海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:本田圭佑

    2014-06-30_23h03_26
    日本代表MF本田圭佑の所属するミランは30日、MFカカとの契約を解除することで合意に至ったと発表した。

     カカはミランとの契約を1年残していたが、2013年9月にレアル・マドリードから移籍し、2年契約を結んだ際に、契約が残り1年となってから選手側の意向で契約を解除できる条項があったため、それを行使したと見られる。

     32歳のカカは、2013-14シーズンにレアル・マドリードから減俸などを受け入れ、2008-09シーズン以来のミラン復帰を果たすと、リーグ戦 30試合に出場して7得点を挙げた。現在行われているブラジル・ワールドカップに出場しているブラジル代表入りをアピールしたが、メンバーには選出されな かった。

     カカは2015年からMLS(メジャーリーグサッカー)に参入するオーランド・シティと契約合意間近と見られており、それまでの間は古巣サンパウロにレンタル移籍すると報じられている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00207571-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-06-27_08h15_55
    「2014 FIFA ワールドカップ ブラジル」、グループステージ敗退決定から一夜明け、キャンプ地のブラジル・イトゥで­、ザッケローニ監督が会見を行った。(全録)

    続きを読む

    4失点完敗を振り返るザッケローニ「もっとできたと思う。残念だ」

    2014-06-25_08h25_47
    ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、グループCでは日本代表とコロンビア代表が対戦。日本は1-4で敗れ、1分け2敗の勝ち点1でグループリーグ敗退が決まった。

    試合後、アルベルト・ザッケローニ監督が以下のように敗戦を振り返った。


     ザッケローニ監督は、「非常に残念だ。今日は良い試合をしたけれど、もっとできることがあったと思うと残念」と、話し、「私たちは先制したかったけど、相手はカウンターがすごく上手だった。どうしても決めきれなかった。もっとできたと思う」と、敗戦を振り返った。

     選手のプレーについては、「今日は良い試合だった。どういう風に(プレーを)やったかは満足だが、ラッキーではなかった。相手が良かった。今日は本当の意味でサッカーをしたということになったと思う」と、コメントした。
    http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20140625/205275.html?view=more

    続きを読む

    2014-06-23_18h24_08

    (前略)
    ときにビッグマウスと称されてきた本田。だが、今は奇跡を起こすしかないと思っている。「残り1試合ですべてがひっくり返る可能性もゼロではない」といい、有言実行は「まさに今だろ、と思っている」と言い切った。

     この日、本田らしい“正論”も出た。コロンビア戦に勝つためには「自分自身を信じる。そして仲間を信じる。今からみんながスーパーマンにはなれません。それぞれの個性も180度は変わらない」と話した。

     コロンビア戦については「とにかく基礎に戻る」ことが必要といい、就任当初から快進撃を続けてきたザッケローニジャパンの「原点」に返るべきだと強調した。

     言い訳もしない。今大会アジア勢はいまだ勝利がなく、「実力でしょ」と、アジアサッカーの現状を認めた上で、自身の実力についても「W杯は結果で判断される大会。試合に勝てていないチームとして、個人の実力はないということ」と話した。

     ザッケローニ監督は、2戦とも試合終盤にDF吉田(サウサンプトン)を前線に上げるパワープレーを初めて使い、チーム内に賛否が起きた。空中分解の火種 となる気配もあったが、本田は「賛成」の立場で、「パワープレーはいろんな種類があります。セカンドボールを拾って(サイドから)放り込むよりも高い位置 で崩すこともできる」という。

     まるで監督のような言いぐさだが、「一選手と監督として(それぞれ)作業はある。でも私自身がやるべきことはそれ(チーム)をまとめることではない」と、コロンビア戦ではこれまで以上に自分のプレーに専念することを宣言してみせた。

     さらに、「ミラクルはミラクル。信じている人にしか訪れないと思っている」とニヤリと笑うと、「人も評価するミラクルと、自分自身が自負できるミラクルがある」と続けた。

     日本代表の16強入りは完全な他力。日本はコロンビア戦に勝ち、ギリシャもコートジボワールに勝利した上で、得失点差などの争いになる。「今はミラクル を信じている。オレたちが勝てばギリシャも勝つ。今回(奇跡を)起こせれば、自他ともに認めるミラクルになる」。持ち前のポジティブ志向で挑む。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140623-00000015-ykf-spo
    続きを読む

    2014-06-20_09h24_37
    ◇W杯1次リーグC組 日本0―0ギリシャ(2014年6月19日 ナタル)

     ギリシャと引き分け、決勝トーナメント進出に望みは残した。それでも「勝つことしか考えていない」と話していた本田にとって、納得できる結果ではなかった。首をかしげながら整列の中に入ると、無念の表情でスタンドに頭を下げた。

     ピッチでは身ぶり手ぶりで味方を鼓舞するなど、リーダーシップを発揮。前半28分にはペナルティーエリア手前からのFKで直接ゴールを狙い、GKに阻まれたものの枠内をとらえるシュート。守備でも貢献し、相手のパスコースを阻んで相手攻撃の芽を何度も摘んだ。

     攻撃の形は初戦よりも充実していたが、それでも求めていたのは勝利だけだった。引き分けでもよしとするギリシャに対し「それを打ち破ることがでいなかっ た」と本田。さらに「勝ち点3がとれなかったことはただただ悔しい」と唇をかんだ。すべては第3戦のコロンビア戦へ「最後まであきらめずにやりたい」と必 死に前を向いた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-00000089-spnannex-socc
    続きを読む

    2014-06-20_09h07_51
    【スコア】
    日本 0-0 ギリシャ

     ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦した。

     初戦をともに落とした両者。日本はコートジボワール戦から先発2選手を入れ替え、香川真司に代わり大久保嘉人、森重真人に代わり今野泰幸が先発。川島永 嗣、内田篤人、吉田麻也、長友佑都、山口蛍、長谷部誠、岡崎慎司、本田圭佑、大迫勇也がスタメンとなった。ギリシャも同じくコロンビア戦から2選手を変 更。ディミトリス・サルピンギディスとテオファニス・ゲカスに代わってコンスタンティノス・ミトログルとイオアニス・フェトファツィディスが入った。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    続きを読む

    2014-06-17_21h49_41
    「2014 FIFA ワールドカップ ブラジル」で、日本代表「ザックジャパン」が、選手の家族も見守る中、リフレッシュして練習を行った。そして、三浦知良選手(47)も、「楽しんで」とエールを送っている。

    本田圭佑選手(28)は「今は、ギリシャ戦のことしか、頭の中にはないですね」と話した。


    コートジボワール戦の敗戦から2日、選手たちは、気持ちを切り替え、明るい表情を見せていた。


    練習には、家族も見学に訪れ、勝負のギリシャ戦を迎える選手に、新たな力を与えているようだった。


    長谷部 誠選手(30)は「みんなの家族が来ているわけではないが、家族が来ていることで、リフレッシュできている選手もいますし。家族は特別だと思います」と話した。


    本田選手は「状況的には、あとがないわけですけれど。全然、変わらない自信がありますし。(グループステージ)敗退ということも、僕の頭の中には一切ない。とりあえずギリシャ戦に勝って、コロンビア戦に備えるということしか、今は考えていないです」と話した。


    また、日本サッカー協会の親善大使・三浦知良選手が、プロ生活をスタートさせたブラジルのクラブ「サントスFC」を訪問。
    背水の陣でギリシャ戦に臨む選手たちに、激励のメールなどを送ったことを明かした。三浦選手は「楽しんでほしいと(メールなどで)伝えました。(ギリシャ戦)1試合勝てば、大きく変わってくると思うので。前を見て、前だけを見てやってほしいですね。絶対大丈夫だと思います」と話した。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00270726.html
    続きを読む

    2014-06-16_19h20_43
    アルベルト・ザッケローニ監督率いるサッカー日本代表がブラジルW杯で1-2でコートジボワールに逆転負けした14日の試合を16日のイタリア主要スポーツ紙も大きく報じた。

     コートジボワールМFジェルビーニョ(ローマ)とFWドログバ(ガラタサライ)の取り上げ方が大きかったが、日本の出場選手にも10段階で評価した。

     ガゼッタ・デロ・スポルトは「サムライたちは予選敗退の危機」とし、DF吉田とMF香川に4・5の落第点をつけ、先制点を決めたMF本田が6・5で最高点だった。

     またコリエレ・デロ・スポルトはDF内田と本田を7で高く評価し、香川と途中出場のMF遠藤を5・5とした。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140616-00000054-dal-socc
    続きを読む

    2014-06-15_12h08_47
    【スコア】
    コートジボワール 2-1 日本

    【得点者】
    0-1 16分 本田圭佑(日本)
    1-1 64分 ボニー(コートジボワール)
    2-1 66分 ジェルビーニョ(コートジボワール)

     ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦した。

     ワールドカップ初戦となる試合でコートジボワールは負傷の状態が懸念されていたヤヤ・トゥーレがスタメンの一方、ディディエ・ドログバがベンチスタート となった。日本は、川島永嗣、内田篤人、森重真人、吉田麻也、長友佑都、山口蛍、長谷部誠、岡崎慎司、本田圭佑、香川真司、大迫勇也が先発に名を連ねた。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140615-00200746-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ