海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:柴崎岳

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/16(土) 11:07:57.41
    <スペインリーグ:エイバル2-2ヘタフェ>◇15日◇エイバル

    柴崎岳が所属するヘタフェはアウェーでエイバルに2-2で引き分けた。1-2の後半35分、エイバルのFWシャルレスに同点ゴールを決められ追いつかれた。柴崎はベンチ外だった。ヘタフェは9勝9分け6敗、エイバルは7勝10分け7敗となった。
    2019-02-16_14h43_50

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-60000020-nksports-socc
    2/16(土) 7:41配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/esp/esp-11162515.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/standings/
    順位表

    柴崎今季成績

    第1節  先発
    第2節  出場なし
    第3節  出場なし
    第4節  途中出場 →62分
    第5節  出場なし
    第6節  ベンチ外
    第7節  ベンチ外
    第8節  ベンチ外
    第9節  出場なし
    第10節 出場なし
    第11節 出場なし
    第12節 ベンチ外
    第13節 ベンチ外
    第14節 ベンチ外
    第15節 出場なし
    第16節 先発→後半24分
    第17節 ベンチ外
    第18節 ベンチ外
    第19節 ベンチ外
    第20節 ベンチ外
    第21節 アジア杯
    第22節 アジア杯
    第23節 出場なし
    第24節 ベンチ外

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/09(土) 19:36:06.14
    日本代表MF柴崎岳はアジアカップでボランチとして主力としてプレーし、準優勝に貢献した。その一方で所属するヘタフェでは今季なかなか出番に恵まれておらず、リーガ2部デポルティボへの移籍が目前に迫ったとの報道があった。そのなかでチームは現地時間9日にリーガ・エスパニョーラ第23節セルタ戦に臨むが、スペイン紙「AS」によるとホセ・ボルダラス監督が柴崎について言及している。

    ヘタフェは柴崎が代表離脱中も手堅く勝ち点を積み上げて、4位セビージャと勝ち点4差の5位につけている。UEFAヨーロッパリーグ(EL)どころかUEFAチャンピオンズリーグ(CL)圏内も近い上位争いを繰り広げていることについて問われると、ボルダラス監督は「まずは明日(セルタ戦)について考えること」と目の前の一戦に集中していることを強調した。

    「我々はいつも同じプレーを見せ、競争し、ファンを愉しませたいという思いを持っている」と語った指揮官だが、記者から「ガク(柴崎)はクラブから去ろうとしていた。そのなかでの役割はどうなるか?」という質問が飛んだ。それに対して、ボルダラス監督は以下のように答えている。

    「彼は(アジアカップから)戻ってきた。それは良いニュースだ。私も彼に対して対話の機会を持ったし、彼自身もチームに何かをもたらすものを持っている。我々を助けてくれる存在だ」

    ただし、地元紙の見立てだと序列は決して高くないようだ。セルタ戦の予想スタメンを見ると、ヘタフェの4-4-2システムのスターティングメンバーどころか、ベンチ入りの7人の中にも「10 GAKU」の文字はない。フィジカル重視のチームスタイルにあって難しい状況は続きそうだが、日々のトレーニングによって柴崎はこの序列を覆せるか。

    2/9(土) 17:50配信フットボールゾーン
    2019-02-09_20h29_42
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190209-00169438-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/06(水) 20:21:11.43
    サッカースペイン1部リーグ、ヘタフェの日本代表MF柴崎岳が、1月の移籍市場でスペイン2部デポルティボ・ラ・コルーニャへレンタル移籍すると書面サインまで達していたものの、ヘタフェが最後に翻意。最終日に破談になったと6日までにスペイン紙などが報じた。

    デポルティボ・ラ・コルーニャのスポーツ・ディレクター、カルメロ・デル・ポソ氏が明かした。同氏によるとデポルティボ、ヘタフェ、選手は1月29日午後、レンタル移籍で合意。各種資料の送付のほか、柴崎自身もアジア杯決勝の前日に契約サインをした。

    状況が変わったのはヘタフェが態度を硬化させたため。柴崎放出に伴う選手の獲得に動いていたが実現せず、それまでの合意を一方的に破棄したという。

    2/6(水) 20:14配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000116-dal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/02/04(月) 21:05:39.63
    サッカー日本代表の柴崎岳がツイッターなどのSNSを一切やっていないにも関わらず、他人に名をかたられる、いわゆる“なりすまし被害”にあっていることについて、女優の妻・真野恵里菜が4日、夫にかわってSNSを通じて広くよびかけた。

    真野はインスタグラムやツイッターに、「夫は今現在SNS等はなにもやっておりません!なのでこのアカウントは本人ではないです!」となりすましアカウントを明示した上で告知して、だまされないよう注意喚起した。

    こうした努力の成果か、同日午後には「いくつかのなりすましアカウントはどうやら削除されたようです」と報告。今後、柴崎がSNSを正式に開始した場合の見分け方について「選手の皆さんとフォローし合うと思うのでそういうのも疑問に思ったときの判断材料になるかと思います」とつづり、正しい情報の拡散に協力してくれた人々に感謝していた。
    2019-02-04_23h24_49
    2/4(月) 21:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000129-dal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/05(土) 19:29:26.72 _USER9
    日本代表MF柴崎岳(ヘタフェ)が、AFCアジアカップUAE2019への意気込みを語った。

    日本代表は4日にUAEで合宿2日目のトレーニングを実施。現地の環境について「思ったより良い」と感想を述べた柴崎は、「ボールも違うし芝も多少の感覚のズレはありますけど、やっていくうちに慣れると思います」と自信を口にした。

    この日の練習ではMF守田英正(川崎フロンターレ)が太ももの違和感により途中離脱。MF遠藤航(シント・トロイデン)も発熱の影響で合流が送れるなど、ボランチの陣容に不安を抱えている。

    それでも柴崎は、「僕個人としては全試合フルで出るつもりでいる」と強い気持ちを示し、「それくらいの決意と自信、責任感も感じますし、ケガと体調の部分は本当に気をつけて調整したいなと思います」と続けた。

    それだけの強い思いで大会に臨むのには理由がある。4年前に22歳で初めてのアジア杯を戦い、昨年はワールドカップに出場。そういった経験を積む中で柴崎は自身の立ち位置が変化したことを自覚しているのだ。

    「若い時であれば、もちろんチームの目標は優勝ですけど、失敗が許されるということもあります。でも、そうも言っていられない年代、立ち位置になったので。本当に、負けたら多くの責任を感じる立場でもあるので、それくらいの強い覚悟と決意を持ってここに来ました」

    「優勝以外は……失敗かなと個人的には思う」。言葉を選びながら今大会の目標を語った柴崎岳。まずは9日にトルクメニスタン代表との初戦に臨む。

    1/5(土) 1:37配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00886959-soccerk-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/04(金) 20:39:19.45 _USER9
    スペイン1部リーグ、ベティスが日本代表MF柴崎岳(ヘタフェ)獲得への関心を強めているという。スペインを中心にしたサッカー情報を扱うウェブサイト、ゴール・デジタルが伝えている。

    情報によると昨年末にも柴崎獲得に動いていたベティスが冬市場にも再チャレンジするという。ヘタフェが放出に前向きで、柴崎が日本代表としておよそ1カ月所属チームを離れることが獲得にプラス作用を及ぼす見方がある。同じくスペイン1部のウエスカが今季終了までのレンタル獲得で動いているのを見越して、これを上回るため正式移籍での獲得を狙うという。

    このほか、マルカ紙は柴崎の新天地候補についてドイツの複数チーム、前所属でスペイン2部のテネリフェを挙げている
    2019-01-04_21h28_33
    1/4(金) 19:30配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00000103-dal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/03(木) 09:41:46.30 _USER9
    ヘタフェMF柴崎岳は、リーガ・エスパニョーラ内で移籍することになるのかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えている。

    今季はホセ・ボルダラス監督の下で苦しみ、前半戦の公式戦19試合で先発は3試合にとどまった柴崎。指揮官は能力を評価しているもののスタイルに合わないと判断していると見られており、半ば構想外の扱いとなっている。

    去就が注目されている日本代表MFだが、『マルカ』によるとウエスカが獲得をねらっているようだ。

    今季昇格を果たしたウエスカだが勝ち点8で最下位に沈んでおり、後半戦へ向けてスカッドの強化を図るという。そこで、ヘタフェで苦しむ柴崎にターゲットを定めたようだ。

    しかし同メディアは、移籍実現には問題があると指摘。今季は出番が少ない柴崎だが、代表にも招集されているために国際的な選手と見られており、そのため移籍金は低額とはいかず、ウエスカを悩ませることになると予想している。

    また、柴崎が日本代表としてアジアカップに参加することも状況を難しくしていると指摘。残留のためにも早急に結果が必要なウエスカだが、柴崎は1月後半~2月上旬までチームに合流できず。さらにチーム合流後すぐさまグループに適応する必要があるが、これまでテネリフェやヘタフェでは時間を要したため、これが問題になるとしている。

    現地記者によると、ヘタフェも1月のマーケットで柴崎の売却を考慮しているという。26歳の日本代表MFは、冬に新天地も目指すことになるのだろうか。
    2019-01-03_11h15_43
    1/3(木) 7:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000022-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/27(木) 20:58:01.40 _USER9
    日本代表は1月に控えるAFCアジアカップUAE2019に向けて、千葉県内で合宿を実施。2日目となった27日は、初日から参加の11名と6名のトレーニングパートナーに加え、柴崎岳と槙野智章が合流した。

    代表練習中に鹿島アントラーズのMF小笠原満男が今季限りで現役を引退することが発表された。練習後、このことについて聞かれた柴崎は、「知らなかったんで驚きは多少あります」と話すと、次のように続けた。

    「でも一人の選手の決断として、元チームメイトとしても同じ東北人としても、満男さんのした決断に対しては、『お疲れ様でした』と言いたいなと思います。まだできるんじゃないかとは全然思わない。それは満男さんがいろんなことを考慮した上でのことなので。満男さんの意見、考えを尊重して『お疲れ様でした』とは言いたいです」

    小笠原のことを「小学生の頃からのアイドル」と語る柴崎は、「鹿島アントラーズに入って同じチームでプレーすることになってすごく嬉しかった先輩の一人」だったことを明かし、当時を振り返った。

    「満男さんの隣でプレーすることも多かった。多くを口では語らないですけども、プレーの中から僕自身も得るものがたくさんありましたし、一人の選手として成長させてくれた大先輩だと思います。まあケガが僕のいた時もちょくちょくありましたし、ヒザのケガとは聞いてるんで、ちょっと悪化したのかなって心配ですけど、のちの人生に響かなければいいなと思っています」

    また、アジアカップに向けては、「優勝するしかないというか、優勝しか見えてないところもあります。個人としての自信と決意も固めてきましたし、まあ本当にアジアナンバーワンの椅子を勝ち取りに行きたい」と意気込みを語った。
    2018-12-28_11h36_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00882429-soccerk-socc
    12/27(木) 20:29配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/24(月) 19:46:56.33 _USER9
    2018年、リーガ・エスパニョーラ最後の公式戦は、乾貴士(ベティス)、柴崎岳(ヘタフェ)の今シーズンを象徴するものとなった

    古巣エイバルと対戦した乾は、ベンチ入りしたものの、出場のチャンスはなかった。これは前半にDFシドネイが負傷交代したこと、そして押し込まれる時間が続いてチャンスを作れない展開から、キケ・セティエン監督が、勝ち点3を狙いにいくのではなく、勝ち点1を守るための守備的な選手交代を選択したことによる(結果は1-1)。

    乾はリーグ戦でメンバー入りを続けながらも、第12節バルセロナ戦を最後に試合出場がない。大台の100試合出場へあと3試合としたところで足踏みをしている。

    現在のところ、セティエンの起用方法から見ると、乾の順位は交代の3番手、4番手という位置付けだろう。乾自身のパフォーマンスは決して悪いものではないのだが、ライバルとなる選手たち、とくにジオバニ・ロ・チェルソやクリスティアン・テージョらが、得点やアシストといった目に見える結果を出しており、監督の信頼を獲得している。

    セティエンはエイバル戦前の会見で乾について次のように語っている。

    「乾はすばらしい選手だ。確かに主役としての輝きは出していないが、他の選手がもっといいプレーをしていることを理解したうえで、しっかりと練習をしている。たぶんW杯の代償を払っているのだと思う。気持ち的に疲労し、苦しんでいるのだろうが、とてもいいメンタリティーを持っている。戦力として彼を考えているし、楽しみにしている。彼にとって簡単に対応できる状況ではないが、問題がないことを期待している」

    チームとして戦力として考えていることは明言しており、数字に残る結果を出すよう、奮起を期待するコメントを残している。

    この日、ベティスのホームスタジアムでは、ハーフタイムにスタンドから多くのぬいぐるみが投げ込まれた。クリスマス前の試合、「プレゼントが貰えない子どもたちがいないように」というスローガンのもと、クラブ主催のチャリティー企画として行なわれたものだ。2019年は乾がセティエンの信頼を獲得できるか。それが日本のサッカーファンにいいニュースを届けられるかどうかのカギになる。

    一方の柴崎は、前節のレアル・ソシエダ戦で、開幕戦以来となるリーグ戦先発復帰を果たした。だが、年内最終節のジローナ戦では再びメンバー外となり、ホセ・ボルダラス体制のもとで厳しい状況に置かれていることが、あらためて明確になった(結果は1-1)。

    レアル・ソシエダ戦では左サイドで先発フル出場を果たした柴崎。だが、ジローナ戦ではケガで戦列を離れていたハイメ・マタがメンバーに復帰。また、チームは今季絶望のアマト・インディアイエや長期離脱中のマイケル・ベルガラの代わりとしてサム・サイス、マシュー・フラミニを獲得し、穴を埋めている。

    レアル・ソシエダ戦では、腹痛でネマニャ・マクシモビッチが欠場したことにより、中盤底のポジションには、マウロ・アランバリとセバスティアン・クリストフォロが起用されている。このことからも、ボルダラスが柴崎のことを、ボランチよりも攻撃の選手として評価していることがわかる。そしてジローナ戦のように本職の選手たちが戻ってくると、サイドでのポジションでも優先順位は落ちてしまうのだ。

    柴崎が今の状況をどのようにとらえているのか、本人からの情報発信がないためにわからない。スペインのサッカーサイトによれば、ビジャレアルやウエスカが獲得に興味を示しているとの報道もある。しかし具体的な話は何もないうえ、順位表で下位にあがいているチームが必要としているのは、攻撃にしろ、守備にしろ、即戦力となる選手だろう。

    1月の移籍市場で柴崎がヘタフェを離れる可能性も十分にある。アジアカップ同様、その去就が注目される。
    2018-12-24_21h39_55
    12/24(月) 14:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181224-00010007-sportiva-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/18(火) 08:20:25.53 _USER9
    スペインのラジオ局『ラディオ・マルカ』はヘタフェが日本代表MF柴崎岳の売却を目指すことを報じた。

    『ラディオ・マルカ』編集長のラファ・サンウキージョ氏は、同局の番組でヘタフェがこの冬に柴崎、MFロベルト・イバニェスの売却を目指すことを伝えた。また、その番組に出演したスポーツ紙『マルカ』のヘタフェ番フアンカル・ナバセラーダ記者は、柴崎の去就に関して、ドイツのクラブに移籍する可能性が高いとの見解を示している。

    柴崎は2017年夏にテネリフェからヘタフェに加入。2017-18シーズン序盤にはバルセロナ戦で鮮烈なボレーシュートを決めるなど活躍を披露したが、同試合で中足骨を骨折して、それを機にベンチ要員となることが常となっていた。

    ホセ・ボルダラス監督率いるヘタフェは典型的な堅守速攻のチームで、柴崎のプレースタイルには適応しないことも指摘され続けてきた。日本が誇るプレーメーカーは果たして、この冬に新天地へ向かうことになるのだろうか。
    2018-12-18_08h46_51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000030-goal-socc
    12/18(火) 6:39配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/920087
    成績

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ