海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    タグ:槙野智章

    1:豆次郎 ★:2017/11/15(水) 16:10:11.78 ID:CAP_USER9.net
    11/15(水) 16:00配信
    ベルギー戦で見えた? 槙野智章を“キャプテン”にすれば面白い理由

    ハリル・ジャパンの欧州遠征第2戦は11月14日、ブリュージュでベルギー代表と対戦し、後半27分にロメル・ルカクに決勝点を奪われ0ー1で敗れた。過去、日本は2002年日韓W杯や親善試合で4度対戦し、2勝2分けとベルギーには無敗を誇っていた。

    それは、親善試合ではベルギーも本気ではなかったかもしれないが、彼らのサッカースタイルにも一因がある。オーソドックスにパスをつないでサイドからクロスを入れるのが彼らの攻撃パターンだった。ブラジルや、かつてのオランダのように、ドリブル突破を仕掛けてくることはほとんどない。

    この日も日本がプレスをかければ、無理せず横パスやバックパスで攻撃を組み立て直していた。唯一の例外が得点シーンだった。ナセル・シャドリが左サイドからドリブルでペナルティーエリアに侵入を試みる。「1人が3~4人も突破してくるのは予想しなかった」とハリルホジッチ監督も驚いていたが、日本はシャドリへの対応が後手に回ったことと、シュートを予想したのか逆サイドのルカクをフリーにしたことで決勝点を許した。

    ブラジル戦でも明らかなように、日本はドリブルで抜かれたり、ボールをキープされたりすると、数的バランスが崩れてフリーの選手を作りやすい。さらにブラジルは攻撃に緩急の差があったが、ベルギーにはそうしたプレーが皆無に近い。だからこそ一方的に攻められることはなかった。

    それでも失点したので、その後の反撃を期待したものの、なかなか日本の攻撃はシフトアップせず、同じリズムでパスを回すばかり。ここら当たりの物足りなさは、日本の長年の課題でもある。

    そうした中で、あえて収穫を挙げるとすれば、今月の欧州遠征2試合と、10月の国内2試合で、槙野智章がCBとして使えるメドが立ったことではないだろうか。

    ハリルホジッチ監督の常として、代表メンバーを発表する際は、ポジションごとにレギュラー候補から氏名をあげる。これまで槙野は左SB長友佑都のバックアップとして名前を呼ばれることが多かった。ところが10月のニュージーランド戦とハイチ戦のメンバー発表では、吉田麻也の次に名前がコールされた。

    (続く)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00000038-sasahi-socc
    続きを読む

    2017-11-15_07h56_38

    245:U-名無しさん :2017/11/15(水) 07:25:35.73 ID:XG7TeMAQ0.net
    もしかして代表の遠征2試合で一番活躍したのって槙野なんじゃ・・・
    269:U-名無しさん :2017/11/15(水) 07:27:58.94 ID:DJEE7Vq80.net
    >>245
    いや、槙野見直したわ。
    ACLでCBの気持ちをつかんだんだろうな。
    遅すぎる気もするがw
    CBの軸になるんじゃないかな。
    続きを読む

    no title

    1:豆次郎 ★:2017/11/12(日) 09:42:18.41 ID:CAP_USER9.net
    2017年11月11日 23時20分 サッカーキング
    槙野がジョークを交えながら香川を称賛「本当にリスペクトしかない」

    「ブラジル戦で感じたことを出していかないと、まったく意味がない」。DF槙野智章(浦和レッズ)が14日のベルギー戦に向けて意気込みを語った。

    日本は10日にブラジルと対戦し、1-3で敗戦。センターバックとしてフル出場し、ゴールをマークした槙野は「ポジティブな面もあった」と手応えを明かしつつ、それを次の試合に繋げなければならないと主張した。

    「もっとこうしておけばよかったというのもあると思うけど、いま自分たちが置かれている状況であのチームとやれたことで、間違いなくポジティブな面はあったと思います。ただ、このブラジル戦で感じたこと、自分たちがやらなきゃいけないことっていうのをベルギー戦で出していかないと、まったく意味がなかったということになってしまいます」

    ブラジル戦の反省を踏まえ、ベルギー戦ではどのように戦うべきなのか。

    「ブラジルと比べると前の選手の質の高さと機動力っていうのはかなりあるんじゃないかなと思っています。ブラジル戦は立ち上がりの失点が後に響いたっていうのがあるので、ベルギー戦はより守備をしっかり、もっと修正しないといけないと思っています」

     10日の試合には、今回招集メンバーから外れたMF香川真司(ドルトムント)が観戦に訪れた。「ゴールを決めてよかったね」と祝福の言葉を受けた槙野は、「本人も思うところはあったと思う」と香川の胸中を理解した上で、冗談を交えながら称賛の言葉を送った。

    「難しい立場の中でもこうやって試合を見に来る姿っていうのは本当にプロ意識を感じました。彼の状況を考えたら試合を見に来るっていうのは難しいと思うんですよね。そこをチームのためになにか行動を起こしたいっていうのは感じたし、後輩ながら、本当にリスペクトしかないです。態度も行動もそうだし、試合を見に来た格好、コートもおしゃれになったしね(笑)。そういうのも変わったところじゃないですかね(笑)」

    https://news.nifty.com/article/sports/soccerking/12192-667589/
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/15(日) 22:18:23.11 ID:CAP_USER9.net
    14日行われた明治安田生命J1リーグ第29節でヴィッセル神戸はアウェイで浦和レッズと引き分けた。FWルーカス・ポドルスキが試合を振り返りつつ、かつてケルンで共にプレーした浦和DF槙野智章について語った。

    4分に幸先よく先制しながら、同点に追いつかれた神戸。結局追加点は奪えず引き分けで終了した。この試合にフル出場したポドルスキは「いいチーム相手にいい試合をして、勝ち点1を獲得した」と、引き分けも悲観していない様子。

    しかし、「僕らの問題は攻撃だ。あまりチャンスをつくれていない。走る部分が足りなかったり、パスが足りなかったり、前線でのコンビネーションがうまくいかないことがある」と課題に言及。そのうえで「これが上手くいけば、浦和や他のチームを倒すことができるようになる。でも忘れないで欲しい。もうここ6~7試合は負けてはいないんだ。だから、皆が思うほど悪い状態じゃない」と強調した。

    浦和については「ACLでの健闘を祈っているよ。ビッグゲームだしね。Jリーグにとっても決勝に行ってもらうのが良い。日本のクラブが決勝に行く、ということは良いことだと思う」と、ACLでの浦和の活躍を願った。

    浦和との対戦で注目されたのは、ポドルスキと槙野智章のマッチアップだった。しかし、この試合で槙野はベンチ入りせず。ドイツのケルンでともに戦った仲間だけに、ポドルスキも思い入れがあるようだ。「彼とはケルンで1年間、一緒にプレーしたからね。彼へのメッセージ?幸運を祈るよ。友達だしね」と言及。

    さらに「彼は代表選手で、モデルのような顔立ちをしているだろう?スポンサーもマーケティングにも良いだろう。本人にとっても良い事だ。Jリーグにとっても良い宣伝機会になるはずだ」と語っている。

    槙野の欧州での経験については「欧州ではそんなにプレーしていなかったから、どこまで役に立ったかはわからないけど、練習でも試合でも、色々な経験ができる。それでも7、8年前の話だからね。今は日本に戻ってきて満足しているだろうしね。皆が欧州に行けるわけではないし」と、欧州の舞台で活躍した実力者らしい言葉を残した。

    浦和がもしACLで優勝したら槙野にお祝いをするか、と問われ「クラブが僕にお休みをくれたらね(笑)神戸から東京まで電車で来るのは、そんなに遠くないからね」と語り、会場を後にした。

    10/14(土) 22:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000044-goal-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★ :2017/10/05(木) 06:07:20.12 ID:CAP_USER9.net
    愛知県豊田市内で合宿4日目を迎えた日本代表は4日、冒頭15分間を除き非公開練習を行い、紅白戦などを実施した。関係者によればDF槙野智章(30)が主力組のセンターバック(CB)で起用されたという。サイドバックもこなす万能DFが来年6月のW杯ロシア大会へ、CBとしての適性もアピールする。

    敵のキーマンは必ずつぶす。ニュージーランド戦は来年6月のW杯ロシア大会に向けた強化試合の第1弾。非公開となった4日は紅白戦が行われ、関係者によれば槙野がセンターバックで出場することが濃厚だという。サイドバックを兼務する万能DFにとって、CBでの先発は15年11月W杯予選カンボジア戦以来、約2年ぶりだ。

    「CBを本職としている(吉田、昌子、植田)選手に比べ、経験は劣るかもしれませんが、相手のキーとなる選手を抑える強さ、3人にはないものを出したい」と話す。先月27日のACL・上海上港戦では元ブラジル代表のフッキを徹底マーク。試合の経過とともにフッキが明らかに槙野を避け、完全にいらつかせたことで、大きな手応えを得た。

    三十路を迎え、肉体改造にも着手。夏以降、標高3000メートルと同じ空間の中で30分間、走り続けるという“高地トレ”と同様の効果が得られる過酷なトレーニングを続ける。「連戦に耐える体をつくるためです」。オフには血液を米国の検査機関に送りアレルギー物質なども調査。食をはじめ生活の全てをサッカーにささげてきた。

    欧州組が主流のハリルジャパンでの槙野の出場は、サイドバックで先発した昨年10月のオーストラリア戦以来となる。これまでCBとして出場した8戦中5試合は完封に導くなど結果は残してきた。
    「国内組、海外組と分けられる時点で悔しい。W杯に向けたサバイバル、負けられない戦いを楽しみたい」。はるかロシアに向けたサバイバル。希代の“元気印”が最終ラインで確かな存在感を放つ。

    10/5(木) 6:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000014-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/04(月) 23:41:21.28 ID:CAP_USER9.net
    槙野智章の周りには、いつも笑顔が溢れている。
     
    サウジアラビア戦を2日後に控える練習は冒頭15分だけ公開。アップのボール回しでも、やはり槙野のグループは賑やかだ。「今の撮りました!?」と、間近で撮影するカメラマンにも気さくに言葉をかけてくる。
     
    改めて記すまでないが、単なるムードメーカーというわけではない。すでにワールドカップ出場は決まっているが、サウジ戦に向けては「消化試合なんてない。1戦目に出ていない選手にはチャンス」と、虎視眈々と出場を狙っている。
     
    日の丸を背負う者としての誇りもある。
     
    「負けや引き分けで帰るんじゃなく、勝たなきゃいけない。結果を残すのが代表選手」
     
    貪欲に勝利を目指すには、まだ理由がある。
     
    ロシア行きのチケットを得られるのは、グループの上位2か国まで。すでに首位通過を決めている日本に続くのが、2位サウジ、3位オーストラリアだ。この両国は同じ勝点16で並ぶだけに、日本対サウジの結果は非常に重要な意味を持つのだが……。
     
    「一生懸命、精いっぱいやることが両方のチーム(サウジとオーストラリア)をリスペクトすることになる。全力で勝ちにいく。サッカーではそれがすべて」
     
    だからこそ、「消化試合なんてない」のだ。
     
    取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

    9/4(月) 18:56配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170904-00029613-sdigestw-socc


    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/28(月) 22:09:34.71 ID:CAP_USER9.net
    日本代表DF槙野智章(30)が、珍目標を立てた。28日、日本代表合宿に合流。

    左太もも裏の違和感を訴えていた(精密検査では異常なし)長友佑都に代わり、左サイドバックで先発する可能性が出ているが「その前に、まずは長友選手を脳振とうにしないよう気をつけないと…」と苦笑い。昨年10月のオーストラリア遠征前、最後の国内練習中に自身の膝が長友の頭部を直撃し、離脱に追い込んだ場面を思い出してしまった。

    もちろん、引きずってはおらず「今回はみんなで良い結果を出したい。(その10月のアウェー戦は1-1で引き分け)前回は最低限の勝ち点1だったけど、今回は相手のシステムも我々の戦い方も違う。期待と重圧を楽しみながら、ホームで突破を決めたい」と燃えていた
    2017-08-29_07h34_46
    8/28(月) 21:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-01879268-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/08(火) 22:18:01.90 ID:CAP_USER9.net
    浦和レッズのDF槙野智章(30)は8日の非公開練習を終えた後、堀監督での初勝利を目指す9日のヴァンフォーレ甲府戦に向けて意気込みを語った。

    7月22日の北海道コンサドーレ札幌戦で相手FWの顔面を蹴ったとして退場となり、1試合出場停止処分を受けた。「停止から明けて、チームに違うものをもたらすためにも、声がけやプレーで自分がカンフル剤になれれば」と真剣な表情で話した。

    14試合連続で失点が続いている今のチーム状況には「不名誉な記録ですよね」と苦笑い。「攻撃よりも、守備陣が失点をゼロに抑えることを重視して戦いたい」「昨季は同じ守備陣でリーグ最少失点だった。無失点で自信を取り戻したい」と、守備の大切さを何度も強調した。最後は「甲府独特の雰囲気にのまれないようにします」と言い、練習場を後にした。

    8/8(火) 21:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-01869126-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/01(火) 13:50:01.30 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグは8月1日、浦和レッズの日本代表DF槙野智章に1試合の出場停止処分を科すと発表した。5日に行われる明治安田生命J1リーグ第20節の大宮アルディージャ戦が対象となる。

    槙野は先月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の北海道コンサドーレ札幌戦で、43分にレッドカードを受けた。札幌FW都倉賢と交錯し、もつれあって倒れた際、同選手の顔に槙野のスパイクが入るような形となって一発退場を命じられていた。

    規律委員会を開いたJリーグは槙野に対し、1試合の出場停止処分を科した。

    発表では「日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は、『乱暴な行為』に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする」と説明されている。

    7月30日にミハイロ・ペトロヴィッチ監督との契約解除を発表し、堀孝史新監督の下で再スタートを切る浦和。次節は大宮をホームに迎え、ダービーマッチに臨む。槙野の欠場は決まったが、勝利を収めて新体制初戦を飾ることはできるだろうか。

    8/1(火) 13:30配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00620003-soccerk-socc

    写真


    動画 試合ハイライト

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ