海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:川崎フロンターレ

    2018-11-10_22h30_19

    1:Egg ★:2018/11/12(月) 22:09:37.05 ID:CAP_USER9.net
    超ビッグネームの獲得はあるのか。リーグ2連覇を決めたJ1川崎は総額22億円にも及ぶ賞金や配分金を手する。黄金期を築くためにも大物外国人選手の獲得が期待される中、巨額資金を得た川崎の戦略とは――。

    川崎一筋16年の元日本代表MF中村憲剛(38)は「連覇というのは5チームしか成し遂げていない偉業でもあるし、それを(オリジナル10以外の)Jリーグ後発組の川崎が成し遂げられたのはここ数年、この1年の積み重ねのたまものだと思う」と胸を張った。

    さらに「来年は3連覇を目指したいし、まだカップ戦(ルヴァンカップ、天皇杯など)は取れていない。まだやることはいっぱいある」と力を込めた。その一助となるのが“ダゾーンマネー”だ。Jリーグは2017年から10年間総額2100億円の放映権契約を動画配信大手「DAZN(ダゾーン)」と締結。J1優勝クラブは総額22億円のビッグマネーを獲得する。

    大物選手の補強が期待されるが、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)を獲得した神戸のように必ずしも成績には直結しない。それだけに、庄子春男取締役強化本部長(61)は「大物外国人を獲りにいくことはない。うまくいくとは限らないし、クラブに合うような日本人選手に照準を合わせていくことになる」と断言する。

    そこで浮上するのは欧州でプレーする日本人選手だ。FW岡崎慎司(32=レスター)やMF森岡亮太(27=アンデルレヒト)、FW宮市亮(25=ザンクトパウリ)、FW浅野拓磨(24=ハノーバー)、MF関根貴大(23=シントトロイデン)らが候補となる見込み。またMF香川真司(29=ドルトムント)がリストアップされる可能性もありそうだ。

    いずれの選手も高い能力を持ちながらも所属クラブで出番が激減しており、条件が整えば日本復帰も選択肢となる。川崎はクラブハウスやチームバスなどの環境整備も進めており、常勝軍団を築くためにも積極補強に動くはずだ。

    11/12(月) 16:45配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000041-tospoweb-socc
    続きを読む

    2018-11-10_22h30_19

    1:風吹けば名無し:2018/11/10(土) 21:17:06.80 ID:PpxqIYYd0.net
    もう手つけられへんやろ
    2:風吹けば名無し:2018/11/10(土) 21:17:54.23 ID:JoddbKYt0.net
    ワイサンフレッチェ広島、咽び泣く
    5:風吹けば名無し:2018/11/10(土) 21:19:00.45 ID:PpxqIYYd0.net
    >>2
    自滅しなければ良かったんやで
    続きを読む

    1:しじみ ★:2018/11/10(土) 16:00:25.72 ID:CAP_USER9.net
    川崎Fが2連覇を成し遂げた。アウェーでC大阪に1-2で敗れたものの、仙台に敗れた2位広島に勝ち点差7をつけ、2試合を残して優勝を決めた。連覇は磐田、横浜、鹿島、広島に次いで5クラブ目、92年のJリーグ発足時に加盟した10クラブ「オリジナル10」以外ではジュビロ磐田に続く2チーム目となった。自慢の攻撃力に加え、今季は守備もリーグ最少失点と安定。第28節で首位に立つと、終盤は8試合負けなしで一気に優勝まで駆け上がった。

    負けても、2位広島が仙台に敗れれば連覇が決まる。目の前に迫る栄冠に重圧は加わる。前半は0-0で折り返す。後半10分にはC大阪FW杉本健勇に先制点を許す。だが、その後、朗報が届く。優勝条件の対象チームの広島が仙台に先制された。このままでも連覇は決まるが、川崎Fの選手たちは攻める姿勢を失わない。後半46分、PKを獲得すると、FW家長昭博が冷静に右すみに決めた。終盤に再び勝ち越されたが最後まで力を尽くし連覇を達成した。

    今季は、富士ゼロックス・スーパー杯、ACLで3連敗を喫してのスタートだった。リーグ開幕戦の磐田戦は白星を挙げたが、3月31日の広島戦で黒星を喫し、そこから公式戦6戦未勝利と長いトンネルも経験した。5月には15年10月以来、2年半ぶりの連敗を喫し、広島との勝ち点差は最大の「13」にまで開いた。

    だが、鬼木達監督もイレブンも動じなかった。MF阿部浩之(29)は「2年半ぶりの連敗って、逆にすごいことでしょ。そんなチームがレアなんですよ」とサラリと話し、MF中村憲剛(38)も「連敗してしまったものは仕方がない。切り替えてトレーニングするだけ」と敗戦を引きずることはなかった。選手全員が昨季の逆転優勝の経験から「首位を見るのでなく、1戦ごとに勝ち点3を積み重ねなければ何も始まらない」と分かっていた。ボールを失ったら激しい球際と速い攻守の切り替えで奪い返し、ボールを握り倒して攻める。昨季、リーグ初優勝を遂げた「勝利の方程式」を貫いた。

    連敗直後の5月12日のアウェー柏戦は、鬼木監督が「ターニングポイント」として挙げる一戦だ。今季、J2山形から加入したMF鈴木雄斗(25)が途中出場でJ1デビューし、ロスタイムの劇的勝ち越し弾を決めて勝利。伏兵が活躍しての白星に、鬼木監督は「ここで負ければ一気にチームも自信を無くす瞬間だったと思う。そのタイミングでラルフ(鈴木)が入って4分で仕事をして。普段、出られない選手も、やればチャンスがある、と士気が上がる瞬間だった」と振り返る。

    今季は始動前のキャンプで、主将のFW小林が「常勝軍団にしていこう」との決意を口にし、副主将の大島僚太(25)が「チームが強くなる上では、年齢関係なく、厳しく求め合うこと。試合に出る人、出ない人がいますけど、出ていない選手が出ている選手を食うではないですが、去年以上に激しく厳しい練習をしていきたい」と所信を表明し、チームに活気を与えた。MF斎藤学(28)、FW大久保嘉人(36)が加入。大久保とMFエドゥアルド・ネット(30)は夏に移籍したが、選手層が厚くなったことで生まれた激烈な競争が、チームの底上げにつながった。

    日々の練習では、風間八宏前監督(現名古屋監督)がしみこませた「蹴る・止める」の技術、鬼木監督が植え付けた「観客を魅了する激しい守備」の両輪を磨いていった。鬼木監督は現役時代、常勝軍団の鹿島でプレーし「うまいだけじゃ勝てない」と感じたことを明かし「鹿島は、うまい選手が、しっかり守備もし、下手な自分よりハードワークする。うまい選手がやれば、鬼に金棒で強くなるのが当たり前。そこを言い続けたのは言い続けた」。うまい選手でも守備をサボればピッチに立てない環境をつくりだした。

    W杯ロシア大会中断明けの7月からは、12勝2敗3分けと強さを発揮。DF谷口彰悟(27)は「細かい部分で、守備でもう1歩寄せる、もう2、3メートルダッシュするとか、切り替えの速さ、戻るスピードと、当たり前にやるべきことをどれだけ高いレベルでできるかに帰り着いた」と振り返る。今季は第32節終了時で得点がリーグ●位の●得点、失点もリーグ最少の失点数●とさらにチームを強くした。

    97年にJFL参入から21年。昨年まではJ1の舞台で9度の準優勝の経験から「シルバーコレクター」と言われていたが、リーグ最終節に劇的な逆転優勝を果たし「勝負弱さ」を返上した。うまさと強さを兼ね備えた川崎Fが、常勝軍団への道を歩き始めた。
    2018-11-10_16h20_09
    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201811090000640.html
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/08(木) 12:07:16.19 ID:CAP_USER9.net
    写真



    連覇を目前にして、“川崎スタイル”は完成の域に達しているんじゃないかな。そんなフロンターレを倒すには、徹底したマンツーマンで前からフルプレスをかけるのが最も効果的かもしれない。ただ、それさえもいなす熟練のパスワークがあるから、ね。
     
    自分が現役だと想像して、今のフロンターレにどうやって立ち向かうのがベストかと考えると……無理。勝てるイメージがまったく浮かんでこない(笑)。それぐらい、隙がないと思う。
     
    レイソル戦は、負傷明けでコンディションが万全ではないボランチの大島、左SBの車屋が不在、守護神のチョン・ソンリョンは天皇杯の山形戦での退場による出場停止と、何人かの主力を欠いていた。それでも、ボランチには若い下田、左SBには実力者の登里、GKには新井が入って、しっかりと勝利に貢献するパフォーマンスを披露。誰が出ても戦力をキープできる総合力の高さを示した。
     
    サポーターの存在も本当に大きいと思う。等々力にはたくさんの人が集まって、しかも盛り上げ方も上手い。どのタイミングで拍手するかも分かっている。ああいう応援を受けると、選手としては“ノッてくる”からね。間違いなくチームの力になっていると思う。
     
    連覇に向かって、死角なし。アウェーのセレッソ戦も行くつもりだけど、現地で歓喜の瞬間を見届けられるかな。

    11/8(木) 11:55配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00049979-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/08(木) 07:40:50.86 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J1リーグ第31節が10月31日から11月4日までに行われた。川崎フロンターレが盤石の戦いで勝ち点3を伸ばすなか、サンフレッチェ広島は足踏みが続いている。リーグ王者が間も無く決まる。

    ●川崎Fが連覇に王手

    川崎フロンターレが、リーグ連覇に大手をかけた。第31節ではホームで柏レイソルと対戦。前半21分に先制すると、33分にはセットプレーから谷口彰悟が頭で決めてリードを広げる。そして後半終了間際にダメ押しゴールをゲット。タイトルレースのプレッシャーも感じさせず、クオリティの高いサッカーで勝ち点3を積み上げた。

    柏はこの日に向けて3バックでの戦いを準備してきたが、川崎Fは動じない。サイドバックを中に絞らせ、サイドハーフが外に張るなどして、相手に優位な状況を作らせない。前からプレスに来るわけでも、後ろでブロックを作るわけでもない柏に対し、川崎Fは余裕を持ってボールを動かしてチャンスをうかがった。そして21分、左サイドのスペースに守田英正が走る。マークを外した守田はゴール前の状況を確認し、マイナスのクロスを供給。これを家長昭博が冷静に蹴り込み、スコアを動かした。

    セットプレーではゾーンで守る相手を出し抜き、身長193cmのオルンガの後ろから谷口がフリーでヘッドを決めた。2-0としてからは相手にチャンスを作られる場面もあったが、リーグ最少失点の守備は簡単には崩れない。そして89分、味方のシュートのこぼれを阿部浩之が決めて勝負あり。柏は守護神の中村航輔が復帰していたが、川崎Fはお構い無しとばかりに複数得点を奪ってみせた。

    ●広島の優勝は風前の灯

    前半戦の勢いが完全になくなったサンフレッチェ広島は、アウェイに乗り込みジュビロ磐田と対戦した。期限付き移籍で約3シーズン、サックスブルーのユニフォームを纏った川辺駿が“凱旋”した。

    広島は試合の入りに成功している。ティーラシンのゴールで先手を取ると、59分には和田拓也がネットを揺らした2-0とした。以前の広島であればセーフティリードだったが、試合はこれで終わらなかった。

    磐田はCKから最後は川又堅碁が押し込んで1点を返すと、息を吹き返す。途中出場の荒木大吾が相手を引きつけてパスを送ると、田口泰士がシュート。これは当たり損ねたが、ボールの行く先にいた櫻内渚がシュートを決め同点とした。

    ペースを明け渡した広島は、激変した流れを引き戻すことができない。そして、後半アディショナルタイム。PKを献上すると小川航基に決められ、らまさかの逆転負け。2点差をひっくり返されるショッキングな形で試合を落とし、これでここ6試合の成績は1分5敗、連敗は『4』に増えた。川崎Fとの勝ち点差は7に広がり、優勝から大きく遠ざかることとなった。

    この結果、川崎Fは次節にも優勝決定の可能性を手にした。次節、川崎Fはたとえ負けたとしても、広島が敗れれば優勝が決まる。王者が連覇に限りなく近づいている。

    11/7(水) 11:23 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00010001-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/11/04(日) 20:35:37.71 ID:CAP_USER9.net
    サッカー、J1川崎のFW小林悠は4日、自身のブログで左眼窩底(がんかてい)骨折であることを明らかにした。

    クラブ関係者などによると、5日以降に精密検査を行い、手術の可否などを決めるという。 小林は

    3日に行われたJ1柏戦の後半24分、相手DFと接触。

    治療後にいったんピッチに戻ったが、同31分に交代していた。

    小林が主将を務める川崎はJ1連覇をかけ、10日にアウェーで行われるC大阪戦を控えている。 
    2018-11-04_20h51_26
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000526-san-socc
    11/4(日) 16:14配信 


    2018年11月3日 後半68分 小林悠負傷 J1第31節 柏レイソル戦 
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/03(土) 17:52:52.30 ID:CAP_USER9.net
    ◇明治安田生命J1第31節第3日 川崎F3―0柏(2018年11月3日 等々力)

    3―0で勝利した3日の柏戦で負傷交代した川崎FエースFW小林悠(31)が、試合終了後に検査のため病院に直行した。

    後半24分、相手DFの右肘が顔面を直撃。小林はその場でうずくまり、治療を受けたあとに一度はピッチに戻ったが、同31分に知念と交代して退いた。

    鬼木監督は試合後の会見で「左の頬、目の方が腫れが出てきていて見た瞬間、代えた方がいいなと思い代えました。これから検査になると思うけど、ちょっと(状態は)分かりません」と心配そうな表情。クラブ関係者によれば骨折の可能性もあるという。

    それでもMF中村は試合後、小林から「やるって言ってました」と言われたことを明かした。2位・広島が敗れたため、勝ち点差は4から7に広がり、川崎Fは10日のアウェーC大阪戦に勝てば無条件でリーグ連覇が決まる。それだけに主将も務めるエースの状態が気にかかる。
    2018-11-03_20h12_01
    11/3(土) 17:35配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000167-spnannex-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/10/21(日) 16:04:27.23 ID:CAP_USER9.net
    なんとも微笑ましいエピソードを紹介したのは、川崎フロンターレの“生ける伝説”中村憲剛だ。

    雨中の激闘となった10月20日のヴィッセル神戸戦。一時は1-3と2点のビハインドを負った川崎だったが、満員に膨れ上がった等々力の大歓声に後押しされ、圧巻のゴールラッシュを決め込んだ。終わってみれば5-3の大逆転勝利を収め、この日敗れた2位サンフレッチェ広島との勝点差を4に拡げてみせたのだ。
    J1連覇に向け、力強く踏み出した。

    いつもより中盤の低い位置に陣取り、ゲームメイクに徹した中村もイブシ銀の輝きを放って快勝に貢献。試合後に自身のツイッターを更新し、帰宅中の車内で家族と交わしたプライベートトークを公開した。これがなんとも面白い。以下、原文ママだ。

    『帰りの車中

    14番「ちゃんとパパみてたか?」
    息子「うーん、イニエスタみてた」

    車内一同「??????」
    車内爆笑。

    そのあと慌てて
    息子「もちろんパパもみえてたよ!」

    間接視野の中にいたのかな…俺。

    それも正解だ、息子よ。
    イニエスタだもんな。
    俺でもみるよ。うん。
    精進します』

    愛する息子も、やはり初めて観た元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの妙技に釘付けだったようだ。子どもは正直なもの。ついついこぼれた本音が、ファミリーの爆笑を誘ったのである。最後は「精進します」と、父としての決意を明かした。

    いよいよクライマックスに突入した今季のJ1リーグ。残り4節で、優勝争いは早くも川崎と広島の2強に絞られた。ルヴァンカップ決勝のインターバルを経て、次節は11月3日に開催され、川崎は柏レイソルと、広島はジュビロ磐田とそれぞれ戦う。ともに残留争いの渦中にいる対戦相手だけに、難しいゲームとなりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15475081/
    2018年10月21日 6時43分 サッカーダイジェストWeb

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/07(日) 18:50:15.93 ID:CAP_USER9.net
    [10.7 J1第29節 鹿島0-0川崎F カシマ]

    最大のチャンスを自らつかんだ。しかし、川崎フロンターレFW小林悠が右足から蹴り出したボールが、ゴールネットを揺らすことはなかった――。

    序盤から攻勢をかけたチームは前半8分に好機を創出する。MF中村憲剛のパスから右サイドを駆け上がったDFエウシーニョのグラウンダーのクロスに小林が反応。ニアサイドに走り込んで、わずかに触れたボールはGKクォン・スンテの脇を抜いたものの、左ゴールポストを叩いて先制点を奪うには至らなかった。

    そして、前半35分にはエウシーニョの縦パスをPA内で受けるとDFチャン・スンヒョンのファウルを誘ってPKを獲得。自らペナルティースポットに向かうと、ゴール右を狙ったシュートを放つが、クォン・スンテに左手1本で阻まれて先制の絶好機を逃してしまった。

    鬼木達監督が記者会見で「足をひねった」と説明したように、0-0のまま迎えた後半37分には左足首を気にしながら、MF長谷川竜也との交代を余儀なくされた。スコアレスドローでの勝ち点1獲得に「ポジティブに考えたい」と前を向きつつも、自身のPK失敗もあり「決めていれば楽になったと思う。勝ち点も積み重ねられたと思うので、チームに申し訳ない」と声を落とした。

    10/7(日) 16:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-02506933-gekisaka-socc

    写真



    明治安田生命J1リーグ第29節の試合が7日に行われ、鹿島アントラーズと川崎フロンターレが対戦。0-0のドローに終わったこの試合で、川崎Fの日本代表FW小林悠が負傷交代を余儀なくされた。

    日本代表に推薦したい10人。未来を照らす新戦力候補たち

    前半には自ら獲得したPKをGKにセーブされてしまう場面もあった小林。その後もゴールを狙って奮闘していたが、後半残り10分あまりとなったところで左足首を痛めた様子を見せ、担架で運び出されて途中交代となった。

    サンフレッチェ広島を抑えて首位を守った川崎Fだが、残り5試合の優勝争いに向けてエースの状態が気にかかるところ。また小林は日本代表にも招集されているが、この試合のあとに予定されていた代表合流に影響がないかどうかも懸念される。

    10/7(日) 15:09配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00292107-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ