海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:東京ヴェルディ

    1: Egg ★ 2018/12/11(火) 12:45:24.65 _USER9
    [J1参入プレーオフ決定戦]磐田2-0東京V/12月8日/ヤマハ

    開始直後に強烈なチャージを受けた。緑の背番号16が腿の辺りを押さえてピッチに倒れ込む。苦痛に顔が歪んだ。

    「相手のサイドバックは自分のことを確実に潰そうとしていましたよね」

    東京Vの左サイドで攻撃の起点となった佐藤優平は、相手のマークの厳しさをそう振り返った。実際、開始直後に受けたファウルは、田口泰士からのものだったが、いずれにしても、東京Vのパス供給源となる佐藤に対しては、磐田も徹頭徹尾、警戒を緩めなかった。

    「ボランチでは梶(梶川)が出ることによってビルドアップに推進力が出ると思うし、(井上)潮音にもそういう力があると思う。ただ、そこが肝だったけど、上手く機能しなかった」
     佐藤は試合のポイントをこう語ったが、相手の凄まじいプレッシングに対して後手に回った東京Vの選手たちからは試合後、やはり力の差を認めるコメントが続いた。
     
    「あそこまでプレッシャーをかけてくるとは思わなかった」(林陵平)
    「2年間積み上げたもので勝負しようと思ったが、正直それも出せなかった」(井上)

    力の差を認めた一方で、やり切れない想いも口にしたのが佐藤だ。完敗を喫して実力不足を痛感するコメントが多いなか、レギュレーションによる戦い難さがあったことを明かしている。
    「相手は引き分けでもOKというアドバンテージは、Jリーグや日本協会が決めたことですけど、納得いかないところはあります。アドバンテージがあることで、相手は(敵のやり方を見て)完全に自分たちの対策をすればいいだけになる。そういう計算できる戦い方ができますし」

    そうした佐藤の言葉には、どこか自分たちのスタイルを貫いて、ここまで勝ち上がってきたことへのプライドも感じられた。さらに、今回のJ1参入プレーオフを振り返つつ言葉を紡ぐ。

    「J2同士の戦いなら、1年間通して戦ってきた結果として3位から6位まで差が生まれる。でも決定戦は、J1とJ2の違いはあるけど、(直接は)関係ないですからね。結果的に相手のホームで3連戦やりましたけど、非常にタフな戦いをしたと思います」
     
    ただの3連戦ではない。敵地で初めから1点のビハインドを負うなかでの3試合だ。J2同士の戦いは勝ち抜けても、J1の牙城はあまりにも大きかった。

    一方で「あのプレッシャーになれているかどうかの差は大きかった」と佐藤は言う。磐田との差を問われると、「技術と自信と。やっぱり相手は自信を持ってプレーしていたと思います」とレギュレーションの是非とは関係なく、素直に彼我の差を認めていた。
    2018-12-11_17h43_48
    12/11(火) 12:16 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00051324-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/12/02(日) 15:07:23.65 _USER9
    J1参入プレーオフ2回戦が2日に行われ、横浜FCと東京ヴェルディが対戦した。

    3位でシードとなっていた横浜FCは2回戦から登場。1回戦で大宮アルディージャを破った東京Vをホームへと迎え入れた。


    横浜FCはイバが先発に入った一方で、レアンドロ・ドミンゲスが間に合わず。メンバー外となった。一方の東京Vは内田達也が大宮戦で退場処分を受けたため、若干のメンバー変更を余儀なくされている。中盤は渡辺皓太、井上潮音、佐藤優平で構成され、前線は林陵平、奈良輪雄太、そして李栄直が入っている。

    試合は序盤から激しいマッチアップが各所で繰り広げられ、ファウルで止まる時間が長くなっていく。

    両チームともに前からプレッシングをかける戦術を選択。序盤から激しいマッチアップが各所で繰り広げられ、ファウルで止まる時間が長くなっていく。

    ボールを支配する時間が長くなったのは東京Vだが、チャンスが訪れるのは横浜FC。20分にはペナルティーエリア内でボールを拾った齋藤功佑が右サイドからクロス。ファーで合わせたのは小兵、永田拓也。ヘディングで狙うが、シュートはバーを越えていく。

    さらに28分には、横浜FCがカウンターから最後はイバがヘディングシュート。マイナス気味に入ったクロスを強靭な体幹で枠に飛ばすが、左ポストに嫌われてしまう。

    後半に入ると、直後に東京Vは2枚替えを敢行。レアンドロ、梶川諒太を入れ、1点を奪うため勝負に出る。すると、ボールを拾える梶川、そしてターゲットになれるレアンドロが入ったことで、東京Vが流れを引き寄せていく。佐藤優平の直接FKがゴールを脅かすが、南雄太のセーブで横浜FCは窮地を脱する。

    逆に横浜FCがカウンターから好機を作り出す。北爪健吾のシュートはGK上福元直人に阻まれ、スコアは均衡を保つ。すると東京Vのミゲル・アンヘル・ロティーナ監督は最後のカードを切ってドウグラス・ヴィエイラを投入。さらに勝負に出る。

    逆に横浜FCは小島一仁、戸島章を入れて0-0で逃げ切る覚悟を見せる。逆に相手のミスから決定機を得るも決めきれず。

    すると最後の最後にドラマが待っていた。東京Vの右からのコーナーキックで混戦の中、押し込んだのは途中出場のドウグラス・ヴィエイラ。土壇場で東京Vがリードを奪う。最後の最後に生まれた1点を守りきった東京Vが勝利し、ジュビロ磐田の待つ入れ替え戦へと駒を進めた。


    横浜FC 0-1 東京V
    [得点者]
    90+6'ドウグラス ヴィエイラ(東京V)
    スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
    入場者数:12,625人
    2018-12-02_15h35_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00010008-goal-socc

    続きを読む

    1:ほニーテール ★:2018/08/08(水) 11:40:04.40 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表MF本田圭佑(32)が水面下でJクラブ買収へ動いていたことが6日、本紙の取材で明らかになった。オーストリア3部ホルンや米下部オレンジカウンティーSCなどのクラブ経営に参画するなど、実業家としての手腕を発揮しているが、満を持して母国のクラブ経営にも乗り出す。すでにJ2東京Vと接触していたという。また、オーストラリア1部(Aリーグ)メルボルン・ビクトリーはこの日、年俸290万豪ドル(約2億4000万円)の1年契約で本田の加入を正式発表した。

    日本の元エースがオーストラリアで再始動することを決めた。1ゴール1アシストをマークしたロシアW杯後には引退も示唆していた本田だが、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコに続き海外5か国目のリーグで現役を続行する。

    メルボルンVがこの日、公開した動画インタビューで「僕の仕事はこのチームを勝たせること。自信はあります。常にベストを尽くすのが僕のスタイルです。勝ちましょう!」などとコメント。今後はメルボルンVの躍進とともに、自国開催となる東京五輪サッカー男子で24歳以上の選手を3人まで登録できるオーバーエージ(OA)枠での参戦を目指していく。

    一方でピッチ外でも新たなビッグプロジェクトをスタートさせた。複数の関係者によると、本田は日本のクラブを傘下に収めるため買収に動き出していたというのだ。その理由について関係者は「世界に日本選手を送り出すというコンセプトで海外クラブを買収したけど、圭佑は自分の足元となる日本に窓口となるようなクラブがないので、Jクラブを買収しようとしている」と説明した。

    本田は自身のマネジメントなどを担当する「ホンダ・エスティーロ」を通じ、世界中でサッカースクールの経営に乗り出すとともに、2015年にオーストリア3部SVホルンの経営権を取得。その後も米下部ユナイテッドリーグのオレンジカウンティーSCと業務提携し、カンボジア2部ソルティーロ・アンコールFCとウガンダ1部相当ブライトスターズFCを買収し、クラブ経営を行っている。

    満を持して自身の母国である日本にも拠点となる5つ目のクラブを持とうとしたわけだが、当初ターゲットとしたのがJ2東京Vだった。かつてカズことFW三浦知良(51=横浜FC)やMFラモス瑠偉を擁し、Jリーグナンバーワンと呼ばれた名門クラブ。

    しかし何度かの身売りを繰り返し、現在も経営難がささやかれていることもあり、本田サイドが買収を持ちかけたというのだ。

    Jリーグ関係者は「クラブを持ち、そこから世界に通じる人材を送り出したいという本田サイドの意向を受けてヴェルディも検討したようだ。でも圭佑には現在の経営陣らと一緒に共同経営する考えはなく、あくまで(株式の)51%(経営権)を持ちたいという提案をしていたそうだ。自分たちが全てを握りたいということでしょう」と明かした。

    この件について東京Vの羽生英之社長(54)は本紙の取材に「もう終わったことだから…」とコメント。詳細については語らなかったが、本田サイドとクラブ買収に関する交渉をしていたことは否定しなかった。

    前出の関係者は「圭佑はビジネスのことしか頭にないし、とにかく日本に拠点となるクラブを欲しがっているのは間違いない」と断言。一度は決裂した東京Vを含め、引き続きJクラブ買収を進めていくつもりだ。本田がJクラブの“オーナー”になる日は遠くない。

    【メルボルン・ビクトリー】2004年創設で、オーストラリアAリーグで3度の優勝を誇る強豪クラブ。同じ都市に本拠を置くメルボルン・シティーとはライバル関係にある。今季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)では1次リーグF組でJ1川崎に勝利。ホームには5万人以上収容のエティハド競技場などを使用する。中心選手はオーストラリア代表FWジェームズ・トロイージ(30)。
    2018-08-08_14h43_41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000010-tospoweb-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/05/13(日) 19:09:07.32 ID:CAP_USER9.net
    サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会での代表メンバー入りを目指すパチューカFW本田圭佑(31)が13日、東京・稲城市でJ2東京ヴェルディのトレードマークの緑のシャツに袖を通し充実の表情でトレーニングに汗を流した。

    【写真】


    日本サッカー協会が本田のコンディション維持にJクラブへの練習参加が可能かを検討していたが、東京Vが手を差し伸べ、本田にとっては名古屋グランパス在籍時の07年以来、11年ぶりの“J復帰”が実現した。

    ■上向くコンディション

    午前10時からボール回しなどでアップをはじめ、3対1のタッチ数制限などで、次第に動きの激しさを増していく。6対6では、右サイドとトップ下を交互に入れ替わりながら、判断を速めながら周囲との連携を深めていく。ゴールなしの6対6を終えると、給水してからゴール+GK付きの7対7に移行。ここで、コンディションが上向いたシーンをのぞかせた。ゴール右サイドで持つと、ペナルティーエリアのライン際を左へ、左へと細かいステップを踏みながらスライドしつつ、わずかなシュートコースを逃さずに左足でゴール右端へ鋭いゴールを決めた。

    これまでも同様のケースで、大学生と思われるパートナーを振り切れずにいたが、この日の動きはコンパクトな左足の振りと、威力十分の強烈なシュートが印象的だった。思わず本田もガッツポーズが出るほどのファインゴールだった。

    その後は、助走をつけての50メートルダッシュを4本。いずもれ東京Vの選手と走ったが、ほぼトップで走り抜け、負荷をかけても体がスムーズに反応しているようだった。

    ■橋本、井林ら歓迎の声

    ガンバ大阪時代に、ジュニアユースに所属していた本田と顔見知りだった元日本代表MF橋本英郎(38)は、2010年以来となる本田との再会を喜んだ。

    「チームが連敗している時に、日本代表の顔と言われる選手と練習できることはとてもありがたい。若い選手も多くの刺激を受けている。練習の中でパス交換をしていくうちに、若い選手からも声がどんどん出るようになった。居残りする選手も増えたし、みんなが本田選手を意識している感じがしますね」

    キャプテンを務めるDF井林章(27)は本田の印象について、新鮮な感想を口にした。

    「最初にチーム事情を説明させてもらいましたが、テレビで見ている本田さんらしく『ああ、そうなの。へえ~』と、硬い感じでした。練習の中ではプレーにからむ選手への要求も多く、コミュニケーションを大事にされていることがよくわかりました。本田さんと同じ世代の人は楽しそうにやってますが、まだ若い世代は本田さんを恐れている感じですね。もっとうち解けてくれれば、さらにいい刺激になると思います」

    また、本田のコンディションについて井林は「スプリントも問題ないですし、ボールを持った時の動きの質が高く、違いを見せてくれています」と、感想を口にした。

    もっとも、せっかく本田との練習機会があるだけに、そこは同じ仲間としてもっと身近に感じたいところ。井林は「本当はいじってみたいんですけどね。みんなとも(本田さんを)いじりたいよねって、話してるんです。問題はどういじるか、ですね。そのきっかけを探っています」と、初々しいコメントで報道陣を和ませていた。【井上真

    日刊スポーツ 5/13(日) 14:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00207415-nksports-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/05/13(日) 11:56:22.33 ID:CAP_USER9.net
    [2018年5月13日11時7分]

    サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表入りを目指すパチューカFW本田圭佑(31)が13日、東京・稲城市でJ2東京ヴェルディの練習に参加した。緑の練習着に身を包み、東京Vの控え組メンバーとともに6対6などのメニューで汗を流した。
    no title
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/201805130000393_m.html
    続きを読む

    1:数の子 ★:2018/03/16(金) 18:16:11.05 ID:CAP_USER9.net
    元イタリア代表FWで、ローマ幹部のフランチェスコ・トッティが、セリエAの公式フェイスブックページでインタビューに応じた。

    ローマのレジェンドであるトッティは、昨シーズン限りで現役を引退。今シーズンからクラブの幹部として任務を全うしている。元イタリア代表FWは、Jリーグの東京ヴェルディなどから「天文学的な額のオファー」を受け取りながらも、引退を決断した理由を明かした。

    「ローマ、そしてセリエAを離れなかったのは、僕の小さい頃からの夢である“たった1つのユニフォームを着ること”を実現したかったからだよ。僕は最高のキャリアを送れたと思う」

    続いてトッティは、ローマでの現役生活を通して、最高の瞬間を問われると、「当然、スクデットを獲得したときだよ」と返答。元日本代表の中田英寿氏も貢献した2000-2001シーズンのリーグ優勝を挙げた。

    シューズを履かない違和感

    現役ラストマッチとなった昨年5月のジェノア戦から約10カ月が経ち、レジェンドは寂しさも感じている。

    「今は別の形だけど、選手の頃と同じように生活できて僕は恵まれている。ロッカールームにもピッチにも入れるし、監督とも話をする。チームと一緒に遠征して、合宿にも帯同する。唯一、違うことは、着替えたりシューズを履いたりしなくなったことかな。シューズを履かなくなったのは、寂しい感じがする」

    またトップ選手になることを夢見る世界中のサッカー少年に対し、自らの経験を踏まえ、アドバイスを送った。

    「カンピオーネを目指す少年たちへ? 小さい頃は楽しむことだけを考えないとダメだよ。それから少しずつだけど、自分に上りつめるチャンスはあるのか分かるようになる。僕にそれが分かったのは、トップチームにたどり着いた頃だよ」

    最後にトッティは、「“ザ・キング・オブ・ローム(ローマの王)”と呼ばれた時は、言葉に表せないほど感動したよ」と語り、ローマ一筋を貫き、クラブの王様として君臨したことに胸を張った。
    2018-03-16_20h06_24
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000021-goal-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/02/13(火) 21:05:55.78 ID:CAP_USER9.net
    「秩序風紀を乱す行為」 東京V、20歳MF郡大夢と契約解除…昨季G大阪にレンタル
    2/13(火) 17:18配信 ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?237766-237766-fl
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-01650506-gekisaka-socc


    昨季はガンバ大阪U-23でプレーしていた東京VのMF郡大夢(J.LEAGUE PHOTO)



    東京ヴェルディは13日、FW郡大夢(20)との契約を解除したと発表した。処分は同日付。理由は日本サッカー協会の選手契約書内における「『クラブの秩序風紀を乱す行為』という条項の違反があったため」としている。

    1997年生まれの郡はジュニア世代から東京Vアカデミーで育った。2016年にトップチームに昇格し、同年途中からはグルージャ盛岡へレンタル。17年にはガンバ大阪に育成型期限付き移籍していたが、今季から復帰することが発表されていた。

    郡は昨季、G大阪U-23の選手としてリーグ戦17試合に出場。3得点を挙げていた。
    続きを読む

    1:れいおφ ★:2018/01/16(火) 13:20:35.96 ID:CAP_USER9.net
    俳優の竹内涼真が15日、都内で行われたソフトバンクの新サービス発表会見に参加。サッカータレントの宿命である“リフティングうまいはず”の風潮をなくそうと訴えた。

    竹内は同社の人気CM「白戸家」シリーズに昨年から参加している。今回は“学割先生”として出演する。データ容量が50GBの「ウルトラギガモンスター」を1年間月額3980円から利用できるようになるキャンペーン「学割先生」のPRのため、リフティングを50回、披露することになった。

    5歳からサッカーを始め、中学・高校時代には東京ヴェルディユースに所属。

    サッカー推薦で大学に進学するほどの腕前を持つ竹内ならば、お手の物かと思いきや、本人は苦笑いで「サッカーやってた人はリフティングうまい、という制度を変えていきたいんです」とぽつり。

    自身の主なポジションは華麗なテクニックを見せるアタッカーではなく、フィジカルや読みで勝負するセンターバック。「これまでサッカーをやっていた役者さんやタレントさんが、みんな直面する問題。リフティングはできますけど、ぐるぐる回すなんでホントにすごい人しかできない。驚くようなことはできない」と提言した。

    それでも、実際にチャレンジするとスーツに革靴ながら38回まで記録を伸ばし、会場は大きな拍手に包まれた。絶賛する周囲に「すみません、いろいろフォローしていただいて」と照れくさそうにしていた。

    また、会見には生徒役の志尊淳も参加。竹内と志尊は映画『帝一の國』で主演の菅田将暉を支える役で共演し、大きな話題となっていた。+今回は先生と学生役となり、竹内は「志尊くんと、そんなに年が変わらない。ちょっと変な感じする」と明かし、志尊も「こないだまで同じ学生役だったのに」と苦笑いだった。

    竹内といえば昨年末にインフルエンザに罹患。体調について問われると「体調完璧です。やせました」とにっこり。「今年はかからないようにします」と誓っていた。らないようにします」と誓っていた。
    2018-01-16_14h08_02
    https://www.oricon.co.jp/news/2104046/full/
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/09(月) 08:05:34.38 ID:CAP_USER9.net
    J2東京Vで在籍3シーズン目を迎えるA・ピニェイロ、日本で充実の日々を過ごす

    写真



    J2東京ヴェルディに所属するブラジル人FWアラン・ピニェイロは、今季J2得点ランク5位の16ゴールを叩き出し、現在7位と昇格争いに食い込むチームを牽引している。25歳のアタッカーは「日本は居心地が良い」と語るなど、充実の日々を過ごしてるという。ブラジル情報サイト「Bahia Noticia」が伝えた。

    東京Vで在籍3シーズン目を迎えているA・ピニェイロは、36試合を終えて35試合に出場し、ここまでチーム最多の16ゴールをマークしている。直近では2試合連続ゴールを決めるなど好調をキープし、チームも連勝。東京Vは7位につけ、J1自動昇格圏の2位アビスパ福岡と勝ち点10差、J1昇格プレーオフ圏の6位徳島ヴォルティスとは勝ち点で並んでいる。

    同記事では、A・ピニェイロがJ1昇格とJ2得点王を目標にしていると言及。さらに「彼は日出ずる国(日本の美称)で幸福だと語っている」としつつ、本人のコメントも伝えている。

    「僕は今季、日本で4シーズン目を迎えている。日本はあらゆる面で優れている場所だし、日本は居心地が良い。それがピッチ上での良いパフォーマンスに反映されている」

    将来の夢は…「日本で歴史に名を刻む」

    2013年にJ1川崎フロンターレに在籍したA・ピニェイロだが、当時は10試合ノーゴールに終わり、一度母国ブラジルへ帰国した。2015年から現在の東京Vでプレーを続け、今やチームにとって不可欠な主力としてフル稼働している。

    日本への愛着は日に日に増しているのだろう。「長年にわたって日本に滞在できたらいいね」と、秘めた思いを口にしている。

    東京V公式サイトで紹介されているA・ピニェイロのプロフィールでは、将来の夢という質問に対して「日本で良いプレーをして、歴史に名を刻む」と回答。25歳のブラジル人アタッカーは、偉大な先人たちと肩を並べる活躍を見せ、Jリーグ史を華やかに彩るレジェンドの仲間入りを果たすことができるだろうか。

    10/9(月) 7:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171009-00010003-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/09/16(土) 11:09:23.34 ID:CAP_USER9.net
    スペイン『マルカ』がJ2の東京ヴェルディに所属するFWカルロス・マルティネスに関し、バルセロナのMFアンドレス・イニエスタの友人が日本でプレーしているとして特集している。

    カルロス・マルティネスは今夏ビジャレアルBから東京Vに加入。スペインでは3部や4部クラブに在籍していたが、バルセロナ下部組織のラ・マシアでイニエスタと同時期にプレーしており、幼少期から親交があったという。

    「私たちはバルサのサッカーを通じて理解し合っている。共通の知人を介して、また友人関係を再開したんだ。彼はいつも私と私のチームを気にしてくれる偉大な友人だ。高いレベルでプレーし、アドバイスをくれる彼のような友人がいて私は幸せだよ」

    イニエスタといい友人関係を築いていると語るカルロス・マルティネス。その良き理解者の近くを離れ、日本でプレーすることを決断した理由については「私は海外での生活を経験したいと望んでいた。この夏に来たいくつかのオファーを検討し、クラブや国の歴史、プロジェクトという点で、東京ヴェルディが最良の選択だと感じたんだ」と話している。

    東京V加入後はリーグ戦9試合で1得点と、本領発揮には至っていない。カルロス・マルティネスは「ここでのサッカーはヨーロッパとは大きく異なる」と適応の難しさを明かしつつも「東京ヴェルディは日本で最も成功したチームの1つだ。クラブとして危機に遭ってJ2に降格したが、私たちはJ1に行きたい。また這い上がり、素晴らしいチームにしたいと思っている」と大きな目標を語った。

    J2第32節終了時点で、J1昇格プレーオフ圏内の6位横浜FCと勝ち点2差の9位につける東京V。第33節は16日に行われ、敵地で横浜FCとの直接対決を迎える。
    news_slider_226143_1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-01644123-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ