海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:本田圭佑

    1:Egg ★:2018/06/07(木) 14:54:14.25 ID:CAP_USER9.net
    写真



    サッカー日本代表で復権したMF本田圭佑(31=パチューカ)を“ディスった”という渦中の男が激白だ。6月14日(同15日)開幕のロシアW杯に臨む西野ジャパンで、本田との連係について語った3日のコメントが「皮肉たっぷり」「本田批判」などと一部サポーターの間で騒動となっているMF原口元気(27=デュッセルドルフ)を直撃。注目発言の真意とは――。

    ――本田からのパスについて“1テンポ遅く動くとちょうどいい”という趣旨の発言が一部で話題になっている

    原口:そうなんですか。ああ、なんか…。

    ――“本田にスピードがない”との指摘と受け取った人も多くいた

    原口:別に分かっている人が分かってればいい。分からない人は、どう説明しても分からないんじゃないか。彼(本田)の持ち味はしっかり“タメれる”ことであって、そこで時間ができることによって、相手が食いついた瞬間に裏(を狙う)というのもある。良い意味での、ワンテンポ遅くというのはある。

     ――具体的には

    原口:(2016年10月のW杯アジア最終予選)アウェーのオーストラリア戦のとき。良い感覚で(本田は)普通だったらダイレクトで(パスを)出すところをターンしたりとか。あのシーンも1個、ワンテンポ遅く出てちょうどよく(自分がゴールを)決められた。ああいうイメージかな。どちらかというと。

    ――そうした本田独特の間合いは武器になる

    原口:もちろん、間違いなく僕らフリーランする側からするとすごく助かる。常に一辺倒のタイミングじゃなくて彼が入ることによってタメができて、僕じゃなくて、さらにサイドバックが上がったりとかできるから。そういうこと(攻撃に厚みが出る)ですよ。

    ――クラブでは主に左サイド、代表では右サイド。カットインの練習は違和感を埋める作業か

    原口:もちろん、一番得意なのは左だけど(前所属の)ヘルタ(ドイツ)でも長い時間、右サイドをやっていたし、そんなに違和感なくやれる。ドリブルに関しては左サイドのほうがやりやすいけど、やるからには突破したいし、シュートに持っていきたいので、今日(の練習)は相手を付けて良い感覚を取り戻せるようにした。

    ――初めてのW杯に向かっていく中でコンディション、メンタル、どう持っていくトライか

    原口:僕は何も心配していない。普通。普通にやっていれば必ず…。コンディションに関しては何年も自分と会話してきた、自分の体と。どうしたら上がっていくかとか、どういうタイミングでトレーニングしたら上がっていくかとか分かっている。その気持ちの面も含め、本当に一発勝負でグッと入る試合は得意だと思っている。あんまり心配していない。

    ――W杯最終予選では4試合連続ゴールと勢いがあった。8日(日本時間9日)のスイス戦で得点すれば波に乗れる

    原口:もちろん、どの試合も(ゴールを)取りたいし、取れたらいい…。難しいけど本番で取れたらいい。でも次(スイス戦)に取れたらいいね。自信になるから。

    【一部発言だけ切り取られ対立あおられる】

    「本田ディスり」騒動の発端は、原口が3日の練習後に取材で語った言葉だった。

    西野監督が取り入れた3バックシステムで、同じ右サイドでコンビを組む本田との連係について「一番ボールが収まる選手。彼に当てたときは、他の選手よりも1テンポ遅いくらいで出て行ったほうが合うと思う。うまく使えたら良さが出るし、僕の良さも引き出してもらえると思います」とコメントした。

    すると、原口の発言を目にした一部ファンの間で「他の選手よりも1テンポ遅い」との部分だけがクローズアップ。スピードのない“本田批判”との声が続出した。「これ実質的な本田dis(ディス)だな」「これ相当イラつかれてんな」「ケイスケホンダ嫌味言われてて笑える」などと、原口と本田が対立しているかのような構図となり“炎上”していた。

    【“炎上隊長”長友が絶賛】“炎上隊長”の日本代表DF長友佑都(31=ガラタサライ)が原口を絶賛した。「あれだけ走ってくれるのは彼も海外にいて、自分のことを理解し、スプリントを磨いている。今日もジムに行ったら、トレーニングしている姿を見た。今の活躍も、裏づけされていますよね」と話した。また、自身の現状についても「難しい状況の方が燃える。何度も『長友は厳しいんじゃないか』と言われてきた。その度に反骨心にして絶対に這い上がってやると思ってやってきた」と。気合をみなぎらせていた。

    東京スポーツ 6/7(木) 11:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000004-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/06/07(木) 14:37:56.11 ID:CAP_USER9.net
    トップ下復帰の本田「南ア大会とは全然違う」。捨てきれないプライドと理想とは異なる現実

    ●「そのワーストケースが南アフリカのやり方」

    しかしながら、背番号4がスイス戦で特に重視しているのは「攻撃」より「守備」だという。

    「守備がよければしっかりと攻撃の特徴が出ると。このスイス戦に限って言えば、守備ではめれたパターン、はめれない場面でのプレス、大きく言えばその2つをしっかり確認しながらやりたいです」と彼は語る。

    今回は昌子源とセンターバックを組んで最終ラインを統率することになる吉田麻也も「奪いにいく時と引く時のタイミングがあると思いますけど、やってみないと分からない。はめにいってみてからかな」とまずは高い位置からのプレッシングにチャレンジする意向を示した。

    スイスは今回、グラニト・ジャカが負傷欠場するため、パスの展開力は若干劣る。そこは本田ら前線の選手たちにとっても1つの狙い目だ。ヴァロン・ベーラミやデニス・ザガリアの両ボランチのところにプレスがはまって、高い位置でのボール奪取ができれば、スピーディーな攻めを繰り出すチャンスが広がるだろう。

    しかしながら、「スイスはチームとしてすごくオーガナイズされている。むやみにロングボールを蹴ったり、変な失い方をするよりは、ビジョンを持ってつなぐサッカーをしてくる」と吉田も分析するように、彼らが簡単に中盤でボールを失うケースはそれほど多くないはず。

    となると、日本は本田の言う「はめれない場面でのプレス」にシフトしなければならなくなる。どこまで全体のラインを下げるかは分からないが、低い位置でブロックを作らざるを得ない状況に追い込まれるのは確かだ。

    「そのワーストケースが南アフリカのやり方。全部ダメになってもあのやり方はできると思ってます」と本田は立ち返る場所があることを改めて強調していた。
    20180607_honda_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00010002-footballc-socc


    闘莉王、中澤、阿部、岡田監督は居ないが・・・

    8年前の同時期は、田中マルクス闘莉王(京都サンガF.C.)が「俺たちは弱い」と口火を切った選手ミーティングによって、超守備的戦術へのシフトに踏み切ろうしていた頃だった。

    直前3連戦の2試合目に当たるイングランド戦(グラーツ)で、岡田武史監督(現FC今治代表)は中澤佑二(横浜F・マリノス)から長谷部誠(フランクフルト)にキャプテンを変え、楢崎正剛(名古屋グランパス)や中村俊輔(ジュビロ磐田)といった絶対的主力を次々と外した。そのインパクトは今回を超えるレベルのものだった。

    けれども、当時を知る長友佑都(ガラタサライ)は今のチーム状態をそこまで深刻には捉えていないようだ。
    全文:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00771559-soccerk-socc
    続きを読む

    1:pathos ★ :2018/06/07(木) 13:01:44.88 ID:CAP_USER9.net
    今はトップ下が「俺か真司みたいな選択なんですけど」

    3バックシステムを試していた国内合宿とは打って変わり、インスブルック合宿では4-2-3-1システムをメインに練習が行なわれている。本田圭佑が担っているのは、アルベルト・ザッケローニ監督時代と同じトップ下。言うまでもなく、彼がもっとも得意とするポジションだ。西野朗監督の下ではその“マイホーム”に戻って日は浅いものの、イメージはできている。

    「チームでの役割のパターンが誰と出るかで微妙に変わってくるという印象。それはこの2、3日の戦術練習でも感じています」

    トップ下だからこう、というわけではなく、前線の選手の組み合わせによって担うタスクも違ってくるということだろう。

    「そのパターンって、いろんな組み合わせがあるはずで、僕がトップ下で固定されているとも思っていない。サイドのメンバーのタイプがスピードタイプじゃなくて、ゲームメーカータイプのケースもあるでしょう。今は(トップ下が)俺か(香川)真司みたいな選択なんですけど、俺と真司の共存もあるでしょうし、要するに試合のシチュエーションによってけっこう変わってくる」

    90分を通してひとつのやり方に固執せず、起用された選手の特長などを踏まえたうえで攻撃の有効策を見出していく。これが、ワールドカップで求められるトップ下像なのだろうか。いずれにしても、「時間は確かに短くて足りないと言えば足りない」という本田も、6月8日のスイス戦で「なんらか試したいことはしっかり出す」と強気な姿勢を崩さない。
    41518_ext_04_0
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=41518
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/06/06(水) 20:52:19.14 ID:CAP_USER9.net
    同紙が選んだ5人は、ネイマール、ロナウド、ドイツ代表MFメスト・エジル(アーセナル)、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)と、実力的にも知名度的にもワールドクラスが勢揃いだ。

    ロシア・ワールドカップ(W杯)では、スーパープレーだけではなく、各国を代表するスター選手のファッションにも注目が集まる。香港紙「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」では、「W杯サッカーで最もスタイリッシュな5人のスター」を選出。ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)らに並び、日本代表FW本田圭佑(パチューカ)も名を連ねている。

    同紙が選んだ5人は、ネイマール、ロナウド、ドイツ代表MFメスト・エジル(アーセナル)、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)と、実力的にも知名度的にもワールドクラスが勢揃いだ。

    ネイマールは「メッシが世界最高の選手で、ロナウドが最も自信家だが、ファッション面では彼が無敵だ」とし、ロナウドは「ピッチを離れればデニム、下着、香水に彼の名前を付けて知らしめている」とファッションアイコンとしての一面を紹介。さらに、エジルは、「『ファッションは僕の情熱で、自分自身のファッションで、街に出たいと思っている』と話している」と触れ、ポグバに関しては「試合ごとに変化する髪型は、彼にとっての究極のショーだ」とヘアースタイルに注目した。

    そのなかに“アジア代表”として名を連ねたのは本田だ。記事では、かつて“成田コレクション”と言われ、そのファッションでも注目された中田英寿氏を引き合いに出し、絶賛している。

    「W杯で最もスタイリッシュな5人」を海外紙選出 本田が世界的スターと並ぶアイコンに
    日本代表FW本田圭佑の両手に時計をつけるスタイルにも言及している【写真:Getty Images】
    両手に時計をつけるスタイルにも言及「現代サッカー選手とは一線を画す」
    「ファッション愛好家としての足取りをたどったことで、ナカタはいつも素晴らしいオーダーをしていたが、ホンダは金髪に染めた髪型、そして両腕に時計をつけるスタイルを何年間にも渡って貫いている」

    「しっかりと仕立てられたイタリア製のスーツを好み、スポーティーなサングラス以外にも、ホンダのスタイルは“俺を見てくれ!”と言わんばかりの現代サッカー選手とは一線を画すものだ」

    大会期間中の移動は、オフィシャルスーツのイギリスブランド「dunhill」の3ピースに身を包み、スイスの高級腕時計「HUBLOT」の日本代表モデルを両腕に巻くことになる。ロシアW杯では3大会連続ゴールが懸かる本田だが、ピッチ外での輝きを、ピッチ内にも持ち込みたいところだ。
    2018-06-06_23h37_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180606-00108764-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/06/06(水) 06:11:53.22 ID:CAP_USER9.net
    サッカーW杯ロシア大会を控える日本代表は4日、事前合宿地オーストリア・インスブルック近郊のゼーフェルトで午前、午後の2部練習を行った。

    午後は実戦形式の練習に取り組み、西野朗監督(63)は就任後初めて4バックとなる4-2-3-1の布陣を採用。主力組のトップ下にMF本田圭佑(31)が配置され、MF香川真司(29)=ドルトムント=は控え組のトップ下に回った。FW岡崎慎司(32)=レスター=は一度も主力組に入ることはなく、西野体制における“ビッグ3”の序列が浮き彫りとなった。

    かつて「自分の庭」と称した場所へ、本田が舞い戻った。時折、雷鳴が響くアルプスの山あい、叩きつけるような雨の中で行われた実戦形式の練習で、西野監督は就任後初めて4バックの布陣を採用。1、3本目の主力組のトップ下を本田に託した。

    4年前のザッケローニ監督時代には絶対的な存在としてトップ下に君臨した本田だったが、ハリルホジッチ体制では失われた“定位置”だった。前指揮官は就任当初から4-2-3-1を採用したが、トップ下については主に香川、清武に任せた。本田はW杯最終予選の敵地オーストラリア戦で1トップを務めるなどしたが、一貫して右MFに配置され、4-3-3採用後も右FWを主戦場とすることを余儀なくされた。

    その結果、本田は決定的な局面での仕事が減少。国際Aマッチ36得点を積み上げているが、ハリル体制ではわずか9得点で、16年9月のUAE戦を最後に1年9カ月もゴールから遠ざかっている。

    一方で西野監督から、本田と並び「代えの利かない選手」と信頼を寄せられていた香川は控え組のトップ下に回った。2本目の4-4-2で香川がトップ下、本田が右MFを務めた場面もあったが、指揮官の構想では両雄が並び立たない可能性も浮上し、熾烈(しれつ)な定位置争いが展開されることになる。

    西野監督が描く戦術について、宇佐美は「アイデアで相手を外しながらパスワークと人数で崩していく。どんどん人が湧いてくるような、一人多いんじゃないかというパスワークは必須になる」と理想の攻撃を代弁した。縦に速い攻撃を標榜した前体制から一転、4年前への回帰が色濃く反映されそうだ。

    紅白戦でも本田は心地良さそうに前線を動きながらボールに絡んだ。日本の命運は復権を果たした背番号4が握ることになる。“本田の流儀”で日本をさらなる高みへ導くことができるのか。答えは程なく明らかになる。

    デイリースポーツ 6/6(水) 6:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000021-dal-socc

    写真


    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/06/04(月) 14:20:52.74 ID:CAP_USER9.net
    6/4(月) 11:30配信
    原口元気がガーナ戦で実感、本田との連係は「1テンポ遅いくらいで出て行くほうが合う」

    「上手く使えたら良さが出るし、僕の良さも引き出してもらえる」

    オーストリアで直前キャンプを張る日本代表が現地3日、公開トレーニングを行なった。「あまりストレス掛からない、コンタクトも少ないトレーニング」(西野朗監督)で汗を流したチームは、練習前の午前中にミーティングを実施。0-2で敗れたガーナ戦の分析と、システムや戦術を含めた今後の方針について、監督・スタッフ陣と選手たちが意見交換をしたという。
     
    ガーナ戦で3-4-2-1の右ウイングバックを任された原口は、そこで話題に上がったサイド攻撃について、自身のテーマを語った。
     
    「守備のポジショニングや相手のサイドハーフに対して僕らが出ていくタイミングだったり、裏のケアであったりというのは、詰めていかなければならない」
     
    まず守備面についてそう述べた原口は、続けて「攻撃でいいものも出ていたけど、それをより最後のところを上げていく。ある程度決まり事を作ってもいいと思うし、それはこれから楽しみの部分でもある」と攻撃面についても言及。何度かチャンスを作りながらも無得点に終わったガーナ戦の反省を活かし、崩しやフィニッシュの局面の精度向上に努めると力を込めた。
     
    原口は不慣れなウイングバックにも「求められるものを深く理解して表現する。それが僕の強みだし、しっかり表現できたらいいと思います」と前向きで、右サイドでコンビを組む本田圭佑との連係にもイメージを膨らませている。
     
    「一番ボールが収まる選手。彼に当てた時は、他の選手よりも1テンポ遅いくらいで出て行ったほうが合うと思います。上手く使えたら良さが出るし、僕の良さも引き出してもらえると思います」
     
    次の実戦は8日のスイス戦。「このキャンプ、トレーニングマッチ2試合というのはものすごく重要になって来る」という原口は、急ピッチでコンビネーションを詰めるつもりだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180604-00041387-sdigestw-socc

    続きを読む

    1:名無し募集中。。。:2018/06/01(金) 16:50:12.80 ID:0.net
    誰なんだ
    2:名無し募集中。。。:2018/06/01(金) 16:51:29.84 ID:0.net
    ホンダ
    ケイスケホンダ
    no title

    3:名無し募集中。。。:2018/06/01(金) 16:51:31.95 ID:0.net
    松木安太郎
    続きを読む

    2018-06-02_10h31_33

    1:れいおφ ★:2018/06/02(土) 02:53:54.78 ID:CAP_USER9.net
    6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表メンバーMF本田圭佑(31)の地元・大阪府摂津市の市役所では31日、サッカーのロシアW杯日本代表発表を見守るイベントが行われ、本田の選出を祝福する歓喜の声が庁内に響き渡った。

    発表会見開始予定時刻の午後4時。市役所1階ロビーには大画面テレビが特設され、本田が小学2年時に入団した地元クラブ「摂津FC」の後輩のちびっ子約30人に来庁した市民らを加えた約150人が、食い入るように見つめた。西野朗監督の口から「本田圭佑」の名が読み上げられた瞬間、「やった!」「おめでとう!」という歓声とともに万歳の大合唱が巻き起こった。

    摂津FCのメンバーらは「摂津魂」と書かれた寄せ書きも持参。チームの“点取り屋”という背番号10の小学6年、和田陸くん(11)は「世界中でもメッシの次にすごいのが本田さん」と“世界No.2”認定しながら、「ゴールを量産して、優勝に貢献してほしい」とエールを送った。

    森山一正市長(74)は「キャリアと根性で日本を引っ張り、勝利を呼び込んで欲しい。町を挙げて応援しよう」と呼びかけ。本田には南アフリカW杯後の10年7月に同市として初めての市民栄誉賞を授与していることを振ると、「今回もいろいろ考えていますから…」と大活躍の暁には“サプライズ”があることを示唆した。

    庁内にはサムライブルーの横断幕(タテ80センチ、ヨコ2メートル)と4本の白い垂れ幕(タテ2メートル、ヨコ35センチ)も掲げられ、広報誌の号外130部も配られた。

    また、同市は、19日のコロンビア相手の日本の初戦で、市民らを対象にしたパブリックビューイングを市立コミュニティープラザで行うことも発表した。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/05/31/kiji/20180531s00002014244000c.html
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/06/02(土) 03:38:02.68 ID:CAP_USER9.net
    本田家総帥・大叔父がエース復権ならずの圭佑に緊急提言「俺が監督なら使わん」
    6/1(金) 16:33配信 東スポWeb
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/1026310/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000035-tospoweb-socc

    本田家の総帥・大三郎氏



    日本サッカー協会は31日、6月14日開幕のロシアW杯に臨む日本代表メンバー23人を発表した。MF本田圭佑(31=パチューカ)は、ハリルジャパン時代の逆風をはねのけて3度目のW杯代表入り。キャリアの集大成と位置付ける大会での活躍が期待される中、大叔父で1964年東京五輪カヌー代表の本田大三郎氏(83)が緊急提言だ。本田家の“総帥”は西野ジャパンでのあるべき役割を説き、将来のビジョンにまで言及した。

    本田はバヒド・ハリルホジッチ前監督(66)から冷遇されて、キャリア最後となるW杯出場へ大ピンチを迎えていたが、“天敵”の電撃解任で復権のチャンスを得た。西野朗監督(63)からは信頼を寄せられ、先発のイスを確保しそうな扱いを受けている。

    しかし大三郎氏は兄の孫の現状を冷静に分析した上でこんなジャッジを下した。「もう新旧交代の時期にきている。俺が監督なら使わないよ」とバッサリ。プレーよりも数々の苦難を乗り越えてきた経験を生かし、日本の精神的支柱になるべきだという。「チームには古いやつがいないといけない。若いやつばかりだと、いいときはガーッといけるが、うまくいかないときはガタッときちゃう。チームを締められるベテランが必要になる」

    その役割をこなした上で期待するのはスーパーサブだ。フル出場は厳しくても、昨夏にメキシコ1部パチューカへ移籍してかつてのパフォーマンスに戻りつつあり、適役とみる。「いい位置で待つこともできる。そういう知的な面が厳しい局面で生きる。修羅場をくぐってきた者でしか切り抜けられない場面に使ってもいい。僕がハンドボールやラグビーをやっていた経験からそう思う」

    不遇だったイタリア1部ACミラン時代ならば代表の“切り札”にもなり得なかったが、メキシコ移籍が復調の要因になったという。「メリットは高所トレーニングになること。僕は2回行って長い合宿をしたんだけど(カヌーの)トップ選手がジョギングで休み休みになっちゃう。(高所トレのキツさで)目の前に星が見えちゃうギリギリの感じを体験できたからこそ厳しい場面で、もうひと踏ん張りできる」

    ロシアW杯で本田は代表キャリアに区切りをつけそう。大三郎氏は心酔する剣豪・宮本武蔵を引き合いに出しながら持論を展開した。「日本人で一番のチャンピオンは誰かと聞かれたら“宮本武蔵だ”と。『本田さんはちんぷんかんぷんなこと言うね』と言われることもあるけど、彼は剣で戦えなくなったら筆で戦って(「五輪書」などの)文章を残している。そうなるとゴールはない。引退という言葉を使ってほしくない」

    第一線から退いても伝説の剣豪のように、新たな分野で戦うことを望んでいる。「選手としては辞めるときがくる。いつかはわからないが、サッカーを続けるという意味でピリオドはない」。すでに自身のサッカー教室を展開するなど、本田は活動の幅を広げているが「自分が得てきた技などを世の中に還元していく目標は持っていると思う。そういう意味では花丸あげてもいい」と絶賛した。

    自身は83歳の今でも自らのカヌースクールで子供たちの指導にあたる。

    宮本武蔵にならって今も“現役”を自任するように、本田にも同じ境地に到達することを求める。「圭佑のいいところは簡単に納得しないで、次に次にと行こうとする。自分と同じで好奇心が旺盛で新しいものに対して貪欲」とし、まずはロシアでの活躍を期待した。

    本田は5月30日のガーナ戦で「エース復権」を証明できず批判を浴びただけに、いま一度、大叔父の言葉に耳を傾ける必要がありそうだ。
    続きを読む

    GettyImages-119439773-min

    1:風吹けば名無し:2018/06/01(金) 08:16:54.59 ID:qK91FBYP0.net
    2010から2014の間のワクワク感よ
    2:風吹けば名無し:2018/06/01(金) 08:18:35.24 ID:yCqFCyCdd.net
    なお
    3:風吹けば名無し:2018/06/01(金) 08:21:28.46 ID:eRJPTWwgr.net
    ハーフナー
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ