海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:柴崎岳

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/28(水) 17:04:56.87 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJリーグ、鹿島の柴崎岳(24)と女優の桐谷美玲(27)の熱愛の噂がネット上をにぎわしている。クリスマスイブにサッカー日本代表の長友佑都(30)と平愛梨(32)の婚約会見が開かれたことも影響しているようだが…、いったいどういうことか。

    2人の恋の噂はかねて、なぜかネット上でささやかれていた。

    「一般人からの目撃情報が、やたらとネットに書き込まれています。ニトリで家具を物色していた、コンビニで見た、カラオケ店で歌っていたなどなど。写真もなく、根拠のないただの噂がひとり歩きしている」(ウェブサイト編集者)

    どうやら怪情報の域を出ないようだが、なぜ柴崎と桐谷なのか。

    「桐谷はスタジアムへ足を運ぶほど自他共に認めるサッカーファン。一方、柴崎は甘いルックスと実力を兼ね備えた独身の大物。ファンの“そうであってほしい”という願望が、美人女優と美男Jリーガーの理想のカップルを生んでしまったようです」と前出編集者。

    また、その噂に現実の出来事がリンクしてしまったことが、火に油を注いだようだ。

    「今月、クラブW杯の決勝で柴崎は名門レアル・マドリード相手に2ゴールと大活躍したが、現場で日本テレビの中継キャスターを務めたのが桐谷。翌日出席したイベントで『柴崎選手、すごかったですよね』と、興奮気味にコメントしたのが拍車をかけました」(芸能ライター)

    さらに桐谷は昨年までファッション誌『non-no』でレギュラーモデルだったが、やはり同誌OGで親しい佐藤ありさが今年、サッカー日本代表の長谷部誠と結婚したことも噂を補強する一因なのだとか。「もし桐谷と柴崎がつながっていても不思議ではないという、説得力があるんです」と前出の編集者。

    本人たちにはさぞかしいい迷惑だろうが、意外や意外、ひょうたんから駒なんてことがあれば盛り上がるのでは。
    2016-12-28_18h33_47
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000003-ykf-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/25(日) 15:52:08.18 ID:CAP_USER9.net
    あの疑惑がさらに深まった!?

    12月18日に行われた「FIFAクラブワールドカップ2016」の決勝戦「レアル・マドリード×鹿島アントラーズ」で、欧州王者のレアルを追い詰めひと際存在感を放ったのが、この試合で2得点をマークした鹿島のMF柴崎岳だ。なんと、2016年にレアル相手に1選手が公式戦で2得点を記録したのは、柴崎が2人目だったとのこと。非常に質の高いプレーを見せた柴崎に、鹿島も「海外移籍」を容認するほどだった。

    また、柴崎はサッカーの実力はもちろん、青森山田高校時代からルックスでも注目を浴びていたが、今回のブレイクで女性たちからの注目度がさらに急上昇している。そうなってくると、気になるのは“恋人”の存在だが、現在のところ“正式には”熱愛報道は出ていない。しかし調べていくと、必ずと言っていいほど行き着く有名女性タレントがいる。桐谷美玲だ。

    「桐谷と柴崎が一緒にいたという目撃情報がSNS上で常に目立っていますね。ただ、こちらは週刊誌のスクープではなく、一般人の証言ばかりでウワサの域は出ていない。しかも桐谷は今回の『クラブワールドカップ』でも日本テレビの中継キャスターを務めており、決勝戦も現地で観戦しました。

    その翌日、出席したイベントでも決勝での柴崎のゴールについて、『2得点を挙げた柴崎岳選手。すごかったですよね!』と、興奮気味にコメント。むしろ、この第三者的な立場の接し方を『怪しい』と勘ぐる柴崎ファンが急増しています」(女性誌記者)

    桐谷がモデルとして活躍する女性ファッション誌「non-no」の元専属モデルで、桐谷と親しい関係にある佐藤ありさがサッカー日本代表の長谷部誠と結婚していることからも、2人が繋がっていてもおかしくはない。真偽は不明だが、もしも本当なら“アモーレ”も霞む、お似合いの美男美女カップルの誕生かもしれない。

    (本多ヒロシ)

    2016年12月25日 09:59
    http://www.asagei.com/72784

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/23(金) 06:08:17.97 ID:CAP_USER9.net
    「数人はリーガ・エスパニョーラで通用する」

    レアル・マドリー(スペイン)のジネディーヌ・ジダン監督は、クラブW杯決勝後、鹿島アントラーズの選手たちを賞賛した。それは本心で、別の意図はなかっただろう。ただし、敵将が相手に塩を送るのは珍しいことではない。勝者である自らの価値を高めることを、経験的に知っているのだ。

    では、本当に世界最高峰のスペインリーグで通用するJリーガーはいるのか?過去にJリーグからリーガに挑戦した選手は、城彰二、西澤明訓、大久保嘉人(現川崎)、家長昭博(現大宮)、ハーフナー・マイク(現ADO/オランダ)などがいる。しかし、いずれも成功と言える結果を残すことができなかった。大久保でさえ、一度はマジョルカを1部に残留させ、「救世主」と崇められたものの、2年目は不振で帰国を余儀なくされた。

    「無名なのに信じられないくらいうまい選手がいる」鳴り物入りでリーガに挑んだJリーガーたちは、そう言って修羅場に苦しむ。リーガはJリーグと比べ、「高いインテンシティやスピードでも技術が出せるか」が問われ、技術を持っているだけでは足りない。しかも練習、試合とタフな実戦が続く。ほとんど異次元の世界に入り込んだ感覚だろう。スコットランドで英雄視されていた中村俊輔(現横浜FM)が、全く通用しなかったほどだ。

    日本人Jリーガーのリーガ挑戦は、険しい道になる。鹿島だけでなく、Jリーグ全体でも、通用する選手は二桁に届かない。シーズンを通して活躍を、とハードルを上げると、0、もしくは1人というのが現実か。

    マドリー戦、鹿島は全員が健闘を示した。GK曽ヶ端準は的確なセーブを見せ、右SB西大伍はクリスティアーノ・ロナウドと真っ向から張り合い、CB植田直通は高さ強さで負けず、MF小笠原満男は気迫を見せ、永木亮太はしつこくボールにアプローチし、遠藤康はスペースの感覚にセンスを横溢させ、土居聖真は活動量豊富でサイドに流れて好機を作った。交代で入った赤崎秀平、伊東幸敏らもチームに貢献した。大会ブロンズボールを受賞したMF柴崎岳は、マドリーを最も苦しめた選手だろう。

    しかし例えば柴崎がリーガ挑戦するとして、ポジション適性がはっきりしない。ボランチとしては肉体的に弱く、技量が高いだけにパスを狙いすぎる。トップ下、もしくは攻撃的MFとしてはマドリー戦のようにパーソナリティを出せたらベストだが・・・。現状では、リーガ1部で定位置をつかむのは難しい。

    リーガで通用する可能性が高いのは、DF昌子源、FW金崎夢生の2人か。

    昌子は大会の中で確実に成長。マドリー戦は世界のトップFWを相手に、ほぼ一度も間合いで負けなかった。後半、柴崎のパスを跳ね返される形でカウンターを食らった時も落ち着いて対処し、事なきを得ている。

    金崎はキープ力に優れ、セルヒオ・ラモスのファウルを誘発し、あわや退場に追い込んだ。また、カウンターに出たとき(とくに右サイド)の推進力は、他の追随を許さない。マラガのスペイン人FWサンドロ・ラミレスと、ほぼ同等のポテンシャルを持つ。

    しかし、リーガで日本人は助っ人としてプレーする。スペイン人と同じ力量では足りないのだ。

    「通用する」というのは、ジダン監督の言う通りだろう。しかし「通用」では意味がない。外国人選手は、他のチームメイトを凌駕する能力が必要なのだ。FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やC・ロナウドのように。柴崎、昌子、金崎は世界の猛者と対戦を重ね、殻を破れることを証明した。彼らがさらなる変身を遂げたとき――。本当の意味で「通用する」選手になるだろう。(文=スポーツライター・小宮良之)
    2016-12-23_08h15_57
    dot. 12/21(水) 16:00配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161221-00000118-sasahi-socc&p=1
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/20(火) 05:40:42.27 ID:CAP_USER9.net
    鹿島がクラブW杯決勝のレアル・マドリードとの激闘から一夜明けた19日、MF柴崎岳(24)の欧州移籍を容認する方針を示した。延長戦の末に2―4で惜敗したRマドリード戦での2得点の活躍を受け、世界的評価も急上昇。今冬の移籍市場で欧州クラブからオファーが届く可能性が高まり、海外志向の強い背番号10の意思を尊重する構えだ。

    世界を驚かせたクラブW杯決勝から一夜明け「SHIBASAKI」の名前が世界を駆け巡った。英紙サンは柴崎をRマドリードのライバルであるバルセロナの司令塔になぞらえ「ジャパニーズ・イニエスタ」と紹介。「GKナバスを打ち破り有名人になった。プレミアリーグのトップ4(チェルシー、リバプール、マンチェスターU、アーセナル)でプレー機会を得るのは難しいが、それより少し下か中堅クラブではやれる」と高く評価。またスペイン紙マルカは「鹿島の宝石」との見出しを立て「世界中の技術部長たちの目に留まったはずだ」と報じた。

    柴崎はRマドリード戦の前半44分、後半7分にともに左足でゴールを記録。欧州王者を追い詰める善戦を演出した。世界130カ国以上で放映された大舞台での活躍。ツイッターのトレンドワードランキングで「kashima」が一時、世界1位に浮上するなど注目を集めた一戦で、柴崎株も急上昇した。決勝を視察した元オランダ代表FWで現在、FIFAの技術部門責任者のファンバステン氏も、柴崎らの名前を挙げて高く評価したという。

    鹿島幹部は「岳(柴崎)にとって大きな試合。オファーが来るんじゃないかな。篤人(内田)もサコ(大迫)もそうだけど、クラブとしては割り切るしかない」と語った。過去にも内田(シャルケ)や大迫(ケルン)ら海外志向の強い選手を送り出しており、今回も柴崎の意思を尊重して移籍容認の方針。穴を埋める存在として新潟のレオ・シルバ獲得も決定的となっている。

    スペイン紙マルカによると、柴崎にはスペイン2部バジェカノ、ヘタフェなどが獲得に興味を示しているが、今後、欧州主要リーグのクラブからオファーが届く可能性は高い。02年W杯日韓大会ではベルギー戦で同点弾を決めた鈴木隆行(当時鹿島)の元にベルギー1部ゲンクからオファーが舞い込み移籍が実現した例もある。自ら欧州移籍のチャンスを引き寄せた柴崎の動向から目が離せない。
    2016-12-20_07h35_22
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000056-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 09:16:28.78 ID:CAP_USER9.net
    ◆クラブW杯 ▽決勝 Rマドリード4―2(延長)鹿島(18日・横浜国際総合競技場)

    視察した日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、柴崎について「能力があるのは分かっていた。かなり大きなポテンシャルがある」と高い評価を与えた。

    昨年10月13日の親善試合イラン戦(1△1)以来、代表からは遠ざかっており「しっかり練習すればいい。2回シュートを打って入ったのだから。攻守にプレー量を増やせば伸びる。たくさん伸ばさないと」と指摘。期待は大きいだけに努力次第では、来年3月から再開するロシアW杯アジア最終予選での代表復帰の可能性が浮上しそうだ。

    一方で主審の判定には不満を爆発させた。特にDFセルヒオラモスの反則に対し、2枚目のイエローカードが提示されなかったことに怒りは収まらない。「審判の笛が違っていれば、もう少しセンセーショナルな結果になった。2枚目のイエローも出さないし、レッドも出さない。吹き方に怒りがこみ上げる。スキャンダルだ」と強い口調で非難した。

    日本サッカー協会・田嶋幸三会長「ここまでレアルを苦しめ、本気にさせた鹿島に感謝したい。これを継続していけば間違いなく世界のレベルに追いつける。いつかW杯で優勝できるんじゃないかと思わせてくれた」
    2016-12-19_10h30_02
    スポーツ報知 12/19(月) 6:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000026-sph-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 00:55:54.89 ID:CAP_USER9.net
    あの『ザ・サン』が「日本のアンドレス・イニエスタだ」と激賞

    英紙『ザ・サン』のウェブサイト版は、「シバザキがロナウドからヘッドラインを奪った」との見出しを立て、クラブワールドカップ決勝で鮮烈なパフォーマンスを披露した鹿島アントラーズMF、柴崎岳の紹介記事を掲載した。
     
    同紙のアンソニー・チャップマン記者は、「ガク・シバザキはレアル・マドリーを戦慄させた。まさに日本のアンドレス・イニエスタと評していいこの選手は、いったい何者なのだろうか?」との書き出しで、同選手のプロフィールや今季のJリーグでの戦績などを紹介している。
     
    さらに、柴崎は遅かれ早かれ欧州フットボール界に足を踏み入れるだろうと予測。具体的な移籍先は挙がっていないとしつつ、同記者は「プレミアリーグに来るなら」と仮定して、以下のような持論を展開した。
     
    「プレミアのトップ4のどこかでプレー機会を得るのは難しいだろう。ただ、それより少し下か中位のチームでなら、“日本のイニエスタ”はきっといい仕事ができるはずだ」
     
    「ひとつ挙げるなら、エバートンだ。ロス・バークリーに代わって、前線のロメル・ルカクのすぐ後方でプレーできるだろう。中盤の人材難に苦しむ、“悩める王者レスター”も挑戦の場としては面白いか」
     
    「彼の将来が今後どうなるかは分からないが、今回のレアル戦で飛躍的に名を揚げたのは間違いない」
    2016-12-19_08h23_38
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161219-00021315-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/19(月) 07:14:34.51 ID:CAP_USER9.net
    FIFAクラブワールドカップ決勝戦という大舞台で結果を残した鹿島アントラーズMF柴崎岳に全世界から熱視線が注がれている。イギリス紙『サン』も特集している。

    鹿島は18日、CWC決勝戦でレアル・マドリーと対戦。カリム・ベンゼマのゴールで先制されながら、柴崎の2ゴールで一時は逆転。

    延長戦の末、2-4で敗れたが、レアル・マドリーをギリギリまで追い詰めた。また、柴崎の鮮烈な2ゴールはスペイン紙にも大きく報じられたが、イギリス方面もざわつかせている。

    柴崎の経歴を紹介しながら、“日本のアンドレス・イニエスタ”として大きく伝えている。ショートパスやミドルシュートを得意としながら、イニエスタのようなピンポイントのパスで2016年は11アシストを記録したと紹介している。

    24歳で鹿島の10番を背負い、海外へ行くきっかけをつかんだとも言える柴崎。次の話題は行き先がどこになるのかといったことに移っていくかもしれない。

    GOAL 12/19(月) 7:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000037-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/18(日) 22:28:55.03 ID:CAP_USER9.net
    CWC決勝の大一番でレアル・マドリーから2ゴールを奪った鹿島の柴崎岳に対して、早くもスペインメディアも注目。『MARCA』が彼は何者か?と記事を展開している。

    18日、FIFAクラブ・ワールドカップ決勝で、レアル・マドリーvs鹿島の試合はレアル・マドリーの勝利で決着した。

    しかし、この試合で2ゴールを決めた鹿島の柴崎岳に対し、スペインメディア『MARCA』が驚きの内容で伝えている。

    同メディアでは「柴崎、新たなスターには200万ユーロの価値」の見出しで、柴崎を紹介。200万ユーロと言えば現在のレートで2億5000万円ほどの価値。レアル・マドリーから2ゴールを奪うほどの選手が、アジアのクラブでは2億5000万円ほどの市場価値(Transfermarktによると)と見られていることに、衝撃を受けているようだ。

    また、先日の会見で柴崎が発した言葉「日本がさらにヨーロッパのような高いレベルに達するにはさらに10年要するかもしれないが」という柴崎のコメントを添え、レアル・マドリーから2ゴールを奪った柴崎のインパクトを強調している。
    2016-12-18_23h02_33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00010002-goal-socc
    続きを読む

    CyuASXaUcAAhi3A
    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/17(土) 21:11:38.00 ID:CAP_USER9.net
    読売新聞 12/17(土) 20:58配信

    サッカーのクラブワールドカップ(W杯)(読売新聞社協賛)は18日午後7時30分から、J1王者の鹿島と欧州代表のレアル・マドリード(スペイン)との決勝が横浜国際総合競技場で行われる。

    鹿島はアジア勢初のクラブ世界一を狙い、レアルは2大会ぶり2度目の優勝を目指す。両チームは17日、横浜市内で最終調整を行った。

    鹿島は準々決勝、準決勝と、相手に押し込まれる展開を耐えて勝ち上がってきた。決勝も欧州王者に主導権を握られることが予想されるが、石井監督は「まずは(積極的に相手ボールを奪いに行く)自分たちの戦いをしたい」と強調した。 同時に「うまくいかない場合は、戦い方を変えていかないといけない」とも話し、先行された場合などは戦術に柔軟性を持つことも重要だとした。MF柴崎は「勝てると思っている。ベストを尽くしたい」と力を込めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00050079-yom-spo
    続きを読む

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/12/04(日) 05:19:46.65 ID:CAP_USER9.net
    鹿島MF柴崎岳(24)が今冬、欧州挑戦に踏み切る可能性が3日、浮上した。

    複数の関係者によると、海外志向の強い柴崎がスペインリーグへの移籍を希望。現在2部のエルチェ、ヘタフェが興味を示しているという。

    エルチェは14-15シーズンまで1部に所属。現在は勝ち点22で2部の8位につけ、自動昇格圏の2位ジローナを勝ち点5差で追う。ヘタフェは今季2部に降格も、1年での復帰を目指して現在5位。ともに来季の昇格を狙える立場だ。スペイン2部は外国人枠が「2」しかないため、調整が検討されているという。
    2016-12-04_09h34_16
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-01746997-nksports-socc
    日刊スポーツ 12/4(日) 4:58配信
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ