海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:槙野智章

    GettyImages-1092007324-800x533

    1: Egg ★ 2019/01/23(水) 18:27:17.18
    31歳のDF槙野は今大会、2試合に出場したが、本来の力を出し切れていない。「出ないときの自分の役割を理解しているし、出るときはチームのためにピッチ上で表現しないといけない」。置かれた立場をわきまえ、覚悟を語る。

    1次リーグ初戦のトルクメニスタン戦では主力組で先発したが、20歳の冨安にポジションを譲り、次の出番は控え組主体のウズベキスタン戦だった。中2日で臨むベトナム戦は、総力戦が見込まれる。冨安が全4試合に出ているだけに、「いつ出てもいい状態をつくらないと」。アピールの場へ準備はできている。

    準々決勝からVAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)が使用され、DFは注意を払う必要がある。「できるだけゴール付近で反則しないこと」と言いつつ、「かといってフェアに戦い過ぎるとボールも奪えない。

    ハードに戦うところは、やらなくてはいけない」。自分を見失わずに戦う大切さを説いた。(ドバイ時事)

    2019年01月23日17時59分 JIJI.com
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012301084&g=spo

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/19(土) 06:49:15.97
    <アジア杯:日本2-1ウズベキスタン>◇1次リーグF組◇17日◇UAE・アルアイン

    1次リーグを首位通過したが、これは今後にも影響する重要な問題なので、触れておきたい。

    失点の場面。槙野に2つのミスが重なった。まずは位置。相手が縦パスを出す時点で1メートルほど中央に絞っておけば、何ともない場面。対人のマークに強い槙野なら、あの高い位置で相手と1対1になれば難なく防げたはず。しかし外に開いてしまい、背後を取られて、外側から相手と並走する形になった。

    その時、1枚余っていた三浦はシュートコースを切り、中へドリブルさせる道を空けた。三浦はその間にスピードある槙野が戻り、2人で挟めばボールが取れるとイメージしたはずだ。これはあの状況で考えられる一番無難な連係パターン。しかしここで、槙野に2つ目のミスが出た。

    イメージを共有できず、対応を三浦に任せてしまった。一気にスピードを上げて挟めば、相手はシュートさえ打てなかったはずだ。槙野は1対1に強く、運動能力も高くスピードもあるが、ここで大きな教訓を得たはずだ。

    決勝トーナメントの前に「連係」を再認識できたことは大きい。ポジション関係なくベンチに座っていたレギュラー陣を含め全員が、あらためてそのイメージを持ったはずだ。(日刊スポーツ評論家)

    1/18(金) 18:35配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00451057-nksports-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★ 2018/12/27(木) 21:55:36.25 _USER9
    【激動2018 芸能(14)】2月に結婚したサッカー日本代表DF槙野智章(31)と女優高梨臨(30)の披露宴が26日、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンス パークタワー東京」で開かれた。サッカー、芸能関係者を中心に約330人が出席。

    お色直しのタイミングで、2人は報道陣に対応。純白のドレス姿の高梨は「幸せです」と満面の笑み。目を引いたのはダイヤモンドが輝くティアラとイヤリング。高級ジュエリーブランド「グラフ」のもので総額1億円!黒のタキシード姿の槙野は「子供は何人?サッカーで1チームつくれる11人欲しいですね」とリップサービス。充実感たっぷりに、きょう27日から日本代表合宿に合流する。

    2月9日の肉の日に結婚したことにちなみ各テーブルには「タン」「ハラミ」など肉の名称を付けた。新郎側には長友佑都(32)、香川真司(29)、大迫勇也(28)ら、今年のサッカーW杯を戦った日本代表選手がズラリ。不在の本田圭佑(32)の代役でそっくりタレントのじゅんいちダビッドソン(43)が参加するなど「笑いの絶えない4時間」(出席者)となった。

    最近の芸能界は、婚姻届の提出をブログで報告するのみ…といった“ジミ婚”が多かった。だが、今年は少し様変わり。豪華披露宴を開く夫妻が多く、“ハデ婚ブーム”が再来した印象だ。23日に開かれた俳優三浦翔平(30)と女優桐谷美玲(29)の披露宴も200人以上を招待。出席者は「2人が全テーブルで写真撮影するなど、時間を惜しまずに感謝の気持ちを伝えていました」と明かした。

    故松田優作さん、元横綱・千代の富士の故九重親方をそれぞれ父に持つ俳優松田翔太(33)とモデル秋元梢(31)の披露宴は9月に開かれた。こちらは500人以上が出席。秋元が力士の力を借りて餅つきをすると大いに沸いた。

    結婚情報誌「ゼクシィ」の「結婚トレンド調査2018」によれば、挙式と披露宴の平均総額は357万5000円。6年前から13万以上増えている。ブライダル関係者は「インスタ映えブームの影響で、見た目の派手さを求める人は増えた。芸能人が派手にやってくれると、そうした傾向はより強まるかもしれない」と話した。 (特別取材班)

    《過去のハデ婚》ハデ婚ブームは1980年代から90年代に起こった。芸能人のド派手な披露宴がテレビ中継されたことや、バブル景気も相まって浸透。芸能人では80年11月の三浦友和(66)、山口百恵さん(59)夫妻の披露宴が元祖とされる。東京プリンスホテルで開かれ、1800人のゲストが出席。費用は約2億円とされた。85年の神田正輝(68)、松田聖子(56)の披露宴も総額2億円。87年の郷ひろみ(63)、二谷友里恵さん(54)の披露宴には1000人が出席。テレビ中継で瞬間最高視聴率58.5%を記録した。
    no title

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/27/kiji/20181227s00041000003000c.html

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/27(木) 17:14:14.88 _USER9
    サッカー日本代表DF槙野智章(31=浦和)の“暴露発言”が森保ジャパンを直撃した。NHKの番組に出演した槙野がロシアW杯で日本代表を率いた西野朗前監督(63)への個人的な見解を披露したことに、ともにW杯を戦ったFW岡崎慎司(32=レスター)が苦言を呈し、日本協会も問題視するなど、波紋が広がっている。

    来年1月5日開幕のアジアカップ(UAE)に向けて26日から始動した日本代表イレブンの反応とは――。

    槙野は25日に放送されたNHK「グッと!スポーツ 2018 アスリートが選んだ名場面」に出演した際に、チームに対する指示について「西野監督は何もしなかった」と爆弾発言。代わりにMF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)がイレブンに指示を出していたと主張した。

    民放局のバラエティー番組と違い、公共放送として信頼度の高いNHKが槙野のコメントを取り上げたことも注目され、インターネットを中心に「これはいろんな人の株を下げる発言」「これ本当だとしても、言っていいことなのか」などとファンやサポーターの間から発言を疑問視する声が殺到し“大炎上”した。

    さらに、これらの発言を受けて、ロシアW杯を代表の一員としてともに戦った岡崎が26日に自身の公式ツイッターを更新。「ワールドカップをこんな風に話にされるのは俺は嫌やなー。実際に監督は西野さんだし、圭佑は選手。槙野は好きだけど、話を盛る癖がある。そしてメディアはその面白い所を取り上げる。番組は観てないけど、もっとワールドカップでの重要な話は他にあると思うけどなー。」(原文ママ)と槙野の発言に否定的な見方を示した。

    槙野からすれば、あくまで個人的な見解であり、場を盛り上げるために大げさにコメントしたもので、番組全体を通して西野前監督をおとしめる意図はなかったとみられる。ただ、脚色してチームの内部事情を公共の電波を通じて“暴露”すれば、受け取る側に様々な誤解を生じさせる可能性があり、当人はもちろんチーム内外の各方面に迷惑をかけることになる。

    岡崎の発信は、そうした点を考慮して槙野をたしなめたものだろう。どちらが良い悪いはともかく、影響力のある2人による騒動は森保ジャパンにも飛び火した。

    この日からアジア杯に向けた合宿が千葉県内でスタート。槙野本人は女優の高梨臨(30)と都内で結婚披露宴を行ったため、初日は不参加だったが、練習後にはロシアW杯で日本代表の一員だったGK東口順昭(32=G大阪)が今回の発言について言及した。「テレビを見ていないので分からないけど」と前置きした上で「深くしゃべらんかったらよかったかもしれないけど、しゃべっちゃったのでね。僕も岡ちゃんのこと(SNSでの発言)は記事でしか見ていない。僕の中では西野さんは尊重してやってくれたということで、決して圭佑が監督していたわけではない」とし、槙野や岡崎、前指揮官をよく知るだけに複雑な心境をのぞかせた。

    また、日本サッカー協会はこの日、槙野の発言について「編集でどう切り取られたのかなど分からない部分も多い」としながらも「どういう意図でそういうことを言ったのか、確認というか話は聞くことになる」。代表チームを巻き込む騒動となりつつあるだけに、発言の真意や内容について“事情聴取”する方針を示した。

    2大会ぶりの優勝を目指す森保ジャパンにも不穏なムードが漂うなど影響を及ぼしかねないが、27日にも代表チームに合流する槙野は、協会や森保監督、チームメートに対し、どんな説明をするのか。
    2018-12-27_18h03_40
    12/27(木) 16:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000038-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/26(水) 22:12:42.93 _USER9
    J1浦和の日本代表DF槙野智章(31)と女優の高梨臨(30)の挙式披露宴が26日、東京都内のホテルで行われた。

    元日本代表主将のMF長谷部誠(34)=Eフランクフルト、長友佑都(32)=ガラタサライ、MF香川真司(29)=ドルトムント=らサッカー関係者、芸能関係者330人が出席した。

    式の合間に槙野は黒のタキシード、高梨は純白のウエディングドレス姿で2ショット写真撮影に応じた。槙野が「大変幸せです」、高梨も「同じく幸せです」と声をそろえた。

    子供は何人ほしいかと問われると、槙野は「サッカーをやっているので、1チーム作れるくらい。11人ほしいです」と宣言。その横で高梨は笑みを浮かべていた。

    12/26(水) 22:01配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000102-dal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: ひかり ★ 2018/12/26(水) 09:58:53.34 _USER9
    レスター・シティのFW岡崎慎司が26日に自身のツイッター(@okazakiofficial)を更新し、浦和レッズDF槙野智章の“暴露話”について反論している。

    発端となったのは、25日にNHKで放送された『グッと!スポーツ「2018 アスリートが選んだ名場面」』。同番組に出演した槙野は今夏のロシア・
    ワールドカップの裏話として、日本代表チームに指示を出していたのは前監督の西野朗氏ではなく、メルボルン・ビクトリーMF本田圭佑だったと明かした。

    この発言がネット上などで話題になると、槙野とともにW杯を戦った岡崎も反応。ツイッターで「ワールドカップをこんな風に話にされるのは俺は嫌やなー」と
    嫌悪感を示し、「実際に監督は西野さんだし、圭佑は選手。槙野は好きだけど、話を盛る癖がある。そしてメディアはその面白い所を取り上げる」と指摘した。

    日本のグループリーグ突破に貢献した岡崎は「番組は観てないけど、もっとワールドカップでの重要な話は他にあると思うけどなー」と、違ったエピソードも
    取り上げるべきだったと主張している。
    2018-12-26_10h15_07
    ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-12357354-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/12/26(水) 01:11:30.55 _USER9
    12/25(火) 23:29配信
    槙野 W杯舞台裏をTVで明かす 指示を出していたのは監督ではなく「本田選手」

    ロシアW杯でベスト16に進出したサッカー日本代表のDF槙野智章(31)=浦和=が25日放送のNHK「グッと!スポーツ 2018 アスリートが選んだ名場面」に出演。ベスト16入りした日本代表の戦術をFW本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー=が指示していたと衝撃告白した。

    メンバーだからこそ知る舞台裏を明かすと登場した槙野。通常のチームでは監督が指示を出すと言いながらも、「西野監督は何もしなかった」と振り返る。これは西野監督ならではのマネジメントで、大会直前に解任されたハリルホジッチ前監督が選手に何も言わせず強制するスタイルだったことを踏まえ、選手が主導権を握るミーティングを促し、停滞したチームの流れを変えたという。

    それでは誰が指示を出していたのか。これに対し、槙野は「本田選手です」と明言した。

    1次リーグ第2戦のセネガル戦でMF乾貴士が決めた同点ゴールの場面では、ベンチから乾を呼び、「ここでボールをもらえ」とMF柴崎岳のロングパスからの展開を“予言”していたという。本田の指示から2分後、乾のゴールが本当に決まったため、同じくベンチにいた槙野は思わず本田に「監督!」と声をかけてしまったと明かした。
    2018-12-26_02h07_15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000108-dal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/22(土) 12:20:32.01 _USER9
    ―ポーランド戦は勝ち点などで日本が有利な状況ではありましたが、それでもグループリーグ突破はまだ決まっていませんでした。プレッシャーもあった中で大会初先発したメンバーたちはもっと評価されるべきだと思います。

    「西野さんは1、2戦目から先発6人を代えたのですが、この6人の選手たちで実はちょっとしたコミュニケーションがあったんです。『やらなきゃいけないね』というのもそうなんですが、一方で『まさかここで俺たちを使うか』という声もあった。『俺たちがここで結果を残さなければ戦犯扱いされる』という怖さもあった。最終的に6人で話したのは『俺たちが今できる最大限のことをなんとしてでもやり遂げよう』ということ。そのコミュニケーションがあって、6人の結束力はより深まっていました」

    ―槙野選手、酒井高徳選手、山口蛍選手、宇佐美貴史選手、岡崎慎司選手、武藤嘉紀選手の6人ですね。

    「ポーランド戦の3日前ぐらいの練習から、西野さんから『次の試合は大幅にメンバーを変更する』という話をチーム全体で聞かされていましたし、実際に練習の中でもそういう選手がチョイスされていました。ですから6人の中では次はそういうチャンスがあるなということは分かっていました。普段とポジションの違っていた酒井高徳選手や、(久々の先発となる)宇佐美選手も出ましたし、正直に言うと『このタイミングで俺らかよ』という思いもありました。でも、考えたのはやっぱり『この舞台を楽しもう』とか、『こういうタイミングでチョイスされた俺たちが結果を残して先のステージに行くほうがよっぽど難しい。だからこれはすごいチャンスだよ』ということです」

    ―難局を任された6人の結束が目に浮かぶようです。

    「6人じゃなくて、1人や2人だったら逆に難しかったかもしれません。同じ状況にいたそれだけの選手が同じピッチに立てたことは、ある意味、強い絆で結ばれることにつながったと思います」

    一部抜粋
    0e04e_1419_f3d8153133bfe4f7dba5b5649ac6a7a1
    2018年12月22日 9時0分ゲキサカ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15777712/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/16(日) 07:02:50.16 ID:CAP_USER9
    浦和の日本代表DF槙野智章(31)が15日、東京五輪にオーバーエージ(OA)枠で出場を目指していることを明かした。7月の西日本豪雨災害の支援を目的としたチャリティーサッカー教室に広島市内で参加し、地元のちびっ子に勇気と夢を与えた。

    33歳で迎える夏の目標ができた。「選ばれるだけじゃなく(試合に)出たいです。東京でやる五輪ですし」。24歳以上のOA枠で18人のメンバー入りを目指し、メダル獲得に貢献する意向を初めて表明した。07年のU―20W杯に加え18年ロシアW杯に出場したことで、世界大会への出場意欲が出てきたという。

    ベルギー1部シントトロイデンDF冨安健洋(20)ら同じポジションにライバルが多いのは知っており「いい選手たくさんいるからね」と闘志を燃やす。ただユース時代からの恩師の森保一監督(50)をよく理解していることは、一体感を求めるチームにとっても強みになる。

    この日は名古屋FW佐藤寿人らの呼びかけに、広島にゆかりのある選手として浦和GK西川らと駆けつけた。午前と午後に2時間ずつ、主に被災地域に住む4歳から12歳の約160人と触れ合った。「この中から1人でも多くのプロ選手が出てくれたらうれしいです」とあいさつした。

    槙野は小学校3年生の時、サッカーイベントで広島の選手だった森保監督から「プロの世界で待っているよ」と言われ、サッカー選手を目指した。今回は立場が逆になったが、刺激を受けて自身も大きな夢を持った。(羽田 智之)

    ◆槙野と世界大会 07年U―20W杯カナダ大会に出場し吉田靖監督、森保一コーチの下、3試合1得点。吉田麻也、内田篤人らと共に16強入りに貢献した。ゴールパフォーマンスが人気で「調子乗り世代」と言われたメンバーの代表格だった。W杯は18年ロシア大会で初選出。6月28日の1次リーグ第3戦ポーランド戦にフル出場した。

    ◆五輪のOA枠 1996年アトランタ大会から適用され、24歳以上で最大3人まで。ガラタサライのDF長友佑都(32)が「東京五輪に出たい」と立候補。メルボルンVのMF本田圭佑(32)は「求められることは一つ。優勝しかない」と発言し、ドルトムントMF香川真司(29)も示唆した。森保監督がA代表を兼任しており、今後も立候補者が増える可能性はある。
    2018-12-16_09h20_43
    12/16(日) 6:04配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000024-sph-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ