海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:川崎フロンターレ

    1:Egg ★:2018/01/15(月) 18:16:50.38 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグでは、2018シーズンの開幕を前に横浜F・マリノスから川崎フロンターレにFW齋藤学が移籍するというニュースが「禁断の移籍」として衝撃を与えた。

    移籍というのは選手が環境を選ぶ自由を保障するものであり、移籍を経験せずに引退を迎える選手の方がまれだ。

    しかし、齋藤の移籍に関しては、クラブのエースとされる存在であること、下部組織出身であること、隣町のクラブへの移籍、大きな負傷からのリハビリ途上、昨季に背番号10番と主将を継承したこと、契約満了に伴う「ゼロ円移籍」であることなど「裏切り者」のレッテルが張られるのに十分な背景があった。

    齋藤自身が「恩を仇で返すような」というコメントを残しているように、あまりにもサポーターからの反感を買う条件が揃いすぎていた。

    そもそも齋藤が10番を背負うことになったのは、横浜にとってクラブの顔とも言える存在だったMF中村俊輔がちょうど1年前にジュビロ磐田への移籍でチームを去ったからだった。

    クラブの象徴的な選手が2年連続で移籍するのは異例のこと。中村の移籍も物議を醸したが、今回は10番と主将の責務をたった1年で放り出して移籍しただけに、サポーターの心には一層大きな怒りの炎が宿った。

    とはいえ、日本よりも早くから移籍が活発な欧州では、こうしたネガティブな感情を巻き起こすような移籍劇は何度も存在した。今回の齋藤と似たような移籍だったのは、トットナムからアーセナル(ともにイングランド)に移籍したソル・キャンベルだろう。

    1992年にトットナムでデビューしたキャンベルは、クラブのキャプテンを務めるまでに成長していた。しかし2001年、キャンベルは契約満了に伴う「ゼロ円移籍」で同じロンドンのアーセナルへと移籍してしまう。

    彼は古巣トットナムのサポーターからは「Judas(ユダ)」という、裏切り者への表現として最上級の不名誉な称号を与えられ、引退するその時までトットナム戦での強烈なブーイングが止まることはなかった。

    いわゆる「禁断の移籍」と呼ばれるような、移籍元クラブと移籍先クラブの関係性に端を発したものの中で、サポーターによる過激な行為が目についた移籍劇は、元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴがバルセロナからレアル・マドリード(ともにスペイン)へ移籍した出来事だろう。

    2002年11月23日(現地時間)、バルサのホームスタジアム、カンプ・ノウにレアルの一員として乗り込んだクラシコでは、フィーゴが試合中にボールに触るたびにブーイングが飛んだ。そして、コーナーキックを蹴るためにボールに近づいたところで投げ入れられたのは、焼かれた豚の頭だった。

    スペインなどラテン系の国では、豚と犬は相手を侮辱するスラングになる。他にも、フィーゴの顔を印刷した100億ペセタ(当時の通貨)のニセ札が投げ入れられるなど騒然とした空気だった。

    こうしたことは、近年でも起こっている。今や世界最高ともされるドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは、2011-12シーズンにシャルケからバイエルン・ミュンヘン(ともにドイツ)に移籍した。古巣との初戦では、シャルケのサポーターから「マヌエル・ノイアーの死をここに偲ぶ。2005-2011」と、痛烈なバナーが掲げられ、ウオーミングアップでも「裏切り者」という罵声を浴びせられた。

    2015年1月には、ベルギーでも物議を醸す事件があった。スタンダール・リエージュ対アンデルレヒトの一戦では、元スタンダールの主将でポルト(ポルトガル)へ移籍した後にアンデルレヒトに加入したMFスティーブン・デフールが出場。

    スタンダールのサポーター席では、仮面の男が剣でデフールの首を切って手に持っている巨大なビッグフラッグが出現した。あまりにも強烈な絵柄に大きな騒動になった。

    つづく
    2018-01-15_18h51_25
    1/15(月) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00000040-sasahi-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/14(日) 12:29:27.19 ID:CAP_USER9.net
    昨年春、海外も含めて移籍の噂が立っていたときのことだった。齋藤学は毅然として語っていた。

    「もし自分が外に出るなら、たとえ何を言ったとしても、”裏切り者”であることには変わりない。そう思っています」

    齋藤は少し思い詰めたように息を吐いた。

    2018年1月、横浜F・マリノスのキャプテンで背番号10、生え抜きのエースは、J1王者である川崎フロンターレへの移籍を決めている。一昨シーズンの終わりからオファーを受けていたが、海外への移籍を優先していたこともあって、当時は成立していない。今回は契約満了で、同じ神奈川県のクラブへの鞍替えになった。

    これが長年望んでいた海外への移籍だったら、これほど激しい反感を買うこともなかったのだろうか――。

    「逃げたくない」

    齋藤は自身のキャリアの中で、繰り返し言っている。プロに入ってから、安易な道を選んだことはない。「行ったら戻ってこられない。片道切符」と言われた愛媛へのレンタル移籍も、自ら率先して選び、プレーする場所を得て活躍し、見事に1年で返り咲いている。

    ギリギリの勝負をしてきた”報酬”だったのだろう。ロンドン五輪もブラジルワールドカップも、最後の最後でメンバーに滑り込んでいる。

    2017年シーズンに横浜F・マリノスでキャプテンを引き受けたときも、「重圧になるのではないか」という声に対し、敢然と言い放った。

    「前のシーズンと同じ(環境)だったら意味がない。苦しいのを乗り越えてこそ、強くなれる。自分が大きくなるひとつのチャンスだと捉えています」

    そして下馬評は低かったチームを牽引し、シーズン途中から反転攻勢に転じた。

    「まだまだです」

    彼はどれだけ活躍しても、むしろ活躍すればするほど、飽くなき欲求をたぎらせていた。キャプテンとして若手選手に積極的に声をかけ、フォア・ザ・チームに徹するようになった。一方で、ゴールが生まれないことに自らを叱咤した。

    「足りないことばかり。ボールを失うし、仕掛けるのも足りない。全然、足りないです。点を獲れていないのは何か理由があるんです。そこを追求しますよ」

    齋藤は自らを追い込むように言い、決して状況から逃げなかった。少しの言い訳も口にしていない。真面目すぎるほどすべてを背負い、8月には優勝争いに加わった。

    つづく

    1/14(日) 8:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180114-00010001-sportiva-socc

    写真
    続きを読む

    1:首しめ坂 ★:2018/01/12(金) 04:30:18.17 ID:CAP_USER9.net
    マリノス・斎藤学、川崎移籍へ 俊輔に続き「10番」流出
    1/12(金) 3:00配信
    カナロコ by 神奈川新聞

    サッカーの元日本代表でJ1横浜MのMF斎藤学(27)が、昨季J1を初制覇した川崎に完全移籍することが11日、決定的となった。近日中にも両クラブから正式発表される見通し。横浜Mにとって、J1磐田に移籍したMF中村俊輔(39)に続き、2年連続で背番号10の主将が他クラブへと流出する異例の事態となった。

    複数の関係者によると昨季限りで契約が切れた斎藤に対し、川崎が昨オフに続いて複数年契約で獲得オファーを出していたという。斎藤は昨季リーグ戦は25試合1得点。昨年9月に右膝前十字靱帯を損傷し、全治8カ月で現在もリハビリ中だ。

    斎藤は川崎市出身で小学生のころから横浜Mの育成組織に所属し、市川崎高3年時にトップチームでデビュー。2012年のロンドン五輪では4強入りに貢献するなど、各世代別の代表に名を連ねてきた。16年限りで退団した中村に代わり、17年は主将に就任。背番号10も受け継ぐなど、人気と実力を兼ね備えた生え抜きとしてチームの顔になっていた。

    J1通算201試合で32得点、国際Aマッチは6試合で1得点。
    2018-01-12_08h01_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00023128-kana-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/04(木) 00:23:57.15 ID:CAP_USER9.net
    現時点でクラブからの正式発表はないものの、森本は自身のインスタグラムのプロフィールを更新。これまでの所属クラブの名前が並ぶ中、川崎Fの次に福岡が書き足されていた。これが移籍を示唆するものと見られている。

    森本は2017シーズンのJ1で11試合に出場し3得点を挙げていたが、先発出場は一度もなかった。YBCルヴァンカップでは1試合出場0得点、AFCチャンピオンズリーグでも7試合に出場し0得点、天皇杯では3試合出場4得点という成績だった。

    リーグ戦に限って言えばプレー時間はわずか155分間で、1試合(90分)あたりの平均得点は1.74点と好成績だが、アピールの機会は限定的だったと言える。

    福岡は2017シーズンのJ2で19得点を挙げたエースFWウェリントンをヴィッセル神戸に放出し、ベテランFWの坂田大輔や中原貴之の退団も決まっていた。ブラジル全国選手権1部のシャペコエンセから、ヨーロッパでの経験が豊富な32歳のブラジル人FWトゥーリオ・デ・メロの加入が決まっており、森本とポジション争いをすることになるかもしれない。

    なお、川崎Fと福岡の両クラブからは3日の段階で森本の移籍に関して発表はない。同選手は東京ヴェルディでプロデビューを果たし、イタリアのカターニャ、ノヴァーラ、UAEのアル・ナスル、J2のジェフユナイテッド市原・千葉を経て2016年に川崎Fと契約。2年間でリーグ戦は22試合の出場にとどまっていた。
    20180103_morimoto_getty-560x373
    1/3(水) 19:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00249641-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/01(月) 10:37:02.56 ID:CAP_USER9.net
    ディエゴ・フォルラン(元C大阪)、ルーカス・ポドルスキ(現神戸)に続くのは誰か――。
     
    Jリーグとスポーツ映像配信会社「DAZN」が10年間で2000億円を超える契約を結び、Jクラブの得られる分配金や優勝賞金の大幅アップが2016年秋に発表された時、ファンの多くが大物選手のJ参戦を夢見たのではないか。
     
    かくいう僕も「(アンドレス)イニエスタ(バルセロナ)が来たらいいな」などとニヤニヤしていた。
     
    もっとも、川崎の優勝で17シーズンが終わり、彼らが今後3年間で少なくとも22億8800万円もの賞金を得ることが決まった今、“DAZNマネー”の使い道としてビッグネームの獲得は妥当ではない、という結論に達しつつある。
     
    大物選手の獲得による戦力アップは、一過性となる可能性が高いだけでなく、戦力アップに繋がるかどうかも疑わしい。それはフォルランとポドルスキが実績と金額に見合う成果をもたらしていないことで証明している。
     
    もちろん、彼らだけではなく、受け入れる側の態勢、チームのスタイルや戦術との相性、監督のマネジメントの問題もあるだろう。
     
    特に川崎のように確固たるスタイルを築いているチームは、それが外国人であろうと、日本人であろうと、新加入選手を選んでしまう。フィットに時間が掛かるのは、サッカーセンスの塊である家長昭博でさえ、シーズン半ばまで馴染むのに苦労しんだことでも明らかだ。

    いきなり戦力になった阿部浩之のほうが稀な例。その点で、スタイルを熟知している大久保嘉人の再獲得は、実は、かなり有益な補強だと思う。筑波大時代に風間八宏前監督の教え子だったという点で、赤崎秀平の獲得も。
     
    話を元に戻そう。中長期的な視野に立てば、大型補強よりも大事なことがあるだろう。
     
    トップチームのスカウティングシステムのさらなる充実や、最新鋭のデータ分析ツールの導入を図る。未来への投資を考えれば、アカデミーの練習場や寮を整備したり、アカデミーのコーチングスタッフの質と量を高める(むろん、それに見合う報酬も用意して)のもいいだろう。

    つづく

    1/1(月) 8:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180101-00034295-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/29(金) 10:56:49.94 ID:CAP_USER9.net
    FC東京に所属するFW大久保嘉人が、川崎フロンターレへ完全移籍で加入することが決まった。両クラブが29日に発表している。

    現在35歳の大久保は、2013年から2016年まで川崎でプレーした。加入1年目から3年連続でJ1リーグの得点王を獲得し、昨季も明治安田生命J1リーグで全34試合中33試合に出場して15ゴールを記録。4年連続の得点王獲得とはならなかったが、日本人選手トップタイの得点を挙げた。

    そして今季開幕前、FC東京へ完全移籍加入。新天地ではJ1リーグ戦28試合に出場して8ゴールを記録した。キャリア通算でJ1リーグ通算179ゴールと歴代最多記録を保持しているものの、5年ぶりに二桁得点には届かなかった。

    移籍にあたり、大久保はFC東京の公式HPにて以下のようにコメントしている。

    「自分なりにサッカーと向き合い、様々なことを考えた1年でした。1年間という短い時間でしたが、ファン・サポーターのみなさんに温かいご声援をいただいたことに、感謝しています。本当にありがとうございました」

    また、2年ぶりに復帰する川崎の公式HPで「まずは、またフロンターレでサッカーができることを嬉しく思っています。覚悟を持って、チームのために結果を残す。今は、それしか考えていません。そのために、自分の持てる力を出し尽くし、さらに成長していけるよう、日々努力していきたいと思います」とコメントした。

    大久保は1982年生まれ。国見高校出身で、2001年にセレッソ大阪に加入した。2003年に日本代表デビューを果たし、2004年にはアテネオリンピックに出場した。同年11月、マジョルカへのレンタル移籍が決定。2005年1月にリーガ・エスパニョーラでデビューを果たすと、2005-06シーズンも同クラブでプレーした。

    2006年6月、C大阪への復帰が決定。2007シーズンからはヴィッセル神戸でプレーし、2009年1月にヴォルフスブルクへの移籍が決まった。しかし、移籍後は出場機会に恵まれず、約半年後に神戸への復帰を決断。2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場した。2013年から川崎でプレーし、2014年のブラジル・ワールドカップにも出場している。

    12/29(金) 10:03配信 サッカーキング
    https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20171229/689266.html?cx_top=topix

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/28(木) 18:38:47.04 ID:CAP_USER9.net
    わずか1年で移籍決断の真意とは――。2013年から3年連続J1得点王に輝き、古巣の川崎復帰が見込まれている元日本代表FW大久保嘉人(35=FC東京)。推定年俸1億3000万円から約50%にも及ぶ減額に加えて、痛烈な批判を浴びるのも覚悟の上で、なぜ退団する決意を固めたのか。そこには、あの大舞台に対する強烈なこだわりがあった。

    3年連続J1得点王の看板を引っ提げて、FC東京入りした大久保も今季リーグ戦28試合8得点にとどまり、チームも13位に低迷した。定評のあった守備に攻撃力をプラスするためのけん引役として奮闘してきたが、シーズン中に同僚選手からは「なんでそれ(守備的)じゃダメなの?」と言われたという。

    チームメートとイメージを共有できない限り、有能なストライカーであってもゴールを量産するのは困難。FC東京との契約は来シーズンまで残っており、時間をかけてイレブンがこだわる守備重視のスタイルから、攻撃的なチームを確立していく道もあった。しかし大久保が出した結論は“出戻り”だった。

    FC東京との契約があるため、クラブ間交渉がまとまらなければ、移籍は成立しないという不透明な状況はあるにしても、なぜ古巣なのか。ベテランストライカーは、かねて本紙に「(代表招集は)4年に1回でもいい。本番(ロシアW杯)に出たい」と強い口調で語ったように、半年後に迫った大舞台に出るためだ。

    年齢的にも明らかに厳しく、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)にアピールするような結果も出せていない。ただ、来年5月中旬のW杯メンバー発表までの間に、好プレーを連発し、ゴールを量産するなど爆発的な「結果を出し続ける」(大久保)ことで逆転メンバー選出を狙うという。

    そのためには、昨季までの4年間でJ1戦82得点を挙げた古巣こそがベストな環境なのは間違いない。そこで、年俸半減を受け入れた上で、移籍金を“自腹で支払ってでも”という覚悟を持って決心をしたわけだ。

    実は、2014年ブラジルW杯も当時のアルベルト・ザッケローニ監督に、高い得点力を見せつけてサプライズ招集を勝ち取っている。また10年南アフリカW杯に向けては、09年1月に移籍したドイツ1部ボルフスブルクで出番がなく、同6月には神戸に出戻り移籍し、同W杯メンバー入りをつかんでいる。

    大きな報酬を捨てた上に、自身が築いてきたキャリアにも傷が付きかねない。失敗すれば大きな代償を支払うことになるリスクの高い決断だが、見事にW杯出場へとつなげられるだろうか。

    12/28(木) 16:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171228-00000040-tospoweb-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/27(水) 06:14:27.14 ID:CAP_USER9.net
    G大阪から正式オファーを受けていた川崎の元日本代表MF家長昭博(31)が、来季も残留する意向を固めたことが26日までに分かった。複数の関係者によると、この日までにG大阪側に断りを入れたという。

    家長はG大阪ジュニアユース出身で、C大阪に在籍した10年には来季G大阪が迎え入れるレヴィー・クルピ監督(64)の下でプレー。同年に31試合4得点で、クラブ最高タイの3位に導いた。G大阪は生え抜きであることに加え、新監督への戦術理解度などを高く評価し、獲得に動いていた。

    リーグ初制覇した川崎は、主力がそろって残留する見込み。さらに、F東京からFW大久保嘉人(35)、鹿島からG大阪に期限付き移籍していたFW赤崎秀平(26)が加入するなど、リーグ断トツ(71得点)の得点力はさらに高まりそうだ。
    2017-12-27_07h53_15
    12/27(水) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000012-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/25(月) 06:21:55.84 ID:CAP_USER9.net
    川崎が、昨季まで4年間在籍したF東京のFW大久保嘉人(35)を完全移籍で獲得することが24日、分かった。関係者によると、すでに条件面で合意し、近く正式発表される。国内クラブで1年での出戻りは異例。3年連続得点王に輝いた古巣での完全復活を望む大久保と、攻撃陣の充実を図るクラブ側の狙いが合致した。50%減の約6000万円の単年契約で、J1最多179得点のストライカーが再出発する。

    リーグ初制覇を果たした川崎に、希代の点取り屋が復帰する。複数の関係者によると、川崎とF東京の間では既に交渉がまとまり、条件面でも大久保と大筋で合意に達したという。年内にも正式に発表される見込みだ。

    大久保は川崎との契約を満了した昨オフにF東京へ移籍。契約を1年残すため、違約金が発生する。川崎はその分を考慮して年俸にも反映させ、50%ダウンの約6000万円(推定)になる見込み。契約期間も13年に神戸から加入した際は2年契約だったが、成績を残さなければ後がない単年契約を提示。大久保も了承し、退路を断った。

    さらに、FW小林悠(30)やMF阿部浩之(28)ら優勝に貢献したメンバーとは横一線の扱い。J1歴代最多179点を誇るストライカーでも、レギュラーの保証はない。これらの厳しい条件を全て大久保が受け入れた形で、国内クラブ間では、異例ともいえる1年での“出戻り”が成立した。

    今季F東京に移籍した大久保は右足首のけがもあり、28試合8得点と不本意な成績だった。13位に低迷したクラブは攻守でちぐはぐな試合が続き、ストレスで「(1本のミスでやられて)サッカーじゃなくて、ラグビーかな?と思っちゃう」と漏らしたことも。自問自答の結果、史上初の3年連続得点王に輝いた古巣への復帰を熱望した。

    川崎は来季リーグ連覇とACL制覇を見据えて各ポジションで強化を図る。「特に前線の層を厚くする」(クラブ幹部)と補強を進め、在籍4年間で82得点した大久保の決定力を評価した。

    大久保は史上19人目のJ1通算400試合まで、あと1としている。開幕戦で節目の記録を飾り、再出発の足掛かりにする。

    ◆国内クラブを移籍1年での出戻り

    MFラモス瑠偉は96年5月にV川崎(現・東京V)→京都→97年8月にV川崎へ復帰。MF坂本将貴は06年千葉→07年新潟→08年千葉へ復帰。MF野沢拓也は11年鹿島→12年神戸→13年鹿島へ復帰。GK秋元陽太は15年湘南→16年F東京→17年湘南へ復帰。

    ◆大久保 嘉人(おおくぼ・よしと)1982年6月9日、福岡・苅田町生まれ。35歳。小学1年でサッカーを始め、長崎・国見高で高校総体、国体、高校選手権3冠。2001年にC大阪に入団。川崎時代の13年から3年連続得点王。日本代表は10年南アフリカ、14年ブラジルW杯に出場。J1で通算399試合出場、179得点(歴代最多)。日本代表通算60試合6得点。家族は妻と4男。170センチ、73キロ。

    12/25(月) 4:53配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000303-sph-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/10(日) 15:10:58.71 ID:CAP_USER9.net
    悲願の初タイトルを手にした川崎フロンターレの優勝記念パレードが10日、神奈川・川崎市内で行われた。記念すべき初Vパレードを一目見ようと集まった観衆は約5万人。

    主将のFW小林悠(30)ら日本代表合宿中の5人と、既に帰国したブラジル人助っ人の4選手は不参加だったが、選手とスタッフは2台のパレード用バスに乗り、川崎市役所第3庁舎前から川崎駅前までの約700メートルの沿道をパレード。

    バスの先頭部分には「祝! 脱・無冠ターレ」との自虐? 垂れ幕が掲げられた。

    優勝を決めた2日の最終節大宮戦から約1週間。MF中村憲剛(37)は何度もシャーレを掲げ「あの(優勝した瞬間の)景色とパレードのこの景色、これが見たかったです。

    15年やってきてこの景色を見るためにやってきたと今、感じます」としみじみ。鬼木達監督も「この光景を見てしまったので、来年も必ずタイトルを取って、もう1回ここに戻ってきたいと思います」とあいさつした。

    ちなみに「祝! 脱・無冠ターレ」の幕は、クラブスタッフのアイデア。これまで国内3大タイトルで8回の「2位」に泣き、他クラブのサポーターから「無冠ターレ」と陰でささやかれていたことを逆手に取った。

    優勝が決まった瞬間、クラブは公式ツイッターで「祝! 脱・無冠ターレ」とつづり、閲覧数は207万を突破したという。

    中村は「散々言われましたからね。でも、それを一番前に貼るのも…」と苦笑。大観衆と喜びを分かち合った一時を「くせにしたいですね。代表に行っているメンバーは、この景色を体験できないのはもったいない…。来年また、全員で体験できれば」と話した。

    12/10(日) 14:57配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00074055-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ