海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:岡崎慎司

    1:豆次郎 ★:2018/10/18(木) 20:10:40.63 ID:CAP_USER9.net
    10/18(木) 19:14配信

    日本代表DF長友佑都のトルコ1部ガラタサライがレスターFW岡崎慎司の獲得交渉を始めていると、18日のトルコ紙ファナティック電子版が報じた。長友が仲介を承諾したという。


    報道によると、移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)。岡崎の契約期間は今季いっぱいで、冬の移籍期間に話がまとまらなければ、移籍金が不要になる今季終了後まで待つことになるという。岡崎は今季レスターで出番が少なく、ガラタサライなら長友がいる上、欧州CLでプレーできる可能性があるため、前向きだとしている。

    一方で、ガラタサライのFW補強について最も可能性が高いのはエバートンのセネガル人FWオウマル・ニアッセだと伝える。やはり今季出番に恵まれていない点と、かつてトルコリーグでプレーした経験があることが要因のようだ。候補2番手に岡崎の名を挙げている。
    2018-10-18_20h56_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00365715-nksports-socc
    続きを読む

    1:X_ファイル ★:2018/10/16(火) 23:46:12.08 ID:CAP_USER9.net
    ◆国際親善試合 日本4―3ウルグアイ(16日・埼玉スタジアム)

    日本が、世界ランク5位のウルグアイを相手に4―3で勝利した。MF南野拓実(ザルツブルク)が前半10分に、3試合連続となる先制ゴール。同28分に追いつかれるも、同36分には大迫勇也(28)=ブレーメン=がこぼれ球を押し込み再び勝ち越す。

    後半12分、バックパスを奪われてFWカバニに一時同点弾を許したが、2分後にはMF堂安律(20)=フローニンゲン=が待望の代表初ゴール。さらに同21分には再び南野が決めた。

    同30分に1点差とされたが、このまま逃げ切り勝ち。日本代表が、1996年以来22年ぶりにウルグアイに勝った。ホームで難敵を撃破したが、試合直後にロシアW杯メンバーである岡崎慎司(32)=レスター=が自身のツイッターを更新。「前から言われてきたけど、いよいよ親善試合をアウェイでやってかなきゃいけない段階にきてると思うな」とつぶやいた。

    岡崎のツイートに対し、フォロワーは「南米アウェイ見てみたいです」や、「南米で今日の試合したら、本物っす」などとツイートした。
    2018-10-17_00h25_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000259-sph-socc
    続きを読む

    d309b_1419_8b10b260719a93bbf4da827ff611c8e5

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/15(月) 22:41:48.459 ID:uyMyJFgT0.net
    覚えてる?
    2:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/10/15(月) 22:42:20.813 ID:ADX3f/3Z0.net
    長友だけ覚えてる
    3:以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/10/15(月) 22:42:44.380 ID:uyMyJFgT0.net
    セレッソ乾とか鹿島大迫とかレイソル酒井宏樹とかグランパス吉田麻也とか覚えてる?
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/11(木) 06:07:27.72 ID:CAP_USER9.net
    トルコ1部のガラタサライがレスターFW岡崎慎司(32)の獲得を考えていると、10日のトルコ紙ハベルトゥルク電子版が報じた。

    FWの補強を望むテリム監督が岡崎に着目、レスターと接触を始めているという。移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)以内と見込み、岡崎獲得のためにMFベルハンダを売却する予定とも伝えた。

    同クラブにはDF長友佑都(32)が所属、今夏にはドルトムントMF香川真司(29)の獲得も取りざたされた。

    10/11(木) 4:50配信
    2018-10-11_08h00_44
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00358263-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/21(金) 06:09:42.18 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表MF本田圭佑(32=メルボルンV)が18日にツイッターで「今のコーチングライセンス制度は廃止して新しいルールを作るべき。プロを経験した選手は筆記テストだけで取得できるのが理想」と“緊急提言”したことがサッカー界で大論争を巻き起こしている。

    今回のつぶやきには大きな反響があったようだ。本田はツイッターで「そんな難しいことは言っていない」とし「自分の為に言ってるんじゃない。僕は既に実質監督やってるしね。先ずは将来的に監督になりたい影響力のある選手達が行動しなきゃいけない」(原文ママ)と自らの考えを説明した。

    本田の“爆弾発言”には、サッカー界から様々な意見が飛び交った。FW岡崎慎司(32=レスター)はツイッターで「選手と指導者は俺は真逆の立場で簡単に指導者になれるとは思わない。ただ選手として経験した部分は強みにはなると思う。だからこそしっかりしたライセンス制度で指導者を見極めるべきだと思う」と力説。本田とは異なる視点から現行制度の重要性を示した。

    さらに論争は“飛び火”。DF西大伍(31=鹿島)もツイッターで「もうプロ経験してなくてもそれで良いよ あとはそれぞれのチームが面接でもなんでもで決めたら サッカー関係者だけで回してるのは危険だよね」と本田の主張を支持。すると、このつぶやきにDF岩政大樹(36=東京ユナイテッド)が「これは安易な発言。一面しか見えてないな」とツイートして反論。鹿島で同僚だった2人の場外戦に発展した。

    国内外の現役選手を巻き込み、かんかんがくがくの議論が展開。サッカー界を揺るがし、波紋は拡大している

    2018年9月20日 16時30分
    2018-09-21_08h28_40
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15333629/
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/09/08(土) 23:14:17.15 ID:CAP_USER9.net
    イングランド・プレミアリーグのレスターに所属するFW岡崎慎司(32)が今季限りで退団する可能性が浮上した。7日付の地元紙レスター・マーキュリー(電子版)が報じた。

    岡崎は2015年にドイツ1部マインツからレスターに4年契約で加入した。来年6月で満了となる現契約について、延長交渉は行われておらず、同紙は「(来年)夏にクラブを去る可能性がある」と指摘。「現在、岡崎は32歳。ボールテクニックを有するアタッカーを重宝するピュエル監督の構想にはあまりフィットしていない」と理由をつづった。

    レスターでは、今季加入したイングランドU―21代表のMFジェームズ・マディソン(21)がトップ下のレギュラーとして活躍。ポジションの重なる岡崎は右足首の怪我でチーム合流が遅れたこともあり、リーグ戦でベンチ扱いとなっている。

    9/8(土) 22:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000176-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/29(水) 06:57:09.12 ID:CAP_USER9.net
    8/29(水) 6:54配信
    カラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)2回戦が28日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは、ホームでフリートウッド・タウン(3部)に4-0で勝利した。

    レスターは開始8分にクリスティアン・フクスが先制点を挙げると、39分にビセンテ・イボーラ、46分にケレチ・イヘアナチョ、71分にラシド・ゲザルが追加点を決め、完封勝利を収めた。岡崎は今シーズンの公式戦で初のスタメン入り。さらにフル出場も果たしたが、ノーゴールに終わった。

    レスターは次戦、9月1日にプレミアリーグ第4節でリヴァプールとのホームゲームに臨む。

    【スコア】
    レスター 4-0 フリートウッド・タウン

    【得点者】
    レスター:フクス(8分)、イボーラ(39分)、イヘアナチョ(46分)、ゲザル(71分)

    【スターティングメンバー】
    レスター
    ウォード;モーガン(62分 ベンコヴィッチ)、エヴァンス、フクス;ゲザル(77分 ディアバテ)、シルヴァ、アマーティ、オルブライトン、イボーラ;岡崎、イヘアナチョ(50分 グレイ)
    2018-08-29_07h51_39
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00821416-soccerk-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/24(金) 17:43:16.06 ID:CAP_USER9.net
    レスターの日本代表FW岡崎慎司が、25日のプレミアリーグ第3節・サウサンプトン戦で今シーズン初出場を果たす可能性が出てきた。地元紙『レスター・マーキュリー』が23日付で伝えている。

    レスターはイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが前節で退場となり、3試合の出場停止処分を科された。エース不在の中、クロード・ピュエル監督は先発候補に岡崎が含まれていることを明かしている。

    「ジェイミーのクオリティはみんな分かっている。それでも、我々は前に進まなければならないし、他の選手たちには自信を持ってもらう必要がある。ケレチ・イヘアナチョやデマライ・グレイ、もし戻ることができればオカザキもだが、こういった選手たちにとっては良いチャンスだ」

    「オカザキはまだ様子を見なければいけないが、おそらくサウサンプトン戦には間に合うだろう。彼は明日から別のトレーニングに移るよ」

    岡崎は2018 FIFAワールドカップ ロシアに出場した影響でレスターへの合流が遅れたほか、代表での活動中に右足首を痛めていたため、開幕から2試合はベンチ入りメンバーを外れていた。サウサンプトン戦で、待望の今シーズン初出場となるだろうか。
    2018-08-24_22h19_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00818806-soccerk-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/08/23(木) 21:13:24.50 ID:CAP_USER9.net
    8/23(木) 21:11配信
    レスター岡崎、開幕3戦連続欠場へ 麻也との日本人対決お預け

    イングランド・プレミアリーのレスターに所属するFW岡崎慎司(32)が、25日のサウサンプトン戦を欠場する見通しとなった。22日、英紙デーリー・ミラー(電子版)が報じた。

    W杯ロシア大会で痛めた右足首の怪我により、岡崎はプレミアリーグ開幕2試合を欠場。実戦復帰すると見られた20日のU―23エバートン戦も出場しなかった。日本代表DF吉田麻也(29)が所属するサウサンプトンとの一戦について、同紙は「岡崎はW杯での怪我により欠場する」と予想。日本人対決は実現しない可能性が高くなった。
    2018-08-24_08h22_46
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00000151-spnannex-socc
    続きを読む

    1:豆がーる ★:2018/08/16(木) 06:07:30.64 ID:CAP_USER9.net
    レスター・シティをこよなく愛する地元紙『Leicester Mercury』が日本代表FW岡崎慎司の置かれたシチュエーションについて、シビアな見解を示した。
     
    番記者のジェームズ・シャープ氏が読者の質問に答える形で記事を展開。レスター・ファンによる、「シンジ・オカザキはどこにいったんだい? まるで近況や情報が聞こえてこないけど」「開幕戦のオールド・トラフィードではベンチにさえいなかった。これはフットネスの問題なのか、それとも大陸の移籍期限最終日までに放出されるのか。どっち?」というふたつの問い掛けに対して、以下のように応じた。
     
    「開幕戦(マンチェスター・ユナイテッド戦)でベンチ外となったのは、ロシア・ワールドカップ後からのコンディション調整が万全でないこと、さらに小さな故障もあってのこと。月曜日には練習に戻っているからその点は問題ないだろう」
     
    そしてシャープ記者は「オカザキの笑顔をもっと見たいのは私も同じ」と前置きしたうえで、こう分析している。
     
    「ただ、オカザキに出場機会が巡ってこないことに驚きはない。現時点では、ベンチ外の状況が続いてもおかしくない立ち位置だからだ。長きに渡ってオカザキはジェイミー・ヴァーディーの良き相棒だった。シティがボール保持を大事にしていなかった頃の話で、ボールを追いかけまわして敵ディフェンスを混乱させる良質な猟犬はもはや必要とされていない。クロード・ピュエル(監督)は背番号10にボールスキルを第一に求め、創造性を重視している。この夏にノーリッジからジェームズ・マディソンを獲ったのもそのためで、彼はオールド・トラフォード(ユナイテッドの本拠地)でも質を示してみせた」

    やはり、岡崎がスタメンを張るのは難しいと見ているようだ。
     
    一方でレスターは前線の人員整理を押し進め、レオナルド・ウジョアをパチューカに放出し、イスラム・スリマニをフェネルバフチェに貸し出した。これで現有戦力における純然たるストライカーはヴァーディー、岡崎、ケレチ・イヘアナチョの3人のみとなったわけで、少なくとも今夏に日本代表FWが活躍の場を移す可能性は低いだろうか。
     
    いずれにせよ出場機会は今後も限定的で、岡崎が正念場に立たされているのは間違いない。注目のプレミアリーグ第2節は土曜日、本拠地キング・パワーでのウォルバーハンプトン戦だ。
    2018-08-16_08h16_03
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00045743-sdigestw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ