海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:杉本健勇

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/11/18(日) 21:16:00.55 ID:CAP_USER9.net
    日本代表FW杉本健勇が、レギュラー争いやクラブチームとの違いについて語った。

    日本代表では、ロシア・ワールドカップから引き続き大迫勇也が1トップのレギュラーを務めている状況。杉本は「学ぶことが多い」としつつも、ポジション奪取に意気込んでいる。

    「サコ君(大迫勇也)から学ぶことは本当に多い。海外でやってますし、そういった意味では吸収しないといけない部分も多い。ただ、サコ君ずっと代表で出ているので、そこを脅かすというか、向かっていく選手ってのは出てこないといけないって自分でも思ってます。そういった意味では試合で見せないといけないと思います」

    「(冷静に収めるという部分?)そうですね。自分はチーム(セレッソ大阪)ではあれですけど、代表ではちょっとバタついてしまうところが多いので。そこはメンタルというか、気持ちのところだとは思います」

    「(普段のセレッソならもっとできる?)はい。俺も思います(笑)」

    「普通のメンタルでやっていてもちょっと違ったりするところがあるので、そこは自分のダメなところでもあると思うし、改善しないといけないとずっと思っています。次はそこを見せられればと思います」
    2018-11-18_22h22_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000019-goal-socc
    11/18(日) 21:08配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 21:43:24.99 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表が14日、大分県内で国際親善試合ベネズエラ戦(16日、大分銀行ドーム)へむけた合宿3日目を行った。負傷離脱したFW鈴木優磨(22=鹿島アントラーズ)の代わりに追加招集されたFW杉本健勇(25)も合流し、全23選手がそろった。

    杉本は森保ジャパン初陣の9月の代表合宿の際は途中で負傷離脱し、10月は招集されず。三度目の正直となる代表戦へ向け「(FW鈴木の)けがをしたという話は聞いていたし、いつでもいけるように準備はしていた。言われていたわけではないけど、勝手に思っていました。思い切ってプレーしたい」と意気込んだ。

    またかつてセレッソ大阪でともにプレーし、森保ジャパンで3戦連発ゴール中のFW南野拓実(23)について「あいつのことを考えている余裕が自分にはない」と苦笑いしつつ「(セレッソ大阪)ユースの頃からやっているので、またここでできるのはいいことだと思うし、俺もあいつに負けないように頑張ります」と闘志を燃やしていた。
    2018-11-15_00h54_38
    11/14(水) 21:25配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00392267-nksports-socc
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/11/13(火) 14:43:02.57 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会(JFA)は13日、国際親善試合ベネズエラ戦(16日、大銀ド)とキルギス戦(20日、豊田ス)に臨む日本代表メンバーにおいて、FW鈴木優磨(22=鹿島アントラーズ)がけがのため不参加となり、代わってFW杉本健勇(26=セレッソ大阪)が追加招集すると発表した。

    鈴木の所属する鹿島はこの日、右足関節捻挫で全治約2週間と診断されたと発表。10日のACL決勝ペルセポリス戦で負傷していた。
    2018-11-13_15h52_35

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00390797-nksports-socc
    11/13(火) 14:24配信



    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★:2018/09/23(日) 01:06:33.52 ID:CAP_USER9.net
    ◆明治安田生命J1リーグ第27節 湘南―C大阪(22日・BMWス)

    C大阪の日本代表FW杉本健勇(25)が、開始わずか10秒でアクシデントのため交代した。味方からのボールを受け取る際に、背後から来た相手DFと接触。右肩をおさえながら厳しい表情でピッチ外に出て治療を受けたが、無念の交代となった。

    杉本は7日に行われた日本代表の紅白戦で右足中指を骨折した。しかし約2週間という驚異のスピードで回復し、現在暫定6位のチームを救うべく気合十分に迎えた復帰戦だった。そんな背景があっただけに、ベンチ裏に下がる際にはサブの選手たちに励まされながら、目にはあふれんばかりの涙を浮かべているようにも見えた。
    2018-09-23_01h53_23
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000256-sph-socc
    9/22(土) 19:54配信
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/30(木) 22:11:20.17 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表(A代表)の森保一監督が2018年8月30日、初陣に向けたメンバー23人を発表すると、欧州で結果を残す堂安律(20=オランダ、フローニンゲン)ら新世代に期待が集まる一方、不安の声も漏れた。

    最大の懸念はFW陣。Jリーグには上り調子の若手ストライカーが複数いる中で、不調の杉本健勇(25=セレッソ大阪)らが選ばれた。

    ■ロシアW杯出場の海外組は見送り

    日本代表は9月7日にチリ、同11日にコスタリカと、2つの親善試合を行う。ロシア・ワールドカップ(W杯)後のA代表初の実戦となる。当面は4年に一度開催される19年1月のアジアカップが目標となる。

    メンバーにはDF佐々木翔(28=サンフレッチェ広島)、DF冨安健洋(19=ベルギー、シントトロイデン)、伊藤達哉(21=ドイツ、ハンブルガー)、堂安の4人が初選出。米国人の父と日本人の母をもつGKシュミット・ダニエル(26=ベガルタ仙台)も、GKの代表候補合宿に呼ばれたことはあるが、代表戦招集は初となる。

    東京五輪代表と兼任の森保監督は、アジア大会中のインドネシアで会見。海外組は8人となったが、「ロシアW杯に出場して海外でプレーする選手の招集は見送った」としている。また、「この最初の招集がコアなチームだとは思っていない」と多くの選手を試していく考えだが、今回選ばれた選手に対し、主に2つのポジションで不安の声も漏れた。

    1つはFW陣。ツイッターやネット掲示板では、国内組2人のうち、特に杉本健勇に厳しい視線が注がれた。

    「なぜに杉本健勇なのか理解できなかった」
    「アジアカップを想定しての招集なのはわかるんだが杉本は要らんだろ こいつは身体が張れるわけでも無くスペースを作る動きをしてくれるわけでもない」
    「小林はいまJリーグナンバーワン日本人FWですから それよか杉本の意味が分かんない」

    今季4ゴールどまりの杉本

    国内組ではFW小林悠(30=川崎フロンターレ)が選出。J1得点ランク日本人トップタイの11得点をあげている。代表ではなかなかインパクトを残せていないが、現在の好調ぶりから納得する向きもある。対して杉本は今季4得点どまり。出場時間に換算すると、453分に1ゴールしかあげていない(小林は140分に1ゴール)。

    森保監督が3-4-2-1のフォーメーションを敷く見込みであることから、187センチの長身を生かした1トップでのポストプレーを期待したのだろう、との指摘もあるが、今季の実績は乏しい。サッカージャーナリストの河治良幸氏は30日にツイッターで、杉本について「能力に疑いないにしてもJリーグの調子で選んだ感はないチョイスですね」と投稿している。

    Jリーグでは、11得点中のFW西村拓真(21=仙台)、8得点中で182センチのFW鈴木優磨(21=鹿島アントラーズ)、7得点中でスプリント力に秀でたFW北川航也(21=清水エスパルス)ら、A代表未経験の若手が頭角を現し、初選出に推す声も少なくなかった。西村はロシアのCSKAモスクワ移籍話が浮上し、鹿島はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)も並行して戦っているため、こうしたチーム事情を考慮した可能性もあるが、いずれも選外だった。

    もう1つの懸念は、FW陣ほどではないがGK。W杯に3大会連続で出場し、30日にフランスのストラスブール移籍が決まった川島永嗣(35)を超える選手の台頭が不可欠となっている。選ばれたのは権田修一(29=サガン鳥栖)、シュミット・ダニエル(26=仙台)、そしてロシアW杯代表の東口順昭(32=ガンバ大阪)だ。

    権田は8月に入って好セーブを連発。15日の第22節・川崎戦ではシュート27本(枠内9本)を浴びながら無失点に抑える驚異のパフォーマンスを見せた。だが27日の第24節・G大阪戦後、脱水症状を起こして救急搬送されたばかりで、状態にやや不安も残る。東口は実績十分ながら、G大阪は失点数でリーグワースト4位に沈んでおり、W杯による中断明け後の全9戦連続で失点中。197センチの長身を誇り、クラブで上り調子のシュミット・ダニエルに早くも出番が来る可能性はある。

    8/30(木) 20:20配信
    2018-08-30_23h50_06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000011-jct-ent
    続きを読む

    1:動物園φ ★ :2018/01/11(木) 15:45:46.58 ID:CAP_USER9.net
    1月11日(木)14時48分 スポーツニッポン

    J1のC大阪は11日、日本代表FW杉本健勇(25)と今季の契約更新に合意したと発表した。

    昨季はJ1リーグ戦34試合に出場してリーグ2位の22得点をマーク。YBCルヴァン杯決勝では開始47秒で決勝ゴールを決めてクラブの初タイトル獲得に貢献してMVPにも輝いたが、昨年12月21日には左足関節関節内遊離体の除去手術を受け、全治6週間の診断を受けていた。

    今冬にはスペイン1部ヘタフェから獲得オファーが届いていたが、熟慮の末に断り、残留を決めた。
    2018-01-11_16h43_17
    https://news.biglobe.ne.jp/sports/0111/spn_180111_0636677597.html
    続きを読む

    1:動物園φ ★ :2017/12/11(月) 07:13:08.38 ID:CAP_USER9.net
    12/11(月) 6:45配信

    C大阪の日本代表FW杉本健勇(25)が、今冬にスペイン1部ヘタフェに移籍することが10日、濃厚となった。複数の関係者によると、完全移籍での獲得に向けた正式オファーがクラブ側に届いていることが判明。交渉は詰めの段階に入っているという。約半年後に迫ったW杯ロシア大会での活躍を目指すストライカーは、欧州でさらなる進化を遂げることになる。

    目標としてきた欧州移籍の実現が、秒読み段階に入った。複数の関係者によると、今季のJ1で得点ランク2位に入るなど飛躍の一年を過ごした杉本に対して、ヘタフェから完全移籍での獲得に向けた正式オファーがC大阪サイドに届いたことが判明。クラブ間の交渉は細部を詰めていく段階に入っているという。

    ヘタフェは今夏にも期限付き移籍での獲得を画策。その後も変わらぬ熱意を持って動向を追ってきた。C大阪は全力で慰留する一方、本人の意思を尊重する方針を示している。この日、報道陣の取材に応じた大熊清チーム統括部長は「誠意は見せているが、自分たちにできることとできないことがある」と現状を説明した。

    肋骨骨折と左足首痛の影響で日本代表を離脱し別メニュー調整中の杉本だが、ケガのために「移籍(の可能性)がなくなることは全くない」と強調した。第14節を終えた時点で8位のヘタフェには、同学年の日本代表MF柴崎岳が在籍。移籍なら日本人ホットラインにも注目が集まりそうだ。

    8月にA代表に初招集され、約半年後に迫ったW杯ロシア大会で結果を残すことに重点を置く大型ストライカー。「偉そうな言い方になるかもしれないけど、23人に入ってW杯に出るのが目標じゃなくて、出て活躍したいと思っている」。世界最高峰の舞台で輝くためにも、海を渡り新たな挑戦に打って出る。

    ▽ヘタフェCF 1983年創設。ホームタウンはマドリード州ヘタフェ。04~05年に1部初昇格。昨季初めて2部に降格するも、昇格プレーオフ決勝でテネリフェを下し1年で1部復帰。1部最高位は09~10年の6位。本拠地はアルフォンソ・ペレス(1万7393人収容)。
    2017-12-11_07h44_33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000065-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/07(木) 07:36:35.36 ID:CAP_USER9.net
    写真



    川崎フロンターレの劇的な逆転優勝で幕を閉じた今季のJ1リーグ。シーズンも残すところ天皇杯のみとなり、Jリーグの各クラブは来る新シーズンに向け、水面下で補強オペレーションを着々と遂行中だ。
     
    そんななか、やはり動向を注視したくなるのが、欧州挑戦をスタートさせそうなタレントたち。米スポーツ専門チャンネル『Fox Sports Asia』は「欧州を新天地に求めそうなJリーグスター5選手」と題し、大胆な予想記事を掲載した。いずれも日本代表の近未来を担う戦士だ。一人ずつチェックしていこう。
     
    まず最初はセレッソ大阪のエース、杉本健勇だ。J1最終節で川崎の小林悠に得点王の座を奪われたが、堂々の22得点。シーズン中からヘタフェをはじめスペイン方面から関心が伝えられるなど、その実力は欧州でも高く評価されている(残念ながら今回のE-1東アジア選手権は怪我のため戦線離脱となってしまった)。
     
    「長身選手だが、古典的なターゲットマンの枠には収まらない。ディフェンダーにとってはなにをしてくるか分からない、実に厄介な選手だろう。その決定力は図抜けており、世界のどこの国でも結果を出せるタイプのストライカーだ。フィットしそうなのはオランダ・エールディビジか」
     
    続いては、飛ぶ鳥を落とす勢いで声価を高めている川崎の左サイドバック、車屋紳太郎。ここ6~7年、欧州市場に良質なサイドバックを提供してきた日本サッカー界が、次に送り出す人材がこの車屋だと紹介している。
     
    「ユウト・ナガトモ、アツト・ウチダ、ヒロキ・サカイ、そしてゴウトク・サカイ。偉大な先達の系譜に名を連ねそうなのが、このシンタロウ・クルマヤだ。素晴らしいフィジカルとメンタルタフネスを備えており、なによりその左足のキック精度が秀逸だ。ナガトモの後継者だが、(イタリア・セリエAではなく)ドイツ・ブンデスリーガでスタートを切るのが良さそうだ」
     
    日本代表でもレギュラーを張るガンバ大阪の至宝、井手口陽介。こちらは以前からイングランド2部、リーズ・ユナイテッドへの移籍が取り沙汰されているが、同局の見立てはどうか。
     
    「ワールドカップ予選、オーストラリア戦でのファインゴールによって、一躍世界的な知名度を高めたのがイデグチだ。あの落ち着き払ったプレーと勝負強さは、とても21歳とは思えないレベルで、どことなくローマのラジャ・ナインゴランを彷彿させる。将来性豊かな彼にはリーズが獲得の意思を示しているようだが、向いているのはセリエAだろう。次代のケイスケ・ホンダとなり得る」

    つづく

    サッカーダイジェスト12/7(木) 6:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171207-00033423-sdigestw-socc
    続きを読む

    GettyImages-872890430

    1:Egg ★:2017/12/07(木) 07:45:55.71 ID:CAP_USER9.net
    日本サッカー協会は6日、FW杉本健勇(25)=C大阪=が東アジアE―1選手権の日本代表メンバーから離脱すると発表した。11月15日のベルギー戦で骨折した左脇腹に加え、左足首にも痛みがあり、試合出場は不可能と判断された。

    関係者によると、左足首は遊離軟骨の可能性があり、帰阪して検査を受ける予定。除去手術を受けることになれば23日の天皇杯準決勝・神戸戦(ヤンマー)の出場は絶望的で、スペイン1部ヘタフェなどとの移籍交渉も難航が予想される。杉本は日本協会を通じ、「しっかりけがを治して、またここに戻ってこられるよう、チームで頑張ります」とコメントした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000241-sph-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/04(月) 06:41:08.86 ID:CAP_USER9.net
    C大阪の日本代表FW杉本健勇(25)が、8日に開幕する東アジアE―1選手権の出場を見送る公算が高くなった。3日、大阪市内で11月15日のベルギー戦で痛めたとみられる左脇腹を検査したところ、ろっ骨骨折が判明。4日から東京都内で始まる日本代表合宿にはひとまず合流する方向だが、途中離脱する可能性も出てきた。

    国内組で臨むE―1でエース級の活躍が期待された杉本。ベルギー戦からの帰国後もJ1で3試合に出場するなど当初は軽症と考えていたが、11月末の練習中に患部をひねって以降、痛みが増したという。E―1については「やろうと思えばできるけど…」と苦渋の表情を浮かべ、「できれば天皇杯(23日の準決勝・神戸戦)に間に合わせたい」と、完治を優先したい意向だ。

    この日はまた、来季の契約についてもクラブ側と交渉。スペイン1部ヘタフェなどが獲得に動く中、海外クラブへの移籍について「W杯に出るだけじゃなく活躍したい。そのために移籍するのがいいのか、日本に残るのがいいのか、しっかり考えて決めたい」と、結論を保留した。

    12/4(月) 5:03配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000012-sph-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ