海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:杉本健勇

    1:Egg ★ :2017/11/05(日) 10:27:40.63 ID:CAP_USER9.net
    <ルヴァン杯:C大阪2-0川崎F>◇決勝◇4日◇埼玉

    セレッソ大阪の日本代表FW杉本健勇(24)が、47秒で無冠の呪縛を解いた。ともに初タイトルをかけた川崎フロンターレ戦で開始47秒に先制弾。その後は防戦一方の展開を耐え、後半ロスタイムにMFソウザ(29)の追加点で2-0と突き放した。C大阪はJリーグ参入23年目の初タイトルで賞金1億5000万円を獲得し、MVPの杉本は仲間を思い涙した。勢いに乗り、現在4強の天皇杯で2冠を狙う。


    映像でしかなかった世界が広がった。メインスタンドでの優勝カップ授与。「あんな上から見る景色初めて!」と杉本は無邪気に笑った。耐えて耐え抜いた90分+4分。苦しみの後には、絶景が待っていた。「サイコー!」。決勝がルヴァン杯初出場。MVPにも輝くとインタビューで「みんなの思いが詰まったゴール」と涙をにじませた。

    大会史上最速の47秒でゴールをこじ開けた。柿谷が頭でつないだボールを相手DFがミスした隙を逃さない。鋭く反転して右足で決めた。「最初のチャンスに絶対俺たちが決めよう」。試合前の言葉通り、5万3452人をのみこんだ異様な雰囲気、そしてC大阪を縛り付けてきた無冠の重圧を47秒弾で振り払った。

    優勝を決めた瞬間はピッチに突っ伏したまま動けなかった。「いろんなものがこみ上げてきて」。ルヴァン杯はベンチ入りもなかった。チームの方針とはいえ複雑な思いがあった。「ここまで戦ってくれたメンバーに申し訳ないというか、相当悔しいと思うし、負けたら本当に顔見せられんな、と」。1点を守り抜く展開で、DFの位置まで下がって体を張った。



    ボールは7割近く支配されたが「勝ったチームが強いんですよ!」。前身のヤンマー時代は天皇杯などを制したが、93年にC大阪となってからはV逸を繰り返した。00年第1ステージ最終戦は川崎F戦に敗れ、05年も最終戦の東京戦の残り1秒で追いつかれた。ともに勝てば優勝だった大一番で泣いた。天皇杯も準優勝3回。内容ではない、求めたのは勝利だった。

    C大阪は昨季、J2の4位からプレーオフを勝ち抜いてJ1に復帰した。終盤に杉本は肋骨(ろっこつ)を折りながら戦った。恵まれた才能から個人技に走ることもあったが、今はチームのために骨身を削ることができる。MVPの賞金100万円も仲間に焼き肉をふるまう。「このチーム、このメンバーでタイトルをとりたかった」。バラバラに散っていた桜の花は1つになり、力強く咲き誇った。【実藤健一】

    ▼ルヴァン杯決勝最速ゴール C大阪FW杉本が、開始47秒(公式記録上は前半1分)にゴール。ルヴァン杯の決勝では、99年に柏MF大野敏隆が鹿島戦でマークした前半5分を更新する最速ゴール記録。今季の杉本は、J1リーグ戦でも8月5日の札幌戦(3-1)で開始26秒に先制点を挙げている。

    11/5(日) 7:28配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171105-00045348-nksports-socc

    写真
    続きを読む

    1:ゴアマガラ ★ :2017/10/25(水) 13:55:16.75 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表FW杉本健勇選手(セレッソ大阪)が、きょう25日発売の女性誌『anan』(マガジンハウス)11月1日号で肉体美を披露している。

    今号は同誌初のアスリート大特集。イケメンとして知られ女性ファンも多い杉本選手は、アスリートの筋肉にフォーカスをあてた“奇跡のカラダ”企画に登場し、腹筋がくっきり割れた肉体美を披露している。同企画には、杉本選手のほか、柔道の阿部一二三選手、陸上の神野大地選手らが登場。全6選手の筋肉のすごさに迫る。

    また、卓球から若手の代表的存在である張本智和選手、伊藤美誠選手、男子バレーボールの未来を担う柳田将洋選手、山内晶大選手、バスケ界の王子・田中大貴選手をはじめ、スター選手たちのインタビューを掲載。各競技の観戦の楽しみ方もレクチャーしている。

    さらに、スポーツクライミングやスケートボード、サーフィンなど、次世代競技の若手アスリートも取り上げ、彼らの素顔を紹介。なお、表紙は、女優の新垣結衣が飾り、"スポーツテイスト"をミックスしたファッションで美しいスタイルを披露している。

    http://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171025/Cobs_1682986.html



    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/09(月) 09:32:21.54 ID:CAP_USER9.net
    親善試合・ハイチ戦(10日・日産ス)に臨むサッカー日本代表は8日、試合会場で冒頭15分間をのぞく非公開練習で調整を行った。戦術練習では、6日のニュージーランド戦から先発メンバー9人を変更した布陣をテスト。途中交代での出場者も含めれば“総入れ替え”となる可能性もある。また、先発が濃厚なFW乾貴士(29)=エイバル=は、左サイドからのチャンスメークを誓った。

    やると決めたらトコトンやる。そんなハリル流がハイチ戦でも見られそうだ。非公開で行われた戦術練習で、ハリルホジッチ監督は主力組を大幅に変更したもよう。ニュージーランド戦から9人が代わる可能性がある。

    有言実行か。今回の2連戦を前に、指揮官は「この2試合のスタメンは同じものにはなりません」と明言。ロシアW杯に向けて「今年はたくさんの選手を見て、それぞれ何ができるかというのを見極めていきたい。今のところはより多くの人数を見て、最終的に誰がこのチームに残るのかを見ていきたい」と語る時期だけに、この2試合では招集した全選手をプレーさせる可能性を示唆していた。

    FW乾、杉本、浅野の3トップに加え、中盤もインサイドハーフと呼ばれる攻撃的な位置には前戦で途中出場だったMF倉田、小林を配置。アンカーと呼ばれる守備的MFは遠藤が任されることになりそうだ。最終ラインも、DF酒井高らが顔を並べることになりそうだ。酒井高は「ニュージーランド戦では、人が変わることによって連係面でかみ合わない部分もあった。だから個人も大切だけど、(自分がアピールするという)欲を捨ててチームとしてうまく機能することを考えたい」と語った。

    経験や連係の面ではベスト布陣とはいえないため、ニュージーランド戦と同様に苦戦も予想される。だが、ハリルホジッチ監督は勝利を目指しながらも、ロシア行きの切符を渡す選考作業も行っていく。
    2017-10-09_12h06_20
    10/9(月) 6:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00000024-dal-socc


    ハリル、ハイチ戦でスタメン9人替え“緊急布陣”テスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000299-sph-socc

    乾が新エース名乗り!ハリルJ、ハイチ戦はスタメン大幅入れ替え
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00000028-sanspo-socc

    杉本あすハイチ戦で初先発濃厚 過去2戦途中出場
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00023541-nksports-socc

    小林&倉田が先発へ NZ戦で高評価2人にチャンス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00023542-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/03(火) 07:06:56.89 ID:CAP_USER9.net
    サッカー・日本代表合宿(2日、愛知・豊田市内)W杯ロシア大会への強化となる国際親善試合キリンチャレンジ杯、ニュージーランド戦(6日、豊田スタジアム)に向けた合宿2日目。浦和勢とこの日帰国したFW武藤嘉紀(25)=マインツ=ら海外組7人が合流した。武藤はW杯出場を決めた8月31日の豪州戦で、欧州勢でただ一人ベンチ外だった。怒りをエネルギーに変え、来年6月の本大会でのメンバー入りへ逆襲を誓った。

    ロシアへは俺がいく。土砂降りの冷たい秋雨を吹き飛ばすかのように、FW武藤がポジション争いへ闘志を燃やした。

    「非常に重要なチャンス。このチャンスを逃すわけにはいかない」

    マインツで今季3点目を奪って勇躍合流した代表合宿。3トップに化学反応を起こすのは自分とばかり鼻息を荒くした。

    ともに31歳のFW本田(パチューカ)とFW岡崎(レスター)の常連は選出から外れた。ハリルホジッチ監督はメンバー発表の席上、「杉本と武藤にチャンスを与えたい」と明言。武藤はドリブルだけでなく、ヘディングにも迫力が加わり、得点パターンが増えた。

    W杯ロシア大会出場を決めた8月の豪州戦では、招集されながらも試合では欧州組でただ一人ベンチ外という憂き目に遭った。「あんな悔しさは味わったことがない。言葉にならない思いだった」。指揮官から明確な理由説明もなく、期待に添えられなかった自分自身に腹が立った。

    前線の陣容を見直そうとする指揮官は、それでも武藤を再招集した。同学年のFW杉本との争いが待つ中で「2人とも残るかわからないし、どちらもいなくなるかもしれない。結果を残した者勝ち」と気を引き締めた。

    慶大4年だった2014年9月5日のキリンチャレンジ杯、ウルグアイ戦で国際Aマッチデビュー。同9日の同ベネズエラ戦で初得点を決め、日本代表としてのキャリアをスタートさせた。思い出深い大会で結果を残し、W杯に向けた新たな一歩を踏み出す。

    10/3(火) 7:00配信 サンスボ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171003-00000026-sanspo-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/12(火) 18:15:02.96 ID:CAP_USER9.net
    J1C大阪の日本代表FW杉本健勇(24)が、川崎時代の同僚で元日本代表FW大久保嘉人(35=FC東京)から得点王取りに向けた“金言”を授けられた。

    杉本は、A代表デビューを飾ったロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア戦(5日、ジッダ)からの強行日程の疲れも見せず、9日のFC東京戦で2得点をマーク。リーグ戦16得点目となり、FW興梠慎三(31=浦和)と並んで得点ランクトップに躍り出た。「なかなか単独(トップに)してくれないね」と、おどけてみせたが、初のビッグタイトル獲得にまた一歩前進した。

    そんななか、3度の得点王(13~15年)を達成したベテランFWは、チームメートとして戦った2015年から見違えるほどたくましくなった後輩に親身のアドバイスを送った。

    「これ(現在の得点ペース)を続けていかないと意味がない。研究されるし、続けるのは大変だけど、そこを克服しないとね。過去にも勢いでバッときただけの選手はいっぱいいる」

    大久保が杉本に助言を送るのは、15年に得点王を争った当時G大阪のFW宇佐美貴史(25=デュッセルドルフ)の姿と重なるから。宇佐美は開幕からハイペースでゴールを重ねていったが、シーズン後半に失速。当時大久保は「同じパターンでプレーしていたら研究されて点を取れなくなる」と指摘していただけに、杉本には同じ過ちを繰り返してほしくないのだ。

    あとは杉本が実行に移せるかだけ。9日の試合後には大久保から「今年取らないともう取れないぞ! 来年は俺がいくから!」と言われただけに、まずは目の前のチャンスをものにしたいところだ。

    9/12(火) 16:45配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000031-tospoweb-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/12(土) 07:45:33.06 ID:CAP_USER9.net
    C大阪がスペイン2部テネリフェからFW杉本健勇(24)の獲得の打診を受けていることが11日、分かった。複数の関係者によると、7月に話が届いたもよう。

    条件面で折り合わなかったが、今後は提示などを見直すことで正式オファーに至り、移籍する可能性もあるという。

    過去に1部でも戦ったテネリフェは昨季2部で4位。昇格プレーオフで敗れたが、途中加入した柴崎の活躍で日本人選手の評価は高く、今季のJ1で得点ランクトップタイ(13得点)の大型FWに注目。ほか、同1部ジローナなども杉本獲得に興味を示している。

    杉本は海外移籍を目標としてきた。今季は育成組織から育ってきたC大阪で優勝争いしており、「今はセレッソだけ」と話してきたが、今後の行方に注目が集まる。
    2017-08-12_10h24_40
    8/12(土) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000015-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/11(金) 05:06:14.97 ID:CAP_USER9.net
    セレッソ大阪FW杉本健勇(24)が、スペイン1部ジローナに移籍する可能性が10日、急浮上した。

    ジローナは創設87年目の今季、悲願の1部初昇格。

    この日、清水戦の遠征明けで大阪・舞洲で回復トレに臨んだ杉本は「なんも(オファーは)きてないよ」と明言を避けたが「自分の中では(気持ちは)決まっている」と話した。

    清水戦で6戦連発は逃したが、ここまで13得点で得点ランクトップに並ぶ。

    8/11(金) 4:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-01870196-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/06(日) 08:12:22.93 ID:CAP_USER9.net
    C大阪はFW杉本健勇(24)が5試合連続ゴールとなる2得点を決め、札幌に3-1で快勝して首位を守った。

    FW杉本が止まらない。開始わずか26秒、右足で5戦連発となる先制ゴールを決めると、2点リードの前半28分にはDF丸橋のクロスに187センチの長身を伸ばして頭で追加点を押し込んだ。J1では自己最多を更新する13得点目で、ついに浦和FW興梠と得点ランク首位タイに並んだ。

    既に日本代表のリストにも入っており、視察に訪れた日本代表の手倉森コーチは「誰が見てもポテンシャルがある。ゴールを取れていることで自信も付いて充実していると(ハリル監督に)レポートも上げている」と目を細めた。代表のセンターFWを務める大迫(ケルン)が右足首を負傷し、復帰時期が不透明な中、W杯最終予選のメンバー入りへ大きくアピール。杉本も「もちろん入りたいし、目指している場所」と意欲的に語った。

    覚醒したストライカーに欧州も熱視線を注ぐ。複数の関係者によると、スペイン1部ジローナなどが獲得に興味を示していることが分かった。正式オファーは届いていないが、クラブ側は慰留に全力を尽くす構えだ。

    前節に10試合ぶりの敗戦を喫したが、連敗は許さなかった。MF山村、DF山下の主軸を負傷で欠きながらも、今季ホーム無敗のC大阪が首位の座を守り切った。

    ◆杉本健勇(すぎもと・けんゆう)1992年11月18日、大阪市生野区出身。FCルイ・ラモス・ヴェジット-C大阪U-15-C大阪U-18を経て、10年6月にトップチームとプロ契約。12年3月に東京Vへ期限付き移籍し、同年7月にC大阪復帰。15年に川崎へ完全移籍するも16年に再びC大阪復帰。09年U-17W杯出場。12年ロンドン五輪代表。15年に日本代表の国内組合宿に初招集された。J1通算134試合30得点、J2通算59試合19得点。187センチ、79キロ。利き足は右。

    ディリースポーツ 8/6(日) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000003-dal-socc

    ■杉本5戦連発!C大阪首位キープ 今季13点…代表入りグイッ

    FW杉本健勇(24)が前半1分に5試合連続ゴールとなる先制点を決めると、同28分にはクロスから頭で今季13得点目を奪った。これで得点ランクトップタイに浮上。チームの首位キープに貢献するとともに、W杯アジア最終予選に向けた日本代表入りへもアピールした。神戸はFWルーカス・ポドルスキ(32)が不発に終わり、アウェーで1―3で柏に敗れた。

    真夏の暑さも吹っ飛ぶ電光石火の先制弾だった。キックオフからノーホイッスルで攻め込んだ開始26秒、ペナルティーエリア内からこぼれてきたボールに杉本が反応。約20メートルの距離で右足を振り抜くと、自身初の5戦連発となる一撃がゴール右上に突き刺さった。

    「連敗できないと思っていたし、勝つことが一番大事だった。一発目のチャンスを仕留めたいと思っていた」

    前半28分にはDF丸橋のクロスを頭で合わせ、今季4度目の1試合2得点。今季13ゴール目で得点ランクトップタイに立った。W杯アジア最終予選に向けA代表に初招集される可能性が浮上している中、視察に訪れた代表の手倉森コーチにも存在をアピールした。

    相棒が代わっても結果を残したから価値がある。今季、最前線でコンビを組んできたのがMF山村。お互いにゴールを重ね、試合後に決まって「今、何点?」と会話を交わす。高め合い、マークを分散し合ってきた山村が左足首痛で今季初めて欠場。それでも、初先発したFWリカルド・サントスとも好連係を見せ、柔軟性と決定力の高さを証明した。

    「(代表は)もちろん入りたいし目指している場所。でも、まだ何もつかんでいない。チームのために走って、点取って、DFして、球際もやって…。そういう細かいところもつながると思う」

    スポニチ 8/6(日) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000042-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:ぶーちゃんφ ★@\(^o^)/:2017/08/05(土) 08:17:05.33 ID:CAP_USER9.net
    日本代表経験ゼロの点取り屋が、ハリルホジッチ監督の孝行息子になるかもしれない。Jで首位を走るC大阪のエースFW杉本健勇(24)だ。

    長らく「未完の大器」と呼ばれてきた。身長187センチ、体重79キロのフィジカルを誇り、高い打点のヘディングシュートは威力十分。足元のテクニックも高く、スピードに乗ったドリブル突破も迫力がある。「高い」「速い」「うまい」の三拍子そろったストライカーとして12年ロンドン五輪代表に「最年少の19歳」で選ばれた。しかし不完全燃焼に終わった。6試合中4試合に出場して先発は1試合だけ。ノーゴールに終わって決定力不足の烙印を押された。

    「いくらポテンシャルは高くても、これまではフィニッシュの際のツメが甘く、ゴールという結果につながらなかった。今季からC大阪の指揮を執るユン・ジョンファン元鳥栖監督は、まずは前線のターゲットにボールを当てるカウンターサッカーを志向し、これが1トップを任された杉本にフィ
    ットした。昨季はトップ下や中盤のサイドなどで起用されることもあったが、今季は『ゴールを狙うことに専念できる』ポジションを与えられ、これで杉本の潜在能力が開花した」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)
    2017-08-05_09h41_06
    ゲンダイ:
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/210830/2
    続きを読む

    1:trick ★@\(^o^)/:2017/07/31(月) 06:25:19.97 ID:CAP_USER9.net
    2017-07-31_07h45_31
    C大阪FW杉本、代表初招集浮上 W杯最終予選へ秘密兵器だ (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000004-spnannex-socc
    7/31(月) 6:10配信

    C大阪のFW杉本健勇(24)が、W杯アジア最終予選オーストラリア戦(8月31日)と同サウジアラビア戦(9月5日)に向けた日本代表メンバーに初招集される可能性が30日、浮上した。現在はJ1で得点ランク2位につけており、複数の関係者によると、代表スタッフや協会内で選出を推す声が上がっているという。高さと速さと上手さを兼ね備えており、選出されればW杯切符獲得への切り札となる。

    かつて「未完の大器」と呼ばれたストライカーが、ハリルジャパンの秘密兵器となる可能性が出てきた。現在、J1首位を走るC大阪で、ゴールを量産しているのが杉本だ。複数の関係者によると、W杯アジア最終予選オーストラリア戦と同サウジアラビア戦に向け、代表スタッフや協会内で日本代表選出を推す声が高まっているという。メンバーに名を連ねれば、代表初招集となる。

    J1昇格1年目となった今季は1トップの定位置を確保し、20試合を終えた時点でキャリアハイとなる11ゴールをマーク。自身が語る「2試合に1得点というのがひとつのテーマ」を上回るペースでゴールを量産し、得点ランク2位につけている。15年5月には代表候補合宿に呼ばれるなどハリルホジッチ監督も常に追跡しており、C大阪の強化部門トップに就く大熊清氏も「日本(代表)のためにも育てないといけない選手」と話してきた。

    身長1メートル87の高さに、速さと技術も兼ね備える万能型ストライカー。勝てば6大会連続となるW杯出場が決まるオーストラリア戦でメンバー入りすれば、体格差で上回る相手に最前線で互角以上に渡り合える唯一の存在となり得る。これまでに国際Aマッチに出場しておらず、他チームにとっては未知の存在ともなるはずだ。過去にU―17W杯やロンドン五輪に出場し、A代表もひとつの目標として掲げてきた背番号9。規格外のストライカーが、W杯切符獲得への救世主となるかもしれない。

    ◆杉本 健勇(すぎもと・けんゆう)1992年(平4)11月18日生まれ、大阪市生野区出身の24歳。FCルイラモスヴェジットからC大阪U―15に進み、同U―18を経て10年にトップ昇格。東京Vへの期限付き移籍、川崎Fへの完全移籍などを経て16年にC大阪復帰。1メートル87、79キロ。利き足は右。未婚。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ