海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:本田圭佑

    1: 久太郎 ★ 2018/12/24(月) 11:39:21.30 _USER9
    2018-12-24_12h11_32
    サッカー元日本代表で豪メルボルン・ビクトリーに所属する本田圭佑が23日、ツイッターに動画を投稿。サンタクロースに扮(ふん)して、スポーツ店でサプライズを仕掛ける様子を収めた。

    バスルームでサンタクロースの衣装と白いカツラ、ひげを装着。サングラスをかけて向かった先は、とあるスポーツ用品店だった。

    店内をうろつき、陳列されている子供用のユニホームジャージーにこっそりサイン。店を出ると「しー!」とばかりに口の前に人さし指1本を立てて秘密をお願いした。ツイッター本文には「できた。明日に続く…メリークリスマス!」と投稿した。

    本田からのサプライズプレゼントを手にするのはだれか…。買った本人にしか分からないとみられるが、コメント欄には「サンタさんに成りきってもケイスケホンダですね」「歩き方が本田さんです」と指摘されていた。


    参考動画

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/18(火) 21:23:48.28 _USER9
    今シーズンのJリーグ年間表彰式である「2018 Jリーグアウォーズ」が18日に横浜アリーナで開催され、J1連覇を果たした川崎フロンターレのMF家長昭博が最優秀選手賞(MVP)を初受賞した。祝福のビデオレターでは、同じ1986年6月13日生まれで、ガンバ大阪ジュニアユースで同期だったMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)がサプライズで登場。「たまには古い友人に会いに来てください」とメッセージを送った。

    【動画】JリーグMVP初受賞の川崎MF家長昭博、2018シーズンの「ゴール&アシスト集」

    家長はリーグ連覇を果たした川崎で2列目に入り、攻撃にアクセントをつけるプレーが光った。リーグ34試合中32試合に出場し6得点。川崎からの選出は16年のMF中村憲剛、17年のFW小林悠に続くもので、同一クラブからの3年連続MVPは初の快挙となった。

    受賞にあたり家長は、「このような名誉ある賞を6得点7アシストという平々凡々な記録でもらうのは心苦しいのですけど、ありがとうございます。川崎の会社の方々、監督、コーチングスタッフの皆さん、偉大なるチームメートの皆に支えられてこの賞を取れました。ありがとうございます」と話し、トロフィーを掲げてその喜びを表現した。

    そして、スピーチの後には「1986年6月13日生まれ」「レフティー」「ガンバ大阪ジュニアユース出身」と共通点の多い本田が、ビデオレターでサプライズ登場。かつての同僚にメッセージを送った。

    「久しぶり。年間最優秀選手賞を受賞したということで、事務所から家長選手からMVP選ばれる可能性あるからメッセージをくれと言われて、選ばれなかったらどこに行くんかなと思ってしゃべってます。映っているということは選ばれたということなので、おめでとうございます。全然連絡くれないので、たまには連絡ください。サッカー頑張っているのは分かりますが、たまには古い友人に会いに来てください。チームメートの皆さんも活躍したと聞いています。川崎フロンターレの皆さんおめでとうございます。来年も魅力のあるパスサッカーを見せてください。おめでとうございます」

    ガンバ大阪の下部組織時代から“天才”と称されたレフティーは、「僕よりも喋ってましたね」と笑いを誘い、「(会いに)本当に行きたいと思います。中1から中3の3年間だったんですけど、ずっと一緒にいて、生年月日も一緒で運命を感じる選手です」と感慨深そうに話していた。
    2018-12-18_23h12_49
    12/18(火) 20:40 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181218-00155228-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/05(水) 18:11:14.34 _USER9
    オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーで活躍する本田圭佑に対して、チームメートやメディアから「Aリーグ史上最高の選手」という声も上がっている。まだ6試合に出場した段階だが、リーグに与えているインパクトは計り知れない。

    本田は今季からビクトリーに加入し、Aリーグでこれまで6試合に出場して4ゴール3アシストを記録。2連敗スタートのあと4連勝と調子を上げてきたチームをけん引し、リーグ公式のベストイレブンにも6節中5節で選出されている。

    先週末のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦でも先制点を記録するなど4-0の大勝に貢献。キャプテンのMFカール・バレリは試合後に、「本田圭佑はAリーグに来た中で最高の選手だと思う」とコメントしている。リーグ公式サイトが伝えた。

    「彼の練習のやり方や試合へのアプローチ、プレーのやり方は信じられないほどだ。『若い選手は何をすべきか』とよく質問されるが、(答えは)『もっとケイスケのようにしろ』だ。彼がこのクラブにいてくれるのは本当に特別なことだと感じるべきだ」とバレリは続けている。

    豪州『SBS』はこの発言に対し、「もちろんわずか6試合で過去13シーズンのリーグで最高の外国人選手だと言うのは愚かなことかもしれない」と前置きした上で、「このまま行けばドワイト・ヨークやイタリアのレジェンドであるアレッサンドロ・デル・ピエロ、ワールドカップ優勝メンバーのジュニーニョ、ブリスベンのレジェンドであるトーマス・ブロイヒやベサルト・ベリーシャを凌駕するかもしれない」と見通しを述べている。

    元マンチェスター・ユナイテッドのヨークや元ユベントスのデル・ピエロ、ブラジル代表として2002年ワールドカップで優勝したジュニーニョ・パウリスタらは過去にAリーグでプレーした中でも特に世界的なスター選手。現在サンフレッチェ広島に所属するベリーシャはAリーグ史上最多の116ゴールを記録している。本田のインパクトは最終的にそれらの選手を上回る可能性もあると予想されている
    20181125_honda_getty
    12/5(水) 16:31 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00299964-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/02(日) 16:59:01.94 _USER9
    オーストラリアAリーグの強豪メルボルン・ビクトリーMF本田圭佑(32)が2日、ツイッターで次のようにつぶやいた。

    「もし世界から戦争がなくなり平和になる術があるとすれば、それは教育革命しかない。でも人がもし感情をコントロールすることができれば争いは減る。個人的にも好きで勉強を続けてる脳科学を親を含む教育者が理解すれば、子供達にとって素晴らしい教育になるよ」

    ピッチ上ではAリーグで3戦連続得点するなど、圧倒的な存在感を示す。

    一方で、自らを「教育者」と名乗り、世界平和と子どもたちに夢を与える活動にも力を注ぐ。「平和」「教育革命」「脳科学」と、とても現役サッカー選手とは思えない単語が並ぶが、いかにも本田らしいつぶやきになった。

    12/2(日) 16:22配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00408669-nksports-socc

    写真
    2018-12-02_18h06_18

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/01(土) 18:40:07.25 _USER9
    本拠地でのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦で、先制点を導く
     
    メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は1日、リーグ第6節のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦に先発出場し、前半11分に左サイドからのクロスに走り込み、ヘディングで3試合連続ゴールを決めた。

    オーストラリアで猛威を振るう本田が、またゴールを決めた。3連勝で2位に浮上したメルボルン・Vは、本拠地でウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦。スタメンに名を連ねた背番号4は、開始11分でゴールネットを揺らす。左サイドのペナルティーエリア手前で、MFテリー・アントニスが右足でクロス。

    ゴールライン方向へ向かうボールに対し、フリーで相手DFの背後へ走り込んだ本田は、狙いすましたヘディングで逆サイドのゴールネットにシュートを突き刺した。これで本田は3試合連続ゴールとなり、今季6試合で4得点3アシスト。新天地で輝きを放ち続けている。

    【関連動画】絶好調の本田が止まらない! 正確なヘディング弾で3戦連続ゴール


    写真
    no title


    12/1(土) 18:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181201-00151398-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/11/30(金) 20:26:20.39 _USER9
    オーストラリア・Aリーグは、メルボルン・ヴィクトリーに所属している元日本代表MF本田圭佑のインタビューを掲載した。

    今季オーストラリアに渡った本田圭佑。開幕からの5試合で3ゴール3アシストを決め、守備でも大きな影響力を発揮しており、メディアからも高い評価を受けている。

    彼は自分のキャリアについて以下のように話し、休まずに練習をしてきたからこそここまで来ることができたと語った。


    本田圭佑

    「6歳か7歳のときだ。父がワールドカップのビデオを見せてくれた。それは白黒の映像だったね。

    ペレのワールドカップでのハイライトだった。僕は小さかったが、ペレが本当にいい選手だということには気付いた。

    そして、その時僕はいつか偉大な選手になりたいと思った。ワールドカップに出場したいと思ったんだ。

    それから、12歳の頃にフランスでワールドカップがあった。僕はジネディーヌ・ジダンを追いかけていたんだ。

    彼は偉大なプレーをし、フランスはチャンピオンになった。ジダンの試合は見ていたし、そのワールドカップはとても印象的だった。

    あれこそ自分がやるべきことだと分かっていた。そして、サッカーをプレーするために何が重要か、成長するために何が大切なのかも。だから、本当に試合を見ることに集中していた」

    (成功の鍵は?)

    「僕はフリーな日を作らなかった。監督から休息を言い渡されていても、そうしなかった。いつもピッチに行って、厳しい練習をした。一人ぼっちでもね。

    それは重要なものだよ。だから海外でプレーできたんだ。誰よりも練習をしなければならなかった」
    37c466bf-5e44-0830-a9fb-2a267369b708 (1)
    https://qoly.jp/2018/11/30/honda-keisuke-talked-about-his-the-secret-of-success-kgn-1

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/25(日) 17:10:10.04 _USER9
    <オーストラリアAリーグ:シドニーFC-メルボルン・ビクトリー>◇25日◇シドニー

    オーストラリアAリーグ、MF本田圭佑(32)が、ゴールを決めた。

    アウェーでのシドニーFC戦で先発し、1-1の後半26分にPKを冷静に決めた。リーグ2試合連続ゴール。今季3得点目となった。

    国際Aマッチウイークは、実質的な監督を務めるカンボジア代表を指揮し、東南アジア選手権(スズキカップ)を指揮し、就任後の初勝利もつかんだ。東南アジアからオーストラリアに戻り、アウェーでの大事な一戦で結果を残した。
    2018-11-25_18h22_51
    11/25(日) 17:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00402615-nksports-socc

    続きを読む

    20180625014957

    1:風吹けば名無し:2018/11/14(水) 19:18:04.06 ID:CvtawrB20.net
    オランダエールステ・ディヴィジ(2部優勝1部昇格)
    ロシア・プレミアリーグ(優勝)
    ロシア・カップ(2度優勝)
    ロシア・スーパーカップ(優勝)
    スーペルコッパ・イタリアーナ(優勝)
    AFCアジアカップ2011(優勝)
    AFCアジアカップ2015(ベスト8)
    キリンカップ(2009、2011優勝)
    CLベスト8&日本人最多得点
    2017クラブW杯3位
    2010、2018年ワールドカップベスト16&日本人最多得点&アジア人最多得点&MOM受賞数世界5位、三大会連続ゴール&アシスト(4G3A)

    エールステ・ディヴィジ MVP
    フットボーラー・オブ・ザ・イヤー2010 受賞
    AFCアジアカップ2011 MVP
    ミラン・ベストゴール賞2015~2016 受賞

    なんだかんだ凄くね?
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ