海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:本田圭佑

    2017-09-06-keisuke-honda_1v0tmf16bgexr1x9sneou0yj4a

    1:りこぴん ★@\(^o^)/:2017/09/06(水) 19:53:20.42 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表FW本田圭佑(31)のパフォーマンスに厳しい声が飛び交った。ロシアW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦。先発したが精細を欠き、前半終了とともにベンチに退いた。

    7年前、南アフリカW杯を控えながら低迷していた代表の中で、当時絶対的な司令塔だった中村俊輔を追い落とし、救世主となった本田。今度はその本田が「かつての中村俊輔のよう」といった声がインターネット上にあふれており、世代交代の波が押し寄せている。

    ■前園真聖「今の本田のサイドでのプレーは相手にとっては怖くないだろう」

    2017年9月6日未明(日本時間)のサウジ戦はW杯予選の最終戦。2-0で勝利した8月31日のオーストラリア戦では出番がなかった本田だが、右ウィングで先発出場した。

    だが、フィジカルの強さを生かした前線でのボールキープや、高精度のパスといった持ち味は発揮できなかった。MF柴崎岳ら味方との連携でもズレが目立ち、右サイドバックの酒井宏樹とのコンビも機能しなかった。試合中からツイッター上では「1人だけ遅い」「重くて遅いのが目立ってしまった」「スピードについていけてないな...」と厳しい声が目立った。

    前半43分には、最終ラインまで下がったMF山口蛍に対し、内側に絞って引きながら縦パスを受けた本田だが、トラップで凡ミス。自陣内でボールを奪われてショートカウンターになり、あわや失点のシーンにつながった。本田はハーフタイムでFW浅野拓磨と交代した。

    元日本代表の前園真聖氏はツイッターで、「本田が前半で交代。サイドのポジションがDFの裏に飛び出す動き、ドリブルで仕掛ける役割が代表で必要ならば、今の本田のサイドでのプレーは相手にとっては怖くないだろう」と、パフォーマンスの低調ぶりを指摘した。

    本田の現状を見て多くの人が思い出したのは、7年前のことだったようだ。南アフリカW杯直前の2010年、司令塔として君臨していた中村俊輔だったが、相次ぐケガやコンディショニングの影響で精細を欠き、岡田武史監督(当時)は「俊輔外し」の大ナタを振るった。そして代わって定着したのが当時23歳の本田だった。本田はセンターFWとして南アW杯で鮮烈の2ゴールをあげ、明確な「世代交代」を起こした。

    「本田は南アの時の俊輔みたいな立場になってしまったなあ」

    南アW杯開幕時点の中村は31歳で、今の本田も31歳。サウジ戦後、ツイッター上では

    「本田は南アの時の俊輔みたいな立場になってしまったなあ」
    「怪我で劣化の一途をたどった南アフリカ直前の中村俊輔を思い出した。本田好きだったんで悲しい。ここまでかな」
    「決定的に解ったのは本田はハリルのサッカーにはマッチしないと言う事。かつて岡田監督が中村俊輔を外したように。今回は本田が中村俊輔の立場になる番だろう」
    「俊輔のラスト(南ア)W杯の再現になっぞ!世代交代、自らも繰り返すのか」
    本田さんは、かつての中村俊輔のようになるか」

    といった声が続々とあがった。

    一方、本田はケガのため所属するパチューカ(メキシコ)でのデビュー戦が8月下旬までずれ込んでおり、調整の時間は不十分だった。ハリルホジッチ監督も「本田は今トップコンディションではない。ゲーム感を取り戻してほしい」とし、もともと「45分の前提で使った」としている。また、サウジ戦は0-1で敗れたが、失点は本田が退いた後半18分。前線でタメをつくれる本田の能力を依然評価する向きもあり、

    「このタイミング(編注:後半20分あたり)で本田投入したかったなー。ポゼッション出来る時に」
    「本田外して攻撃は活性化したと見るか、逆に失点したと見るかは検討の余地ありだわ」
    「今日は本田入れるなら、やっぱり柴崎のところだったな」

    と、起用方法への言及もあった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000010-jct-ent
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/06(水) 11:53:34.84 ID:CAP_USER9.net
    W杯出場にかけるサウジアラビアの決定力が印象に残った。日本は敗れたが、すでに出場切符獲得後の消化試合。

    本来ならば、モチベーションを維持することの難しい敵地でのゲームで、戦術的に引くこともなく、前半は高い位置からプレスをかけ攻守で共通意識を持ちサウジを圧倒していた。

    ロシアW杯に向け誰がメンバーに生き残るかのサバイバルがスタートしたゲームでもあり、ハリルホジッチ監督は先発メンバーを4人変えてきた。

    どんなゲームでも“ムラ”を見せずに戦うのが、勤勉な日本人のメンタルの特徴でもあるが、
    それぞれの“アピールしたい”という心理も、消化試合でのチームモチベーションにつながっていたのかもしれない。
     
    その意味で厳しい現実をつきつけられたのが、先発出場した本田と岡崎のベテラン2人だろう。

    本田のコンディションは見るに耐えないものだった。ケガの影響もあって移籍したメキシコのチームでの試合出場数も少なく、試合勘もなかったのだろうか。

    ミスが目立ち本田がしばしば“ノッキング”を起こすためにテンポや流れが止まる。必然、周りの連携にも影響を与えた。

    サウジの左サイドが、再三にわたって上がってきたが、本田は、サイドバックの酒井宏に任せるのではなく、自らがつられて動くシーンが目立った。

    そうするとスペースが生まれ、井手口と山口の2人がそこを埋めようとして動くため、徐々にピッチに“ズレ”が生じた。

    逆サイドの原口からは、プレスをかけ、そこから仕掛けていく意図を感じたが、本田がさえないため、本田―酒井宏の右サイドは機能していなかった。

    ハリルホジッチ監督が「45分限定」で本田を前半が終わってベンチに下げたのも無理はなかった。ここ数試合、日本のサッカーの質が明らかに変わりつつある。

    井手口、大迫らの世代が、テンポとスピードアップをチームに与えた。球球離れが速いサッカーに、“重たい本田”が入ると噛み合わないのだ。

    現状のチームに本田の居場所はない。厳しい見方だが、全盛期に近い本田のコンディションを取り戻さない限り、ロシアW杯の最終メンバーから外れてしまう可能性も高いだろう。

    岡崎のコンディションも悪かった。岡崎のところでボールが収まらない。岡崎がボールをキープできないので、サイドを使えずに攻撃パターンが増えなかった。

    2年ぶりに出場した柴崎が、ワンタッチでボールを動かして、サウジの鼻先に面白いタテパスを何本か送ったが、岡崎とのタイミングが合わなかった。パスを読めずスピードにも欠けた。

    現状のコンディションで比較すれば、ワントップのポジションでは、大迫が一歩も二歩もリードしているのではないだろうか。

    むしろ、柴崎―大迫の組み合わせでは、どんな連携を見ることができるのか、と考えさせられた。チームの攻撃のギアを変える能力を持っている柴崎が、今後、強化試合の中で出場機会を増やして、コンビネーションを磨いていけば、チームの新しいオプションになる。
    2017-09-06_13h41_20
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000002-wordleafs-socc
    9/6(水) 10:00配信
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/06(水) 06:57:27.88 ID:CAP_USER9.net
    日本代表FW本田圭佑がサウジアラビア戦後、悔しさを語りつつ、自分の良さが最も活きるポジションについて語った。

    日本は5日、ロシア・ワールドカップアジア最終予選最終戦でサウジアラビアと対戦。本田は右サイドのアタッカーとして先発したが、ゴールに絡むことはできず、0-1で敗れている。

    本田は前半のみで交代することは試合前から決まっていたと明かしつつ、結果を残す必要があったと語っている。

    「僕は前半だけで交代するって最初から言われていたので、前半の中でもう少し何かやりたかったかなという気持ちはあります。チームとしても勝ちたかったなというのが率直な感想です」

    また、前所属クラブのミランや日本代表では右サイドでの起用が続いている本田。しかし、改めて希望は中央でのプレーであることを示した。

    「代表でもチームでも、自分の一番の良さは真ん中で生きるというふうに自分自身は自負しているので、監督も考えてないわけではないと思います。

    結果的に他にも中盤に良い選手がいるということで、今日こういう采配になったかと思いますけど、またいずれ真ん中をできるチャンスも来るかなと。しっかり自分が良いプレーしないと真ん中では使ってもらえないと思っているので、まずは真ん中で試合に出続けること、所属クラブで出続けることが重要だと思っています」

    今後、自分自身をどう伸ばしていくかということに関しては、「まずは試合に出続けること」とした本田。所属クラブのパチューカでは、インサイドハーフで起用されることも考えられるため、大きなインパクトを残せば、代表でのポジション奪取も見えてくるはずだ。
    2017-09-06_09h11_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000045-goal-socc
    9/6(水) 6:21配信
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/09/06(水) 08:00:10.56 ID:CAP_USER9.net
    9/6(水) 5:24配信

    ハリル、本田圭佑は「45分限定で使った」「リズムの面でトップレベルにない」
    【日本 0-1 サウジアラビア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

    日本代表は現地時間5日、ロシアW杯アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦し0-1で敗れた。

    韓国のいるグループAは大混戦! まさかのチームが3位浮上 W杯アジア最終予選 順位表

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、はじめから本田圭佑を45分間の出場で交代させる予定だったようだ。試合後の監督会見で明かしている。

    「本田がトップコンディションでないことはわかっていた。ゲーム勘が欠けていたこともわかっていたので、45分限定で使った」

    スタメン出場した背番号4はボールを受けようとし、ワンタッチパスで味方を活かすプレーは見せた。しかし、時間の経過と共にミスが目立ち始める。特に守備では周囲と連動することなく突如として猛プレスをかけたかと思えば、戻らなくてもいいエリアまで引いてしまう。リスク管理を怠らなかったとも言えるが、後ろの枚数は足りていた。味方とのコミュニケーションも欠いた印象だ。

    「リズムの面でトップレベルにない。今後も努力して取り戻してもらいたい」

    指揮官は本田についてこのように評している。試合の流れを作り、変えられる存在だが、今回のアウェイゲームで良さを発揮したとは言い難い。
    20170906-00230086-footballc-000-2-view
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00230086-footballc-socc
    続きを読む

    2017-09-04_18h55_14

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/04(月) 22:14:28.64 ID:CAP_USER9.net
    「W杯アジア最終予選、サウジアラビア-日本」(5日、ジッダ)

    6大会連続でのW杯出場を決め、合宿中のサッカー日本代表は現地3日(日本時間4日未明)、冒頭15分間をのぞく非公開練習を行い調整した。

    FW本田圭佑(パチューカ)は従来通り右サイドでの起用となりそうだ。オーストラリア戦に向けた戦術練習では、控え組の司令塔の位置でもプレー。本田自身は所属クラブと同じトップ下でのプレーを希望しているが、ジッダ入り後、現地3日の非公開練習では右FWとしてテストされたもよう。

    「自分自身に対して、しっかり挑戦していきたい」と話していた本田。まずは与えられた場所で存在感を放つ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000123-dal-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/04(月) 08:44:59.12 ID:CAP_USER9.net
    ハリルホジッチ監督と意見をすり合わせていく。パチューカの日本代表FW本田は、自身が志向するポゼッションと指揮官が目指す速攻スタイルには隔たりがある。

    それでも「監督の考えていることが目からうろこの部分もあるし、そうじゃない部分もある。これからも議論をしていく。チームとして勝ちたい思いは一緒」と持論を語った。


    次戦は中盤で起用される可能性もある。「これを勝たないとW杯に行けないというシミュレーションでやりたい」と闘志をかき立てた。
    20170903s00002014405000p_view
    [ 2017年9月4日 05:30 ]スポニチ
    http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/09/04/kiji/20170903s00002014372000c.html
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/03(日) 23:22:25.24 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表FW本田圭佑(パチューカ)が3日、自身のツイッターで、「棄児(きじ)」と呼ばれる捨てられた子供達の問題に切り込んだ。

    報道記事を引用し、「最悪」と懸念した本田。「母親も父親も周りの家族にも全員に責任があるし、何よりも母親は後悔してるはず」と憂えた。

    別の視点から「これ、勇気出して子供を引き取りにいったら母親って捕まるんかな?それやったら根本的な問題が解決しないし、意味ないよね」との考えもつづった。

    今年の5月21日からツイッターを始めた本田は、サッカーと直接関係のない社会問題の話題も積極的につぶやいている。以前の取材には、「ツイートしていることの内容が意外と思われることもあるかもしれないですけど、僕としては自然で、20代前半から考えていたことを今になってつぶやき始めたと思ってもらえれば」と語っている。
    2017-09-04_00h01_21
    https://www.daily.co.jp/soccer/2017/09/03/0010521270.shtml
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/03(日) 10:09:01.43 ID:CAP_USER9.net
    日本代表がロシア・ワールドカップアジア最終予選最終戦のためにサウジアラビア入りし、本田圭佑が取材に応じている。

    すでにオーストラリアを下したことで本大会への切符をつかんだ日本代表だが、本田は「やるからには勝ちたい」と話し、サウジアラビア戦に向けてしっかり頭の中でその意味を考えているようだ。

    「これを勝たないとワールドカップに行けないというくらいのシミュレーションで試合をやりたいなというのが個人的な考え方で、緊張感があればあるほどいい経験になる、それを残り2、3日で作りたいと思います」

    また、オーストラリア戦では出番がなく、日本代表では絶対的な選手ではなくなりつつある本田。レギュラーを取るという競争以上に、自分自身に対して挑戦をしていきたいと語る。

    「自分は自分自身に目を向けているので、その挑戦をしっかり、そこで勝ちたい。自分自身に勝ちたいと思います。全てにおいてパワーアップしたいなと。まだまだこの経験を上手くいかせれば。努力の仕方も変えて、これまでの努力の仕方からまた新しい形で、今まで挑戦しなかった挑戦をして、新たにパワーアップした本田圭佑をみなさんに見せられたらと思っています」

    9/3(日) 8:27配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000000-goal-socc

    写真


    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/03(日) 06:04:18.81 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・日本代表合宿(2日、サウジアラビア・ジッダ)2018年W杯ロシア大会出場を決めた日本代表が、
    アジア最終予選B組最終戦となるサウジアラビア戦(5日)のため当地入り。

    超ご機嫌なバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は、改めてチームを引き締め、本大会に向けたメンバーの絞り込みを始める。
    若手が台頭する中、8月31日の豪州戦で出番のなかったFW本田圭佑(31)=パチューカ=をトップ下で起用する可能性が浮上した。

    プレッシャーから解放されたハリルホジッチ監督が上機嫌でサウジアラビアに到着した。
    「疲れている? 私たちは勝ちましたよ。勝てば疲れは感じません」

    約13時間の長旅にも余裕の表情。VIP専用ターミナルに降り立つと、
    2006年に指揮したアルイテハド時代のアシスタントコーチらと旧交を温め、終始リラックスモードだった。

    豪州に勝ち、B組1位突破を確定させた日本。夜でも30度を超えるサウジアラビア戦は消化試合とも受け取れるが、指揮官の考えは違った。
    9カ月後の本大会に向けたサバイバルレースを早速スタートさせる。「バカンスだと思わないようにしてくれ」-。選手には戦闘モードを維持するように通達したのだ。

    サウジアラビア戦では新たなプランも温めている。FW本田のトップ下での起用だ。15年3月の就任以降、主に右FWで起用し続けてきたが、
    豪州戦に向けた紅白戦では控え組の司令塔に配した。豪州戦では右FWとして22歳の浅野がW杯決定弾を放ち、23歳のFW久保が途中出場。若手が優先的に起用された。

    縦への速さを求める戦術にあって、本田の右FW起用には当初から疑問符がついていた。

    今夏のパチューカ移籍後、トップ下を任されたこともあり、左肩の不安から代表を離脱したMF香川に代えて試すには絶好のチャンス。出番がなかった豪州戦を振り返り、
    「これが本戦なら、やめようかと考えるかも」と口にした本田にとっても、生き残りを図る上で大きな分岐点になりそうだ。

    「最終戦でも勝利を味わいたい。選手にはそうしてほしい」と白星にこだわる姿勢をみせた指揮官。イスラムの聖地・メッカへの中継地となる港町ジッダが、日本にとってロシアへ向けた出発点となる。 (大石豊佳)

    2017.9.3 05:03 サンケイスポーツ
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170903/jpn17090305030003-n1.html

    写真
    2017-09-03_07h38_45
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/02(土) 06:08:20.81 ID:CAP_USER9.net
    日本代表のハビエル・アギーレ前監督(58)が、祝福の言葉とロシアW杯に向けた提言を寄せた。メキシコ代表を率いて2度のW杯16強入りした経験から、敵地で強豪国との親善試合を組む重要性と、ベテランと若手をミックスした平均年齢27歳前後のチームをつくることが理想だと語った。(取材・豊福 晋)

    日本代表がロシアW杯出場を決めてくれて、心からうれしく思っている。欧州のトップリーグで活躍する選手はアジアの中で最も多い。ハリルホジッチ監督は守備組織を整え、堅実なサッカーを進めたと思う。本大会までに重要なのはアウェーの環境、例えば欧州で強豪国との親善試合を多く組むことだ。

    W杯のメンバー構成はハリルホジッチ監督がベストの選択をするだろう。オーストラリア戦を見ても、私が選んだあの頃のメンバーが多く残っていて非常にうれしかった。川島、長友、吉田、長谷部、岡崎、本田、香川らのベテラン勢は健在で、個人的に昌子は絶対に成長するだろうと期待していた若手だったので、主力にまで成長してうれしい。そして柴崎だ。順調に成長しているし、特にスペインに移籍してからの活躍は素晴らしい。パス能力の高さに、エリア内に飛び込んで得点まで決める力もある。乾もテクニックは高く、技術やドリブルがスペイン1部でも通用している。私の時にはいなかった久保や原口ら、伸び盛りの選手もいる。

    ベテランといえば、本田は不調と言われることもあるようだが、私は代表には絶対に必要だと考えている。経験というものは、W杯においても重要になってくるからだ。彼は私がかつて指揮したパチューカに移籍したね。移籍前に本人からも連絡があり、個人的なアドバイスをした。街のこと、クラブのこと、サッカーのスタイルや生活、環境面。ポジティブな話を伝えた。親しくしているパチューカの会長からも獲得前にアドバイスを求められた。本田はプロフェッショナルな選手で能力も高く、メキシコで十分活躍できるポテンシャルがあると伝えたよ。

     W杯を迎える頃、個人的に理想と考えているのは平均年齢27歳前後のチームだ。チームを固めつつ、調子のいい若手も注入しながら、アウェーでの強豪との対戦を繰り返し強化してほしい。日本代表にかかわれたことは、私のキャリアの中でも素晴らしい出来事の一つだった。愛する日本のロシアでの活躍を、今から楽しみにしている。(談)

    ◆ハビエル・アギーレ 1958年12月1日、メキシコ生まれ。58歳。現役時代はMFで86年メキシコW杯に出場。96年にアトランテで監督を始め、2度のメキシコ代表監督、スペインでサラゴサなど4クラブ指揮。2014年8月に日本代表監督に就任するも、サラゴサ監督時代の八百長疑惑で15年2月に契約解除。同年6月からUAEのアルワフダの監督に就任し、今年7月に退任。日本代表監督時代の成績は6勝2分け2敗。

    9/2(土) 6:04配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00000398-sph-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ