海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:岡崎慎司

    1:カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 14:45:23.82 ID:CAP_USER9.net
    レスター岡崎無得点にも、監督「チームで一番重要」
    [2017年3月19日13時29分]

    <プレミアリーグ:ウエストハム2-3レスター>◇18日◇ロンドン


    レスターの日本代表FW岡崎慎司(30)がアウェーのウェストハムで、攻守に渡る泥臭いプレーでチームの3連勝に貢献した。

    岡崎はシェークスピア監督が指揮を執って以降、欧州チャンピオンズリーグのセビリア(スペイン)戦を含む4試合連続での先発出場。前半5分にMFマレズの得点で先制したレスターは、その2分後に岡崎がペナルティーエリア近くで倒されて得たFKから追加点。

    同31分には左クロスに頭から飛び込んだが触れず、GKにキャッチされた。結局、得点を奪えないまま後半31分に退いた。それでも攻守に渡って懸命に走り、体を張ったプレーは光った。

    チームは3-2と逃げ切り、今季初のリーグ戦3連勝で15位に浮上した。岡崎は試合後、自らのプレーについてあらためてこう話した。

    「僕は、言われなくてもメッセージがあれば、それに全力で応える気持ちはあるし、監督が今何を求めているか、チームが何を求めているかで、俺はやれることがあると思っているんで。今のこのチームで勝つためには、僕のやることっていうのは、みんなが出来ない分、そういうところをやらないといけないし。やった上で、ゴールを狙うっていうのが、今の僕の目標なんで、どっちもおろそかにはできない」。

    そんな岡崎に対し、指揮官も厚い信頼を寄せている。シェークスピア監督は記者会見で、4試合連続で先発しながらも無得点だった岡崎について質問されると「チームとして、彼は重要だよ。得点者やセーブしたGKに賛辞が集まることが多いが、チームパフォーマンスにおいて、チームが一番重要だと私たちは分かっている」と、きっぱりそう話した。

    そして次は日本代表として、W杯アジア最終予選(UAE戦・23日=日本時間24日、タイ戦・28日)に向かう。岡崎は「毎試合が勝負なので。日本代表は日本代表でまた全然違う監督の要求なので。

    またチームのスタイルも異なるし、新鮮な気持ちでもう一度日本代表に行ってガムシャラにチームに貢献したいと思う」と意欲満々。さらに「僕は監督からここをやれといわれたら、前の4つのポジションだったらどこでもできると思っている。ただ監督としたら前しかないと思うので。ただ大迫だったり、久保だったり、いろいろなチョイスがある中で、自分もそこで結果出せるように準備したい」。レスターでの勝利に貢献した男は、次は日の丸を背負っての全力プレーを誓った。
    2017-03-19_15h15_54
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1794581.html
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 02:02:24.89 ID:CAP_USER9.net
    岡崎先発レスター、新監督就任以降は怒涛の4連勝。今季リーグ戦でアウェイ初勝利
    oka_getty-4
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170319-00010003-footballc-socc
    2:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 02:02:45.87 ID:CAP_USER9.net
    【ウェスト・ハム 2-3 レスター・シティ プレミアリーグ第29節】

    現地時間18日にプレミアリーグ第29節の試合が行われ、レスター・シティはアウェイでウェスト・ハムと対戦。リヤド・マフレズなどがゴールを積み重ね、レスターは3-2の勝利をおさめている。

    レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司はこの日も先発出場を果たした。試合開始して5分、マフレズが放ったクロス気味のシュートがそのままゴールに吸い込まれレスターが先制。直後の7分にはFKから繋いだボールを、最後にロベルト・フートが押し込んでレスターに追加点が入る。

    しかし20分、ウェスト・ハムのマヌエル・ランシーニにFKから直接ゴールを決められ1点を返されてしまった。それでも38分、ジェイミー・ヴァーディーが追加点を決めて再び点差を広げる。ただ、最後まで諦めないウェスト・ハムは63分にアンドレ・アイェウのゴールで再び1点差に迫った。

    結局、レスターは3-2の勝利をおさめ、プレミアリーグが昨年8月に開幕してから7ヶ月目にして今季リーグ戦でアウェイ初勝利としている。また、クレイグ・シェイクスピア監督が指揮官に就任して以降、公式戦4連勝となった。

    【得点者】
    5分 0-1 マフレズ(レスター)
    7分 0-2 フート(レスター)
    20分 1-2 ランシーニ(ウェスト・ハム)
    38分 1-3 ヴァーディー(レスター)
    63分 2-3 アイェウ(ウェスト・ハム)
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/17(金) 14:30:55.08 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表でイングランドプレミアリーグ・レスター在籍の岡崎慎司が16日、ブログを更新し、歌手の布袋寅泰とイギリスで念願の対面を果たした喜びをつづった。布袋は現在、英国に在住している。

    岡崎は「イギリスに居るならいつか会いたいと思っていたんですけど、ついに実現しました!」の喜びコメントとともに、布袋との2ショット写真をアップ。パブで撮影したものと思われ、岡崎はサムアップポーズで喜びを表している。

    「知り合いを通じて」対面が実現したといい、「最初は僕に対し『君は』って呼んでいたんですけど、途中から『慎司君は』って呼んでくれるようになって、それがなんかめちゃ嬉しくて僕もテンション上がってしまいました」と、布袋との仲が近づいたことに感激の様子。

    「本当に色んな自分を見せてしまい、失礼があったかも」と心配もしたが、「布袋さんの生き方に共感しながら本当にカッコイイ人だなと思いました」「また熱い話をしようと言ってもらえたので、またすぐ会いたいなと思います」と、興奮冷めやらない思いをつづっていた。
    2017-03-17_14h59_07

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000064-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/15(水) 11:32:38.62 ID:CAP_USER9.net
    セビージャとの本拠地第2戦に先発出場 2点目に絡むなど2-0の勝利を導く

    レスター史上初のCL8強に貢献した岡崎を英紙称賛 「真実の努力と献身」「監督の信頼を正当化」

    レスターの日本代表FW岡崎慎司は、14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セビージャとの第2戦に先発出場し、2点目のきっかけとなるシュートを放つなど精力的な動きを見せた。レスターの2-0勝利と、2戦合計スコア3-2でのクラブ史上初の準々決勝進出に貢献した侍ストライカーは、地元メディアから「絶え間ない真実の努力と献身」「監督の信頼を正当化した」と称賛されている。

    敵地での第1戦を1-2で落としていたレスターのクレイグ・シェイクスピア新監督は、本拠地キングパワー・スタジアムでの第2戦に向けて岡崎とFWジェイミー・ヴァーディの2トップに運命を託した。ボール支配率32%のレスターは、岡崎の果敢なプレスを起点にして高い位置でのボール奪取を狙っていく。

    前半27分に主将のDFウェズ・モーガンが先制点を奪い、1-0で折り返した後半9分、岡崎がゴールに絡む。左からのスローインを受けた岡崎のシュートは相手にブロックされたものの、このボールがMFリヤド・マフレズに渡りクロス。こぼれ球がMFマーク・オルブライトンのもとに転がると左足を振り抜く。このシュートがニアサイドを突き破り、レスターは2-0とした。

    2点目を導いた岡崎は同19分にFWイスラム・スリマニと交代となったが、観衆からは大きな拍手が送られた。

    リーグ戦では苦しむも“おとぎ話”はまだ続く

    地元紙「レスター・マーキュリー」は選手全員に合格点の8点を与え、クラブ史上初のCL8強に逆転勝利で導いた偉業を讃えている。岡崎は「絶え間ない真実の努力と献身。シェイクスピアの彼への信頼を正当化した」と寸評で絶賛されている。

    一方、英紙「デイリー・メール」では、岡崎はチーム最低評価ながら合格点の7.5点を与えられた。最高点は2点目を決めたオルブライトンとシェイクスピア監督の9点だった。

    昨季の奇跡のプレミアリーグ優勝から一転、リーグ戦では苦しんでいるレスターだが、初参戦ながらCL8強進出に成功。最高の“おとぎ話”は、まだ終幕を見ないようだ。
    2017-03-15_13h55_11
    Football ZONE web 3/15(水) 9:01配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010003-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/15(水) 10:42:50.56 ID:CAP_USER9.net
    <欧州CL:レスター2-0セビリア>◇決勝トーナメント1回戦◇14日◇レスター

    第2戦が行われ、FW岡崎慎司が所属するレスター(イングランド)がホームでセビリア(スペイン)を2-0で下し、2戦合計3-2で逆転勝ちして初の8強進出を決めた。

    岡崎は3試合連続でスタメン出場し、2点目に絡んで勝利に貢献し、後半19分に退いた。

    以下は岡崎との一問一答。

    -欧州CL8強入りした

    岡崎 きつかったですけど、ここ2試合(リバプールとハル戦)でできたことが、出来たってことだと思います。

    -これをやると、こういうサッカーが出来るってこと?

    岡崎 2試合を通して、こうやって自分たちは優勝して来たということを思い返せた部分が大きかったと思う。プレッシングサッカーで最大限、自分が生かされることを認識できた。引いて守るだけでは、自分は生きない。2点目(2度目の決定機)も、もし(相手選手の)股を通ってたら、いいシュートだったと思う。そういう意味では、点が取れなくて悔しいですけど、チームに貢献したっていうのは、自分のなかで手応えがあったかな、と思います。

    -チームとして、またミラクルか

    岡崎 そうですね。ただテレビとか最近のセビリアの試合を見ていたら、チャンスはあるんじゃないかなと思っていた。よく乾とは話をしてるんですけど、セビリアならいける! みたいな。

    -どんなウィークポイントの情報があったか

    岡崎 プレッシャーをかければ結構慌てる部分もあるとは聞いていた。きょうも自分が(プレッシャーを)かければ相手が余裕を持てなくなることは手に取るように分かった。あそこでドリブルとかで仕掛けられたら嫌だったけど、そういうプレーヤーでもなかった。ナスリはちょっとそういうところはあったけど、そこまで機敏ではなかったので抜かれるということはなかった。そこをまず抑えられたのは大きかったかなと思った。

    -3試合連続で先発して3連勝。自信も増した

    岡崎 勝つためのプレイヤーとしては、(自分は)かなり成熟してきいると思う。ただFWとしては周りが評価してくれないんで、そこは葛藤があります。ただ、今はチームを勝たせたい。試合に出るんだったら、今はこのスタイル(プレスをかけ続ける)でないと出れないというのはわかっている。まあそういう風にやり続けて、それでもチャンスがないわけでもない。自分のプレッシャーをかけるとか、くさびを受けて落としたりとかするプレーっていうのは、かなりチームにとって(効いていると思う)。

    -ビッグマッチを迎えたホームで欧州CLのアンセムを聴いた

    岡崎 正直、このために今季やってきたところってあると思う。きょう決めてやって『どうだ』みたいな感じで言いたかったけど、そんな甘かないなって感じはしました。でもベスト8に行けたことは本当に素晴らしいと思う。ただ、この3試合前は本当に絶望的な状況に自分はあった。そういう意味では、「何か持っているな」みたいな。監督交代したことは批判的なこともあると思うんですけど、個人的な状況で言えばやっぱり一変した。ラニエリ監督には感謝しているけど、あの状況では僕もどうすることもできなかった。セビリアのアウェーは本当に落胆した。つぎはベンチ外だと思った。でも、まさかピッチに立てるとはという感じです。

    -しかも最低あと2試合はある

    岡崎 僕だけがこのメンバーのなかで毎試合、ダメだったら次の試合は替えられるっていう命がけの試合をしている。だからここまで、すべてを出せるというか。本当にその部分だけは、誰にも分かってもらえないかもしれないけど。そういう部分は、心に秘めつつ。だから本当に毎試合が勝負なんですよ。勝たないと俺は次、外されるんだという気持ち。だからこの3試合全部勝っているし、次もチャンスがあると思う。特に60分とかで決められたように変えられる。正直勝つんだったら、もうちょっと自分の役目も重要視してほしいなっていうのは、正直、頭の中にあるんです。そのあと絶対に押し込まれるので、だったら自分がやって70分とか、あと20分くらいやってというのもありかなって思う。

    -次はどことやりたい?

    岡崎 どこでも強敵ですよね。まだバルサとかとは当たりたくないですけど。
    2017-03-15_12h06_02
    続きを読む

    1:Japanese girl ★@\(^o^)/:2017/03/15(水) 06:42:31.75 ID:CAP_USER9.net
    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦 2ndレグ

    レスター 2-0(3-2) セビージャ

    【得点者】
    27分 1-0 モーガン(レスター)
    54分 2-0 オルブライトン(レスター)

    現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、レスター・シティはホームでセビージャと対戦。ウェズ・モーガンなどがゴールを積み重ね、レスターが2-0の勝利をおさめている。

    レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司はこの日も先発出場を果たした。試合開始して27分、左サイドのFKからゴール前に入れたボールをモーガンが足で合わせて先制点を決める。

    さらに54分、岡崎が放ったシュートが相手にブロックされた後、再びレスターの選手がパスを繋ぎ最後にマーク・オルブライトンがゴールを決めた。岡崎は64分にイスラム・スリマニとの交代でピッチに退いている。

    74分にはセビージャのサミル・ナスリが2枚目のイエローカードを提示されて退場。78分にはセビージャにPKのチャンスを与えてしまうが、スティーブン・エンゾンジが蹴ったボールをGKカスパー・シュマイケルがしっかりとセーブし相手に得点を許さない。

    結局、リードを守り切ったレスターが2-0の勝利をおさめた。1stレグで1-2の敗戦を喫していたものの、これで合計3-2となり、レスターが逆転でベスト8進出を決めている。
    res_getty
    フットボールチャンネル 3/15(水) 6:33配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010004-footballc-socc
    続きを読む

    1:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/14(火) 17:43:30.48 ID:CAP_USER9.net
    14日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、日本代表FW岡崎慎司のレスター(イングランド)とセビージャ(スペイン)が対戦する。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が、両クラブの予想先発メンバーを掲載。岡崎は先発出場を果たすと予想されている。

    クラブ史上初のCL出場で、決勝トーナメント進出を果たしたレスター。2月22日のファーストレグでは1-2と敗れたが、0-2とビハインドを負った73分にアウェイゴールを奪い、準々決勝進出へ希望をつないだ。直近のプレミアリーグでは2試合連続で3-1と勝利を収め、調子は上向いてきている。

    『UEFA.com』はホームゲームに向けて、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルやイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、岡崎らを予想先発メンバーに挙げている。

    一方、敵地に乗り込むセビージャは公式戦8試合連続で負けなしと、粘り強い戦いを続けている。リーガ・エスパニョーラでは2試合連続で1-1と足踏み状態だが、中2日で迎えるアウェイゲームでは、ファーストレグで得たアドバンテージを活かしたいところ。元フランス代表MFサミル・ナスリやモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチらが予想先発メンバーに名を連ねている。

    『UEFA.com』の予想先発メンバーは以下のとおり。

    ■レスター

    ▼GK
    カスパー・シュマイケル

    ▼DF
    ダニー・シンプソン
    ウェズ・モーガン
    ロベルト・フート
    クリスティアン・フクス

    ▼MF
    リヤド・マフレズ
    ダニー・ドリンクウォーター
    ウィルフレッド・ディディ
    マーク・オルブライトン

    ▼FW
    岡崎慎司
    ジェイミー・ヴァーディ

    □セビージャ

    ▽GK
    セルヒオ・リコ

    ▽DF
    ニコラス・パレハ
    アディル・ラミ
    ガブリエル・メルカド

    ▽MF
    マリアーノ・フェレイラ
    スティーヴン・エンゾンジ
    セルヒオ・エスクデロ
    サミル・ナスリ

    ▽FW
    ビセンテ・イボーラ
    ステヴァン・ヨヴェティッチ
    ビトーロ
    GettyImages-646015808
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00562692-soccerk-socc
    続きを読む

    2017-03-13_11h30_09
    1:サインコサイン ★@\(^o^)/:2017/03/13(月) 10:18:08.84 ID:CAP_USER9.net
    時事通信 3/13(月) 10:16配信

    【ロンドン時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグで、岡崎慎司が所属する昨季覇者のレスターは12日、クレイグ・シェークスピア暫定監督(53)が監督に昇格し、今季終了まで指揮を執ると発表した。クラブは2月23日、成績不振によりクラウディオ・ラニエリ監督を解任していた。

    シェークスピア暫定監督の就任後、レスターはリーグ戦でリバプールとハルに勝ち、7勝6分け14敗の勝ち点27で15位に浮上した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000031-jij-spo
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/08(水) 13:06:25.36 ID:CAP_USER9.net
    日本代表のストライカー争いが新展開を迎えた。ロシアW杯アジア最終予選UAE戦(23日=日本時間24日、アルアイン)に臨むハリルジャパンの1トップは絶好調のFW大迫勇也(26=ケルン)、快進撃中のFW久保裕也(23=ヘント)、崖っ縁から復権したFW岡崎慎司(30=レスター)が争奪戦を繰り広げることになりそうだ。誰が勝ち残るのか? 元日本代表FW武田修宏氏(49=本紙評論家)が“三つどもえの戦い”に迫った。

    【武田修宏の直言!!】ハリルジャパンでは昨年秋から大迫が1トップを務めているね。今季は屈強なDFの多いドイツで良いパフォーマンスを見せているし、彼が1トップに定着してから日本代表の戦いも安定。最終予選で4試合連続ゴール中のMF原口元気(25=ヘルタ)とともにチームを支える存在だよ。

    ただ、ここに来て大迫に日本代表でのポジションを奪われた岡崎がレスターで2試合連続の先発出場。まったく勝てなかったチームの2連勝に貢献したね。残念ながらゴールはなかったけど、非常に良い動きを見せていたし、何よりも逆境をはね返した精神力は「すげーな」って思うよ。

    今季はクラウディオ・ラニエリ前監督(65)の方針で出場機会に恵まれなかった。それでも我慢して準備を怠らずに取り組んでいたし、最後まで気持ちを切らさなかったでしょ。どんな状況にも絶対に負けないっていう強い覚悟を感じたね。ようやく壁を乗り越え、選手としてさらに成長できたんじゃないかな。

    一方、ベルギーに移籍後、6試合で4ゴールと量産している久保は欧州で順調にステップアップを果たしたね。ストライカーは結果がすべてだから、素晴らしい選手だなって思うよ。だけど、久保が所属するベルギー1部はドイツ1部、イングランド・プレミアリーグと、はっきり言ってレベルが違うよね。

    例えばベルギーで大活躍をした選手が、大金を積まれてドイツやイングランドに移籍するわけでしょ。確かに久保には若さと勢いがあるけど、日本代表の1トップというポジションで考えると、世界中のトップ選手が集まる厳しいリーグで実績のある選手の方が望ましいんじゃない?

    特に最終予選という重圧のかかる舞台では経験が大きな武器になるからね。バヒド・ハリルホジッチ監督(64)も言っていたけど、心身ともにタフじゃなければ戦えないよ。それが中東のアウェーであればなおさらでしょう。日本代表に合流したときのコンディションもあるけど、現時点では岡崎が適任。スタメンに返り咲くと思うよ。

    ☆武田修宏:たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。
    2017-03-08_13h54_29
    東スポWeb 3/8(水) 11:05
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000006-tospoweb-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ