海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:広州恒大

    1:Egg ★ :2017/10/24(火) 19:14:59.13 ID:CAP_USER9.net
    中国スーパーリーグの広州恒大は、次期監督にカルロ・アンチェロッティ氏を招へいするようだ。広東省の共産党公式メディアである『Nanfang Daily』が伝えた。

    前週末、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の元、7シーズン連続となるリーグ優勝を達成した広州恒大。しかし、スコラーリ監督の契約は今季限りとなっており、後任選びが注目されていた。

    『Nanfang Daily』によると、来月頭のシーズン終了後、広州恒大は即座に新指揮官を発表するという。1週間の休暇の後、新しいトレーニングを新監督が担当することになると伝えている。

    そして「予想外のことが起こらなければ、新監督はイタリア人の(カルロ)アンチェロッティになるだろう。彼との契約は、広州恒大と(同郷のマルチャロ・リッピが監督を務める)中国代表チームとの連携を円滑にしてくれる」と報じた。

    9月にバイエルン・ミュンヘンを解任され、フリーとなっていたアンチェロッティ氏。古巣ミランなど数々のビッグクラブが招へいを狙っていたと報じられていたが、経験豊富なイタリア人指揮官の新天地は、中国になるようだ。

    10/24(火) 18:13配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00010002-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:プエルトリコ ★:2017/10/14(土) 11:53:08.09 ID:CAP_USER9.net
    bacc69ed-db83-337a-18c4-1e862fa13afd
    中国1部リーグを6連覇中の広州恒大は、アジア屈指のリッチクラブである。

    その広州恒大のオーナーである恒大集団のトップに君臨する許家印氏が、中国で最もリッチな人物になった。『CNN』が伝えている。

    その資産は430億ドル(4.8兆円)に達したという。なんでもこの1年で純資産が272%も上昇。

    また、彼は恒大集団の株式を70%以上保有しているが、その株価も今年初旬に比べて450%も跳ね上がっているとのこと。

    中国の不動産市場は政府が沈静化しようとしているにも関わらず上昇し続けており、それが恒大集団の好調さを下支えした模様。

    だが、その一方で恒大集団の事業は巨額の負債を抱えおり(昨年末で50億ドル≒5.5兆円)、そのため今後も成長を維持できるのかという懸念が持ち上がっているという。

    また、今年初旬には格付け機関「Fitch」が、恒大集団について高額な支払利息と株主への配当によって負債を著しく減らすことを妨げていると警告したそうだ。

    なお、アトレティコ・マドリーの株式を20%保有する大連ワンダグループのトップであるワン・チャンリン氏は、資産が30%も圧縮されたことで5位に転落したとのこと。

    http://qoly.jp/2017/10/14/guangzhou-evergande-owner-is-crowned-richest-perso-in-china-iks-1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/15(金) 22:23:59.90 ID:CAP_USER9.net
    ACL準々決勝第2戦での判定や“嫌がらせ”に怒り爆発

    浦和レッズとAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝で激突する、中国1部リーグ上海上港のアンドレ・ビラス=ボアス監督が、PK戦にまでもつれ込んだ準々決勝第2戦の試合後に、対戦相手の広州恒大に対して怒りの告発を行ったことで、アジアサッカー連盟(AFC)から処分を受ける可能性が浮上した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

    AFCは、かつてチェルシーを指揮したポルトガル人に対する警告文を発表した。

    「上海上港の監督が、9月12日のAFCチャンピオンズリーグの広州恒大戦後の記者会見でコメントした結果、 AFCは規律規定の50条第一項に基づき懲罰の手続きを開始した」

    “爆買い軍団”の指揮官に対する厳格な姿勢を打ち出している。監督は広州恒大戦後の記者会見で、主審のジャッジを批判。上海上港にレッドカードを連発するなど、広州恒大寄りだったレフェリーに怒りを爆発させていた。

    そして、スタジアムに来るまで同じ車が事故を起こすなど、明らかな嫌がらせが展開されたと主張した。

    「AFCを支配するクラブに勝った」と皮肉

    「我々はこの試合にバスでやってきたが、同じ2台の車が我々のバスの前で3度も事故を起こした。これは問題だ。これは上海上港にとっては最も偉大な達成だ。AFCを支配しているクラブ相手に勝ったのだから。あのクラブはなんだってできる。我々のバスの前で事故も起こせる。エウケソンにエルボーを入れても警告を受けることはない。それでも勝ったがね。レフェリーはゴールキーパーに、PKの途中にイエローカードを示した。これは恥だ。大恥だ」

    指揮官はこうぶちまけ、AFCに対する広州恒大の政治力だと批判した。だが、怒りの告発によってAFCから厳罰が下される可能性が浮上しており、浦和戦の指揮にも影響が出るかもしれない

    9/15(金) 21:40配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170915-00010017-soccermzw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/14(木) 21:20:18.67 ID:CAP_USER9.net
    上海上港(中国)のアンドレ・ビラス・ボアス監督がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦で、広州恒大(中国)からの妨害を受けたと主張している。英『フォー・フォー・トゥー』など複数メディアが報じた。

    上海上港は12日、ACL準々決勝第2戦で広州恒大と敵地で対戦。ホームでの第1戦を4-0で制していた上海上港だったが、第2戦は荒れた展開で苦戦を強いられ、2試合合計5-5で突入したPK戦の末、辛くも勝利を収めた。

    ビラス・ボアス監督は試合後、判定に対して不満を訴えるとともに、「我々はこの試合にバスで向かったが、同じような2台の車が我々の前で3度事故に遭っていた。これは問題だ」と指摘。広州恒大がマッチオフィシャルから優遇されているだけでなく、自分たちの会場入りを遅らせるため、意図的に交通事故を引き起こしたと非難した。

    逆境を乗り越えての準決勝進出にビラス・ボアス監督が「これは上海上港の選手たちにとって最大の勝利だ」と話した一方、広州恒大のルイス・フェリペ・スコラーリ監督は試合後に多くを語らなかったという。

    ベスト4入りを懸けた中国勢対決は、疑念が渦巻く後味の悪いゲームとなってしまったようだ。

    9/14(木) 21:16配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-01644076-gekisaka-socc

    写真
    続きを読む

    1:ranran roo ★@\(^o^)/(★ 998b-9umI):2017/07/11(火) 11:50:06.07 ID:CAP_USER9.net
    7/10(月) 19:21配信SOCCER KING

    広州恒大に所属する元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスが、メキシコのパチューカへ移籍する可能性が浮上した。スペインメディア『アス』など複数メディアが報じている。

    2016年2月、移籍金約55億円でアトレティコ・マドリードから広州に鳴り物入りしたJ・マルティネスだったが、ここまで目立った活躍はなく、今季はAFCチャンピオンズリーグの登録メンバーからも外れている。J・マルティネスは「中国から出たい」と広州退団を希望しており、メキシコのパチューカが獲得に動くようだ。

    パチューカはCONCACAFチャンピオンズリーグ2017を制しており、アラブ首長国連邦(UAE)で開催されるFIFAクラブワールドカップ 2017に北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)を代表して出場することが決まっている。

    SOCCER KING
    2017-07-11_12h25_04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00611177-soccerk-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/05/30(火) 20:54:34.98 ID:CAP_USER9.net
    <ACL:鹿島2-1広州恒大>◇決勝トーナメント1回戦第2戦◇30日◇カシマ

    鹿島アントラーズが、ホームで広州恒大(中国)に勝利したが、アウェーで0-1で完封負けした第1戦との合計で、アウェーゴールの差で敗退が決まった。08年以来、9年ぶりの8強入りとはならなかった。

    鹿島は前半28分、FWペドロ・ジュニオールのゴールで先制。しかし後半10分、同点に追いつかれ、最低でもあと2点以上が必要な苦しい展開になった。FW金崎らを中心に攻勢、終了間際に金崎のゴールで1点を奪ったが、及ばなかった。

    ACLは32チームが出場し、1次リーグは全8組で総当たり(ホームアンドアウェー)で実施。各組上位2チームが決勝トーナメント(T)に進む。決勝Tもホームアンドアウェー。優勝すればクラブW杯の出場権を得る。昨季優勝は全北(韓国)。
    2017-05-30_21h18_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-01832298-nksports-socc
    続きを読む

    2017-05-23_23h11_32

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/23(火) 22:57:10.74 ID:CAP_USER9.net
    ◆広州恒大 1-0 鹿島アントラーズ [広州天河体育中心体育場]
    https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/052306/live/#live

    [広]パウリーニョ(75分)


    サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は23日、各地で決勝トーナメント1回戦の第1戦が行われ、鹿島は敵地で広州恒大(中国)と対戦。後半30分にブラジル代表MFパウリーニョにゴールを許し、0―1で敗れた。

    鹿島は前半からホームの広州の猛攻を受けたが、GKクォン・スンテが好セーブを連発。0―0で前半を折り返した。

    後半に入っても主導権は広州。パウリーニョを中心とした攻撃で何度も鹿島ゴールを脅かした。クォン・スンテの好セーブでしのいでいた鹿島だったが、後半30分についに失点。右CKがニアを通過したところを、中央で待ち構えていたパウリーニョに右足で決められた。

    第2戦へ向けてアウェーゴールを奪いたい鹿島はFW鈴木を投入するも、最後まで決定機を作れないまま試合終了。第1戦を0―1で落とした。

    準々決勝進出を懸けた第2戦は30日に行われる。

    スポニチアネックス 5/23(火) 22:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000145-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/12(水) 20:52:54.99 ID:CAP_USER9.net
    ◇ACL1次リーグG組 川崎F0―0広州恒大(2017年4月12日 等々力)

    サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は12日、各地で1次リーグが行われ、G組の川崎Fはホームで広州恒大(中国)と対戦し、0―0で引き分けた。通算成績は4戦4分けの勝ち点4となった。

    13、15年大会覇者を迎えた川崎Fは0―0の後半からMF中村を投入し、勝負に出る。しかし、相手の堅い守りに最後までゴールネットを揺らせず、今大会初勝利はならなかった。

    川崎Fの次戦は25日にアウェーで水原三星(韓国)と対戦する。
    2017-04-12_21h05_28
    スポニチアネックス 4/12(水) 20:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000165-spnannex-socc

    Jリーグ
    http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/041202/livetxt/#live
    続きを読む

    2017-03-14_23h18_06

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/14(火) 22:55:35.49 ID:CAP_USER9.net
    広州恒大(中国) 1-1 川崎フロンターレ [広州天河体育中心体育場]

    [広]アラン(26分)
    [川]小林悠(90分+5)

    http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/031402/livetxt/#live

    サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は14日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、G組の川崎Fはアウェーで広州恒大(中国)と対戦、1―1で引き分け、3分けで勝ち点3とした。広州恒大は1勝2分けとなった。

    試合は前半2分と12分に広州恒大がFKを得てMFパウリーニョが狙うもゴールならず。この後も広州恒大が攻勢をかけるが川崎Fが粘り強く守る。26分、カウンターからゴール正面でパスを受けた広州恒大FWアランが、右足で決め先制した。37分には川崎Fが波状攻撃を仕掛けるもシュートに持ち込めず。広州恒大のリードで折り返した。

    後半に入っても広州恒大が攻勢、4分にラストパスを受けたアランがループシュートを放つも枠を外れる。川崎Fは5分、連続攻撃からCKを得るも広州恒大の守備に跳ね返される。23分、ゴール正面の混戦からFW小林が振り向きざまのシュートも枠を捉えず。25分にも小林がゴール右サイドからシュートもポストに跳ね返される。この後も再三ペナルティーエリア内に入るが、アディショナルタイムで得たPKを小林が決めてドローに持ち込んだ。

    川崎Fは試合終了間際に追いついて貴重な勝ち点を得た。第4戦は4月12日、ホームで広州恒大と対戦する。


    スポニチアネックス 3/14(火) 22:54配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000126-spnannex-socc

    ゲキサカ ACL2017特集ページ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

    AFC公式
    http://www.the-afc.com/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ