海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:本田圭佑

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/19(金) 20:56:34.43
    4/19(金) 20:49配信
    本田圭佑フル出場も…敗戦のメルボルン・V、今季レギュラーシーズン3位が確定

    メルボルン・ビクトリーは19日、オーストラリア・Aリーグ第26節でアデレード・ユナイテッドとのアウェー戦を迎えた。

    現在3位のメルボルン・Vが4位のアデレードとの上位対決に臨んだ。本田圭佑はこの試合でリーグ戦7試合連続となる先発出場を果たした。前半は完全にアデレードがペースを掌握。ホームの歓声を背に攻め込むアデレードに対して、メルボルン・Vは防戦一方に。本田もなかなかボールに絡むことができない。

    それでも、メルボルン・Vは前半の終盤にチャンスを創出する。本田が出した縦パスからバイタルエリアのバルバルセスがボールを落とすと、これをアントニスが叩く。しかし、DFにディフレクトしたミドルシュートはわずかに枠の右にはずれた。さらに直後にはトイヴォネンが強烈なミドルシュートを放つが、これもわずかに枠を捉えることができない。

    迎えた後半は、前半序盤とは打って変わってメルボルン・Vが攻勢に出る。本田は低い位置まで下りてきて攻撃の起点となる。79分には、その本田の右CKに正面で合わせたニーダーマイヤーがヘディングシュートでネットを揺らす。しかし、これは直前でファウルがあったとされ、ゴールとはならない。

    すると、スコアを動かしたのはアデレードだった。81分、右サイドからのクロスに頭で合わせてブラックウッドがネットを揺らし、アデレードが試合の均衡を崩す。

    その後、リスクを冒して前に出たメルボルン・Vは、本田も積極的にゴールを狙いにいくが、同点弾とはならず、そのまま試合終了。この結果、メルボルン・Vは最終節を前に今季のレギュラーシーズンを3位で終えることが決定している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00010023-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/17(水) 21:24:42.81
    編集部でざっと調べてみたところ、ツイッターで本田選手に勝利したユーザーは300人中わずか2人だった。比率にして約0.7%。あいこはないため、本田選手は99.3%勝っているという驚異の数字になる。

    「日本最強のじゃんけんマスター本田圭佑さん」

    「じゃんけんは1/3で勝てると思ってた時期が僕にもありました。そう、本田圭佑と出会う前まではね」――こんな声が漏れるのも無理はない。炭酸飲料ブランド「ペプシ」が展開する「本田とじゃんけん」は、勝てば「ペプシジャパンコーラ 600ミリリットルボトル」1本が合計16万人に当たるキャンペーン。2019年4月9~19日の期間限定で実施しており、毎日1回ずつ挑戦できるが、これがなかなか勝てない。

    ツイッターでの応募方法はペプシ公式アカウント(@pepsi_jpn)をフォローし、同アカウントのキャンペーン投稿から選べる「#本田に○○(グー/チョキ/パー)で勝つ」のいずれかを投稿すると、すぐに自動投稿でリプライが届く。このリプライが、グー/チョキ/パーいずれかの手を出す本田選手の動画付きで勝敗を知らせてくれる。

    こうしたシステム上、本田選手の「後出し」という形になるわけだが、あまりにも負けるユーザーが続出。ツイッターには、

    「本田選手とのじゃんけん勝てなさすぎやろ」
    「本田圭佑、じゃんけん強すぎでは?」
    「日本最強のじゃんけんマスター本田圭佑さん」
    といった声がこだました。

    34人が試して全敗

    J-CASTニュースでも社員など34人が17日、本田選手に挑戦。残念ながら、結果は全敗だった。こちら側が出した手の内訳はグー12人、チョキ9人、パー13人。「負けました」「悔しい」という虚しい報告だけが続いた。賞品数は16万本あるもののプレゼントキャンペーンであるため、なかなか勝てない(外れが多い)のは当然といえば当然である。が、それにしても負けが多い。一体どれくらいの確率で勝てるのだろうか。

    疑似的に勝率を割り出すため、19日昼にツイッターで調べてみた。まず「#本田にグーで勝つ」のハッシュタグで応募投稿を検索し、無作為に100ツイートを選択。ぶら下がっているペプシのリプライで、勝ったか負けたかを確認する。チョキ、パーでも同様に100ツイートずつ見ていき、合計300ツイートを確認した。

    結果、負けたユーザーは298人、勝ったユーザーは全部で2人、約0.7%に過ぎなかった。正確な統計ではないとはいえ、本田選手の勝率はなんと99.3%!

    少し気になるのは、勝った2人の手がいずれも「パー」だったことだ。そこでペプシのツイッターから、ユーザーが勝った時に送られるリプライを抽出し、17日の分からランダムで10ツイートだけ見てみると、すべてユーザーはパーを出していた。「勝つ可能性があるとすればパーなのか...?」ともよぎったが、同様に16日の分からランダムで10ツイート見ると、勝った手はチョキが7回、パーが3回。同様に15日の分は、グー5回、チョキ4回、パー1回とバラバラだ。規則性があるかないかは分からない。

    「本田とのじゃんけん楽しすぎ」

    ペプシのキャンペーン動画は、本田選手が「僕と勝負して勝ったら1本あげますよ。じゃーんけん...」とコーラをかけて勝負を挑んでくるところで、「あなたは何を出す?」というテロップが出て終了する。これに続く形で、応募投稿をして返ってくるリプライでは、本田選手が「じゃーんけん、ぽん!」と言って手を出す動画が届く。ユーザーが負けた場合は、

    「俺の勝ち。『たかがじゃんけん』、そう思ってないですか? それやったら明日も俺が勝ちますよ。ほな、いただきます(※炭酸の弾ける音が流れる)。1日1回勝負。じゃ、また明日」
    と勝者の余裕を見せつけてくる。終始真顔の本田選手。1人称がこっそり「僕」から「俺」に変わっている。なお、この勝ち名乗りには、「負けは次につながるチャンスです。ネバーギブアップ!」など、複数のバージョンがあるようだ。

    本田選手「らしさ」がにじむこの動画はそれ自体が話題を集めており、

    「本田圭佑のじゃんけんシリーズ面白すぎてツボる」
    「本田とのじゃんけん楽しすぎ」
    「本田圭佑、じゃんけん後出ししてドヤ顔で『また明日』とか言って、それでもキヨキヨしいんか?」
    などと、負けても楽しむ声が数多い。

    なお勝った場合、本田選手は動画で

    「やるやん。明日は俺にリベンジさせて。では、どうぞ(※ペプシジャパンコーラを渡してくる)」
    と勝利を称えてくれる。負けた途端に「次は勝つ」と言いたげなのが本田選手らしい。
    no title
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16332067/


    続きを読む

    D4P1vZ5UcAAlIwU

    1: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 06:39:21.97
    煽り性能高すぎやろ

    2: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 06:39:50.60
    あれすこ

    4: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 06:40:26.57
    cmもおもろい

    6: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 06:41:20.09
    面白いんやが

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/10(水) 23:26:47.31
    4/10(水) 22:51配信
    本田圭佑先発のメルボルン・ビクトリーが0-4完敗。ACL3戦全敗でグループ突破困難に

    【広州恒大 4-0 メルボルン・ビクトリー ACLグループリーグF組第3節】

    10日に行われたAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)・グループリーグF組第3節でメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)は敵地で広州恒大(中国)と対戦し、0-4で敗れた。本田圭佑は先発出場し、74分に退いている。


    ここまで1勝1敗の広州恒大と、2敗のメルボルン・ビクトリーの対戦。立ち上がりから主導権を握ったのはホームチームだった。

    7分、左からのクロスにタリスカが合わせて先制すると、その3分後にもタリスカ。ペナルティエリア右手前でパスを受けたブラジル人FWは左足でゴール左上に鮮やかなシュートを決めた。

    その後も広州恒大ペースで試合は進み、42分にはカウンターからヤン・リーユーが決めて3-0で折り返した。

    3点ビハインドのメルボルン・ビクトリーは後半の立ち上がりに本田がシュートを放つシーンもあったが、なかなか反撃ののろしはあがらない。

    73分には広州恒大が勝負を決める。タリスカのFKをGKが弾いたボールをガオ・リンがシュート。これはGKが阻止したが、こぼれ球がメルボルン・ビクトリーのDFに当たってそのままゴールとなり、4点差となる。

    本田がこの直後に交代となったメルボルン・ビクトリーは最後までゴールを奪えず、0-4で敗れた。

    この結果、F組はサンフレッチェ広島、大邱FC(韓国)、広州恒大の3チームが勝ち点6で並び、3戦全敗のメルボルン・ビクトリーが最下位となっている。

    【得点者】
    7分 1-0 タリスカ(広州恒大)
    10分 2-0 タリスカ(広州恒大)
    42分 3-0 ヤン・リーユー(広州恒大)
    73分 4-0 オウンゴール(広州恒大)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190410-00317236-footballc-socc
    no title
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/04/05(金) 18:38:49.17
    4/5(金) 16:31配信

    大舞台で栄光の番号をつけるのは――。2020年東京五輪が近づくなか、A代表を兼任する森保一監督(50)が率いる東京五輪代表の選考レースもすでにスタートしている。有望株が多い世代に加えて、オーバーエージ(OA)枠を狙うベテランたちも次々と立候補しているが、そんな中で注目されるのが10番争い。候補者乱立で過去にないほどの大激戦ムードが漂っている。

    森保監督は東京五輪代表について「兼任スタッフ一同で選手を見て把握し、私が行けるときには私の目で確かめてチームづくりをして、東京五輪に向かっていきたい。(A代表と)両方の側面から今チームを見られている。確実に前進している」と語っている。今後選考レースは本格化していくが、同時に注目を集めるのがひのき舞台で誰が背番号10をつけるかだ。

    A代表では3月に代表復帰したMF香川真司(30=ベシクタシュ)とMF中島翔哉(24=アルドハイル)による10番争いが勃発した。だが、五輪代表ではそれをはるかにしのぐシ烈な争いが予想されている。

    森保監督が2017年10月に東京五輪代表監督に就任以降、昨夏のジャカルタ・アジア大会をはじめ公式戦ではMF三好康児(22=横浜M)が10番を任されている。五輪代表の歴代10番は、00年シドニー大会のMF中村俊輔、04年アテネ大会のMF松井大輔、08年北京大会のMF梶山陽平、ロンドン大会のMF東慶悟、リオデジャネイロ大会の中島。いずれも本番前から固定されてきたメンバーで、選定においては“無風状態”だった。

    しかし地元開催となる栄光の舞台に向けては、簡単に事が運びそうにない。東京五輪世代でありながら、すでにA代表のレギュラーに定着しているMF堂安律(20=フローニンゲン)はかつて「やっぱり10番が好き」と熱く語っており、A代表入りして21番を与えられた際も「結果を出してから言えるようにしたい」と10番への未練を隠そうとしなかった。

    東京五輪のスター候補として注目を集める“天才少年”のMF久保建英(17=FC東京)も台頭すれば当然候補になる。また、昨年末のクラブW杯で世界を相手に活躍し、U―20日本代表や名門鹿島で10番を背負うMF安部裕葵(20)も有力候補の一人だ。さらに、OAでの出場に意欲を見せるMF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)も以前から10番に強い執着心を持っており、選ばれれば黙ってはいないだろう。

    森保監督は背番号10の持つ意味を「サッカーにおいて10番という背番号は、世界的に見ても誰でもつけられる背番号ではない」と強調しており、まさに選ばれし者だけが手にできる番号。果たして勝ち取るのは誰か。
    2019-04-05_20h06_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000044-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/04/05(金) 06:19:10.78
    メルボルン・ビクトリーに所属するMF本田圭佑が、“リトルホンダ”の定義の改善を訴えた。

    本田は7日より順次オンエアされるペプシジャパンコーラの新CMに登場。CMでは14年のミラン入団会見時に発言した“リトルホンダ”を実写化。本田本人と心の声を発する“リトルホンダ”との掛け合いで、同商品をPRする。

    CM撮影を終えた本田は「“リトルホンダ”が登場してくるので、大丈夫かな?と思う部分もありましたが、意外に大丈夫でしたね。完成したCMを見ると、確かに笑える」と出来栄えに大満足の様子。

    ただし“リトルホンダ”の定義については、「直した方がいい」と注文をつけ、「おもしろおかしく言ってくる人が僕の周りにもたくさんいるのですが、みんな自分の心の中や頭の中にいる、いわゆるもう1人の本質的な素の自分だと思う。人間は本音で言わないし、見られたくないものを隠す。でも常に本当の自分は自分に対して嘘はつかないので。その一節を一回披露したばっかりに、おもしろおかしく言われるているんですけど」と本田節で改善を訴えた。

    また今季終了後についても言及。本田のメルボルンとの契約は今季で満了となる。「どこへ行くのかというのをまた予想して楽しんでもらえれば」と話すと、「誤解して欲しくないのは僕はまだヨーロッパ、世界のトップレベルでプレーできる実力はあるので。もう1回、ガンと行くのをちょっと作ろうかなと思っているところです」と意欲的に語った。

    4/5(金) 4:00配信 ゲキサカ
    2019-04-05_09h02_56
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-43465545-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/04/01(月) 20:47:19.58
    エイプリルフールの4月1日にSNS更新、同僚バルバルセスも「悪い冗談だ」とコメント
    新元号「令和」が発表された4月1日は、「エイプリルフール」としても知られる。オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は同日、自身の公式インスタグラムを更新。マイクを握り、熱唱するモノクロ写真とともに「サッカーをし終えたら、歌手になろうかな」とユーモアを交えて投稿している。

    本田は今季パチューカからメルボルン・Vへ移籍し、攻撃の軸の1人として君臨。負傷で約2カ月の離脱こそあったが、3月12日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節サンフレッチェ広島戦(1-2)では、日本凱旋ゲームでACL初ゴールを挙げた。直近の3月30日に行われたリーグ第23節パース・グローリー戦でも追加点となるPKを決めるなど、ここまでリーグ戦7得点5アシストの好成績を残している。

    「平成」に代わる新元号「令和」が発表された4月1日は、エイプリルフールとあってスポーツ界でも様々なユーモアある“嘘”が話題となっているが、本田も同日に自身のインスタグラムを更新した。

    「I’ll be a singer when I finish playing soccer.(サッカーをし終えたら、歌手になろうかな)」

    こう綴られた投稿には、マイクを左手に握り、熱唱する姿を収めたモノクロ写真が添えられている。「#april #fool」とハッシュタグが付けられているが、普段見ることのできない姿に日本代表GK東口順昭(ガンバ大阪)が「いいね!」をすると、ファンも「何だかワクワクする」「本田さんの歌聴きたいな~」と反応。メルボルン・Vで同僚のニュージーランド代表FWコスタ・バルバルセスは「悪い冗談だ」とコメントを書き込むなど、“エイプリルフール投稿”が注目を集めている。
    2019-04-01_21h50_45
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190401-00180205-soccermzw-socc

    関連インスタグラム

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/03/30(土) 22:16:46.57
    3/30(土) 22:04配信
    本田、今季7点目となるPKを沈める…フル出場で首位撃破に大きく貢献

    オーストラリア・Aリーグ第23節が30日に行われ、MF本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーと首位のパース・グローリーが対戦した。

    試合が動いたのは25分、オラ・トイヴォネンが直接FKを沈めてメルボルン・ビクトリーが先制に成功した。

    さらに後半に入って67分、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果メルボルン・ビクトリーはPKを獲得する。キッカーを務めた本田圭佑が冷静に沈め、1点を追加した。本田はこれでリーグ戦7点目となった。

    試合はそのままタイムアップ。メルボルン・ビクトリーが0-2で勝利を収めている。

    【スコア】
    パース・グローリー 0ー2 メルボルン・ビクトリー

    【得点者】
    25分 0-1 オラ・トイヴォネン(メルボルン・ビクトリー)
    67分 0-2 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-00923345-soccerk-socc
    no title

    続きを読む


    2019-03-26_22h39_57

    1: 風吹けば名無し 2019/03/28(木) 21:38:58.63
    24でこれって化け物だろ
    28くらいになったらバルセロナくらいいけるんじゃないか

    2: 風吹けば名無し 2019/03/28(木) 21:39:19.27
    いや、無理やで

    5: 風吹けば名無し 2019/03/28(木) 21:39:54.55
    もっと若くてドリブル上手い奴普通におるから

    6: 風吹けば名無し 2019/03/28(木) 21:40:05.88
    能力はあれど舞台がない

    続きを読む

    1: ラッコ ★ 2019/03/25(月) 19:34:04.93

    2019 3/21(木)23:20~24:20にテレビ朝日で放送の「アメトーーク! ケイスケホンダ芸人」より一部抜粋 

    生きる伝説 ケイスケホンダ芸人

    土田晃之「ちなみに、(本田圭佑は)1月にテレビ朝日で放送された番組の中で、『世界で有名な日本人』っていうので第1位になりました」
    山崎弘也「ええーー!?」

    ■20000人現地調査 地球で有名な日本人TOP100
    1位 本田圭佑(サッカー選手)
    2位 宮崎駿(アニメーション映画監督)
    3位 村上春樹(作家)
    4位 黒澤明(映画監督)
    5位 鳥山明(マンガ家)

    ワッキー「ワールドカップ3大会連続でゴールとアシストを決めた人間(サッカー選手)というのは、世界の歴史上6人しかいないんですよ」
    山崎弘也「そのほかの国の人でも?」
    ワッキー「ワールドカップ全部の歴史の中で」
    土田晃之「こんだけ長い歴史の中で」
    ワッキー「だからメッシとかクリスティアーノ・ロナウドもそれを達成してないんですよ」

    ■ケイスケホンダ伝説⑮
    歴史上6人 W杯3大会連続ゴール&アシスト

    キャプチャー画像
    no title
     https://i.imgur.com/GRtccFR.jpg
    no title

    no title
     https://i.imgur.com/JQn8aa7.jpg


    アメトーーク!|ケイスケホンダ芸人|2019/03/21(木)23:20放送|テレビ朝日|TVでた蔵
    https://datazoo.jp/tv/%E3%A2%E3%A1%E3%88%E3%BC%E3%BC%E3%AF%EF%BC%81/1247726
    今夜は、生きる伝説!!ケイスケホンダ芸人。

    【オープニングトーク】
    出演者によるオープニングトーク。ケイスケホンダ芸人は人間的な魅力がある、サッカー界では唯一無二の存在などと話した。
    親交のあるじゅんいちダビッドソンは本人の自宅へ招かれた、井上マーはカラオケに行ったと話した。

    【(1)一体どんな人?】
    ケイスケホンダの人となりを解説。出身地はアースで職業は挑戦者。
    じゅんいちダビッドソンは本田選手がワインオープナーの使い方をグーグル検索で調べていたとのエピソードを披露。

    また、20代前半で「プレジデント」を愛読、友人はウィル・スミス、錦織圭などがいる。

    さらにカンボジア代表監督を収入なしで務めている、日本では「ソルティーロファミリアサッカースクール」を経営し国内外の生徒数は4300人以上。

    本田選手はゆくゆくは戦争をなくしたいと話しており、世界中で事業家とミーティングを行っている。また、オフの日には安倍首相と会っている。

    【名言の深い意味】
    ケイスケホンダの数々の名言の深い意味を探る。日本が強くなるには?との質問には「本田圭佑が必要」と回答。

    また、驚異的なメンタルでACミランに移籍した際、空いている背番号10番を要求した、ACミランを選んだ理由には「心の中のリトル・ホンダが答えた」、
    プロフェッショナルとは?との質問では「ケイスケホンダ」と答え、説明をし始めた。

    【俺が語りたいケイスケホンダ伝説】
    ケイスケホンダ芸人が本田圭佑の伝説を披露。ワッキーは「ここぞで決める!」と挙げた。2010年の南アフリカW杯ではゴールを決めベスト16に貢献。

    ブラジルW杯アジア最終予選ではPKでW杯出場を決めた。2018年のロシアW杯ではゴール&アシストを決めた。

    そしてW杯3大会連続ゴール&アシストは歴史上6人しかいない。スタジオに飾られているユニフォームなどは全て本人のものでケイスケホンダ芸人は興奮していた。

    じゅんいちダビッドソンは本人が清々しいを「きよきよしい」と言い間違えた後、ファンミーティングでネタにして爆笑をとっていたとのエピソードを披露。

    土田晃之は「FK(フリーキック)は譲らない」と挙げた。FKをめぐりチームメイトと口論後、FKを決めた。

    また、「子供相手にも本気」でサッカーイベントでは練習試合でも本番さながらのプレーで本気でぶつかっていた。

    続いて、ライセンス井本は「ベンチでも…」と挙げた。ロシアW杯ではベンチでも全力で応援し、選手にアドバイスするなどチームに貢献していた。

    >>2-5あたりに続く)

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ