海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:森本貴幸

    9d4f8a3d

    1:風吹けば名無し:2018/05/26(土) 04:13:25.47 ID:2eJoqKKda.net
    結局いつまでたっても点取り屋不在
    2:風吹けば名無し:2018/05/26(土) 04:14:26.98 ID:kG+dL8XDr.net
    森本って何が売りやったんや
    平山はデカさって一発でわかるけど
    4:風吹けば名無し:2018/05/26(土) 04:15:09.78 ID:2eJoqKKda.net
    >>2
    和製ロナウドやろ
    続きを読む

    1:THE FURYφ ★ :2018/03/13(火) 21:12:20.05 ID:CAP_USER9.net
    「売れ残ったら正直困ります(笑)」――。アビスパ福岡は13日、17日に行われる第4節甲府戦で販売する限定Tシャツのデザインを発表した。背面にはFW森本貴幸が描いた衝撃的な絵がプリントされている。

    クラブの公式サイトによると、2月に行われたキックオフフェスタの一幕がデザインのポイント。GK神山竜一、FW松田力、DF實藤友紀、MFユ・インスが『ふ・く・お・か』の4文字で作文をつくり、それをもとに森本が描いたという。

    前面に描かれている文面によると、作文は「普段から」(神山)、「クレイジーな森くんが」(松田)、「『おしりからボール』を描くのは」(實藤)、「カンタンデス!」(ユ・インス)だった模様。背面にはその通りのイラストが独特のタッチで描かれている。

    同日、公式サイトやSNSでデザインを発表した。冒頭のコメントは公式インスタグラム(@avispaf)でのもの。公式サイトでは「着用すればメンタルも強くなる!そしてきっと癖になる!一皮むけたあなたに出会えること間違いなしです」と述べられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-01651454-gekisaka-socc

    画像

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/07(日) 10:46:47.77 ID:CAP_USER9.net
    J2福岡は7日、川崎Fから元日本代表FW森本貴幸(29)を完全移籍で獲得したと発表した。

    川崎市出身の森本は東京Vジュニアユースに所属していた04年3月13日の磐田戦(ヤマハ)に、当時史上最年少の15歳10カ月6日で出場し、Jリーグデビュー。06年にはイタリア・セリエAのカターニアへ移籍し、イタリアでの7シーズンで104試合19得点の成績を残した。

    13年8月にJ2千葉で7年ぶりにJリーグ復帰。16年から川崎Fに加入し、17年はリーグ11試合で3得点だった。日本代表としては08年北京五輪、10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を経験している。

    森本は両クラブを通じてコメントを発表。川崎Fを通じては「2年間、お世話になりました。大好きな街、川崎に戻ってきてプレーすることが出来て良かったです。自分自身の成長の為に新しいチャレンジに挑みます。またいつか、川崎に戻ってきたいと思います。これからもよろしくお願いします」とメッセージ。

    新天地となる福岡を通じては「今シーズンより、川崎フロンターレから加入することになりました森本貴幸です。これまで培ってきた全てのものを出し、アビスパ福岡のJ1昇格に貢献できるように頑張っていきたいと思います。宜しくお願いします」とした。

    1/7(日) 10:38配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000106-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/01/04(木) 00:23:57.15 ID:CAP_USER9.net
    現時点でクラブからの正式発表はないものの、森本は自身のインスタグラムのプロフィールを更新。これまでの所属クラブの名前が並ぶ中、川崎Fの次に福岡が書き足されていた。これが移籍を示唆するものと見られている。

    森本は2017シーズンのJ1で11試合に出場し3得点を挙げていたが、先発出場は一度もなかった。YBCルヴァンカップでは1試合出場0得点、AFCチャンピオンズリーグでも7試合に出場し0得点、天皇杯では3試合出場4得点という成績だった。

    リーグ戦に限って言えばプレー時間はわずか155分間で、1試合(90分)あたりの平均得点は1.74点と好成績だが、アピールの機会は限定的だったと言える。

    福岡は2017シーズンのJ2で19得点を挙げたエースFWウェリントンをヴィッセル神戸に放出し、ベテランFWの坂田大輔や中原貴之の退団も決まっていた。ブラジル全国選手権1部のシャペコエンセから、ヨーロッパでの経験が豊富な32歳のブラジル人FWトゥーリオ・デ・メロの加入が決まっており、森本とポジション争いをすることになるかもしれない。

    なお、川崎Fと福岡の両クラブからは3日の段階で森本の移籍に関して発表はない。同選手は東京ヴェルディでプロデビューを果たし、イタリアのカターニャ、ノヴァーラ、UAEのアル・ナスル、J2のジェフユナイテッド市原・千葉を経て2016年に川崎Fと契約。2年間でリーグ戦は22試合の出場にとどまっていた。
    20180103_morimoto_getty-560x373
    1/3(水) 19:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00249641-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/21(木) 06:44:42.69 ID:CAP_USER9.net
    天皇杯4回戦の試合が20日に行われ、川崎フロンターレは清水エスパルスに4-1の勝利を収めて準々決勝へ進んだ。川崎Fの元日本代表FW森本貴幸は3得点を挙げる活躍で勝利に貢献している。

    先発した森本は前半8分、縦パスを受けてエリア内に抜け出し、GKとの1対1の形から先制ゴールを記録。清水に同点に追いつかれたあと、41分には右からのクロスに強烈なヘディングで合わせて2点目を奪った。49分にもスルーパスを受けてチームの3点目となるゴールを記録し、ハットトリックを達成した。

    森本は16日に行われたJ1第26節の清水戦でもゴールを決めており、同じ相手との連戦で連続ゴール。また、29歳にして公式戦ではキャリア初のハットトリック達成となった。

    2004年に当時のJリーグ最年少記録となる15歳10ヶ月6日でのデビューを飾った森本は、すでに13年以上の長いキャリアを歩んできた。18歳でイタリアへと渡り、セリエAでローマから2得点を奪うなどの活躍もあったが、日本でもイタリアでも、2013年に半年プレーしたUAEでも公式戦でのハットトリックはなかった。

    2013年には帰国してジェフユナイテッド千葉に加入し、昨季から川崎Fでプレー。今季J1では先発出場はないが、短い出場時間で3ゴールを挙げている。初のハットトリックで勢いをつけ、さらに調子を上げていくことができるだろうか。

    9/20(水) 22:04配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00232093-footballc-socc

    写真


    川崎F・森本“サイクルハット” 両足&頭でプロ初の3得点
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000043-spnannex-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 12:36:55.70 ID:CAP_USER9.net
    元日本代表でセリエAのカターニアなどでプレー経験のあるFW森本貴幸について、イタリアメディア『Calciomercato.com』が「あの人は今?…」とのタイトルでプロフィールなどを紹介している。

    「日出ずる国のピッポ・インザーギこと、タカユキ・モリモトについて忘れた人はいないだろう」との書き出しで、元イタリア代表のエースFWフィリッポ・インザーギになぞらえている。

    日本では「和製ロナウド」として話題になった森本だが、イタリアでは、「アーモンドアイのインザーギ」、「バンザイ」、マレモト(津波)をもじって「マリモト」などの呼び名で親しまれた。

    カターニアでは2007年1月、わずか18歳で迎えたアタランタ戦(1-1)で起死回生の同点ゴールを挙げ、「将来を約束されるような素晴らしいデビュー」を飾った。しかし直後の3月には、左膝十字靭帯を負傷する不運に見舞われた。

    それでも森本は引き続き4シーズンをカターニアで過ごした。中でも「最高の瞬間」は、復帰後の初戦となった2007年8月のパルマ戦でのゴールや、2008年12月のローマ戦でのドッピエッタ(1試合2ゴール)、2009年1月のユヴェントス戦のゴールなどが挙げられている。特に2009年3月のパレルモとのシチリア・ダービーで得点を挙げ、4-0の勝利に貢献したことはまるでおとぎ話のように語られた。

    だが、ディエゴ・シメオネがカターニアの監督に就任すると構想外となった。ノヴァーラへレンタル加入したのち、アラブ首長国連邦のアル・ナスルへと移籍し、現在は日本へ帰国していると紹介されている。

    最後に、現在28歳となった森本が川崎フロンターレに所属し、カブトムシの飼育に夢中になっていると伝えている。

    GOAL 2/20(月) 12:16配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000008-goal-socc

    写真



    Calciomercato.com
    http://www.calciomercato.com/news/che-fine-ha-fatto-morimoto-l-inzaghi-del-sol-levante-da-catania--43940

    プロフィール 川崎フロンターレ公式HP
    http://www.frontale.co.jp/profile/2017/mem_09.html
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 06:37:55.40 ID:CAP_USER*.net
    今季からセカンドチームを立ち上げるJ2C大阪が、同U―15に所属する現中学3年生のU―16日本代表DF瀬古歩夢(15)を2種登録することが21日、濃厚となった。

    関係者によれば、同U―23が参戦するJ3の開幕(3月13日)までに手続きする見通しで、承認され次第、トップチームでの試合出場が可能となる。元日本代表FW森本貴幸(27=川崎F)以来となる中学生Jリーガーが誕生すれば、大きな話題となる。

    Jリーグのピッチに中学生が立つ可能性が出てきた。
    今季からU―23チームを創設しJ3にも参戦するC大阪が、同U―15に所属する瀬古の2種登録に動いていることが判明。承認されれば、トップチームの公式戦出場が可能となる。クラブ関係者によれば、3月13日のJ3開幕戦・盛岡戦(金鳥ス)までに手続きを済ませる見込みという。

    現中学3年生の瀬古は、今年4月から同U―18に昇格する。
    まだ15歳とはいえ1メートル83の長身を誇り、主戦場をセンターバックとしながらボランチでもプレーできる。足元の技術にもたけており、昨年から飛び級でU―18の公式戦でプレー。この日も高円宮杯U―18OSAKA2部・大体大浪商高戦に出場した。U―16日本代表の主力でもありFC東京U―15むさしのFW久保建英らとU―17W杯出場を目指している。

    将来性豊かな15歳がプレーする同U―23。
    C大阪の玉田社長が「基本的にはオーバーエージ枠を使わない」と話しているように、J3は23歳以下の選手を育てる場となる。ほかにも同―18所属の選手を2種登録する予定で、その中の1人として、中学3年生の瀬古もレベルの高い舞台で鍛えていく方針となった。

    過去に15歳10カ月6日でJデビューを果たしたのが東京VのFW森本。
    それ以来となる中学生Jリーガーが誕生すれば、大きな注目を集めることは必至だ。今後の活躍次第では、トップが戦うJ2でプレーする可能性もゼロではない。柿谷や山口、扇原といった日本代表選手を育成してきたC大阪から、また新たに無限の可能性を秘めるプレーヤーが出てきた。

    ◆瀬古 歩夢(せこ・あゆむ) 2000年(平12)6月7日、大阪府出身の15歳。
    中泉尾JSCからC大阪U―12に進み、13年に同U―15に昇格。
    今年4月から同U―18所属となる予定。U―15日本代表を経て現U―16日本代表。1メートル83、72キロ。利き足は右。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-00000013-spnannex-socc
    スポニチアネックス 2月22日(月)6時24分配信
    no title
    https://www.youtube.com/watch?v=Mek8EKx6tmg


    森本初出場
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1456090675/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ