海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:岡崎慎司

    1:Egg ★:2017/12/10(日) 07:54:19.02 ID:CAP_USER9.net
    指揮官ピュエルも「カミカゼのよう」と称賛

    まさに魂のファイトだった。
     
    現地時間12月9日にプレミアリーグ15節が行なわれ、敵地に乗り込んだレスター・シティはニューカッスル・ユナイテッドを3-2で下した。
     
    2試合連続ベンチスタートとなった日本代表FWの岡崎慎司にチャンスが巡ってきたのは、チームが同点とされた直後の73分だった。2点目を挙げていた俊英デマライ・グレイとの交代でピッチに送り出された。
     
    勝ち越しゴールを挙げるべく投入直後から攻守に奔走した岡崎だったが、78分にアクシデントに見舞われる。味方のクリアボールを何とか収めようと身体を張った岡崎の左瞼にニューカッスルのスペイン人MFミケル・メリーノのスパイクがヒットしたのだ。
     
    思わぬ接触プレーで流血したため、一時ピッチを離れた岡崎は、包帯で頭をぐるぐる巻きにした痛々しい姿で戻るのだが、痛そうな素振りは微塵も見せない。そして試合終了間際、今度も身を挺したポストプレーから決勝弾を呼び込むのだ。
     
    86分、自陣で岡崎が起点となったカウンターから抜け出したジェイミー・ヴァーディーがペナルティーエリア内左へ持ち込んでゴール前へクロスを供給。そこで受けた岡崎はワントラップからシュート体勢へ入ると、ニューカッスルのアジョセ・ペレスが慌てて出した足がボールに当たり、オウンゴールとなった。
     
    あと少しだけシュートモーションが早ければ……そう思えてしまうほどの岡崎が絡んだプレーで勝ち越したレスターはプレミアリーグ3連勝。順位も8位に上げた。
     
    試合後、英紙『Daily Mail』は、この日がニューカッスルのクラブ創設125周年の記念試合でもあったことを受けて、「レスターがセント・ジェームズ(本拠地)のお祝いムードを台無しにした」との見出しを打ったうえで、寸評採点で岡崎に「7.5」を付けている。
     
    また、レスターを常に追い続けている地元紙『Leicester Mercury』は、岡崎の怪我の状態について、「彼は試合後に9針も縫った」と伝え、その魂のプレーを褒めちぎっている。
     
    「レスターのハードマン……シンジ・オカザキ。彼は偉大な貢献をするだけでなく、テリー・ブッチャーのように目の上を9針も縫う大怪我を患いながらもプレーを続けた素晴らしき勝者だ」
     
    イングランド代表のレジェンドで、額から大量の血を流しながらプレーしたことで知られるブッチャーを引き合いに出し、称賛された岡崎。そんな日本代表FWを指揮官のクロード・ピュエルは、「カミカゼのようだった」と犠牲を厭わないプレーを称えた。
     
    「シンジ、そうだな。今日の彼は言うなればカミカゼのようだった。そして、それはチームにとって素晴らしいプレーと言える。彼はチームのために身体を張れる素晴らしいプレーヤーであり、チームの全員がそうでなければいけないね」
     
    いわば“必死のパッチ”で、レスターに勝利を呼び込んだ岡崎。中4日で迎える次節は吉田麻也を擁するサウサンプトンとの一戦だけに、両雄が先発を飾っての日本人対決に期待したいところだ

    12/10(日) 7:12配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171210-00033562-sdigestw-socc

    写真
    no title
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/08(金) 06:05:23.27 ID:CAP_USER9.net
    日本代表から外れている本田圭佑(31=パチューカ)ら“ビッグ3”が来年の日本代表公式カレンダーの表紙からも外れていることが7日、分かった。

    本田に加え香川真司(28=ドルトムント)岡崎慎司(31=レスター)が“メンバー外”

    代表の顔であり続けた3人が、W杯イヤーのカレンダーから姿を消した。

    写真


    12/8(金) 5:01配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00071929-nksports-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/12/04(月) 15:39:34.46 ID:CAP_USER9.net
    2017-12-04_17h16_48

    ビッグ3の日本代表復帰は? 釜本、小島、本田の3氏の考え
    2017年12月4日 13時21分

    サンケイスポーツ

    【賛否両論/ザ・ミュージアム】 話題の事象について紙上で「賛成」「反対」の意見を戦わせる『賛否両論』。その第2回は、2018年サッカーW杯ロシア大会で対戦相手が決まったばかりの日本代表の「ビッグ3」ことFW本田圭佑(31)=パチューカ、FW岡崎慎司(31)=レスター、MF香川真司(28)=ドルトムント=の処遇について。サッカー界のご意見番、釜本邦茂氏(73)=日本協会顧問、サンケイスポーツ専属評論家・小島伸幸氏(51)、同・本田泰人氏(48)が独自の意見を披露した。復活待望論と不要論が入り交じる3人の現状を、3氏はどうみるのか。

    ★レジェンド釜本氏「選ばれる」

     本田、香川、岡崎をロシアに連れて行くべきか? 簡単なことや。トップフォームに戻れば選ばれるでしょう。前回、前々回のW杯の経験もあるわけだから。

     ブラジル、ベルギーとの強化試合で日本は、どこからでもシュートを打つぞという姿勢がなかった。ゴール前で相手にブロックされると、ワンツーやドリブルで突破しようとせずバックパスをしてしまう。やめえ、と言いたくなるよ。1メートル87の杉本が途中で入っても、彼の頭にピンポイントで合わせるパスがない。何のために入れたの。確かに、相手にプレスをかけて前線から守備をするのも大事なことだけど、前線の選手の仕事はゴールを取ることでしょう。

     その点で、本田はメキシコリーグでドリブルで切り込んだり、遠めから打ったりしてゴールを決めている。彼や香川は頭の中で常にゴールを描いている選手だ。ただ、本田は半年かけて体を作り直した方がいい。まったく走れていない。30歳を過ぎたら体力的な問題が出てくるもの。技術があってもフィジカルの裏付けがないと力は発揮できないよ。

     香川は、本田と一緒に出るとよさが消えてしまう。遠慮せずに「こーせえ、あーせえ」と本田にいえるかどうかだ。彼を司令塔という人がいるけど、チームを率いるタイプではない。ペナルティーエリア付近で味方がボールを握ったときに、仕事をする選手。ドルトムントと違い、代表では彼の使い方に共通理解がないように思う。

     ハリルホジッチ監督はFWの真ん中に岡崎ではなく、大迫を起用している。岡崎は高さがなく、ポストプレーヤーとしてボールをつなぐタイプではない。ただ、日本の攻める時間が増えたときは彼のゴール前での勇気や得点感覚は必要になるだろう。本大会の組み合わせも決まった。残り半年間でじっくりと戦略を練り、本当に必要な選手を見極めるべきだろう。 (元日本代表FW)

    釜本 邦茂(かまもと・くにしげ)

     1944(昭和19)年4月15日生まれ、73歳。京都市出身。京都・山城高から早大を経て67年にヤンマー(現C大阪)入り。日本リーグ通算251試合で202得点を挙げ、得点王7度。日本代表では64年東京五輪に出場し、68年のメキシコ五輪で得点王(7得点)になるなど、銅メダル獲得に貢献。国際Aマッチ通算76試合で75得点は男子歴代最多。84年に引退。91年に松下電器(現G大阪)の監督に就任。95年に退任した後は日本サッカー協会副会長などを歴任。現在は同顧問。元参院議員。
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/03(日) 02:27:18.82 ID:CAP_USER9.net
    岡崎のライバル、グレイが決勝弾!

    現地時間12月2日、プレミアリーグ15節が行なわれ、レスターは本拠地キングパワー・スタジアムでバーンリーと対戦した。
     
    前節、強敵トッテナムから勝点3を奪取したレスター。それから中4日で迎えた今節は、4-4-2を採用したトッテナム戦から布陣を4-2-3-1に戻し、2列目の一角には若いデマライ・グレイを起用。日本代表FWの岡崎慎司はベンチから戦況を見守ることとなった。
     
    先手を取ったのはレスターだった。開始早々の6分、右サイドでボールを持ったリャド・マハレズがアーリークロスを供給し、これを相手GKニック・ポープが弾くと、ルーズボールをグレイがポストに衝突しながらも、押し込んでネットを揺らしたのだ。
     
    グレイの先発起用に応える一撃で、幸先よく先行したレスターだったが、プレミアリーグで直近5試合4勝1敗と好調の6位バーンリーに主導権を奪われる。
     
    19分にベルグ・グドムンソンが強烈なボレーを放たれるなど、レスターはバーンリーに60%近いポゼッション率を許して決定機を創出されたものの、守護神のキャスパー・シュマイケルを中心とした堅守を披露。何とか1点をリードして前半を終えた。
     
    迎えた後半、レスターは追加点を挙げるべく前に出るも、ビルドアップの段階でミスパスを繰り返して勢いに乗ることができない。
     
    すると、バーンリーが再び反撃を開始する。60分にはカウンターからレスターの最終ラインを突破したジェフ・ヘンドリックが決定機を創出したが、またもシュマイケルに阻まれてしまった。
     
    その後、一進一退の攻防戦となった試合は、しぶとく守るホームチームが速攻から相手ゴールを脅かす。72分には右サイドを突破したウィルフレッド・ディディのクロスボールをグレイがダイレクトで狙うも渾身のショットはポストに嫌われた。
     
    惜しくも2点目とはいかなかったものの、岡崎のポジション争いのライバルであるグレイの殊勝な活躍もあり、バーンリーを押し込んだレスターは、試合終了間際の88分に、その俊英に代えて岡崎をピッチへ送り出して前線からの守備を徹底させる。
     
    いわば、“逃げ切りの切り札”として、ピッチに投入された岡崎だったが、攻撃面で魅せる。
     
    投入直後からエンジン全開の岡崎は、敵陣でハイプレスをかけてボールを奪取。そこからヴァーディーへと繋いで決定機を演出した。エースのシュートは枠を外れたが、日本代表FWはこのシーンでリターンを要求するなど、短い出場時間でも得点への貪欲な意識を露わにした。
     
    そんな岡崎の奮闘も目立ち、終盤にパワープレーを仕掛けたバーンリーの猛攻を凌ぎきったレスターは、1-0で勝利。今シーズン2度目の2連勝を飾った。

    12/3(日) 2:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171203-00033279-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/11/30(木) 11:23:29.33 ID:CAP_USER9.net
    11/30(木) 10:32配信
    Football ZONE web

    ピュエル体制下5試合で先発は2回 トットナム戦の活躍を受けて提言

    レスター・シティのFW岡崎慎司は、現地時間28日のプレミアリーグ第14節トットナム戦(2-1)で3試合ぶりに先発出場した。得点こそなかったものの2トップを組んだFWジェイミー・ヴァーディの“最高の相棒”と称される活躍を披露。英地元紙「レスター・マーキュリー」は「オカザキをもっと信頼すべき」と報じている。

    岡崎は10月に就任したクロード・ピュエル監督の下で5試合中4試合に出場。そのうち先発は2回に止まっている。9節までに4得点を挙げていたが、新体制ではまだゴールがない。

    岡崎がスタメン落ちした際にピュエル監督の采配に疑問を呈するなど、“侍ストライカー”を高く評価するのが現地紙「レスター・マーキュリー」だ。トットナム戦の働きを受けて、岡崎を「今でもヴァーディの最高の相棒」と称した同紙は、「ピュエルが今よりも信頼すべきなのはシンジ・オカザキだ。以前から我々は何回も言っていただろう?」と記して、岡崎の重要性を改めて主張している。

    「前任者であるクラウディオ・ラニエリやクレイグ・シェイクスピアのように、ピュエルもこの日本代表をメンバーに加えずにプレーする方法を探している。そして、ラニエリやシェイクスピアのように後で痛い目に遭うことになるだろう。(岡崎が)ピュエルに見せたトットナム戦のパフォーマンスは見事だった。これまでよりもエネルギッシュで、岡崎がいたほうがユニットが機能している」

    「5回のタックルは誰よりも多かった」

    記事では、岡崎スタメン時のほうがチームとしての機能性が高いと絶賛されている。2015-16シーズンにプレミアリーグを制覇したラニエリ元監督やシェイクスピア前監督も、岡崎をスタメンから外すことが多かったが、その後にヴァーディと岡崎のコンビへと原点回帰していた。

    トットナム戦で見せた「5回のタックルはピッチ上の誰よりも多かった」と献身的な働きぶりにも触れ、ヴァーディに多くのチャンスを供給していた点も特筆されている。現地メディアではチームに欠かせない存在と認められている岡崎だが、ピュエル監督の信頼をつかみ、レギュラーポジションを確保することができるだろうか。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    2017-11-30_11h48_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171130-00010003-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★ :2017/11/29(水) 17:01:15.93 ID:CAP_USER9NIKU.net
    トッテナム戦の勝利に貢献した岡崎慎司。改めてバーディーのベストパートナーであると評価されたようだ。

    レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司は、トッテナム撃破でイギリスメディアから高評価を受けている。

    レスターは28日、プレミアリーグ第14節でトッテナムと対戦。クロード・ピュエル監督就任以降、なかなかチャンスを与えられない岡崎であったが、この日は3試合ぶりの先発出場を果たした。

    試合はジェイミー・バーディー、リヤド・マフレズが前半にゴールを挙げ、レスターが2-1で逃げ切った。岡崎も献身的なプレスと、安定感のあるポストプレーでチームの4試合ぶりの勝利に貢献している。

    地元紙『レスター・マーキュリー』は、岡崎に対してチーム2位タイとなる「8」の採点。寸評では「いまだこのシステムではバーディーのベストパートナー」と記され、働きを評価された。チーム最高はビセンテ・イボーラやバーディーの「9」となっている。

    また、イギリス紙『デイリー・メール』では「6.5」の評価で、チーム最高はDFウェズ・モーガンの「7.5」となった。

    確かな存在感で勝利に貢献した岡崎。次節のバーンリー戦でもチャンスは巡ってくるだろうか。
    2017-11-29_18h09_41
    http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/okazaki/13rmfs7qrzdnq1wroc02rmnjve
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/11/29(水) 08:03:58.60 ID:CAP_USER9.net
    レスター、4戦ぶり勝利はトッテナムから…岡崎は先発出場/プレミアリーグ第14節
    Goal

    岡崎は献身的な守備で勝利に貢献。風向きは変わるか。

    ■プレミアリーグ第14節 レスター 2-1 トッテナム

    レスター:バーディー(13分)、マフレズ(45分)
    トッテナム:ケイン(79分)

    プレミアリーグ第14節が28日に行われ、レスター・シティとトッテナムが対戦した。

    3試合勝利がないレスターは岡崎慎司がスタメン。一方のトッテナムはハリー・ケインがスタメンで、長期離脱を強いられていたエリック・ラメラがベンチ入りしている。

    試合はスーパーゴールでスコアが動く。13分、マーク・オルブライトンが左サイドでボールを持つと、右足で裏へと送る。これを抜け出したジェイミー・バーディーがダイレクトでシュート。ボールはGKウーゴ・ロリスの頭の上を越え、ネットに刺さった。

    さらに前半終了間際、カウンターからリヤド・マフレズがカットインすると、得意の左足でファーへと流し込み、レスターがリードを2点に広げる。

    後半に入ると、ペースはよりトッテナムの方へと傾く。ソン・フンミン、フェルナンド・ジョレンテ、ラメラと攻撃的な選手を続けざまに投入すると、交代策が実る。79分、ソン・フンミン、ラメラとつなぐと、最後はケインがゴール右からニアを豪快に射抜き、ついに1点を返す。

    しかし、その後はカスパー・シュマイケルを中心にレスターがゴールにカギをかけ、トッテナムはあと一歩のところでスコアをタイにはできず。レスターが前半のリードを守りきり、4試合ぶりの勝利を手にした。先発出場した岡崎は83分までプレーしている。
    2017-11-29_08h22_12
    http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/leicester/pyg1q50ptqsr1lgobyx6xngb9
    続きを読む

    20171119-00010011-soccermzw-000-6-view

    1:動物園φ ★:2017/11/20(月) 11:54:15.43 ID:CAP_USER9.net
    11/20(月) 6:01配信
    スポニチアネックス

    ◇プレミアリーグ・第12節 レスター0―2マンチェスターC(2017年11月18日)

    2試合ぶりに先発落ちしたレスターのFW岡崎は後半38分からの出場で、ほとんどボールに触れなかった。10月就任のピュエル監督の下、新布陣4―3―3のインサイドハーフで起用され「なるようになれ、という感じ。使われたら、そこで何とかして結果を出す」と苦笑い。4―4―2で2トップの一角を占めていた岡崎のポジションがなくなり、18日付の地元紙レスターマーキュリーは「驚きの采配で、岡崎が犠牲になった」と報じた。

    10、11月と日本代表で選外。復帰にはクラブでの活躍が不可欠だが、現状は「前の3人(バーディー、マフレズ、グレー)は固定されている」と厳しい。ブラジル、ベルギー戦はテレビで観戦し「その場にいないことが腹立たしい。次に選ばれれば、これぞ日本という部分を自分も出せれば」と巻き返しを誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000025-spnannex-socc
    続きを読む

    1:数の子 ★:2017/11/19(日) 03:50:09.11 ID:CAP_USER9.net
    11/19(日) 1:51配信 フットボールチャンネル
    マンC、驚異の公式戦16連勝! 岡崎出場のレスターを圧倒…完璧な崩しで2得点

    【レスター 0-2 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第12節】

    現地時間18日にプレミアリーグ第12節の試合が行われ、レスター・シティは首位のマンチェスター・シティをホームに迎えて対戦。

    レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司はベンチスタートとなった。試合開始して20分、マンチェスター・シティのパス回しから守備を崩されダビド・シルバにシュートを打たれるもGKキャスパー・シュマイケルのファインセーブでレスターは失点を免れる。

    その後も一方的に攻められる展開のレスター。すると45分、またもマンチェスター・シティのパス回しから守備を完全に崩され、最後はフリーのガブリエル・ジェズスにゴールを決められてしまった。

    続く49分には、レスターのチャンスを跳ね返した後、カウンターから一気に攻め込みケビン・デ・ブルイネが追加点。結局、リードを守りきったマンチェスター・シティが2-0の勝利をおさめている。この結果、マンチェスター・シティは驚異の公式戦16連勝となった。

    【得点者】
    45分 0-1 ジェズス(マンチェスター・シティ)
    49分 0-2 デ・ブルイネ(マンチェスター・シティ)
    man_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171119-00241690-footballc-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2017/11/17(金) 19:08:49.71 ID:CAP_USER9.net
    11/17(金) 19:04配信
    GOAL
    2017-11-17_19h37_32
    岡崎は招集外に何を思うのだろうか(C)Getty Images

    11月に行われた日本代表の強化試合が終わった。試合内容・結果もさることながら、注目を集めたのは本田圭佑と香川真司、岡崎慎司の代表落選だった。なかでも、イングランドで現地取材を行っている筆者には、岡崎落選の一報は驚きだった。

    日本代表美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!特別編【46枚】

    岡崎はプレミアリーグ11節終了時点で4ゴールを挙げ、すでに昨シーズンの得点数「3」を上回る結果を残している。しかも、レスターで「監督交代」という不測の事態に見舞われながら、11試合中7試合に先発。試合勘に支障はなく、身体のキレ、コンディションとも良好だったからだ。

    ■代表落選の一報に、岡崎の反応は?

    しかし、岡崎本人は落選を冷静に受け止めていた。11月4日に行われたストーク戦後、つまり代表戦の試合前に次のように心境を語っていた。

    「(代表に)呼ばれたら、日本のために頑張りたい。でも、呼ばれなければ、レスターでの戦いがある。今ここでぶつかっている課題にしっかり取り組んでいく。そして、プレミアリーグで結果を残す。だから、『(代表に)呼ばれた、呼ばれなかった』では、あまり考えていません」

    招集されたなら、日本のためにベストを尽くす。だが、呼ばれないのなら、プレミアで切磋琢磨していく。このような趣旨のフレーズが、7分間にわたる質疑応答の中で5回も繰り返されたのを見ても、代表招集に一喜一憂することなく、目の前の試合に集中していくというのが彼の最も言いたいことだった。

    岡崎は、日本代表における自身の立ち位置についても説明する。

    「(選ばれなかった)僕らが油断していたということではなく、今まで通り自分たちはやってきた。単純に、(2-0で勝利したW杯最終予選の)オーストラリア戦の良かった基準で、監督はチームを編成していると思う。自分や(香川)真司、(本田)圭佑もそうですけど、僕らは今まで呼ばれてきたから、当然、違和感はあるかもしれないです。でも、すでに1~2年をかけて監督は代表を変えようとしてきたと思う。僕に関して言えば、W杯予選で使われなかったのを見ても、そういう立ち位置だと思っていた。ただ、W杯予選中に変えるというのは、監督もできなかったと思う。そういう意味では、(今回の落選は)妥当じゃないかと。もちろん、みんなにチャンスがあるべきだと思いますし」

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が採用する4-3-3、もしくは中盤にアンカーを置く4-1-4-1のセンターフォワードに求められる役割は、最前線で身体を張ってポストプレーをこなすこと。しかし、DFラインの背後に抜けたり、クロスボールにピンポイントで合わせるプレーを得意とする岡崎には、「スタイルが合わない」との意見は少なくない。実際、レスターでの岡崎はジェイミー・バーディーの背後、つまり1.5列目からゴールを目指すセカンドストライカーのポジションを主戦場としてきた。日本代表のように1トップとして最前線でタメをつくる動きは、レスターでのタスクにはない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00010002-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ