海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:川島永嗣

    1:Egg ★:2018/07/26(木) 22:58:21.91 ID:CAP_USER9.net
    文・インタビュー:ジョヴァンニ・バッティスタ・オリヴェーロ
    翻訳:小川光生

    「GKのミスというのは元来目立つもの」(マルケジャーニ)

    写真



    カワシマのロシアでのプレーを分析するのに、私は2人の友人に助けを求めた。

    いずれも、世界で最も難儀な職業のひとつである代表GKの役を、「GK大国イタリア」という看板を背負いながら担ってきた人物たちである。

    一人目は、ルカ・マルケジャーニ。セリエAではラツィオ、キエーヴォなどでプレー。代表では、主にジャンルカ・パリュウカのサブとして、1992年から96年まで通算9試合に出場している。現在は、テレビ解説者として独特な視点からの分析が視聴者に好評だ。

    そのマルケジャーニが言う。
    「今回のW杯においてカワシマが見せた技術的なミスは、2つのみだと思う。一つ目は、コロンビア戦、フアン・キンテーロのグランダーのFKをゴールにしてしまったこと。二つ目は、セネガル戦の中途半端なパンチングによる失点だ」

    「まず、コロンビア戦のケースから解説していきたいと思う。シュートは壁の下を通っている。弾道が見えにくくなっていたことには同情するが、キンテーロがシュートを打った瞬間、そのことも予想しながらもう少し早く始動するべきだった。また、その後の動きももう少し迅速にできたのではないかと思う。確かに不運な面もあったが、代表GKならやはり止めてほしいゴールではあった」

    「次にセネガル戦での失点だが、キャッチにいくかパンチングにいくか。それはGKそれぞれの考え方だ。ただ、いずれにしろカワシマはもう少しアグレッシブにボールに向かっていくべきだった。GKはエリアの中では守られている存在だ。たとえ、寄せてきていたサディオ・マネとの接触があったとしても、レフェリーは敵のファウルをとる可能性が高い。私なら、マネの動きが目に入っていたとしても、もっとずる賢くブロックを作るような形でキャッチ、あるいはパンチングにいく。それで衝突しても歩があるのはGKのほうだ」

    「GKのミスというのは元来目立つものだが、今大会のカワシマには好セーブも何本もあった。セネガル戦の38分のセーブ、あるいはベルギー戦で再三見せた好守備。彼が防いだ失点は決して少なくなかった」

    つづく

    7/25(水) 18:06配信サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00798574-soccerk-socc&p=1

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/24(火) 09:16:46.69 ID:CAP_USER9.net
    日本代表GK川島永嗣はリーグ・アンに残留する可能性があるようだ。フランス誌『フランス・フットボール』が報じている。

    川島は昨シーズンまでメスでプレー。しかし、チームは最下位での2部降格が決まり、契約も昨季いっぱいだったため、35歳の川島の去就は不透明となっていた。リーグ・ドゥ降格が決まっても残留を希望する旨のコメントを残していた川島だが、1部クラブから興味を示されているようだ。

    それが昨季11位のディジョンと、辛くも残留を勝ち取った18位のトゥールーズ。ともにフランスでは中堅以下のクラブで、経験ある日本代表GKを求めているという。さらには、日本代表DF酒井宏樹もプレーするマルセイユが、第2GKで同じく35歳のヨアン・プレに退団の可能性があるため、熱視線を送っているという。

    新天地がいまだ決まらない日本の守護神。新シーズンもフランスでプレーすることになるのか、注目が集まるところだ

    7/24(火) 7:24配信
    2018-07-24_10h33_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000040-goal-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/07/20(金) 21:29:12.02 ID:CAP_USER9.net
    GK川島「日本という選択肢も」
    仏1部契約満了、新天地について
    2018/7/20 20:58
    ©一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/393006885396005985

    さいたま市役所でファンと記念撮影に納まる川島永嗣=20日



    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場した日本代表GKで、昨季フランス1部リーグだったメッスとの契約が満了した川島永嗣が20日、新天地について「ヨーロッパというくくりではなく、世界で考えたい。日本という選択肢も考えている」と言及した。

    この日、さいたま市のスポーツ特別功労賞の授賞式で同市役所を訪れた35歳の守護神は「残りのキャリアの中で新しいことをやりたい」と挑戦へ意欲を示した。
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/07/16(月) 22:21:54.70 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表GKの川島永嗣(35)が16日、TBS系「緊急総選挙!西野Jも生登場!日本人が選んだ歴代カッコいいサッカー選手ランキング」に生出演し、MF本田圭佑(32)との関係について語った。

    一部では確執が伝えられることもあった本田との関係を「圭佑とはぶつかりあっても本音で話すような仲間なので。サッカーのこともそうですし、いろんなことを話します」と表現した。会話の中身は「あいつはビジネスの話しをしたりとかもするし。それこそ家族の話とかも」とサッカー以外のことも話題にしていたという。

    昔、代表の練習中にケンカをした時のことも明かし、「そんなんいいからやりゃあいいだろう」(川島)、「ここではっきりしなきゃ意味ねえだろ」(本田)と激しくやり合うこともあったと振り返った。

    ただ、「終わったら残らないですから」と後腐れのないものだと付け加えていた。

    7/16(月) 22:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000162-dal-socc

    写真


    続きを読む

    8d931ae524c23de71bf30f7e10b1eec2_1530573222_1

    1:Egg ★:2018/07/10(火) 19:52:04.90 ID:CAP_USER9.net
    サッカーのワールドカップ・ロシア大会が盛り上がる中、世界的スタープレーヤーのJリーグ入りが進行している。J1・ヴィッセル神戸の三木谷浩史会長は、先日獲得したスペイン代表のイニエスタに続き、元スペイン代表のFWトーレスなど超大物選手に触手。

    一方、ケイスケ・ホンダ獲得も濃厚となり、手土産にGK川島永嗣を連れてくるとの情報もある―。

    アジアで唯一、今回のW杯で決勝トーナメント進出を果たした日本の評価は急上昇中。各国のエージェントがJリーグに、レジェンド級の外国人選手たちの売り込みを本格化させている。

    先陣を切ったのは、5月24日に発表されたスペイン代表で名門バルセロナのMF、アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸入り。三木谷会長が年俸32億円を快諾、世界最高の司令塔を3年契約で獲得した。

    これに負けじと、今度は同じJ1のサガン鳥栖が年俸7.5億円の3年契約で元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)の獲得に乗り出した。

    トーレスはイニエスタとともに2010年の南アフリカW杯で優勝したメンバーの1人だが、最後の最後で、この話はご破算に。背後に透けて見えるのが、神戸の横恋慕の影だ。

    「トーレス側がさらなる年俸の増額を要求し、鳥栖が交渉から撤退したのです。メディアでは米MLS入りが報じられていますが、神戸入りの可能性もある。神戸にすれば、せっかく巨額を投じてイニエスタを獲得したのに、鳥栖に大物選手が入って優勝を横取りされては意味がない。それを潰して獲得すれば、イニエスタのポテンシャルはさらに上がる。三木谷氏の財力からすれば、トーレスの要求額など容易に払えますから」(スポーツ紙デスク)

    当初からトーレスの獲得に乗り出せばよかったとも思うが、Jリーグの「外国人枠」の壁がそれを阻止した。現状では登録できる外国人選手は1チーム当たり5人、試合に出場できるのは3人まで。

    しかし、神戸が超スーパースターを獲得したことで、Jリーグはこれを商機ととらえ、にわかに方針転換。「日本人選手を15人以上保有していれば、それ以外はすべての選手が外国人選手でもいい」としつつある。

    「神戸が日本、アジアを代表するクラブになれば、各国がJリーグの試合をCSやネット動画配信のDAZNで見ることになる。10年間の放映権料として約2100億円をJリーグに支払うDAZNの発言力は大きく、外国人枠の制限緩和が急ピッチで進められているのです」(大手広告代理店)

    その流れを見据えて、神戸はトーレスのほかにも、ヤヤ・トゥーレ(元コートジボワール代表=マンチェスター・シティ)、フランク・リベリー(元フランス代表=バイエルン・ミュンヘン)らの調査にも乗り出しているという。

    しかし、外国人枠問題がW杯後、すぐ解決するわけではない。そこで“代役”として期待されるのが、ケイスケ・ホンダ(本田圭佑)。今回のW杯でもグループリーグのコロンビア戦、コーナーキックで大迫勇也の“半端ない”決勝点をアシスト。セネガル戦では日本人初の3大会連続ゴールを決めて存在感を示した。
     
    「メキシコのパチューカとの契約が満了するW杯後の本田は、欧州5大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランス)への移籍が第一希望。しかし、今大会で絶対的な運動量の少なさとスピードの欠如が指摘され、欧州5大リーグへの帰還は難しい。欧州やアジア、アフリカのクラブ経営や個人ファンドKSKを展開している本田には、それ以外の国でのプレーは魅力がない。そこで、イニエスタのいる神戸をアジア最強クラブに育てる方が魅力的と判断したのでしょう」(有力エージェント)

    つづく

    週刊実話 2018年07月10日 18時03分
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/96795026/
    続きを読む

    a17a1fb34c5d528ac8e06eb2bb1f47ca

    1:風吹けば名無し:2018/07/04(水) 21:40:38.27 ID:Ux3hRy5Kp.net
    回転寿司屋の偉そうなチーフ
    2:風吹けば名無し:2018/07/04(水) 21:41:12.35 ID:tcg/qNWZ0.net
    あいつすげー頭いいんだぞ
    4:風吹けば名無し:2018/07/04(水) 21:41:48.91 ID:bWLEUBHq0.net
    不動産営業でオラついてそう
    続きを読む

    1:親日@シコリアン ★:2018/07/03(火) 07:19:14.54 ID:CAP_USER9.net
    ドイツの伝説カーン氏、川島永嗣のプレーに苦言。「GKならチャレンジすべきだった」【ロシアW杯】

    現地時間3日にロシアワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦が行われ、日本代表はベルギー代表と対戦し2-3で敗れた。

    試合後、独メディア『第2ドイツテレビ』でコメンテーターを務める元ドイツ代表のGKオリバー・カーン氏は「日本は自分たちのサッカーを貫いた。ずっと引いて守るだけではなく相手よりも多く走りベルギーを驚かせた。彼らのパフォーマンスには脱帽だ」と負けはしたが高評価を与えた。

    一方、1失点目の場面については「パンチングの精度が悪かった。また川島はボールがゴールに迫っている時に弾こうという気がなくジャンプもせず早い段階でそのまま見送った。GKなら少なくともチャレンジをするべきだった。それ以外のプレーは良かったけどね」とヘディングシュートへの対応のまずさを指摘した

    7/3(火) 6:36配信
    20180702_Kawashima_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00279464-footballc-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/06/30(土) 06:41:22.83 ID:CAP_USER9.net
    日本は28日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループHのポーランドと対戦し、0-1で敗れている。各国メディアの批判が相次いだ試合終盤の日本のプレーだが、ドイツメディアはGK川島永嗣のパフォーマンスを高く評価した。

    この試合では川島は試合を通して好セーブを連発。ドイツ誌『キッカー』の記者にとっては、とりわけ32分にFWカミル・グロシツキのヘディングシュートを阻止した場面が印象深かったようだ。「2」と両チーム単独最高点を与え、マン・オブ・ザ・マッチに選出した同誌は「彼は前半、センセーショナルなセーブを披露して失点を防いだ。ハーフタイム後も安定したプレーを見せ、日本の決勝トーナメント進出の立役者となった」とそのパフォーマンスを称賛した。

    そして、『キッカー』は川島をグループステージ第3節のベストイレブンにも選出。「ポーランドとの決戦で日本がより早い時点にビハインドとならなかったのはエイジ・カワシマのおかげ。最終的に、このGKは頼れる存在として日本の決勝トーナメント進出を確実にした」と寸評している。

    なお今回のW杯では『キッカー』のベストイレブンに選ばれた日本代表選手は川島が初めて。同誌が選ぶ第3節のベストイレブンは以下の通り。

    GK

    川島永嗣(日本)

    DF

    キム・ヨングォン(韓国)

    ジェリー・ミナ(コロンビア)

    ディエゴ・ラクサール(ウルグアイ)

    MF

    フィリペ・コウチーニョ(ブラジル)

    イスコ(スペイン)

    アドナン・ヤヌザイ(ベルギー)

    リカルド・クアレスマ(ポルトガル)

    FW

    パオロ・ゲレーロ(ペルー)

    ワフビ・カズリ(チュニジア)

    リオネル・メッシ(アルゼンチン)
    2018-06-30_07h40_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000040-goal-socc
    続きを読む

    1:シャチ ★ :2018/06/26(火) 00:50:07.19 ID:CAP_USER9.net
    6/26(火) 0:38配信 日刊スポーツ
    2018-06-26_03h04_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00249840-nksports-socc

    日本代表GK川島への批判が大きい。コロンビア戦での直接FKからの失点に加え、セネガル戦ではFWマネの先制点をパンチングで「アシスト」。試合は2-2で引き分けたが、0-1のままなら敗戦の責任をすべて負っていた。

    元日本代表GKで現在は横浜GKコーチの松永成立氏は「本人も認めているように、あれはミスですね」と言って、失点シーンを振り返った。「ポジショニングは問題ないし、守り方は間違っていない」と言った後「キャッチングすれば問題なかった」と続けた。

    なぜ、パンチングを選択したのか。松永氏は「ネガティブになっていたこと。失点したくない、という気持ちが強すぎたのでは」と分析した。初戦のコロンビア戦ではFKを直接決められ、批判されていた。「失点できない」「安全にいかないと」という思いが、瞬間的に判断を狂わせた。

    キャッチングは、ボールを落とすリスクがある。ボールがスリッピーなら、さらに危ない。「悪い時は、どんどんネガティブに考えがち。だから、より安全だと思って、パンチングに切り替えたのだと思います」と話した。もっとも「うまくいかない時は、狙い通りにいかないもの」と同氏。その通りに失点した。

    「川島交代」の声も噴出する。しかし、松永氏は否定した。「練習のパフォーマンスは東口や中村の方がいいかもしれない。でも、試合から離れている上に、大会のグレードが違う。経験値のない選手がいきなり出たら、プレーどころではない」。リスクの大きさを理由に、ポーランド戦でも正GKの起用を推した。

    不安なのは、川島のメンタル。ミスを引きずらないことだ。松永氏は「自らミスだと口にできたのは、開き直れた証拠。失点の後は悪いパフォーマンスではなかったし、安定している部分もあった」と話した。

    松永氏自身は「ドーハの悲劇」でゴールを奪われ、W杯出場を逃している。だから「3大会連続出場は日本人で初めて。うらやましい。日本のゴールを守り続けている自信を取り戻してほしい」とエールを送る。さらに「批判にさらされるのもW杯の日本代表だからこそ」。厳しい批判も期待が大きいからこそだ。

    98年フランス大会、無得点に終わったFW城彰二は帰国した成田空港で水をかけられた。落ち込む城は、FWカズからの「そんなの気にしてたらエースなんか務まんねえぞ。それは、期待の裏返しだ」という電話で立ち直ったという。

    川島が期待をバネに復活できるか。「コロンビア戦勝利での盛り上がりを、ポーランド戦で尻すぼみにしてほしくない」と松永氏。「オレしか代表のゴールは守れない、ぐらいの気持ちでやってほしい。いや、やってもらわないと困る。川島しかいないのだから」と代表の活躍を願った。
    続きを読む

    1:ぶーちゃんφ ★:2018/06/25(月) 21:12:58.63 ID:CAP_USER9.net
    ロシア・ワールドカップ(W杯)のセネガル戦でミスから先制点を許したGK川島永嗣に対し、J1・ジュビロ磐田のポーランド人GKカミンスキーの妻・ナタリアさんが苦言を呈し、インターネット上で注目を浴びている。

    セネガル戦の失点直後、ツイッターで「またまたまたまた...」と呆れたように一言。実は前回コロンビア戦の失点時も強烈な皮肉を放っており、日本のサポーターの間では「アンチ川島」として定着しつつある。

    ■「完全に自分のミス」

    日本は2018年6月25日(日本時間)のセネガル戦を、MF乾貴士とMF本田圭佑のゴールで2-2の引き分けとし、勝ち点1を奪取。決勝トーナメント進出に前進した。

    だが、ほぼ全員がハードワークをした中で、GK川島永嗣の評価が芳しくない。最大の原因は前半11分に喫した最初の失点にある。

    セネガルDFサバリのシュートは低めのほぼ真正面に飛んできたが、キャッチではなくパンチングを選択。詰めていたFWマネに当たってゴールに吸い込まれ、あっさり先制点を許してしまった。川島のパンチングが、結果的に相手への「ラストパス」になったのだ。

    サバリのシュートの前に、MF原口元気の中途半端なクリアミスもあったとはいえ、防ぎたかった1点。川島自身、試合後「序盤の自分のミスからかなりチームが厳しい状況になってしまった。(最初の失点は)完全に自分のミス。目の前が気になり過ぎてしまった」と真摯に認めていた。

    この「ミス」に黙っていなかったのが、15年から磐田の守護神として躍動するポーランド人GKカミンスキーの妻・ナタリアさん。失点直後にツイッターを更新し、

    「またまたまたまた...(原文:Again, and again, and again, and again.......)」
    と「#JPN」「#SEN」のハッシュタグつきで揶揄した。

    「また」というのは前回コロンビア戦の失点も念頭に置いたのかもしれない。19日の同試合、川島が相手の直接FKをゴールラインの後ろでキャッチし、失点を許した直後、ツイッターで「残念ながら...これは彼にとって初めてのミスではないのです。そして、優れた若いGK中村航輔選手は、まだベンチに置かれています...」と皮肉を放っていたのだ。

    J-CAST:
    2018-06-25_22h09_17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000005-jct-ent
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ