海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:川崎フロンターレ

    1: Egg ★ 2018/12/31(月) 10:31:25.12 _USER9
     2018年J1リーグ最終節後のセレモニーでのことだ。

    藁科義弘代表取締役社長は、スタジアムにいるサポーターに力強くこう宣言した。

    「私たちは来シーズン3連覇を目指します。そして、まだ取っていないカップ戦。これも狙いに行きます。そしてもうひとつ。今年、本当に悔しい思いをしたACL……浦和にできて、鹿島にできて、我々にできないはずはない!」

    リーグ連覇を達成した川崎フロンターレの2019年の野望は、ここに集約されていると言って良い。2位・サンフレッチェ広島との勝ち点差は、過去最大の12。総得点57、総失点27はともにリーグトップを記録した。

    「完全優勝」とも評されて連覇を達成したクラブが掲げた目標は、国内のタイトルとアジアのタイトルの両立だ。要するに、ACLを含めた4冠を全力で狙いにいくということである。それを夢物語ではなく、現実的な目標として公言している。

    ACLが始まる序盤戦のプランは?

    となれば、注目は鬼木監督のチームマネジメントに自ずと集まる。

    より具体的に言えば、シーズン序盤をどう戦い抜くかがカギになる。序盤で勝ち点を失うと、あっという間に命取りになってしまうのが、ACLを戦い抜く難しさだからである。

    例えば今季の序盤は、リーグとACLでターンオーバーを採用しながら戦い方を模索したが、思うような結果はついてこなかった。特に攻撃陣は、FC東京から復帰した大久保嘉人をトップ下でも起用するなどしたが、選手同士の組み合わせが微妙に変わることでフィニッシュワークが噛み合わず。

    複数得点が奪えないことで、守備陣が我慢しきれずに失点を喫する。そんな悪循環に陥った結果、ACLはグループステージ敗退の憂き目にあい、同時期のリーグ戦も4試合連続勝ちなしと苦しんだ。ベスト8まで勝ち進んだ一昨年も序盤は苦しみ、グループステージに関して言えば、初戦から4試合連続引き分けから2連勝という薄氷を踏む思いをしての突破だった。

    2019年のACLでは、中国リーグの王者である上海上港(中国)、オーストラリアリーグ王者であるシドニーFC(オーストラリア)、そしてプレーオフ勝者がひしめく厳しいグループに入っている。序盤を新加入選手を組み込むための試行錯誤に費やした成果として、シーズン後半から尻上がりに調子を上げてリーグ連覇に成功しているが、ACL制覇を狙うならば、序盤に大きな誤算が起きないようなリスクマネジメントをしていく必要もある。そのためのチームづくりとして、鬼木監督がどんな変化を加えるのかには注視しておきたい。

    Jを連覇した日本人監督は4人目。

    リーグ連覇を達成した後、指揮官はことあるごとにカップ戦のタイトルを取れなかった悔しさを公言している。最終節後のセレモニーでは、力を込めてこんな挨拶をした。

    「今年の優勝、嬉しいこともありますが、僕自身は悔しさのほうが多いです。やはりカップ戦。ACLにリベンジのつもりで挑みましたけど、早々に敗退してしまった。この悔しさは来年にぶつけたい。天皇杯、ルヴァンカップ、すべてのタイトルを狙って頑張ります。もちろん、3連覇もそう。また来年も応援してください」

    鬼木達は、松木安太郎、岡田武史、森保一についで4人目となるJリーグ連覇を達成した日本人監督になった。リーグ3連覇となると、オズワルド・オリヴェイラが率いた鹿島アントラーズが2007年から達成したときのみだ。もし達成できれば、日本人監督では初の快挙となる。

    機は熟した。

    鬼木体制3年目を迎える来季、さらなる成長を遂げようとする王者は、悔しさを抱える指揮官とともに、4冠を追い求める。

    12/31(月) 10:01配信 ナンバー 一部抜粋
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00832999-number-socc&p=1

    写真
    no title

    続きを読む

    frontale_20130302

    1: Egg ★ 2018/12/29(土) 06:49:52.76 _USER9
    J1川崎が28日、ブラジル人DFジェジエル(24)=ブラジル1部・パラナ=と、DFマギーニョ(25)=同2部・ビラノバ=を獲得することが決定的になった。複数の関係者が明かした。

    ジョジエルは186センチの長身センターバックで、今季アトレチコ・ミネイロからパラナに期限付き移籍し、18試合に出場。屈強なフィジカルを持ち、1対1や球際に強く、スピードも併せ持つ万能タイプだ。マギーニョは175センチと小柄ながら機動力があり、右サイドを深くえぐってクロスでアシストするタイプ。今季は30試合1得点4アシストの成績を残した。

    リーグ2連覇を達成した川崎は今季終了後にDFエウシーニョが契約満了。来季はリーグ3連覇とともにACL制覇を狙っており、すでにロンドン五輪代表の元ブラジル代表FWレアンドロダミアン(29)=インテルナシオナル=の獲得も決定した。日本人ではC大阪からMF山村和也(29)、広島からDF馬渡和彰(27)の加入も決まり、来季へ向けて着々とポイントとなる補強が進んでいる。

    12/29(土) 6:12配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000249-sph-socc

    来季J1に昇格する松本山雅が川崎Fのブラジル人DFエドゥアルド(25)の獲得に動いていることが28日、分かった。交渉は大詰めで近日中にまとまる可能性がある。

    4年ぶりのJ1復帰に向け、山雅は今季J2最少の34失点だった守備陣をより強固にする。空中戦に強い技巧派センターバックに白羽の矢を立てた。今季出場はわずか3試合だが、U―21ブラジル代表に選出された経験を持ち、柏でもプレーするなど実績は十分だ。山雅は既にJ2栃木からDF服部を獲得。今季の最終ラインを支えた橋内、浦田、飯田とも契約を更新した。来季はキャンプからスタメンの座をめぐって激しい定位置争いが予想され、既存戦力も安泰ではない。

    この日はJ2岡山からMF塚川孝輝(24)が加入することも発表された。ボランチを主戦場として今季は32試合出場で3得点。チームを通じ「アルウィンでプレーできることの喜びと、誇りを持って戦いたい」とコメントしている。J1で戦う陣容が整ってきた。

    2018年12月29日 05:30 スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/29/kiji/20181228s00002179491000c.html

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/14(金) 14:59:18.27 _USER9
    川崎フロンターレは12月14日、2012年ロンドン五輪得点王で元ブラジル代表FWのレアンドロ・ダミアンを完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年2月2日から2020年1月1日までとなっている。


    現在29歳のレアンドロ・ダミアンは、2009年に加入したインテルナシオナウでコパ・リベルタドーレスの優勝に貢献。その後、サントス、クルゼイロと渡り歩き、2016年にはスペインのレアル・ベティスに在籍。同年に母国ブラジルへ戻りフラメンゴを経由して、今シーズンは古巣のインテルナシオナウでプレー。全国選手権で26試合・10得点の成績を残していた。

    代表レベルでは、2012年のロンドン五輪に出場。ブラジルは準優勝し、自らは6得点を挙げ得点王を獲得した。2011年にデビューしたA代表では通算17試合・3得点という成績を残している。

    今季リーグ戦で2連覇を達成した川崎は来季、リーグ3連覇、そしてACL制覇を目指す。持ち前のアタッキングサッカーは、元セレソンFWという強力な武器を加え、さらなる進化を遂げようとしている。
    2018-12-14_19h16_46
    12/14(金) 13:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181214-00051438-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/14(金) 05:27:44.29 _USER9
    今季2連覇を達成したJ1川崎が元ブラジル代表FWレアンドロダミアン(29)=インテルナシオナル=を完全移籍で獲得することが13日、分かった。複数の関係者が明かした。

    187センチの長身FWで、12年ロンドン五輪では6得点を挙げ、得点王にも輝いた逸材。ブラジル代表歴もあり、近日中にも発表される。来季、Jリーグ3連覇とACLなどの複数タイトルを狙うチームがブラジル人の“ゴールハンター”を獲得し、さらにスケールアップを図る。

    川崎が大型ストライカー、元ブラジル代表FWレアンドロダミアンを獲得することが決定的となった。来季に備え、リストアップしていた高さと強さを併せ持つ187センチの長身ブラジル人FWと条件面でほぼ合意に至った。ブラジルでの契約は今季で満了となり、移籍金はかからない見込みだ。

    ダミアンは昨季に続き、今季もサントスからインテルナシオナルに期限付き移籍。26試合10得点を挙げ、3位での南米クラブNO1を決めるリベルタドーレス杯出場権獲得に貢献した。

    ロンドン五輪ではFWネイマール(パリSG)、FWフッキ、MFオスカル(ともに上海上港)、DFマルセロ(Rマドリード)らとともに銀メダルを獲得した。さらにネイマールを抑え、6得点で大会得点王にも輝いた。フル代表では背番号9をつけ、17試合に出場し3得点。強烈な右足シュート、屈強な体と打点の高いヘディングが特徴で、一時は元スウェーデン代表の長身FWになぞらえ「ニューイブラヒモビッチ」の異名を取り、欧州の名門チームがマークした。

    川崎には今季日本人得点王となる15得点のFW小林もいるが、小林はサイドのMFもこなせるため、1トップでも2トップでも、共存可能。クラブ幹部は「相手に引かれた時に高さでこじ開けることもACLで勝ち抜くことを考えると必要になってくる」と補強に入る前に話しており、理想的な選手だ。

    多彩なパスワークでボール支配する川崎は中央突破からの攻撃が特徴で、「地」では他の追随を許さない。一方、「空」にはやや課題が残る。今季はオウンゴール3点を除く54得点の約20%にあたる11得点がヘディングだが、その大半は高さで競り勝ったものではない。ダミアン加入で「空」での得点パターンも増えてくるはずだ。

    来季が3年目の鬼木達監督(44)は「とにかくタイトルを2つ、3つ取りにいきたい」と話す。ダミアンは10年にはリベルタドーレス杯優勝も経験。J1の3連覇はもちろん、ACL、ルヴァン杯、天皇杯のタイトルも新助っ人の加入で現実味を帯びてくる。

    ◆レアンドロダミアン(本名、レアンドロ・ダミアン・ダ・シウバ・サントス)1989年7月22日、ブラジルのジャルジン・アレグレ生まれ。29歳。サンタカタリーナ州のアトレチコ・イビラマの下部組織で育ち、2009年にインテルナシオナルに加入。ロンドン五輪では銀メダルと得点王を獲得。スペインのベティスなどでもプレーした。ブラジル代表では11年にデビューし、国際Aマッチ17試合3得点。187センチ、84キロ。
    2018-12-14_08h26_36
    12/14(金) 5:03 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000196-sph-socc

    年度別成績
    https://www.hochi.co.jp/soccer/garticle.html?id=20181213-OHT1I50142

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/22(木) 11:57:16.10 ID:CAP_USER9.net
    サッカーファンには忙しい一日だった。11月10日、川崎がJリーグ連覇を決め、鹿島がアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で初優勝を決めた。両チームにはおめでとうと言いたい。

    鹿島はペルセポリス(イラン)との決勝第2戦を0-0で引き分け、2戦合計2-0として初のアジア制覇を達成した。第2戦は約10万人の観客が詰めかけた完全アウェー。それでも第1戦で奪った2点のリードが大きかったね。相手は焦りからかどんどんボールをタテに放り込んできて、鹿島にとっては守りやすい展開になった。

    もちろん、鹿島の守備陣の頑張りは褒められるべきだ。ストッパーの昌子とチョン・スンヒョンはクロスをはね返し続け、ボランチのレオ・シルバと三竿は何度もピンチを未然に防いだ。大会MVPに輝いたFW鈴木も前線でボールを追いかけ、時には自陣まで戻って守備をするなど体を張った。守ると決めたら守る。それをチーム全体で徹底できたのが鹿島の勝因だ。

    今季前半の鹿島は波に乗れなかった。でも今夏、ジーコがテクニカルディレクターとしてチームに復帰して以降は強さを取り戻した。主力の金崎、植田が移籍しても、途中加入のセルジーニョ、チョン・スンヒョンが穴を埋め、さらに故障から復帰した昌子が守備に安定感をもたらし、攻撃面では若手の鈴木や安部が勢いを与えた。

    特に今季の鈴木の成長は目を見張るものがある。金崎が移籍して「自分がやらなければ」という気持ちが強くなったのかな。ロシアW杯後、Jリーグの話題がイニエスタとフェルナンド・トーレスばかりだったときも、そのふたりよりも継続していいプレーを見せていた。今やチームの顔。日本代表でもプレーする資格があると思う。

    鹿島は懸念された過密日程もなんとかやりくりして、Jリーグの順位も来季ACL出場圏内に上げてきた。今季の頑張りはしっかり評価すべき。結果を出しながらも着実に世代交代も進めているし、来季以降も期待できるんじゃないかな。

    一方、川崎は2試合を残して早々とJリーグ連覇を決めた。シーズン前半はもたついたけど、チームとしての完成度が高く、W杯後は圧倒的な強さを見せた。広島をはじめとしたライバルチームの自滅も追い風になったね。

    中盤の(中村)憲剛、大島がゲームをコントロールし、家長や阿部がアクセントを加え、エースの小林が決める。両サイドバックのエウシーニョ、車屋の攻め上がりも破壊力がある。しっかりと守ってカウンターを狙うサッカーをするチームが大半のJリーグにあって、あの細かくボールを回す攻撃サッカーは独特で、見ていて面白い。

    川崎といえば昨季までなかなかタイトルを獲れずに苦労していたけど、一回優勝したことで何かをつかんだのかもしれないね。

    来季以降も彼らの攻撃的なサッカーはブレないと思うけど、選手層は決して厚くない。また、前線にベテランが多く、外国人枠も余らせている。当然、オフの補強がポイントになる。即戦力の日本人、将来性のある若手、大物外国人など、昨季と今季のDAZNマネー(優勝賞金)をどう使うのか。今度はアジアでも勝つためのチームづくりが求められる。

    鹿島と切磋琢磨(せっさたくま)してJリーグを牽引(けんいん)するのはもちろん、ぜひACL準決勝で両チームの対戦を実現してほしいね。


    構成/渡辺達也
    2018-11-23_09h15_06
    11/22(木) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-01075860-playboyz-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/23(金) 06:25:58.63 ID:CAP_USER9.net
    川崎Fがリーグ連覇の次は“完全V”を目指す。

    現行の18チーム制となった05年以降、2ステージ制だった15、16年を除き、1シーズンで最多得点、最少失点の両部門を制して優勝したチームはまだいない。現在、失点はここまで26で最少、得点は横浜に1点差の53で2位だ。残り2試合。24日のFC東京との多摩川クラシコへ向け、鬼木監督は「良いモチベーションになると思うし勝ち点(63)も去年(72)に少しでも近づきたい」と意気込みを語った。
    2018-11-23_08h57_35
    11/23(金) 6:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000044-spnannex-socc
    続きを読む

    2018-11-10_22h30_19

    1:Egg ★:2018/11/12(月) 22:09:37.05 ID:CAP_USER9.net
    超ビッグネームの獲得はあるのか。リーグ2連覇を決めたJ1川崎は総額22億円にも及ぶ賞金や配分金を手する。黄金期を築くためにも大物外国人選手の獲得が期待される中、巨額資金を得た川崎の戦略とは――。

    川崎一筋16年の元日本代表MF中村憲剛(38)は「連覇というのは5チームしか成し遂げていない偉業でもあるし、それを(オリジナル10以外の)Jリーグ後発組の川崎が成し遂げられたのはここ数年、この1年の積み重ねのたまものだと思う」と胸を張った。

    さらに「来年は3連覇を目指したいし、まだカップ戦(ルヴァンカップ、天皇杯など)は取れていない。まだやることはいっぱいある」と力を込めた。その一助となるのが“ダゾーンマネー”だ。Jリーグは2017年から10年間総額2100億円の放映権契約を動画配信大手「DAZN(ダゾーン)」と締結。J1優勝クラブは総額22億円のビッグマネーを獲得する。

    大物選手の補強が期待されるが、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)を獲得した神戸のように必ずしも成績には直結しない。それだけに、庄子春男取締役強化本部長(61)は「大物外国人を獲りにいくことはない。うまくいくとは限らないし、クラブに合うような日本人選手に照準を合わせていくことになる」と断言する。

    そこで浮上するのは欧州でプレーする日本人選手だ。FW岡崎慎司(32=レスター)やMF森岡亮太(27=アンデルレヒト)、FW宮市亮(25=ザンクトパウリ)、FW浅野拓磨(24=ハノーバー)、MF関根貴大(23=シントトロイデン)らが候補となる見込み。またMF香川真司(29=ドルトムント)がリストアップされる可能性もありそうだ。

    いずれの選手も高い能力を持ちながらも所属クラブで出番が激減しており、条件が整えば日本復帰も選択肢となる。川崎はクラブハウスやチームバスなどの環境整備も進めており、常勝軍団を築くためにも積極補強に動くはずだ。

    11/12(月) 16:45配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000041-tospoweb-socc
    続きを読む

    2018-11-10_22h30_19

    1:風吹けば名無し:2018/11/10(土) 21:17:06.80 ID:PpxqIYYd0.net
    もう手つけられへんやろ
    2:風吹けば名無し:2018/11/10(土) 21:17:54.23 ID:JoddbKYt0.net
    ワイサンフレッチェ広島、咽び泣く
    5:風吹けば名無し:2018/11/10(土) 21:19:00.45 ID:PpxqIYYd0.net
    >>2
    自滅しなければ良かったんやで
    続きを読む

    1:しじみ ★:2018/11/10(土) 16:00:25.72 ID:CAP_USER9.net
    川崎Fが2連覇を成し遂げた。アウェーでC大阪に1-2で敗れたものの、仙台に敗れた2位広島に勝ち点差7をつけ、2試合を残して優勝を決めた。連覇は磐田、横浜、鹿島、広島に次いで5クラブ目、92年のJリーグ発足時に加盟した10クラブ「オリジナル10」以外ではジュビロ磐田に続く2チーム目となった。自慢の攻撃力に加え、今季は守備もリーグ最少失点と安定。第28節で首位に立つと、終盤は8試合負けなしで一気に優勝まで駆け上がった。

    負けても、2位広島が仙台に敗れれば連覇が決まる。目の前に迫る栄冠に重圧は加わる。前半は0-0で折り返す。後半10分にはC大阪FW杉本健勇に先制点を許す。だが、その後、朗報が届く。優勝条件の対象チームの広島が仙台に先制された。このままでも連覇は決まるが、川崎Fの選手たちは攻める姿勢を失わない。後半46分、PKを獲得すると、FW家長昭博が冷静に右すみに決めた。終盤に再び勝ち越されたが最後まで力を尽くし連覇を達成した。

    今季は、富士ゼロックス・スーパー杯、ACLで3連敗を喫してのスタートだった。リーグ開幕戦の磐田戦は白星を挙げたが、3月31日の広島戦で黒星を喫し、そこから公式戦6戦未勝利と長いトンネルも経験した。5月には15年10月以来、2年半ぶりの連敗を喫し、広島との勝ち点差は最大の「13」にまで開いた。

    だが、鬼木達監督もイレブンも動じなかった。MF阿部浩之(29)は「2年半ぶりの連敗って、逆にすごいことでしょ。そんなチームがレアなんですよ」とサラリと話し、MF中村憲剛(38)も「連敗してしまったものは仕方がない。切り替えてトレーニングするだけ」と敗戦を引きずることはなかった。選手全員が昨季の逆転優勝の経験から「首位を見るのでなく、1戦ごとに勝ち点3を積み重ねなければ何も始まらない」と分かっていた。ボールを失ったら激しい球際と速い攻守の切り替えで奪い返し、ボールを握り倒して攻める。昨季、リーグ初優勝を遂げた「勝利の方程式」を貫いた。

    連敗直後の5月12日のアウェー柏戦は、鬼木監督が「ターニングポイント」として挙げる一戦だ。今季、J2山形から加入したMF鈴木雄斗(25)が途中出場でJ1デビューし、ロスタイムの劇的勝ち越し弾を決めて勝利。伏兵が活躍しての白星に、鬼木監督は「ここで負ければ一気にチームも自信を無くす瞬間だったと思う。そのタイミングでラルフ(鈴木)が入って4分で仕事をして。普段、出られない選手も、やればチャンスがある、と士気が上がる瞬間だった」と振り返る。

    今季は始動前のキャンプで、主将のFW小林が「常勝軍団にしていこう」との決意を口にし、副主将の大島僚太(25)が「チームが強くなる上では、年齢関係なく、厳しく求め合うこと。試合に出る人、出ない人がいますけど、出ていない選手が出ている選手を食うではないですが、去年以上に激しく厳しい練習をしていきたい」と所信を表明し、チームに活気を与えた。MF斎藤学(28)、FW大久保嘉人(36)が加入。大久保とMFエドゥアルド・ネット(30)は夏に移籍したが、選手層が厚くなったことで生まれた激烈な競争が、チームの底上げにつながった。

    日々の練習では、風間八宏前監督(現名古屋監督)がしみこませた「蹴る・止める」の技術、鬼木監督が植え付けた「観客を魅了する激しい守備」の両輪を磨いていった。鬼木監督は現役時代、常勝軍団の鹿島でプレーし「うまいだけじゃ勝てない」と感じたことを明かし「鹿島は、うまい選手が、しっかり守備もし、下手な自分よりハードワークする。うまい選手がやれば、鬼に金棒で強くなるのが当たり前。そこを言い続けたのは言い続けた」。うまい選手でも守備をサボればピッチに立てない環境をつくりだした。

    W杯ロシア大会中断明けの7月からは、12勝2敗3分けと強さを発揮。DF谷口彰悟(27)は「細かい部分で、守備でもう1歩寄せる、もう2、3メートルダッシュするとか、切り替えの速さ、戻るスピードと、当たり前にやるべきことをどれだけ高いレベルでできるかに帰り着いた」と振り返る。今季は第32節終了時で得点がリーグ●位の●得点、失点もリーグ最少の失点数●とさらにチームを強くした。

    97年にJFL参入から21年。昨年まではJ1の舞台で9度の準優勝の経験から「シルバーコレクター」と言われていたが、リーグ最終節に劇的な逆転優勝を果たし「勝負弱さ」を返上した。うまさと強さを兼ね備えた川崎Fが、常勝軍団への道を歩き始めた。
    2018-11-10_16h20_09
    https://www.nikkansports.com/soccer/news/201811090000640.html
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ