海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:広州恒大

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/04/12(水) 20:52:54.99 ID:CAP_USER9.net
    ◇ACL1次リーグG組 川崎F0―0広州恒大(2017年4月12日 等々力)

    サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は12日、各地で1次リーグが行われ、G組の川崎Fはホームで広州恒大(中国)と対戦し、0―0で引き分けた。通算成績は4戦4分けの勝ち点4となった。

    13、15年大会覇者を迎えた川崎Fは0―0の後半からMF中村を投入し、勝負に出る。しかし、相手の堅い守りに最後までゴールネットを揺らせず、今大会初勝利はならなかった。

    川崎Fの次戦は25日にアウェーで水原三星(韓国)と対戦する。
    2017-04-12_21h05_28
    スポニチアネックス 4/12(水) 20:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000165-spnannex-socc

    Jリーグ
    http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/041202/livetxt/#live
    続きを読む

    2017-03-14_23h18_06

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/14(火) 22:55:35.49 ID:CAP_USER9.net
    広州恒大(中国) 1-1 川崎フロンターレ [広州天河体育中心体育場]

    [広]アラン(26分)
    [川]小林悠(90分+5)

    http://www.jleague.jp/sp/match/acl/2017/031402/livetxt/#live

    サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は14日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、G組の川崎Fはアウェーで広州恒大(中国)と対戦、1―1で引き分け、3分けで勝ち点3とした。広州恒大は1勝2分けとなった。

    試合は前半2分と12分に広州恒大がFKを得てMFパウリーニョが狙うもゴールならず。この後も広州恒大が攻勢をかけるが川崎Fが粘り強く守る。26分、カウンターからゴール正面でパスを受けた広州恒大FWアランが、右足で決め先制した。37分には川崎Fが波状攻撃を仕掛けるもシュートに持ち込めず。広州恒大のリードで折り返した。

    後半に入っても広州恒大が攻勢、4分にラストパスを受けたアランがループシュートを放つも枠を外れる。川崎Fは5分、連続攻撃からCKを得るも広州恒大の守備に跳ね返される。23分、ゴール正面の混戦からFW小林が振り向きざまのシュートも枠を捉えず。25分にも小林がゴール右サイドからシュートもポストに跳ね返される。この後も再三ペナルティーエリア内に入るが、アディショナルタイムで得たPKを小林が決めてドローに持ち込んだ。

    川崎Fは試合終了間際に追いついて貴重な勝ち点を得た。第4戦は4月12日、ホームで広州恒大と対戦する。


    スポニチアネックス 3/14(火) 22:54配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000126-spnannex-socc

    ゲキサカ ACL2017特集ページ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

    AFC公式
    http://www.the-afc.com/
    続きを読む

    b7265b2c7176f8a0a7c9c0a4741b9ca4

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 07:16:39.34 ID:CAP_USER9.net
    アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は20日、1次リーグがスタート。日本勢は鹿島、浦和、川崎、G大阪の4クラブが出場する。2014年以来の出場となるG組の川崎は、22日に初戦(対韓国・水原、等々力)を迎える。

    同組のライバル、広州恒大(中国)が、1勝あたり1億円以上にもなる超破格のボーナスを用意していることが判明。世界的選手を獲得する“爆買い”を改め、爆ボーナス作戦でアジアの覇権を奪いにくる。

    一昨年のアジア王者、広州恒大が19日までにACLのボーナスの詳細を発表した。1勝で300万元(約4920万円)。さらに得失点差+1ごとに300万元。16強、8強と勝ち進むごとに1億6400万円が上積みされ、選手に分配されるという。

    「ウチだって出してあげたいけど、そんなことしたら会社がつぶれちゃいますよ」

    同組のライバルの大盤振る舞いに、川崎の藁科義弘社長(59)も苦笑いだ。Jリーグと日本協会は14日、決勝まで進出したJクラブに最大8000万円を支給すると発表したが、広州恒大の1点差での勝利1回分(約9840万円)にすら及ばないとは…。

    ブラジル代表MFパウリーニョ(28)を擁する広州恒大など、近年は中国勢による世界的プレーヤーの“爆買い”が目立っていたが、今季から中国リーグの外国人枠削減が決定。

    サッカー好きで知られる習近平国家主席(63)が、中国選手の育成が進まないことを危惧したためだとされ、広州恒大も外国人選手を徐々に減らし、20年までに中国選手のみでチームを編成する予定だ。

    大物助っ人が使えるうちにACLを勝ち抜く-。なりふり構わぬ“札束攻撃”に川崎がどう挑むのか。

    サンケイスポーツ 2/20(月) 5:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000500-sanspo-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/14(火) 19:50:52.36 ID:CAP_USER9.net
    60ba3d43-fcc2-4192-a455-8261dc820453
    今年も規格外の資金力で「爆買い」を行った中国で王者に君臨するのが、広州恒大だ。

    浦和レッズDF槙野智章もターゲットにしていたとされる彼らは、現在リーグ6連覇中。そんななか、『Shanghaidaily』が気になる情報を伝えていた。

    それによれば、広州恒大は外国人選手の獲得を減らし、2020年までに全選手を中国人で固めることを目指すという。

    これは、恒大集団(Evergrande Real Estate Group)のトップに君臨するシュ・ジァンイン氏が、今シーズンの展望を語るなかで明かしたクラブとしての目標だそう。

    シュ・ジァンイン氏

    「私の考えでは、全てを中国人にする広州恒大の理想的なスカッドは、世界トップの監督と自国の選手たちで構成するものだ。

    この移行プロセスにはまだ4年もある。

    その一方で、全員を中国人で固めた広州恒大は、現状を維持し(強さを保持し)タイトル獲得が狙えるものでなければならない。

    我々の目的は中国フットボールの発展に貢献することであり、全ての取り組みはそのことに注力するべきものでなければならない」

    同氏は来季については「爆買い」は減るだろうと述べたという。なお、今季はACLや中国1部など含めた4冠を狙っているとのこと。

    現在、広州恒大にはブラジル人FWアラン、元ブラジル代表MFパウリーニョ、コロンビア代表FWジャクソン・マルティネス、元ブラジル代表MFヒカルド・グラール、韓国代表DFキム・ヨングォン、元韓国代表DFキム・ヒョンイルが所属している。

    http://qoly.jp/2017/02/14/guangzhou-evergrande-aim-for-all-chinese-squad-by-2020-iks-1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/08(水) 21:44:32.28 ID:CAP_USER9.net
    J1川崎が8日、沖縄県中城村でJ2水戸と45分×4本の練習試合を行った。

    この練習試合にスパイが現れた。関係者用のホーム側スタンドに、ACL1次リーグで対戦する広州恒大(中国)のブラジル人スタッフと思われる数人が陣取った。

    チーム関係者によると「注意したら『われわれはACミランの関係者だ』と言っていた」と苦笑い。“スパイ”は観客用の芝生席に移動。ピッチに視線を送った。
    2017-02-09_07h42_02
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000118-dal-socc
    続きを読む

    ticket-18142757-d311f510cc

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/04(土) 19:22:42.05 ID:CAP_USER9.net
    ジェフユナイテッド千葉は4日、広州恒大と練習試合(45分×2)を行い、2-2で引き分けた。

    1本目の3分にMF町田也真人のゴールによって幸先よく試合を動かした千葉だったが、同25分、31分と立て続けに失点し逆転を許してしまう。しかし千葉は同38分にMF清武功暉が得点して同点に追いつく。2本目はお互いスコアを動かすことができなかったが、千葉は中国スーパーリーグの強豪相手にドローゲームを演じた。

    出場選手(千葉のみ)
    【1本目】
    佐藤優也、近藤直也、北爪健吾、山本真希、清武功暉、町田也真人、船山貴之、アランダ、若狭大志、ホルヘ・サリーナス、西野貴治

    【2本目】
    佐藤優也、多々良敦斗、山本真希(→U-18 古川大悟)、佐藤勇人、清武功暉(→菅嶋弘希)、ラリベイ、町田也真人(→羽生直剛)、イ・ジュヨン、比嘉祐介、乾貴哉、西野貴治(→岡野洵)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-01636494-gekisaka-socc
    続きを読む

    20170108-00538843-soccerk-000-1-view
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/09(月) 17:36:08.71 ID:CAP_USER9.net
    2017年1月8日、サッカーの中国スーパーリーグへの移籍がうわさされる元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキ。獲得に近づいているのは北京国安ではなく広州恒大のようだ。ポドルスキは大気汚染が深刻な北京行きをためらっているという。搜狐体育が伝えた。

    ポドルスキが所属するトルコの強豪ガラタサライの幹部は、中国王者の中国スーパーリーグへの移籍が近づいていることを認めている。

    トルコ国内での報道によると、北京国安はポドルスキに対し、年俸700万ユーロ(約8億6000万円)前後でオファーを出した。だがPM2.5が原因とみられるスモッグに覆われることもある北京への移籍に、ポドルスキは態度を決めかねているという。(翻訳・編集/柳川)

    http://www.recordchina.co.jp/a160454.html
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/28(水) 19:23:54.38 ID:CAP_USER9.net
    中国スーパーリーグの広州恒大がガラタサライに所属する元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキ獲得に興味を持っているようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。

    ポドルスキは左足の強烈なシュートを武器にケルンやアーセナルで活躍。ドイツ代表としては2006年のドイツ・ワールドカップから3大会連続でワールドカップに出場しており、2014年のブラジル・ワールドカップではバックアッパーとして優勝に貢献している。2015年からはトルコのガラタサライでプレーしているポドルスキには先日、Jリーグのヴィッセル神戸も獲得に乗り出したと伝えられたが、中国王者の広州恒大も獲得を狙っているという。

    広州恒大は2016年の中国スーパーリーグの覇者で、ルイス・フェリペ・スコラーリが率いている。ブラジル代表MFパウリーニョ、コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスらスター選手が在籍していることでも知られる広州恒大は、ポドルスキに対して年俸900万ユーロ(約11億円)、移籍金2000万ユーロ(約24億6000万円)という条件でオファーを考えていると伝えられた。

    ポドルスキとガラタサライの契約は2018年まで残っているが、31歳のドイツ人アタッカーにとって4カ国目となる海外挑戦は実現するのだろうか。
    2016-12-29_08h21_43
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000018-goal-socc
    続きを読む

    槙野智章
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/09(金) 19:54:28.90 ID:CAP_USER9.net
    2016年12月8日、サッカーJ1の浦和レッズに所属する槙野智章が、中国のクラブが提示した破格のオファーを断ったと報じられ、中国のサッカーファンも関心を寄せている。

    中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウント「中国足球報道」は、日本メディアの報道を引用して上記の内容を伝えた。槙野は中国スーパーリーグの強豪・広州恒大から「年俸は言い値」という破格のオファーを受けていたが、「評価してもらえるのはうれしい」としながらも、クラブへの恩義などから「慎重に考えないといけない」としていた。

    槙野は、今年3月16日にACLで広州恒大と対戦(結果は引き分け)した後、資金力にものを言わせてトップ選手を獲得する中国のサッカークラブについて、「お金では手にすることができないチームワークは相手より勝っていると思っていた」と語ったことなどから、今回の移籍騒動は中国でも注目を集めた。

    中国のサッカーファンからは、「バカだな」「そもそも広州恒大は日本人にオファーなんか出してないわ!」と批判的な声がある一方、「気まずいな」「日本の優秀な選手は中国に来やしないよ」「中国に来ないのも良い。愛国者たちに何言われるかわからないし」といった声や、「もうすぐ潰れそうな投機クラブと契約する方がバカ」「中国スーパーリーグがプレミアリーグなら、Jリーグはブンデスリーガのようなもの。フンメルスがマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーのオファーを断っても不思議じゃないのと一緒」と理解を示すコメントも少なくない。

    なお、槙野の移籍は実現しなかったようだが、ACミランの本田圭佑、FC東京の森重真人のほか、ADOデン・ハーグに所属するハーフナー・マイクにも中国クラブが興味を示していると伝えられている。(翻訳・編集/北田)

    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161208/Recordchina_20161208031.html
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ