海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:槙野智章

    1:3倍理論 ★:2018/06/04(月) 09:08:53.98 ID:CAP_USER9.net
    西野朗監督就任後、日本代表の選手たちからは「いいコミュニケーションが取れている」という声が多くあがっている。DF槙野智章(浦和レッズ)が、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督体制との違いを明かした。

    14日開幕の2018 FIFAワールドカップ ロシアに向けて2日からオーストリアで事前合宿をスタートさせた日本代表。「宿舎も食事も、ベッドもスパもストレッチルームも、ビリヤードも卓球もカフェも、すべて揃っているんじゃないですかね。非常にいいと思います」(槙野)。充実した環境で、まずは8日にスイス代表との国際親善試合を戦う。

    ハリルホジッチ監督を解任して西野監督のもとで再スタートを切ったものの、初陣となった5月30日のガーナ代表戦で0-2の完敗を喫するなど、懐疑的な声は後を絶たない。それでも、選手たちの間にはポジティブな空気が流れている様子で、少なくとも前監督の解任理由の一つでもある“コミュニケーションの問題”は解決されたようだ。

    「よく言われているコミュニケーションのところは非常に活性化しています。選手とスタッフの意見交換も頻繁に行われているし、そういう時間を有意義な場所として使えていると思います」

    それは単純に監督が日本人になったから、というだけの話ではない。槙野はミーティングのやり方に変化があったと明かす。

    「監督がこうしてほしいと押し付けるのは簡単だけど、クエスチョンで問う時間があるんですね。『逆にこのシーンはどう思う? どうしていきたい?』っていうのをそのシーン、そのシーンの中で選手に問う。選手側の意見も監督側の意見もありますし、そういう意味では新しい発見だったり、チーム全体がこうしなくてはいけないという整理ができている。そういうのは今までなかったので、いい時間だと思います」

    ガーナ戦についても「失点の場面はもちろん、自分たちで崩したシーン、崩せなかったシーン。その都度、その瞬間における選手の意見っていうのはフィードバックがありました」と、1時間以上のミーティングで修正点を洗い出した。

    スイス戦を終えると、12日のパラグアイ代表戦を経て19日にコロンビア代表とのW杯初戦を迎える。残された時間は、多くはない。「人一倍、この大会にかける思いは強い」という槙野は「(W杯は)初めてですけど、引っ張っていく年齢でも立場でもあると思います」と、リーダーシップを発揮していくつもりだ。
    2018-06-04_10h12_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00769257-soccerk-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/05/26(土) 00:49:01.20 ID:CAP_USER9.net
    5/24(木) 22:20配信
    Football ZONE web
    槙野が明かした意外な共通点 「同じ誕生日ですからね」

    槙野がJリーグの“イニエスタ効果”期待も、代表人気低迷に危機感 「W杯への関心は…」

    日本代表DF槙野智章は、24日のトレーニングを終えると、この日にヴィッセル神戸への加入が決まり国内サッカーの話題をさらったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタについて言及。国内の浦和レッズでプレーする一員として「Jリーグの盛り上がりにつながると思う」と話した。


    この日、千葉県内で日本代表がトレーニングを開始する頃、東京都内ではイニエスタがヴィッセル神戸に加入する記者会見が開かれていた。国内外から200社を超えるメディアが集結した現役スペイン代表キャプテンについて、槙野は「同じ誕生日ですからね」と笑った。槙野は1987年5月11日生まれだが、イニエスタはちょうど3年前の同日が誕生日になる。

    思わぬ共通点を明かした槙野だが、イニエスタの加入について同じJリーガーとして喜ばしい気持ちがあると話している。

    「国内でプレーする選手としては、選手もファンも世界レベルの選手を肌で感じるというのはJリーグの盛り上がりにつながると思う。一人でも多くの有名な力がある選手に来てもらって、盛り上がりにつながれば、それが日本人選手の素晴らしさをアピールするチャンスにもなると思う」

    槙野はこう話し、イニエスタに海外サッカーのファン層やメディアなども含む注目が集まることで、同時にJリーガーのプレーも自然に目に触れることになると歓迎している。すでに神戸には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが在籍し、ドイツメディアなどでも定期的にポドルスキの動向は報じられる。プレーの素晴らしさだけでなく、そうした波及効果もJリーグにはプラスだと語った。

    「W杯への関心は薄れている」

    それも、槙野にとっては日本代表への関心の薄さが思わせた感想なのかもしれない。各メディアの報道をチェックするタイプの槙野は、「いろいろなメディアで見ているものの、ワールドカップ(W杯)への関心は薄れていると思っている。ぜひとも、いろいろな方に興味を持ってもらいたい。ゴールを決める選手、ゴールパフォーマンスが面白い選手もいるので、そういう違う入り口からでも興味を持ってもらって、サッカーの楽しさや素晴らしさに気づいてもらえれば」と語る。

    オフシーズンにテレビ出演する際も、Jリーグの認知度を高めたいという思いを語る男だけに、イニエスタへの注目度と現在の日本代表への関心については敏感になっているのかもしれない。まずは、チケットが完売したことが発表された30日の国際親善試合ガーナ戦で、W杯への期待度を高めるような試合を見せたいところだ。

    Football ZONE web編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180524-00105977-soccermzw-socc

    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/05/24(木) 20:33:03.54 ID:CAP_USER9.net
    合流初日の槙野智章が真のムードメーカーの存在を暴露!「自然に中心にいるのは彼だと...」
    5/23(水) 21:35配信 SOCCER DIGEST Web
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=40824
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00040824-sdigestw-socc

    2日遅れての代表合流で別メニュー調整となった槙野だが、精力的に汗を流した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)



    ■槙野は感じたのは食事会場などで会話の中心に本田がいることだ。
    国内組の先陣を切って、5月23日に槙野智章と遠藤航(ともに浦和)、東口順昭(G大阪)の3名が井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)とともに日本代表へ合流した。

    21日からトレーニングに励んでいる香川真司(ドルトムント)や本田圭佑(パチューカ)らのグループから離れて別メニューとなったが、練習後に最も長く報道陣からの取材に対応したのは、このチームのムードメーカーとも呼べる槙野だ。

    「僕ら国内組にとって15連戦が終わって、2日休みがありました。なので、その2日でまずしっかりリフレッシュすることを心がけてこの合宿地に来ました。西野(朗)監督、スタッフの中でも編成があったので、早くこのチームの色と雰囲気をまずは感じ取り、30日のガーナ戦に向けて、時間がないなかでもしっかりといい形で迎えられればいいかなと思っています」

    2日間のオフを挟んでの合流に、心身ともにリフレッシュして合宿を迎えられたことに充実した表情を見せると、現在の代表の雰囲気やムードメーカーに関する話では驚きの言葉を残した。

    「僕にとってのこのチームの盛り上げ役は本田選手だと思っていますので、僕はムードメーカーだとは思っていないです」

    一体どういうことなのか。槙野はその真意を冗談を交えながらこう語った。

    「食事会場での笑い声だったり、話し声というのは間違いなく彼が一番だと思いますし、自然に中心にいるのは彼だと思います。そこにひっついて僕も、わちゃわちゃしていますけど(笑)」

    本田を中心に盛り上がっている。だからこそ、槙野はサポートに回るべきだと考えている。

    「とにかく年齢的にも上になってきたので、下の世代と上の世代と真ん中の世代をいい形で間に入りたい。スタッフにもよく知っている方たちが入ってきたので、自分が間に入っていい形でいい空気感を作っていければいいかなと思っています」

    自らの役割を瞬時に判断し、バランスを取る役回りを担うと宣言した槙野。ロシア・ワールドカップに向けて歩みを進める日本代表にとって、槙野の存在は大きな意味を持つはずだ。
    続きを読む

    1:サイカイへのショートカット ★:2018/05/16(水) 19:24:59.84 ID:CAP_USER9.net
    高梨臨、夫の槙野智章代表入りを西野監督にアピール
    2018年5月16日16時2分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805160000524.html

    2月の結婚後、初めてイベントに登壇した高梨臨(撮影・松本久)





    女優高梨臨(29)が16日、東京・渋谷区の表参道ヒルズで、高級腕時計「ウブロ」のPRイベントに登壇した。

    今年2月にサッカー浦和のDF槙野智章(31)と結婚をしてから、初めて取材陣の前に姿を見せた。

    約3カ月の結婚生活について、笑顔で「楽しくすごしております」と説明。夫の活躍が励みになっているようで、「毎週のJリーグが楽しみになりました」と続けた。

    槙野といえば、キッチリと固めた独特のヘアスタイルで有名だ。「いつも気合を入れて固めています」と明かした。

    6月14日に開幕するサッカーW杯ロシア大会に槙野が出場できるのか、選考期日が迫っている。

    この日の衣装は、日本代表の侍ブルーと浦和の赤色をミックスしたような色彩だった。一緒に登壇した日本代表の西野朗監督(63)に「監督に(代表入りを)アピールできればうれしいですけど…」とジョーク交じりにアピールをすると、西野監督は「しっかり体調管理をしてあげてください」と返した。

    また、イベントでは高梨がサッカーボールを蹴って、見事にゴールの枠に入れた。西野監督は「マキから右足を教わっているようですね」と感心していた。
    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2018/04/30(月) 08:00:35.50 ID:wAlAcQTI0.net
    ハリルホジッチ前監督の解任理由のひとつに、選手とのコミュニケーション不足が挙がったが、槙野はその事実についても疑問を呈している。

    「コミュニケーションの問題も言われてますけど、毎日2回くらいミーティングがあるくらいで、選手とスタッフの距離も近かったですし、かなりポジティブでもありましたので。そのなかで監督が代わる、コミュニケーション問題っていうのも言われていますけど、正直そこは分からない部分ですね」
    2018-04-30_08h33_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00039560-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/29(日) 05:31:47.04 ID:CAP_USER9.net
    「メッセージというか、手紙を送ったわけではないので」と前置きしつつも…



     浦和の槙野智章が、ヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督の反論会見について言及した。

    今月7日付けで日本代表監督を解任されたハリルホジッチ氏は27日、日本記者クラブで会見を実施。日本サッカー協会の対応に対する不満を述べるなかで、解任発表後に寄せられた選手やスタッフからのメッセージを紹介した。

    そのなかには、槙野から受けたとされる言葉もあり、「チームの一員として、私たちのコミュニケーションをさらに良くすることは必要かもしれませんが、正直にもう一度言います。私の認識ではそういう問題は存在しなかった」「ハリルホジッチ監督のワールドカップが是非見たかった」などの内容が公にされていた。

    これを受けて槙野は、「メッセージというか、手紙を送ったわけではないので」と前置きしつつも、ハリルホジッチ前監督の支持を改めて強調するようにこう述べた。

    「僕たち選手は監督を信じて、日本のために、ワールドカップのために戦ってきましたし、難しいアジア予選も1位で突破しました。

    (昨年11月の)ベルギー遠征では非常に力の強いベルギーとブラジルと戦って2敗して、3月のベルギー遠征も、サッカーを分かっている方なら分かると思いますが、マリも強かったし、ウクライナも非常に強い中で1勝もできませんでした。ただ、選手がバラバラになることもなかったですし、良い競争が合宿の中でもありました」
     
     ハリルホジッチ前監督の解任理由のひとつに、選手とのコミュニケーション不足が挙がったが、槙野はその事実についても疑問を呈している。

    「コミュニケーションの問題も言われてますけど、毎日2回くらいミーティングがあるくらいで、選手とスタッフの距離も近かったですし、かなりポジティブでもありましたので。そのなかで監督が代わる、コミュニケーション問題っていうのも言われていますけど、正直そこは分からない部分ですね」

    そして最後に、「僕個人の本音としては今まで育ててもらったのもそうですし、ここにいられるのは、もちろん浦和の指導者のおかげでもありますけど、ひとつはハリルホジッチ監督の厳しい言葉だったり、お褒めの言葉があってこそだと思っているので、一緒にワールドカップにっていう思いは強かったです」と、改めて自らの考えを述べた。

    取材・文●橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

    4/28(土) 20:16配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00039560-sdigestw-socc
    続きを読む

    2018-04-23_18h39_52

    1:久太郎 ★:2018/04/23(月) 17:07:54.17 ID:CAP_USER9.net
    浦和レッズの日本代表DF槙野智章がJ1第9節札幌戦で対峙したFW都倉賢への“接触プレー”をSNS上で謝罪した。

    槙野は自身のインスタグラム(@makino.5_official)を更新し、「都倉選手すいません。まさか、こうなるとは…ボール間違えました。笑」と“問題”の画像付きで謝罪。後半21分、競り合いから槙野と都倉がそろって後ろ向きに倒れ込むと、槙野の左足が都倉の股間にヒット。苦悶の表情を見せた都倉は股間を押さえ、笑みをこぼしながら近くの審判にアピールし、プレーに戻っていた。

    インスタグラムには「爆笑」「たまたまですよ」「珍プレーでしたね」などのコメントが寄せられる中、都倉も「俺にバイシクル決めないでよ」とキス顏の顔文字を添え、メッセージを書き込んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-01653011-gekisaka-socc

    動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/987609454374932481/pu/vid/640x360/CtXpkgUfbn5E804Z.mp4

    instagram
    https://www.instagram.com/p/Bh3E3UZHbTN/?hl=ja&taken-by=makino.5_official
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/10(火) 20:57:38.99 ID:CAP_USER9.net
    浦和レッズのDF槙野智章が、自身のインスタグラムを更新し、日本代表ヴァイッド・ハリルホジッチ元監督に感謝の言葉を述べた。ハリル体制の日本代表で出場機会を得た槙野。今回のハリルホジッチ前監督の電撃解任を受けて、自身の思いを語っている。

    「ハリルホジッチ監督。彼からは、たくさんの事を学びました。たくさん話しました。たくさん怒られました。たくさん褒められました。たくさん笑いました。たくさんムカつきました。でも、彼のおかげでたくさん成長出来ました。

    今の僕がいるのは紛れもなく、日本代表として、ハリルJAPANとして、あなたからのご指導があったからです。心から感謝しています」と感謝の言葉を記し、最後に「Merci!!ヴァイード!!」と締めた。

    槙野は3月の欧州遠征でも2試合ともに出場。残り2カ月に迫ったロシアW杯のメンバー入りが期待されている。

    4/10(火) 20:53配信 GOAL
    2018-04-10_23h56_21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00010003-goal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ