海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:岡崎慎司

    1:Egg ★:2018/04/23(月) 19:00:12.15 ID:CAP_USER9.net
    英誌が「W杯で必見の10名のアジア人」を選出、日本人では香川と岡崎の名前が
     
    サッカーロシアW杯開幕まで2か月を切った。西野朗新体制となった日本代表は、本番でどんな戦いを見せてくれるだろうか。注目が集まる中で、海外メディアがW杯で「必見のアジアの選手」としてドイツ1部ドルトムントMF香川真司、イングランド1部レスターFW岡崎慎司の2人の名前を挙げている。

    英誌「Four Four Two」は「W杯で必見の10名のアジア人」という特集を行い、日本人では香川と岡崎に注目している。「韓国、日本、イラン、オーストラリア、サウジアラビアが来たるロシアW杯でアジアの代表として参戦する。これらの国で実力を発揮してくれる存在は誰だろうか?」

    同誌は記事でこう伝え、アジアの4か国の中で、ロシアでの注目株を特集している。日本人の一人目は「シンジ・カガワ」だ。

    「カガワはどんなチームでも見るものを楽しませる」と高く評価

    「カガワは不遇や負傷により11月と3月に行われた親善試合に招集されなかったものの、W杯ではチームの中核を担う存在となると予想されている。ドルトムントで活躍する29歳のアタッキングMFは、どんなチームでも見るものを楽しませるプレーを披露する、貴重な存在だ」

    こう紹介している。香川は左足首の故障から回復。ドルトムントの練習に復帰しており、実戦でのプレー再開も間もなくだろう。「ロシア大会では日本の若きチームを引っ張ることもカガワの使命となるだろう。今季ここまでドルトムントで7ゴール4アシストを記録しており、大会を迎える上で彼に自信がみなぎっているのは間違いない」

    4年前のブラジルW杯では期待に見合う結果を残せなかったが、ロシアでは頼れる日本のエースとして、スポットライトを浴びせている。

    実績は屈指の岡崎「決定的な仕事を果たせる。W杯では特に重大な特長」

    もう一人は「シンジ・オカザキ」だ。岡崎がレスターでプレミアリーグ王者に輝いたことと、日本代表では歴代3番目となる50ゴールを記録していることに言及。しかし最近の親善試合には招集されていないことを伝えている。

    「彼は試合で決定的な仕事を果たすことのできる能力を備えてはいるが、W杯のような大会では特に重大な特長だ。新監督のニシノが彼を軸に据えても、それは驚きでもなんでもない。あとはレスターで力強く今季を終えれば、ロシア行きの便にオカザキが搭乗させることをニシノが決断することは決定的なことだろう」

    実績十分の岡崎。新生西野ジャパンでの代表復帰は決定的だと報じている。長きにわたって日本代表を支えてきた「ダブルシンジ」。この実績十分の2人が日本代表には欠かせないと、サッカーの母国英メディアは指摘している。

    4/23(月) 15:14配信
    2018-04-23_23h28_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180423-00022319-theanswer-socc
    続きを読む

    31daa3ca

    1:風吹けば名無し:2018/04/18(水) 23:16:46.76 ID:LmiTcsX10.net
    小野 岡崎 香川
    3人とも凄過ぎィッ!
    2:風吹けば名無し:2018/04/18(水) 23:17:10.73 ID:sb8hkqp7d.net
    香川は別に
    3:風吹けば名無し:2018/04/18(水) 23:17:26.95 ID:LmiTcsX10.net
    >>2
    えっ
    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/04/17(火) 11:00:35.62 ID:CAP_USER9.net
    4/17(火) 8:01配信webスポルティーバ

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の電撃解任から約1週間が経過したが、日本代表はまだまだその余波に揺れている。衝撃を受けているのは、欧州で戦う日本人選手たちも一緒だ。特にレスター・シティの岡崎慎司の場合は、発表2日前にハリルホジッチ監督の腹心であるコーチのジャッキー・ボヌベー氏が視察に訪れた直後の電撃解任だった。

    もちろん、昨年9月の招集を最後に半年間にわたって日本代表から遠ざかっている岡崎としては、今回の指揮官交代の影響は限りなく大きい。そんななか、岡崎が口を開いた。4月14日に行なわれたバーンリーvs.レスター戦後、「日本代表に入っていないので、個人的には何も言うことはない。代表に入れるかどうかもわからない」と立場を明確にしたうえで、次のように話した。

    「難しいところですけど、自分にとっては、こういう変化もひとつのチャンスだと思う。呼ばれていなかった選手としては、他の選手も含めて、みんなモチベーションがグッと上がると思う。(ハリルホジッチ監督の解任は)やっぱり簡単な決断ではないと思うんですけど、それは何回も議論されてきたことだと思う。自分にとっては大きな変化になるかもしれない。個人的には、チャンスとして捉えるべきだと思っています」

    W杯予選を突破した監督が、大会本番の2ヵ月前に電撃解任されるのは極めて異例と言っていい。そして、新たに西野朗監督がどのような戦術で、いかなる人選で大会に挑むのか。それすらもハッキリと見えていない状況にある。

    また、これまで議論されてきた、志向すべきサッカースタイルについても当然、答えは見つかっていない。ハリルホジッチ監督が貫いた縦に速いサッカーなのか。あるいは、ボールをしっかりつなぐサッカーなのか――。

    プレミアリーグという世界最高峰の舞台に身を置く岡崎は、この点についても自身の見解を述べた。W杯開幕まで2ヵ月となったタイミングでハリルホジッチ監督を解任したのなら、目指すべきスタイルをここで議論すること自体が「おかしい」と語る。そして、W杯へのポイントは、今まで蓄積してきたもの、積み重ねてきたものを「融合」することにあると話す。

    「僕は『つなぎたい』とか、『速く攻めたい』という議論自体がおかしいと思っている。後ろからつないでいくサッカーを、『世界を相手にしたときにやれるか?』といったら、まったく別問題だと思う。ただ、その融合というか。ある程度つないでから、縦に速いサッカーをする。そういうふうに融合していかないと、世界では勝てないと思う。この状況で監督が交代したなら、『どんなスタイルで行くか?』っていう次元の話じゃない。

    まずは監督が選手を選び、その選手の特徴をチームに当てはめて、力を出し切らせるところで世界と戦っていく。そういう意味では、ハリルさんがやってきたことも無駄じゃない。むしろ、ハリルさんの時期は、今までの概念を破壊してくれるという意味で、すごく大きかった。

    今までやってきたことは、間違いなく無駄ではない。勝つためには守る時間も必要だし、守った後に速く攻めることも大事だと思う。そして、たまにボールをつながないと、早く攻める時間帯も出てこない」

    これまで岡崎は、2010年の南アフリカ大会と2014年のブラジル大会、2度のW杯を経験した。ドイツのブンデスリーガで5シーズンにわたって研鑽を積み、2015年に世界中の猛者が集(つど)うプレミアリーグへ移籍。レスター加入1年目には「奇跡のリーグ優勝」の原動力になった。そして今、プレミア挑戦3シーズン目にある。
    2018-04-17_11h20_16
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00010000-sportiva-socc&p=1
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/04/16(月) 21:10:47.10 ID:CAP_USER9.net
    ・英メディア「HITC」が「地球上で最も優れたアジア人選手ベスト7」を選出
    ・2位に香川真司、5位に酒井高徳、6位に武藤嘉紀、7位に岡崎慎司が入った
    ・栄えあるトップは韓国のソン・フンミンとなった

    7位に岡崎が入るなど、日本人選手がベスト7の半数を占める結果に

    現在、欧州トップリーグでは韓国代表FWソン・フンミン(トットナム)や日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)、MF香川真司(ドルトムント)など多くのアジア人選手が活躍している。

    英メディア「HITC」は「地球上で最も優れたアジア人選手ベスト7」を選出した。

    ACミラン時代に10番を背負ったパチューカの日本代表FW本田圭佑、AFCチャンピオンズリーグにも出場する中国代表FWウー・レイ(上海上港)やUAE代表MFオマル・アブドゥラフマン(アル・アイン)など、欧州でも名が知られる選手たちがランク外となったなか、ベスト7の半数は日本人選手が占める結果となった。

    7位にはレスターのFW岡崎慎司がランクイン。2015-16シーズン“奇跡の優勝”を成し遂げた際にクラウディオ・ラニエリ監督の重要な選手の一人だったこと、日本代表で111試合50得点を記録している実績が認められた。

    今季公式戦23試合で9得点を奪っているマインツのFW武藤嘉紀が6位で、「勤勉で多才」と称賛されている。また、5位にはハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳が入った。右サイドからの攻撃的な姿勢と危険なクロス、ハンブルガーSVだけでなくシュツットガルト時代の活躍も合わせて評価されたようだ。

    日本人最高位となる2位には香川がランクイン

    4位、3位は一転して日本以外の外国籍選手がノミネート。プレミアリーグのハダースフィールドで30試合に出場し、4得点3アシストの記録を残しているオーストラリア代表MFアーロン・ムーイが4位に顔を出し、3位には韓国代表として65試合に出場して19得点を挙げているドイツ1部のアウクスブルクMFク・ジャチョルが選ばれた。

    2位にはドルトムントのMF香川真司がランクイン。マンチェスター・ユナイテッドでは大きなインパクトを残すことができず、その後ドルトムントに帰還してからも本来のトップフォームに戻ることに時間がかかっていたが、昨年12月にペーター・シュテーガー監督が就任すると状況は一変。現在は足首の負傷で離脱中だが、記事はチームの中でも素晴らしいパフォーマンスを見せているとしている。「攻撃的MFとして多くの才能や冷静さ、トリッキーさを持つ」と表現された。

    栄えあるトップは韓国のソン・フンミンだ。プレミアリーグで最も活躍するアジア人選手の称号を手にした。

    日本人選手は最も多い4人が選出されるも、今回のランキングでは1位に選ばれることはなかった。現在も多くの日本人選手が世界で戦っているが、今後アジア最高の称号を手にする選手は現れるのだろうか。

    (Football ZONE web編集部)
    2018-04-16_23h38_34
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14587861/
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/04/16(月) 09:09:43.94 ID:CAP_USER9.net
    4/16(月) 9:05配信
    岡崎慎司、日本代表監督交代に「大きなチャンス」

    前半、激しく競り合う岡崎(右)(撮影・PIKO)
    <プレミアリーグ:バーンリー2-0レスター>◇14日◇バーンリー

    レスター岡崎は日本代表の監督交代について「自分にとっては大きなチャンス」と語った。

    昨秋のワールドカップ(W杯)予選後はハリルホジッチ前監督から声が掛からず、代表から遠ざかっていた。W杯まで準備期間が短いことには「選ばれた人間が同じ方向を向いてサッカーをしていくだけ」とベテランらしい。ただし、今年は無得点。西野新監督にアピールするためにも、早く結果を出したいところだ。
    2018-04-16_09h30_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00181102-nksports-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/04/12(木) 17:30:25.36 ID:CAP_USER9.net
    4/12(木) 17:26配信
    サッカーW杯ロシア大会に出場する日本代表監督への就任が9日に発表された、西野朗新監督(63)が12日、都内のJFAハウスで会見を開いた。

    西野監督は、MF香川真司、FW岡崎慎司、FW本田圭佑ら、代表の中心を担った中心の3人の招集が少なかったり、出番が少ないこと、今後の選考について聞かれ「(3選手が)キャンプに呼ばれない、試合の時間が短いという話がある。現状のコンディションを、しっかり見て話をしないといけない。ケガをして6~8週、出ていないのもある、経験、実績ある選手だけど(ハリルホジッチ)監督も基準を持って、現状のコンディションを気にされていたのは間違いない。ここ1カ月足らずのコンディションも過去の実績、経験に加え、状況を性格に見極めたい」と、ハリルホジッチ前監督が、3選手のコンディションを重視して選考から外していたことを強調した。

    その上で「最高の化学反応が起こるグループになる選手選考を、総力を挙げて選考したい」と語った。
    2018-04-12_18h02_38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00177442-nksports-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/04/08(日) 01:00:09.61 ID:CAP_USER9.net
    岡崎慎司、アシスト記録も…レスターはニューカッスルに競り負け連勝ストップ
    4/8(日) 0:53配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180408-00264298-footballc-socc

    レスターに所属する岡崎慎司【写真:Getty Images】



    【レスター 1-2 ニューカッスル プレミアリーグ第33節】

    現地時間7日にプレミアリーグ第33節の試合が行われ、8位レスター・シティは12位ニューカッスルをホームに迎えて対戦。

    レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司はベンチスタートとなった。試合開始して18分、ニューカッスルにカウンターを許すとフリーのジョンジョ・シェルヴィにシュートを打たれてしまう。そして、ボールがベン・チルウェルの肘に当たって軌道が変わりゴールに吸い込まれた。

    57分に岡崎はダニー・シンプソンに代わって途中出場を果たす。すると75分、ロングボールに抜け出したアヨゼ・ペレスがGKカスパー・シュマイケルの頭上を超えるループシュートを放ちニューカッスルに2点目が入った。

    一方でレスターも反撃。84分に岡崎がヘディングで折り返したボールをジェイミー・ヴァーディーが押し込んで1点を返す。ただ、追加点を奪うことは出来ずレスターは1-2の敗戦を喫している。この結果、連勝は2でストップした。

    【得点者】
    18分 0-1 シェルヴィ(ニューカッスル)
    75分 0-2 アヨゼ・ペレス(ニューカッスル)
    84分 1-2 ヴァーディー(レスター)
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/06(金) 14:21:52.93 ID:CAP_USER9.net
    日本代表を長年けん引してきたFW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、MF香川真司(ドルトムント)は、6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)の登録メンバー23人入りを果たすのだろうか。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、「日本の三大アタッカーはロシア行きの飛行機に乗る」と大胆予想している。

    本田、岡崎、香川を「ビッグ3」と評する「ESPN」は、ロシアW杯に向けた三人の動向に注目。昨年11月シリーズでブラジル(1-3)、ベルギー(0-1)と対戦した際、ビッグ3は揃って落選し世間の耳目を集めた。

    当時、ハリルホジッチ監督は「前回の合宿であまり評価をしていない。彼ら本来のパフォーマンスを見せるべき。他の選手より良いパフォーマンスを見せてくれれば、ここにいるはず」との言葉を残している。

    ワールドカップイヤーの2018年に入ると、パチューカで結果を残し始めた本田は3月シリーズで半年ぶりに代表復帰を果たした。一方、岡崎は負傷からレスターで戦列復帰も指揮官から声はかからず、香川は左足首の負傷による影響で落選となった。

    三人の中で唯一招集された本田は、マリ戦で後半25分からFW久保裕也(ヘント)に代わって途中出場し、先発したウクライナ戦では後半19分までプレーしたが、2試合とも大きなインパクトを残せずに終わっている。

    「三人の中で誰一人としてスタメンは確約されていない」

    記事では“日本ビッグ3”の現状について「岡崎、香川、本田の三大アタッカーは、過去1年間で何度も日本代表から落選した」と言及。しかし3月シリーズを受けて不安を露呈した日本代表の状況を受けて、最終的には三人が本大会メンバー23人に食い込むと見ているようだ。

    「三人全員がロシア行きの飛行機に乗るだろう。だが、三人の中で誰一人としてスタメンは確約されていない」と、それぞれが置かれた厳しい立場にも触れている。

    岡崎はセンターフォワード、本田は右ウイング、香川は攻撃的MFをそれぞれ日本代表での主戦場としているが、指揮官の信頼を勝ち取っているとは言い難い。次の代表戦は5月30日の国際親善試合ガーナ戦で、翌31日に予定されている23人の本大会登録メンバー発表前のラストマッチとなる。

    果たして“ビッグ3”は、最後に揃ってメンバー入りを果たすのか。今後のパフォーマンスがより一層注目を集めそうだ。

    4/6(金) 11:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180406-00010004-soccermzw-socc

    写真

    続きを読む

    1:動物園φ ★:2018/03/30(金) 13:51:41.89 ID:CAP_USER9.net
    3/30(金) 6:00配信
    スポニチアネックス

    国際Aマッチ通算50得点を挙げている岡崎

    ハリルジャパンの中で、FW岡崎慎司(31=レスター)の復帰待望論が持ち上がっていることが29日までに分かった。日本代表はベルギー遠征を1分け1敗で終え、W杯へ黄色信号がともっている状況。深刻な決定力不足も露呈する中、昨年9月のW杯アジア最終予選サウジアラビア戦以来、招集のない岡崎の復帰を求める声が、高まっている。

    岡崎のカムバックを望む声が、身内からも噴出した。ベルギー遠征は1分け1敗。欧州組を招集した試合では5戦勝利がない。複数の関係者によると、危機的状況を踏まえ、ハリルホジッチ監督を取り巻く首脳陣内で、岡崎の復帰待望論が持ち上がっているという。

    岡崎は10、14年のW杯を経験し、日本歴代3位の国際Aマッチ50得点を記録。ハリルジャパンでは先発15試合を含む22試合に出場し9得点と実績も十分だ。今回は小林、杉本、大迫の方が「より得点を取れる」という理由で選外となったように、ハリルホジッチ監督の中での序列は高くない。だが、全員得点に絡めず終了。周囲の岡崎への熱は増している。

    これまでハリルジャパンではほぼ1トップに入ってきたが、状況は変化している。同じ4―3―3でも、中盤にアンカーを置き逆三角形とする布陣と、中盤の底を2枚にしてトップ下を置く布陣を併用してきた指揮官は今回、2戦とも後者で固定した。一方、今季の岡崎はレスターでFWバーディーと縦関係になることが多い。代表でもトップ下に入れば、指揮官の求める縦の速さに不可欠な裏への飛び出しを生かすことができる。「レスターでの役割は代表と全く違う」と指揮官が気にするズレも減少しそうだ。

    2月上旬に右膝を負傷も、既に10日のウェストブロミッジ戦から復帰。3度目のW杯に向け「調子のいいヤツを選んでいるというのだったら、自分が最後に調子良ければいいだけ。プレミアリーグで点を取れれば絶対に行ける。間違いないんで、それは」と不屈の精神を見せている。5月には登録リストの中に、岡崎の名前があるかもしれない。
    2018-03-30_17h22_42
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000047-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ