 ID:CAP_USER9.net
    小柳ルミ子、中居正広にサッカー観戦を趣味に薦める「絶対ハマる」
    2018年3月22日13時57分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180322-OHT1T50125.html



    小柳ルミ子

    歌手の小柳ルミ子(65)が21日放送の日本テレビ系「ナカイの窓」(水曜・後11時59分)にゲスト出演し、サッカーの魅力について語った。

    この日の企画は「趣味にハマりすぎ芸能人SP」。サッカー観戦が大好きという小柳は「仕事が有るときは1日5試合。無いときは1日10試合」見るほどのサッカーマニア。観戦スケジュールを自らノートにつけている。

    サッカーを好きになったきっかけを聞かれた小柳は「最初は(デイビット・)ベッカム。顔がいいのにうまい。その2年後に出てきた(リオネル・)メッシにどハマりした」と説明し、
    「どんなにうまくても人柄が伴わない選手は嫌い。メッシは世界一の選手」と語った。

    その上で「サッカーには人間性が出る。人間社会、対人関係、人生の縮図などを学ぶことができるし、それを分析して自分に落とし込んで勉強している」と熱い思いをはき出した。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/19(金) 06:38:27.54 ID:CAP_USER9.net
    「私をスキーに連れてって」。30年前の冬、スキーウェア姿の原田知世は日本中の男を虜にした。そして2018年、サッカーW杯イヤーの今年、当時の原田の可憐さこそないものの、それに倍する激烈さを放つ小柳ルミ子(65)が、真剣な面持ちでこう訴える。「私をロシアに連れてって」!

    「昨年11月の、ブラジル、ベルギーに連敗した欧州遠征。日本代表には覇気というか、戦う姿勢が全く感じられなかった。一体、欧州まで何をしに行ったのでしょう」のっけからこう力説するのは、歌手にして女優、また今ではサッカー狂として知られる小柳本人だ。

    「ブラジル戦(1対3で敗戦)なんて、最初から引いて守って、引き籠り状態。開始数分で相手との力の差にビビり、一斉に下がってしまったように感じました。W杯に期待を感じさせてくれるどころか、このままでは世界に恥を晒すのではないかとの危機感さえ覚えたほどです」

    「ベッカム・フィーバー」以来、大のサッカー好きになった彼女は現在、テレビとスマホとタブレットを同時併用して年間2000もの試合を観戦。その結果、テレビ中継の副音声解説を任されるほどになっている。

    小柳ルミ子が綴るサッカーノート
    「ルミ子JAPAN」

    畢竟(ひっきょう)、日本代表への愛情も凄(すさ)まじいものがあり、小柳の「喝」は続く。

    「欧州遠征のような腰の引けた試合をしないためには、ピッチで仲間を鼓舞する選手の存在が重要になってきます。劣勢の試合になればなるほど、厳しい欧州リーグで戦ってきた選手の経験値が生きてくるはずです」

    こう玄人はだしの分析を披露し、日本代表の人選そのものに疑問を呈する。

    「その意味で、本田(圭佑)選手、香川(真司)選手、岡崎(慎司)選手が代表から外れたのには正直驚きました。私が選ぶ『ルミ子JAPAN』にこの3人は欠かせません。ここ一番に強くて大舞台に慣れている本田選手は、先発ではなく後半20分から使います。香川選手は一時の不調から脱し、今、ゴールに凄く飢えていると思う。そこに賭けたい。岡崎選手は嫌な仕事をきっちりこなし、結果的に周りの選手を輝かすことができるタイプ。仕掛けられるFWとして、当然、ルミ子JAPAN入りしてもらいます」

    ドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏も、

    「今の日本代表には本当にこの3人が必要ないのか。3人抜きの布陣でどう戦うつもりなのか。ハリルホジッチ監督が目指しているサッカーが見えてこない」

    と、「ルミ子監督」同様、ハリルJAPANの不安を指摘。そんな小柳が予想する日本代表のW杯の成績は、

    「1勝1敗1分けで、残念ながらグループリーグ敗退。普通にやればこれが現実でしょう。他国の成績次第で、グループ2位で決勝トーナメントに進む可能性もあるでしょうが……」

    その可能性を少しでも高めるためにも、小柳は6月14日から始まるW杯を現地ロシアで観戦し、応援したいと語る。

    「今のところ、W杯関連の仕事は入っていませんが、このままだとテレビでW杯を観ることになるでしょう。サッカーの仕事でロシアに行けたら最高なんですけどねえ」

    ハリルJAPANよりルミ子JAPANのほうがマシだった……。そういった「始末」にならないことを祈るばかりである。

    1/19(金) 5:58配信 ディリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180119-00536287-shincho-ent

    写真

    続きを読む

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2017/12/02(土) 22:50:05.11 ID:CAP_USER9.net
    小柳ルミ子、コロンビア要注意はクアドラード 対戦国の警戒選手を分析
    12/2(土) 22:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000291-sph-ent



    小柳ルミ子が警戒選手に挙げたコロンビア代表のユベントスMFクアドラード(ロイター)

    芸能界有数のサッカー通として知られる歌手の小柳ルミ子(65)が、2日放送のテレビ朝日系「サタデーステーション」(土曜・後8時54分)で、ロシアW杯での日本と対戦するポーランド、コロンビアの要注意選手を挙げた。

    ポーランドで警戒すべき選手はFWレバンドフスキ(29)=バイエルン=を挙げた。「フリーにしないこと。『ここから打ってこないだろ』というのは絶対にダメ。シュートレンジが広いんですよ」と指摘した。

    またコロンビアからはFWハメス・ロドリゲス(26)=バイエルン=だけでなく、MFクアドラード(29)=ユベントス=を名を挙げた。「すごいエグいシュートを打つ。うまいし。とにかくエリア付近まで運ばせないというのが大事。まだ大丈夫だろ、ここはパスするだろ、そのうち止めればいいだろ。というのは絶対にダメ」
    と話していた。
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2017/10/28(土) 16:17:37.27 ID:CAP_USER9.net
    歌手で女優の小柳ルミ子が、スペイン・バルセロナのサッカースタジアム「カンプ・ノウ」で、世界的強豪サッカーチーム「FCバルセロナ」(以下「バルサ」)の試合を観戦したことをアメブロで報告。感激の瞬間についてつづっている。

    アメブロでは、本業である歌手や女優としての活動のことよりもサッカーのことばかりつづり、最近ではそのサッカー漬けの生活ぶりが話題になることも多い小柳。「夢にまで見た」という今回のバルサ戦観戦は、フジテレビの旅番組で実現したものだ。NHKの大河ドラマの収録スケジュールがずれ込んだため、奇跡的に実現したという今回のロケは、スタジアムに記者として入り、ピッチに入る申請パスもゲット。

    「スタジアムを見た瞬間腰が砕け号泣した あの感動 感覚は初めての感情だった」
    「テレビカメラ回してるのに 仕事なのに 何も喋れなかった」

    と、大感激した小柳は、

    「これは夢か 現実か」
    「ゴールライン迄約2m!!!!!!信じられる!?信じられない」

    と、ピッチ上に立った感想をつづった。

    そして試合は、小柳が溺愛するバルサがギリシャの「オリンピアコスFC」と戦い、豪雨の中試合を観戦した彼女は、
    「私、約2時間 豪雨の中で 下着迄 びしょびしょになるなんて 生まれて初めてです」
    「メイクがドロドロになろうが 髪がボザボサになろうが 全く 気にならなかった」

    という状態だったそうだが、結果は3対1でバルサが見事勝利。さらに、帰国後に録画を観たところ、メッシが得点を取った瞬間に、彼女の姿がテレビに映っていたそうで、

    「私が 国際映像に 映ってるゥーーーーーー スカパー契約してる人 観てみて!!」

    と記しており、憧れのカンプ・ノウ訪問は感激づくしの旅となったようだ

    http://news.livedoor.com/article/detail/13813273/
    2017年10月28日 13時59分 アメーバニュース





    小柳ルミ子~お久しぶりね.



    瀬戸の花嫁/小柳ルミ子
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ