海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:柏レイソル

    1:Egg ★:2018/03/30(金) 21:25:42.40 ID:CAP_USER9.net
    明治安田生命J1リーグ第5節が30日に行われ、柏レイソルとヴィッセル神戸が対戦した。

    柏はU-21日本代表DF中山雄太がベンチスタートとなり、中谷進之介が今季初スタメンとなった。対する神戸は前節からスタメンを2名変更。右サイドバックに三原雅俊、センターバックには伊野波雅彦が起用された。

    39分、相手のミスから伊東純也が高い位置でボールを奪う。ドリブルで持ち込みGKキム・スンギュと一対一の場面を迎えたが、シュートはわずかに枠を外れた。前半はスコアレスで折り返す。

    後半に入り68分、右サイドでボールを持った伊東が切れ込むと、カットインから左足でシュートを突き刺し、ホームの柏が先制した。対する神戸は74分にCKから田中順也が頭で決め、同点に追いつく。すると迎えた86分、小池龍太の突破から途中出場の山崎亮平がシュート。一度はGKキム・スンギュが止めたものの、こぼれ球を再び伊東が押し込んで、柏が勝ち越しに成功した。

    試合は2-1で終了。柏が3試合ぶりに勝ち点3を獲得した。

    次節は4日、柏はAFCチャンピオンズリーグで全北現代と、神戸はJリーグYBCルヴァンカップで湘南ベルマーレと対戦する。

    【スコア】
    柏レイソル 2-1 ヴィッセル神戸

    【得点者】
    1-0 68分 伊東純也(柏)
    1-1 74分 田中順也(神戸)
    2-1 86分 伊東純也(柏)

    3/30(金) 21:24配信
    2018-03-30_21h56_37
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00735597-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/03/14(水) 22:58:06.67 ID:CAP_USER9.net
    ■傑志 1(終了)0 柏 [香港]
    https://www.jleague.jp/match/acl/2018/031409/live/

    [傑]チェン・チンルン(90分+2)


    前半15分に亀川が一発退場 残り75分間で10人での戦いを余儀なくされる

    柏レイソルは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節で傑志(香港)と対戦。開始15分で退場者を出す苦しい展開となり、試合終了間際に決勝点を献上。0-1で勝ち点を落とした。

    柏は3試合を終えて1勝1分け1敗のグループ3位。決勝トーナメント進出へ勝ち点を得たい一戦、15日に発表される日本代表3月シリーズ招集候補のMF伊東純也、GK中村航輔、そして得点源のFWクリスティアーノがベンチスタートとなった。対する傑志は、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランがスタメンでピッチに立った。

    試合は一進一退で進んだが、同15分に大きな判定が下る。ロングボールを処理しようとしたDF亀川諒史の足が突っ込んできた相手アタッカーに当たってしまい、ファウルの判定が下る。これが決定機阻止とみなされ、亀川に一発レッドカードが提示された。

    これによって柏は残り75分間を10人で戦わざるを得ない苦境に。その3分後にはこの日誕生日のFW山崎亮平に代え、DF小池龍太を投入せざるを得なくなった。それでも柏はMFハモン・ロペスを中心にカウンターを仕掛けた。ただ前半34分にはフォルランに際どいミドルシュートを浴びるなど、肝を冷やす場面も見られた。

    日本代表の伊東を投入するも、最後までゴールを奪えず

    前半をスコアレスで折り返した柏は、後半開始直後に攻めの姿勢を打ち出す。同20分にはFWクリスティアーノを投入。同25分にはクリスティアーノの突破からの波状攻撃を、最後はハモン・ロペスがシュートを放ったが、相手DFのブロックに遭いゴールネットを揺らせなかった。

    下平隆宏監督は後半29分、3枚目のカードで伊東をピッチに送り出し、勝ち点3獲得へ執念を燃やす。しかし、アディショナルタイムにすべてが暗転した。途中出用のFWチェン・チンルンに鮮やかな左足ミドルシュートを叩き込まれ、0-1と均衡を破られてタイムアップ。

    グループで最も与しやすしと見られた相手に痛すぎる敗北を喫した。残り2試合の全北現代(韓国)、天津権健(中国)戦は必勝を問われる状況となった。

    3/14(水) 22:52配信
    2018-03-14_23h15_02
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180314-00010024-soccermzw-socc

    柏、 ACL決勝T進出へ痛恨の黒星… 開始15分の退場劇にめげず攻め抜くも後半ATに被弾
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180314-00037031-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:首しめ坂 ★:2018/03/10(土) 17:33:26.79 ID:CAP_USER9.net
    C大阪の韓国代表GK、釣り目ポーズの被害主張か 柏選手が試合中にサポーターと話し合う珍事
    3/10(土) 17:09配信
    Football ZONE web

    C大阪のGKキム・ジンヒョンが主審に主張して試合が一時中断

    J1第3節の柏レイソル対セレッソ大阪戦で会場が騒然となった。C大阪の韓国代表GKキム・ジンヒョンと柏サポーターが口論となり、試合が一時中断。柏のMF大谷秀和が本拠地サポーターの元に駆け寄り、試合中に話し合いを行う異例の事態が起きている。

    柏の本拠地で行われていたC大阪戦で、問題の場面は後半35分に発生した。C大阪のGKキム・ジンヒョンがゴールキックを蹴ろうとした際、突如として後ろを向いて怪訝な表情を浮かべ、そのまま両手を広げて主審に何やらアピール。両手で目元を吊り上げる仕草を見せ、野次や差別的行為があったと主張したようだ。

    山本雄大主審がキム・ジンヒョンの元に駆け寄って話を聞いてなだめると、すぐに審判団と協議。キム・ジンヒョンは怒りが収まらず、指を指して口論するなど一触即発となった。だがここで柏のMF大谷が仲裁に入り、サポーターの前に立って直接話し合いを行い、事態は沈静化した。

    キム・ジンヒョンが主張した行為があったかは不透明ながら、試合中に選手とサポーターが話し合うという珍事が注目を集めている。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
    2018-03-10_17h53_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180310-00010017-soccermzw-socc
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/03/06(火) 21:22:54.90 ID:CAP_USER9.net
    柏、ACLグループステージで初勝利!途中出場の伊東が決勝弾をマーク

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループステージ第3節が6日に行われ、柏レイソル(日本)が傑志(香港)と対戦した。

    前半は柏のペースだった。29分、キム・ボギョンが出したヒールパスにハモン・ロペスが入れ替わってボールを受ける。ロペスはDFをかわしてペナルティエリア中央から左足でシュートを放ったが、GKの好セーブに阻まれてしまった。

    さらに34分、前線に流れてきたボールをロペスがキープすると、思い切って敵陣中央から左足でミドルシュートを放った。しかし、枠を大きく外れてしまい、ゴールを奪うまでには至らない。

    後半に入って66分、敵陣左サイドでボールを持った亀川諒史が上げたクロスに、ファーサイドに走りこんだ伊東純也が合わせて先制点を奪った。61分に途中出場した選手が早くも結果を残す。

    その後、終始ボールを支配した柏が、貴重な勝ち点3を獲得。ACLのグループステージで初勝利を飾った。

    【スコア】
    柏レイソル 1-0 傑志

    【得点者】
    1-0 66分 伊東純也(柏)
    2018-03-06_21h50_54
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00724632-soccerk-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/03/02(金) 21:29:00.75 ID:CAP_USER9.net
    小泉慶の移籍後初ゴールなどで柏が横浜に勝利! 前半の劣勢を跳ね返す
    3/2(金) 21:24配信 SOCCER DIGEST Web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180302-00036397-sdigestw-socc

    小泉が移籍後初ゴールを決め、リーグ初勝利を飾った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)



    ■前半は横浜が大きくボール支配率で上回ったが…。

    J1リーグは3月2日、2節の3試合を開催。
    三協フロンテア柏スタジアムでは、柏レイソル対横浜F・マリノスの一戦が行なわれ、2-0で柏が今季初勝利を飾った。

    試合は立ち上がりから横浜がポゼッションで大きく上回る。
    ポステコグルー新監督のもと、しっかりとパスをつなぐサッカーを志向する横浜が、柏のお株を奪うポゼッションサッカーでペースを握る。

    しかし、前半をなんとか無失点で凌いだ柏は後半立ち上がりの49分、ボランチで先発の小泉慶がクリスティアーノとのワンツーからペナルティエリア内に進入すると、相手DFともつれるものの、自ら押し込んでネットを揺らす。小泉の移籍後初ゴールで柏が先制する。

    これでリズムを掴んだ柏は一転して攻勢に転じ、75分には途中出場の大谷秀和のシュートがオウンゴールを誘い、2点目をゲット。
    横浜を突き放した。

    結局、試合は2-0でタイムアップ。
    柏がリーグ戦今季初勝利を挙げた。柏は3月7日のACL・キッチーFC戦を経て、ホームで3節・C大阪戦(10日)を迎える。一方の横浜は次節、ホームで鳥栖戦(10日)となる。
    続きを読む

    1:久太郎 ★:2018/02/25(日) 15:04:33.38 ID:CAP_USER9.net
    仙台が新加入DF板倉のヘディングゴールで勝利! 柏は開幕黒星スタート

    明治安田生命J1リーグ開幕戦が25日に行われ、ベガルタ仙台と柏レイソルが対戦した。

    ホームの仙台の渡邉晋監督は新加入の板倉滉と阿部拓馬を先発起用。一方、柏のスタメンには大宮アルディージャから加入し背番号「10」をつける江坂任がスタメンに名を連ねた。

    前半は両者譲らず、スコアレスで折り返すと53分、遂に均衡が破れる。右サイドで古林将太がクロスをあげると、中央で板倉が高い打点からヘディングシュートを叩き込み、仙台が先制に成功した。

    先制点を機に、仙台が徐々に試合の主導権を握り、何度も相手のゴール前へ攻め込む。60分、仙台が敵陣深くでボールを回し続けると、最後は奥埜博亮がドリブルでDFをかわしてペナルティエリア内へ進入し、右足を振り抜く。しかし、シュートはわずかに枠の左へと外れてしまう。76分にはペナルティエリア手前の中央でFKを獲得するとキッカーは野津田岳人。左足で直接シュートを放つも、鋭く巻いたシュートはわずかなに枠の右へと外れてしまった。

    試合終盤にさしかかると、柏が攻め込む展開に。しかし、なかなかゴールを奪えず迎えた89分、中山雄太にイエローカード2枚目が出され、退場。1点ビハインドの柏は数的不利に追い込まれた。

    試合は最後までお互い激しい試合をみせたがスコアは動かずそのまま終了。開幕戦勝率7割を越える仙台が良いスタートを切った。

     次節、仙台はFC東京と、柏は横浜F・マリノスと対戦する。

    【スコア】
    ベガルタ仙台 1-0 柏レイソル

    【得点者】
    1-0 53分 板倉滉(ベガルタ仙台)
    2018-02-25_15h22_34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00720624-soccerk-socc
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/02/20(火) 22:42:14.53 ID:CAP_USER9.net
    柏レイソル、終了間際に被弾…アレシャンドレ・パトに決められてドロー/ACL・グループE第2節
    2/20(火) 21:26配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000023-goal-socc



    柏レイソルはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2戦勝ちなしとなった。

    ■ACL・グループE第2節 柏 1-1 天津権健

    柏:クリスティアーノ(52分)
    天津権健:パト(88分)

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループE第2節が20日に行われ、柏レイソルは天津権健(中国)とホーム・日立柏サッカー場で対戦した。

    2-3で逆転負けを喫した第1節・全北現代(韓国)戦からメンバーを変更。DF亀川諒史に代わり、DFパク・ジョンスがスターティングメンバーに起用された。天津権健はFWアントニー・モデストとMFアクセル・ビツェルが先発。FWアレシャンドレ・パトは37分から途中出場した。

    柏は52分、MF江坂任、DF小池龍太とつなぎ、クロス。FWクリスティアーノがペナルティエリア内でボールをコントロールして、豪快に右足を振り抜く。ボールはゴールネットに突き刺さり、柏が先制する。対する天津権健は88分、パトのゴールで同点とする。試合は1-1の引き分けに終わった。

    柏は25日、アウェイのベガルタ仙台戦で、明治安田生命J1リーグ開幕を迎える。
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/02/13(火) 21:23:37.77 ID:CAP_USER9.net
    柏、敵地で2点を先行も後半だけで3失点…全北に逆転負けでACL黒星発進
    2/13(火) 21:20配信 SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00714928-soccerk-socc

    ACL初戦は悔しい敗戦となった [写真]=Getty Images



    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループステージ第1節が13日に行われ、全北現代(韓国)と柏レイソル(日本)が対戦した。

    プレーオフを制し3年ぶりのACL出場となる柏はクリスティアーノが最前線に入る4-2-3-1の布陣。新加入の亀川諒史、江坂任も先発入りを果たした。

    開始10分、大谷秀和のダイレクトパスにハモン・ロペスが反応。相手GKが前に飛び出すも、左足でループシュートを沈め、柏が幸先良く先制する。続く27分、左サイドからチャンスを作ると、ハモン・ロペスのシュートのこぼれ球を江坂が押し込んで追加点。

    後半に入り55分、CKからイ・ドングッに決められ、差は1点に。続く75分、全北にセットプレーを与えてしまうと、キム・ジンスに同点弾を許した。さらに終了間際の85分、再びイ・ドングッに決められてしまう。

    試合は3-2で終了。柏は敵地で2点を先行したものの、逆転負けで勝ち点を獲得できなかった。次戦は20日、ホームで天津権健(中国)と対戦する。

    【スコア】
    全北現代 3-2 柏レイソル

    【得点者】
    0-1 10分 ハモン・ロペス(柏)
    0-2 27分 江坂任(柏)
    1-2 55分 イ・ドングッ(全北現代)
    2-2 75分 キム・ジンス(全北現代)
    3-2 85分 イ・ドングッ(全北現代)
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/16(火) 23:44:13.73 ID:CAP_USER9.net
    松本GKコーチが野球のノック練習さながらにサッカーボールを打ち、選手が反応



    昨季J1リーグで4位に入り、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ出場権も獲得した柏レイソルは、1月30日に行われるプレーオフに向けて鹿児島県指宿市でキャンプを行っている。そうしたなか、クラブマスコット公式ツイッターが16日に配信したユニークなGKトレーニングの動画が話題となっている。

    指宿キャンプでの様子を同クラブのマスコット「レイくん」の公式アカウントが紹介しているが、少々趣が異なったのはGKのセービング練習のこと。「#ノック #サッカーチームなのに #松本GKコーチの練習がユニークすぎる」とハッシュタグがつけられた動画では、不思議な光景が広がっていた。

    それはゴール右45度に選手に見立てた壁を置き、その前方から放たれるシュートに対して日本代表GK中村航輔や滝本晴彦、猿田遥己が素早く反応するというもの。ユニークなのはシュートを打つ役割である松本拓也GKコーチだ。足で蹴るのではなく、野球で使用するバットを手にして、ノック練習さながらに打っているのだ。

    バットから放たれたサッカーボールは強烈なスピードで打ち抜かれつつ、壁にぶつかることでシュートコースが変わる。これに対して中村らGKは、素早くセーブするという練習を繰り返している。

    投稿では「#スイングが鋭い #中学までは野球の有力選手」と松本コーチの経歴も紹介。正守護神を務める中村は俊敏な反応を武器に昨季Jリーグベストイレブンに輝き、2017年12月のE-1サッカー選手権で日本代表デビューも果たしたが、この“特別トレーニング”によってさらなる成長を果たすかもしれない。

    1/16(火) 20:34
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010017-soccermzw-socc

    動画
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/07(日) 19:01:30.96 ID:CAP_USER9.net
    昨年、チームでの活躍がハリルホジッチ監督の目にとまり初のサッカー日本代表入りを果たした伊東純也選手。所属する柏レイソルを取材する、サッカーライターの鈴木潤氏は、伊東の魅力について、

    「まずはやっぱり足の速さ。ぶち抜くときは、一気に3人くらいかわすスピードが魅力ですね。ただ速いだけじゃなくテクニックもあり、ドリブルで独走し、派手なゴールも決めます。サッカーを知らない人が見てもわかりやすいプレースタイルだと思います」

    女性の目を惹きつけるのは、プレーだけではなく、アイドルばりのルックスも。

    「ファンの女性に話を聞くと、一見チャラそうに見えるけど、素朴でスレていない感じがいいそうです。実際、ファンサービスも不慣れだったり(笑)。人気選手はサインも写真撮影も慣れているのでパパッとこなすんですが、立ち止まって話したりして、相手に捕まっちゃう。そこも女性人気がある理由かもしれないですね」(鈴木氏)

    伊東の出身校である神奈川県立逗葉高校で、当時サッカー部顧問として彼を指導した石川弘二教諭は、

    「練習はすごく一生懸命でしたよ。1年生の途中からレギュラー。力はあったけど、あまり外に出たがらなかった。国体の選抜チームにも推薦したのに、行かなかったんだよね(笑)。大学でもやる以上、とにかくプロを目指せって。教職課程も取ってたけど、教育実習なんか来なくていいから、サッカーやってろって言いました(笑)」

    高校在学当時もイケメンだったらしいが、

    「前線の選手特有でマイペースというか、自分の道を持っているやつだった。女の子なんかはとっつきにくかったんじゃないかな。サッカー部の子は学校でアイドル的存在だったけど、あいつはそうでも……。代表に選ばれてめでたいけど、世界に向かって足を踏み入れたばかり。ここで有頂天にならず、さらに上を目指してワールドカップでも頑張ってほしいです」(石川教諭)

    ロシアの地でゴールを決めるところが見てみたい!

    2018年1月6日 21時0分 週刊女性PRIME
    http://news.livedoor.com/article/detail/14124194/

    写真





    プロフィール
    http://www.reysol.co.jp/team/players/2017/14.php
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ