海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:東アジア杯


    2015-08-09_23h41_40
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 22:59:36.45 ID:???*.net
    中国 1-1 日本

    前半10分 FW武磊
    前半41分 MF武藤雄樹

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1520588.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1439128776/

     
    続きを読む

    news_169215_1
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/08(土) 23:03:09.82 ID:???*.net
    日本 2-0 中国

    横山久美(88分)
    杉田亜未(93分)

    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2267-2267-lv

    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1439042589/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/08(土) 08:29:13.09 ID:???*.net
    両チームとも「どっちもどっち」。東アジア杯の日本-韓国戦(5日)は見どころの少ない試合だった。

    韓国は前線に屈強なFWを置き、そこにボールを入れていく。時折、サイドに展開して攻めていく。いかにも韓国的なサッカーだった。ここ数年来、個々の技術に関しては、進歩しているという印象は受けなかった。

    日本の場合は、どの選手も「帯に短し、たすきに長し」。スタメンを誰にするのか、どのタイミングで交代選手を送り出すのか、ハリルホジッチ監督も、かなり苦心惨憺しているんじゃないかな。

    その指揮官が「準備期間が短い。初戦(2日の北朝鮮戦)の前日しかトレーニングができなかった」と問題提起していたようだね。ボクたちの時代も、集合して2、3日で試合というスケジュールが多かった。いつの世にも、国内リーグとの兼ね合いがあり、代表チームには、準備不足という問題がつきまとう。

    しかし、あえて言わせてもらうと「レベルの問題」に行きつくと思う。

    一流レベルの選手だったら、短時間で感性を共有できると思う。練習でも試合でも、「こんな動きをするだろう」「あそこに動けば良質のボールが出てくる」と選手同士が共通イメージを重ね合わせ、すぐにコンビネーションが取れるもの。

    確かに今回、日本の準備期間は短かった。しかし、それを言い訳にしてはいけない。なぜタイミングが合わないのか、どうして連係ミスが起きるのか、常に選手たちは、Jリーグという日常の中でレベルアップの方策を考えながら、真剣にプレーして欲しい。

    攻撃系選手について気になったポイントを。

    韓国戦に先発したFW興梠(浦和)は、どうしても相手DFと比べるとサイズが小さいのは否めない。強靱なフィジカルのDFを背負いながら、機敏な動きで反転して受けてみるとか、巧妙にDFの死角に入ってからスパッと動き出すとか、もっと「ボールの受け方」を工夫する必要があるだろう。
    2015-08-08_11h03_29
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/162491
    2015年8月8日
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438990153/

     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/08/06(木) 01:33:39.88 ID:???*.net
    サッカーキング8月6日(木)0時49分

    初戦から先発5人を入れ替えて韓国戦に臨んだハリルホジッチ [写真]=兼子愼一郎

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、韓国戦の結果を「満足すべきじゃないか」と受け入れた。

    日本代表は5日、EAFF東アジアカップ2015の第2戦で韓国代表と対戦。1-1と引き分けたため、最終戦を残して大会連覇の可能性が消滅した。

    北朝鮮戦から先発5人を入れ替えて臨んだハリルホジッチ監督だが、守備では負傷を抱えて初戦の先発から外れていたDF太田宏介を左SBで起用したのみ。「ディフェンス面で強さを見せたんじゃないでしょうか。北朝鮮との試合から5人を交代して臨んだわけですが、ディフェンス面に関してはしっかりポジションを取ることができた」と一定の手応えを示した。

    PKで先制点を許すも、MF山口蛍のA代表初ゴールで同点に追いついた日本代表。しかし、攻撃面でやや消極的な印象が残った前半を、指揮官は次のように振り返る。

    「確かに、ブロックはちょっと下がっていました。それはハイプレスをかけられなかったから。疲労で高い位置からプレスをかけられませんでした。つまり、ある程度リアリストにならなければハイレベルな戦いはできなかった」

    また「日本の選手たちは、プレッシャーがある中でのプレーに慣れていないことは真実として言いたい」と指摘。「ボールポゼッションするためには、テクニックとフィジカルがかなりハイレベルでなければいけない。私が就任して初めてチャンスが少ない試合だった」と厳しい言葉も口にする。

    ハリルホジッチ監督は、就任して初黒星を喫した北朝鮮後に「3日前に到着して、1回しかトレーニングができなかった」と過密日程に言及していた。今回も恨み節のように「1日の準備期間しかなく試合に臨んでおり、大したトレーニングはできませんでした」と繰り返していたが、「そういう中で、こういうパフォーマンスを出してくれた選手は評価しています」と選手たちに労いの言葉をかける。

    「もちろん我々はもっと良いプレーができると思っています。ただ、今のところはこれぐらいで満足するところもあります」と語り、過密日程などの自分たちを取り巻く環境を踏まえた上で、「トーナメントで一番強い相手」と評する韓国との引き分けを受け入れた。

    日本は9日、中国代表との最終戦を迎える。「3試合目にしっかりトライして、勝利を探しに行こうと
    思っている」と今大会初勝利へ意欲を示した。
    2015-08-06_09h30_46
    http://news.biglobe.ne.jp/sports/0806/sck_150806_9301701891.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438792419/

     
    続きを読む

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 23:04:55.96 ID:???*.net
    SOCCER KING 8月5日 22時47分配信

    東アジアカップ第2節が5日に行われ、日本代表は韓国代表と対戦。PKにより先制されたが、山口蛍のA代表初ゴールで同点とし、押し込まれる展開が続く中、1-1の引き分けで試合を終えた。

    試合後、『サッカーキング』ではサッカー解説者のセルジオ越後氏に話をうかがった。

    「初戦に勝っている韓国と負けている日本、どちらが勝たなければいけない試合だったのかわからない試合内容だったね。韓国の方がレベルが上ということだよ。日本は誰一人として目立っていなかった。Jリーグは弱いリーグと認めないと。Jリーグでプレーしている韓国の選手も出場していたけど、彼らを上と言うわけにはいかないから、普段国内の選手を持ち上げているんじゃないの?」

    「ハリルの魔法は終わったということだよね。選手選考も疑問だよ。空中戦で戦う候補になる選手が川又しかいないんだから。ハリル劇場とか言われているけど、パフォーマンスだけじゃ勝てない。マスコミも持ち上げすぎだよ。しっかりと見極めをしないと。1分2敗で終えたら『更迭』の話が出てもおかしくない。前回王者なんだから、優勝できなければ結果としては失敗だよ。でもマスコミはそんな話をしないんじゃない? 劇場型な人がいてくれた方がおいしいんでしょ」

    「霜田技術委員長がなんでベンチいたの? しかも指示まで出していた。協会も心配しているということ? 僕が監督なら考えられないよ」

    「シンガポール戦は試合に出場していた海外組が株を下げ、東アジアカップでは出場している国内組が株を下げている。これはどういうことなんだろうね(苦笑)」
    SHIN0544-500x333
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150805-00337376-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438783495/

     
    続きを読む

     EAFF東アジアカップ2015の第2戦が5日に行われ、日本代表と韓国代表が対戦した。

     日本代表は2日に行われた初戦の北朝鮮戦で1-2の逆転負けを喫した。第2戦の相手は初戦で中国代表に快勝した韓国代表。伝統の日韓戦は2013年7月28日以来、約2年ぶりとなる。日本は前回の先発メンバーから5名を入れ替え、DF太田宏介とMF柴崎岳がスタメンに復帰したほか、MF藤田直之とFW倉田秋が代表デビューを飾った。

     試合は序盤から韓国がボールを保持したが、なかなかシュートまではつながらない。15分にペナルティエリア外からキム・ミヌがミドルシュートを放ったが、ボールは枠の上に外れた。20分には中盤でこぼれ球を拾ったチョン・ウヨンがゴール前まで持ち込み、左足でミドルシュートを放ったが、ここはGK西川がしっかりとキャッチした。

     ようやく日本の初シュートが生まれたのは23分。ペナルティエリア右でFKを獲得すると太田が左足で直接狙ったが、ここは壁に阻まれてしまう。

     27分、日本が大きなピンチを迎える。韓国が左サイドからクロスを入れると、森重真人が左手で触れてしまい、韓国にPKが与えられる。これをチャン・ヒョンスが落ち着いて左下に決め、韓国が先制に成功した。続く31分、韓国がペナルティエリア左手前でFKを獲得。チョン・ウヨンが左足で直接狙ったが、わずかにポストの左に外れた。

     日本はなかなかシュートの形を作れないでいたが、ワンチャンスをものにする。39分、槙野智章のクリアボールが前線につながり、ペナルティエリア内左でボールを受けた森重が倉田へパスを落とす。倉田がターンして中央へ折り返すと、山口蛍が右足で強烈なミドルシュート。ボールは左サイドネットに突き刺さり、日本が同点に追いついた。2013年に代表デビューを果たした山口にとっては、通算19試合目で代表初ゴールとなった。

     同点ゴール以降は日本がチャンスを作ったが、スコアは動かずに前半終了を迎えた。

     後半立ち上がりにチャンスを作ったのは日本。54分、ゴール前のこぼれ球を山口がダイレクトで狙ったが、枠の上に外れてしまった。一方の韓国も決定機を迎える。68分にFKを獲得すると、チョン・ウヨンのクロスボールをキム・ギヒが折り返し、イ・ジェソンがヘディングシュート。ここはクロスバーに弾かれたが、こぼれ球をイ・ヨンジェが右足ボレーで狙ったが、枠の上に外れた。

     ここでヴァイッド・ハリルホジッチ監督が最初のカードを切る。70分、永井謙佑に代えて浅野拓磨を投入して前線の活性化を図った。さらに79分、興梠慎三を下げて宇佐美貴史をピッチに送り込んだ。

     終盤は両チームともにゴールに迫ったが、ゴールを挙げるまでには至らず1-1の引き分けに終わった。日本は2戦を終えて1分け1敗、韓国は1勝1分けとなった。

     日本代表は9日に行われる最終戦で中国代表と対戦する。

    【スコア】
    日本代表 1-1 韓国代表

    【得点者】
    0-1 27分 チャン・ヒョンス(PK)(韓国代表)
    1-1 39分 山口蛍(日本代表)
     2015-08-05_21h53_16
    続きを読む

    CLo91_NVAAAZRhN

    山口の代表初ゴールで日本が追いつく


    続きを読む



    2015-08-04_21h53_44
    1: 備長炭Z ★@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:13:30.86 ID:???*.net
    EAFF女子東アジアカップ2015決勝大会(中国) 2015年8月4日(火)
    第2戦 日本女子代表 1-2 韓国女子代表

    <詳細>
    日本 vs 韓国 試合情報 - LEGENDSSTADIUM with EAFF女子東アジアカップ2015 公式動画
    https://www.legendsstadium.com/eaffeastasiancup-womens/match/821672/
    [東アジア杯]日本女子vs韓国女子 テキスト速報 | ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2265-2265-lv
    得点者
    [日本]中島依美(30分)
    [韓国]チョ・ソヒョン(54分)、チョン・ガウル(90分+2)

    <日本女子代表(なでしこジャパン)の出場メンバー>
    【先発】
    GK 21 山下杏也加 DF 4 村松智子 DF 14 田中明日菜 DF 19 薊理絵 MF 2 中島依美
    MF 7 上辻佑実 MF 8 猶本光 MF 13 京川舞 MF 23 柴田華絵 FW 15 田中美南 FW 17 有町紗央里

    【控え】
    GK 1 山根恵里奈 GK 18 武仲麗依 DF 3 北原佳奈 DF 5 高良亮子 DF 20 高畑志帆 MF 6 川村優理
    MF 10 上尾野辺めぐみ MF 12 増矢理花 MF 16 横山久美 MF 22 杉田亜未 FW 9 菅澤優衣香 FW 11 高瀬愛実

    【交代】
    後半18分 上辻佑実→川村優理、後半27分 薊理絵→菅澤優衣香、後半36分 有町紗央里→横山久美

    <関連サイト>
    動画一覧 - LEGENDSSTADIUM with EAFF東アジアカップ2015 公式動画
    https://www.legendsstadium.com/eaffeastasiancup-womens/highlight/
    EAFF East Asian Cup 2015 & EAFF Women’s East Asian Cup 2015 Competition | CONPETITIONS | EAST ASIAN FOOTBALL FEDERATION
    http://eaff.com/competitions/eafc2015/
    日程・結果 │ EAFF女子東アジアカップ2015決勝大会|日本サッカー協会
    http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/eastasiacup2015_w/schedule_result/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438690410/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 08:04:51.70 ID:???*.net
    G大阪は3日、3日間のオフを終え、吹田市内で練習を再開した。

    日本代表最多キャップ「152」を誇るMF遠藤は、東アジア杯で黒星スタートとなったハリル・ジャパンに「疲れもあったと思うけど最初の得点は良かった。

    ポテンシャルの高い選手も多いし、頑張ってほしい」とエール。一方で、指揮官の求める「縦に速いサッカー」には「暑い中で、全部が全部速かったり、前からプレッシャーをかけるのは難しい。時にはゆっくりするサッカーも必要」と緩急の有効性も訴えた。

    ゲームを落ち着かせる存在として代表への待望論も根強い。「決めるのはハリルさんなんで」と苦笑いしつつ「1つの目標でもあるし、結果を残していきたい。

    良いパフォーマンスを出すために、日頃からトレーニングをやっていく」と代表復帰にも意欲を見せた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150804-00000065-spnannex-socc
    スポニチアネックス 8月4日(火)7時56分配信
    2015-08-04_08h53_41
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150804-00000065-spnannex-socc.view-000
    練習を再開したG大阪のMF遠藤

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 09:19:48.38 ID:???*.net
    東アジア杯男子 日本1―2北朝鮮 (8月2日 中国・武漢)

    守備陣が再び高さで崩された。前半は無失点で抑えたが、指揮官が試合後「2メートルある選手」としたFWパク・ヒョンイルが投入された後半21分に状況が一変。ゴール前にロングボールを放り込まれ、同33分に森重が競り負け失点。

    「しっかりチャレンジ&カバーをしていれば」と森重は悔しさを押し殺す。さらに同43分には再びロングボールから今度は槙野が空中戦で敗れ、勝ち越しを許した。「競り負けてしまった」と話した槙野が「踏ん張らないといけない」と唇をかんだ。

    これまでも弱点に挙げられた空中戦。指揮官は敗因のひとつにフィジカル面の調整不足を挙げたが、何より試合運びが拙く一本調子で縦に急ぎ、ミスで失ってはロングボールを入れられ後手に回った。

    谷口は「落ち着く時間もつくりたいけど監督にそれを伝えていいのか…。迷った」と経験不足ゆえの葛藤も明かした。最大のライバル韓国戦に向け、守備の修正とチームの意思統一が急がれる。
    2015-08-03_13h03_36
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/08/03/kiji/K20150803010862690.html
    2015年8月3日 05:30
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1438561188/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ