海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:岡崎慎司

    1:3倍理論 ★:2018/02/13(火) 17:53:37.22 ID:CAP_USER9.net
    2月8日放送の『たまむすび』(TBSラジオ)にて、ミュージシャンの電気グルーヴ・ピエール瀧が、イギリスを訪れ、サッカーの岡崎慎司選手の試合を見たエピソードを語っていた。

    瀧の高校の同級生が、岡崎の友人だったことがきっかけで、清水エスパルス時代から交流があったという。その友人から8年ぶりに誘いがあり、プレミアリーグ・レスターの試合を見に、イギリスへ向かった。

    「試合は引き分けちゃって。その後に、その同級生が『せっかく来たので、慎司が飲もうって言ってるよ』って言うから、『飲む、飲む!』って話じゃないですか。

    岡崎くんがレスターの街のパブをおさえてくれたんですけど。また、そのパブがいいパブでね。本当、昔ながらのさ、これぞイングランドっていう感じの、ものすごくいいパブなんですよ」

    そこで、夜中まで飲み続けたとか。

    「バカ話に飢えてたんでしょうね。7時か8時ぐらいから飲み始めて、夜中の2時すぎまでずーっとバカ話と下ネタですからね。『いいぞ! 下ネタをこんなに楽しそうに話すヤツが日本のフォワードとは頼もしい!』って(笑)」

    街中では、岡崎の人気ぶりはすさまじく、常に声をかけられていたという。

    「やっぱり街中から『おっ、シンジじゃん!』って。ホームでタイトルを取ったときのフォワードなわけですよ。みんな『写真、いい?』っていう感じで来て。

    日本の『キャーッ!』みたいなやつじゃなくて、友達感覚なんですよね。おっさん、おばさんたちがみんな『シンジ、シンジ!』って横でうれしそうに写真を撮って。本当にうれしそうにするんですよね。それを見ている俺の誇らしいこと、誇らしいこと!(笑)」

    一流アスリートながら、バカ話に明け暮れる人柄で、地元でも大人気なのだろう。
    taki_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180213-00010008-flash-ent
    続きを読む

    2018-02-11_08h29_49

    1:豆次郎 ★:2018/02/11(日) 05:37:49.39 ID:CAP_USER9.net
    2/11(日) 5:31配信
    日刊スポーツ

    <プレミアリーグ:マンチェスターC5-1レスター>◇10日◇マンチェスター

    FW岡崎慎司(31)が所属するレスターは、マンチェスターCに1-5の大敗を喫した。岡崎はベンチ外だった。

    レスターは9勝10敗8分け。マンチェスターCは23勝1敗3分けとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00122598-nksports-socc
    続きを読む

    9568_ext_04_0

    1:風吹けば名無し:2018/02/09(金) 00:17:52.74 ID:8Nd5Cfyj0.net
    せめてロシアまでは連れてけよ
    2:風吹けば名無し:2018/02/09(金) 00:18:12.17 ID:UzgWdfb/0.net
    これマジで
    4:風吹けば名無し:2018/02/09(金) 00:18:48.69 ID:8Nd5Cfyj0.net
    3人とも調子いいのに
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/02/05(月) 12:52:36.93 ID:CAP_USER9.net
    「現役時代のヴァイッドはストライカーでね。クロスをヘディングで叩き込む、というタイプだったらしい」

    ヴァイッド・ハリルホジッチを日本代表監督に招聘した代表関係者は、そう語っていたことがあった。

    「だから日本代表でも、当然そういう戦いも模索してきたと思う。ただ、お眼鏡にかなうストライカーがいなかった。そこで、サイドにストライカーを"隠す"ような布陣になったんだ」

    ハリルホジッチの攻撃構想を端的に説明しているだろう。

    事実、ロシアワールドカップアジア予選では、4-2-1-3(4-2-3-1とも言える)の両サイドのアタッカーがゴールを積み重ねた。最終予選で、原口元気、久保裕也の二人が台頭したのは自明の理だった。トップの大迫勇也は囮で、マークを引きつけるような役割が大きい。これに、ミドルシュートにアドバンテージがあるMF井手口陽介を絡ませる。

    これが、ワールドカップでの攻撃布陣として有力になりつつあるだろう。

    しかし、2015年3月に発足したハリル体制でのトップスコアラーは、岡崎慎司(9点)、本田圭佑(9点)、香川真司(8点)の3人である。

    力を示してきた3人を外し、ワールドカップを戦うなどあり得るのだろうか?

    ▲プレミアリーグで活躍するFWを呼ばない手はない

    2017-18シーズン、岡崎はプレミアリーグ、レスター・シティで先発としてプレーし、6得点を記録している。世界一タフなリーグで、戦い続ける。サッカーインテリジェンスが高く、プレーの質は際立つ。このレベルのFWは世界に数多くいない。一昨シーズンは奇跡の優勝の原動力になり、昨シーズンはチャンピオンズリーグで決勝トーナメントに進出した。実績は申し分ない。

    「岡崎は高さを欠く」

    それがハリルホジッチが岡崎を呼ばなくなった理由の一つと言われる。たしかに、大迫勇也、杉本健勇、川又堅碁などは、「ハリル好み」の高さがセールスポイントになっている。岡崎は高さに長所がある選手ではない。

    しかしそもそも、ワールドカップを高さで戦い抜けるのか?

    昨年12月のE-1選手権でさえも、高さ勝負では見劣りしている。北朝鮮、中国にすら、勝ちきれなかった。せっかく奪い返したボールを放り込む、という愚策。あえて高さで挑む必要はない。グループリーグで戦う、ポーランド、コロンビア、セネガルは長身のディフェンダーが揃う。単純に放り込んでも、誰がトップに入ろうと、カモにされるだけだ。

    さらに言えば、トップに長身選手だけを置いても、サイドにはFW的な選手を起用するため、ボールを供給するクロッサーが足りない。大きな矛盾がある。現状、得点する算段が偶発的で、形はないに等しい。

    つづく


    小宮良之 | スポーツライター
    2018-02-05_17h22_01
    2/5(月) 11:00
    https://news.yahoo.co.jp/byline/komiyayoshiyuki/20180205-00081225/
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/04(日) 03:39:42.85 ID:CAP_USER9.net
    2/4(日) 1:53配信
    レスター、ヴァーディが先制点も追いつかれる…岡崎慎司は残り10分からの途中出場

    プレミアリーグ第26節が3日に行われ、FW岡崎慎司が所属するレスターとスウォンジーが対戦した。

    先にチャンスを掴んだのはホームのレスターだった。17分、中盤から鋭いパスを受けたケレチ・イヘアナチョが前を向き裏へ抜け出したジェイミー・ヴァーディへスルーパスを送ると、ヴァーディがGKとの1対1を冷静に決め先制点をもたらした。

    その後は両チーム決定機を決め切ることができずに前半を折り返す。すると、前節アーセナルを破ったスウォンジーが意地を見せる。53分、左CKからフェデリコ・フェルナンデスが頭で押し込み、スコアボードをタイに戻した。

    80分、レスターはベンチに座っていた岡崎をピッチに送りゴールを狙う。岡崎は入った直後からCKやクロスに飛び込んでいったが、うまく合わせられずネットを揺らすことができない。

    このまま試合は終了し、両チームで勝ち点1を分け合う形となった。なおレスターは、公式戦2試合未勝利となっている。

    【スコア】
    レスター 1-1 スウォンジー

    【得点者】
    1-0 17分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
    1-1 53分 フェデリコ・フェルナンデス(スウォンジー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00710797-soccerk-socc

    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/02/01(木) 11:31:58.32 ID:CAP_USER9.net
    2/1(木) 9:38配信
    日刊スポーツ

    レスターFW岡崎慎司(31)の同僚のアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(29)が1月31日(日本時間1日)、同じプレミアリーグのニューカッスルにレンタル移籍した。スリマニは公式サイトを通じて「この移籍は、僕とニューカッスルにとって大きなことだ。ここにはファンの力がある。監督と話し、正しい選択だと納得した」と語った。

    スリマニは、ポルトガル1部スポルティングで15-16年シーズンにリーグ戦33試合に出場し27得点を挙げ、16年夏に鳴り物入りでレスターに入団。5年契約を結び、岡崎の出場機会を脅かす存在になるとみられたが、16-17年シーズンは23試合に出場し7ゴール、17-18年シーズンは12試合に出場し1ゴールにとどまっていた。

    一方、岡崎は前線からの献身的な守備を含め、チーム全体の攻守に貢献してきたが、17-18年シーズンはリーグ戦で22試合に出場し、チーム2位の6ゴールと得点でも結果を出している。その中、29日にFWレオナルド・ウジョア(31)が同じプレミアリーグのブライトン、30日にはナイジェリア代表FWアーメド・ムサ(25)も古巣のロシア1部CSKAモスクワに、ともに今期末までの期限付きで移籍と、定位置を争うFW陣が次々、移籍の道を選んでいる。
    2018-02-01_12h50_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00114106-nksports-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/31(水) 14:26:47.43 ID:CAP_USER9.net
    1/31(水) 14:19配信
    岡崎の同僚・レスターFWムサ、古巣のCSKAモスクワへ期限付き移籍

    日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは30日、ナイジェリア代表FWアーメド・ムサが古巣であるCSKAモスクワへ今シーズン終了後までの期限付き移籍で加入すると発表した。

    現在25歳のムサはVVVフェンロやCSKAモスクワなどのクラブでのプレーを経て、2016年7月に当時のクラブ史上最高額となる移籍金でレスターに加入した。しかし、加入後は定位置の確保に苦しんでおり、ここまで公式戦33試合に出場して5ゴールという成績に終わっている。また、今シーズンのプレミアリーグでは出場機会を得られていなかった。

    移籍先となるCSKAモスクワでは2011-12シーズンから4シーズン半に渡ってプレーしており、ロシア1部リーグ通算125試合出場42得点を記録していた。好成績を残した古巣で、ムサは輝きを取り戻すことができるだろうか。
    2018-01-31_14h58_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00709157-soccerk-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/01/21(日) 02:03:58.24 ID:CAP_USER9.net
    1/21(日) 1:51配信
    岡崎慎司、先発定着後はレスター3戦連続無失点。無尽蔵のスタミナで勝利に貢献
    【レスター 2-0 ワトフォード プレミアリーグ第24節】

    現地時間20日にプレミアリーグ第24節の試合が行われ、レスター・シティはワトフォードをホームに迎えて対戦。


    レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司は先発出場を果たした。試合開始して39分、縦パスを受けたジェイミー・ヴァーディーがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。このPKをヴァーディーが自ら蹴り込みレスターに先制点が入った。

    51分にはヴァーディーがゴール前に折り返したボールに岡崎が合わせてシュートを放つ。ここはGKオレスティス・カルレジスに止められゴールは決まらなかった。ゴールは逃したが、中盤や前線に積極的に顔を出し、無尽蔵のスタミナで攻守に貢献。64分にデマライ・グレイと交代する際にはスタジアム全体で拍手が巻き起こった。

    後半アディショナルタイムにはカウンターからリヤド・マフレズが追加点。結局、リードを守り切ったレスターが2-0の勝利をおさめている。岡崎が先発出場を果たしたハダーズフィールド戦、チェルシー戦、ワトフォード戦の最近リーグ戦3試合は無失点だ。

    【得点者】
    39分 1-0 ヴァーディー(レスター)
    90分+1分 2-0 マフレズ(レスター)
    les_getty-1-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180121-00252121-footballc-socc
    続きを読む

    1:ゴアマガラ ★ :2018/01/17(水) 18:33:56.83 ID:CAP_USER9.net
    “侍ストライカー”の待望論が高まっている。ロシアW杯に臨むハリルジャパンから外れているFW岡崎慎司(31=レスター)は、今季公式戦7ゴール(16日現在)と好調をキープし、地元でも評価が高い。W杯出場権の獲得後、日本代表が低迷している中で英国から懸命なアピールを続けるが、W杯メンバー入りは極めて厳しい状況にあるという。一体どういうことなのか。

    今季の岡崎は開幕から安定した活躍を続けており、欧州でもトップレベルのイングランドで公式戦7ゴールをマークしている。その決定力と持ち前の運動量は高く評価されており、同クラブのクロード・ピュエル監督(56)も地元メディアの取材に、岡崎の契約延長を熱望。現在の充実ぶりは際立っている。

    昨年9月のロシアW杯アジア最終予選後、岡崎は日本代表から外れているが、同じ境遇のFW本田圭佑(31=パチューカ)が好調をキープし、MF香川真司(28=ドルトムント)も現時点ではレギュラーに復活。これまでの実績も踏まえ“ビッグ3”のハリルジャパン復帰待望論は日に日に高まっている。

    今季の活躍ぶりを見れば当然、岡崎の復帰にも期待は高まるが、ここにきて非常に厳しい現状が浮き彫りになった。Jクラブ関係者は「ハリルさんは真ん中に岡崎を使うつもりはもうないでしょ。W杯での戦いに向けてその位置で求めているのは高さのある選手なのは明らか。東アジアでFW川又(堅碁=28、磐田)を追加で選んだのも、そういう意図があるからだろうね」と指摘する。

    ハリルホジッチ監督は最終予選を終えるとW杯の舞台を見据えて、最前線に位置する1トップの選手にはボールキープができて、セットプレーでも強さを発揮する“高さ”を重視。レギュラーのFW大迫勇也(27=ケルン)が182センチあるのをはじめ、187センチのFW杉本健勇(25=C大阪)や184センチの川又がすっかりお気に入りだ。

    W杯1次リーグで同組に入ったセネガルやポーランドは出場国の中でも特に大柄のDFを揃えているため、ハリルホジッチ監督が身長重視の傾向を強めるのは確実。かねて指揮官は「オカはちょっと身長が足りない」とマイナス点を強調しており、1トップではすでに“構想外”と言える。

    以前に代表でも経験のある両サイドの位置はカウンター戦術にマッチするスピード重視の方針で、岡崎の代表復帰は黄信号が“赤”へと変わりつつある状況だ。世界最高峰のリーグで結果を出し続けているだけに不在はもったいない気もするが、果たして指揮官はどんな結論を出すか。
    2018-01-17_19h28_03
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000043-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/14(日) 06:14:37.66 ID:CAP_USER9.net
    【チェルシー 0-0 レスター プレミアリーグ第23節】

    現地時間13日にプレミアリーグ第23節の試合が行われ、レスター・シティはチェルシーのホームに乗り込んで対戦。

    レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司は先発出場を果たしたが得点ならず。英紙『レスター・マーキュリー』は岡崎に対して高評価を与えている。

    前半はレスターのペースで進む。岡崎は中盤で顔を出して守備で貢献。

    38分には岡崎にシュートチャンスが訪れたが、チェルシーのアンドレアス・クリステンセンにブロックされて得点ならず。

    68分にベン・チルウェルが退場して以降はおされる展開となったがチェルシーにゴールは許さず。結局、0-0の引き分けに終わっている。

    同紙は退場処分を受けたチルウェルに対してチーム最低評価となる10段階中「5.0」の点数をつけた。アレクサンダル・ドラゴヴィッチには「6.0」。ハリー・マグワイアとウィルフレッド・エンディディにはチーム最高評価となる「8.0」の評価を与えている。

    岡崎を含むその他の選手には「7.0」の採点をつけた。岡崎に対する寸評では「利他的に後ろに下がり、何度も地面に体を投げ出していた」とコメントし、積極的な守備でボール奪取にチャレンジした点を評価した。

    1/14(日) 3:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00251055-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ