海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:槙野智章

    1:イコ ★@\(^o^)/:2017/07/17(月) 00:13:36.35 ID:CAP_USER9.net
    15日に明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017が行われ、浦和レッズはドルトムントと対戦し2-3の敗戦を喫した。浦和レッズに所属する槙野智章が取材に答え試合を振り返っている。

    まず最初に「負けはしましたけど自分たちがやりたいような事も出来たし、このタイミングでこのような相手と対戦出来たというのは非常に良かったと思います」と答え、とても良い経験になったことを明かした。

    マッチアップして2得点決められたドルトムントに所属する19歳のエムレ・モルに関しての印象は「あんなに若くて中盤でテクニックと速さがあってドリブルが出来る選手と、今日対戦出来たのは良かったです。これからJリーグで戦う上でも、あれ以上の選手はいないという意味で、良い緊張感の中でこれからやっていかないといけないという良い刺激になった」と答えている。
    maki_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170716-00222221-footballc-socc
    続きを読む

    1:@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/06/08(木) 23:54:31.05 ID:CAP_USER9.net
    国内唯一のデイリーサッカーニュースであるJ SPORTSの人気番組『Foot!』。毎年恒例となっている『Foot! Meeting』の公開収録が6日に東京・大崎駅近くのスポーツバーである『THE FooTNiK Osaki』で行われ、出演者たちが様々な話題でフットボール談議に花を咲かせた。

    今回の出演者は、『Foot! WEDNESDAY』でお馴染みの下田恒幸MCとお笑い芸人のワッキー、そしてユーモラスな解説が人気の玉乃淳氏の3人。約80人の公開収録参加者の前で、約1時間30分にわたって笑いの絶えないトークを繰り広げた。

    収録序盤、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)にテーマが移り、話題は5月31日に行われた浦和レッズvs済州ユナイテッドの決勝トーナメント1回戦2ndレグへ。この試合では、2戦合計スコア2-2で迎えた延長戦で浦和DF森脇良太がゴールを記録し、浦和が逆転突破。しかし、試合終了間際に両軍入り乱れる状況となり、試合直後にDF槙野智章が相手に追い掛け回されるシーンもあった。

    ワッキーは、この試合の翌日に槙野と食事をし、当時の心境を聞いたことを明かした。(※以下敬称略)

    下田「ACLなんですが、ここのところJリーグ勢が苦労していましたが、浦和が大逆転で済州を下しましたね」

    ワッキー「凄かったですね~。気持ちいい。気持ちいい結果だけど、ああいうことになってしまいましたね」

    下田「最後、ちょっとありましたね」

    ワッキー「実は、あの乱闘があった次の日、槙野選手と食事に行ったんですよ。僕と槙野選手とボクシングチャンピオンの井岡(一翔)選手で」

    ワッキー「(試合が)前の日だったから、『あれ凄かったね~。逃げてたね~』と言ったら、槙野選手は『逃げましたよ~。恐かった~』と言ってました」

    ▽そのほか、今回の『Foot! Meeting 2017』では、「U-20ワールドカップの日本代表」、「チャンピオンズリーグ決勝のレビュー」「Foot! WEDNESDAYのベストイレブン企画」などをテーマに、3人が絶妙な掛け合いで会場を盛り上げた。

    ▽フットボールファンにとって楽しめるはずの内容になっている『Foot! Meeting 2017』。初回の放送予定日は6月9日の午後10時からなので、是非ともご覧いただきたい。

    ◆Foot!! Meeting 2017初回放送
    ▽6月9日(金)
    午後10:00~午後11:00
    (J SPORTS 2)

    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=279084

    写真
    image

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/01(木) 04:58:27.21 ID:CAP_USER9.net
    [5.31 ACL決勝トーナメント1回戦第2戦 浦和3-0(延長)済州 埼玉]

    後味は最悪だった。試合後を含め、両チーム合わせてレッドカード3枚、イエローカード8枚。延長後半から一部選手が激昂し、前代未聞の乱闘劇となった。血相を変えた済州の選手たちに次々と追い回されたDF槙野智章は「逃げました」と全速力でピッチを後にし、ロッカールームに逃げ込んだ。

    延長後半9分にDF森脇良太が値千金の決勝ゴールを決めた直後、槙野のガッツポーズに敵軍は怒り心頭。“恐怖の鬼ごっこ”が勃発した理由を聞かれると「分かんないっす。殺されるかと思った、マジで」と恐々。「そりゃガッツポーズするでしょ。みんなでガッツポーズしたから、それが気に障ったんじゃないですか」。槙野本人は済州ベンチに向けてポーズをしたのではなく、サポーターに喜びを示したと主張した。

    24日の第1戦では相手の鋭いカウンターから2失点。0-2で敗れたが、「手応えはつかんでいた。0点に抑えられたけど、崩すところまではできた。フィニッシュの精度が足りないだけだった」と自信を持って決戦に臨んだ。堅守速攻の攻撃スタイルを理解し、試合の進め方も「意思統一がはっきりしていた」という。

    90分間でアウェーゴールを与えず、2ゴールで延長後半に持ち込むミッションをクリアし、森脇のゴールで2試合合計3-2と大逆転。2008年以来、9シーズンぶりとなるベスト8入りを果たした。「向こうは結果でもサッカーでも負けて、最後は乱闘になった。うちらはうまく逃げてかわした」と胸を張った。

    試合中には驚愕の“蛮行”もあった。ビブスを着たDFペク・ドンギュがベンチを飛び出し、ピッチに乱入。猛ダッシュでピッチを横断してMF阿部勇樹に飛び掛かり、ひじ打ちを食らわせた。

    この場面には「ビブスを着た選手がエルボーをするなんて、サッカーをやってきて初めて見た。考えられない。サッカーをしにきたはずだけど、相手はプロレスや空手を…」と首をひねり、「乱闘は恥ずかしいですね」と勝者の余裕を漂わせた。

    ゲキサカ 6/1(木) 1:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-01640401-gekisaka-socc

    写真

    続きを読む

    no title

    972:U-名無しさん@実況・\(^o^)/です :2017/03/19(日) 21:24:29.91 ID:32d+pYBv0.net
    緊急出場でデビュー戦迎えたG大阪GK田尻健、槙野らのプレッシャーにも動じず堂々プレー
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?211826-211826-fl

    田尻がピッチに入る際、DF槙野智章が近づいてきて、何やらコソコソ話しかけられた。そこにDF森脇良太も加わってプレッシャーをかけてきたという。ただそんな百戦錬磨の相手から受けたプレッシャーにも物怖じはしない。

    「(槙野からは)『俺、シュート打つぞ』って言われました。森脇選手も『コイツのシュートは超ぶれるぞ』って、2人でプレッシャーをかけてきた」と笑いながら状況を振り返ると、「いい経験というか、ガンバにいないとできない経験」とポジティブに捕らえてプレーしていたことを明かした。
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/04(土) 06:16:11.81 ID:CAP_USER9.net
    J1浦和のDF槙野智章(29)がポドルスキの神戸加入を歓迎し、活躍に太鼓判を押した。3日、さいたま市内での練習後、「ポドルスキはアニメが好きだし、日本語も多少なりともたたき込んだ。すぐに慣れるんじゃないかな」と明かした。

    槙野がドイツ1部のケルンに在籍した11年、ポドルスキは主将を務めており、親交も深かった。「キャプテン翼とドラゴンボールが好きだった。レガーズにも(キャプテン翼の登場人物の)日向小次郎が描いてあった」という親日家ぶりを明かす。

    「彼の左足から繰り出されるシュートは、DFもGKも感じたことのない威力。それをファン、サポーターも見られる。自分もDFとして止めないとね。逆に楽しみ」。再会と対戦を心待ちにしていた。

    デイリースポーツ 3/4(土) 6:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000016-dal-socc

    写真

    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/11(土) 21:27:28.07 ID:CAP_USER9.net
    J1浦和のDF槙野智章(29)が新たなDF像を作り上げる。沖縄県金武町で行われている2次合宿は10日、9日目を迎え、日本代表DFは「もっと攻撃に出る回数を増やして、ゴールにつながるプレーをしたい」と訴え、「10点取りたいと昔から思っている」と目標を掲げた。

    「チームの勝利が大事。その上で自分の価値を高めるために、まずは守備。その上で、どん欲にゴールを奪えるDF」と理想像を掲げる。昨季はリーグ最少の28失点。堅守を継続しつつ、攻めにも転じる思いだ。

    昨季は3得点。そこに3倍以上の点を上積みする。「子供や下の世代があこがれる、点を取れるDFになりたい」。攻守で大きな存在感を見せつける。
    2017-02-11_22h33_06
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000027-dal-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ